九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
髙倉 修(たかくら しゆう) データ更新日:2019.06.10

助教 /  九州大学病院 心療内科 心身医学


主な研究テーマ
摂食障害の標準的治療法の開発
キーワード:摂食障害
2015.04~2019.03.
神経性食欲不振症の短期入院の実施と、その治療効果・予後に関する前向き研究
キーワード:短期入院、神経性食欲不振症、治療予後、前向き研究
2008.04~2011.03.
長期飢餓ストレスがタンパク発現調節因子(miRNA)に及ぼす影響
キーワード:摂食障害、神経性食欲不振症、miRNA
2009.04~2015.03.
従事しているプロジェクト研究
摂食障害の治療支援ネットワークの指針と簡易治療プログラムの開発
2017.04~2020.03, 代表者:安藤哲也, 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター, 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター(日本).
中枢性摂食異常症および中枢神経感作病態を呈する疾患群の脳科学的な病態解明と、エビデンスに基づく患者ケア法の開発
2017.12~2020.03, 代表者:関口敦, 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター, 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター(日本).
心身症・摂食障害の治療プログラムと臨床マーカーの検証
2017.04~2019.03, 代表者:安藤哲也, 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター, 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター(日本).
日本語版FOFMおよびCIAの開発
2016.04~2018.04, 代表者:吉内一浩, 東京大学大学院医学研究科内科学専攻ストレス防御・心身医学, 東京大学大学院医学研究科内科学専攻ストレス防御・心身医学.
摂食障害の臨床上の経済的課題の探索
2015.04~2018.03, 代表者:吉内一浩, 東京大学大学院医学研究科内科学専攻ストレス防御・心身医学, 厚生労働省科学研究費「摂食障害の診療体制整備に関する研究」研究班(日本).
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Tomokazu Hata, Yasuhiro Asano, Kazufumi Yoshihara, Tae Todani-Kimura, Noriyuki Miyata, Xue-Ting Zhang, Shu Takakura, Yuji Aiba, Yasuhiro Koga, Nobuyuki Sudo, Regulation of gut luminal serotonin by commensal microbiota in mice, PLoS One, 12, 7, 2017.07.
2. Keisuke Kawai, Megumi Nakashima, Masayasu Kojima, Sakino Yamashita, Shu Takakura, Miki Shimiizu, Chiharu Kubo, Nobuyuki Sudo, Ghrelin activation and neuropeptide Y elevation in response to medium chain triglyceride administration in anorexia nervosa patients, Clin Nutr ESPEN, 2017.02.
3. Chihiro Morita, Hirokazu Tsuji, Tomokazu Hata, Motoharu Gondo, Shu Takakura, Keisuke Kawai, Kazufumi Yoshihara, Kiyohito Ogata, Koji Nomoto, Kouji Miyazaki, Nobuyuki Sudo, Gut Dysbiosis in Patients with Anorexia, 10, 12, 2015.12.
4. Shu Takakura, Hiroaki Yokoyama, Chie Suzuyama, Keita Tatsushima, Makoto Yamashita, Chihiro Morita, Tomokazu Hata, Masato Takii, Keisuke Kawai, Nobuyuki Sudo, Three cases of appendicitis with anorexia nervosa under inpatient care, Journal of Eating Disorders, 3, 38, 2015.11.
5. Sakino Yamashita, Keisuke Kawai, Gen Komaki, Miki Shimizu, Megumi Nakashima, Sanami Eto, Shu Takakura, Masato Takii, Chiharu Kubo, Nobuyuki SUDO, The outcome of treatment for anorexia nervosa inpatients who required urgent hospitalization., BioPsychoSocial Medicine, 2014.09.
6. 西原 智恵, 髙倉 修, 波夛 伴和, 横山 寛明, 権藤 元治, 森田 千尋, 河合 啓介, 瀧井 正人, 須藤 信行, たこつぼ型心筋症を合併した神経性食欲不振症の2例, 心身医学, 54, 1, 67-74, 2014.01.
7. Amemiya, N, Takii, M, Hata, T, Morita, C, Takakura, S, Oshikiri, K, Urabe, H, Tokunaga, S, Nozaki, T, Kawai, K, Sudo, N, Kubo, C, The outcome of Japanese anorexia nervosa patients treated with an inpatient therapy in an internal medicine unit., Eat Weight Disord, 2011.01.
8. Kawai K, Yamashita S, Ymanaka T, Gondo M, Morita C, Nozaki T, Takakura S, Hata T, Yamada Y, Matsubayashi S, Takii M, Kubo C, Sudo N, The longitudinal BMI pattern and body composition of patients with anorexia nervosa who require urgent hospitalization: A case control study, BioPsychhoSocial Medicine, 5, 14, 2011.05.
9. Arimura C, Nozaki T, Takakura S, Kawai K, Takii M, Sudo N, Kubo C., Predictors of menstrual resumption by patients with anorexia nervosa, Eating and Weight Disorders, 2010.05.
10. Ujifuku K, Mitsutake N, Takakura S, Matsuse M, Saenko V, Suzuki K, Hayashi K, Matsuo T, Kamada K, Nagata I, Yamashita S., miR-195, miR-455-3p and miR-10a( *) are implicated in acquired temozolomide resistance in glioblastoma multiforme cells, Cancer Letters, 2010.05.
11. Takakura S, Mitsutake N, Nakashima M, Namba H, Saenko VA, Rogounovitch TI, Nakazawa Y, Hayashi T, Ohotusuru A, Yamashita S, Oncogenic role of miR-17-92 cluster in anaplastic thyroid cancer cells, Cancer Science, 99, 6, 1147-1154, 2008.06.
12. Kumagai A, Namba H, Takakura S, Inamasu E, Saenko VA, Ohtsuru A, Yamashita S., No evidence of ARAF, CRAF and MET mutations in BRAFT1799A negative human papillary thyroid carcinoma, Endocrine Journal, 53, 5, 615-20, 2006.08.
13. Takakura S, Nozaki M, Nomura Y, Koreeda C, Urabe H, Kawai K, Takii M, Kubo C, Factors related to renal dysfunction in patitents with anorexia nervosa, Eating and Weight Disorders, 11, 73-77, 2006.06.
14. Nozaki T, Takao M, Takakura S, Koreeda-Arimura C, Ishido K, Yamada Y, Kawai K, Takii M, Kubo C, Psychopathologial features of patients with prolonged anorexia nervosa as assessed by the Minnesota Multiphasic Personality Inventry (MMPI), Eating and Weight Disorders, 11, 59-65, 2006.06.
15. Bulgin D, Podtcheko A, Takakura S, Mitsutake N, Namba H, Saenko V, Ohtsuru A, Rogounovitch T, Palona I, Yamashita S., Selective pharmacologic inhibition of c-Jun NH2-terminal kinase radiosensitizes thyroid anaplastic cancer cell lines via induction of terminal growth arrest, Thyroid, 16, 3, 217-24, 2006.03.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 髙倉修, 摂食障害の時間的変遷―長期経過の中で心身に何が起こるのか―, 精神科治療学, 2018.11.
2. 髙倉 修、須藤 信行, 思春期青年期患者の精神科と他科との連携 精神科との連携が必要な思春期青年期患者の実情 心療内科編, 思春期青年期精神医学20巻2号 Page134-141, 2010.12.
3. 高倉 修, 瀧井 正人, 【臨床医学の展望】心身医学 摂食障害, 小牧元編, 2010.03.
4. 高倉 修, 瀧井 正人, 久保 千春, るいそう、体重減少, 治療, 南山堂, 2004.03.
主要学会発表等
1. 髙倉 修, 摂食障害治療支援センターの歩みと新たな展開, 第57回日本心身医学会九州地方会, 2018.01.
2. 髙倉修, 実践!CBT-E の実際とアート、第 22 回日本摂食障害学会総会・学術集会, 第 22 回日本摂食障害学会総会・学術集会, 2018.11.
3. 髙倉 修, 『行動制限を用いた認知行動療法』の重要な柱と実際, 第21回日本摂食障害学会学術集会, 2017.10.
4. 波夛 伴和, 髙倉 修, 北島 智子, 須藤 信行, 摂食障害治療支援センター事業でみえてきたもの −福岡県の成果と課題−, 第21回日本摂食障害学会学術集会, 2017.10.
5. 鈴山 千恵, 藤井 悠子, 野口 敬蔵, 髙倉 修, 山下 真, 波夛 伴和, 足立 友理, 富岡 光直, 須藤 信行, 神経性過食症に対し心理士によるCBT-Eが奏功した2症例, 第21回日本摂食障害学会学術集会, 2017.10.
6. 髙倉 修, 北島 智子, 波夛 伴和, 須藤 信行, 福岡県摂食障害治療支援センターの現状と課題, 第20回日本摂食障害学会学術集会, 2016.09.
7. 髙倉 修, 山下 真, 波夛 伴和, 河合 啓介, 須藤 信行, ストレス関連疾患としての摂食障害 —病態と治療—, 第57回日本心身医学会総会, 2016.06.
8. Shu Takakura, Hiroaki Yokoyama, Chie Suzuyama, Keita Tatsushima, Makoto Yamashita, Chihiro Morita, Tomokazu Hata, Masato Takii, Keisuke Kawai, Nobuyuki SUDO, Appendicitis with Anorexia Nervosa under Weight Gain, 23RD World Congress on Psychosomatic Medicine, 2015.08.
9. 髙倉 修, 河合 啓介, 横山 寛明, 小島 芙沙子, 田中 和子, 権藤 元治, 森田 千尋, 須藤 信行, 栄養回復期に虫垂炎を発症した神経性食欲不振症の3症例, 第17回日本摂食障害学会, 2013.11, 【背景】神経性食欲不振症(AN)の栄養回復期には様々な合併症に注意が必要である。我々は、過去3年間に、ANの入院治療による栄養回復期に虫垂炎を発症した3症例を経験したので報告する。
【症例提示】症例1: 34歳女性。病歴15年のAN-BP。長年の過食嘔吐と下剤乱用あり。入院時Body mass index(BMI) 13.6kg/㎡。入院後、経口食を開始。便秘傾向より常用量の緩下剤も使用。第24病日に発熱・悪寒を呈し、ごく軽度の右下腹部圧痛以外は異常所見なし。血液検査では白血球数が著明に上昇。腹部CTで虫垂の腫大を認め、急性虫垂炎と診断、同日緊急手術となった。
 症例2: 17歳女性。病歴2年のAN-R。入院時BMI 12.9kg/㎡。入院後、経口食および末梢静脈栄養を開始。便秘傾向より常用量の緩下剤を使用。第4病日に悪寒・発熱、下痢を認め、ごく軽度の腹部圧痛と腸音亢進を認める以外は異常所見なし。当初は急性腸炎と診断し、5日間の抗生物質の点滴治療を施行も、発熱と腹痛は改善せず、腹部CTを施行。骨盤内の膿瘍が疑われ、翌日緊急手術となった。術後診断は急性壊疽性虫垂炎であった。
 症例3: 38歳女性。病歴8年のAN-BP。長年の過食嘔吐あり。入院時BMI 11.95kg/㎡。便秘傾向より常用量の緩下剤を使用。入院治療により、体重回復。第224病日、発熱なく、ごく軽度の右下腹部圧痛を認めるのみで、反兆痛なし。白血球数は正常範囲。腹部CTで、腫大した虫垂を認め、急性虫垂炎の診断で、翌日緊急手術となった。3症例ともその後の経過良好。
【考察】ANの栄養回復期に急性虫垂炎を発症した。虫垂炎の臨床症状は軽度で非典型な症状を呈し、診断に苦慮した。ANの栄養回復期に虫垂炎を発症する可能性があり、合併症として念頭におく必要性が示唆された。虫垂炎の発症機序として再栄養や心理的ストレス等の関連を考える上でも極めて興味深い。
 なお、発表にあたっては、患者に説明を行い、同意を得ている。また、プライバシーに配慮し、一部改変を加えている。
.
10. Shu Takakura, Specific miRNA expressions under chronic starvation stress in mouse hippocampus, The ICPM 22nd World Congress, 2013.09, Recently, DNA methylation abnormalities in anorexia nervosa (AN) patients were reported, which were suggesting epigenetic gene regulation. Therefore, in this study, we hypothesized that microRNAs (miRNAs), consists of 18-20 nucleotides and regulate translation of messenger RNAs (mRNAs), were altered under chronic starvation stress and played important roles in the mechanism of various abnormalities in AN patients.
We used 9-week BALB/c female mice and divided into five groups: control, 40% dietary restriction, 50% dietary restriction, 60% dietary restriction group and water avoidance chronic stress group. After twenty-one days dietary restriction, or 10 days (1 hour /day) water avoidance stress, we extracted total RNA from mouse hippocampus for microarray analysis and further examinations.
We observed that mortality rate was increased in the 50% and 60% restriction groups, in contrast that of 40% group was quite low. Therefore, we used 40% restriction group as a model of chronic starvation stress and for further examinations. Microarray analysis revealed that miR-1 was most down-regulated and miR-7 was most up-regulatted among 20 significantly altered miRNAs under starvation stress condition compared to the control. We compared expression levels of those miRNAs to those of water avoidance stress group using real-time RT-PCR. We present several chronic starvation stress specific miRNAs and putative target mRNAs. Putative target of such miRNAs were several mRNAs related to cell growth or neurogenesis.
In the current study, we found different miRNAs were altered and might play important roles under chronic starvation stress.
Those findings are quite novel and might be important to understand pathological mechanisms of AN from the viewpoint of epigenetics.
.
11. Shu Takakura, Keisuke Kawai, Tetsuya Hiramoto, Masato Takii, Chiharu Kubo, Nobuyuki Sudo, Chronic starvation stress alters miRNA expressions, 第15回アジア心身医学会, 2012.08,  Anorexia nervosa (AN) is one of diseases psychologically and physically severe which is difficult to treat. In AN patients, we observe various psycho-behavioral and physical abnormalities, however most mechanism of such abnormalities have been still unknown. Recently, DNA methylation abnormalities in AN patients were reported, which were suggesting epigenetic gene regulation. Therefore, in this study, we hypothesized that microRNAs (miRNAs), consists of 18-20 nucleotides and regulate translation of messenger RNAs (mRNAs), were altered under chronic starvation stress and played important roles in the mechanism of various abnormalities in AN patients.
We used 9-week BALB/c female mice and divided into four groups: control, 40% dietary restriction, 50% dietary restriction and 60% dietary restriction group. After twenty-one days dietary restriction, we extracted total RNA from mouse hippocampus for microarray analysis and further examinations.
We observed that mortality rate was increased in the 50% and 60% restriction groups, in contrast that of 40% group was quite low. Therefore, we used 40% restriction group as a model of chronic starvation stress and for further examinations. Microarray analysis using total RNA from mouse hippocampus revealed that expressions of several miRNAs were significantly altered under starvation stress condition compared to control group. Among significantly down- or up-regulated miRNAs, we focused on miR-1 and miR-7 whose manifestations were most down- and up-regulated. Real-time reverse transcription PCR analysis revealed that miR-7 was down-regulated in the 40% restriction group compared to control group. Putative target of miR-7 searched with Target Scan were several mRNAs related to cell growth or neurogenesis.
In the current study, we found many different miRNAs were altered and might play important roles under chronic starvation stress.
Those findings are quite novel and might be important to understand pathological mechanisms of AN from the viewpoint of epigenetics.
.
12. 高倉 修、河合 啓介、平本 哲哉、瀧井 正人、須藤 信行, 長期飢餓ストレスによるマウス海馬のマイクロRNA(miRNA)発現異常, 第53回日本心身医学会総会, 2012.05,  目的
 神経性食欲不振症(AN)においては、身体的異常が観察されるが、そのメカニズムは未解明なものが殆どである。近年、AN患者におけるDNAのメチル化異常についての報告がなされ、後天的に遺伝子発現を調節している可能性が示唆された。miRNAは20塩基程度の小さなRNAで、メッセンジャーRNAの非翻訳領域に結合し、タンパクの発現を制御する。これまで1000以上のmiRNAが発見され、その配列の殆どは種を超えて保存されている。そこで我々はmiRNAに着目し、長期飢餓ストレスにより発現変化し、飢餓状態の様々な病態メカニズムに影響を与えるという仮説を立てた。
 方法
 9週齢の雌BALB-cマウスを用い、それらを4グループに分けた(コントロール、40%食餌制限、50%食餌制限、60%食餌制限)。21日間の食餌制限の後、海馬を摘出し、RNAを抽出した。miRNAの網羅解析のためにマイクロアレイ法を用いた。miRNAのターゲット検索にはTargetScanを用いて検討した。
 結果
 50%および60%食事制限群では体重減少は認めるものの死亡率が高まる事が判明した。一方40%食事制限群では死亡率は極めて低く、慢性飢餓ストレスモデルとして適している事がわかった。40%食餌制限群の脳の海馬より抽出したRNAを用いて、マイクロアレイ解析を行った結果、約20個のmiRNAに有意な(p < .005)発現変化が生じる事が判明した。また、最も発現変化するmiRNAのターゲットはBDNFなど神経活動に重要なタンパクである可能性が考えられた。
 結論
 今回我々は慢性的な飢餓ストレスによりマウス海馬のmiRNAに発現変化が生じる事を見いだした。これらはメチル化異常等のエピジェネッティックなメカニズムの関与も考えられ、ANの病態をセントラルドグマ以外の観点から理解する上で極めて新しく、重要な知見であることが考えられた。今後更なる機能解析が必要である。
.
13. 髙倉 修、須藤 信行, 九州大学心療内科のあゆみとこれから−若手の立場からー, 2011.02.
14. 髙倉 修、須藤 信行, 精神科との連携が必要な思春期・青年期患者の実情, 第15回日本心療内科学会総会, 2010.11.
15. Shu Takakura, Masato Takii, Tmokazu Hata, Chihiro Morita, Keisuke Kawai, Nobuyuki Sudo, Two-Month Hospitalization Program for Patients with Anorexia Nervosa - A Prospective Study-, The 14th Conress of the Asian College of Psychosomatic Medicine, 2010.09.
16. 髙倉 修、須藤 信行, 精神科との連携が必要な思春期・青年期患者の実情ー心療内科編ー, 第23回日本思春期青年期精神医学会総会, 2010.07.
17. 高倉 修、瀧井 正人、山下 さきの、波夛 伴和、森田 千尋、河合 啓介、久保 千春, 神経性食欲不振症の短期入院治療に関する前向き研究, 厚生労働省班会議(切池班), 2009.12.
18. 高倉 修、瀧井 正人、波夛 伴和、森田 千尋、山下 さきの、河合 啓介、久保 千春, 神経性食欲不振症の短期入院治療に関する前向き研究, 第1回日本心身医学5学会合同総会, 2009.06.
19. 高倉 修、瀧井 正人、山下 さきの、波夛 伴和、森田 千尋、河合 啓介、久保 千春, 窃盗歴のある神経性食欲不振症遷延例に対する一治療例—「行動制限を用いた認知行動療法」と「内観療法」—, 第48回日本心身医学会九州地方会, 2009.01.
20. Takakura S, Mitsutake N, Namba H, Yamashita S, Therapeutic implications of miR-17-92 cluster in anaplastic thyroid cancer cells, 第8回アジア・オセアニア甲状腺学会, 2007.02.
21. 高倉 修、光武 範吏、難波 裕幸、山下 俊一, 甲状腺未分化癌細胞におけるmiR-17-19bクラスターの役割, 第49回日本甲状腺学会, 2006.11.
22. Takakura S, Mitsutake N, Namba H, Yamashita S, Therapeutic implications of miR-17-92 cluster in anaplastic thyroid cancer cells, 第31回ヨーロッパ甲状腺学会, 2006.09.
23. Takakura S, Nozaki M, Nomura Y, Koreeda C, Urabe H, Kawai K, Takii M, Kubo C, Longer duration of illness deteriorates renal function in patients with anorexia nervosa, 国際摂食障害学会2006, 2006.06.
24. 高倉 修、光武 範吏、難波 裕幸、山下 俊一, 甲状腺癌細胞株におけるマイクロRNAの検討, 第79回日本内分泌学会総会, 2006.05.
学会活動
所属学会名
Academy for Eating Disorders
日本行動医学会
日本心療内科学会
日本内科学会
日本心身医学会
日本摂食障害学会
日本甲状腺学会
日本内分泌学会
学協会役員等への就任
2017.11~2019.11, 日本摂食障害学会, 教育研修担当.
2017.11~2019.11, 日本摂食障害学会, 理事.
2016.11~2019.11, 日本心療内科学会, 評議員.
2014.04~2017.03, 日本摂食障害学会, 運営委員.
2014.04~2017.03, 日本摂食障害学会, 運営委員.
2014.04~2019.03, 日本心身医学会, 運営委員.
2014.04~2019.03, 日本心身医学会, 運営委員.
2011.11~2017.03, 日本摂食障害学会, 評議員.
2010.04~2019.03, 日本心身医学会, 運営委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2014.06.05~2014.06.07, 第55回 日本心身医学会総会, 座長(Chairmanship).
2014.01.25~2014.01.26, 第53回日本心身医学会九州地方会, 座長(Chairmanship).
2013.11.02~2014.11.03, 第17回日本摂食障害学会, 座長(Chairmanship).
2010.11.05~2011.11.06, 第26回日本ストレス学会, 座長(Chairmanship).
2012.11.17~2014.11.18, 第17回日本心療内科学会, 事務局.
2014.02.09~2014.02.10, 第52回日本心身医学会九州地方会, 事務局長.
2012.10.15~2012.10.15, 第14回日本内観医学会, 事務局.
2010.11.05~2010.11.06, 第26回日本ストレス学会, 事務局.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2015.04~2017.03, 日本摂食障害学会ニュースレター, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度    
2017年度  
2016年度    
2015年度  2     
2014年度    
2013年度    
2012年度      
2007年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
オックスフォード大学 精神科, UnitedKingdom, 2014.08~2014.08.
オックスフォード大学精神科, ベルゲン大学精神科, ヴィラガルダ病院, UnitedKingdom, Norway, Italy, 2011.11~2011.11.
セミパラチンスク医科大学, カザフスタン, 2004.05~2004.05.
受賞
ベストポスター賞, アジア心身医学会, 2012.08.
基礎医学賞, アジア・オセアニア甲状腺学会, 2007.02.
若手奨励賞, 日本甲状腺学会, 2006.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2018年度, 基盤研究(C), 代表, 神経性やせ症の入院治療ランダム化試験とバイオマーカーとしてのmiRNAの応用.
2012年度~2014年度, 基盤研究(C), 代表, 長期飢餓ストレスが及ぼすエピジェネティック変化メカニズムの解明と臨床応用への展開.
2009年度~2011年度, 基盤研究(C), 代表, 長期飢餓ストレスがタンパク発現調節因子(miRNA)に及ぼす影響.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」