九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
荒田 純平(あらた じゆんぺい) データ更新日:2017.11.17

准教授 /  工学研究院 機械工学部門 制御システム


社会貢献・国際連携
新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2017.06, CARS 2017 Daily-Saturday, 手術ロボット「ECLIPSE」が,国際会議CARS2017における発行雑誌「CARS 2017 DAILY」に掲載されました..

2016.03, ETH Zurich GLOBE, Der Bewegte Mensch.

2017.01, 読売新聞, 脳血流に連動、手指リハビリ…九州大がロボ開発.

2016.09, Neuroscience.com, Brain to Robot: “Move, Please”
http://neurosciencenews.com/neurobotics-movement-thought-control-5108/.

2016.07, FBS福岡放送, がん治療最前線 九州大学先端医療イノベーションセンターの挑戦.

2015.06, JAPAN Markt, pp.34-35, 2015年6月号, Gemeinsame Forschung zur Rehabilitation.

2015.11, 日刊工業新聞, “九大,直径12ミリメートルの穴を通る内視鏡手術向けロボットハンド開発”.

2015.10, NHK福岡, ニュースろくイチ, 手指運動支援装置とその実用化.

2013.08, The Japan News, Fostering research collaboration between highly innovative countries.

2013.08, The Japan Times, Fostering exchange between highly innovative countries.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2017.09, 題目「操る」
「機械工学」は日常生活の様々な場面で私どもの社会を支えています.
この公開講座は,高校生や一般の方に,機械工学についての理解を深めていただくことを目的とし,「操る」をテーマに,身近な事例を紹介しながら機械工学についてわかりやすく講義します.
③ ロボットを操る・ヒトを操る (荒田 純平 准教授), 九州大学 大学院工学研究院 機械工学部門, JR博多シティ9F 会議室3.

2014.10, 九州大学ソフト工学公開講座における先端医療などに関する講義, 九州大学, 福岡市西区区役所内・サイトピア.

初等・中等教育への貢献状況
2016.01, 福岡教育大学付属小学校施設見学会.

その他の優れた社会貢献活動
2016年度, 2015年4月-2016年3月 科学技術振興機構「戦略的国際科学技術協力推進事業日本-スイス研究交流」にてETH Zurichとの共同研究を実施, 2016年4月20-22日 医療機器展示会Medtechにてスイス大使館出展ブースにて展示.

2015年度, 2015年4月-2016年3月 科学技術振興機構「戦略的国際科学技術協力推進事業日本-スイス研究交流」にてETH Zurichとの共同研究を実施, 2015年4月22-24日 医療機器展示会Medtechにてスイス大使館出展ブースにて展示.


九大関連コンテンツ