九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
佐伯 修(さえき おさむ) データ更新日:2018.08.03



主な研究テーマ
位相&微分幾何学の観点からの図形の数学表現
キーワード:位相幾何学、微分幾何学、材料科学
2013.04~2014.03.
材料科学への純粋数学適用に関する研究
キーワード:材料科学への純粋数学適用に関する研究
2011.04.
低次元トポロジー,モース理論とコンピュータグラフィックス
キーワード:低次元トポロジー, コンピュータグラフィックス, モース理論, 可微分写像の特異点
2011.04.
多値関数データの可視化
キーワード:多値関数、データ解析、可視化、微分トポロジー
2010.10.
DNA結び目の研究
キーワード:DNA組み換え、結び目理論、タングル、制限酵素、トポイソメラーゼ、巡回手術定理
2007.06.
余次元1写像の分離性質、ジェネリックな写像の像のベッチ数、及び位相的埋め込みへの第1障害類に関する研究
キーワード:余次元1写像、分離性質、ジェネリックな写像、ベッチ数、位相的埋め込みへの第1障害類
1991.04~2001.03.
安定写像のトポロジーに関する研究
キーワード:安定写像、特異点の消去、多様体、特性類、可微分構造
1991.04.
一般化されたフィボナッチ数列に関する研究
キーワード:フィボナッチ数列、漸化式、漸近的振る舞い、ビネ公式、正則関数
1994.04.
高次元結び目についての研究
キーワード:結び目、余次元1埋め込み、球面の直積空間、ファイバー結び目、ミルナー・ファイブレーション
1994.04.
等質空間内の曲線と1助変数部分群との接触についての研究
キーワード:等質空間、1助変数部分群、接触、軌道、リー環
1997.04.
3次元多様体の5次元空間へのはめ込みと埋め込みの正則ホモトピー類についての研究
キーワード:はめ込み、埋め込み、正則ホモトピー、スピン構造、3次元多様体
2000.04.
従事しているプロジェクト研究
九州大学共進化社会システム創成拠点(九州大学COI拠点)
2013.12~2022.03, 代表者:石原晋也, 九州大学, 九州大学
本拠点においては共進化社会システムを創成するために、ヒト/モノ・エネルギー・情報のモビリティを実現するための基盤的な技術を確立すると共に、現代数学を駆使したマス・フォア・インダストリ(IMI)のアプローチに基づく新しいイノベーション手法を活用し、エネルギー・情報(ICT)関連の革新的技術とその経済的評価システムを統合することで次世代の基盤ネットワークシステムを構築します。.
位相&微分幾何学の観点からの図形の数学表現
2013.04~2014.03, 代表者:若山正人, 九州大学, 九州大学(日本)、新日鐵住金株式会社(日本).
多値関数データの可視化
2010.10~2013.03, 代表者:高橋 成雄, 東京大学,大学院新領域創成科学研究科複雑理工学専攻,大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻, 東京大学,大学院新領域創成科学研究科複雑理工学専攻,大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻(日本)
データの可視化において,n次元空間からm次元空間への写像のサンプル点を解析する問題は,長い間重要視され広く研究が行われてきた.その中で,1990年代から発表され始めた微分トポロジーを用いて関数の特異性を抽出する手法は,可視化分野における技術革新のトップ10に含まれるものとして,現在多くの研究者の注目を集めるとともに,その表現能力も格段の発展が見られるようになった.これまでに行われてきた可視化研究は,主にスカラ場(n=2,3, m=1)の微分トポロジー解析であり,最近ではその定義域を多次元の場合へと拡張する研究が行われている.本共同研究では,今後の重要な技術的課題である,多値関数(m > 1)の微分トポロジー解析を行うことが主な目的である.そうした多値関数の視覚的解析には,微分可能写像の特異点のトポロジーを調べることが必要となり,それを用いて複数個の関数データを同時に解析するための手法について共同研究を進めている..
材料科学への純粋数学適用に関する研究
2011.04~2013.03, 代表者:中川 淳一, 新日本製鐵株式會社, 新日本製鐵株式會社(日本)
材料組織の種々のデータの特徴量を幾何学的に抽出し定式化することを目的に,マルチスケールモデリングの数学基盤の創出を図る.
.
Studio Phones Fellowship Program (低次元トポロジー,モース理論とコンピュータグラフィックス)
2011.04~2013.03, 代表者:Yusuke Kiriu, Studio Phones, Studio Phones(日本)
本共同研究の目的は、桐生裕介氏と平澤美可三氏による、低次元トポロジーとコンピュータグラフィックスにおけるある種の定式化に関する最近の研究を、特異点論の立場から補佐することにある。特に、モース理論と可微分写像の特異点論の観点から貢献することが主な目的である。.
研究業績
主要著書
1. Osamu Saeki, Topology of Singular Fibers of Differentiable Maps, Springer Verlag, Lecture Notes in Math., Vol. 1854, Springer-Verlag, 2004. , 2004.01.
2. 佐伯修,佐久間一浩, 複素超曲面の特異点, シュプリンガー東京, 2003.01.
3. 佐伯修,佐久間一浩, 特性類講義, シュプリンガー東京, 2001.01.
4. 泉屋周一,佐野貴志,佐伯修,佐久間一浩, 幾何学と特異点, 共立出版, 2001.01.
主要原著論文
1. Osamu Saeki, Special generic maps on open 4-manifolds, Journal of Singularities, 1, 1-12, 2010.01.
2. O. Saeki and T. Yamamoto, Singular fibers of stable maps and signatures of 4-manifolds, Geometry and Topology , 10, pp. 359-399, 2006.04.
3. Osamu Saeki, Topology of singular fibers of differentiable maps, Lecture Notes in Mathematics, Springer, Vol.1854, 2004.01.
4. Osamu Saeki, Fold maps on 4-manifolds, Comment. Math. Helv., 10.1007/s00014-003-0758-9, 78, 3, 627-647, 78, 627-647, 2003.01.
5. O. Saeki and K. Sakuma, Special generic maps of 4-manifolds and compact complex analytic surfaces, Math. Ann., 313, 617-633, 1999.01.
主要学会発表等
1. 佐伯 修, 安定写像と多様体のトポロジー, 日本数学会2015年度秋季総合分科会, 2015.09.
2. 佐伯 修, Topology of singular fibers for visualization, Topology-Based Methods in Visualization 2015, 2015.05, [URL].
3. 佐伯 修, Broken Lefschetz fibrations and their moves, Geometry and topology of smooth 4-manifolds, 2013.06.
4. Osamu Saeki, Special generic maps on open 4-manifolds, 可微分写像の特異点論とそれに関連する幾何学, 2009.12.
5. 佐伯修, Singular fibers of differentiable maps and 4-dimensional cobordism group, トポロジーと写像の特異点, 2009.06.
6. 佐伯修, Cobordism of Morse maps and its application to map germs, The second Japanese-Australian Workshop on Real and Complex Singularities, 2007.11.
7. 佐伯修, 特異点と特性類 --- 具体例の果たす重要な役割, 日本数学会 2007 年度秋季総合分科会, 2007.09.
8. 佐伯修, Total width が 8 以下の2次元結び目について, 4次元トポロジー研究集会, 2007.01.
9. 佐伯修, Morse functions with sphere fibers, 特異点論とオーミニマルカテゴリー, 2006.11.
10. 佐伯修, Singular fibers of differentiable maps and characteristic classes of surface bundles, 広島トポロジー研究集会(3・4次元数学を目指して), 2006.02.
11. 佐伯修, Elimination of definite fold, Generic Differential Geometry --Singularities and Differential Geometry--, 2005.11.
12. 佐伯修, Generic smooth maps with sphere fibers, 特異点と幾何学のワークショップ, 2005.10.
13. 佐伯修, Theory of singular fibers of differentiable maps and characteristic classes of surface bundles I, リーマン面に関連する位相幾何学, 2005.09.
14. 佐伯修, Introduction to singular fibers of differentiable maps: theory and examples, 特異点における不変量, 2005.06.
15. 佐伯修, Topology of manifolds and singularities of differentiable maps, 多様体のトポロジーの未来へ, 2004.11.
16. 佐伯修, Universal complex of singular fibers and cobordism of singular maps, はこだて特異点研究集会, 2004.10.
学会活動
所属学会名
Asia Pacific Consortium of Mathematics for Industry
オーストラリア数学会
日本応用数理学会
日本数学会
学協会役員等への就任
2018.03~2020.03, 日本数学会, 評議員.
2012.07~2018.06, 日本数学会, 学術委員会運営委員.
2007.04~2008.03, 日本数学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.10.27~2017.11.03, The 5th Franco-Japanese-Vietnamese Symposium on Singularities, 学術委員.
2017.10.23~2017.10.27, Forum "Math-for-Industry" 2017, 組織委員.
2017.09.10~2017.09.16, Geometric and Algebraic Singularity Theory, 学術委員.
2017.09.05~2017.09.09, ベクトル値滑層分割Morse理論の構築による多数目的最適化問題の解集合の可視化, 組織委員.
2017.08.28~2017.08.30, 結晶の界面,転位,構造の数理, 組織委員.
2023.08~2023.08, ICIAM2023, 組織委員.
2016.09.15~2016.09.18, 日本数学会 2016年度秋季総合分科会, 座長(Chairmanship).
2016.09.13~2016.09.13, 産業に応える数学 -幾何・統計・計算数学からものづくりへ-, 座長(Chairmanship).
2016.09.01~2016.09.02, 結晶のらせん転位の数理, 主催者代表.
2016.09.01~2016.09.02, 結晶のらせん転位の数理, 座長(Chairmanship).
2016.07.27~2016.08.02, スタディグループ・ワークショップ2016, モデレータ.
2015.11.30~2015.12.04, The 3rd Franco - Japanese - Vietnamese Symposium on Singularities, 学術委員.
2015.10.26~2015.10.30, Forum "Math-for-Industry" 2015 -The Role and Importance of Mathematics in Innovation-, 組織委員.
2015.09.06~2015.09.11, Geometric Singularity Theory, 学術委員.
2015.07.29~2015.08.04, スタディグループ・ワークショップ2015, モデレータ.
2015.06.03~2015.06.10, Singularities in Generic Geometry and its Applications -- Kobe-Kyoto 2015 (Valencia IV) --, 学術委員.
2015.03.21~2015.03.21, 日本数学会年会, 座長(Chairmanship).
2014.08.25~2014.08.30, The 2nd Franco-Japanese-Vietnamese Symposium on Singularities Sapporo, 学術委員.
2014.07.31~2014.07.31, 13th International Workshop on Real and Complex Singularities, 座長(Chairmanship).
2013.09.16~2013.09.21, The 7-th Franco-Japanese Symposium on Singualrities (The 1st Franco-Japanese-Vietnamese Symposium on Singularities), 組織委員.
2013.07.31~2013.08.06, スタディグループ・ワークショップ2013, 主催者代表.
2012.10.22~2012.10.26, Forum “Math-for-industry” 2012 “Information Recovery and Discovery”, 組織委員.
2012.09.17~2012.09.17, MSJ-KMS Joint Meeting 2012, 現地世話人.
2012.08.11~2012.08.14, 第59回トポロジーシンポジウム, 世話人.
2012.07.25~2012.07.31, スタディ・グループ ワークショップ 2012, 主催者代表.
2012.07.22~2012.07.27, 12th International Workshop on Real and Complex Singularities, Scientific Committee Member.
2012.02.20~2012.02.22, 第6回 福岡・札幌 幾何学セミナー, 現地世話人.
2012.01.19~2012.01.19, Workshop of computer graphics and mathematics, 世話人.
2011.10.24~2011.10.28, Forum "Math-for-Industry" 2011, "TSUNAMI - Mathematical Modelling" — Using Mathematics for Natural Disaster Prediction, Recovery and Provision for the Future —, 組織委員.
2011.09.05~2011.09.09, The 6th Franco-Japanese Symposium on Singularities, 主催者.
2011.08.01~2011.08.09, スタディグループ・ワークショップ2011, モデレータ.
2010.10.21~2010.10.23, Forum “Math-for-Industry” 2010, Information security, visualization, and inverse problems, on the basis of optimization techniques, 組織委員.
2008.06.03~2008.06.06, 幾何学的視点からの特異点論, 組織委員.
2008.02.19~2008.02.21, 第2回 福岡・札幌 幾何学セミナー, 世話人.
2008.02.02~2008.02.02, 第118回 日本数学会 九州支部 例会, 世話人.
2007.10.13~2007.10.13, 第117回 日本数学会 九州支部 例会, 世話人.
2007.10.03~2007.10.05, 大域的特異点論の問題, 世話人.
2007.09.21~2007.09.24, 日本数学会 2007 年度秋季総合分科会, 座長(Chairmanship).
2007.03.27~2007.03.30, 日本数学会年会, 座長(Chairmanship).
2006.07.23~2006.07.28, 9th International Workshop on Real and Complex Singularities, member of the scientific committee.
2006.06.13~2006.06.16, 特異点論―局所対大域, 主催者.
2006.03.17~2006.03.19, トポロジーの展望, 主催者.
2005.03.27~2005.03.30, 日本数学会年会, 座長(Chairmanship).
2004.11.08~2004.11.11, 多様体のトポロジーの未来へ, 世話人.
2003.11.25~2003.11.28, 特異点論における新しい方法と対象, 座長(Chairmanship).
2002.07.29~2002.08.02, The 7th Workshop On Real And Complex Singularities, A member of the scientific committee.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2018.03~2023.03, 共立出版「ひろがるトポロジー」シリーズ, 国内, 編集委員.
2017.10~2022.09, 近代科学社「IMI シリーズ:進化する産業数学」, 国内, 編集委員.
2017.07~2023.06, Journal of the Mathematical Society of Japan, 国際, 編集委員.
2014.12~2016.03, Mathematics for Industry, 国際, Scientific Board Member.
2012.11~2014.10, Proceedings of the 12th International Workshop on Real and Complex Singularities, 国際, 編集委員長.
2011.09~2013.09, Proceedings of the 6th Franco-Japanese Symposium on Singularities, 国際, 編集委員長.
2009.04~2016.03, Journal of Math-for-Industry, Pacific Journal of Mathematics for Industry, 国際, 編集委員.
2007.04~2009.03, 数学通信, 国内, 編集委員.
1998.07~2000.07, Proceedings of the XI Brazilian Topology Meeting, 国際, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
2002年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
University of Hawaii at Manoa, Hawaii, UnitedStatesofAmerica, 2017.10~2017.10.
Departamento de Matemática da Universidade Federal da Paraíba, João Pessoa, Brazil, 2017.11~2017.11.
The University of Sydney, Australia, 2017.09~2017.09.
IMPAN, Bedlewo, Poland, 2017.09~2017.09.
Instituto Tecnológico de Oaxaca, Mexico, 2017.08~2017.08.
UNAM, Unidad Cuernavaca, Cuernavaca, Mexico, 2017.08~2017.08.
Schloss Dagstuhl – Leibniz Center for Informatics, Germany, 2017.07~2017.07.
VIASM, Hanoi, Vietnam, 2017.02~2017.02.
La Trobe University, Melbourne, Australia, 2016.12~2016.12.
Queensland University of Technology, Brisbane, Australia, 2016.11~2016.11.
Victoria University of Wellington, NewZealand, 2016.07~2016.07.
Banach Center, Warsaw, Poland, 2015.09~2015.09.
Federal University of Bahia, Brazil, 2015.07~2015.07.
Kurhaus Trifels, Germany, 2015.05~2015.05.
La Trobe University, Australia, 2015.03~2015.03.
東北師範大学, China, 2014.09~2014.09.
ICMC-USP, Brazil, 2014.07~2014.08.
Center for Advanced Studies, Warsaw University of Technology, Poland, 2014.03~2014.04.
La Trobe University, RMIT University, Australia, 2013.01~2013.02.
Max Planck Institute for Mathematics, Germany, 2013.06~2013.06.
Shanghai Jiao Tong University, China, 2013.06~2013.06.
ICMC-USP, Brazil, 2013.08~2013.08.
Laboratoire J. A. Dieudonné, Université de Nice Sophia Antipolis, France, 2013.09~2013.09.
University of Cambridge, Université de Strasbourg, Max Planck Institute for Mathematics, UnitedKingdom, France, Germany, 2012.03~2012.04.
National University of Singapore, Singapore, 2012.09~2012.09.
サンパウロ大学, Brazil, 2012.11~2012.11.
釜山大学, Korea, 2011.09~2012.09.
University of Hawaii, UnitedStatesofAmerica, 2011.10~2011.10.
釜山大学, Korea, 2010.08~2010.09.
ルイ・パスツール大学, France, 2008.07~2008.09.
サンパウロ大学, Brazil, 2008.12~2009.01.
ルイ・パスツール大学, France, 2003.02~2003.08.
外国人研究者等の受入れ状況
2017.11~2018.10, 1ヶ月以上, 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所, Germany, 日本学術振興会.
2014.08~2014.08, 2週間未満, School of Computing, Faculty of Engineering, University of Leeds, U.K., UnitedKingdom, 日本学術振興会.
2014.03~2014.03, 2週間未満, Universidade Federal de Uberlandia, Brazil, 文部科学省.
2014.03~2014.03, 2週間未満, ICMC-USP, Brazil, 文部科学省.
2014.03~2014.03, 2週間未満, ICMC-USP, Brazil, 文部科学省.
2013.12~2014.02, 1ヶ月以上, サンパウロ大学, Brazil, 日本学術振興会.
2013.11~2014.03, 1ヶ月以上, サンカルロス連邦大学, Brazil, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2013.02~2013.02, 2週間未満, School of Computing, Faculty of Engineering, University of Leeds, U.K., UnitedKingdom, 文部科学省.
2012.05~2012.05, 2週間未満, University of South Alabama, UnitedStatesofAmerica, 日本学術振興会.
2011.09~2011.09, 2週間未満, Institute of Mathematics, Vietnam Academy of Science and Technology, Vietnam, 日本学術振興会.
2011.09~2011.09, 2週間未満, ICMAT, Spain, 民間・財団.
2011.09~2011.09, 2週間未満, Institute of Mathematics, Vietnam Academy of Science and Technology, Vietnam, 民間・財団.
2011.09~2011.09, 2週間未満, Univ. Strasbourg, France, 民間・財団.
2011.11~2011.11, 2週間以上1ヶ月未満, シドニー大学, Austria, 日本学術振興会.
2011.09~2011.09, 2週間未満, Univ. Marseille, France, 日本学術振興会.
2011.09~2011.09, 2週間未満, Univ. Basel, Switzerland, 日本学術振興会.
2011.09~2011.09, 2週間未満, Univ. Leuven, Belgium, 日本学術振興会.
2010.10~2010.11, 2週間以上1ヶ月未満, サンパウロ大学, Brazil, 日本学術振興会.
2010.06~2010.06, 2週間未満, ケンブリッジ大学, Hungary, 日本学術振興会.
2009.12~2009.12, 2週間未満, Central European University, Hungary, 日本学術振興会.
2009.11~2009.11, 2週間未満, Strasbourg University, France, 日本学術振興会.
2009.07~2009.07, 2週間未満, Bates College, UnitedStatesofAmerica, 日本学術振興会.
2008.11~2008.11, 2週間未満, Institut de Mathematiques de Luminy - CNRS, France, 日本学術振興会.
2008.06~2008.06, 2週間未満, Max Planck Institut for Mathematics, Turkey, 日本学術振興会.
2008.06~2008.06, 2週間未満, Eötvös Loránd University, Hungary, 日本学術振興会.
2008.06~2008.06, 2週間未満, Max Planck Institute for Mathematics, Russia, 日本学術振興会.
2006.12~2006.12, 2週間未満, ステクロフ数学研究所, Russia, .
2006.08~2006.08, 2週間以上1ヶ月未満, モスクワ州立大学経済学部, Russia, .
2006.02~2006.03, 1ヶ月以上, Alfred Renyi Institute of Mathematics, Hungary, 民間・財団.
2005.10~2007.10, 1ヶ月以上, なし, Russia, 日本学術振興会.
2004.09~2004.09, 2週間未満, Luis Pasteur University, Strasbourg I, France, .
2003.09~2003.09, 2週間以上1ヶ月未満, エトボス・ロラン大学, Hungary, 文部科学省.
2003.09~2003.09, 2週間以上1ヶ月未満, University of Florida, Russia, 文部科学省.
受賞
2015年度幾何学賞受賞, 日本数学会, 2015.09.
1996年度日本数学会賞建部賢弘賞受賞, 日本数学会, 1996.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2021年度, 基盤研究(S), 代表, 幾何的トポロジーと写像の特異点論の革新的研究.
2017年度~2017年度, 基盤研究(A), 代表, 写像の特異点論の革新とトポロジーの新展開.
2016年度~2018年度, 基盤研究(B), 分担, L類,コボルディズム理論と双変理論およびその周辺に関する位相幾何学的総合研究.
2016年度~2018年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, ゲージ理論に関連する結び目と3次元多様体の不変量と量子トポロジー.
2015年度~2017年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, ビッグデータ可視化手法による安定写像構成イノベーションへの挑戦.
2013年度~2014年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, 特異ファイバーの分類に基づく多値関数データの特徴解析と可視化.
2011年度~2015年度, 基盤研究(A), 代表, 写像の特異点論の新展開.
2011年度~2013年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 可微分写像の構造安定性と形態形成.
2007年度~2010年度, 基盤研究(B), 代表, 可微分写像の大域的特異点論とその応用.
2006年度~2008年度, 萌芽研究, 代表, 多様体対への可微分写像に対する有限型不変量の定式化とその応用.
2005年度~2007年度, 特別研究員奨励費, 代表, 与えられた特異点型のみを持つ可微分写像の同境群.
2004年度~2006年度, 基盤研究(B), 代表, ホモトピー論的観点から見た大域的特異点論.
2001年度~2002年度, 基盤研究(C), 代表, 微分位相幾何学と特異点.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2013年度~2013年度, 二国間交流, 代表, 幾何学とトポロジーにおける特異点―未来の発展へ向けて.
2011年度~2011年度, 二国間交流, 代表, 幾何学とトポロジーにおける特異点.
2008年度~2008年度, 二国間交流, 代表, 非球面的結び目の同境とその応用.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2008年度~2012年度, 研究拠点形成費補助金(グローバルCOE) (文部科学省), 分担, マス・フォア・インダストリ教育研究拠点.
寄附金の受入状況
2011年度, 井上科学振興財団, 井上科学振興財団 国際研究集会の開催経費援助.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」