九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
西 英昭(にし ひであき) データ更新日:2019.05.08

教授 /  法学研究院 基礎法学部門 法文化学


大学院(学府)担当

法学府 基礎法学専攻 法文化学講座

学部担当

法学部 基礎法学 東洋法制史


取得学位
博士(法学)
専門分野
中国法、東洋法制史
活動概要
研究活動については着任以前からのテーマである中国における法と慣習をめぐる諸問題の認識過程のテキスト分析による再定位という問題に加え、近現代中国における法典編纂とそこにおける外国法の影響についての研究を推進する。この問題は中国・台湾の現行法制の前提をなすものでもあり、またこのことによって現行法制への視点を獲得することをも目途とする。
 さらに「中国法」「東洋法制史」「中国法演習」「中国法研究(特講)第一」「東洋法制史研究(特講)第一」などの開講を通じて、研究者・実務家養成に必要となる様々な需要に可能な限り応えることとする。また、「外国法律書講読」などの講義を担当し、学生へのより多くの選択肢の提供にも務める。
 専攻の関係上、中国・台湾地域の最新の情報の獲得に努め、海外の学会への参加や海外の研究者との交流も検討する。そうした成果は常に講義や演習等に反映させることを第一に考えることとする。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」