九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
木戸秋 悟(きどあき さとる) データ更新日:2018.04.18

教授 /  先導物質化学研究所 分子集積化学部門 医用生物物理化学分野


大学院(学府)担当

工学府 物質創造工学専攻 超分子化学講座

学部担当

その他の教育研究施設名



電子メール
ホームページ
電話番号
092-802-2507
FAX番号
092-802-2509
就職実績-民間機関等
就職実績有, 国立循環器病センター研究所 流動研究員
科学技術振興機構 研究員
取得学位
博士(学術)
専門分野
医用生物物理工学
活動概要
略歴:
1968年元旦生 (S43) 千葉県銚子市出身
1986年3月 (S61)東京工業大学工学部附属工業高等学校電子科 卒業
1993年3月 (H5)名古屋大学理学部化学科 卒業(物理化学研究室)
1995年3月 (H7)名古屋大学人間情報学研究科 修士課程修了(非線形科学研究室)
1998年3月 (H10)名古屋大学人間情報学研究科 博士課程修了 博士学位取得(非線形科学研究室)
1998年4月 (H10)国立循環器病センター研究所 生体工学部 流動研究員
2000年4月 (H12)京都大学理学部 物理学第一教室 JST-CREST研究員
2001年6月 (H13)九州大学大学院医学研究院 医用工学分野 助教授
2006年10月 (H18)九州大学先導物質化学研究所 生命分子化学分野 教授
2013年5月 (H25)九州大学先導物質化学研究所 医用生物物理化学分野 教授(分野名改称)

兼任等:
2009年10月〜2013年3月 JST-さきがけ研究者(「ナノシステムと機能創発」領域)
2015年12月〜 AMED-CREST研究代表者(「メカノバイオロジー機構の解明による革新的医療機器及び医療技術の創出」領域)
2016年4月〜 JSPS-RCSSプログラムオフィサー(専門研究員:工学系科学・情報学専門調査班および医歯薬学専門調査班併任)

研究の根本テーマ:
 〜生命現象における階層間クロストークの時空間ダイナミクスメカニズムの理解と制御〜
A. 細胞・組織のメカノバイオロジーを操作する生体材料の創製(医用材料応用研究の新分野開拓)
B. 細胞・組織機能のメカノバイオロジー応答の系統的解析材料を用いたメカニズム研究(生物物理基礎研究の新基盤確立)
C. 単分子直接観察とナノ力学計測・加工技術の統合計測に基づくナノ・マイクロバイオメカニクス研究

現在の具体的取組み:
1. 細胞操作メカノバイオマテリアルの創製: 幹細胞操作材料、細胞運動操作材料、組織再生誘導材料、がん細胞診断材料
2. マトリックス工学: 電界紡糸法による組織工学用細胞外マトリックス・骨格・デバイスの開発研究
3. メゾスコピック生体高分子集合系の物理化学: DNA・タンパク質の離合集散・自己組織化・分子バイオメカニクス研究

九大関連コンテンツ