九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
三浦 峻(みうら しゆん) データ更新日:2019.10.30



大学院(学府)担当

システム情報科学府 電気電子工学専攻 エネルギー応用システム工学講座

その他の教育研究施設名



ホームページ
http://www.sc.kyushu-u.ac.jp/
超伝導システム科学研究センター .
取得学位
博士(工学)
専門分野
超伝導、結晶成長、磁束ピンニング
活動概要
 銅酸化物高温超伝導線材の材料プロセス、電磁特性の評価・解明、および機器応用の研究開発に取り組んでいる。これまでの研究で、ナノ構造制御技術を駆使したREBa2Cu3Oy超伝導線材の高性能化を主に行った。特に独自成膜技術により世界最高の臨界電流・磁束ピンニング特性を達成した。それらの成果はAPL MaterialsやSuperconductor Science and Technologyに投稿し、受理・発行されている。現在は主に超伝導機器応用へ向けた導体・巻線の交流損失特性の評価・解明を行っている。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」