九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
赤星 朋比古(あかほし ともひこ) データ更新日:2018.08.24

准教授 /  医学研究院 先端医療医学部門 災害救急医学講座


大学院(学府)担当

学部担当

その他の教育研究施設名

役職名

准教授


電子メール
ホームページ
電話番号
092-642-6222
FAX番号
092-642-6224
取得学位
医学博士
学位取得区分(国外)
なし
専門分野
内視鏡外科、腹部救急医学、外傷外科学、災害救急医学、脾門脈外科、門脈圧亢進症
外国での教育研究期間(通算)
00ヶ年00ヶ月
活動概要
略歴:平成7年にて九州大学消化器総合外科に入局後、2年間の一般外科の研修を終え、平成10年より大学院に進学し、主に肝臓および脾臓と消化管における微小循環、門脈圧亢進症についての基礎および臨床にて研究を行った。その後、九州大学大学院先端医療医学・災害救急医学の助手となり、九州大学消化器総合外科も兼任し、大学院生の研究指導や研修医の臨床指導も行ってきた。その後の平成14年からは米国のUCIの消化器研究所にて2年の基礎研究を行った。その後帰国し、3年間は九州医療センター、福岡市民病院にて消化器癌および内視鏡外科、救急医学に関する臨床と研究を行ってきた。平成20年からは九州大学大学院 消化器総合外科の助教となり脾門脈外科および内視鏡外科手術の診療に従事し、平成22年からは九州大学大学院 先端医療医学・災害救急医学の講師となり、九州大学イノベーションセンター講師も兼任。先端医療機器の臨床応用を行っている。 研究においては、厚生労働省基盤研究の代表者として、「組織修復における幹細胞治療の研究」、「肝微小循環改善の為の新規治療薬の開発」を行うとともに、外傷外科および内視鏡外科トレーニングセミナー、外傷初期診療トレーニングの教育法に関する研究も行っている。

学会活動:日本外科学会、日本消化器外科学会、日本門脈圧亢進症学会(評議員)、日本内視鏡外科学会、日本消化器内視鏡学会、日本肝臓学会、日本救急医学会、日本集団災害医学会、日本Acute Care Surgery研究会、日本災害救急医学会

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」