九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
赤星 朋比古(あかほし ともひこ) データ更新日:2018.08.24

准教授 /  医学研究院 先端医療医学部門 災害救急医学講座


主な研究テーマ
肝硬変および肝不全に対する脂肪由来幹細胞の有効性の研究
キーワード:肝不全
2010.04~2012.12.
効果的な急性期外傷外科教育の開発の研究
キーワード:外傷外科
2010.04~2011.12.
門脈血行異常症における分子機序の解明
肝内微小循環における血管作動因子の作用解明

キーワード:肝硬変、門脈圧亢進症、脾腫、NO、ET-1
2008.04~2008.12.
従事しているプロジェクト研究
皮下脂肪由来間葉系幹細胞による肝硬変に対する革新的治療法の開発
2014.04~2016.03, 代表者:赤星 朋比古, 九州大学大学院先端医療医学講座
現在、治療法のない肝硬変に対して、比較的採取しやすい脂肪由来間葉系幹細胞をもちいて治療することを目的とする。臨床での応用を目指してまずはラット肝硬変での実験を行っている。.
肝硬変における肝微小循環の改善
2009.05~2011.05, 代表者:赤星 朋比古, 九州大学 消化器 総合外科, 日本.
研究業績
主要著書
1. 赤星 朋比古, 橋爪 誠, 肝臓専門医テキスト (日本肝臓学会編), 南江堂, p68-72, 2013.03.
2. 赤星 朋比古, 橋爪 誠, 「手術」最新肝胆膵脾手術アトラス: Ⅳ.脾臓 5 門脈圧亢進症に対するシャント手術, 金原出版(株), Vol.67 No.6 5月臨時増刊号, 2013.05.
3. 赤星 朋比古, バルーン閉塞下逆行性経静脈塞栓術(B-RTO), Medicina 第49巻 第7号, p 1199-1203, 2012.07.
4. 赤星 朋比古, 腹腔鏡下Hassab手術「改訂版第2版」食道・胃静脈瘤, 日本メディカルセンター, p260-264, 2001.01.
主要原著論文
1. 赤星 朋比古, 橋爪  誠, 皮下脂肪組織由来間葉系幹細胞を用いた肝硬変に対する新しい治療法の確立のための
実験的検討
, BIO Clinica, 4, 4, 145-147, 2016.07.
2. Akahoshi T, Sarcopenia is a predictive factor for prolonged intensive care unit stays in high-energy blunt trauma patients, Acute Medicine & Surgery, 2016.08.
3. Sumida K, Shimoda S, Iwasaka S, Hisamoto S, Kawanaka H, AKahoshi T, Ikegami T, Akashi K, Characteristics of splenic CD8+ T cell exhaustion in patients with hepatitis C, Clin Exp Immunol , doi: 10.1111/cei., 174, 1, 172-178, 2013.08.
4. Kinjo N, Kawanaka H, Akahoshi T, Maehara Y, Hepatic vein waveform and splenomegaly predict improvement of prothrombin time after splenectomy in hepatitis C virus-related cirrhotic patients., Hepatol Res, doi: 10.1111/hepr.12040, 43, 9, 933-941, 2013.09.
5. Tsutsumi N, Tomikawa M, Uemura M, Akahoshi T, Image-guided laparoscopic surgery in an open MRI operating theater., Surg Endosc. , 1007/s00464-012-2737, 27, 6, 2178-2184, 2013.01.
6. Akahoshi T, Merits of prophylactic sclerotherapy for esophageal varices concomitant unresectable hepatocellular carcinoma: Prospective randomized study., Dig Endosc. , doi: 10.1111/den.12119, 2013.05.
7. Akahoshi T, Tomikawa M, Korenaga D, Ikejiri K, Saku M, Takenaka K. Maehara Y, Laparoscopic splenectomy with peginterferon and ribavirin therapy for patients with hepatitis C virus cirrhosis and hypersplenism., Surg Endosc. 2010 Aug 19, 2010.08.
8. Akahoshi T, Long-term results of endoscopic Histoacryl injection sclerotherapy for gastric variceal bleeding: a 10-year experience., Surgery, 10.1067/msy.2002.119501, 131, 1, S176-S181, 131(1): 176-181, 2002.01.
9. Tomohiko Akahoshi, Role of the spleen in liver fibrosis in rats may be mediated by transforming growth factor beta-1., Journal of Gastroenterlogy and Hepatology, 10.1046/j.1440-1746.2002.02667.x, 17, 1, 59-65, 17(1): 59-65, 2002.01.
10. Akahoshi T, Higashi H, Takeuchi H, Muto Y., Neuroendocrine carcinoma in liver , a case report and literature review. Surgery Today
Surg Today.
, Surg Today., 2010;40(2):185-9., 2010.01.
11. Tomohiko Akahoshi, Selective cyclooxygenase(COX)inhibition causes damage to portal hypertensive gastric mucosa
Role of nitric oxide and NF-kapperB, The FASEB Journal, 19, 9, 1163-1165, 2005.07.
12. Tomohiko Akahoshi, MORIMASA TOMIKAWA, Norifumi Tsutsumi, Makoto Hashizume, Yoshihiko Maehara, Impact of ballon-occluded retrograde transvenous obliteration on management of isolated fundal gastric varicual bleeding, Hepatol Res., 10.1111/j.1872-034X.2011.00939.x. Epub 2011 Dec 19.PMID:22176386, 2012 Apr;42, 4, 385-393, 2012.04.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 赤星朋比古、川中博文、小西晃造、金城 直、富川盛雅、前原喜彦 , 脾臓摘出術ー安全確実な手術を行うための工夫, 手術, 2009.07.
2. Akahoshi T. Hashizume M, Electromagnetic thermoablation to treat thrombocytopenia in cirrhotic and hypersplenic rats.
J Gastroenterol Hepatol
, J Gastroenterol Hepatol. , 2011.07.
主要学会発表等
1. 赤星 朋比古, 永田 高志, 橋爪 誠, ワークショップ4 : 多発外傷のAcute care surgeryにおける消化器外科治療
「外傷初期診療における消化器外科医の関わりにおける諸問題と対策」, 第67回日本消化器外科学会総会, 2012.07.
2. 赤星 朋比古, 消化管術後敗血症性DICに対するリコモジュリン投与の現状と治療成績, 第40回日本救急医学会総会 , 2012.11.
3. 赤星朋比古、富川盛雅、金城 直、上原英雄、橋本直隆、長尾吉泰、前原喜彦, 腔鏡手術に有用なOpen MRIを用いたリアルタイムナビゲーションシステムの開発, 第110日本外科学会, 2010.04.
4. 赤星朋比古、富川盛雅、家守雅大、長尾吉泰、橋爪 誠、前原喜彦, 当科における食道静脈瘤に対する治療戦略と成績, 第17回日本門脈圧亢進症学会総会 , 2010.09.
5. 赤星朋比古、富川盛雅、家守雅大、長尾吉泰、前原喜彦, 難治性消化管静脈瘤に対する外科治療の意義, 第46回日本腹部救急医学会総会, 2010.03.
6. 赤星朋比古、富川盛雅、家守雅大、長尾吉泰、前原喜彦, 肝癌合併食道・胃静脈瘤に対する治療戦略, 2010.08.
7. 赤星朋比古、富川盛雅、家守雅大、長尾吉泰、前原喜彦, 肝硬変合併脾機能亢進症に対する腹腔鏡下脾臓摘出術と合併症についての検討, 第65回日本消化器外科学会, 2011.07.
8. 赤星朋比古 杉森 宏、橋爪 誠, 食道胃静脈瘤出血に対する当院における救急体制, 第38回日本救急医学会総会 , 2010.10.
9. Tomohiko Akahoshi, MD , , Hirofumi Kawanaka, MD , Morimasa Tomikawa, MD ,Nao Kinjo, MD , Naotaka Hashimoto MD, Hideo Uehara MD, Yasutoshi Nagao MD, Yoshihiko Maehara, MD, FACS , Laparoscopic splenectomy as a breakthrough
of completion of peginterferon and ribavirin therapy in patients
with HCV cirrhosis and hypersplenism
, American sugical society congress, 2009.05.
学会活動
所属学会名
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本腹部救急医学会
日本門脈圧亢進症学会
日本肝臓学会
学協会役員等への就任
2014.01~2019.01, 日本腹部救急医学会, 評議員.
2010.01~2015.01, 日本門脈圧亢進症学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2013.04.11~2013.04.13, 第113回日本外科学会定期学術集会, 座長(Chairmanship).
2011.09.10~2011.09.10, 第18回日本門脈圧亢進症学会総会, 座長(Chairmanship).
2013.03.13~2013.03.13, 第49回日本腹部救急医学会, 座長(Chairmanship).
2008.09.02~2008.09.05, 11th World Congress of Endoscopic Surgery, 座長(Chairmanship).
2008.09.06~2008.09.06, 第18回九州内視鏡下外科手術研究会, 座長(Chairmanship).
2009.09.05~2009.09.05, 第19回九州内視鏡下外科手術研究会, 座長(Chairmanship).
2010.09.04~2010.09.04, 九州内視鏡外科研究会, 事務局.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度     10 
2017年度    
2016年度    
2015年度    
2014年度    
2013年度 11 
2010年度  
受賞
福岡医学会賞, ふくおか医療財団, 2017.01.
第38回かなえ医薬振興財団研究助成, 財団法人 かなえ医薬振興財団, 2009.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2013年度~2015年度, 基盤研究(C), 代表, 自己皮下脂肪由来間葉系幹細胞を用いた肝硬変症に対する革新的治療法の開発.
2009年度~2011年度, 基盤研究(C), 代表, 肝硬変症における肝内微小循環障害の分子機序の解明と肝機能改善のための治療法の開発.
2004年度~2005年度, 基盤研究(C), 代表, 「門脈圧亢進症におけるシグナルトランスダクションの研究」

.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2015.04~2016.03, 分担, 肝内微小循環改善と脾機能制御による肝硬変症に対する革新的集学的治療法の確立.
2014.06~2015.06, 分担, 腹腔鏡下超音波検査を簡単操作に変える手首運動を再現した遠隔回転中心を有する多自由度自在電動アームの開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」