九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
細井 昌子(ほそい まさこ) データ更新日:2018.06.24



主な研究テーマ
慢性疼痛のトランスレーショナルリサーチ :精神心理学的・神経免疫学的側面からの病態解明と評価法開発
キーワード:慢性疼痛、心理、マイクログリア
2014.06~2020.03.
慢性疼痛のコホート研究
キーワード:前向き研究、痛み質問紙
2014.06~2019.03.
慢性疼痛に関する脳画像研究
キーワード:デフォルトモードネットワーク、VBM
2014.06~2014.06.
生活習慣病とアレキシサイミア、養育スタイルおよび肯定的感情に関する臨床的および疫学研究
キーワード:疫学; 養育; 生活習慣病; 失感情症
2009.04~2012.03.
慢性疼痛における破局化とアレキシサイミアに関する研究
キーワード:慢性疼痛、破局化、アレキシサイミア
2007.04~2012.03.
慢性疼痛の評価法の開発
キーワード:痛み、質問紙
2003.04.
従事しているプロジェクト研究
The development of chronic pain coping inventory-Japanese version (CPCI-J)
2012.07~2017.12, 代表者:Masako Hosoi, Dept of Psychosomatic Medicine, Kyushu University Hospital, Japan
慢性疼痛に対する対処法についての質問紙 Chronic Pain Coping Inventory 日本語版の作成
原著者であるワシントン大学リハビリテーション学科のMark P Jensen教授との共同研究.
研究業績
主要著書
1. 細井昌子, 今日の精神疾患治療方針
4 神経症性障害(身体表現性障害も含む) 疼痛性障害
, 医学書院, pp.194-195, 2012.02.
2. 有村達之、細井昌子, FOR PROFESSIONAL ANESTHESIOLOGISTS 神経障害性疼痛
V. 神経障害性疼痛の治療 4 心理学的治療法 B 認知行動療法
, 克誠堂出版, p343-349, 2011.11.
3. 細井昌子, FOR PROFESSIONAL ANESTHESIOLOGISTS 神経障害性疼痛
V. 神経障害性疼痛の治療 4 心理学的治療法 A 一般心理療法
, 克誠堂出版, p337-342, 2011.11.
4. 細井昌子, ストレス科学事典
慢性疼痛
, 実務教育出版, p967-968, 2011.06.
5. 細井昌子, ストレス科学事典
疼痛行動,疼痛性障害
, 実務教育出版, p750, 2011.06.
6. 細井昌子, 専門医のための精神科臨床リュミエール16 脳医学エッセンシャル―精神疾患の生物学的理解のために
下行性痛覚調節系と疼痛性障害
, 中山書店, 125-128, 2010.07.
7. 細井昌子, 「うつ」を見抜く!対処する!プライマリケア医のためのうつ病診療
疼痛性障害
, 株式会社メジカルビュー社, 久保木富房、坪井康次、神庭重信(編集):「うつ」を見抜く!対処する!プライマリケア医のためのうつ病診療, pp.116-117, 2009.07.
8. 細井昌子 (監修・編集 熊澤孝朗), 痛みのケアー慢性痛、がん性疼痛へのアプローチ(こころとからだ、その治療の実践), 127-141, 2006.05.
9. 細井昌子, 心身医学の基礎知識①基礎知識<分子遺伝系>.
In: 久保千春, 中井吉英, 野添新一 (ed) : 現代心療内科学
, 永井書店, 東京, pp.156-164, 2003.01.
10. Hori T, Oka T, Hosoi M, Abe M, Oka K, Biphasic modulation of pain by hypothalamic cytokines.
In: Saade, NE, Apkarian, AV, and Jabbur, SJ (ed) : Pain and Neuroimmune Interactions
, Kluwer Academic/Plenum Publishers, New York, pp. 171-189, 2000.01.
11. 小宮山博朗,細井昌子, 慢性疼痛.In: 久保千春 (ed) : 心身医学標準テキスト(分担執筆), 医学書院, 東京, pp.178-185, 1996.01.
12. 細井昌子, 精神薬物療法.In: 中川哲也(監訳), Luban-Plozza B, Pöldinger W, Kröger F (ed) :心身医療の実際 (分担翻訳), シュプリンガー・フェアラーク, 東京, pp. 243-270, 1995.01.
主要原著論文
1. Chie Hayaki, Kozo Anno, Mao Shibata, Rie Iwaki, Hiroshi Kawata, Nobuyuki Sudo, Masako Hosoi, Family dysfunction A comparison of chronic widespread pain and chronic localized pain, MEDICINE, 10.1097/MD.0000000000005495, 95, 49, 2016.12.
2. Anno K, Shibata M, Ninomiya T, Iwaki R, Kawata H, Sawamoto R, Kubo C, Kiyohara Y, Sudo N, Hosoi M, Paternal and maternal bonding styles in childhood are associated with the prevalence of chronic pain in a general adult population: the Hisayama Study, BMC PSYCHIATRY, 10.1186/s12888-015-0574-y, 15, 2015.07.
3. Shibata M, Ninomiya T, Jensen MP, Anno K, Yonemoto K, Makino S, Iwaki R, Yamashiro K, Yoshida T, Imada Y, Kubo C, Kiyohara Y, Hosoi M, Sudo N, Alexithymia is Associated with Greater Risk of Chronic Pain and Negative Affect and with Lower Life Satisfaction in a General Population: The Hisayama Study, PLOS ONE, 10.1371/journal.pone.0090984, 9, 3, 2014.03.
4. Makino Seiko, Jensen Mark P., Arimura Tatsuyuki, Obata Tetsuji, Anno Kozo, Iwaki Rie, Kubo Chiharu, SUDO Nobuyuki, Hosoi Masako, Alexithymia and Chronic Pain The Role of Negative Affectivity, The Clinical Journal of Pain, 10.1097/AJP.0b013e3182579c63, 29, 4, 354-361, 2013.04.
5. Iwaki R, Arimura T, Jensen MP, Nakamura T, Yamashiro K, Makino S, Obata T, Sudo N, Kubo C, Hosoi M, Global catastrophizing versus catastrophizing subdomains: Assessment and associations with patient functioning., Pain Medicine, doi: 10.1111/j.1526-4637.2012.01353.x. Epub 2012 Apr 4., 13, 5, 677-87, 2012.05, Objective.  The primary objectives of the current study were to 1) confirm the three-factor model of the Pain Catastrophizing Scale (PCS) items in a Japanese sample and 2) identify the catastrophizing subdomain(s) most closely associated with measures of pain and functioning in a sample of individuals with chronic pain. Design.  This was based on a cross-sectional observational study. Setting.  This study was conducted in a university-based clinic. Patients.  One hundred and sixty outpatients with chronic pain participated in this study. Outcome Measures.  Patients completed the PCS, the Brief Pain Inventory, and the Hospital Anxiety and Depression Scale; 30 patients completed the PCS again between 1 and 4 weeks later. Results.  Confirmatory factor analysis supported a three-factor structure of the Japanese version of the PCS, and univariate and multivariate associations with validity criterion supported the validity of the measure. Catastrophic helplessness was shown to make a unique contribution to the prediction of pain intensity, pain interference and depression, and catastrophic magnification made a unique contribution to the prediction of anxiety. Conclusions.  The findings support the cross-cultural generalizability of the three-factor structure of the PCS and indicate that the PCS-assessed catastrophizing subdomains provide greater explanatory power than the PCS total score for understanding pain-related functioning.
Wiley Periodicals, Inc..
6. Arimura T, Hosoi M, Tsukiyama Y, Yoshida T, Fujiwara D, Tanaka M, Tamura R, Nakashima Y, Sudo N, Kubo C, Pain questionnaire development focusing on cross-cultural equivalence to original questionnaire: the Japanese version of the Short-Form McGill Pain Questionnaire., Pain Medicine
, 10.1111/j.1526-4637.2012.01333.x., 13, 4, 541-551, 2012.04, [URL], OBJECTIVES:
The present study aimed to develop a Japanese version of the Short-Form McGill Pain Questionnaire (SF-MPQ-J) that focuses on cross-culturally equivalence to the original English version and to test its reliability and validity.
DESIGN:
Cross-sectional design.
METHOD:
In study 1, SF-MPQ was translated and adapted into Japanese. It included construction of response scales equivalent to the original using a variation of the Thurstone method of equal-appearing intervals. A total of 147 undergraduate students and 44 pain patients participated in the development of the Japanese response scales. To measure the equivalence of pain descriptors, 62 pain patients in four diagnostic groups were asked to choose pain descriptors that described their pain. In study 2, chronic pain patients (N=126) completed the SF-MPQ-J, the Long-Form McGill Pain Questionnaire Japanese version (LF-MPQ-J), and the 11-point numerical rating scale of pain intensity. Correlation analysis examined the construct validity of the SF-MPQ-J.
RESULTS:
The results from study 1 were used to develop SF-MPQ-J, which is linguistically equivalent to the original questionnaire. Response scales from SF-MPQ-J represented the original scale values. All pain descriptors, except one, were used by >33% in at least one of the four diagnostic groups. Study 2 exhibited adequate internal consistency and test-retest reliability, with the construct validity of SF-MPQ-J comparable to the original.
CONCLUSION:
These findings suggested that SF-MPQ-J is reliable, valid, and cross-culturally equivalent to the original questionnaire. Researchers might consider using this scale in multicenter, multi-ethnical trials or cross-cultural studies that include Japanese-speaking patients.
Wiley Periodicals, Inc..
7. Yamashiro K, Arimura T, Iwaki R, Jensen MP, Kubo C, Hosoi M. , A multidimensional measure of pain interference: reliability and validity of the pain disability assessment scale.
, Clinical Journal of Pain, 27, 4, 338-343, 2011.05.
8. Hosoi M, Molton IR, Jensen MP, Ehde DM, Amtmann S, O’Brien S, Arimura T, Kubo C, Relationships among alexithymia and pain intensity, pain interference, and vitality in persons with neuromuscular disease: considering the effect of negative affectivity., Pain, DOI information: 10.1016/j.pain.2010.02.012, 149, 273-277 , 2010.05.
9. Xiong W, Hosoi M, Koo BN, Zhang L. , Anandamide inhibition of 5-HT3A receptors varies with receptor density and
desensitization.
, Molecular Pharmacology, 73(2):314-22. Epub 2007 Nov 9.
, 2008.02.
10. Kanemitsu Y, Hosoi M, Zhu PJ, Weight FF, McLaughlin JS, Zhang, L, Dynorphin A inhibits NMDA receptors through a pH dependent mechanism, Journal of Molecular and Cellular Neuroscience, 24 (3) : 525-537, 2003.11.
11. Hayashi H, Mine K, Hosoi M, Tsuchida O, Handa M, Kinukawa N, Andou K, Kubo C, Comparison of the esophageal manometric characteristics of idiopathic and reflux-associated esophageal spasm: evaluation by 24-hour ambulatory esophageal motility and pH monitoring., Digestive Diseases and Sciences, 10.1023/B:DDAS.0000004514.91064.7f, 48, 11, 2124-2131, 48 (11) : 2124-2131, 2003.11.
12. Zhang L, Hosoi M, Fukuzawa M, Sun H, Rawlings RR, Weight FF, Distinct molecular basis for differential sensitivity of the serotonin type 3A receptor to ethanol in the absence and presence of agonist, Journal of Biological Chemistry, 2002.11.
13. Hosoi M, Oka T, Abe M, Hori T, Yamamoto H, Mine K, Kubo C, Prostaglandin E2 has antinociceptive effect through EP1 receptor in the ventromedial hypothalamus in rats, Pain, 10.1016/S0304-3959(99)00105-0, 83, 2, 221-227, 83 (4) : 221-227, 1999.11.
14. Hosoi M, Oka T, Hori T, Prostaglandin E receptor EP3 subtype is involved in thermal hyperalgesia through its actions in the preoptic hypothalamus and the diagonal band of Broca, Pain, 10.1016/S0304-3959(97)03380-0, 71, 3, 303-311, 71 : 303-311, 1997.07.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 細井 昌子, 慢性疼痛と幼少期の体験, ペインクリニック, Vol38 No.8:1025-26, 2017.08.
2. 細井 昌子, 慢性痛難治症例における過活動のメカニズム:忍耐反応と過活動のスクリーンセイバー仮説の観点から, ペインクリニック, Vol38 No.5:633-39, 2017.05.
3. 細井 昌子, 慢性疼痛のメカニズムにおいて,心と体の間で何が起きているのか―心身医療の観点から, 週刊 医学のあゆみ 慢性の痛み―何によって生み出されているのか?, Vol.260 No.2:160-4, 2017.01.
4. 細井 昌子, 社会的敗北ストレスとミクログリア―心身症の概念を新たにするキーワード―, 心身医学, Vol 56, No11:1074-5, 2016.11.
5. 扇谷 昌宏, 加藤 隆弘, 細井 昌子, 神庭 重信, 疼痛におけるミクログリア仮説解明のための橋渡し研究—ヒト末梢血由来ミクログリア様細胞(iMG細胞)の臨床研究応用—, 細胞, 48(8):369-372, 2016.08.
6. 細井 昌子, 海外文献 マインドフルネスストレス低減法 対 認知行動療法あるいは通常のケアの慢性腰背部痛をもつ成人における背部痛と機能的制限における効果:
ランダム化臨床試験
, 心身医学 , Vol.56 No.6, 2016.05.
7. 細井 昌子, 仙波恵美子, 第 56 回日本心身医学会総会ならびに学術講演会シンポジウム
「線維筋痛症の心身相関と全人的理解」司会のことば
, 心身医学, 2016 Vol.56 No.5 418, 2016.04.
8. 細井 昌子, 慢性疼痛治療のNBMとEBM, 心身医学, 2015.01.
9. 細井 昌子, 痛みの心身医学的診断の進め方:実存的苦悩の明確化のために(痛みの臨床 心身医療からのアプローチ), Modern Physician, Vol.34 No.1:13-17, 2014.01.
10. 細井昌子, 慢性疼痛と心理特性に関する疫学的研究, 難治性疼痛の実態の解明と対応策の開発に関する研究, 2012.03.
11. 細井昌子, ペインクリニック医師による心身医学的アプローチ:生きる痛みを癒すために, ペインクリニック vol.32 No.12 (2011.12) pp.1847-1854, 2011.12.
12. 有村達之、細井昌子, 痛みとともに生きる~現場での取り組みと実践【テーマ②】慢性疼痛の認知行動療法とその進歩―受容と変容へのサポート, Practice of Pain Management vol.2 No.4 (2011.12) pp.20-23(pp.236-239), 2011.12.
13. 細井昌子、小幡哲嗣、河田 浩、富岡光直、有村達之、久保千春、須藤信行, 慢性疼痛と養育環境―難治化の背景―, ストレス科学 25(4):289-296, 2011, 2011.03.
14. 安野広三、細井昌子、柴田舞欧、船越聖子、有村達之、久保千春、須藤信行, 慢性疼痛と失感情症, 心身医学 Vol.50 No.12(通巻第377号)1123-1129, 2010.12.
15. 細井昌子, 慢性疼痛の心身医療におけるNarrative Based Medicine -実存的苦悩に焦点を当てた積極的傾聴-, ペインクリニック Vol.31 No.3 (2010.3), 2010.03.
16. 細井昌子, 特集 臨床医学の展望2010 心身医学 1.慢性疼痛, 日本医事新報 No.4481, 2010.03.
17. 船越聖子、細井昌子, 島皮質と内臓感覚―心身症のセルフコントロールに関わる脳内メカニズム―, Clinical Neuroscience 28(4): 394-398, 2010.03.
18. 細井昌子、富岡光直, 痛みと不信:痛みの情動成分への対処の重要性, Ortho Community No.33, 2009.12.
19. 細井昌子, 疼痛性障害,転換性障害,虚偽性障害,詐病, 複合性局所疼痛症候群 CPRS, 2009.09.
20. 細井昌子、久保千春, 慢性疼痛の多面的評価 -治療対象の明確化のために-, 心身医学 No.8 p885~891(通巻第361号), 2009.08.
21. 細井昌子, 慢性疼痛の系統的治療における心身医学的視点の重要性
-心療ペインクリニックの勧め-
, ペインクリニック Vo30,No8 p1058~1067, 2009.08.
22. 細井昌子, 慢性疼痛と心 -DamasioのSomatic Maker Hypothesisの概念から-, ペインクリニック:30(7)p.939-945 別冊, 2009.07.
23. 細井昌子、金光芳郎、岡孝和、須藤信行, 九州大学心療内科における教育研修の実際, 心身医学49(7):839-844, 2009.07.
24. 細井昌子, 慢性疼痛の系統的治療における心身医学的治療の位置づけーいわゆる迷宮入り症例の治療経験から, メディカル朝日 朝日新聞社, 2009.06.
25. 細井昌子, 内臓痛と感情―島皮質の役割―, 消化器心身医学16 (1), 2009.04.
26. 細井昌子, 治療 特集)慢性疼痛診療ガイドー心因性慢性疼痛ー, 90 (7): 2063-2072
, 2008.07.
27. Masako Hosoi, Psychosomatic approach for difficult cases of patients with chronic pain, Journal of Pharmacological Sciences Volume 106 Supplement Ⅰ, 2008.03.
28. 細井昌子, 痛みと薬物療法
, 臨床精神医学―痛みの精神医学―37 (1): 11-18, 2008, 2008.01.
29. 2細井昌子, 痛みと心身医学―リハビリテーションに望まれるもの―, Monthly Book Medical Rehabilitation 79, 2007.05.
30. 清水由江、細井昌子、久保千春, 慢性疼痛ー身体医療と精神医療の境界疾患, 精神科 第9巻第4号 p279-287 , 2006.10.
31. 細井昌子 久保千春, 慢性疼痛の心身医療と帯状回-from Bench to Bed-, Clinical Neuroscience, 23巻11号, 2005.11.
32. Muraoka M, Komiyama H, Hosoi M, Mine K, Kubo C, Psychosomatic treatment of phantom limb pain with post-traumatic stress disorder: a case report, Pain 66 (2,3), 385-388, 1996.01.
主要学会発表等
1. 細井昌子、安野広三、柴田舞欧、藤本晃嗣、村上匡史、日高 大、早木千絵、村橋明子、須藤信行, 痛みの行動科学に影響を及ぼす養育環境:父と息子の葛藤, 第40回日本疼痛学会 , 2018.06.
2. 細井昌子、柴田舞欧、安野広三、早木千絵、岩城理恵、富岡光直、須藤信行, 幼少期からの慢性疼痛予防:養育スタイルと家族機能の観点から, 第47回日本慢性疼痛学会, 2018.02.
3. 細井昌子, いきいきリハビリノートを使った 認知・情動・行動へのアプローチ, 日本運動器疼痛学会 第10回学術集会 認知行動療法に基づく「いきいきリハビリノート」による運動促進法講習会, 2017.11.
4. 細井昌子, 認知行動療法に基づく「いきいきリハビリノート」を用いた運動促進法講習会, 日本線維筋痛症学会 第9回学術集会, 2017.10.
5. 細井 昌子, 慢性疼痛難治例に対する段階的心身医学的治療:愛着・認知・情動・行動の観点からのアプローチ, 第58回日本心身医学会総会ならびに学術講演会 , 2017.06.
6. 細井 昌子, 慢性痛難治化のスリーヒット仮説と心身医学的アプローチ, 第11回北薩運動器研究会, 2016.11.
7. 細井 昌子, 慢性痛研究シンポジウムーAMED研究の現状と今後(慢性疼痛のトランスレーショナルリサーチ:精神心理学的・神経免疫学的側面からの病態解明と評価法の開発), 第9回日本運動器疼痛学会, 2016.11.
8. 細井 昌子, 認知・情動・行動へのアプローチ:変化を促すために
認知行動療法に基づく「いきいきリハビリノート」による運動促進法講習会)
, 第9回日本運動器疼痛学会, 2016.11.
9. 細井 昌子, 認知・情動・行動へのアプローチ:変化を促すために(認知行動療法に基づく「いきいきリハビリノート」による運動促進法講習会), 第21回日本ペインリハビリテーション学会, 2016.10.
10. Masako Hosoi, Masahiro Ohgitani, Takahiro A. Kato, Rie Iwaki, Chie Hayaki, Nobuyuki Sudo, Kanba S, TNFα-Response is Associated with the Clinical Pain Outcomes of Fibromyalgia Patients: An Evaluation Done with Human Blood-Induced MicrogliaLike Cells(iMG), 16th World Congress on Pain(第16回世界疼痛学会), 2016.09.
11. 細井 昌子, 慢性疼痛難治化とミクログリア
, 公益財団法人 先端医療振興財団 (Translational Research Information Center: TRI) 職員研修会, 2016.08.
12. 細井 昌子, 慢性痛の心身医療:サイエンスとアートの融合を目指して, 第7回 沖縄疼痛研究会, 2016.08.
13. 細井 昌子, 慢性疼痛への心身医療:歯をくいしばってがんばってきた人々への癒しを創造するアプローチ
, 第29 回日本顎関節学会・学術大会, 2016.07.
14. 細井 昌子, 慢性疼痛難治化のスリーヒット理論とミクログリア過剰活性化仮説:心理社会的因子によるミクログリアのプライミング効果, 第38 回日本疼痛学会, 2016.06.
15. 細井 昌子, いきいきリハビリノートノートを使った認知・情動・行動へのアプローチ
<日本運動器疼痛学会・厚生労働科学研究費補助金 慢性の痛み対策 研究事業共催セミナー>, 第8回日本運動器疼痛学会, 2015.12.
16. 細井 昌子, 慢性疼痛の心身医学的病態理解:ミクログリア仮説と心理社会的ストレスによるプライミング効果
<シンポジウム5 精神医学・精神薬理学的観点からの「慢性疼痛」>, 第25回日本臨床精神神経薬理学会, 2015.10.
17. 細井 昌子, アレキシサイミアと慢性疼痛:久山町研究から心身医学的治療まで
<シンポジウム8「痛みの情動的側面の解明」>
, 日本ペインクリニック学会第49回大会, 2015.07.
18. 細井 昌子, 線維筋痛症の心身相関と全人的アプローチの実践
<シンポジウム7「線維筋痛症の心身相関と全人的理解」>
, 第56回日本心身医学会総会ならびに学術講演会, 2015.06.
19. 細井 昌子, 運動器疼痛の集学的診療システムの重要性:心身医学の立場から
<シンポジウム 30 運動器疼痛に対する集学的診療システムの構築に向けて>, 第88回 日本整形外科学会学術総会, 2015.05.
20. 細井 昌子, 慢性疼痛のトランスレーショナルリサーチ​—精神心理学的・神経免疫学的側面からの​病態解明と評価法開発—, 疾病対策課関連事業​ 慢性の痛み解明研究​成果発表会, 2015.03.
21. 細井 昌子, 感情への気づきと慢性疼痛:​心身医学的アプローチの有用性に関する​理論と臨床​, ​第7回 日本運動器疼痛学会​, 2014.10.
22. 細井 昌子, 慢性疼痛の心身医学:​ 否定的感情、過活動と自律神経機能の関連, 第55回 日本心身医学会総会・学術集会​, 2014.06, 慢性疼痛に対する認知行動学的アプローチについては、腰痛を初めとして社会的にも注目されるようになってきたが、なぜ認知行動学的アプローチが重要であるかはよく理解されていないように思われる。「認知の歪み」が影響しているという表現には、患者側の目線では納得いかないものであるため、なぜ「認知が歪んだのか」を話し合う治療関係性が形成しにくいことになる。そこで、治療側のみならず、実態に即して患者側にも納得できる心身医学の病態メカニズムとそれに対する治療理論が重要である。 演者は九州大学病院心療内科で全国各地から紹介を受けた慢性疼痛の治療遷延例の心理社会的背景を多数傾聴し、心身相関の病態を理解しようとしてきた。その上で理解されるようになったのは、慢性疼痛の表現型である「体の痛み」として感知される心身の疲弊・苦悩の背景に過活動があるということである。具体的な過活動のさまを聴取あるいは観察すると、驚かされることが多いが、その背景を探ってみると、苛酷な養育・生活環境、過剰適応、自己主張能力の低下があり、なぜその理不尽な過活動を持続しているのかという疑問がわいてくる。入院環境などで過活動を制御できる状態において、どのような感情が湧いてくるかを患者本人に観察してもらい面接で取り扱うと、不安・いらいら、他者および自己への嫌悪感、自己否定感、罪悪感、疎外感といった無意識に抑圧されてきた情動の因子が浮かび上がる。過活動を行うと、そういった無意識あるいは半意識の否定的感情から回避することができるため、過剰な行動の繰り返しが否定的情動回避の本人なりの対処法として機能しているということが理解されるようになった。行動化のなかで問題視されやすいリストカットや過食・嘔吐ですら、不適応的ではあるが耐え難い否定的感情からの回避として本人には役立っているという見方も可能である。否定的感情に浸ることがいかに苦しいかを共に話し合えると、一見理解不能な行動化をともに立ち向かう患者―治療者の連盟が形成されやすくなる。さらに、過活動の持続の末に自律神経機能の低下がもたらされ、多彩な症状を自覚するようになると、さらに周囲に伝わりにくい慢性疼痛の病態が形成され、周囲との交流不全が悪化していくようである。 こういった否定的感情の抑圧と不適応的な過活動、その結果としての筋骨格系の痛みと自律神経失調といった病態メカニズムを、治療者として個々の症例で明らかにしながら、心身相関を本人が納得できるよう援助していくことが心身医学・心身医療の専門家には可能である。以上のメカニズムを、心身症病態の中核概念として重要な「失感情症」に関する臨床および心身医学的疫学研究の結果をもとに論じたい。.
23. 細井昌子, 慢性疼痛患者に関わる医師(医療スタッフ)の治療的自己について―非言語的表現療法により直面化が進んだ治療経験から―(指定発言), 第7回桂記念治療的自己研究会シンポジウム, 2012.03.
24. 細井昌子, 痛みの診療に活かす心身医学のエッセンス: Social Painへの対応, 第6回北九州・筑豊痛みを考える会, 2012.03.
25. 細井昌子、富岡光直、河田 浩、安野広三、柴田舞欧、岩城理恵、有村達之、久保千春、須藤信行, 難治性疼痛における全人的苦痛の分化とその統合―包括的アプローチの心身医学的プロセス―, 第41回日本慢性疼痛学会, 2012.02.
26. 細井昌子, 慢性疼痛の心身医学:Social Painに関するNeuroscienceの進歩を受けて, 第51回日本心身医学会九州地方会, 2012.02.
27. 細井昌子, 慢性疼痛と失感情症:心療内科臨床から久山町疫学研究まで, 第8回九大痛みの研究会, 2012.02.
28. 細井昌子, 慢性疼痛と失感情症:疫学研究から心身医学的治療まで, 第2回関西痛みの診療研究会, 2011.12.
29. 細井昌子, 痛みの診療に活かす心身医学のエッセンス:Social Painへの対応, 第3回岡山痛みの診断・治療懇話会, 2011.12.
30. 細井昌子, 日本における慢性疼痛の心身医療に関する実態調査
―心療内科学会および心身医学会の専門医アンケート―, 第16回日本心療内科学会総会・学術大会, 2011.11.
31. 細井昌子, 慢性疼痛の心身医学:薬物療法を有効にするために, BPS研究会, 2011.10.
32. 細井昌子, 慢性疼痛にみられる女丈夫症候群とその癒し―心身医学のナラティブ―, 熊本県精神神経科診療所協会学術講演会, 2011.10.
33. 細井昌子、柴田舞欧、牧野聖子、安野広三、岩城理恵、山城康嗣、河田 浩、久保千春、須藤信行, 慢性疼痛と失感情症:久山町疫学研究から心療内科臨床まで, 第12回八ヶ岳シンポジウム-Summit of Psychosomatics-, 2011.09.
34. Masako Hosoi, Mao Shibata, Seiko Makino, Kozo Anno, Koji Yamashiro, Rie Iwaki, Yuko Imada, Hiroshi Kawata, Chiharu Kubo, Nobuyuki Sudo, Chronic Pain and Alexithymia: from epidemiological study to psychosomatic clinical medicine , ICPM 第21回世界心身医学会議, 2011.08.
35. 細井昌子, ペインクリニック医師による心身医学的アプローチ:生きる痛みを癒すために, 日本ペインクリニック学会第45回大会, 2011.07.
36. 細井昌子, 慢性疼痛にみられる女丈夫症候群とその癒し:心身医学のナラティブ, 第2回 中部ロコモサイコソマ研究会, 2011.05.
37. 細井昌子, 慢性疼痛の心身医学: 薬物療法を有効にするために, Primary Health Care 勉強会, 2011.02.
38. 細井昌子, 心療内科領域における腰痛へのアプローチ: 生きる痛みを癒すために, 東京女子医大 院内講演会, 2010.11.
39. 細井昌子, 痛みの感受性に及ぼす心理的問題: 失感情症と痛みの感受性, 日本線維筋痛症学会 第2回学術集会, 2010.11.
40. 細井昌子, 慢性疼痛と養育環境: 難治化の背景, 第26回日本ストレス学会学術総会, 2010.11.
41. 細井昌子, 生きる痛みへのアプローチ: 慢性疼痛心身医療の現場から, 山口県ペインクリニック研究会, 2010.10.
42. 細井昌子, 線維筋痛症に見られる女丈夫症候群とその癒し, 第23回日本疼痛心身医学会, 2010.10.
43. 細井昌子, 難治性慢性疼痛に対する心身医学的マネジメント: 薬物療法を有効にするための工夫
, 第1回大阪運動器疼痛フォーラム, 2010.09.
44. Masako Hosoi, Chronic pain and Alexithymia : the Research History and Future, 第14回アジア心身医学会, 2010.09.
45. 細井昌子, 疼痛性障害におけるチーム医療の重要性, 第51回日本心身医学会総会, 2010.06.
46. 細井昌子, 腹痛と感情ー島皮質の役割ー, 第12回 大阪消化器病フォーラム, 2010.01.
47. 細井昌子, 慢性疼痛の心身医療におけるNarrative Based Medicine, 第43回日本ペインクリニック学会, 2009.07.
48. 細井昌子,吉原一文,久保千春, 疲労感と自律神経機能―慢性疼痛重症例における検討―, 第5回日本疲労学会総会・学術集会, 2009.05.
49. 細井昌子, 慢性疼痛治療の困難さと面白さについてーいわゆる「迷宮入り慢性疼痛症例」治療の現場からー, 大阪痛みの研究会, 2009.03.
50. 細井昌子, 慢性疼痛の系統的治療における心身医学的治療の位置づけーいわゆる迷宮入り症例の治療経験からー, 第38回 日本慢性疼痛学会, 2009.02.
51. 細井昌子, 痛みのカウンセリング―日常臨床のコツ―, 第5回 宮崎ペインカンファレンス, 2008.11.
52. 細井昌子, 葛藤、怒り、不信と慢性疼痛ー心身医学的治療の考え方ー, 第6回 ペインクリニック 四国塾, 2008.09.
53. 細井昌子, Nociception and pain-Alexithymia and pain experience-
, 第51回 日本神経化学会大会, 2008.09.
54. 細井昌子, THE ASSOCIATION BETWEEN ALEXITHMIA AND PAIN INTENSITY ,PAIN NEUROMUSCULAR DISEASE, 第12回国際疼痛学会(The 12th World Congress on Pain), 2008.08.
55. 細井昌子, 不信、葛藤、情動と痛みについて ―心身医学的アプローチの考え方―, 第6回整形外科痛みを語る会, 2008.07.
56. 細井昌子, 慢性疼痛の評価―治療対象の明確化のために―, 第49回日本心身医学会総会, 2008.06.
57. 細井昌子, いたみの新しい診断法, 第19回こころとからだの痛み研究会, 2008.05.
58. 細井昌子, 「痛みと情動について」, 第70回消化器心身医学研究会学術集会, 2008.05.
59. Masako Hosoi, Psychosomatic approach for difficult cases of patients with chronic pain, 第81回 日本薬理学会, 2008.03.
60. 細井昌子, 慢性疼痛難治例の特徴ー心身医学的側面からー, 第37回 日本慢性疼痛学会, 2008.02.
61. 細井昌子, 慢性疼痛難治例に対する心身医学的アプローチの役割, 痛みの研究会, 2007.06.
62. Masako Hosoi, Chiharu Kubo, Psychosomatic Approach for Pain Disorder in Japan, Asian Conference of Psychosomatic Medicine, 2006.11.
63. 細井昌子, 慢性疼痛の心身医学
ー難治例の治療経験からー, 佐賀慢性疼痛勉強会, 2006.11.
64. 細井昌子, 臨床医と基礎医学者との対話~慢性痛とはなにか-心療内科・麻酔科・基礎医学の立場より-, 京都健康フォーラム200, 2004.01.
65. 細井昌子,美根和典,久保千春, 心身症患者と治療関係ー慢性疼痛患者の心身医学的治療を中心にー, 第30日本ペインクリニック学会, 1996.07.
学会活動
所属学会名
日本ペインクリニック学会
日本疼痛学会
日本疼痛心身医学会
日本運動器疼痛学会
日本ストレス学会
日本東洋心身医学会
日本自律訓練学会
日本心身医学会
国際疼痛学会
北米神経科学会
日本慢性疼痛学会
日本心療内科学会
日本認知行動療法学会
日本代替・相補・伝統連合会議
学協会役員等への就任
2008.12~2019.11, 日本運動器疼痛学会, 理事.
2016.06~2018.05, 日本疼痛学会, 理事.
2011.04, 日本慢性疼痛学会, 理事.
2010.04~2014.03, 日本疼痛心身医学会, 理事.
2004.06~2016.06, 日本心身医学会, 評議員.
2012.04~2015.03, 日本ストレス学会, 評議員.
2012.04~2014.03, 日本心療内科学会, 評議員.
2014.09~2018.08, 日本自律訓練学会, 評議員.
2008.09, 日本心身医学会, 運営委員.
2016.12~2018.11, 日本心療内科学会, 運営委員.
2008.04, 日本心身医学会, 運営委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.12.03~2016.12.04, 第21回日本心療内科学会総会・学術大会, 座長(Chairmanship).
2016.06.04~2016.06.05, 第57回日本心身医学会総会ならびに学術講演会, 座長(Chairmanship).
2016.01.23~2016.01.24, 第55回心身医学会 九州地方会, 座長(Chairmanship).
2015.12.12~2015.12.13, 第8回日本運動器疼痛学会, 座長(Chairmanship).
2015.11.21~2015.11.21, 第20回日本心療内科学会総会・学術大会, 座長(Chairmanship).
2015.07.03~2015.07.04, 第37回日本疼痛学会, 座長(Chairmanship).
2015.06.26~2015.06.27, 第56回日本心身医学会総会ならびに学術講演会, 座長(Chairmanship).
2014.07.24~2014.07.26, 日本ペインクリニック学会第48回大会, 座長(Chairmanship).
2014.02.21~2014.02.22, 第43回日本慢性疼痛学会, 座長(Chairmanship).
2014.01.25~2014.01.26, 第53回日本心身医学会九州地方会, 座長(Chairmanship).
2013.12.07~2013.12.08, 第6回日本運動器疼痛学会, 座長(Chairmanship).
2013.06.26~2013.06.27, 第54回日本心身医学会総会ならびに学術講演会, 座長(Chairmanship).
2013.02.22~2013.02.23, 第42回日本慢性疼痛学会, 座長(Chairmanship).
2013.02.22~2013.02.23, 第42回日本慢性疼痛学会, 座長(Chairmanship).
2013.02.09~2013.02.10, 第52回日本心身医学会九州地方会, 座長(Chairmanship).
2012.05.25~2012.05.26, 第53回日本心身医学会総会, 座長(Chairmanship).
2012.02.18~2012.02.19, 第41回日本慢性疼痛学会, 座長(Chairmanship).
2011.11.19~2011.11.20, 第4回日本運動器疼痛学会, 座長(Chairmanship).
2011.06.09~2011.06.10, 第52回日本心身医学会総会ならびに学術講演会, 座長(Chairmanship).
2011.02.25~2011.02.26, 第40回日本慢性疼痛学会, 座長(Chairmanship).
2010.11.13~2010.11.14, 日本線維筋痛症学会 第2回学術集会, 座長(Chairmanship).
2010.09.10~2010.09.12, 第14回アジア心身医学会, 座長(Chairmanship).
2010.03.26~2010.05.27, 第4回身体疾患とうつ病研究会, 座長(Chairmanship).
2010.02.26~2010.02.27, 日本慢性疼痛学会, 座長(Chairmanship).
2010.02.06~2010.02.07, 日本心身医学会九州地方会, 座長(Chairmanship).
2010.01.23~2010.01.23, 第8回西日本心療内科未来研究会, 座長(Chairmanship).
2009.11.07~2009.11.07, 第2回日本運動器疼痛研究会, 座長(Chairmanship).
2009.06.06~2009.06.07, 第1回日本心身医学 5学会合同集会, 座長(Chairmanship).
2008.10~2008.10, 第7回西日本心療内科未来研究会, 座長(Chairmanship).
2008.03, 第81回 日本薬理学会年会, シンポジスト.
2007.10, 第6回 西日本心療内科未来研究会, 司会(Moderator).
2007.05, 第48回 日本心身医学会総会, 座長(Chairmanship).
2007.05, 第48回 日本心身医学会総会 教育セミナー, 座長(Chairmanship).
2006.10, 第5回 西日本心療内科未来研究会, 座長(Chairmanship).
2006.05, 第47回 日本心身医学会総会, 座長(Chairmanship).
2005.05, 第46回 日本心身医学会, コメンテーター.
2004.06, 第45回 日本心身医学会, 座長(Chairmanship).
2013.05.19~2013.05.19, 第1回 慢性痛の心理アセスメント研究会.
2014.02.21~2014.02.21, 第2回 慢性痛の心理アセスメント研究会, 会長.
2014.08.24~2014.08.24, 第3回 慢性痛の心理アセスメント研究会, 会長.
2015.02.27~2015.02.27, 第4回 慢性痛の心理アセスメント研究会, 会長.
2015.09.13~2015.09.13, 第5回 慢性痛の心理アセスメント研究会, 会長.
2016.02.26~2016.02.26, 第6回 慢性痛の心理アセスメント研究会, 会長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2013.04~2016.03, Locomotive Pain Frontier, 国内, 編集顧問.
2008.12~2016.12, 心身医学, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度   13 
2015年度   16 
2014年度    
2013年度 10  17 
2012年度    
2011年度    
2010年度    
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
University of Washington, Department of Rehabilitation Medicine, UnitedStatesofAmerica, 2008.07~2008.07.
National Institutes of Health (NIH), USA, UnitedStatesofAmerica, 1997.05~2002.05.
受賞
研究奨励賞, 日本消化器心身症研究会, 2011.10.
池見学術奨励賞, 九州大学心療内科同門会, 2003.11.
国際研究交流賞受賞, 金原一郎財団, 1996.01.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 分担, 不信の4層モデルにもとづく難治性疼痛の医療者不信の把握と改善に向けた短期縦断研究.
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 分担, 一般住民における心理社会的因子・家族機能・社会脳と認知症の関連:久山町研究.
2016年度~2018年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, 慢性痛の脳画像によるクラスタリングの開発:Alexithymia vs神経症.
2014年度~2017年度, 基盤研究(C), 代表, 一般住民における心理特性・自律神経機能・失体感傾向と 慢性疾患の関連:久山町研究.
2013年度~2016年度, 基盤研究(C), 分担, 慢性疼痛における養育スタイルと生物心理社会的メカニズム.
2009年度~2011年度, 基盤研究(C), 代表, 生活習慣病の心身医学に関する疫学的研究―陽性感情や養育スタイルの影響―.
2005年度~2006年度, 基盤研究(C), 代表, 医学一般で使用可能な日本語痛み質問紙の開発および疼痛の中枢性制御に関する研究.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2017年度~2019年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 種々の症状を呈する難治性疾患における中枢神経感作の役割の解明とそれによる患者ケアの向上.
2018年度~2020年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 慢性の痛み診療・教育の基盤となるシステム構築に関する研究.
2016年度~2018年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 慢性の痛み診療・教育の基盤となるシステム構築に関する研究.
2013年度~2014年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 慢性の痛み診療の基盤となる情報の集約とより高度な診療の為の医療システム構築に関する研究.
2011年度~2013年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 情動的側面に着目した慢性疼痛の病態解明と診断・評価法の開発
.
2011年度~2012年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 難治性疼痛の実態の解明と対応策の開発に関する研究.
2011年度~2013年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 「痛み」に関する教育と情報提供システムの構築に関する研究.
2010年度~2010年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 難治性慢性疼痛の実態と病態の解明に関する研究.
2008年度~2010年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 連携, 心身症の実証的研究.
2005年度~2007年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 連携, 心身症の診断・治療ガイドラインに関する実証的研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2017年度~2019年度, 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED), 代表, 線維筋痛症と中枢性感作に関するトランスレーショナルリサーチ:精神神経免疫学的側面からの病態解明と評価法開発.
2015年度~2016年度, 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED), 代表, 慢性疼痛のトランスレーショナルリサーチ: 精神心理学的・神経免疫学的側面からの病態解明と評価法開発.
2014年度~2014年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 代表, 慢性疼痛のトランスレーショナルリサーチ: 精神心理学的・神経免疫学的側面からの病態解明と評価法開発 .
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2010.04~2013.03, 分担, 厚生労働科学研究費補助金 慢性の痛み対策研究事業​ 難治性疼痛の実態の解明と対応策の開発に関する研究班.
2013.04~2015.03, 分担, 厚生労働科学研究費補助金 慢性の痛み対策研究事業 
慢性の痛み診療の基盤となる情報の集約とより高度な診療の為の医療システム構築に関する研究班
.
2014.04~2015.03, 代表, 慢性疼痛のトランスレーショナルリサーチ ―精神心理学的・神経免疫学的側面からの病態解明と評価法開発―.
2009.04~2010.03, 代表, 慢性疼痛患者における上腹部症状と抑うつ・不安・破局化・失感情症との関係.
2008.04~2009.03, 代表, 上腹部症状と抑うつ・不安スコアとの関係
.
2008.04~2009.03, 代表, 慢性疼痛および消化器症状と失感情症に関する研究.
2007.04~2008.03, 代表, 上腹部症状と抑うつ・不安スコアとの関係.
寄附金の受入状況
2009年度, エーザイ株式会社, 慢性疼痛患者における上腹部症状とと抑うつ・不安・破局化・失感情症との関係.
2008年度, エーザイ株式会社, 上腹部症状と抑うつ・不安スコアとの関係.
2007年度, エーザイ株式会社, 上腹部症状と抑うつ・不安スコア関係.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」