九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
溝上 顕子(溝上 あきこ) データ更新日:2019.06.27

准教授 /  歯学研究院 歯学部門 口腔常態制御学


大学院(学府)担当



電子メール
ホームページ
電話番号
092-642-6319
FAX番号
092-642-6322
取得学位
博士(歯学)
学位取得区分(国外)
なし
専門分野
生化学 分子生物学 細胞生物学
外国での教育研究期間(通算)
00ヶ年00ヶ月
活動概要
骨基質タンパク質であるオステオカルシン(OC)はインスリン分泌を促して血糖値の調節ならびに糖・脂質代謝の制御に重要な役割を果たしていることが報告されている。消化管ホルモンであるインクレチン(GLP-1、GIP)もまた、インスリン分泌を促すホルモンである。インクレチンは食事摂取によって小腸上皮から分泌され、インスリン分泌に至る。その作用は血糖値依存的であるので低血糖発作を起こしにくく、近年糖尿病治療薬のターゲットとして注目を集めている。
 我々は最近、OC が小腸に直接作用してインクレチンの分泌を促し、膵臓よりインスリンが分泌される経路を明らかにした。現在、インスリン標的臓器や骨、消化管を含む多臓器間ネットワークにおける OC の全身エネルギー代謝活性化機構の解明を目指している。また、OC を薬物として利用する際の有効な投与法の検討も行っている。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」