Kyushu University Academic Staff Educational and Research Activities Database
Researcher information (To researchers) Need Help? How to update
Matsuno Yuichi Last modified date:2024.06.03

Assistant Professor / Department of Medicine and Clinical Science
Department of Gastroenterology
Kyushu University Hospital


Graduate School
Other Organization


E-Mail *Since the e-mail address is not displayed in Internet Explorer, please use another web browser:Google Chrome, safari.
Homepage
https://kyushu-u.elsevierpure.com/en/persons/yuichi-matsuno
 Reseacher Profiling Tool Kyushu University Pure
Academic Degree
Doctor of Philosophy(Medical Science)
Field of Specialization
Gastroenterology
Research
Research Interests
  • Efficacy and safety of Indigo naturalis for inflammatory bowel disease
    keyword : ulcerative colitis, Crohn disease, Indigo naturalis
    2016.04.
  • Measurement of urinary prostaglandin metabolites is useful in diagnosis of small bowel ulcerations
    keyword : CEAS、PGE-MUM
    2016.04.
  • Long-term outcome of watch and wait strategy for gastric MALT lymphoma refractory to Helicobacter pylori eradication therapy
    keyword : Gastric MALT lymphoma
    2016.04.
Academic Activities
Presentations
1. 松野 雄一、梅野 淳嗣、鳥巣 剛弘、平川 洋一郎、冬野 雄太、岡本 康治、安川 重義、平井 郁仁、渡辺 憲治、細江 直樹、河内 修司、藏原 晃一、八尾 恒良、北園 孝成、松本 主之、江﨑 幹宏, CEASとCrohn病の鑑別における尿中プロスタグランジンE主要代謝産物濃度測定の有用性に関する検討, 第9回日本炎症性腸疾患学会, 2018.11, 【背景】Chronic enteropathy associated with SLCO2A1 gene(CEAS)は多発する小腸潰瘍による慢性的な貧血と低蛋白血症を特徴とするまれな難治性疾患である。近年、我々は本症の原因遺伝子としてプロスタグランジン輸送体をコードするSLCO2A1 遺伝子を同定した。CEASとCrohn病(CD)はともに小腸に多発潰瘍や狭窄を認めるため、実臨床において鑑別が困難な場合がある。我々の過去の検討では、CEAS患者における尿中プロスタグランジンE主要代謝産物(PGE-MUM)濃度は健常人と比較して有意に高値であった。今回、CEASとCDとの鑑別におけるPGE-MUM濃度測定の有用性を検討した。【方法】2012- 2017年の期間中に研究協力施設に通院中でSLCO2A1遺伝子変異陽性であることが確認されたCEAS 17例と九州大学病院消化管内科に通院中のCD 97例より文書による同意を得た上で尿検体を採取した。PGE-MUM濃度は放射性免疫測定法で測定した。交絡因子の同定のため単回帰分析を行い、オッズ比の算出のため、ロジスティック回帰分析を行った。ROC解析により、適切なカットオフ値を求めた。【結果】CEAS群におけるPGE-MUM濃度はCD群と比較して有意に高値であった(中央値 121 vs 28 μg/g×Cre, p