九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
北岡 卓也(きたおか たくや) データ更新日:2017.10.18

教授 /  農学研究院 環境農学部門 サスティナブル資源科学


主な研究テーマ
構造性多糖分子のナノアーキテクトニクス
キーワード:構造性多糖類, 自己組織化, ナノ構造・界面機能, マテリアルデザイン, バイオアーキテクチャー
2002.04.
糖鎖分子ベクトル制御による糖鎖集積バイオインターフェースの機能設計
キーワード:セルロースl膜, 多糖構造膜, 自己組織化, 界面相互作用, 生理活性, バイオミメティクス, バイオインターフェース
2002.04.
非水系酵素反応による多糖合成および多糖材料表面の糖鎖修飾
キーワード:セルロース, 機能糖, 非天然多糖類, 酵素/界面活性剤複合体, 非水系酵素反応, 表面改質
2002.04.
ペーパー構造体触媒の開発と環境・エネルギー分野への応用
キーワード:触媒, 構造体触媒, 吸着剤, ペーパーコンポジット, 大気・室内・水環境浄化, 水素生産・燃料電池
2000.04.
「セルロースの分子認識」に基づくウェットエンドケミストリー
キーワード:セルロース結合ドメイン, 糖鎖化合物, 分子認識アンカー, 多点相互作用, 界面修飾・材料設計
2000.04~2007.03.
表面モルフォロジーに基づく紙の撥水性発現機構の解明と制御
キーワード:サイズ剤, アンカー成分, 界面相互作用, ナノ形状, サイズ性応答
2000.04~2007.03.
従事しているプロジェクト研究
ペーパー触媒の空隙構造を反応場とする排出ガス浄化システムに関する研究
2006.10, 代表者:北岡卓也, 九州大学
内燃機関を原動機とする自動車等からの排出ガスによる大気汚染が深刻化し、各国において排ガス規制が年々厳しくなっている。本研究では、貴金属触媒の多孔質担体として繊維ネットワーク構造を有する「ペーパー」に着目し、その特徴的な空隙構造を触媒反応場と見なして構造制御することで、実用材料としての利便性と大幅な性能向上を図る第3世代の新規構造体触媒「ペーパー構造体触媒」の開発を目指す。.
触媒固定多孔質シート「ペーパー触媒」の開発および空隙構造−触媒効果の機能相関の解明
2002.10, 代表者:北岡卓也, 九州大学
次世代のクリーンエネルギーとして注目されている“水素”を、バイオメタノールの改質により高効率で製造するための新規触媒デバイスとして、多孔質触媒担持ファイバーコンポジット、通称「ペーパー触媒」の開発を目指す。取り扱いにくい触媒粉末をフレキシブルなペーパー材料に成型し、多孔質構造のマイクロリアクター効果による改質性能の向上や、固体酸触媒・吸着剤等との共触媒効果による新規な反応場の構築を図る。.
研究業績
主要著書
1. 北岡 卓也, 「機能紙最前線」 ~次世代機能紙とその垂直連携に向けて~
ペーパー構造体触媒による物質変換
, 加工技術研究会, 第2部 「機能紙トピックス」 ~機能紙・川上・川中・川下の垂直連携と拡がり~ 【電気・電子】 ペーパー構造体触媒による物質変換, 2017.02.
2. 北岡 卓也, 図解よくわかるナノセルロース ナノセルロース結晶表面で触媒反応/ナノセルロース膜に孔をあけてガス分離/ナノセルロースとアミノ酸で不斉合成, 日刊工業新聞社, 73 ナノセルロース結晶表面で触媒反応 pp. 182-183
76 ナノセルロース膜に孔をあけてガス分離 pp. 188-189
80 ナノセルロースとアミノ酸で不斉合成 pp. 196-197, 2015.08.
3. 北岡 卓也, 糖鎖の新機能開発・応用ハンドブック ~創薬・医療から食品開発まで~
セルロースペーパー触媒
, 株式会社エヌ・ティー・エス, Cellulose Paper Catalysts
pp. 556-559, 2015.08.
4. 古賀 大尚, 北岡 卓也, セルロースナノファイバーの調製、分散・複合化と製品応用
セルロースナノファイバーと金属触媒の融合マテリアル
, 株式会社技術情報協会, 2015.01.
5. Hirotaka Koga, Takuya Kitaoka, Production and Applications of Cellulose Nanomaterials, Chapter 2: Cellulose Nanofibrils, 2.4 Composites, Liquid Gels and Aerogels: Crystalline Cellulose Nanofibrils Conjugated with Metal Nanocatalysts, TAPPI PRESS, Norcross, 313-316, 2013.06.
6. 北岡 卓也, 機能性セルロース次元材料の開発と応用
ペーパー触媒の開発 -紙の構造が機能する新材料-
, 株式会社シーエムシー出版, 137-144, 2013.06.
7. 北岡卓也, セルロースのおもしろ科学とびっくり活用
酵素でセルロースを合成する/セルロース薄膜上で細胞培養/セルロースナノ触媒でモノづくり
, 講談社, 055 酵素でセルロースを合成する pp. 122-123
057 セルロース薄膜上で細胞培養 pp. 126-127
064 セルロースナノ触媒でモノづくり pp. 140-141, 2012.11.
8. Koga H., Kitaoka T., Advances in Materials Science Research, Volume 12, Chapter 7: Paper-structured Catalyst Composites with a Ceramic Fiber-network Microstructure for Energy and Environmental Applications, Nova Science Publishers, Inc., New York, 215-237, 2012.02.
9. Koga H., Kitaoka T., Silver Nanoparticles, Chapter 14: On-paper Synthesis of Silver Nanoparticles for Antibacterial Applications, IN-TECH Education and Publishing KG, Vienna, 277-294, 2010.03.
10. 北岡卓也, セルロース利用技術の最先端
水素をつくるペーパー触媒
, 株式会社シーエムシー出版, pp. 229-237, 2008.03.
11. 北岡卓也, 「紙の分析・観察」 ノウハウ集
XPSによる紙表面の元素マッピング/SEM-EDSによる紙表面の元素イメージング/AFMによる紙表面のナノイメージング
, 株式会社技術情報協会, XPSによる紙表面の元素マッピング pp. 110-111
SEM-EDSによる紙表面の元素イメージング pp. 136-137
AFMによる紙表面のナノイメージング pp. 154-155, 2006.12.
12. 北岡卓也, “ファイバー” スーパーバイオミメティックス 〜近未来の新技術創成〜
ペーパー光触媒/水素製造ペーパー触媒
, 株式会社エヌ・ティー・エス, ペーパー光触媒 pp. 607-610
水素製造ペーパー触媒 pp. 639-643, 2006.10.
13. 北岡卓也, 水素利用技術集成 Vol. 2
抄紙成型によるペーパー触媒の開発
, 株式会エヌ・ティー・エス, pp. 198-204, 2005.05.
14. 北岡卓也, ウェットエンド化学と製紙薬品の最先端技術
ウェットエンド化学におけるアルミニウムの役割・機能
, 株式会社シーエムシー出版, pp. 36-45, 2004.11.
主要原著論文
1. Mayumi Hatakeyama, Takuya Kitaoka, Hirofumi Ichinose, Impacts of amino acid substitutions in fungal cytochrome P450 monooxygenase (CYP57B3) on the effective production of 3′-hydroxygenistein, FEMS Microbiology Letters, 364, 11, 2017.05.
2. Yusuke Shiratori, Takeo Yamakawa, Mio Sakamoto, Hinomi Yoshida, Takuya Kitaoka, Quang Tuyen Tran, Duc Chanh Tin Doan, Mau Chien Dang, Biogas production from local biomass feedstock in the Mekong Delta and its utilization for a direct internal reforming solid oxide fuel cell, Frontiers in Environmental Science, 5, 5, 25, pp. 1-8, 2017.05.
3. Yuki Ishihara, Kyohei Kanomata, Taichi Homma, Takuya Kitaoka, Multilayer-stacked paper-structured catalysts for microflow Suzuki-Miyaura cross-coupling reaction, Reaction Kinetics, Mechanisms and Catalysis, 121, 2, 523-537, 2017.08.
4. Ayami Saimura, Takuya Kitaoka, Paper-structured catalysts with porous fiber networks for Fischer-Tropsch synthesis, Journal of Korea TAPPI, 48, 6, 32-45, 2016.12.
5. Ayami Saimura, Yusuke Shiratori, Takuya Kitaoka, Dual-layered paper-structured catalysts for sequential desulfurization and methane-steam reforming of simulated biogas containing hydrogen sulfide, Journal of Materials Science, 52, 1, 314-325, 2017.01.
6. Pornthida Poosala, Hirofumi Ichinose, Takuya Kitaoka, Spatial geometries of self-assembled chitohexaose monolayers regulate myoblast fusion, International Journal of Molecular Sciences, 17, 5, 686, 1-16, 2016.05.
7. Mayumi Hatakeyama, Takuya Kitaoka, Hirofumi Ichinose, Heterologous expression of fungal cytochromes P450 (CYP5136A1 and CYP5136A3) from the white-rot basidiomycete Phanerochaete chrysosporium: functionalization with cytochrome b5 in Escherichia coli, Enzyme and Microbial Technology, 89, 7-14, 2016.06.
8. Pornthida Poosala, Takuya Kitaoka, Chitooligomer-immobilized biointerfaces with micropatterned geometries for unidirectional alignment of myoblast cells, Biomolecules, 6, 1, 12, 1-13, 2016.01.
9. Makoto Matsumoto, Takuya Kitaoka, Ultraselective gas separation by nanoporous metal-organic frameworks embedded in gas-barrier nanocellulose flms, Advanced Materials, 28, 9, 1765-1769, 2016.03.
10. Taichi Homma, Takuya Kitaoka, Solvent-free alcohol oxidation using paper-structured catalysts: Flow dynamics and reaction kinetics, Chemical Engineering Journal, 285, 467-476, 2016.02.
11. Taichi Homma, Takuya Kitaoka, Multiphase catalytic oxidation of alcohols over paper-structured catalysts with micrometer-size pores, Applied Catalysis A: General, 486, 201-209, 2014.09.
12. Taichi Homma, Takuya Kitaoka, Preparation of porous paper composites with ruthenium hydroxide and catalytic alcohol oxidation in a multiphase gas-liquid-solid reaction, Materials Science and Engineering B: Advanced Functional Solid-state Materials, 184, 7-13, 2014.06.
13. Boateng Onwona-Agyeman, Motoi Nakao, Takuya Kitaoka, Photovoltaic performance of spray-coated zinc oxide nanoparticles sensitized with metal-free indoline dyes, Journal of Materials Science Research, 3, 1, 87-93, 2014.03.
14. Shin Miura, Yuuka Umemura, Yusuke Shiratori, Takuya Kitaoka, In situ synthesis of Ni/MgO catalysts on inorganic paper-like matrix for methane steam reforming, Chemical Engineering Journal, 229, 515-521, 2013.08.
15. Yusuke Shiratori, Tran Quang-Tuyen, Yuuka Umemura, Takuya Kitaoka, Kazunari SASAKI, Paper-structured catalyst for the steam reforming of biodiesel fuel, International Journal of Hydrogen Energy, 38, 26, 11278-11287, 2013.08.
16. Yusuke Shiratori, Teppei Ogura, Hironori NAKAJIMA, Mio Sakamoto, Yutaro Takahashi, Yuto Wakita, Takuya Kitaoka, Kazunari SASAKI, Study on paper-structured catalyst for direct internal reforming SOFC fuelled by the mixture of CH4 and CO2, International Journal of Hydrogen Energy, 38, 25, 10542-10551, 2013.08.
17. Azetsu Akihiro, Hirotaka Koga, YUAN LUYANG, Takuya Kitaoka, Direct synthesis of gold nanocatalysts on TEMPO-oxidized pulp paper containing aldehyde groups, BioResources, 8, 3, 3706-3717, 2013.05.
18. Koga H., Saito T., Kitaoka Takuya, Nogi M., Suganuma K., Isogai A., Transparent, conductive, and printable composites consisting of TEMPO-oxidized nanocellulose and carbon nanotube, Biomacromolecules, 14, 4, 1160-1165, 2013.02.
19. Onwona-Agyeman B., Nakao M., Kohno T., Liyanage D., Murakami K., Kitaoka T. , Preparation and characterization of sputtered aluminum and gallium co-doped ZnO films as conductive substrates in dye-sensitized solar cells, Chemical Engineering Journal, 219, 273-277, 219(-), 273-277, 2013.03.
20. Egusa S., Goto M., Kitaoka T., Facile and direct synthesis of long-chain chitin from chitobiose via proton-assisted nonaqueous biocatalysis, Journal of Molecular Catalysis B: Enzymatic, 87, 69-74, 87(-), 69-74 (2013), 2013.03.
21. Kitaoka T., Yoshiyama C., Uemura F., Hybrid immobilization of galactosyl lactose and cellobiose on a gold substrate to modulate biological responses, Carbohydrate Polymers, 92, 1, 374-379, 92(1), 374-379, 2013.01.
22. Egusa S., Goto M., Kitaoka T., One-step synthesis of cellulose from cellobiose via protic acid-assisted enzymatic dehydration in aprotic organic media, Biomacromolecules, 13, 9, 2716-2722, 13(9), 2716-2722, 2012.07.
23. Tahara Y., Kaneko T., Toita R., Yoshiyama C., Kitaoka T., Niidome T., Katayama Y., Kamiya N., Goto M., A novel double-coating carrier produced by solid-in-oil and solid-in-water nanodispersion technology for delivery of genes and proteins into cells
, Journal of Controlled Release, 161, 3, 713-721, 161(3), 713-721, 2012.05.
24. Koga H., Kitaoka T., Isogai A., Paper-immobilized enzyme as a green microstructured catalyst, Journal of Materials Chemistry, 22, 23, 11591-11597, 22(23), 11591-11597, 2012.04.
25. Ogawa Y., Yoshiyama C., Kitaoka T., Helical assembly of azobenzene-conjugated carbohydrate hydrogelators with specific affinity for lectins, Langmuir, 28, 9, 4404-4412, 28(9), 4404-4412, 2012.02.
26. Miura S., Koga H., Kitaoka T., Wariishi H., On-paper synthesis of nickel nanoparticles and catalytic propane steam reforming for efficient hydrogen production, Heat Transfer Engineering, 34, 11-12, 889-895, 2013.03.
27. Koga H., Azetsu A., Tokunaga E., Saito T., Isogai A., Kitaoka T., Topological loading of Cu(I) catalysts onto crystalline cellulose nanofibrils for the Huisgen click reaction, Journal of Materials Chemistry, 22, 12, 5538-5542, 22(12), 5538-5542, 2012.03.
28. Azetsu A., Koga H., Isogai A., Kitaoka T., Synthesis and catalytic features of hybrid metal nanoparticles supported on cellulose nanofibers, Catalysts, 1, 1, 83-96, 1(1), 83-96, 2011.11.
29. Koga H., Umemura Y., Kitaoka T., In situ synthesis of bimetallic hybrid nanocatalysts on a paper-structured matrix for catalytic applications, Catalysts, 1, 1, 69-82, 1(1), 69-82, 2011.11.
30. Miura S., Kitaoka T., In situ synthesis of gold nanoparticles on zinc oxides preloaded into a cellulosic paper matrix for catalytic applications, BioResources, 6, 4, 4990-5000, 6(4), 4990-5000, 2011.12.
31. Yoshiike Y., Kitaoka T., Tailoring hybrid glyco-nanolayers composed of chitohexaose and cellohexaose for cell culture applications, Journal of Materials Chemistry, 21, 30, 11150-11158, 21(30), 11150-11158, 2011.05.
32. Koga H., Kitaoka T., Isogai A., In situ modification of cellulose paper with amino groups for catalytic applications, Journal of Materials Chemistry, 21, 25, 9356-9361, 21(25), 9356-9361, 2011.05.
33. Koga H., Umemura Y., Kitaoka T., Design of catalyst layers by using paper-like fiber/metal nanocatalyst composites for efficient NOx reduction, Composites Part B: Engineering, 42, 5, 1108-1113, 42(5), 1108-1113, 2011.07.
34. Koga H., Kitaoka T., Activated carbon water purification filter prepared by wet molding with a dual polyelectrolyte retention system, Sen'i Gakkaishi, 67, 4, 81-85, 67(4), 81-85, 2011.04.
35. Koga H., Kitaoka T., One-step synthesis of gold nanocatalysts on a microstructured paper matrix for the reduction of 4-nitrophenol, Chemical Engineering Journal, 168, 1, 420-425, 168(1), 420-425, 2011.03.
36. Koga H., Tokunaga E., Hidaka M., Umemura Y., Saito T., Isogai A., Kitaoka T., Topochemical synthesis and catalysis of metal nanoparticles exposed on crystalline cellulose nanofibers, Chemical Communications, 46, 45, 8567-8569, 46(45), 8567-8569, 2010.11.
37. Egusa S., Kitaoka T., Igarashi K., Samejima M., Goto M., Wariishi H., Preparation and enzymatic behavior of surfactant-enveloped enzymes for glycosynthesis in nonaqueous aprotic media, Journal of Molecular Catalysis B: Enzymatic, 67, 3-4, 225-230, 67(3-4), 225-230, 2010.12.
38. Kitaoka T., Tanaka N., Matsuyama K., Yamamoto H., Highly sensitive sizing response induced by 2-bromination of fatty acids and their pairing with anchor sites formed on paper surfaces, Sen’i Gakkaishi, 66, 11, 284-287, 66(11), 284-287, 2010.11.
39. Tanaka N., Yoshiike Y., Yoshiyama C., Kitaoka T., Self-assembly immobilization of hyaluronan thiosemicarbazone on a gold surface for cell culture applications, Carbohydrate Polymers, 82, 1, 100-105, 82(1), 100-105, 2010.08.
40. Koga H., Ishihara H., Kitaoka T., Tomoda A., Suzuki R., Wariishi H., NOx reduction over paper-structured fiber composites impregnated with Pt/Al2O3 catalyst for exhaust gas purification, Journal of Materials Science, 45, 15, 4151-4157, 45(15), 4151-4157, 2010.08.
41. Yoshiike Y., Yokota S., Tanaka N., Kitaoka T., Wariishi H., Preparation and cell culture behavior of self-assembled monolayers composed of chitohexaose and chitosan hexamer, Carbohydrate Polymers, 82, 1, 21-27, 82(1), 21-27, 2010.08.
42. Okutani Y., Egusa S., Ogawa Y., Kitaoka T., Goto M., Wariishi H. , One-step lactosylation of hydrophobic alcohols by nonaqueous biocatalysis, ChemCatChem, 8, 950-952, 2(8), 950-952, 2010.08.
43. Koga H., Umemura Y., Tomoda A., Suzuki R., Kitaoka T., In situ synthesis of platinum nanocatalysts on a microstructured paperlike matrix for the catalytic purification of exhaust gases, ChemSusChem, 3, 5, 604-608, 3(5), 604-608, 2010.05.
44. Opietnik M., Potthast A., Kitaoka T., Rosenau T., Synthesis of N-methylmorpholine N-(17O-oxide) and N-methylmorpholine 15N-(17O-oxide), Journal of Labelled Compounds and Radiopharmaceuticals, 53, 2, 78-80, 2010.02.
45. Koga H., Kitaoka T., Nakamura M., Wariishi H., Influence of a fiber-network microstructure of paper-structured catalyst on methanol reforming behavior, Journal of Materials Science, 44(21), 5836-5841, 2009.11.
46. Yokota S., Matsuyama K., Yamamoto H., Kitaoka T., Wariishi H., Specific attraction at the carboxyl terminus of fatty acid/oxidized aluminum interface for the sizing appearance of fiber-network materials, Sen’i Gakkaishi, 65, 12, 332-337, 65(12), 332-337, 2009.12.
47. Yokota S., Ohta T., Kitaoka T., Wariishi H., Adsorption of cellobiose-pendant polymers to a cellulose matrix determined by quartz crystal microbalance analysis, BioResources, 4(3), 1098-1108, 2009.08.
48. Ishihara H., Koga H., Kitaoka T., Wariishi H., Tomoda A., Suzuki R., Paper-structured catalyst for catalytic NOx removal from combustion exhaust gas, Chemical Engineering Science, 65, 1, 208-213, 65(1), 208-213, 2010.01.
49. Koga H., Kitaoka T., Wariishi H., On-paper synthesis of Au nanocatalysts from Au(III) complex ions for low-temperature CO oxidation, Journal of Materials Chemistry, 19(29), 5244-5249, 2009.08.
50. Koga H., Umemura Y., Ishihara H., Kitaoka T., Tomoda A., Suzuki R., Wariishi H., Paper-structured fiber composites impregnated with platinum nanoparticles synthesized on a carbon fiber matrix for catalytic reduction of nitrogen oxides, Applied Catalysis B: Environmental, 90(3-4), 699-704, 2009.08.
51. Yokota S., Ohta T., Kitaoka T., Ona T., Wariishi H., Preparation of cellobiose-conjugated polyacrylamide and its interaction with a cellulose matrix for papermaking application, Sen’i Gakkaishi, 65(8), 212-217, 2009.08.
52. Esaki K., Yokota S., Egusa S., Okutani Y., Ogawa Y., Kitaoka T., Goto M., Wariishi H., Preparation of lactose-modified cellulose films by a nonaqueous enzymatic reaction and their biofunctional characteristics as a scaffold for cell culture, Biomacromolecules, 10(5), 1265-1269, 2009.05.
53. Yokota S., Ohta T., Kitaoka T., Ona T., Wariishi H., Preparation and characteristics of anionic polyacrylamides containing direct dye with a high affinity for cellulose, BioResources, 4(2), 497-508, 2009.05.
54. Koga H., Kitaoka T., Wariishi H., In situ synthesis of silver nanoparticles on zinc oxide whiskers incorporated in a paper matrix for antibacterial applications, Journal of Materials Chemistry, 19(15), 2135-2140, 2009.04.
55. Egusa S., Yokota S., Tanaka K., Esaki K., Okutani Y., Ogawa Y., Kitaoka T., Goto M., Wariishi H., Surface modification of a solid-state cellulose matrix with lactose by a surfactant-enveloped enzyme in a nonaqueous medium, Journal of Materials Chemistry, 19(13), 1836-1842, 2009.04.
56. Yokota S., Matsuo K., Kitaoka T., Wariishi H., Retention and paper-strength characteristics of anionic polyacrylamides conjugated with carbohydrate-binding modules, BioResources, 4(1), 234-244, 2009.02.
57. Yokota S., Kitaoka T., Opietnik M., Rosenau T., Wariishi H., Synthesis of gold nanoparticles for in situ conjugation with structural carbohydrates, Angewandte Chemie International Edition, 47(51), 9866-9869, 2008.12.
58. Koga H., Kitaoka T., Wariishi H., In situ synthesis of Cu nanocatalysts on ZnO whiskers embedded in a microstructured paper composite for autothermal hydrogen production, Chemical Communications, -(43), 5616-5618, 2008.11.
59. Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Biofunctionality of self-assembled nanolayers composed of cellulosic polymers, Carbohydrate Polymers, 74(3), 666-672, 2008.11.
60. Yokota S., Matsuo K., Kitaoka T., Wariishi H., Specific interaction acting at a cellulose-binding domain/cellulose interface for papermaking application, BioResources, 3(4), 1030-1041, 2008.11.
61. Koga H., Fukahori S., Kitaoka T., Nakamura M., Wariishi H., Paper-structured catalyst with porous fiber-network microstructure for autothermal hydrogen production, Chemical Engineering Journal, 139(2), 408-415, 2008.06.
62. Fukahori S., Koga H., Kitaoka T., Nakamura M., Wariishi H., Steam reforming behavior of methanol using paper-structured catalysts: Experimental and computational fluid dynamic analysis, International Journal of Hydrogen Energy, 33(6), 1661-1670, 2008.03.
63. Yokota S., Ueno T., Kitaoka T., Wariishi H., Molecular imaging of single cellulose chains aligned on a highly oriented pyrolytic graphite surface, Carbohydrate Research, 342(17), 2593-2598, 2007.12.
64. Yokota S., Ueno T., Kitaoka T., Tatsumi D., Wariishi H., Morphological imaging of single methylcellulose chains and their thermoresponsive assembly on a highly oriented pyrolytic graphite surface, Biomacromolecules, 8(12), 3848-3852, 2007.12.
65. Yokota S., Kitaoka T., Sugiyama J., Wariishi H., Cellulose I nanolayers designed by self-assembly of its thiosemicarbazone on a gold substrate, Advanced Materials, 19(20), 3368-3370, 2007.10.
66. Fukahori S., Ichiura H., Kitaoka T., Tanaka H., Wariishi H., Preparation of porous sheet composite impregnated with TiO2 photocatalyst by a papermaking technique, Journal of Materials Science, 42(15), 6087-6092, 2007.08.
67. Ueno T., Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Conformational changes in single carboxymethylcellulose chains on a highly oriented pyrolytic graphite surface under different salt conditions, Carbohydrate Research, 342(7), 954-960, 2007.05.
68. Yokota S., Matsuyama K., Kitaoka T., Wariishi H., Thermally responsive wettability of self-assembled methylcellulose nanolayers, Applied Surface Science, 253(11), 5149-5154, 2007.03.
69. Egusa S., Kitaoka T., Goto M., Wariishi H., Synthesis of cellulose in vitro by using a cellulase/surfactant complex in a nonaqueous medium, Angewandte Chemie International Edition, 46(12), 2063-2065, 2007.03.
70. Fukahori S., Iguchi Y., Ichiura H., Kitaoka T., Tanaka H., Wariishi H., Effect of void structure of photocatalyst paper on VOC decomposition, Chemosphere, 66(11), 2136-2141, 2007.02.
71. Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Surface morphology of cellulose films prepared by spin coating on silicon oxide substrates pretreated with cationic polyelectrolyte, Applied Surface Science, 253(9), 4208-4214, 2007.02.
72. Mayumi A., Kitaoka T., Wariishi H., Partial substitution of cellulose by ring-opening esterification of cyclic esters in a homogeneous system, Journal of Applied Polymer Science, 102(5), 4358-4364, 2006.12.
73. Koga H., Fukahori S., Kitaoka T., Tomoda A., Suzuki R., Wariishi H., Autothermal reforming of methanol using paper-like Cu/ZnO catalyst composites prepared by a papermaking technique, Applied Catalysis A: General, 309(2), 263-269, 2006.08.
74. Fukahori S., Koga H., Kitaoka T., Tomoda A., Suzuki R., Wariishi H., Hydrogen production from methanol using a SiC fiber-containing paper composite impregnated with Cu/ZnO catalyst, Applied Catalysis A: General, 310, 138-144, 2006.08.
75. Matsuyama K., Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Surface morphology and wetting characteristics of sized cellulose imitations, Sen’i Gakkaishi, 62(4), 89-94, 2006.04.
76. Fukahori S., Kitaoka T., Tomoda A., Suzuki R., Wariishi H., Methanol steam reforming over paper-like composites of Cu/ZnO catalyst and ceramic fiber, Applied Catalysis A: General, 300(2), 155-161, 2006.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 才村 綾美, 北岡 卓也, ペーパー構造体触媒によるフィッシャー・トロプシュ反応, 九州大学超顕微解析研究センター報告, 41, 160-161, 2017.08.
2. 北岡 卓也, 紙とセルロースの構造が主役の材料機能創発, 繊維学会誌, 73(5), P195-P196, 2017.05.
3. 北岡 卓也, セルロースのナノ構造特性に着目したマテリアル機能の創発, 応用物理, 86(2), 117-121, 2017.02.
4. 石原 由貴, 北岡 卓也, ペーパー触媒の積層構造をマイクロ反応場とする有機合成, 九州大学超顕微解析研究センター報告, 40, 188-189, 2016.08.
5. 北岡卓也, ナノセルロースが主役のマテリアル機能創発, ナノファイバー学会誌, 6(1), 25-28, 2015.07.
6. 才村 綾美, 白鳥 祐介, 北岡 卓也, ペーパー構造体触媒による脱硫-炭化水素改質の連続反応, 九州大学超顕微解析研究センター報告, 39, 156-157, 2015.08.
7. Hirotaka Koga, Takuya Kitaoka, Akira Isogai, Chemically-modified cellulose paper as a microstructured catalytic reactor, Molecules, 20, 1495-1508 , 2015.01.
8. 松本 眞, 北岡 卓也, セルロース系ナノ複合材料の構造設計と機能発現 −MOF複合化セルロース膜の開発とガス分離機能−, 九州大学超高圧電顕室研究報告, 38, 143-144, 2014.12.
9. 北岡 卓也, 紙・機能紙, 繊維学会誌, 70(9), P430-P433, 2014.09.
10. 北岡 卓也, 糖鎖系バイオインターフェース材料の機能開拓, Cellulose Communications, 20(2), 63-68, 2013.06.
11. 古賀大尚、北岡卓也, ファイバー複合材料の触媒機能化, 機能材料, Catalytic Design of Fiber Composites
Hirotaka Koga, Takuya Kitaoka
Function & Materials, 2012.01.
12. 北岡卓也, ペーパー系触媒材料の開発と応用 -環境・エネルギー・ものづくり・バイオ-, 日本包装学会誌, 20(6), 471-480, 2011.12.
13. 北岡卓也, セルロース系ナノ複合材料の構造設計と機能発現, ナノファイバー学会誌, 2(1), 15-19, 2011.04.
14. Koga H., Kitaoka T., On-paper synthesis of metal nanoparticles for catalytic applications, Sen'i Gakkaishi, 67(7), 141-152, 2011.07.
15. Kitaoka T., Yokota S., Opietnik M., Rosenau T., Synthesis and bio-applications of carbohydrate-gold nanoconjugates with nanoparticle and nanolayer forms, Materials Science and Engineering C: Materials for Biological Applications, 31(6), 1221-1229, 2011.08.
16. 北岡卓也, ペーパー触媒の開発と環境・エネルギー・ものづくり, THE GLOBE, 8(1), 6-10, 2010.09.
17. 北岡卓也, セルロースの新しい機能化技術と応用, 高分子, 59(6), 401-404, 2010.06.
18. 北岡卓也、横田慎吾, セルロース系ナノ薄膜の構造構築と機能開発, バイオサイエンスとインダストリー, 67(4), 156-160 , 2009.04.
19. 北岡卓也, 紙の表面を分子認識する −抄紙系相互作用の新コンセプト−, 木科学情報, 13(1), 3-6, 2006.08.
20. 友田昭彦、鈴木涼、北岡卓也, 多孔質ファイバーコンポジット成型による触媒シート(ペーパー触媒)の開発, 燃料電池, 5(4), 86-90, 2006.04.
21. 北岡卓也, セルロース固体界面の分子認識に基づくウェットエンド相互作用系の構築, 九州大学中央分析センター報告, 23, 15-24, 2005.12.
22. 北岡卓也, ペーパー触媒, 繊維学会誌, 60(9), P439-P442, 2004.09.
23. 北岡卓也, ペーパー触媒の開発と環境・エネルギー分野への応用, Cellulose Communications, 10(4), 170-174, 2003.12.
24. 田中浩雄、市浦英明、深堀秀史、井口佑美、北岡卓也, 光触媒含有シートの調製と室内・大気・水系環境の改善, 機能紙研究会誌, 41, 7-15, 2003.03.
25. 北岡卓也, セルロース分解酵素の基質認識に基づく製紙用添加剤の新しい設計コンセプト, Cellulose Communications, 8(4), 177-180, 2001.12.
26. 田中浩雄、北岡卓也, 製紙化学における水溶性高分子の分子設計, 繊維学会誌, 56(5), P141-P145, 2000.05.
主要学会発表等
1. Yuya Tamura, Kyohei Kanomata, Takuya Kitaoka, Interfacial hydrolysis of acetals by carboxylated cellulose nanofibers, 4th International Cellulose Conference, 2017.10.19.
2. Naliharifetra Jessica Ranaivoarimanana, Kyohei Kanomata, Takuya Kitaoka, Nanocellulose accelerates asymmetric Michael additions in proline-mediated organocatalysis, 4th International Cellulose Conference, 2017.10.19.
3. 北岡 卓也, 構造多糖の界面を生体反応の相互作用場とする細胞培養基材の設計戦略, 第66回高分子討論会, 2017.09.21.
4. 北岡 卓也, 糖鎖薄膜のナノ界面構造が決め手の細胞培養基材の設計戦略, 第47回繊維学会夏季セミナー, 2017.08.09.
5. 宮田拓摩, 鹿又喬平, 北岡 卓也, ナノセルロース界面を局所的反応場とするコニフェリルアルコールの酵素触媒重合, セルロース学会第24回年次大会, 2017.07.13.
6. 田村侑也, 鹿又喬平, 北岡 卓也, TEMPO酸化ナノセルロース自身が固体酸触媒として働くアセタールの酸加水分解反応, セルロース学会第24回年次大会, 2017.07.13.
7. Naliharifetra Jessica Ranaivoarimanana, 鹿又喬平, 北岡 卓也, Nanocellulose-assisted organocatalytic Michael addition, セルロース学会第24回年次大会, 2017.07.14.
8. Mochammad Iqbal Ardi Wibowo, 鹿又喬平, 北岡 卓也, Cellulose nanofiber as an enhancer of organocatalytic reactions, 第84回紙パルプ研究発表会, 2017.06.22.
9. 宮田拓摩, 鹿又喬平, 北岡 卓也, ナノセルロース界面を反応場とするリグニンの酵素合成, 第84回紙パルプ研究発表会, 2017.06.22.
10. 田村侑也, 鹿又喬平, 北岡 卓也, 表面カルボキシ化ナノセルロースによるアセタールの酸加水分解反応, 第84回紙パルプ研究発表会, 2017.06.22.
11. 田村侑也, 鹿又喬平, 北岡 卓也, セルロースナノファイバー界面の高密度カルボキシ基によるアセタールの酸加水分解反応, 繊維学会年次大会2017, 2017.06.08.
12. Yusuke Shiratori, Mio Sakamoto, Thi Giang Huong Nguyen, Takeo Yamakawa, Takuya Kitaoka, To Thien Dien, Duc Chanh Tin Doan, Mau Chien Dang, Paper-structured catalyst for SOFC to realize direct conversion of biogas into electricity, The Third International Workshop on Nano Materials for Energy Conversion (NMEC-3), 2017.05.04.
13. 北岡 卓也, ナノセルロースが主役の先端マテリアルの機能開拓, 静岡大学グリーン科学技術研究所セミナー, 2017.04.21.
14. 北岡 卓也, ナノセルロースの構造が決め手の触媒機能創発, 第39回バイオマスイノベーション研究会, 2017.03.22.
15. 才村綾美, 北岡 卓也, ペーパー構造を反応場とするフィッシャー・トロプシュ合成反応, 第67回日本木材学会大会, 2017.03.17.
16. 田村侑也, 北岡 卓也, 樹木ナノセルロース界面におけるアセタールの加水分解反応, 第67回日本木材学会大会, 2017.03.18.
17. 熊丸さち, 一瀬 博文, 北岡 卓也, 担子菌シトクロムP450の異種発現が及ぼす酵母の代謝物変動, 第67回日本木材学会大会, 2017.03.18.
18. 筌場将太, 一瀬 博文, 北岡 卓也, 木材腐朽菌Phanerochaete chrysosporiumが有するセスキテルペン合成酵素の多様性, 第67回日本木材学会大会, 2017.03.18.
19. 白鳥 祐介, 坂本 美緒, Quang Tuyen Tran, 山川 武夫, 吉田 日乃美, 北岡 卓也, 折島 寛, 安倍 正樹, Duc Chanh Tin Doan, Mau Chien Dang, メコンデルタ産バイオマスからのバイオガス製造とそのSOFCへの適用, 第25回SOFC研究発表会, 2016.12.15.
20. 鹿又 喬平, Mochammad Iqbal Ardi Wibowo, 堤 太志, 北岡 卓也, 有機分子触媒とセルロースナノファイバーによる協奏的触媒系の開発, 第9回有機触媒シンポジウム, 2016.12.01.
21. Takuya Kitaoka, Biomaterials and Catalysts, Academic Seminar at Kasetsart University, 2016.12.01.
22. Takuya Kitaoka, Nanocellulose architecture and heterogeneous catalysis, 28th Annual Meeting of the Thai Society for Biotechnology and International Conference (TSB2016); Natural Resources and Bio-based Innovative Products, 2016.11.29.
23. Chaniga Chuensangjun, Takuya Kitaoka, Preparation of cellulose nanofibers from wood/non-wood resources by TEMPO-mediated oxidation, 28th Annual Meeting of the Thai Society for Biotechnology and International Conference (TSB2016); Natural Resources and Bio-based Innovative Products, 2016.11.29.
24. Shota Ukeba, Takuya Kitaoka, Hirofumi Ichinose, Diversity of sesquiterpene synthase from the white-rot basidiomycete Phanerochaete chrysosporium, The 22nd Symposium of Young Asian Biological Engineers' Community, 2016.10.28.
25. Takuya Kitaoka, Nanocellulose composites for heterogeneous catalysis, 2016 Pan Pacific Conference of the Technical Associations of the Pulp and Paper Industry, 2016.10.26.
26. Ayami Saimura, Takuya Kitaoka, Paper-structured catalysts with porous fiber networks for Fischer-Tropsch synthesis, 2016 Pan Pacific Conference of the Technical Associations of the Pulp and Paper Industry, 2016.10.27.
27. 筌場将太, 北岡 卓也, 一瀬 博文, 白色腐朽菌Phanerochaete chrysosporiumが有するセスキテルペン合成酵素の同定および機能解析, 第68回日本生物工学会大会, 2016.09.28.
28. 畠山真由美, 野北昂志, 北岡 卓也, 一瀬 博文, シトクロムP450 BM3と補酵素再生系の近接配置による酵素反応, 第68回日本生物工学会大会, 2016.09.28.
29. 北岡 卓也, ナノセルロースのアイデンティティ, 京都グリーンケミカル・ネットワーク 「セルロースナノファイバー最前線セミナー」, 2016.09.21.
30. 行光沙織, 北岡 卓也, 表面カルボキシ化多糖ナノファイバーを用いたECM模倣基材による神経幹細胞の培養挙動, 第23回日本木材学会九州支部大会, 2016.09.13.
31. Mayumi Hatakeyama, Takuya Kitaoka, Hirofumi Ichinose, Heterologous expression and functionalization of fungal cytochromes P450 (CYP5136A1 and CYP5136A3) in Escherichia coli, 13th International Symposium on Cytochrome P450 Biodiversity and Biotechnology, 2016.07.24.
32. 北岡 卓也, ナノセルロースが引き出す触媒機能の新展開, 日本不織布協会第8回産官学連携の集い, 2016.07.08.
33. 金祖 シン, 北岡 卓也, ナノセルロースを不斉反応場とする新奇有機分子触媒反応, 第83回紙パルプ研究発表会, 2016.06.22.
34. 才村綾美, 北岡 卓也, 紙の空隙構造を触媒反応場とするフィッシャー・トロプシュ合成反応, 第83回紙パルプ研究発表会, 2016.06.23.
35. 石原 由貴, 北岡 卓也, 紙の積層構造をマイクロ反応場とするバイヤー・ビリガー酸化反応, 第83回紙パルプ研究発表会, 2016.06.23.
36. 舘林直子, 金祖 シン, 北岡 卓也, ナノセルロースと環状アミン誘導体による不斉有機分子触媒反応, 第83回紙パルプ研究発表会, 2016.06.23.
37. 畠山真由美, 北岡 卓也, 一瀬 博文, 担子菌由来シトクロムP450 (CYP5136A1, CYP5136A3) の異種発現およびシトクロムb5による機能発現, 第16回日本蛋白質科学会年会, 2016.06.07.
38. 石原 由貴, 北岡 卓也, ペーパー触媒の積層構造をマイクロフロー反応場とするバイヤー・ビリガー酸化反応, 繊維学会年次大会2016, 2016.06.09.
39. 金祖 シン, 北岡 卓也, セルロースナノファイバーを不斉反応場とする有機分子触媒反応, 繊維学会年次大会2016, 2016.06.09.
40. 舘林直子, 金祖 シン, 北岡 卓也, ナノセルロース界面を反応場とするプロリン誘導体による不斉有機分子触媒反応, 繊維学会年次大会2016, 2016.06.09.
41. 北岡 卓也, ナノセルロースが主役の複合材料開発, ナノセルロースフォーラム地域分科会第3回技術研修会, 2016.03.30.
42. 松本眞, 北岡 卓也, 樹木ナノセルロース膜のナノ穿孔による高効率ガス分離, 第66回日本木材学会大会, 2016.03.27.
43. 楠本仁司, 北岡 卓也, ナノセルロースの表面カルボキシ化による細胞外マトリックスの構造模倣と動物細胞の接着挙動, 第66回日本木材学会大会, 2016.03.27.
44. 才村綾美, 北岡 卓也, ペーパー構造体触媒によるフィッシャー・トロプシュ合成反応, 第66回日本木材学会大会, 2016.03.27.
45. 野北昂志, 一瀬 博文, 北岡 卓也, セルロソーム模倣複合体を用いた酵素近接固定化による連続反応の高効率化, 第66回日本木材学会大会, 2016.03.27.
46. 筌場将太, 一瀬 博文, 北岡 卓也, 担子菌Phanerochaete chrysosporiumが有するセスキテルペン合成酵素の同定およびキャラクタリゼーション, 第66回日本木材学会大会, 2016.03.28.
47. 舘林直子, 金 シン, 北岡 卓也, セルロースナノファイバーとプロリン誘導体による不斉有機分子触媒反応, 第66回日本木材学会大会, 2016.03.28.
48. 熊丸さち, 一瀬 博文, 北岡 卓也, 大腸菌を用いたヘムタンパク質異種発現とアミノレブリン酸合成酵素, 第66回日本木材学会大会, 2016.03.28.
49. Takuya Kitaoka, Combination of nanocellulose and nanomaterials for functional applications, Anselme Payen Award Symposium, 251st American Chemical Society National Meeting & Exposition, 2016.03.13.
50. 北岡 卓也, セルロース緻密層のナノ穿孔形成による高性能ガス分離膜の開発, Nanocellulose Symposium 2016 第310回生存圏シンポジウム 「構造用CNF材料の社会実装に向けて」, 2016.03.22.
51. 北岡 卓也, セルロースらしさが主役のナノ複合材料の新機能創発, 平成27年度セルロース学会北海道・東北支部セミナー, 2016.02.22.
52. 北岡 卓也, ナノセルロースが主役のマテリアル新機能創発, 第43回高知大学アカデミアセミナー 兼 平成27年度特別研究費プロジェクト「海洋性藻類を中心とした地域バイオマスリファイナリーの実現に向けた新技術の創出」第3回講演会 -バイオマスリファイナリーの最先端研究-, 2015.11.27.
53. 北岡 卓也, 多糖のナノアーキテクトニクスが切り拓く未来材料, 第9回多糖の未来フォーラム, 2015.11.10.
54. 北岡 卓也, ナノセルロース超緻密膜に「ナノ孔」を穿つ新技術でガス分離, 科学技術振興機構(JST)発 新技術説明会(第2回材料分野・エネルギー分野), 2015.10.13.
55. Takuya Kitaoka, Nanocellulose architectures and hybrid nanomaterials, 9th International Paper and Coating Chemistry Symposium 2015, 2015.10.31.
56. Yuki Ishihara, Taichi Homma, Takuya Kitaoka, Microflow catalytic reaction for organic synthesis over multilayer-stacked paper-structured catalysts, 9th International Paper and Coating Chemistry Symposium 2015, 2015.10.30.
57. Ayami Saimura, Yusuke Shiratori, Takuya Kitaoka, Sequential desulfurization and methane steam reforming of simulated biogas by dual-layered paper-structured catalysts, 9th International Paper and Coating Chemistry Symposium 2015, 2015.10.30.
58. Makoto Matsumoto, Takuya Kitaoka, Nanocellulose paper with metal-organic frameworks for gas separation, 9th International Paper and Coating Chemistry Symposium 2015, 2015.11.01.
59. 熊丸 さち, 北岡 卓也, 一瀬 博文, 大腸菌を用いたヘムタンパク質の異種発現に与えるアミノレブリン酸合成酵素の影響, 第67回日本生物工学会大会, 2015.10.26.
60. 野北昂志, 一瀬 博文, 北岡 卓也, セルロソームミメティクス複合体の構築によるナノ近接場での連続酵素反応, 第67回日本生物工学会大会, 2015.10.28.
61. 楠本仁司, 北岡 卓也, 表面カルボキシ化ナノセルロースによる細胞外マトリックスの構造模倣と動物細胞の接着挙動, 第22回日本木材学会九州支部大会, 2015.10.05.
62. 舘林直子, 金 シン, 北岡 卓也, 樹木ナノセルロースの界面を不斉反応場とするプロリン誘導体による有機分子触媒反応, 第22回日本木材学会九州支部大会, 2015.10.05.
63. Makoto Matsumoto, Takuya Kitaoka, Molecular-sieving gas separation with nanoporous metal-organic frameworks synthesized on highly-dense nanocellulose matrix, International Symposium on Wood, Fibre and Pulping Chemistry 2015 (18th ISWFPC2015), 2015.09.09.
64. Xin Jin, Takuya Kitaoka, Cooperative asymmetric organocatalysis with proline and nanocellulose, International Symposium on Wood, Fibre and Pulping Chemistry 2015 (18th ISWFPC2015), 2015.09.09.
65. 野北昂志, 一瀬 博文, 北岡 卓也, セルロースマトリックスへの酵素ナノ近接固定化による協調的触媒反応, セルロース学会第22回年次大会, 2015.07.10.
66. 松本 眞, 北岡 卓也, セルロース緻密層のナノ穿孔形成による分子ふるい型ガス分離膜の開発, セルロース学会第22回年次大会, 2015.07.10.
67. 金 シン, 北岡 卓也, TEMPO酸化ナノセルロースとプロリンによる協調的不斉触媒反応, セルロース学会第22回年次大会, 2015.07.10.
68. 北岡 卓也, ナノセルロースらしさが切り拓く材料革命, ナノセルロースフォーラム技術セミナー「マルクス・ヴァーレンベリ賞受賞記念講演会 兼 第5回技術セミナー」, 2015.07.07.
69. 畠山真由美, 山内幸代, 北岡 卓也, 一瀬 博文, 大腸菌を用いた真核微生物由来多機能性シトクロムP450 の異種発現, 第52回化学関連支部合同九州大会, 2015.06.27.
70. 楠本 仁司, 北岡 卓也, セルロースナノファイバーマトリックスの細胞培養特性, 第52回化学関連支部合同九州大会, 2015.06.27.
71. 行光 沙織, 北岡 卓也, 硫酸化糖鎖バイオインターフェースによるヒト骨格筋衛星細胞の培養挙動, 第52回化学関連支部合同九州大会, 2015.06.27.
72. 才村 綾美, 白鳥 祐介, 北岡 卓也, 金属酸化物ナノ粒子のオンペーパー合成と脱硫-メタン水蒸気改質による燃料電池用水素製造, 第52回化学関連支部合同九州大会, 2015.06.27.
73. 金 シン, 北岡 卓也, セルロースナノファイバーとプロリンによる不斉有機分子触媒反応, 第52回化学関連支部合同九州大会, 2015.06.27.
74. 北岡 卓也, 変幻自在のセルロース材料研究, 一般社団法人日本木材学会 第8回木質科学シンポジウム「今、木が面白い」, 2015.06.20.
75. Mayumi Hatakeyama, Yukiyo Yamauchi, Takuya Kitaoka, Hirofumi Ichinose, Chimerization for heterologous expression of fungal cytochromes P450 in Escherichia coli, 19th International Conference on Cytochrome P450, 2015.06.13.
76. 金 シン, 北岡 卓也, ナノセルロースとプロリンによる不斉有機分子触媒反応, 第82回紙パルプ研究発表会, 2015.06.05.
77. 松本 眞, 北岡 卓也, ナノセルロース緻密層のMOF穿孔による分子ふるい型ガス分離ペーパーの開発, 第82回紙パルプ研究発表会, 2015.06.05.
78. 石原 由貴, 本間 太一, 北岡 卓也, ペーパー積層構造をマイクロ反応場とするフロー式触媒反応, 第82回紙パルプ研究発表会, 2015.06.05.
79. 才村 綾美, 白鳥 祐介, 北岡 卓也, 二層積層型ペーパー構造体による脱硫-メタン水蒸気改質の連続反応, 第82回紙パルプ研究発表会, 2015.06.05.
80. 行光 沙織, 北岡 卓也, コンドロイチン硫酸固定化膜でのヒト骨格筋衛星細胞の培養挙動, 第65回日本木材学会大会, 2015.03.17.
81. 才村 綾美, 白鳥 祐介, 北岡 卓也, ペーパー構造体触媒による脱硫-炭化水素改質連続プロセスの開発, 第65回日本木材学会大会, 2015.03.17.
82. 石原 由貴, 本間 太一, 北岡 卓也, ペーパー構造を利用したマイクロリアクターの開発, 第65回日本木材学会大会, 2015.03.17.
83. 熊丸 さち, 一瀬 博文, 北岡 卓也, 細菌におけるヘム合成経路の活性化と宿主利用, 第65回日本木材学会大会, 2015.03.17.
84. Makoto Matsumoto, Takuya Kitaoka, Wood cellulose nanofiber films containing metal−organic frameworks for selective gas separation, International Symposium on Wood Science and Technology 2015 (IAWPS2015), 2015.03.16.
85. Xin Jin, Takuya Kitaoka, Proline-mediated organocatalysis on wood cellulose nanofibers, International Symposium on Wood Science and Technology 2015 (IAWPS2015), 2015.03.16.
86. Takashi Nogita, Hirofumi Ichinose, Takuya Kitaoka, Cooperative enzymatic reaction by cellulosome-mimetic complex on cellulose paper, International Symposium on Wood Science and Technology 2015 (IAWPS2015), 2015.03.16.
87. Mayumi Hatakeyama, Yukiyo Yamauchi, Takuya Kitaoka, Hirofumi Ichinose, Heterologous expression of cytochrome P450 from wood-rotting basidiomycetes in Escherichia coli, International Symposium on Wood Science and Technology 2015 (IAWPS2015), 2015.03.16.
88. 上村 富美, 北岡 卓也, 糖鎖集積基板の密度制御による細胞内シグナル伝達系の直接活性化, 第36回日本バイオマテリアル学会大会, 2014.11.17.
89. 北岡 卓也, ナノセルロースらしさの材料開発, 「かみわざひとづくり事業」 高知県紙産業の在り方検討会, 2014.11.18.
90. Takuya Kitaoka, Concept-driven materials design of glyco-nanocomposites, Japanese-European Workshop Cellulose and Functional Polysaccharides, 2014.10.16.
91. Takashi Nogita, Hirofumi Ichinose, Takuya Kitaoka, Sequential enzymatic reaction by enzyme complex immobilized on cellulose matrix via cohesin-dockerin interaction, International Symposiumon Fiber Science and Technology 2014 (ISF2014) , 2014.09.29.
92. Makoto Matsumoto, Takuya Kitaoka, Selective gas separation by metal-organic frameworks synthesized on cellulose nanofiber matrix, International Symposiumon Fiber Science and Technology 2014 (ISF2014) , 2014.09.29.
93. Fumi Uemura, Takuya Kitaoka, Cellular immune responses via TLR-mediated signaling on glyco-decorated biointerfaces, International Symposiumon Fiber Science and Technology 2014 (ISF2014) , 2014.09.30.
94. Pornthia Poosala, Takuya Kitaoka, Biomimetic alignment and responses of myoblast cells on glyco-clustered biointerfaces with micropatterned geometries, International Symposiumon Fiber Science and Technology 2014 (ISF2014), 2014.10.01.
95. Mayumi Hatakeyama, Yukiyo Yamauchi, Takuya Kitaoka, Hirofumi Ichinose, Chimerization for heterologous expression of fungal cytochromes P450 in Escherichia coli, The 12th International Symposium on Cytochrome P450 Biodiversity and Biotechnology, 2014.09.27.
96. 北岡 卓也, 天然多糖マテリアルの新機能開拓, 第63回高分子討論会会, 2014.09.24.
97. 金 シン, 木村紘也, 北岡 卓也, セルロースナノファイバーとプロリンの協奏的有機分子触媒反応, 第21回日本木材学会九州支部大会, 2014.09.12.
98. 松本 眞, 北岡 卓也, 針葉樹由来セルロースを用いたMOF複合化フィルムによるガス分離, 第21回日本木材学会九州支部大会, 2014.09.11.
99. 畠山真由美, 山内幸代, 北岡 卓也, 一瀬 博文, 大腸菌を用いた白色腐朽菌由来シトクロムP450 の高機能化, 第66回日本生物工学会大会, 2014.09.10.
100. 野北昂志, 一瀬 博文, 北岡 卓也, セルロース分解性微生物由来の酵素複合体を模倣したセルロースマトリックス固定化酵素, 第66回日本生物工学会大会, 2014.09.10.
101. Mayumi Hatakeyama, Yukiyo Yamauchi, Takuya Kitaoka, Hirofumi Ichinose, Overexpression of fungal cytochrome P450 in Escherichia coli, The 10th International Mycological Congress, 2014.08.04.
102. 野北昂志, 一瀬 博文, 北岡 卓也, セルロソーム模倣複合体のセルロースマトリックス上における酵素連続反応, セルロース学会第21回年次大会, 2014.07.18.
103. 松本 眞, 北岡 卓也, セルロースを膜基材とするMOF合成とペーパー複合化によるガス分離, セルロース学会第21回年次大会, 2014.07.18.
104. 上村 富美, 北岡 卓也, オリゴ糖鎖集積バイオインターフェースによるToll様受容体を介した自然免疫系の直接活性化, セルロース学会第21回年次大会, 2014.07.18.
105. Pornthia Poosala, 北岡 卓也, Bioactive carbohydrate-decorated scaffolds to promote cellular function of myoblast cells
, セルロース学会第21回年次大会, 2014.07.17.
106. Pornthia Poosala, 北岡 卓也, Micropatterned chitooligomer clusters enhance cellular biofunction of myoblast cells
, 第51回化学関連支部合同九州大会, 2014.06.28.
107. 上村 富美, 北岡 卓也, オリゴ糖鎖クラスター基板による細胞内シグナル伝達系の直接活性化, 第51回化学関連支部合同九州大会, 2014.06.28.
108. 松本 眞, 北岡 卓也, セルロースと金属-有機構造体のポリマーハイブリッド膜によるガス分離, 第51回化学関連支部合同九州大会, 2014.06.28.
109. 野北昂志, 一瀬 博文, 北岡 卓也, セルロソームを模倣した酵素複合体担持濾紙における協調的酵素反応, 第51回化学関連支部合同九州大会, 2014.06.28.
110. Fumi Uemura, Takuya Kitaoka, Glyco-decorated biointerface directly stimulates the intracellular signaling of cultured cells, 2014 TAPPI International Conference on Nanotechnology of Renewable Materials, 2014.06.24.
111. Pornthia Poosala, Takuya Kitaoka, Biofunctional micropatterning of glyco-decorated scaffolds affects myoblast cell alignment, 2014 TAPPI International Conference on Nanotechnology of Renewable Materials, 2014.06.25.
112. Takuya Kitaoka, Synthesis and heterogeneous catalysis of metal nanocatalysts on TEMPO-oxidized cellulose matrix
, 2014 TAPPI International Conference on Nanotechnology of Renewable Materials, 2014.06.25.
113. 北岡 卓也, 紙の構造特性に基づく触媒機能創発に関する研究, 繊維学会年次大会2014, 2014.06.12.
114. 松本 眞, 北岡 卓也, 金属-有機構造体複合化セルロース膜によるガス分離, 繊維学会年次大会2014, 2014.06.11.
115. 野北昂志, 一瀬 博文, 北岡 卓也, コヘシン-ドックリン酵素複合体による連続的酵素反応, 繊維学会年次大会2014, 2014.06.11.
116. Pornthia Poosala, 北岡 卓也, Glyco-clustered Biointerfaces with Micropatterned Geometries Guide Myoblast Differentiation, 繊維学会年次大会2014, 2014.06.13.
117. 上村 富美, 北岡 卓也, 糖鎖集積バイオインターフェースによる自然免疫系シグナルの活性化, 繊維学会年次大会2014, 2014.06.13.
118. 野北昂志, 一瀬 博文, 北岡 卓也, セルロソームを模倣した酵素固定化濾紙による協調的酵素反応, 第81回紙パルプ研究発表会, 2014.06.03.
119. 松本 眞, 北岡 卓也, 金属−有機構造体をセルロース薄膜に埋め込んだガス分離ペーパーの開発, 第81回紙パルプ研究発表会, 2014.06.03.
120. 野北 昂志, 一瀬 博文, 北岡 卓也, コヘシン-ドックリン相互作用を利用した酵素複合体の開発, 第64回日本木材学会大会, 2014.03.13.
121. 松本 眞, 北岡 卓也, 金属-有機構造体複合化セルロースハイブリッド分離膜の開発, 第64回日本木材学会大会, 2014.03.13.
122. 山浦 大樹, 北岡 卓也, セルロースナノファイバー結晶界面に集密固定した酵素群による協調的触媒反応, 第64回日本木材学会大会, 2014.03.14.
123. 木村 紘也, 北岡 卓也, TEMPO酸化セルロースナノファイバーとプロリンの協奏的触媒作用, 第64回日本木材学会大会, 2014.03.14.
124. 上村 富美, 北岡 卓也, 糖鎖集積膜による細胞表面タンパク質を介した細胞内シグナル伝達の活性化, 第64回日本木材学会大会, 2014.03.14.
125. 北岡 卓也, 紙が主役の触媒開発, 平成25年度(第15回)九州紙パルプ研究会セミナー, 2014.03.07.
126. Taiki Yamaura, Takuya Kitaoka, Immobilization and biocatalytic applications of enzymes on cellulose paper matrix, International Symposium on Agricultural, Food, Environmental and Life Sciences in Asia, 2013 (AFELiSA2013), 10th International Joint Symposium between Japan and Korea, 2013.11.07.
127. Fumi Uemura, Takuya Kitaoka, TLR-mediated cell stimulation on glyco-decorated biointerfaces composed of chitohexaose and cellohexaose, 3rd EPNOE (European Polysaccharide Network of Excellence) International Polysaccharide Conference 2013, 2013.10.23.
128. Pornthida Poosala, Takuya Kitaoka, Glyco-mediated alignment and regulation of myoblast cells cultured on GlcNAc-clustered micropatterns, 3rd EPNOE (European Polysaccharide Network of Excellence) International Polysaccharide Conference 2013, 2013.10.23.
129. 上村 富美, 北岡 卓也, 生理活性オリゴ糖の密度制御による細胞免疫系シグナル伝達の活性化, 繊維学会秋季研究発表会2013, 2013.09.06.
130. 原 陸洋, 北岡 卓也, TEMPO酸化セルロースペーパー上での金属ナノ粒子の合成と触媒性能, 第20回日本木材学会九州支部大会, 2013.09.03.
131. 山浦 大樹, 北岡 卓也, 樹木セルロース結晶界面への酵素集密固定化と触媒反応特性, 第20回日本木材学会九州支部大会, 2013.09.03.
132. Takuya Kitaoka, Taichi Homma, Alcohol oxidation in multiphase gas-liquid-solid reactions over porous paper composites with ruthenium hydroxide catalysts, Sixteenth International Symposium on Relations between Homogeneous and Heterogeneous Catalysis (ISHHC-16), 2013.08.07.
133. 北岡 卓也, 非水系酵素反応による糖鎖合成と糖鎖系バイオインターフェース材料の研究, セルロース学会第20回年次大会, 2013.07.18.
134. 上村 富美, 北岡 卓也, 生理活性オリゴ糖膜の表面密度制御による細胞免疫応答の活性化, セルロース学会第20回年次大会, 2013.07.19.
135. 上村 富美, 北岡 卓也, 糖鎖集積基板への細胞接着による免疫系シグナル伝達経路の活性化, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.06.
136. 北岡 卓也, 紙の構造体触媒, 公益社団法人新化学技術推進協会 先端化学・材料技術部会 高選択性反応分科会講演会, 2013.06.26.
137. 山浦 大樹, 原 陸洋, 北岡 卓也, セルロースナノファイバー複合紙表面に集積固定した酵素群の協調的触媒作用, 第80回紙パルプ研究発表会, 2013.06.25.
138. 畦津 章裕, 原 陸洋, 北岡 卓也, TEMPO酸化ペーパー上での金属ナノ粒子のグリーン化学合成と触媒性能, 繊維学会2013年次大会, 2013.06.13.
139. Pornthida Poosala, 北岡 卓也, Biomimetic alignment of myoblast cells on micropatterned glyco-biointerfaces, 繊維学会2013年次大会, 2013.06.14.
140. 上村 富美, 北岡 卓也, 糖鎖密度制御で生体機能に直接働きかけるハイブリッド糖鎖自己集積膜, 繊維学会2013年次大会, 2013.06.12.
141. 山浦 大樹, 北岡 卓也, 酵素集積固定化セルロースマトリックスの触媒反応特性, 繊維学会2013年次大会, 2013.06.12.
142. 北岡 卓也, 糖鎖でつくるバイオ界面 -木とカニで細胞培養-
, グリーンサイエンス講演会2013 「グリーン・バイオポリマーのフロンティア」, 2013.06.07.
143. 上村 富美, 北岡 卓也, 糖鎖集積膜の密度制御による細胞内シグナル伝達系の活性化, 第63回日本木材学会大会, 2013.03.29.
144. Onwona-Agyeman B., Nakao M., Kumara G.R.A., Kitaoka T., Al-doped ZnO film as a transparent conductive substrate in indoline-sensitized nanoporous ZnO solar cell, 2012 Materials Reaserch Society (MRS) Fall Meeting & Exhibit, 2012.11.27.
145. 北岡 卓也, 構造性多糖類の新機能開拓, 第27回繊維学会西部支部講演会・見学会, 2012.11.16.
146. Quang-Tuyen T., Shiratori Y., Kitaoka T., Sasaki K., Biodiesel fuel conversion to renewable electricity with a new SOFC concept, 16th International Symposium on Batteries, Fuel Cells and Capacitors , 2012.11.14.
147. Poosala Pornthida、北岡卓也, Biofunctional glyco-interfaces of chitooligomers aligned on gold micropatterns for cell culture applications, 2012年日本化学会西日本大会, 2012.11.10.
148. 北岡卓也, ペーパー触媒の開発と環境・エネルギー分野への応用, 平成24年度第3回大阪大学産研テクノサロン, 2012.11.02.
149. Kitaoka T., Crystalline cellulose nanofibers as catalyst supports for heterogeneous catalysis
, 3rd International Cellulose Conference 2012, 2012.10.11.
150. Poosala P., Kitaoka T., Micropatterned biointerfaces of chitooligomers for cell alignment and cellular biofunction, 3rd International Cellulose Conference 2012, 2012.10.10.
151. Uemura F., Kitaoka T., Self-assembly immobilization and biointerface design of chitohexaose/cellohexaose hybrid nanolayers, 3rd International Cellulose Conference 2012, 2012.10.10.
152. 北岡卓也, セルロースナノファイバー結晶界面を反応場とする触媒創出, 第61回高分子討論会, 2012.09.20.
153. Koga H., Kitaoka T., Isogai A., Highly-strong, transparent and conductive nanocomposite material based on carbon nanotubes and cellulose nanofibrils, 2012 International Conference on Flexible and Printed Electronics (ICFPE2012), 2012.09.07.
154. 畦津章裕、古賀大尚、磯貝明、北岡卓也, 多糖ナノファイバー結晶界面でのMOF合成とガス分離機能, 第43回繊維学会夏季セミナー, 2012.08.09.
155. 上村富美、北岡卓也, 細胞の生体機能に働きかける糖鎖集積膜のナノ構造制御, 第43回繊維学会夏季セミナー, 2012.08.09.
156. 吉山千春、北岡卓也, 生理活性オリゴ糖ハイブリッド膜を用いたヒト肝ガン細胞の生体応答, セルロース学会第19回年次大会, 2012.07.12.
157. 木村紘也、北岡卓也, セルロース結晶界面に固定したルイス酸・塩基ペアの触媒機能発現, セルロース学会第19回年次大会, 2012.07.12.
158. 山浦大樹、北岡卓也 , セルロースマトリックスへの酵素集積固定化と協奏的触媒反応, セルロース学会第19回年次大会, 2012.07.12.
159. Poosala Pornthida、北岡卓也, Self-assembly immobilization and biofunction of chitohexaose on a gold micropattern, セルロース学会第19回年次大会, 2012.07.12.
160. 上村富美、北岡卓也, 密度制御可能な糖鎖ハイブリッド集積膜を用いた細胞炎症反応の制御, セルロース学会第19回年次大会, 2012.07.12.
161. 畦津章裕、古賀大尚、磯貝明、北岡卓也 , セルロースナノファイバーと金属有機構造体のハイブリッド分離膜の開発, セルロース学会第19回年次大会, 2012.07.12.
162. 山浦大樹、北岡卓也, セルロースナノファイバー結晶界面に集積固定した酵素群の触媒特性, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.30.
163. 木村紘也、北岡卓也, セルロース結晶界面に固定したフラストレイティド・ルイスペアの触媒機能発現, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.30.
164. 上村富美、北岡卓也, 糖鎖集積型ハイブリッドクラスター基板による細胞応答制御, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.30.
165. 畦津章裕、古賀大尚、磯貝明、北岡卓也, セルロースと金属有機構造体のポリマーハイブリッド膜開発と気体分離性能, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.30.
166. Kitaoka T., Koga H., Isogai A., Structural and functional design of hybrid materials composed of nanocatalysts and cellulose nanofibers, 8th International Paper and Coating Chemistry Symposium 2012, 2012.06.12.
167. Koga H., Kitaoka T., Isogai A., Development of cellulose-based composite materials for catalytic and electronic applications, 8th International Paper and Coating Chemistry Symposium 2012, 2012.06.11.
168. Azetsu A., Koga H., Isogai A., Kitaoka T., Synthesis and catalytic behavior of bimetallic nanoparticles supported on TEMPO-oxidized cellulose nanofibers, 8th International Paper and Coating Chemistry Symposium 2012, 2012.06.13.
169. Koga H., Saito T., Kitaoka T., Isogai A., Functional nanocomposites based on TEMPO-oxidized cellulose nanofibers, 243rd American Chemical Society National Meeting, 2012.03.27.
170. 三浦晋、北岡卓也, 水素エネルギーの効率的製造に向けたニッケル担持ペーパー触媒の開発, 第62回日本木材学会大会, 2012.03.15.
171. 山浦大樹、北岡卓也, セルロースマトリックスへの酵素集積固定化と触媒反応特性, 第62回日本木材学会大会, 2012.03.15.
172. 上村富美、北岡卓也, 糖鎖ハイブリッド集積界面のバイオインターフェース機能発現, 第62回日本木材学会大会, 2012.03.15.
173. 古賀大尚、齋藤継之、江前敏晴、磯貝明、北岡卓也, カーボンナノチューブ/セルロースナノフィブリルハイブリッドの調製と機能開発, 第62回日本木材学会大会, 2012.03.16.
174. Miura S., Umemura Y., Kitaoka T., Functional design of paper-structured catalysts for efficient hydrogen production, Fuel Cell and Hydrogen Production Symposium "Hydrogen Devices and Systems" in International HYDROGENIUS & I2CNER Joint Symposium and International Hydrogen Energy Development Forum 2012, 2012.02.02.
175. Miura S., Kitaoka T., Direct synthesis of nickel nanoparticles on paper-like inorganic supports for catalytic hydrogen production, 2011 Pusan-Gyeongnam/Kyushu-Seibu Joint Symposium on High Polymers (15th) and Fibers (13th), 2011.10.28.
176. 古賀大尚、磯貝明、北岡卓也, シランカップリング法の応用による機能紙開発, 第50回機能紙研究会研究発表・講演会, 2011.10.27.
177. 古賀大尚、北岡卓也、磯貝明, セルロースナノファイバーと金属触媒の融合ナノマテリアルの創出, 第60回高分子討論会, 2011.09.29.
178. 江草静香、北岡卓也、後藤雅宏, 有機溶媒系での酵素的脱水縮合による高効率多糖合成, 繊維学会2011秋季研究発表会, 2011.09.09.
179. 龍野大輔、北岡卓也, ヘテロ糖鎖集積金ナノ粒子の合成とバイオセンシング, 繊維学会2011秋季研究発表会, 2011.09.09.
180. 三浦晋、北岡卓也, ファイバー積層型金属ナノ触媒の開発と炭化水素改質, 繊維学会2011秋季研究発表会, 2011.09.09.
181. 畦津章裕、北岡卓也、古賀大尚、磯貝明, ナノファイバーとヘテロ金属のハイブリッド触媒合成, 繊維学会2011秋季研究発表会, 2011.09.08.
182. 龍野大輔、北岡卓也、割石博之, 逆ミセルを反応場とする糖鎖集積金ナノ粒子の精密合成とレクチンアッセイ, セルロース学会第18回年次大会, 2011.07.14.
183. 吉山千春、北岡卓也, 生理機能糖鎖の界面集積化によるバイオインターフェース機能の発現制御, セルロース学会第18回年次大会, 2011.07.14.
184. 徳永恵梨子、畦津章裕、北岡卓也、古賀大尚、磯貝明, セルロースエアロゲル触媒のナノ構造制御と触媒性能, セルロース学会第18回年次大会, 2011.07.14.
185. 畦津章裕、北岡卓也、割石博之、古賀大尚、磯貝明, セルロースナノファイバーをマトリックスとする金属ナノ粒子合成と触媒性能, セルロース学会第18回年次大会, 2011.07.15.
186. 古賀大尚、斎藤継之、磯貝明、北岡卓也, TEMPO酸化セルロースナノファイバーを用いた機能材料開発, セルロース学会第18回年次大会, 2011.07.15.
187. 畦津章裕、北岡卓也、割石博之、古賀大尚、磯貝明, セルロースナノファイバー担持ハイブリッド金属ナノ触媒の開発, 第78回紙パルプ研究発表会, 2011.06.15.
188. 梅村裕可、北岡卓也, 異種金属ハイブリッドナノ触媒のオンペーパー合成と還元性能, 第78回紙パルプ研究発表会, 2011.06.15.
189. 三浦晋、北岡卓也、割石博之, 酸化亜鉛内填紙への金ナノ粒子その場合成と触媒応用, 第78回紙パルプ研究発表会, 2011.06.15.
190. 古賀大尚、磯貝明、北岡卓也, シランカップリング法によるセルロース濾紙の官能基修飾と機能開発, 第78回紙パルプ研究発表会, 2011.06.15.
191. 徳永恵梨子、畦津章裕、北岡卓也、古賀大尚、磯貝明, セルロースエアロゲルへの銅集積担持とクリックケミストリー, 繊維学会2011年次大会, 2011.06.09.
192. 吉山千春、北岡卓也, 機能糖鎖集積界面のバイオインターフェース機能, 繊維学会2011年次大会, 2011.06.08.
193. 古賀大尚、磯貝明、北岡卓也, シランカップリング法によるアミノ基修飾セルロース濾紙の調製と塩基触媒機能, 繊維学会2011年次大会, 2011.06.10.
194. 北岡卓也、徳永恵梨子、古賀大尚、磯貝明, 結晶性セルロースナノファイバー担持銅触媒エアロゲルの開発, 第61回日本木材学会大会, 2011.03.20.
195. 吉池由佳、北岡卓也、割石博之, 構造性糖鎖ハイブリッド集積界面のバイオインターフェース機能, 第61回日本木材学会大会, 2011.03.18.
196. 古賀大尚、磯貝明、北岡卓也, セルロース濾紙固定化リパーゼを用いた非水系エステル交換反応, 第61回日本木材学会大会, 2011.03.18.
197. 畦津章裕、北岡卓也、割石博之、古賀大尚、磯貝明, セルロースナノファイバー結晶界面でのバイメタルナノ粒子合成と触媒性能, 第61回日本木材学会大会, 2011.03.19.
198. 梅村裕可、北岡卓也, 異種金属ハイブリッドナノ粒子のオンウィスカー合成と触媒性能, 第61回日本木材学会大会, 2011.03.19.
199. 三浦晋、北岡卓也、割石博之, 酸化亜鉛内填紙への金ナノ粒子直接合成と触媒利用, 第61回日本木材学会大会, 2011.03.19.
200. Miura S., Umemura Y., Kitaoka T., Development of novel paper-structured catalysts for hydrogen production, International HYDROGENIUS and I2CNER Joint Symposium on Hydrogen-Material Interaction in International Hydrogen Energy Development Forum 2011, 2011.02.03.
201. Miura S., Koga H., Kitaoka T., Wariishi H., On-paper synthesis of nickel nanocatalysts and hydrogen production for fuel cells, International Symposium onInnovative Materials for Processes in Energy Systems 2010 (IMPRES2010), 2010.12.01.
202. 古賀大尚、北岡卓也、磯貝明, シランカップリング法によるセルロース濾紙のアミノ基修飾と塩基触媒機能, 第49回機能紙研究会研究発表・講演会, 2010.10.28.
203. Kitaoka T., Synthesis and bio-functional design of carbohydrate-gold nanoconjugates, International Conference on Chemical and Biological Utilization of Biomass Resources 2010 (ICCUB2010), 2010.10.24.
204. Yoshiike Y., Tanaka N., Kitaoka T., Wariishi H., Carbohydrate bio-interfaces designed by vectorial chain immobilization via self-assembly, International Conference on Chemical and Biological Utilization of Biomass Resources 2010 (ICCUB2010), 2010.10.24.
205. Tanaka N., Yoshiike Y., Yoshiyama C., Kitaoka T., Self-assembly immobilization and cell culture behavior of hyaluronan nanolayers, International Conference on Chemical and Biological Utilization of Biomass Resources 2010 (ICCUB2010), 2010.10.24.
206. 古賀大尚、北岡卓也、斎藤継之、磯貝 明, セルロースナノファイバー結晶界面における金ナノ粒子のトポケミカル合成と触媒機能, セルロース学会第17回年次大会, 2010.07.15.
207. 田中信生、龍野大輔、吉山千春、北岡卓也, 構造性糖鎖集密化金ナノ粒子の合成とバイオアッセイ, セルロース学会第17回年次大会, 2010.07.15.
208. 吉池由佳、田中信生、北岡卓也、割石博之, セロヘキサオースによるキトヘキサオース集積膜の糖鎖密度制御と細胞培養特性, セルロース学会第17回年次大会, 2010.07.15.
209. 龍野大輔、田中信生、北岡卓也、割石博之, 逆ミセルを反応場とするセロオリゴ糖修飾金ナノ粒子の構造制御とレクチンアッセイ, セルロース学会第17回年次大会, 2010.07.15.
210. 三浦 晋、古賀大尚、北岡卓也、割石博之, ニッケルナノ触媒のオンペーパー合成と燃料電池用水素製造, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.10.
211. 龍野大輔、田中信生、北岡卓也、割石博之, 逆ミセルを反応場とするヘテロ糖鎖修飾金ナノ粒子の合成とバイオアッセイ, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.10.
212. 北岡卓也, セルロースのナノバイオ材料研究, 高分子学会エコマテリアル研究会, 2010.07.09.
213. 古賀大尚、徳永恵梨子、北岡卓也、齋藤継之、磯貝 明, 金属ナノ粒子/セルロースナノファイバーコンポジットの開発と触媒機能, ナノファイバー学会第1回年次大会, 2010.06.29.
214. 古賀大尚、北岡卓也、磯貝 明, 結晶性セルロースナノファイバーを足場とする金ナノ粒子合成と触媒機能, 繊維学会2010年次大会, 2010.06.17.
215. 吉池由佳、田中信生、北岡卓也、割石博之, キトヘキサオース集積膜の糖鎖密度制御と細胞培養特性, 繊維学会2010年次大会, 2010.06.18.
216. 田中信生、吉山千春、北岡卓也, ヒアルロン酸の還元末端固定薄膜の調製と細胞培養特性, 繊維学会2010年次大会, 2010.06.17.
217. 古賀大尚、北岡卓也, 金属ナノ粒子のオンペーパー合成と機能開発, 第77回紙パルプ研究発表会, 2010.06.17.
218. 三浦 晋、古賀大尚、北岡卓也、割石博之, ニッケルナノ触媒のオンペーパー合成とプロパン水蒸気改質による水素製造, 第77回紙パルプ研究発表会, 2010.06.18.
219. Kitaoka T., Synthesis and bio-applications of carbohydrate–gold nanoparticle conjugates, Principles and Development of Bio-inspired Materials, European Cooperation in Science and Technology (COST) Strategic Workshop, 2010.04.15.
220. 奥谷友理、江草静香、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏, 非水系酵素反応による疎水性アルコールの一段階ラクトシル化, 第60回日本木材学会大会, 2010.03.18.
221. 吉池由佳、田中信生、北岡卓也、割石博之, キチン分子配向膜の糖鎖密度制御とバイオインターフェース機能, 第60回日本木材学会大会, 2010.03.18.
222. 古賀大尚、北岡卓也, 金属ナノ粒子のオンペーパー合成技術の開発と応用, 第60回日本木材学会大会, 2010.03.19.
223. 吉山千春、吉池由佳、小川由紀子、北岡卓也, アゾ色素を分子アンカーとするシリコン樹脂表面の糖鎖修飾と細胞培養特性, 第60回日本木材学会大会, 2010.03.17.
224. 龍野大輔、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, 逆ミセルを反応場とする糖鎖修飾金ナノ粒子の合成とナノ構造制御, 第60回日本木材学会大会, 2010.03.17.
225. 古賀大尚、北岡卓也、磯貝明, セルロースナノファイバー結晶界面における金ナノ粒子合成と触媒機能, 第60回日本木材学会大会, 2010.03.17.
226. 三浦 晋、古賀大尚、北岡卓也、割石博之, ニッケルナノ触媒のオンペーパー合成と炭化水素改質, 第60回日本木材学会大会, 2010.03.17.
227. 梅村裕可、古賀大尚、北岡卓也、友田昭彦、鈴木 涼, 金属ナノ粒子のオンペーパー合成と高効率NOx還元に向けた触媒層デザイン, 第60回日本木材学会大会, 2010.03.17.
228. Yoshiike Y., Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Self-assembling immobilization and bio-functional design of chitin nanolayers on a gold surface, 2009 Busan-Gyeongnam/Kyushu-Seibu Joint Symposium on High Polymers (14th) and Fibers (12th), 2009.10.26.
229. Okutani Y., Egusa S., Ogawa Y., Kitaoka T., Wariishi H., Goto M., One-step lactosylation of hydrophobic alcohols via nonaqueous enzymatic reaction, 2009 Busan-Gyeongnam/Kyushu-Seibu Joint Symposium on High Polymers (14th) and Fibers (12th), 2009.10.26.
230. Ogawa Y., Yoshiyama C., Kitaoka T., Development of sugar-based hydrogelators and their application to scaffold materials, 1st Federation of Asian Polymer Societies (FAPS) Polymer Congress 2009, 2009.10.22.
231. 横田慎吾、北岡卓也, NMMO酸化還元系を利用した金ナノ粒子合成とin situ糖鎖表面修飾, 第58回高分子討論会, 2009.09.17.
232. 小川由紀子、吉山千春、北岡卓也, 糖鎖-アゾ色素誘導体の合成と固体表面の糖鎖修飾, 第58回高分子討論会, 2009.09.17.
233. 小川由紀子、吉山千春、北岡卓也, 二糖ラクトン誘導体ヒドロゲル化剤の合成と細胞足場材料への応用, 第58回高分子討論会, 2009.09.18.
234. 奥谷友理、江草静香、小川由紀子、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏, 非水系酵素触媒反応によるバイオミメティック配糖体のone-pot合成, 第58回高分子討論会, 2009.09.17.
235. 吉山千春、横田慎吾、北岡卓也, ヒアルロン酸固定膜の表面ナノ構造とバイオインターフェース機能, 第58回高分子討論会, 2009.09.17.
236. 吉池由佳、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, キチン系糖鎖配向膜の表面ナノ構造とバイオインターフェース機能, 第58回高分子討論会, 2009.09.17.
237. 江草静香、小川由紀子、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏、五十嵐圭日子、鮫島正浩, 非水系酵素触媒反応による糖鎖合成, 第58回高分子討論会, 2009.09.17.
238. 古賀大尚、北岡卓也、割石博之, 金ナノ粒子のオンファイバー合成と低温CO酸化除去, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.11.
239. 吉山千春、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, ヒアルロン酸分子鎖配向固定膜のバイオインターフェース機能, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.11.
240. 梅村裕可、古賀大尚、北岡卓也、割石博之、友田昭彦、鈴木 涼, 白金ナノ粒子のオンペーパー合成とNOx還元挙動, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.11.
241. 久原由有子、古賀大尚、北岡卓也、割石博之、友田昭彦、鈴木 涼, ペーパー構造を触媒反応場とするNOx還元反応のCFD解析, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.11.
242. 横田慎吾、北岡卓也、Martina Opietnik、Thomas Rosenau, NMMO系反応場での金ナノ粒子合成と糖鎖によるその場修飾, セルロース学会第16回年次大会, 2009.07.02.
243. 江草静香、小川由紀子、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏、五十嵐圭日子、鮫島正浩, 非水系酵素触媒反応によるセルロース合成, セルロース学会第16回年次大会, 2009.07.03.
244. 小川由紀子、北岡卓也, 超分子ヒドロゲル化剤を利用した糖鎖集密化ナノシリンダーの創成, セルロース学会第16回年次大会, 2009.07.03.
245. 奥谷友理、江草静香、小川由紀子、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏, 非水系酵素触媒反応によるone-pot配糖体合成, セルロース学会第16回年次大会, 2009.07.03.
246. 吉池由佳、横田慎吾、北岡卓也、割石博之, キチン系糖鎖配向膜の調製とバイオインターフェース機能, セルロース学会第16回年次大会, 2009.07.03.
247. Rosenau T., Opietnik M., Potthast A., Yokota S., Kitaoka T., Carbohydrate-gold nanoparticles: synthesis, chemistry and applications, Cellulose Symposium 2009, Zellcheming 104th Annual Meeting and EXPO, 2009.06.23.
248. Egusa S., Yokota S., Esaki K., Ogawa Y., Kitaoka T., Wariishi H., Goto M., Bioactive paper designed by surface modification with lactose via nonaqueous biocatalysis, 7th International Paper and Coating Chemistry Symposium 2009, 2009.06.11.
249. Okutani Y., Egusa S., Ogawa Y., Kitaoka T., Wariishi H., Goto M., Synthesis of oligolactose and alkyllactosides by nonaqueous biocatalysis, 7th International Paper and Coating Chemistry Symposium 2009, 2009.06.10.
250. Koga H., Kitaoka T., Wariishi H., In situ synthesis of silver nanoparticles on ZnO whiskers embedded in a paper matrix for antibacterial applications, 7th International Paper and Coating Chemistry Symposium 2009, 2009.06.10.
251. Kitaoka T., Yokota S., Opietnik M., Rosenau T., Novel synthesis of gold nanoparticles for in situ conjugation with various carbohydrates via an NMMO-mediated redox reaction, 237th American Chemical Society National Meeting, 2009.03.22.
252. Suchy M., Linder M., Yokota S., Kitaoka T., Vuorinen T., Kontturi E., Cellulose model surfaces of different crystalline characteristics and their evaluation in enzyme adsorption and hydrolysis, 237th American Chemical Society National Meeting, 2009.03.23.
253. Koga H., Kitaoka T., Wariishi H., Suzuki R., Paper-structured catalyst with layered fiber-network microstructure for efficient autothermal hydrogen production, 2008 American Institute of Chemical Engineers (AIChE) Annual Meeting, 2008.11.16.
254. Ishihara H., Koga H., Kitaoka T., Wariishi H., Tomoda A., Suzuki R., Catalytic NOx reduction using paper-structured catalyst for the purification of automobile exhaust gas, 2008 American Institute of Chemical Engineers (AIChE) Annual Meeting, 2008.11.16.
255. Koga H., Kitaoka T., Wariishi H., Nakamura M., Effect of fiber-network microstructure of paper-structured catalyst on methanol reforming behavior, 20th International Symposium on Chemical Reaction Engineering, 2008.09.08.
256. Ishihara H., Koga H., Kitaoka T., Wariishi H., Tomoda A., Suzuki R., Paper-structured catalyst for catalytic NOx removal from combustion exhaust gas, 20th International Symposium on Chemical Reaction Engineering, 2008.09.08.
257. Kitaoka T., Nonaqueous enzymatic synthesis of biofunctional glycomaterials by surfactant-enveloped enzymes, 235th American Chemical Society National Meeting, 2008.04.
258. Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Sugiyama J., Biofunctional cellulosic nanomaterials designed by self-assembly, 235th American Chemical Society National Meeting, 2008.04.
259. Egusa S., Kitaoka T., Ogawa Y., Wariishi H., Goto M., Nonaqueous enzymatic polymerization of bioactive sugars by surfactant-enveloped enzymes, 235th American Chemical Society National Meeting, 2008.04.
260. Egusa S., Kitaoka T., Wariishi H., Goto M., Enzymatic synthesis of carbohydrate polymers by surfactant-enveloped enzyme in nonaqueous media, 2007 Pusan-Gyeongnam/Kyushu-Seibu Joint Symposium on High Polymers (13th) and Fibers (11th), 2007.11.
261. Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Sugiyama J., Bio-functional interfaces composed of cellulosic biopolymers, 2007 Pusan-Gyeongnam/Kyushu-Seibu Joint Symposium on High Polymers (13th) and Fibers (11th), 2007.11.
262. Koga H., Kitaoka T., Wariishi H., Nakamura M., Effective hydrogen production using paper-structured catalyst with porous fiber-network microstructure, 2007 Pusan-Gyeongnam/Kyushu-Seibu Joint Symposium on High Polymers (13th) and Fibers (11th), 2007.11.
263. Kitaoka T., Egusa S. , Nonaqueous biocatalytic glycosynthesis by surfactant-enveloped enzymes, 2nd International Cellulose Conference, 2007.10.
264. Egusa S., Kitaoka T., Wariishi H., Goto M., Enzymatic polymerization of lactose by surfactant-enveloped enzymes in nonaqueous media, 2nd International Cellulose Conference, 2007.10.
265. Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H., Sugiyama J., Cellulosic bio-interface designed by vectorial chain immobilization via self-assembly, 2nd International Cellulose Conference, 2007.10.
266. Koga H., Fukahori S., Kitaoka T., Wariishi H., Nakamura M., Paper-structured catalyst prepared by a papermaking technique for hydrogen production, International Symposium on Innovative Materials for Processes in Energy Systems, 2007.10.
267. Kitaoka T., Recent advances in bioresources chemistry, Academic Seminar in Nanjng Forestry University, 2007.04.
268. Kitaoka T., In vitro synthesis of cellulose using cellulase/surfactant complex in nonaqueous media, The Fukuoka Symposium -New Horizon of Natural Product and Biological Chemistries-, 2006.07.
269. Kitaoka T., Ohta T., Adsorption behavior of cellobiose-pendant polymers at the cellulose/water interface, 6th International Paper and Coating Chemistry Symposium 2006, 2006.06.
270. Kitaoka T., Architectural arrangement of cellulose by self-assembly, 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2005 Conference), 2005.12.
271. Kitaoka T., Surface chemistry of cellulose for paper materials, 3rd Chemistry of Polysaccharides, Gordon Research Conferences, 2005.06.
272. Kitaoka T., Preparation and environmental applications of paperlike fiber/photocatalyst composites, 2003 Pusan-Kyeongnam/Kyushu-Seibu Joint Symposium on High Polymers (11th) and Fibers (9th), 2003.11.
特許出願・取得
特許出願件数  18件
特許登録件数  3件
学会活動
所属学会名
アメリカ化学会
日本木材学会
繊維学会
セルロース学会
化学工学会
機能紙研究会
紙パルプ技術協会
日本木材学会九州支部
繊維学会西部支部
セルロース学会西部支部
九州紙パルプ研究会
学協会役員等への就任
2015.04~2019.03, 日本木材学会, 代議員.
2014.04~2019.03, 日本木材学会九州支部, 理事.
2013.04~2019.03, 日本木材学会, 幹事.
2014.01~2019.03, 紙パルプ技術協会, 運営委員.
2012.06~2019.03, 機能紙研究会, 運営委員.
2009.06~2011.06, 日本木材学会, 国際委員会委員.
2007.04~2017.03, 日本木材学会, 研究強化・企画委員会委員.
2007.04~2009.03, 日本木材学会, 会誌編集委員(日本木材学会誌・Journal of Wood Science).
2006.04~2008.03, 日本木材学会九州支部, 理事.
2005.09~2019.03, セルロース学会西部支部, 幹事.
2005.09~2007.03, 日本木材学会, 将来構想検討委員会委員.
2004.04~2019.03, 繊維学会西部支部, 幹事.
2004.04~2019.03, 九州紙パルプ研究会, 幹事.
2003.12~2012.06, 機能紙研究会, 運営委員.
2002.04~2004.03, 日本木材学会九州支部, 幹事.
学会・研究会における座長等
2017.10.17~2017.10.20, 4th International Cellulose Conference, 司会.
2017.03.03~2017.03.03, 平成28年度九州紙パルプ研究会セミナー, 司会.
2016.10.12~2016.10.13, 第55回機能紙研究会研究発表・講演会, 座長.
2016.06.22~2016.06.23, 第83回紙パルプ研究発表会, 司会.
2016.06.08~2016.06.10, 繊維学会年次大会2016, 座長.
2016.06.03~2016.06.03, 第40回九州紙パルプ研究会講演会, 司会.
2015.10.29~2015.11.01, 9th International Paper and Coating Chemistry Symposium 2015 , 座長.
2015.10.05~2015.10.06, 第22回日本木材学会九州支部大会, 座長.
2015.07.29~2015.07.31, 第45回(平成27年度)繊維学会夏季セミナー, 座長.
2015.06.12~2015.06.12, 第39回九州紙パルプ研究会, 座長.
2015.06.04~2015.06.05, 第82回紙パルプ研究発表会, 司会.
2015.06.04~2015.06.05, 第82回紙パルプ研究発表会, 座長.
2015.03.17~2015.03.18, 第65回日本木材学会大会, 司会.
2015.03.17~2015.03.18, 第65回日本木材学会大会, 座長.
2014.09.28~2014.10.01, International Symposium on Fiber Science and Technology 2014 (ISF2014), 座長.
2014.06.06~2014.06.06, 第38回九州紙パルプ研究会, 座長.
2014.03.13~2014.03.15, 第64回日本木材学会大会, 座長.
2013.07.18~2013.07.19, セルロース学会第20回年次大会, 座長.
2013.05.31~2013.05.31, 第37回九州紙パルプ研究会, 座長.
2013.06.12~2013.06.14, 平成25年度繊維学会年次大会, 座長.
2012.10.09~2012.10.12, 3rd International Cellulose Conference 2012, 座長.
2011.09.08~2011.09.09, 繊維学会2011秋季研究発表会, 座長.
2011.07.14~2011.07.15, セルロース学会第18回年次大会, 座長.
2010.10.22~2010.10.26, International Conference on Chemical and Biological Utilization of Biomass Resources 2010 (ICCUB2010), 座長.
2009.09.16~2009.09.18, 第58回高分子討論会, 座長.
2009.07.02~2009.07.03, セルロース学会第16回年次大会, 座長.
2009.03.15~2009.03.17, 第59回日本木材学会大会, 座長.
2008.06.18~2008.06.20, 繊維学会2008年次大会, 司会.
2008.06.18~2008.06.20, 繊維学会2008年次大会, 座長.
2008.06.12~2008.06.15, 屋久島セルロースシンポジウム, 座長.
2007.12.01~2007.12.01, 第22回繊維学会西部支部講演会, 座長.
2007.08.01~2007.08.01, 第57回日本木材学会大会, 座長.
2007.07.01~2007.07.01, セルロース学会第14回年次大会, 座長.
2007.06.01~2007.06.01, 繊維学会2007年次大会, 座長.
2007.03.01~2007.03.01, 化学工学会第72年会, 座長.
2006.11.01~2006.11.01, 第45回機能紙研究発表・講演会, 座長.
2006.06.01~2006.06.01, 繊維学会2006年次大会, 座長.
2006.06.01~2006.06.01, 第30回九州紙パルプ研究会, 座長.
2005.12.01~2005.12.01, 第20回繊維学会西部支部講演会, 座長.
2005.11.01~2005.11.02, 2005 Pusan-Kyeongnam/Kyushu-Seibu Joint Symposium on High Polymers (12th) and Fibers (10th), 座長.
2005.07.01~2005.07.01, 第42回化学関連支部合同九州大会, 座長.
2005.06.01~2005.06.01, 第16回繊維学会西部支部セミナー, 座長.
2005.03.01~2005.03.01, 第55回日本木材学会大会, 座長.
2004.12.01~2004.12.01, 第19回繊維学会西部支部講演会, 座長.
2004.09.01~2004.09.01, 繊維学会2004秋季研究発表会, 座長.
2004.08.01~2004.08.01, 第54回日本木材学会大会, 座長.
2004.07.01~2004.07.01, 第41回化学関連支部合同九州大会, 座長.
2004.06.01~2004.06.01, 第15回繊維学会西部支部セミナー, 座長.
2004.06.01~2004.06.01, 繊維学会2004年次大会, 座長.
2002.05.01~2002.05.01, 繊維学会2002年次大会, 座長.
2002.04.01~2002.04.01, 第52回日本木材学会大会, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.10.18~2017.10.20, 4th International Cellulose Conference 2017, Organizing committee and secretary.
2017.03.17~2017.03.19, 第67回日本木材学会大会(福岡大会), 実行委員会委員.
2017.11.01~2017.11.02, 平成29年度繊維学会秋季研究発表会(宮崎), 実行委員会委員.
2016.10.25~2016.10.28, 2016 Pan Pacific Conference of the Technical Associations of the Pulp and Paper Industry (TAPPI), International program committee member .
2016.11.28~2016.11.30, 28th Annual Meeting of the Thai Society for Biotechnology and International Conference (TSB2016); Natural Resources and Bio-based Innovative Products, Scientific Advisory Board.
2016.06.22~2016.06.24, 第83回紙パルプ研究発表会, 実行委員長.
2016.06.22~2016.06.24, 第83回紙パルプ研究発表会, 各賞選考委員.
2016.06.08~2016.06.10, 繊維学会年次大会2016, 優秀口頭発表賞審査委員.
2016.06.03~2016.06.03, 第40回九州紙パルプ研究会講演会, 司会・運営.
2015.10.05~2015.10.06, 第22回日本木材学会九州支部大会, 黎明研究者賞(論文)審査委員.
2015.09.09~2015.09.11, International Symposium on Wood, Fibre and Pulping Chemistry 2015 (18th ISWFPC2015), Referee of the best oral and poster presentasions.
2016.06~2016.06, 第83回紙パルプ研究発表会, 実行委員会実行委員長.
2015.06.04~2015.06.05, 第82回紙パルプ研究発表会, 実行委員会副実行委員長.
2015.07.29~2015.07.31, 第45回(平成27年度)繊維学会夏季セミナー, 実行委員会委員.
2017.10.18~2017.10.20, International Cellulose Conference 2017 (ICC2017), Secretariat.
2015.03.16~2015.03.17, International Symposium on Wood Science and Technology 2015 (IAWPS2015), Judge in Poster Award contest.
2015.09.28~2015.09.30, 9th International Paper and Coating Chemistry Symposium 2015 and International Paper Physics Conference, Local committee member.
2014.09.28~2014.10.01, International Symposium on Fiber Science and Technology 2014 (ISF2014), Session organizer and chair (S5: Bio-based and Biomedical Materials).
2013.09.02~2013.09.03, 第20回日本木材学会九州支部大会, 運営委員会委員(広告)・シンポジウム司会・懇親会司会・口頭発表賞審査委員長.
2013.06.12~2013.06.14, 平成25年度繊維学会年次大会2013, 実行委員会委員.
2013.03.27~2013.03.29, 第63回日本木材学会大会(盛岡), サブコーディネーター(K部門:紙パルプ・セルロース・ヘミセルロース部門).
2012.10.14~2012.10.17, Lignobiotech II Symposium, 2nd Symposium on Biotechnology Applied to Lignocelluloses, Program committee member .
2011.09.08~2011.09.09, 平成23年度繊維学会秋季大会(さぬき), 実行委員会委員.
2010.10.22~2010.10.26, International Conference on Chemical and Biological Utilization of Biomass Resources 2010 (ICCUB2010), Conference committee member.
2009.09.16~2009.09.18, 第58回高分子討論会, セッションオーガナイザー 「多糖マテリアルの新展開」.
2010.03.01~2010.03.01, 第60回日本木材学会大会(宮崎), 実行委員会委員・シンポジウム担当.
2008.06.01~2008.06.01, 平成20年度繊維学会年次大会, 実行委員会委員.
2008.06.01~2008.06.01, 第32回九州紙パルプ研究会講演会, 世話人.
2007.11.01~2007.11.01, 第14回日本木材学会九州支部大会, 運営委員会委員.
2007.09.01~2007.09.01, 平成19年度繊維学会夏季セミナー, 運営委員会委員.
2006.01.01~2006.01.01, 繊維学会西部支部日本人学者講演会, 世話人.
2005.11.01~2005.11.02, 2005 Pusan-Kyeongnam/Kyushu-Seibu Joint Symposium on High Polymers (12th) and Fibers (10th), Organizing committee member/Co-chair.
2005.12.01~2005.12.01, 第20回繊維学会西部支部講演会・見学会, 企画・運営.
2005.08.01~2005.08.01, 第16回高分子・繊維入門基礎スクール, 企画・運営.
2005.07.01~2005.07.01, セルロース学会第12回年次大会, 運営委員会委員.
2005.06.01~2005.06.01, 第16回繊維学会西部支部セミナー, 世話人.
2005.05.01~2005.05.01, 繊維学会西部支部日本人学者講演会, 世話人.
2004.12.01~2004.12.01, 第19回繊維学会西部支部講演会・見学会, 企画・運営.
2004.12.01~2004.12.01, 繊維学会西部支部外国人学者講演会, 世話人.
2004.10.01~2004.10.01, 繊維学会秋季研究発表会, 運営委員会委員・プログラム委員.
2004.09.01~2004.09.01, 繊維学会西部支部外国人学者講演会, 世話人.
2004.08.01~2004.08.01, 繊維学会西部支部外国人学者講演会, 世話人.
2004.07.01~2004.07.01, 第15回高分子・繊維入門基礎スクール, 企画・運営.
2004.06.01~2004.06.01, 第15回繊維学会西部支部セミナー, 世話人.
2004.04.01~2004.04.01, 農学研究院・芸術工学研究院合同シンポジウム, 実行委員会委員.
2003.03.01~2003.03.01, 第53回日本木材学会大会(福岡), 運営委員会委員・庶務.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2017.07, 繊維学会論文誌 Journal of Fiber Science and Technology, 編集委員.
2010.04~2013.03, 木科学情報(日本木材学会九州支部発行), 編集委員.
2008.09~2010.08, Nature, Reader Panel.
2007.04~2009.03, Journal of Wood Science, 編集委員.
2007.04~2009.03, 日本木材学会誌, 編集委員.
2006.03, BioResources, 編集委員.
2003.12~2012.06, 機能紙研究会誌, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度 12  12 
2016年度 11  11 
2015年度 17  17 
2014年度 17  17 
2013年度 25  26 
2012年度 37  37 
2011年度 28  11  39 
2010年度 30  10  41 
2009年度 27  15  42 
2008年度 16  12  28 
2007年度 16  11  27 
2006年度 12  19 
2005年度 14  12  26 
2004年度 10  14 
2003年度 11 
2002年度
その他の研究活動
外国人研究者等の受入れ状況
2016.04~2016.09, Kasetsart University, Thailand, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2016.04~2016.05, VTT Technical Research Centre of Finland , Finland, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2015.12~2015.12, VTT Technical Research Centre of Finland , Finland, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2015.12~2015.12, VTT Technical Research Centre of Finland , Finland, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2013.01~2014.03, 九州大学大学院農学研究院, China, 学内資金.
2012.04~2012.12, 九州大学大学院農学研究院, Ghana, 学内資金.
2012.04~2012.06, Kasetsart University, Thailand, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2009.05~2009.06, University of Natural Resources and Applied Life Sciences, Austria, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
受賞
平成27年度HK創造性開発賞最優秀賞, 九州大学大学院農学研究院, 2016.03.
平成25年度繊維学会賞, 一般社団法人 繊維学会, 2014.06.
平成25年度科研費審査委員表彰, 日本学術振興会, 2013.10.
平成24年度セルロース学会賞, セルロース学会, 2013.07.
平成23年度九州大学研究活動表彰, 九州大学, 2011.11.
第7回(平成22年度)日本学術振興会賞, 日本学術振興会, 2011.03.
平成22年度九州大学研究活動表彰, 九州大学, 2010.11.
平成20年度繊維学会紙パルプ論文賞, 繊維学会, 2008.06.
平成20年度九州大学研究・産学官連携活動表彰, 九州大学, 2008.05.
第2回九州大学大学院農学研究院賞, 九州大学大学院農学研究院, 2007.12.
平成19年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞, 文部科学省, 2007.04.
平成16年度セルロース学会奨励賞, セルロース学会, 2005.07.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 基盤研究(A), 代表, ナノセルロースの界面物理化学に基づく細胞外マトリックスの生物機能模倣.
2016年度~2017年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, セルロース緻密層のナノ空間を反応場とするフラッシュケミストリー.
2014年度~2016年度, 基盤研究(B), 代表, 樹木糖鎖でナノ構造を制御するバイオ界面の幹細胞培養戦略.
2014年度~2015年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 樹木糖鎖とアミノ酸が協働する有機分子触媒イノベーション.
2009年度~2013年度, 若手研究(S), 代表, ナノ構造化糖鎖素子を介した機能糖鎖集密化バイオマテリアルの創出.
2009年度~2010年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 結晶性セルロースナノファイバーを足場とする金属ナノ触媒の界面合成と触媒機能設計 (若手研究(S)採択のため辞退).
2008年度~2010年度, 基盤研究(B), 代表, 機能糖鎖を配向集積した新規バイオインターフェースの創出 (若手研究(S)採択のため2009年度に廃止).
2005年度~2006年度, 若手研究(A), 代表, 多糖分子構造膜のナノアーキテクトニクス.
2004年度~2005年度, 萌芽研究, 代表, 超高分子多糖の逆合成.
2002年度~2004年度, 若手研究(A), 代表, 親水性セルロース繊維ネットワーク表面のフラクタル解析による紙の超撥水化機構の解明.
2001年度~2003年度, 基盤研究(B), 代表, 環境汚染物質の効率的無害化を目指した吸着性光触媒無機シートの開発.
2000年度~2001年度, 奨励研究(A), 代表, エマルジョンサイズ剤による表面処理シートの撥水性発現メカニズムの解明.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2015年度~2019年度, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省), 代表, ナノセルロースが分子キラリティを支配する界面不斉反応の創発.
2014年度~2015年度, 科学技術振興機構(JST) 平成26年度第2回研究成果最適展開支援プログラムA-STEP フィージビリティスタディステージ 探索タイプ, 代表, セルロース緻密層のナノ穿孔形成による高性能ガス分離膜の開発.
2014年度~2019年度, 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS), 分担, 高効率燃料電池と再生バイオガスを融合させた地域内エネルギー循環システムの構築.
2013年度~2013年度, 科学技術振興機構(JST) 平成25年度第1回研究成果最適展開支援プログラムA-STEP フィージビリティスタディステージ 探索タイプ, 代表, 紙がつくる金属ナノ触媒のグリーン合成戦略.
2011年度~2012年度, 科学技術振興機構(JST) 平成23年度第2回研究成果最適展開支援プログラムA-STEP フィージビリティスタディステージ 探索タイプ, 代表, 金属触媒を表面集積したクリスタルエアロゲル触媒の開発.
2010年度~2012年度, 経済産業省中小企業庁平成22年度戦略的基盤技術高度化支援事業, 代表, 複合化樹脂薄膜多層成形技術を用いた迅速・高効率なバイオマーカー構造解析を実現する低ノイズ・高吸着性チップの開発
(近畿経済産業局管内:法認定事業者 株式会社プロトセラ)
受託課題「複合化樹脂薄膜表面のナノ構造解析」.
2010年度~2012年度, 文部科学省特別経費事業, 代表, 産学官地域連携による水素社会実証研究
課題研究 「水素製造ペーパー構造体触媒の開発と実証」.
2009年度~2009年度, 科学技術振興機構 シーズ発掘試験A(発掘型), 代表, 金属ナノ粒子のオンファイバー界面合成による新規触媒材料の開発.
2009年度~2009年度, 財団法人日本板硝子材料工学助成会 平成21年度(第31回)研究助成, 代表, 金属ナノ粒子のオンペーパー合成による新規ナノハイブリッド触媒の開発.
2007年度~2007年度, 科学技術振興機構 シーズ発掘試験, 代表, 細胞センシング機能を有する糖鎖修飾金ナノ粒子の開発.
2006年度~2009年度, 科学技術振興機構 独創的シーズ展開事業(委託開発), 代表, 湿式抄紙製法による排ガス浄化装置(委託先 株式会社エフ・シー・シー)
ペーパー触媒の空隙構造を反応場とする排出ガス浄化システムに関する研究(再委託課題).
2006年度~2008年度, 産業技術研究助成事業 (経済産業省), 代表, メタノール改質反応場としての多孔質触媒担持ファイバーコンポジットの開発(継続研究).
2005年度~2005年度, 科学技術振興機構 シーズ育成試験, 代表, バガス活性炭繊維のペーパー成型と浄水フィルターの開発.
2003年度~2005年度, 産業技術研究助成事業 (経済産業省), 代表, メタノール改質反応場としての多孔質触媒担持ファイバーコンポジットの開発.
2002年度~2003年度, 財団法人三菱財団 学術研究助成, 代表, 「セルロースの分子認識」の概念をベースとしたウェットエンドケミストリー.
2002年度~2002年度, 社団法人繊維学会 繊維科学・技術研究助成, 代表, XPS/PyGC比較定量法によるサイズ紙表層のキャラクタリゼーション.
2001年度~2001年度, 財団法人中村治四郎育英会 奨励研究, 代表, セルロース繊維を分子認識する製紙用高分子添加剤の機能設計.
1999年度~1999年度, 財団法人住友財団 環境研究助成, 代表, 環境保全・浄化デバイスとしてのシート状ゼオライト−二酸化チタン複合素材の機能設計.
1998年度~1998年度, 財団法人中村治四郎育英会 奨励研究, 代表, X線光電子分光法による機能化シート最表層の固体化学分析.
1998年度~1998年度, 財団法人松籟科学技術振興財団 研究助成, 代表, ロジン系エマルジョンサイズ剤による表面サイズ処理システムの構築.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2015.04~2016.03, 共同研究, 平成27年度物質・デバイス領域共同研究拠点共同研究課題(一般研究), 代表, TEMPO酸化セルロースナノファイバーとプロリンの協奏的触媒機構の解明.
2011.10~2013.03, 共同研究, 日立化成工業株式会社、, 代表, ペーパー成型技術を用いた機能性セパレーターの開発研究.
2011.04~2013.03, 共同研究, 株式会社ナチュラルズ, 代表, 多糖類の新規機能開拓に関する研究.
2009.10~2012.03, 共同研究, 花王株式会社, 代表, 湿式抄紙法を用いた繊維/触媒構造体の研究.
2006.04~2009.03, 共同研究, 株式会社エフ・シー・シー, 代表, 触媒固定多孔質シート「ペーパー触媒」の開発および空隙構造−触媒効果の機能相関の解明.
寄附金の受入状況
2017年度, 株式会社ダイセル, 新規セルロース系材料の探索研究「セルロースナノファイバーを用いた不斉合成技術検討の研究」.
2016年度, 株式会社ダイセル, 新規セルロース系材料の探索研究「生体適合性材料・ナノ金属触媒の創製研究」.
2016年度, 北越紀州製紙株式会社, セルロースナノファイバーへの触媒付加に関する研究.
2015年度, 株式会社ダイセル, 新規セルロース系材料の探索研究「生体適合性材料・ナノ金属触媒の創製研究」.
2014年度, 株式会社ダイセル, 新規セルロース系材料の探索研究「生体適合性材料・ナノ金属触媒の創製研究」.
2013年度, 株式会社ダイセル, 新規なセルロース系複合材料の創製.
2012年度, 株式会社サムスン横浜研究所, セルロースナノファイバーを用いる触媒開発.
2012年度, 株式会社ダイセル, 新規なセルロース系複合材料の創製.
2011年度, ダイセル化学工業株式会社(現 株式会社ダイセル), 新規なセルロース系複合材料の創製.
2010年度, ダイセル化学工業株式会社, セルロース誘導体の機能性膜.
2002年度, リンガーハット開発株式会社, 光触媒複合シート材料を用いた外食産業の厨房排気清浄化に関する研究.
2002年度, 株式会社エフ・シー・シー, 燃料電池用メタノール改質触媒担持多孔質シートの空隙構造−触媒効率増幅効果の機能相関解明と材料設計に関する研究(2002〜2005).
学内資金・基金等への採択状況
2012年度~2012年度, 平成24年度農学研究院短期集中型研究支援制度, 代表, 樹木多糖をマトリックスとするクリスタルゲル触媒の機能開拓.

九大関連コンテンツ