九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
木島 孝之(きじま たかし) データ更新日:2019.06.19

助教 /  人間環境学研究院 都市・建築学部門 計画環境系


主な研究テーマ
近世過渡期北部九州における城郭の縄張り構造に関する研究−筑前国益富城塞群の縄張り構造にみる九州役と黒田氏の筑前国支配の実像−
キーワード:城郭,縄張り,豊臣政権,九州出兵,益富城
1993.04.
西南地域における織豊期城郭の縄張り構造に関する研究−筑前国立花山城塞群の縄張り構造からみた西南地域史の様相−
キーワード:城郭,縄張り,豊臣政権,朝鮮出兵,立花山城
2000.04.
倭城の縄張り構造に関する研究
キーワード:縄張り,倭城,朝鮮出兵,豊臣政権,大名権力
1998.04.
近世初頭期の「城割」に関する研究
キーワード:城割,支城,大名権力,元和,寛永
1986.04.
「城郭瓦」に関する研究
キーワード:瓦,城郭,近世,織豊期,大名,工人,技術
2003.01~2004.01.
近世陶磁器の創始期に関する研究−城郭研究の視点から−
キーワード:近世,陶磁器,唐津,朝鮮出兵,技術,工人,陶器,磁器,肥前,城郭,
1997.01.
九州における近世初頭の支城構造の研究
キーワード:支城 ,縄張り,大名権力,近世,西南地域
1993.04.
近世初当期における在地住居(いわゆる民家)の実像に関する研究~民家における規模・平面の階層分化および座敷の所持についての通説の見直し~
キーワード:近世,民家,在地,釜屋,座敷,高持ち百姓,名子,土豪
2006.01.
研究業績
主要著書
1. 木島孝之,秀村選三,高野信治,長野暹,荒木見悟,尾形善郎,細川章,武田耕一,中村久子,稗田朴三,東定宣昌,藤瀬浩蔵,レギネ・マティアス,中楯潔,村尾輝雄,河野元子, 『西南地域史研究』, 文献出版, 12輯,全535頁
本人執筆分:319〜416頁「肥前鍋島領における支城の縄張り構造〜佐賀城と竜造寺四家の居城の縄張り構造について〜」, 1997.11.
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
城館史料学会
城郭談話会
中世城郭研究会
日本建築学会
南九州城郭談話会
北部九州中近世城郭研究会
学協会役員等への就任
2003.01~2020.03, 城館史料学会, 運営委員.
1999.04~2020.03, 日本建築学会, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
1999.05~2017.04.18, 『倭城研究シンポジウム 倭城〜城郭遺跡が語る朝鮮出兵の実像〜』, 事務局代表.
2009.02.08~2009.02.08, 第1回 城館史料学会シンポジウム『縄張りからみた戦国前期の城』, 事務局.
2011.12.10~2011.12.11, 『倭城研究シンポジウムⅡ 倭城〜本邦・朝鮮国にとって倭城とは』, 座長(Chairmanship).
2014.08.02~2014.08.03, 第31回 全国城郭研究者セミナー「シンポジウム:近世城郭をどう捉えるか」, 座長(Chairmanship).
2014.10.19~2014.10.19, 建築学会九州支部歴史意匠委員会市民公開シンポジウム「八幡における村野藤吾の建築作品について歴史的価値を考える」, 座長(Chairmanship).
1999.05.01, 『倭城研究シンポジウム 倭城〜城郭遺跡が語る朝鮮出兵の実像〜』, 事務局代表.
2007.09.01~2007.09.01, 建築学会大会 見学会「唐津の伝統的建造物と唐津焼窯元を訪ねて」, 案内.
2009.02.08~2008.02.08, 城館史料学会シンポジウム『縄張りからみた戦国前期の城』, 事務局.
2010.10.10~2010.10.10, 建築文化週間「北九州の都市空間を読む」, 見学会(若松港周辺の近代建築)案内.
2011.12.10~2011.12.11, 『倭城研究シンポジウムⅡ 本邦・朝鮮国にとって倭城とは』, 事務局代表,シンポジウム討論問題提起・司会.
2012.03.05~2012.03.06, 建築学会九州支部歴史意匠委員会古建築見学会, 案内・解説.
2013.03.02~2012.03.03, 建築学会九州支部歴史意匠委員会古建築見学会, 案内・解説.
2014.03.03~2014.03.03, 建築学会九州支部歴史意匠委員会古建築見学会, 案内・解説.
2014.08.02~2014.08.03, 『第31回 全国城郭研究者セミナー 近世城郭をどう捉えるか』, 事務局,シンポジウム討論問題提起・司会.
2014.10.19~2014.10.19, 建築学会九州支部歴史意匠委員会市民公開シンポジウム『八幡における村野藤吾の建築作品について歴史的価値を考える』, 事務局,シンポジウム討論問題提起,司会.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2003.01~2004.01, 『城館史料学』創刊号, 国内, 編集委員.
2004.01~2005.01, 『城館史料学』第2号, 国内, 編集委員.
2005.01~2006.01, 『城館史料学』第3号, 国内, 編集委員.
2006.01~2007.01, 『城館史料学』第4号, 国内, 編集委員.
2007.01~2008.01, 『城館史料学』第5号, 国内, 編集委員.
2008.01~2009.01, 『城館史料学』第6号 , 国内, 編集委員.
2009.01~2010.03, 『城館史料学』第7号 , 国内, 編集委員.
2010.01~2014.01, 『城館史料学』第8号 , 国内, 編集委員.
2010.01~2014.01, 『城館史料学』第9号 , 国内, 編集委員.
2010.01~2018.08, 『城館史料学』第10号, 国内, 編集委員.
2011.01~2011.12, 『倭城研究シンポジウムⅡ 倭城 -本邦・朝鮮国にとって倭城とは』シンポジウム報告資料集, 国際, 編集委員長.
2013.11~2014.07, 『第31回 全国城郭研究者セミナー』報告資料集, 国内, 編集委員長.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2003年度      
2004年度      
2009年度      
2012年度      
2013年度      
2015年度      
2016年度      
研究資金
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2017.08~2018.03, 代表, 「旧安川家住宅文化財調査」.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」