九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
米元 史織(よねもと しおり) データ更新日:2019.06.21

助教 /  総合研究博物館 比較社会文化研究院


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
大学博物館職員として、展示や学芸員科目、資料のデータベース化など博物館活動の実践を通じて、大学博物館および大学の収蔵資料の重要性を発信し、博物館建物の実現に向けて一般社会や行政機関の理解を得るための活動を行っている。人類学者としては、自分の専門分野の研究成果を講演会・公開講座などで発表し、人骨資料をどのようにして新たな事実を明らかにするために用いるか、それによって人類史の一端を明らかにできるのか、等資料の重要性を伝える活動を行っている。また、自身の研究を通して人類史において現行の社会をどう考えるか、格差とはどのような歴史性を有するのか、を伝え、現行の社会を見直す契機をつくることを目指している。
新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2017.07, 図書新聞, 田中良之著「骨からみた古代日本の親族・儀礼・社会」(すいれん舎)をめぐって人骨を学ぶ考古学の世界対談 舟橋京子×米元史織.

2015.06, 西日本新聞, 金井東裏遺跡出土人骨の調査概要.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2016.10, 糸島と北部九州地域の先史時代の人々, 九州大学比較社会文化研究院, さいとピア.

2017.02, 平成28年公開講座「人類学から明かされる金井遺跡群に生きた人々」, 公益財団法人群馬県埋蔵文化財調査事業団, 群馬会館ホール.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」