九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
津守 不二夫(つもり ふじお) データ更新日:2018.07.11

准教授 /  工学研究院 機械工学部門 加工プロセス


大学院(学府)担当

学部担当



電子メール
ホームページ
http://www.mech.kyushu-u.ac.jp/~zaika/
材料加工学研究室ホームページ .
就職実績-他大学
就職実績有, 2001年10月 京都大学大学院工学研究科機械工学専攻 助手
2005年4月 京都大学大学院工学研究科マイクロエンジニアリング専攻 助手
2005年7月 京都大学大学院工学研究科マイクロエンジニアリング専攻 講師
就職実績-民間機関等
就職実績有, 2000年4月 大阪府立産業技術総合研究所 客員研究員
取得学位
博士(工学)
学位取得区分(国外)
なし
専門分野
塑性加工,粉末冶金,微細加工,MEMS
外国での教育研究期間(通算)
00ヶ年06ヶ月
活動概要
塑性加工や粉末冶金プロセスに関する材料加工に関する研究,および微細加工プロセスに関する研究を主に行っている.研究テーマはものづくり分野に縛られず,ものづくりを利用した多岐にわたる現象・アプリケーションを取り扱っている.

現在の研究テーマは以下の通りである.
・磁性粒子分散エラストマの工学的利用
- 新規振動発電デバイスの開発
- 磁性粒子分散樹脂の粘弾性の動的変化に関する研究
- 粒子間相互作用の解析システムの作成
- 樹脂中粒子層による「しわ」構造の生成
・粉末インプリントプロセスの開発
- 微細表面構造を有するセラミックシートの作製
- 微細流路構造を有するセラミックシートの作製
- インプリントパターニングを応用した燃料電池の高性能化
・粉末成形解析
- 個別要素法による粉末材料挙動解析
- 充填密度解析
・生体規範・生体模倣
- 人工繊毛構造の開発とマイクロポンプへの応用
- カタツムリ・タニシの這行(しゃこう)挙動の解明とソフトロボティクス化
- 多階層マイクロパターンによる超撥水現象

これまで行ってきた研究は以下の通りである.
・ミクロ-マクロ連成モデルによる焼結解析(変形,熱・材料拡散連成)
・半固形材料を用いた擬似静水圧粉末固化プロセスの開発
・微粒子配置による3次元構造の作製
・磁性粒子の磁場中挙動の解析
・セラミックスによる微細構造の作製
・磁性粒子分散樹脂を利用した微細駆動構造の開発
・ 非球状粒子を用いた粉末プロセス解析法の開発

教育活動に関しては,以下の大学院および学部の教育を担当している.
・大学院 工学府 知能機械システム専攻
・工学部 機械航空工学科 機械工学コース

九大関連コンテンツ