九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
高取 千佳(たかとり ちか) データ更新日:2021.04.07



大学院(学府)担当

学部担当



ホームページ
https://kyushu-u.pure.elsevier.com/ja/persons/chika-takatori
 研究者プロファイリングツール 九州大学Pure
https://takatori-lab.com/
高取研究室HP .
取得学位
博士(工学)
学位取得区分(国外)
なし
専門分野
ランドスケープ・エコロジー、都市計画、緑地計画、土地利用計画、都市環境計画・デザイン
外国での教育研究期間(通算)
00ヶ年00ヶ月
活動概要
高取千佳研究室は、ランドスケープ・エコロジーの視点で、人と自然との共生・持続可能でより豊かな地域社会の形成に向け、研究・実践活動に取り組んでいきます。
今日、世界諸国で気候変動に伴う海水面上昇、異常気象の増加や震災等の自然災害による甚大な被害が生じています。一方、人口減少期に突入した国内では、都市・農村・里山地域の管理放棄が進行し、自然災害への脆弱性の増大、生態・生活環境の劣化が課題となっています。そうした中、「自然環境を生かした社会的共通資本」であるグリーンインフラを創出し、地域再生、水管理、防災・減災、生物多様性、景観向上、健康増進等の多面的機能を活用していくことが必要とされています。本研究室では、「グリーンインフラの創出」に向け、地域固有の自然・社会的条件によるランドスケープの構造・機能・変化を読み解き、さらに先端的シミュレーション技術を活用して将来の地域のリスクを評価する研究を行います。また、そうしたリスクに対しレジリエントで、かつ日常時にも豊かな環境を人々が享受できる都市環境計画・デザインに向け、地域の関係者と一緒に考えながら将来のビジョンを描いていく実践活動を行います。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」