九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
竹村 俊彦(たけむら としひこ) データ更新日:2017.04.15

教授 /  応用力学研究所 附属大気海洋環境研究センター 気候変動科学分野


大学院(学府)担当

その他の教育研究施設名



電子メール
ホームページ
http://sprintars.net/toshi/
個人ホームページ .
http://www.riam.kyushu-u.ac.jp/climate/
研究室ホームページ .
http://sprintars.net/
大気微粒子予測モデルSPRINTARSホームページ .
http://bylines.news.yahoo.co.jp/takemuratoshihiko/
Yahoo!ニュース(個人)「大気汚染と気候変動 科学的解説」 .
取得学位
博士(理学)
専門分野
気象学・大気環境学
活動概要
大気中の浮遊微粒子であるエアロゾルの地球規模での3次元分布をシミュレートするための数値モデルSPRINTARSを開発し、それを用いてエアロゾルの気候に対する影響の解析を行っている。人為起源エアロゾルによる地球大気の放射収支の変動を示す放射強制力の定量的評価の他、東京大学・国立環境研究所・海洋研究開発機構などの協力のもとに将来の気候変動予測も行っている。PM2.5や黄砂などを対象としたエアロゾル予測システムを毎日運用している。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第1作業部会(WG I)第5次評価報告書(AR5)の主執筆者(Lead Author)を務める。トムソン・ロイター社が発表する Highly Cited Researchers(高被引用論文著者)に選出(「世界で影響力を持つ科学者(The World's Most Influential Scientific Minds)」掲載)。

九大関連コンテンツ