九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
宮﨑 義之(みやざき よしゆき) データ更新日:2021.06.28

准教授 /  農学研究院 生命機能科学部門


主な研究テーマ
食品成分による免疫調節作用に関する研究
硫酸化多糖類の免疫調節機能に関する研究
多糖類の新規分析手法の開発
キーワード:多糖類 機能性食品 免疫制御 食品分析
2016.04~2021.03.
従事しているプロジェクト研究
農芸化学中小企業産学・産官連携研究
2020.04~2021.03, 代表者:中山 二郎, 九州大学大学院農学研究院, 日本農芸化学会
「あまおう由来乳酸菌と沖縄もずくフコイダンの腸内フローラ改善効果」の検証
マウス摂食試験により、あまおう乳酸菌およびオキナワモズクフコイダン摂取が腸内細菌叢および腸管免疫に与える影響を検討.
研究業績
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
特許出願・取得
特許出願件数  1件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
日本食品科学工学会
The American Association of Immunologists
日本免疫学会
日本分析化学会
日本農芸化学会
日本乳酸菌学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2021.08.26~2021.08.28, 食品科学工学会第68回大会, 会計.
2020.08.27~2020.08.29, 食品科学工学会第67回大会, 会計.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2020年度
2019年度 11  11 
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2021年度~2023年度, 基盤研究(C), 代表, キャピラリー電気泳動法に基づく天然硫酸化多糖類の品質および機能評価.
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 代表, DOSY-NMR法による硫酸化多糖分析と腸管免疫制御機構に関する 研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」