九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
橋彌 和秀(はしや かずひで) データ更新日:2020.01.30

准教授 /  人間環境学研究院 人間科学部門 発達心理学第一


主な研究テーマ
コミュニケーションの発達とその生物学的基盤
キーワード:コミュニケーション 発達 進化
2003.04~2013.03.
コミュニケーションの発達とその生物学的基盤
キーワード:コミュニケーション 発達 進化
2003.04~2009.03.
従事しているプロジェクト研究
社会性の起原と進化:人類学と霊長類学の協働に基づく人類進化理論の新開拓
2019.06~2024.03, 代表者:河合 香吏, 東京外国語大学, 東京外国語大学(日本).
「こころを想定するこころ」の進化と発達:「心理化傾向」仮説に基づく統合的検討
2019.04~2024.03, 代表者:橋彌和秀, 九州大学, 九州大学(日本)
本研究は、日常的に観察される「情報の心理化傾向」がヒト固有の情報処理特性を反映している可能性をあらたに提起し、その進化・発達基盤を行動実験・数理モデルの2側面から検証する.
子どもの認知プロセスー環境要因を考慮した親・保育者・一般成人の比較
2018.04~2022.03, 代表者:齋藤 慈子, 上智大学, 上智大学(日本)
.
美しい/かわいい/不気味:顔情報変異の布置を用い たヒト普遍性/文化間変異の検討
2018.04~2020.03, 代表者:橋彌和秀, 九州大学, 九州大学(日本).
社会集団標識としての言語音声特徴の異同検出とその基盤:行動生態学的背景と発達
2017.07~2020.03, 代表者:橋彌和秀, 九州大学, 九州大学(日本)
本研究は、音声学や心理学における議論と行動生態学的知見とを融合した観点から言語音声情報の異同が同性・異性選択の手掛かりとなる情報として機能する可能性を見出し、その妥当性を検討することを目指す.
承認をめぐる間主観性の発達に関する研究
2017.07~2021.03, 代表者:高田 明, 京都大学, 京都大学
本研究では,子どもが養育者からの承認を通じて責任を達成する経験を積み重ねることで間主観性を発達させていく過程について,その普遍的及び文化特異的な側面を経験的手法によって明らかにする..
共感性の進化・神経基盤(新学術領域)
2013.07~2018.03, 代表者:長谷川寿一, 東京大学, 東京大学
http://www.empatheticsystems.jp/.
研究業績
主要著書
1. 橋彌 和秀, 最新 心理学辞典. 平凡社編.(項目執筆) 笑い, 平凡社, 2013.05.
2. 橋彌 和秀, 最新 心理学辞典. 平凡社編.(項目執筆) 性差, 2013.04.
3. 橋彌 和秀, 発達心理学事典 (項目執筆) 新生児期・乳児期., 丸善出版, 日本発達心理学会編. p412-413.
, 2013.03.
4. 橋彌 和秀, 意図理解の発達. 認知心理学ハンドブック. 日本認知心理学会編. p344-345. 
, 有斐閣., 2013.12.
5. Hashiya, K. Kojima, S., Hearing and auditory-visual intermodal recognition in the chimpanzee., Springer Verlag., In: T. Matsuzawa (Ed.), Primate foundation of human cognition and behavior. p.155-189., 2001.04.
6. 小林洋美・橋彌和秀, コミュニケーション装置としての目の進化:グルーミングする視線. , 東京大学出版会, 遠藤利彦編「読む目・読まれる目」, 2006.06.
7. 橋彌和秀, 発達の進化―有能性の先にあるもの―, 朝倉書店, 南徹弘編 朝倉心理学講座3 「発達心理学」
, 2007.06.
8. 橋彌和秀・和田有史, 視聴覚統合の発達, 山口真美・金沢創編 「知覚・認知の発達心理学入門―実験で探る乳児の認識世界」 北大路書房, 2008.03, [URL].
9. 橋彌和秀, 知覚からコミュニケーションへ, ミネルヴァ書房, 発達, 2008.12.
10. 橋彌和秀, 意図性帰属の勾配―他者に意図性を帰属することの起源.木村大治, 中村美知夫,高梨克也編 「インタラクションの境界と接続」.昭和堂.

, Pp.69-84. , 2010.03.
主要原著論文
1. Norimatsu H, Kazuhide Hashiya, Blin R,, Sorsana Ch, Kobayashi H, Understanding of others’ knowledge in French and Japanese children: A comparative study with a disambiguation task on 16–38-month-olds., Infant Behavior and Development, 10.1016/j.infbeh.2014.08.006, 37, 4, 632-643, 2014.11, In order to explain the cultural differences reported in the results of false-belief tasks, we attempted to verify the ‘task bias hypothesis’ suggested by certain studies (e.g. Tardif et al. (2004). Journal of Child Language, 31, 779–800; Rubio-Fernandez .
2. Xianwei Meng, Kazuhide Hashiya, Pointing Behavior in Infants Reflects the Communication Partner’s Attentional and Knowledge States: A Possible Case of Spontaneous Informing.
, PLoS ONE, 10.1371/journal.pone.0107579, 9, 9, 2014.09.
3. Taro Murakami, Kazuhide Hashiya, Development of reference assignment in children: a direct comparison to
the performance of cognitive shift, Frontiers in Psychology, 10.3389/fpsyg.2014.00523, 5, 523, 2014.05, The referent of a deictic embedded in a particular utterance or sentence is often ambiguous. Reference assignment is a pragmatic process that enables the disambiguation of such a referent. Previous studies have demonstrated that receivers use social-pragmatic information during referent assignment; however, it is still unclear which aspects of cognitive development affect the development of referential processing in children. The present study directly assessed the relationship between performance on a reference assignment task (Murakami & Hashiya, 2014) and the dimensional change card sort task (DCCS) in three- and five-year-old children. The results indicated that the 3-year-old children who passed DCCS showed performance above chance level in the event which required an explicit (cognitive) shift, while the performance of the children who failed DCCS remained in the range of chance level; however, such a tendency was not observed in the 5-year-olds, possibly due to a ceiling effect. The results indicated that, though the development of skills that mediate cognitive shifting might adequately explain the explicit shift of attention in conversation, the pragmatic processes underlying the implicit shift, which requires reference assignment, might follow a different developmental course.

.
4. Watabe, M., Kato, T., Tsuboi, S., Kazuhide Hashiya, Monji, A., Kanba, S., Ishikawa, K., Utsumi, H., Minocycline, a microglial inhibitor,reduces ‘honey trap’ risk in human economic exchange., Scientific Reports, 0.1038/srep01685, 3, 1653, 2013.02.
5. Hiromi Kobayashi, Kazuhide Hashiya, The gaze that grooms: Contribution of social factors to the evolution of primate eye Morphology
, Evolution and Human Behavior, DOI: 10.1016/j.evolhumbehav.2010.08.003 , 32, 157-165, 2011.05.
6. Yamamoto, K., Tanaka, S., Kobayashi, H., Kozima, H., & Hashiya, K. , A Non-Humanoid Robot in the "Uncanny Valley": Experimental Analysis of the Reaction to Behavioral Contingency in 2-3 Year Old Children. , PLoS ONE, 4 , e6974, 2009.09.
7. Sugimoto, T., Kobayashi, H., Nobuyoshi, N., Kiriyama, Y, Takeshita, H., Nakamura, T. and Hashiya, K. , Preference for Consonant Music over Dissonant Music by an Infant Chimpanzee. , Primates
, doi:10.1007/s10329-009-0160-3, 51, 7-12, 2010.02.
8. Sanefuji, W., Ohgami, H., Hashiya, K., Detection of the relevant type of locomotion in infancy: Clowers versus Walkers., Infant Behavior and Development, 31, 624-628, 2008.09.
主要学会発表等
1. 橋彌 和秀, 「わたしたち」は「わたし」の先にあるのか?「われわれからわたし、わたしからわれわれ−われわれ感の起源の学際的研究−」, 日本赤ちゃん学会第16回学術集会, 2016.05.
2. 橋彌 和秀, 発達から見た一人称的共感と三人称的共感:統合的視点の探索, 新学術領域研究「共感性の進化・神経基盤」第4回領域会議, 2017.01.
3. Kazuhide Hashiya, Xianwei Meng, Katsuhiko Ishikawa, The developmental change of moral judgment for the case of collective action., 31st International Congress of Psychology, 2016.07.
4. Kazuhide Hashiya, Xianwei Meng, Yueuke Uto, Expectations about third- party joint interactions in infancy., 31st International Congress of Psychology, 2016.07.
5. Kazuhide Hashiya, Xianwei Meng, Taro Murakami, Cross-linguistic comparison of interpretation of ambiguous utterances in Japanese and Chinese children., 31st International Congress of Psychology, 2016.07.
6. Kazuhide Hashiya, Yusuke Uto, Mito Maruta, Communication Goes Multimodal: Effect of Different Interjections on Intention Inference of the Interaction in Visual Modality., 31st International Congress of Psychology, 2016.07.
7. Kazuhide Hashiya, Kouki Maeyama, Possible factors forming in-group preference in 3-4 year old children: through the looking preference studies., 31st International Congress of Psychology, 2016.07.
8. Kazuhide Hashiya, Involuntary facial mimicry in ASD / TD children: an EMG study with static / morphing facial stimuli., 31st International Congress of Psychology, 2016.07.
9. Kazuhide Hashiya, Toshikazu Hasegawa, Yusuke Uto, Xianwei Meng, Hiromi Kobayashi, Kouki Maeyama, Hiroshi Osanai, Kouichirou Hakarino, Yoshikuni Tojyo, Atsuko Saito, Developmental origin of involuntary facial mimicry: studies of infants, and children with/without ASD., 2017 Budapest CEU Conference on Cognitive Development, 2017.01.
10. 橋彌 和秀, 何をもって「幸福な結婚」と判断するかという時間枠の問題: 「子育ての会話分析」, EMCA研究会2015, 2016.03.
11. 橋彌 和秀, 「わたしたち」は「わたし」の先にあるのか?, 「われわれからわたし、わたしからわれわれ−われわれ感の起源の学際的研究−」, 日本赤ちゃん学会第16回学術集会, 2016.05.
12. 橋彌 和秀, 宇土 裕亮, 他者への意図帰属に感嘆詞が及ぼす効果とその発達, 日本赤ちゃん学会第16回学術集会, 2016.05.
13. 橋彌 和秀, 前山 航暉, 幼児にとっての「内集団」:3,4歳児の二者間の競合場面に対する注視行動の分析から, 日本赤ちゃん学会第16回学術集会, 2016.05.
14. 橋彌 和秀, 山手 秋穂, 若藤 礼子, "因果応報"的ストーリーへの期待とその発達, 日本赤ちゃん学会第16回学術集会, 2016.05.
15. 橋彌 和秀, 宇土 裕亮, 孟 憲巍, 他者同士のやりとりを乳児はどのように見ているかー乳児の注視パターンに注目してー, 日本赤ちゃん学会第16回学術集会, 2016.05.
16. 橋彌 和秀, 宇土 裕亮, 孟 憲巍, 0-1歳児における他者間のインタラクションに関する期待, 日本発達心理学会第27回大会, 2016.04.
17. 橋彌 和秀, 宇土 裕亮, 孟 憲巍, 前山 航輝, 小林 洋美, 長内 博雄, 計野 浩一郎, 東條 吉邦, 斎藤 慈子, 長谷川 寿一, ASD児・TD児における動画および静止画に対する「自動的」表情模倣, 日本発達心理学会第27回大会, 2016.04.
18. 橋彌 和秀, 宇土 裕亮, 丸田 弥音, 幼児における他者の感嘆詞にもとづいた意図推論の発達, 日本発達心理学会第27回大会, 2016.04.
19. 橋彌 和秀, 孟 憲巍, 0-1歳児における他者間のインタラクションに関する期待, 新学術領域研究「共感生の進化・神経基盤」第3回領域会議, 2016.01.
20. 橋彌 和秀, 宇土 裕亮, エージェント相互作用場面における意図帰属に間投詞が及ぼす影響, 新学術領域研究「共感生の進化・神経基盤」第3回領域会議, 2016.01.
21. 橋彌 和秀, 宇土 裕亮, 丸田 弥音, 視覚モダリティが関わる意図推論における感嘆詞の影響, ヒューマンコミュニケーション基礎研究会 (HCS)研究会, 2016.01.
22. 橋彌 和秀, 孟 憲巍, 村上 太郎, 幼児における指示対象付与能力の言語間比較 −中国語話者幼児は「これは?」をどのように解釈するか?−, 日本心理学会第79回大会, 2015.09.
23. Kazuhide Hashiya, Developmental and evolutionary origins of empathetic systems, "Theory of mind" as a gatekeeper:Symposium, 2016.07.
24. 橋彌 和秀, 宇土 裕亮, 幼児における意図推論の内容に参与者間の関係性が及ぼす影響, 日本心理学会第79回大会, 2015.09.
25. 橋彌 和秀, 丸田 弥音, 前山 航暉, 他者の喜び/怒り/悲しみ表情に対する0-1歳児の自発的表情模倣, 日本赤ちゃん学会第15回学術集会, 2015.06.
26. 橋彌 和秀, 宇土 裕亮, 幼児における意図推論の内容に行為者間の関係性が及ぼす影響, 日本赤ちゃん学会第15回学術集会, 2015.06.
27. 橋彌 和秀, 岸本 励季, 実はいい人」が好き? -幼児期における他者の属性評価と目撃状況との相互作用-, 新学術領域研究「共感性の進化・神経基盤」第2回領域会議, 2015.01.
28. 橋彌 和秀, 共感というこころのシステムへのアプローチ., 平成26年度日本生理人類学会研究奨励発表会(九州地区), 2015.02.
29. Kazuhide Hashiya, Xianwei Meng, Pointing behavior in infants reflects the communication partners attentional and knowledge states: A possible case of spontaneous informing., 9th Annual Conference on the Evolutionary Behavioral Sciences, 2015.04.
30. 橋彌 和秀, 共感のなりたち・同情のなりたち 共感性の構成論的基盤を探る, 第26回発達心理学会, 2015.03.
31. 橋彌 和秀, 孟 憲巍, 田尻 加奈, Facial mimicry in response to dynamic facial expressions in infancy, 第26回発達心理学会, 2015.03.
32. 橋彌 和秀, 村上 太郎, 発達障害を有する幼児における曖昧な指示対象の同定 指示対象付与、誤信念課題との関連からみる語用論的コミュニケーション, 第26回発達心理学会, 2015.03.
33. 橋彌 和秀, 孟 憲巍, Pointing Behavior in Infants Reflects the Communication Partner’s Attentional and Knowledge States: A Possible Case of Spontaneous Informing, 第26回発達心理学会, 2015.03.
34. 橋彌 和秀, 実験心理学ワークショップ2015, 第26回発達心理学会, 2015.03.
35. Kazuhide Hashiya, Xianwei Meng, Pointing behavior in infants reflects the communication partners attentional and knowledge states: A possible case of spontaneous informing. , Budapest CEU Conference on Cognitive Development, 2015.01.
36. 橋彌 和秀, 孟 憲巍, 田尻 加奈, Facial mimicry in response to facial expressions in infancy., 日本人間行動進化学会第7回大会, 2014.11.
37. 橋彌 和秀, 自他を混同するシステムとしての共感:一人称複数形"We"使用の発達を手掛かりとして., 日本人間行動進化学会第7回大会, 2014.11.
38. Kazuhide Hashiya, Xianwei Meng, 15-month-old infants spontaneously inform the "New one" for the other., International Conference on Infant Studies, 2014.07.
39. Kazuhide Hashiya, Hiroko Norimatsu, Raoul Blin, Christine Sorsana, Hiromi Kobayashi, Understanding of other's knowledge in French and Japanese 16-38 month-olds : a new task of disambiguation in speech acts., Budapest CEU Conference on Cognitive Development, 2014.07.
40. 橋彌 和秀, 宇土 裕亮, 長江 侑紀, 浦田 恭子, 「要求に沿わない結果」に対する乳児の意図帰属に行為者間の関係が及ぼす影響, 日本赤ちゃん学会第14回学術集会, 2014.06.
41. 橋彌 和秀, 孟 憲巍, Informing the other about a "new" object based on shared experience, 日本赤ちゃん学会第14回学術集会, 2014.06.
42. 橋彌 和秀, まなざしの進化論, 2014.06.
43. 橋彌 和秀, 共感―「こころの理論」―"Theory of Mind"., コミュニケーションの自然誌研究会, 2014.05.
44. 橋彌 和秀, "Theory of Mind"は「心の理論」か?」, 幼児言語発達研究会, 2014.05.
45. Kazuhide Hashiya, Discussion on draft concept document : comments from cognitive science., MEXT Program for Leading Graduaate Schools Kyushu University Graduate Education and Research Training Program in Decision Science for a Sustainable Society, 2014.03.
46. 橋彌 和秀, 孟 憲巍, 乳幼児期における他者の認知環境を踏まえたうえでの情報提供 , ヒューマンコミュニケーション基礎研究会, 2014.02.
47. 橋彌 和秀, 秋吉 由佳, 視覚・言語刺激の提示の時間差・タイミングが記銘成績に与える影響, ヒューマンコミュニケーション基礎研究会, 2014.02.
48. 橋彌 和秀, 村上太郎, 曖昧発話に対する語用論的解釈の発達過程 ~ 幼児期から学齢期における指示対象付与方略の検討 ~, ヒューマンコミュニケーション基礎研究会, 2014.02.
49. 橋彌 和秀, 孟 憲巍, Infants use pointing to inform the New One for the other, 新学術領域研究「共感性の進化・神経基盤」第1回領域会議, 2014.01.
50. 橋彌 和秀, コミュニケーションにおける道徳的判断の発達 接触原理からの検討 

, 日本赤ちゃん学会第13回学術集会, 2013.05.
51. 水野 麻亜沙・橋彌 和秀 , 生育文化への適応過程としての色彩選好における性差の発達, 日本赤ちゃん学会第10回学術集会 2010年6月 東京大学 抄録集p13, 2010.06.
52. Gen Sakurai, Kazuhide Hashiya, Sex difference in preference for similar speech pattern in humans and iths adaptive function, Human Behavior and Evolution Society 20th. Annual Conference, 2008.06.
53. Kazuhide Hashiya, Hiromi Kobayashi, Typical development in the response to being imitated by others in childhood: A way to find "others' intention", Human Behavior and Evolution Society 20th. Annual Conference, 2008.06.
54. Hiromi Kobayashi, Noritomo Nobuyoshi, Yasushi Kiriyama, Kazuhide Hashiya, Spontaneous regulation of the synchlonized actions with humans by a chimpanzee, Human Behavior and Evolution Society 20th. Annual Conference, 2008.06.
55. 桜井玄 橋彌和秀, 方言の異同が対人魅力評価に及ぼす影響とその機能, 日本動物行動学会, 2007.10.
56. 上野みちる, 横石紗季, Maryam Nikibimatin, 橋彌 和秀, 後期乳幼児期における随伴性を伴わない自己認知に関する研究 .
学会活動
所属学会名
日本心理学会
日本音声学会
International Primatological Society
人間行動進化学研究会
日本赤ちゃん学会
日本基礎心理学会
日本動物行動学会
日本発達心理学会
学協会役員等への就任
2008.01, 日本人間行動進化学会, 理事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.04.11~2017.04.11, 集団で暮らすことのHowとWhy:鳥類と類人猿の研究から, 主催.
2017.02.21~2017.02.21, 感覚間一致の比較認知科学, 主催.
2016.02.14~2016.02.14, 学際シンポジウム2016「こころを掘り起こす」, 主催.
2015.12.14~2015.12.14, Culture, Development and Attention, 主催.
2015.07.29~2015.07.29, イヌの社会性 ―ヒトとイヌとの絆形成―, 主催.
2015.07.21~2015.07.21, シンポジウム「ゲイト・キーパーとしてのTOM(こころの理論)」, 主催.
2004.02, 東京大学21COEプログラム シンポジウム "Social Brain", 座長(Chairmanship).
2013.05.25~2013.05.26, 日本赤ちゃん学会, 大会長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2019.07~2019.07, Scientific Reports, 国際, 査読委員.
2019.01~2019.12, Palgrave Communications, 国際, 査読委員.
2019.03~2021.10, Japanese Psychological Research, 国内, 編集委員.
2010.04~2013.03, Letters on Behavioral Sciences, 国際, 編集委員.
2009.04~2011.03, 発達心理学研究, 国内, 編集委員.
2002.04~2004.03, Journal of Ethology, 国際, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度   60    63 
2009年度      
2008年度      
2004年度        
2003年度        
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2023年度, 基盤研究(B), 代表, 「こころを想定するこころ」の進化と発達:「心理化傾向」仮説に基づく統合的検討.
2018年度~2019年度, 新学術領域研究, 代表, 美しい/かわいい/不気味:顔情報変異の布置を用い たヒト普遍性/文化間変異の検討.
2014年度~2016年度, 基盤研究(B), 代表, 「わたしたち」の起源:自己概念の拡張とその心理基盤の発達に関する多角的検討.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」