九州大学 研究者情報
発表一覧
谷本 輝夫(たにもと てるお) データ更新日:2020.06.18

助教 /  情報基盤研究開発センター 教育情報基盤研究部門


学会発表等
1. Teruo Tanimoto, Shuhei Matsuo, Satoshi Kawakami, Yutaka Tabuchi, Masao Hirokawa, and Koji Inoue, How many trials do we need for reliable NISQ computing?, The First International Workshop on Quantum Computing: Circuits Systems Automation and Applications, 2020.07.
2. Teruo Tanimoto, Shuhei Matsuo, Satoshi Kawakami, Yutaka Tabuchi, Masao Hirokawa, and Koji Inoue, Practical error modeling toward realistic NISQ simulation, The First International Workshop on Quantum Computing: Circuits Systems Automation and Applications, 2020.07.
3. Koki Ishida, Masamitsu Tanaka, Ikki Nagaoka, Takatsugu Ono, Satoshi Kawakami, Teruo Tanimoto, Akira Fujimaki, and Koji Inoue, 32 GHz 6.5 mW Gate-Level-Pipelined 4-bit Processor using Superconductor Single-Flux-Quantum Logic, 2020 Symposia on VLSI Technology and Circuits, 2020.06.
4. 松尾脩平, 谷本輝夫, 川上哲志, 田渕豊, 廣川真男, 井上弘士, NISQにおける解の信用区間推定法の検討, 分野横断ワークショップ 量子コンピュータ研究開発の現在とこれから -量子ビットからソフトウェア・アプリケーションまで-, 2020.01.
5. 谷本輝夫, コンピュータ・アーキテクチャ屋から見た量子コンピュータ, 分野横断ワークショップ 量子コンピュータ研究開発の現在とこれから−量子ビットからソフトウェア・アプリケーションまで−, 2020.01.
6. 竹内一登, 谷本輝夫, 川上哲志, 井上弘士, コーナ検出プログラムのニューラルネットワーク化による高速化と出力精度に関する検討, 情報処理学会研究報告, Vol.2019-ARC-239 No.16, pp.1-7, 2020年1月, 2020.01.
7. Keitaro Oka, Satoshi Kawakami, Teruo Tanimoto, Takatsugu Ono, Koi Inoue, Enhancing a manycore-oriented compressed cache for GPGPU, HPC Asia 2020, 2020.01.
8. Teruo Tanimoto, Shuhei Matsuo, Satoshi Kawakami, Yutaka Tabuchi, Masao Hirokawa, and Koji Inoue, How can we exploit noisy intermediate-scale quantum computers? ~A computer architecture perspective~, The first workshop on Quantum and Classical Cryogenic Devices, Circuits, and Systems, 2019.11.
9. 川上哲志, 谷本輝夫, 北翔太, 新家昭彦, 小野貴継, 納富雅也, 井上弘士, 光アプロキシメートコンピューティングの実現に向けた電力性能解析, 情報処理学会研究報告, Vol.2019-ARC-237 No.28, pp.1-8, 2019年7月, 2020.07.
10. 岡慶太郎, 川上哲志, 谷本輝夫, 小野貴継, 井上弘士, データ圧縮に基づくGPU向け高性能キャッシュアーキテクチャの提案, 情報処理学会研究報告, Vol.2019-ARC-236 No.3, pp.1-9, 2019年6月, 2020.06.
11. 松尾脩平, 谷本輝夫, 川上哲志, 田渕豊, 廣川真男, 井上弘士, NISQにおけるfidelityが処理時間へ与える影響の解析~古典-量子ハイブリッドアーキテクチャの実現に向けて~, 情報処理学会研究報告, Vol.2019-ARC-236 No.13, pp.1-10, 2019年6月, 2019.06.
12. Teruo Tanimoto, Takatsugu Ono, and Koji Inoue, Graph-based performance analysis on Out-of-Order processors, The seventh Asian Workshop on Smart Sensor Systems, Mar. 2019, 2019.03.
13. 原凌司, 井上優良, 谷本輝夫, 大澤隆志, 丸岡晃, 飯塚拓郎, 井上 弘士, 高位合成用DSLコンパイラを用いたコーナー検出処理のハードウェア実装, 情報処理学会研究報告, Vol.2018-ARC-233 No.11, pp.1-8, 2018年11月, 2018.11.
14. 谷本輝夫, 小野貴継, 井上弘士, アウトオブオーダプロセッサのクリティカルパス解析に基づくボトルネック命令チェーン抽出手法の提案, 情報処理学会研究報告, Vol.2018-ARC-232 No.4, pp.1-10, 2018年7月, 2018.07.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」