九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
山村 ひろみ(やまむら ひろみ) データ更新日:2020.03.04

教授 /  言語文化研究院 言語環境学部門 言語情報学


主な研究テーマ
ロマンス諸語におけるテンス・アスペクト・モダリティ・エビデンシャリティの対照研究,特に,スペイン語を対象にして
キーワード:ロマンス諸語,テンス,アスペクト,モダリティ,エビデンシャリティ,スペイン語
2018.04~2022.03.
現代ロマンス諸語におけるテンス・アスペクト体系の対照研究
キーワード:ロマンス諸語,テンス,アスペクト,対照研究
2015.04~2018.03.
時制・アスペクトをめぐるスペイン語と他の諸言語との対照研究
キーワード:自然言語,時制,アスペクト,知覚,スペイン語,対照研究
2015.04.
スペイン語の時制の振る舞いとそれに関連する諸現象,特に,知覚との関係の解明
キーワード:自然言語,時制,アスペクト,知覚,スペイン語
2015.04.
①スペイン語の時制の振る舞いとそれに関連する諸現象,特に,知覚との関係の解明,②時制・アスペクトをめぐるスペイン語と他の諸言語との対照研究
キーワード:自然言語,時制,アスペクト,知覚,スペイン語,対照研究
2013.04~2015.03.
①認知的観点に基づくスペイン語時制体系の再構築,特に,現在形の機能分析②スペイン語の時制の振る舞いとそれに関連する諸現象,特に,知覚との関係の解明
キーワード:自然言語,スペイン語,時制,アスペクト,時間,現在形,変化,状況,認知,知覚
2010.04~2013.03.
①認知的観点に基づくスペイン語時制体系の再構築,②スペイン語の時制の振る舞いとそれに関連する諸現象の解明
キーワード:自然言語,スペイン語,時制,アスペクト,時間,変化,状況,認知,知覚,与格
2008.04~2010.03.
認知的観点に基づくスペイン語時制体系の再構築
キーワード:自然言語,スペイン語,時制,アスペクト,時間,変化,状況,認知
2006.04~2008.03.
日・英・仏・西語における対照研究−時制・アスペクトを中心にして
キーワード:自然言語,スペイン語,フランス語,日本語,英語,時制,アスペクト,時間,変化,状況,認知
2003.04.
スペイン語の時制形式と事態との関係
キーワード:スペイン語,事態,時間構造,出来事性,変化,知覚,認知
1995.01~2003.01.
スペイン語における「時制の一致」について
キーワード:スペイン語,時制の一致
1999.01~2000.01.
スペイン語の迂言形 estar+gerundioについて
キーワード:スペイン語,事態,出来事性,activity
1999.01~2000.01.
スペイン語の事態の分類について
キーワード:スペイン語,事態,Vendler,Garey,preterito perfecto simple, preterito imperfecto
1999.04.
スペイン語の preterito perfecto simpleとpreterito imperfectoの機能的差異について
 
キーワード:スペイン語 ,時制 ,アスペクト ,過去形 ,現在完了形 ,現在形
1995.01~1998.01.
従事しているプロジェクト研究
ロマンス諸語におけるテンス・アスペクト・モダリティ・エビデンシャリティの対照研究
2018.04, 代表者:山村ひろみ, 九州大学
本プロジェクトは,フランス語,イタリア語,スペイン語,ポルトガルポルトガル語,ブラジルポルトガル語,ルーマニア語のテンス・アスペクトの異同を独自のパラレルコーパスを用いて明らかにしようとした基盤研究(C)「現代ロマンス諸語におけるテンス・アスペクト体系の対照研究」(課題番号15K02482)の発展的展開を目指すものである。つまり,本プロジェクトは,同プロジェクトで明らかにされた従来のテンス・アスペクト理論では説明し難いロマンス諸語の時制形式の諸現象を,テンス・アスペクトと深く関わるが一般的には別のカテゴリーと見なされている「モダリティ」「エビデンシャリティ(証拠性)」といったカテゴリーを用いながら実証的に再検討し,ロマンス諸語全体およびその各言語における「テンス」「アスペクト」「モダリティ」「エビデンシャリティ」の相互関係を説明する包括的メカニズムの解明を目指すものである。.
現代ロマンス諸語におけるテンス.アスペクト体系の対照研究
2015.04~2017.03, 代表者:山村ひろみ, 九州大学大学院言語文化研究院, 日本学術振興会
本プロジェクトは俗ラテン語をその母体とするロマンス諸語のうち,代表的なフランス語,イタリア語,スペイン語,ポルトガル語,ルーマニア語のテンス・アスペクト体系の対照研究である.これまでロマンス諸語の対照研究は,まさにその系統的類似性から等閑視されてきた.しかし,ロマンス諸語の体系の発展には,当然,それぞれに共通の部分と各語独自の変化を見せた部分がある.本研究は,そのような背景を持つロマンス諸語を,その異同がもっとも際立つと思われるテンス・アスペクト体系という観点から対照し,ロマンス語学のみならず一般言語学的にも役立つ資料を提供すると同時に,自然言語のテンス・アスペクトに対して理論的貢献をすることを目的とする..
日・英・仏・西語における対照研究−時制・アスペクトを中心にして
2003.04~2005.03, 代表者:山村ひろみ, 九州大学, 日本学術振興会(日本)
本研究は2003年度に山村が研究代表者となり獲得した科学研究費(基盤研究(C)(1)課題番号15520260)の課題である.その目的は,日・英・仏・西語という異なる系統に属す言語間および同系の言語間に見られる諸文法カテゴリーの様相を,特に「動詞の時制・アスペクト」という観点から実証的かつ理論的に分析し,自然言語の普遍性と特殊性を追究することにある..
研究業績
主要著書
1. 山村 ひろみ, 『スペイン語24課』, 白水社, 2016.03.
2. 山村 ひろみ, 高垣敏博(監修), 二宮哲(編集), 菊田和佳子(編集), 西村君代(編集), 木村琢也, 森本祐子, 福嶌教隆, Elena de Miguel, 松井健吾, 片岡喜代子, 高松英樹, 結城健太郎, 大森洋子, 落合佐枝, 鈴木恵美子, 上田博人, 川上茂信, 『スペイン語学概論』, くろしお出版, 第5章「時制とアスペクト」の分担執筆, 2015.06.
3. 寺崎英樹・Enrique Contreras [編] 阿部三男,山村ひろみ,上野勝弘,菊田和佳子,木村琢也,斎藤華子, 『デイリーコンサイス西和・和西辞典』, 2010.05.
4. 山村ひろみ, 『解説がくわしいスペイン語の作文』, 白水社, 2009.03.
主要原著論文
1. 山村ひろみ, 日本語母語話者にとっての「過去の出来事」・「過去の状況」とスペイン語の「点過去」・「線過去」の使い分け, 言語科学, 54, 37-54, 2019.03.
2. 山村ひろみ, スペイン語の丁寧表現ー「丁寧の線過去」と「丁寧の過去未来」をめぐってー, 『言語文化論究』, 41, 1-16, 2018.10.
3. Hiromi YAMAMURA, Un estudio contrastivo-descriptivo de la perífrasis española “estar+gerundio”, la perífrasis italiana “stare+gerundio” y la perífrasis francesa “être en train de+infinitif”, 言語文化論究, 40, 85-101, 2018.03.
4. Hiromi Yamamura, Un estudio contrastivo-descriptivo del aperífrasis española "estar+gerundio", la perífrasis portuguesa europea "estar a+infinitivo" y la perífrasis portuguesa brasileña "estar+gerundio", 言語科学, 53, 65-87, 2018.03.
5. YAMAMURA Hiromi, Características y función de la perífrasis "estar+gerundio", ロマンス語研究, 50, 11-20, 2017.05.
6. 山村ひろみ, De Swart (1998)を読む
スペイン語preterito perfecto simpleへの応用から見えてくるもの, 言語文化論究, 10.15017/1784832, 37, 21-35, 2016.10, [URL], El artículo titulado "Aspect shift and coercion" (De Swart, 1998) es frecuentemente citado en los trabajos sobre el tiempo y el aspecto. La razón de esto, a nuestro parecer, está en que ha introducido una nueva idea denominada "coercion" para resolver algunos problemas que surgen como consecuencia del conflicto entre las clases aspectuales y los aspectos gramaticales. Este artículo tiene como objetivo recoger la idea general de dicho artículo, para después identificar algunos problemas en su aplicación al pretérito perfecto simple de español (PS). El resultado se resume como sigue: ● El artículo de Swart se enfoca en lo siguiente: primero, determina la independencia morfológica como un criterio decisivo para distinguir el operador temporal del operador aspectual, de lo cual resulta que PS se considera uno de los operadores temporales; en segundo lugar, presta mucha atención a los fenómenos marginales como la combinación de PS con las eventualidades estativas que no encajan bien en la explicación general de dicho tiempo. ● Sin embargo, el artículo también plantea algunos problemas, que se resumen como sigue: No son pocas las veces que falla la idea de "coerción" que introduce para resolver los conflictos que no encajan en su hipótesis, según la cual PS selecciona como input una eventualidad cuantificada — es decir, un evento — mientras que el pretérito imperfecto (IMP) selecciona como input una eventualidad homogénea — es decir, un proceso o un estado. Los resultados de una búsqueda en CREA muestran que no es raro encontrar ejemplos donde una eventualidad homogénea se combina con PS. Esto sugiere que la presuposición de De Swart de que la combinación de una eventualidad homogénea con IMP es un caso no-marcado carece de fundamento. ● Para resolver dicho problema respetando la idea de De Swart, presentamos una alternativa que supone que, aunque tanto PS como IMP se refieren a una eventualidad del pasado, sus funciones temporalis son diferentes..
7. Hiromi Yamamura, Reconsideración sobre la función del pertérito perfecto simple en español
con especial atención a las oraciones imposibles, Cuadernos CANELA, 27, 127-139, 2016.05, Este artículo tiene como objetivo reconsiderar la función del pretérito perfecto simple (pretérito, de aquí en adelante) centrándose en los comportamientos de las oraciones "supuestamente" imposibles o casi imposibles de expresarse en dicho tiempo. El artículo discute lo siguiente: (1) En español existen oraciones "supuestamente" imposibles o casi imposibles de expresarse en el pretérito, lo cual no se explica suficientemente ni por la interpretación aspectual, ni por la interpretación temporal ni por las otras interpretaciones propuestas recientemente del pretérito. (2) Para explicar el fenómeno en cuestión se propone una hipótesis basada en la interpretación del pretérito de Yamamura (1996), según la cual, cuando una proposición se expresa en el pretérito, siempre se da la existencia del hablante como perceptor del surgimiento de un evento. (3) Se argumenta que la hipótesis es válida, ya que justifica la existencia de las oraciones que se interpretan como excepcionales porque están expresadas en el pretérito en contra de lo que se supone habitualmente. (4) Por último, se afirma que un evento reconocido o percibido por el hablante siempre se expresa en el pretérito pero las proposiciones que denotan dicho evento varían según el punto de vista del hablante, de lo cual resulta que se confirman las dos clases en las expresiones del pretérito que denotan las proposiciones imposibles o casi imposibles de expresarse en dicho tiempo; una es la expresión metonímica del pretérito y la otra es la expresión metafórica del pretérito.This paper aims to reconsider the function of the simple perfect preterit in Spanish (the preterit, hereafter) focusing on the behaviors of the sentences supposedly impossible or almost impossible to be expressed by the tense in question. The result of the investigation is summarized as follows: a) In Spanish there exist sentences "supposedly" impossible or almost impossible to be expressed by the preterit, which cannot be explained sufficiently either by the aspectual interpretation, by the temporal interpretation, or by the other interpretations proposed recently of the preterit; b) A hypothesis which is based on the interpretation of the preterit proposed by Yamamura (1996) has been proposed to explain the phenomenon in question, according to which, when a proposition is expressed by the preterit, there exists always a speaker as a perceiver of the rise of an event; c) The hypothesis is valid since it justifies the existence of the sentences that are considered as exceptional because they are expressed by the preterit against what is supposed usually; and d) An event recognized or perceived by the speaker is always expressed by the preterit, but the propositions that denote the event in question vary according to the point of view of the speaker, the result of which is that two classes of the expressions of the preterit are confirmed in the propositions supposedly impossible or almost impossible to be expressed by this tense; one is the metonymic expression o the preterit and the other is the metaphorical expression of the preterit.本稿は「推定上」pretérito perfecto simple(以後、pretérito)による表出が不可能、あるいは、ほぼ不可能とされている文の振舞を基にpretéritoの機能を再考するものである。その結果は次のようにまとめられる。(1)スペイン語には「推定上」pretéritoによる表出が不可能、あるいは、ほぼ不可能とされる文が存在するが、それはpretéritoに対するアスペクト的Yamamura 139解釈、時間的解釈、さらには、最近提示されたpretéritoに対する新たな解釈によっても十分に説明されない、(2)当該の現象を説明するために山村(1996)で提案されたpretéritoの解釈に基づく仮説が提示されたが、それに従えば、ある命題がpretéritoで表出される時には常に出来事(イベント)の生起を知覚する者としての話し手の存在がある、(3)同仮説は、通常の想定に反しpretéritoで表出されたという点から「例外」と見なされる文の存在を正当化することができるという点で有効性を持つ、(4)話し手によって認識、あるいは、知覚された出来事は常にpretéritoによって表出されるが、その出来事を表す命題は話し手の観点によって異なり、その結果、pretéritoによる表出が不可能、あるいは、ほぼ不可能とされる命題のpretéritoによる表出には2種類あることが確認される;そのうちのひとつはpretéritoのメトニミー的表出であり、もうひとつはpretéritoのメタファー的表出である。.
8. YAMAMURA, Hiromi, Una propuesta para la enseñanza del pretérito perfecto simple y el pretérito imperfecto -con especial atención a los alumnos japoneses de ELE, La enseñanza de ELE centrada en el alumno, Morimoto Yuko, Pavón Lucero María Victoria y Santamaría Martínez Rocío (eds.), XXV Congreso Internacional ASELE, 1045-1051, 2016.02.
9. 山村 ひろみ, 「state類事態の時間構造」再考-英語 "know", 日本語「知る」, スペイン語"saber"の対照研究-(下), 言語文化論究, 35, 43-56, 2015.11.
10. 山村ひろみ, 「state類事態の時間構造」再考
英語"know",日本語「知る」,スペイン語"saber"の対照研究(上), 言語文化論究, 10.15017/1500410, 34, 53-66, 2015.03, [URL], Este trabajo tiene por objetivo comprobar la validez de la estructura temporal de los predicados estativos afirmada en la mayoría de los estudios sobre el aspecto léxico a través de la investigación de los comportamientos tempo-aspectuales del verbo japonés "shiru" y el verbo español "saber" correspondientes al verbo inglés "know". El resultado se resume como sigue: • El verbo japonés "shiru" y el verbo español "saber" comparten las particularidades siguientes: 1. Tanto la forma verbal -TA del verbo japonés "shiru", a la que se asigna generalmente el aspecto «concluso» en la lingüística japonesa, como el pretérito pertecto simple del verbo español "saber" denotan el surgimiento del cambio de "no-saber" al "sí saber". Esto sugiere que no es imposible poner el punto inicial en la estructura temporal de los predicados estativos que hasta ahora se afirmaba que temporalmente no poseen ni punto inicial ni final. 2. Ni la forma verbal -RU del verbo japonés "shiru", a la que en la lingüística del japonés se asigna generalmente el tiempo «no-pasado», ni el presente del verbo español "saber" se refieren al futuro, en contra de lo que sucede con la mayoría de los verbos de dichas dos lenguas. De esto se deduce que tanto al verbo japonés "shiru" como al verbo español "saber" les falta la agentividad. 3. Tanto en el verbo japonés "shiru" como en el vebo español "saber", el sujeto de la primera persona y los significados del complemento directo afectan mucho sus comportamientos tempo-aspectuales..
11. 山村ひろみ, スペイン語の名詞述語における無冠詞について : 「人」を主語とするser文を中心にして, 言語文化論究, 10.15017/1456025, 32, 21-38, 2014.03, [URL].
12. 山村ひろみ, スペイン語直説法現在形の「同時性」とは何か, 言語文化論究, 29, 47-68, 2012.10.
13. 山村ひろみ, 現代日本語のテンス・アスペクトと否定-過去の「-シタ?」と「-シナカッタ」/「-シテイナイ」/「-シナイ」-, 言語科学, 47, 61-81, 2012.03.
14. YAMAMURA, Hiromi, Alternancia de los tiempos verbales en el español oral-con especial atención al verbo "decir"-, Lingüística Hispánica, 34, 125-147, 2011.12.
15. 山村ひろみ, "por+期間名詞句"ps./imp.の共起関係--"durante+期間名詞句"との比較の観点から, スペイン語学研究, 26, 171-192[含 スペイン語文要旨], 2011.08.
16. Yamamura, Hiromi, La estructura semántico-cognitiva del verbo "parecer" y los tiempos verbales, Actas del VII congreso internacional de la asociación asiática de hispanistas, 50-59, 2011.06.
17. 山村ひろみ, スペイン語時制体系再構築のための覚書--NGLEにおけるスペイン語時制の扱い方を踏まえて, 言語科学, 46, 75-94, 2011.03, 2009年12月,Real Academia Españolaは1931年に出版された文法書Gramática de la lengua españolaから約80年の月日を経て,新しいスペイン語文法書 Nueva gramática de la lengua española(スペイン語新文法,以下NGLEと略記)を出版した.このNGLEの特徴については,すでに山村(2010a)において同書のスペイン語時制を扱った第23章を基に簡単に紹介した.本稿の目的は,そこで見たNGLEのスペイン語時制に対する見解をこれまで筆者がスペイン語の時制に関して論じてきた一連の内容と対照させながら,スペイン語の時制体系を考える上で看過すべきでない点を確認し,現代スペイン語の時制体系の再構築のために必要となる適切な理論的道具立てを明らかにすることにある.なお,本稿がその議論を展開する上で対象とするのはスペイン語直説法の単純時制であり,同法の複合時制および接続法の時制については扱わない..
18. Yamamura, Hiromi, Reinterpretación de la relación entre las formas de pasado en español y los sintagmas de duración, Lingüística Hispánica, 33, 43-66, 2010.12.
19. 山村ひろみ, スペイン語の未遂表現- por poco+動詞 と casi+動詞, HISPANICA (日本イスパニヤ学会), 53, 83-104, 2009.12.
20. Hiromi Yamamura, El verbo "parecer" y el dativo -la descripción y su interpretación-, Lingüística Hispánica, 31, 121-147, 2009.07.
21. 山村ひろみ, 日本語母語話者のためのスペイン語点過去と線過去の教授法をめぐって, 言語文化論究, 23, 69-88, 2008.02.
22. Hiromi YAMAMURA, Hiroko OMORI, La percepción y el fenómeno lingüístico --- en torno al verbo “parecer”, Lingüística Hispánica, 30, 87-106, 2007.12.
23. 山村ひろみ, アガサ・クリスティの推理短編小説における過去の表現−フランス語とスペイン語の対照の観点から−, 『比較社会文化』, 第12巻,pp.39-56, 2006.03.
24. 山村ひろみ, futuro と pretérito perfecto simple /pretérito imperfectoの関係−機能的対比の観点から−, HISPANICA , 48, 31-47, 2004.12.
25. 山村ひろみ, El adverbio "siempre" y las dos formas simples del pasado, HISPANICA (日本イスパニヤ学会), 47, 74-89, 2003.12.
26. 山村ひろみ, スペイン語のserコピュラ文におけるpretérito perfecto simpleによる表出とpretérito imperfectoによる表出, 『テンスとアスペクト−日・英・仏・西語の観点から−』言文叢書,九州大学大学院言語文化研究院.pp.1-46., 2003.03.
27. 山村ひろみ, La función básica del pretérito imperfecto y la delimitación temporal, Estudios Hispánicos , 21 (Asociacion Coreana de Hispanistas 韓国イスパニヤ学会学会誌), pp.311-317., 2001.12.
28. Hiromi Yamamura, Nuevo acercamiento a la concordancia de tiempos −con especial referencia a la interpretación propuesta por Carrasco Gutiérrez (1998)−, Lingüística Hispánica, 23, 109-131, 23, Circulo de Lingüística Hispánica de Kansai(関西スペイン語学研究会), pp.109-131., 2001.01.
29. Hieomi Yamamura, Unas dudas sobre la interpretación basada en la oposición aspectual del pretérito simple y el pretérito imperfecto, 『言語文化論究』 (九州大学言語文化部), 12, 145-154, 2000.08.
30. 山村ひろみ, estar+gerundioの記述と考察(下), 『独仏文学研究』(九州大学独仏文学研究会), 50, 7-28, 2000.05.
31. 山村ひろみ, estar+gerundioの記述と考察(上), 『言語文化論究』 (九州大学言語文化部), 11, 141-163, 2000.03.
32. 山村ひろみ, スペイン語における事態の分類について, HISPANICA 日本イスパニヤ学会, 43, 41-52, 1999.12.
33. 山村ひろみ, スペイン語のimperfectoと時間的限定性, 『言語文化論究』No.10, 九州大学言語文化部., pp.11-32., 1999.03.
34. 山村ひろみ, preteritoによる表出のための条件−無生主語文の場合, 『言語文化論究』No.9,九州大学言語文化部., pp.185-207., 1998.03.
35. 山村ひろみ, canté形,cantaba形と時間的限定性, HISPANICA 41 (日本イスパニヤ学会発行), HISPANICA 41,pp.53-66., 1997.12.
36. 山村ひろみ, canté/cantabaのアスペクト対立に基づく解釈をめぐって, HISPANICA (日本イスパニヤ学会発行), No.40, pp.48-62, 1996.12.
37. 山村ひろみ, 複文内のindefinidoとimperfecto-過去の主動詞に従属した関係節における実態とその考察, HISPANICA (日本イスパニヤ学会発行), No. 39 ,pp.145-158, 1995.12.
38. 山村ひろみ, 複文内のindefinidoとimperfecto-過去の主動詞に従属した名詞節における実態と考察, HISPANICA (日本イスパニヤ学会発行), No.38,pp.121-135, 1994.12.
39. 山村ひろみ, 対照のimperfecto, 言語科学, 第32号, 153-180, 1995.12.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 山村ひろみ, 『解説がくわしいスペイン語の作文』[改訂版], 白水社, 2019.05.
2. 山村ひろみ,@渡邊淳也(筑波大学),@藤田健(北海道大学),@鈴木信吾(東京音楽大学),@ギボ・ルシーラ(上智大学),@岸彩子(埼玉女子短期大学),@黒澤直俊(東京外国語大学),@小熊和郎(西南学院大学), 科研費(基盤研究(C)課題番号15K02482)「現代ロマンス諸語におけるテンス・アスペクト体系の対照研究」の研究成果報告CD, 2018.03, 科研費(基盤研究(C)課題番号15K02482)「現代ロマンス諸語におけるテンス・アスペクト体系の対照研究」の研究成果をCDにまとめたもの。内容は,第1部 Agatha ChristieのThe Thirteen Problemsの英語・スペイン語・フランス語・イタリア語・ブラジルポルトガル語・ポルトガルポルトガル語・ルーマニア語のパラレルコーパス,第2部 パラレルコーパスに見られる現代ロマンス諸語の「大過去」,第3部 現代ロマンス諸語におけるテンス・アスペクトの研究,からなる。.
3. 山村 ひろみ, スペイン語のestar+gerundioの特徴-対応するフランス語・イタリア語の迂言形式との対照の観点から, 『言語文化論究』 No. 38, 85-97, 2017.03.
4. 山村ひろみ, 新文法 第23章動詞 (I). 時制とアスペクト・語彙アスペクト・ 直説法の時制, 関西スペイン語学研究会, 『『スペイン語記述文法』(1999)『スペイン語新文法』(2009) 章別和文要約5』,277-298, 2011.03.
5. 山村ひろみ, 概説 Nueva gramática de la lengua española -第23章 El verbo (Ⅰ) Tiempo y aspecto. El aspecto léxico. Los tiempos del modo indicativoの観点から-, 『言語科学』 第45号,21-35, 2010.03.
6. 山村ひろみ,高垣敏博, スペイン語の時制―日本語との対照, 語学研究所論集 第15号(東京外国語大学語学研究所), 161-180., 2010.03.
7. 山村ひろみ, 書評:Luis García Fernández & Bruno Camus Bergareche (eds.),El pretérito imperfecto, Gredos, 2004

, HISPANICA 50 (日本イスパニヤ学会発行),177-182, 2006.12.
8. 山村ひろみ, 小説におけるフランス語の大過去と対応スペイン語形式について, フランス語学研究, 第40号,pp.82-85, 2006.06.
9. 山村ひろみ(研究代表者)、小熊和郎(研究分担者、西南学院大学)、佐藤正明(研究分担者、福岡大学)、松村瑞子(研究分担者、九州大学), 日・英・仏・西語における対照研究-時制・アスペクトを中心にして(平成15年度~17年度科学研究費補助金 基盤研究(C)(1)研究成果報告書), (平成15年度~平成17年度科学研究費補助金 基礎研究(C)(1))研究成果報告書), 2006.03.
10. 山村ひろみ, 解説:『スペイン語記述文法』におけるConsecutio Temporumの取り扱いについて, 『言語文化論究』No.16,九州大学大学院言語文化研究院, pp.231-262., 2002.07.
11. 山村ひろみ, 解説:『スペイン語記述文法』における動詞単純時制の取り扱いについて」                         , 『言語文化論究』No.15,九州大学大学院言語文化研究院, pp.155-172., 2002.02.
主要学会発表等
1. 山村ひろみ, 「再考:スペイン語の「未来」の諸用法と「未来」の機能-スペイン語「未来」の統一的機能を求めて-」, 日本スペイン語学セミナー(SELE2019), 2019.08.
2. 山村ひろみ, 「スペイン語の未来と過去未来-その機能的異同について」(日本フランス語学会2019年度シンポジウム「ポルトガル語, スペイン語,フランス語の時制と叙法の対照・比較」の中で), 日本フランス語学会, 2019.05.
3. 山村ひろみ, 日本語母語話者にとっての「過去の出来事」「過去の状況」と点過去と線過去の使い分け, 日本スペイン語学セミナー(SELE2018), 2018.09.
4. 山村 ひろみ, スペイン語の丁寧表現ー丁寧の線過去と丁寧の過去未来ー, 日本スペイン語学セミナー(SELE2017), 2017.09.
5. 山村 ひろみ, スペイン語迂言形式 "estar+gerundio", イタリア語迂言形式 "stare+gerundio"およびフランス語迂言形式 "etre en train de infinitif"の記述的対照研究, 日本ロマンス語学会, 2017.05.
6. 山村 ひろみ, スペイン語の estar+geurndio の特徴ー対応するフランス語・イタリア語の迂言形式との対照の観点からー , 日本スペイン語学セミナー(SELE2016), 2016.09.
7. 山村 ひろみ, スペイン語の迂言形式 "estar+gerundio"の諸特徴とその本質的機能, 日本ロマンス語学会, 2016.05.
8. 山村 ひろみ, 再考:点過去による表出の条件-出来事認識・メトニミー・メタファーー, 日本スペイン語学セミナー(SELE2015), 2015.08.
9. 山村 ひろみ, Reconsideración sobre la función del pretérito perfecto simple en español -con especial atención a las oraciones imposibles o casi imposibles de expresarse en el pretérito perfecto simple-, Confederación Académica Nipona, Española y Latinoamericana (CANELA), 2015.05.
10. Hiromi Yamamura, Una propuesta para la enseñanza del pretérito perfecto simple y el pretérito imperfecto-con especial atención a los alumnos japoneses de ELE-, ASELE(Asociación para la enseñanza del español como lengua extranjera), 2014.09.
11. 山村 ひろみ, 日本語「知る」とスペイン語 saber -語彙アスペクト・テンス・文法アスペクトの観点から-, 日本スペイン語学セミナー(SELE2014), 2014.09.
12. 山村 ひろみ, Hola. Me llamo Hiromi. Soy estudiante/#una estudiante de español. -人を主語とするser文の名詞述語における無冠詞について-, 日本スペイン語学セミナー(SELE2013), 2013.08.
13. 山村ひろみ, スペイン語直説法現在形の「同時性」再考, 日本スペイン語学セミナー(SELE2012), 2012.08.
14. 山村ひろみ, 口語スペイン語における動詞decirの時制交替-過去の直接引用を導く動詞decirを中心にして-, 日本スペイン語学セミナー (SELE2011), 2011.09.
15. 山村ひろみ, 「“por+期間名詞句”とps./imp.の共起関係- “durante+期間名詞句”との比較の観点から-」,, 東京スペイン語学研究会, 2010.10.
16. 山村ひろみ, 再考:「durante+期間を表す名詞句」とpretérito perfecto simple, pretérito imperfectoの共起関係―García Fernández (1998)をめぐって, 日本スペイン語学セミナー(Seminario de Linguística Española de Japón, SELE2010), 2010.09.
17. Hiromi Yamamura, La estructura semántico-cognitiva del verbo parecer y los tiempos verbales, VII Congreso Internacional de la Asociación Asiática de Hispanistas, 2010.08.
18. 山村ひろみ, スペイン語の未遂表現-por poco+現在形とcasi+現在形を中心にして-, 日本イスパニヤ学会, 2008.10.
19. 山村ひろみ, parecer文と与格-その記述と解釈, 日本スペイン語学セミナー(Seminario de Linguística Española de Japón, SELE2008), 2008.09.
20. 山村ひろみ, 日本語母語話者のための点過去と線過去の教え方をめぐって, 関西スペイン語教授法ワークショップ(TADESKA), 2007.09.
21. 山村ひろみ,大森洋子(明治学院大学), 「parecer-知覚のあり方と言語現象」(大森洋子さんとの共同発表), 日本スペイン語学セミナー(Seminario de Linguística Española de Japón, SELE2007), 2007.08.
22. 山村ひろみ, 小説におけるフランス語の大過去と対応スペイン語形式について, 日本フランス語学会, 2005.12.
23. 山村ひろみ, El adverbio "siempre" y las dos formas del pasado, 日本イスパニヤ学会, 2002.10.
24. 山村ひろみ, La funcion basica del preterito imperfercto y la delimitacion temporal, 韓国イスパニヤ学会, 2001.06.
25. 山村ひろみ, estar+gerundioの記述と考察, 日本イスパニヤ学会, 1999.10.
26. 山村ひろみ, imperfecto de cortesía y modestiaについて, 第43回日本イスパニヤ学会, 1997.10.
27. 山村ひろみ, canté形,cantaba形と時間的限定性 , 第42回日本イスパニヤ学会, 1996.10.
28. 山村ひろみ, canté/cantabaのアスペクト対立に基づく解釈をめぐって , 第41回日本イスパニヤ学会, 1995.10.
29. 山村ひろみ, 複文内のindefinidoとimperfecto-過去の主動詞に従属した関係節における実態と考察  , 第40回日本イスパニヤ学会, 1994.10.
30. 山村ひろみ, 複文内のindefinidoとimperfecto-過去の主動詞に従属した名詞節における実態と考察 , 第39回日本イスパニヤ学会, 1993.10.
学会活動
所属学会名
日本語文法学会
Asociacion de Linguistica y Filologia de America Latina
日本フランス語学会
日本ロマンス語学会
日本イスパニヤ学会
学協会役員等への就任
2013.04, 日本ロマンス語学会, 理事.
2012.04~2016.03, 日本イスパニヤ学会, 理事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.05.26~2019.05.26, 日本ロマンス語学会第57回大会, 司会(moderator).
2018.05.12~2018.05.13, 日本ロマンス語学会第56回大会, 司会(Moderator).
2017.05.20~2017.05.21, 日本ロマンス語学会第55回大会, 司会(Moderator).
2015.10.10~2015.10.12, 日本イスパニヤ学会第61回大会, 司会(Moderator).
2015.10.03~2015.10.06, II congreso internacional sobre el español y la cultura hispánica en Japón, 司会(Moderator).
2015.05.23~2015.05.24, 日本ロマンス語学会第53回大会, 司会(Moderator).
2014.05.31~2014.06.01, 第52回日本ロマンス語学会, 司会(Moderator).
2013.10.12~2013.10.13, 日本イスパニヤ学会第59回大会, 司会(Moderator).
2013.05.18~2013.05.18, 日本ロマンス語学会第51回大会, 司会(Moderator).
2012.10.13~2012.10.14, 日本イスパニヤ学会第58会大会, 司会(Moderator).
2010.08.26~2010.08.28, VII Congreso Internacional de la Asociación Asiática de Hispanistas, 司会(Moderator).
2015.10.10~2015.10.11, 日本イスパニヤ学会第61回大会, 司会.
2013.10.12~2013.10.13, 日本イスパニヤ学会第59回大会, 司会.
2012.10.13~2012.10.14, 日本イスパニヤ学会第58回大会, 司会.
2016.05.21~2016.05.22, 日本ロマンス語学会第54回大会, 実行委員長.
2016.05.20~2016.05.21, 日本ロマンス語学会第54回大会, 司会.
2015.05.23~2015.05.24, 日本ロマンス語学会第53回大会, 司会.
2010.08.26~2010.08.28, Ⅶ congreso internacional de la asociación asiática de hispanistas, 分科会での司会.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2017.04, ロマンス語研究, 国内, 編集委員長.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度      
2018年度      
2017年度      
2016年度    
2015年度    
2014年度      
2013年度      
2012年度      
2011年度      
2010年度      
2009年度      
2008年度      
2007年度      
2006年度      
2005年度      
2004年度      
2003年度      
2002年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Universidad Carlos III de Madrid , Spain, 2014.09~2014.09.
北京外国語大学, China, 2010.08~2010.08.
全北大学, Korea, 2001.06~2001.06.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2022年度, 基盤研究(B), 代表, ロマンス諸語におけるテンス・アスペクト・モダリティ・エビデンシャリティの対照研究.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 代表, 現代ロマンス諸語におけるテンス・アスペクト体系の対照研究.
2003年度~2005年度, 基盤研究(C), 代表, 日・英・仏・西語における対照研究−時制・アスペクトを中心にして.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」