九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
津田 誠(つだ まこと) データ更新日:2019.06.06

教授 /  薬学研究院 臨床薬学部門 ライフイノベーション分野


主な研究テーマ
痒みの分子細胞メカニズムに関する研究
キーワード:痒み,脊髄,ニューロン,グリア,一次求心性感覚神経
2012.04.
難治性疼痛の発症および形成メカニズムの解明
キーワード:神経障害性疼痛,ATP受容体,細胞内シグナル伝達,グリア細胞
1999.04.
従事しているプロジェクト研究
JSPS日独二国間交流セミナー
2014.04~2015.03, 代表者:神庭重信, 九州大学, 日本.
日本ーカナダ2国間医学研究協力事業
2004.04~2006.03, 代表者:井上和秀
P2X4による疼痛発現メカニズムを明らかにする.
研究業績
主要著書
1. 津田誠,井上和秀, 実践行動薬理学:脊髄ミクログリアのATP受容体を介する新しい神経障害性疼痛メカニズム, 株式会社金芳堂, 2010.03.
2. Toulme E, Tsuda M, Khakh BS, Inoue K, On the role of ATP-gated P2X receptors in acute, inflammatory and neuropathic pain, CRC Press, 2009.11.
3. M. Tsuda, K. Inoue, The nociceptive membrane, Current Topics in Membrane 57, Chapter 9. P2X receptors in sensory neurons., Elsevier, pp277-310, (2006), 2006.09.
主要原著論文
1. Shiratori-Hayashi M, Hasegawa A, Toyonaga H, Andoh T, Nakahara T, Kido-Nakahara M, Furue M, Kuraishi Y, Inoue K, Dong X, Tsuda M, Role of P2X3 receptors in scratching behavior in mouse models, J Allergy Clin Immunol, 10.1016/j.jaci.2018.10.053, 143, 3, 1252-1254.e8, 2019.03.
2. Tashima R, Koga K, Sekine M, Kanehisa K, Kohro Y, Tominaga K, Matsushita K, Tozaki-Saitoh H, Fukazawa Y, Inoue K, Yawo H, Furue H, Tsuda M, Optogenetic activation of non-nociceptive Aβ fibers induces neuropathic pain-like sensory and emotional behaviors after nerve injury in rats., eNeuro, 10.1523/ENEURO.0450-17.2018, 5, ENEURO.0450-17.2018, 2018.02.
3. Masuda T et al., Dorsal horn neurons release extracellular ATP in a VNUT-dependent manner that underlies neuropathic pain, Nat Commun, 7, 12529, 2016.08.
4. Tashima R et al., Bone marrow-derived cells in the population of spinal microglia after peripheral nerve injury, Sci Rep, 6, 23701, 2016.03.
5. Yuta Kohro et al., A new minimally-invasive method for microinjection into the mouse spinal dorsal horn, Sci Rep, 5, 14306, 2015.09.
6. Miho Shiatori-Hayashi et al., STAT3-dependent reactive astrogliosis in the spinal dorsal horn underlies chronic itch, NATURE MEDICINE, 10.1038/nm.3912, 21, 8, 927-931, 2015.08, Chronic itch is an intractable symptom of inflammatory skin diseases, such as atopic and contact dermatitis. Recent studies have revealed neuronal pathways selective for itch, but the mechanisms by which itch turns into a pathological chronic state are poorly understood. Using mouse models of atopic and contact dermatitis, we demonstrate a long-term reactive state of astrocytes in the dorsal horn of the spinal segments that corresponds to lesioned, itchy skin. We found that reactive astrogliosis depended on the activation of signal transducer and activator of transcription 3 (STAT3). Conditional disruption of astrocytic STAT3 suppressed chronic itch, and pharmacological inhibition of spinal STAT3 ameliorated the fully developed chronic itch. Mice with atopic dermatitis exhibited an increase in scratching elicited by intrathecal administration of the itch-inducer gastrin-releasing peptide (GRP), and this enhancement was normalized by suppressing STAT3-mediated reactive astrogliosis. Moreover, we identified lipocalin-2 (LCN2) as an astrocytic STAT3-dependent upregulated factor that was crucial for chronic itch, and we demonstrated that intrathecal administration of LCN2 to normal mice increased spinal GRP-evoked scratching. Our findings indicate that STAT3-dependent reactive astrocytes act as critical amplifiers of itching through a mechanism involving the enhancement of spinal itch signals by LCN2, thereby providing a previously unrecognized target for treating chronic itch..
7. Matsushita K et al., Chemokine (C-C motif) receptor 5 is an important pathological regulator in the development and maintenance of neuropathic pain., Anesthesiology, 120, 6, 1491-1503, 2014.06.
8. Masuda Takahiro et al., Transcription factor IRF5 drives P2X4R+-reactive microglia gating neuropathic pain., Nat Commun, 5, 3771, 2014.05, 神経のダメージで発症する慢性的な痛み(神経障害性疼痛)の原因タンパク質として「IRF5」を突き止めました。IRF5は、神経の損傷後に脳・脊髄の免疫細胞であるミクログリアで増え、IRF5欠損マウスでは痛みが弱くなっていました。さらに、2003年にP2X4受容体タンパク質のミクログリアでの増加が神経障害性疼痛に重要であることを英国科学誌Natureで発表していますが、今回見つかったIRF5がP2X4受容体を増やす実行役であることも明らかにしました。この研究成果は、慢性疼痛メカニズムの解明へ向けた大きな前進となり、痛みを緩和する治療薬の開発に応用できることが期待されます(Nature Communications誌掲載)。.
9. Masuda Takahiro, TSUDA MAKOTO, Ryohei Yoshinaga, Hidetoshi Saitoh, Keiko Ozato, Tomohiko Tamura, Kazuhide Inoue, IRF8 Is a Critical Transcription Factor for Transforming Microglia into a Reactive Phenotype, CELL REPORTS, 10.1016/j.celrep.2012.02.014, 1, 4, 334-340, 2012.04, 神経のダメージで発症する慢性的な激しい痛み(神経障害性疼痛)の原因タンパク質として「IRF8」を突き止めました。神経の損傷後,IRF8は脳・脊髄の免疫細胞と呼ばれる「ミクログリア」だけで劇的に増えており,同細胞の過度な活性化状態をつくりだして激しい痛みを引き起こすことを明らかにしました。また,IRF8は中枢神経においてミクログリア特異的に発現する転写因子として世界初の例であり,他の神経疾患においてもミクログリアの活性化が報告されていることから,他の領域にも本成果が波及することが期待できる。この研究成果は,慢性疼痛メカニズムの解明へ向けた大きな前進となり,痛みを緩和する治療薬の開発に応用できることが期待されます(Cell Reports誌掲載)。.
10. Biber K*, Tsuda M*, Tozaki-Saitoh H*, Tsukamoto K, Toyomitsu E, Masuda T, Boddeke H, Inoue K. (*equal contributors), Neuronal CCL21 up-regulates microglia P2X4 expression and initiates neuropathic pain development., EMBO J, 30, 9, 1864-1873, 2011.05.
11. Tsuda M, Kohro Y, Yano T, Tsujikawa T, Kitano J, Tozaki-Saitoh H, Koyanagi S, Ohdo S, Ji RR, Salter MW, Inoue K, JAK-STAT3 pathway regulates spinal astrocyte proliferation and neuropathic pain maintenance in rats., Brain, 134, 4, 1127-1139, 2011.04.
12. Tsuda M, Toyomitsu E, Kometani M, Tozaki-Saitoh H, Inoue K, Mechanisms underlying fibronectin-induced up-regulation of P2X4R expression in microglia: distinct roles of PI3K-Akt and MEK-ERK signalling pathways, J Cell Mol Med, 13, 9b, 3251-9, 2009.09.
13. Tsuda M, Kuboyama K, Inoue T, Nagata K, Tozaki-Saitoh H, Inoue K, Behavioral phenotypes of mice lacking purinergic P2X4 receptors in acute and chronic pain assays, Mol Pain, 5, 28, 2009.06.
14. Tsuda M, Masuda T, Kitano J, Shimoyama H, Tozaki-Saitoh H, Inoue K, IFN-gamma receptor signaling mediates spinal microglia activation driving neuropathic pain, Proc Natl Acad Sci U S A, 106, 19, 8032-8037, 2009.05.
15. Shinozaki Y, Sumitomo K, Tsuda M, Koizumi S, Inoue K, Torimitsu K, Direct Observation of ATP-Induced Conformational Changes in Single P2X4 Receptors, PLoS Biol, 7, 5, e103, 2009.05.
16. Tozaki-Saitoh H, Tsuda M, Miyata H, Ueda K, Kohsaka S, Inoue K, P2Y12 receptors in spinal microglia are required for neuropathic pain after peripheral nerve injury, J Neurosci 28: 4949-4956 (2008), 28: 4949-4956, 2008.05.
17. Tsuda M, Toyomitsu E, Komatsu T, Masuda T, Kunifusa E, Nasu-Tada K, Koizumi S, Yamamoto K, Ando J, Inoue K, Fibronectin/integrin system is involved in P2X(4) receptor upregulation in the spinal cord and neuropathic pain after nerve injury, Glia 56: 579-585 (2008), 2008.04.
18. Tsuda M, Ueno H, Kataoka A, Tozaki-Saitoh H, Inoue K, Activation of dorsal horn microglia contributes to diabetes-induced tactile allodynia via extracellular signal-regulated protein kinase signaling, Glia 56: 378-386 (2008), 2008.03.
19. Lyn tyrosine kinase is required for P2X4 receptor upregulation and neuropathic pain after peripheral nerve injury, Tsuda M, Tozaki-Saitoh H, Masuda T, Toyomitsu E, Tezuka T, Yamamoto T, Inoue K, Glia 56: 50-58 (2008), 2008.01.
20. Tsuda M, Hasegawa S, Inoue K, P2X receptors-mediated cytosolic phospholipase A2 activation in primary afferent sensory neurons contributes to neuropathic pain, J Neurochem 103: 1408-1416 (2007), 2007.11.
21. Koizumi S, Shigemoto-Mogami Y, Nasu-Tada K, Shinozaki Y, Ohsawa K, Tsuda M, Joshi BV, Jacobson KA, Kohsaka S, Inoue K., UDP acting at P2Y(6) receptors is a mediator of microglial phagocytosis., Nature. 446: 1091-1095 (2007), 2007.04.
22. Nasu-Tada K, Koizumi S, Tsuda M, Kunifusa E, Inoue K., Possible involvement of increase in spinal fibronectin following peripheral nerve injury in upregulation of microglial P2X4, a key molecule for mechanical allodynia., Glia. 2006 May;53(7):769-75., 2006.05.
23. Coull JA, Beggs S, Boudreau D, Boivin D, Tsuda M, Inoue K, Gravel C, Salter MW, De Koninck Y., BDNF from microglia causes the shift in neuronal anion gradient underlying neuropathic pain., Nature. 2005 Dec 15;438(7070):1017-21. , 10.1038/nature04223, 438, 7070, 1017-1021, 2005.12.
24. Tsuda M, Mizokoshi A, Shigemoto-Mogami Y, Koizumi S, Inoue K., Activation of p38 mitogen-activated protein kinase in spinal hyperactive microglia contributes to pain hypersensitivity following peripheral nerve injury., Glia. 2004 Jan 1;45(1):89-95., 10.1002/glia.10308, 45, 1, 89-95, 2004.01.
25. Tsuda M, Shigemoto-Mogami Y, Koizumi S, Mizokoshi A, Kohsaka S, Salter MW, Inoue K. Related Articles, Links , P2X4 receptors induced in spinal microglia gate tactile allodynia after nerve injury., Nature. 2003 Aug 14;424(6950):778-83., 10.1038/nature01786, 424, 6950, 778-783, 2003.08.
26. Tsuda M, Koizumi S, Kita A, Shigemoto Y, Ueno S, Inoue K., Mechanical allodynia caused by intraplantar injection of P2X receptor agonist in rats: involvement of heteromeric P2X2/3 receptor signaling in capsaicin-insensitive primary afferent neurons., J Neurosci. 2000 Aug 1;20(15):RC90., 20, 15, 2000.08.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Tsuda M, New approach for investigating neuropathic allodynia by optogenetics, Pain, 10.1097/j.pain.0000000000001506, 2019.05.
2. Inoue K, Tsuda M, Microglia in neuropathic pain: cellular and molecular mechanisms and therapeutic potential., Nat Rev Neurosci, 10.1038/nrn.2018.2, 2018.03, Acute nociceptive pain is a key defence system that enables the detection of danger signals that threaten homeostasis and survival. However, chronic pain (such as the neuropathic pain that occurs after peripheral nerve injury) is not simply a consequence of the continuity of acute nociceptive signals but rather of maladaptive nervous system function. Over recent decades, studies have provided evidence for the necessity and sufficiency of microglia for the alterations in synaptic remodelling, connectivity and network function that underlie chronic pain and have shed light on the underlying molecular and cellular mechanisms. It is also becoming clear that microglia have active roles in brain regions important for the emotional and memory-related aspects of chronic pain. Recent advances in the development of new drugs targeting microglia and the establishment of new sources of human microglia-like cells may facilitate translation of these findings from bench to bedside..
3. TSUDA MAKOTO et al., Microglial regulation of neuropathic pain, J Pharmacol Sci, 2013.10.
4. TSUDA MAKOTO, Beggs S, Salter MW, Kazuhide Inoue, Microglia and intractable chronic pain, Glia, 2013.01.
5. 津田 誠, 齊藤 秀俊, 井上 和秀, 末梢神経損傷による神経障害性疼痛とグリア, Brain and Nerve, 2012.11.
6. Tsuda M, Tozaki-Saitoh H, Inoue K., Purinergic system, microglia and neuropathic pain., Curr Opin Pharmacol., 2012.02.
7. Inoue K, Tsuda M, Microglia and neuropathic pain., Glia, 2009.11.
8. 津田 誠,井上和秀, 慢性疼痛における細胞外ヌクレオチドとその受容体の役割, 生化学, 2009.10.
9. 津田誠,齊藤秀俊,井上和秀, 神経障害性疼痛におけるATP受容体の役割, ペインクリニック別冊春号, 2009.04.
10. 津田誠, 脊髄ミクログリアを介する神経因性疼痛の発症維持メカニズム, 神経化学,46(4),820-826(2007), 2007.12.
11. Tsuda M, Inoue K, Salter MW., Neuropathic pain and spinal microglia: a big problem from molecules in "small" glia., Trends Neurosci. 2005 Feb;28(2):101-7., 2005.02.
主要学会発表等
1. Makoto Tsuda, Modulation of pain processing by spinal cord glia, 2018 Toronto Symposium on Synaptic Plasticity in Health and Diseases, 2018.08.
2. Makoto Tsuda, Seeking the mechanisms of chronic itch by scratching: sensory neurons, circuits, and glia, 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018), 2018.07.
3. 津田誠, 痒みの神経伝達機構, 第117回日本皮膚科学会総会, 2018.06.
4. 津田誠, 慢性掻痒の神経系メカニズム, 第117回日本皮膚科学会総会, 2018.06.
5. 津田誠, 脊髄後角のニューロン・グリア相互作用が作り出す慢性掻痒, 第40回日本疼痛学会, 2018.06.
6. 津田誠, 感覚情報処理における脊髄グリア細胞の役割, 第31回日本顎関節学会・第23回日本口腔顔面痛学会・第33回日本歯科心身医学会 合同大会, 2018.07.
7. 津田誠, 慢性的な痒みと脊髄グリア細胞, 生体機能と創薬シンポジウム2018, 2018.08.
8. 津田誠, 脊髄後角アストロサイトサブポピュレーションによる体性感覚制御, 第92回日本薬理学会年会, 2019.03.
9. 津田誠, 痒みの慢性化メカニズムをグリア細胞から探る, 日本薬学会第139年会, 2019.03.
10. 津田誠, 脊髄後角における体性感覚情報処理とグリア細胞, 第一回三融会主催武田神経科学シンポジウム, 2018.03.
11. 津田誠, 基礎から痛みを学ぶ, 角膜カンファランス2018, 2018.02.
12. 津田誠, 慢性疼痛発症のメカニズムから考える神経障害性疼痛の治療標的, 第352回福岡臨床整形外科医会研修会, 2017.11.
13. Makoto Tsuda, Modulation of mechanical sensitivity by spinal glial cells, 7th Asian pain symposium , 2017.10.
14. Makoto Tsuda, Glial cells: key elements for the pathogenesis of neuropathic pain, Asia Dry Eye Summit 2017, 2017.10.
15. 津田 誠,高露雄太,井上和秀, 脊髄後角アストロサイトによる体性感覚情報プロセシング変化, 第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会 合同年会, 2017.09.
16. Makoto Tsuda, Purinergic stimulation of spinal microglia contributes to chronic pain, XIII European Meeting on Glial Cells in Health and Disease, 2017.07.
17. 津田誠, かゆみの慢性化における脊髄後角アストロサイトの関与, 順天堂大学環境医学研究所 特別学術シンポジウム, 2017.06.
18. 津田 誠, グリア細胞から紐解く神経障害性疼痛メカニズム, 第39回日本疼痛学会, 2017.06.
19. Makoto Tsuda, Microglial modulation of neuropathic pain, Translational Pain Research Symposium, 2017.06.
20. 津田 誠, アトピー性皮膚炎等の慢性掻痒に対する中枢神経系を標的にした創薬戦略, 日本薬学会第137年会, 2017.03.
21. 津田 誠, 神経障害性アロディニア研究における光遺伝学を用いた新たな道, 第90回日本薬理学会年会, 2017.03.
22. 津田 誠, P2Xチャネルを介したミクログリアの活性化と慢性疼痛, 第90回日本薬理学会年会, 2017.03.
23. 津田 誠, 慢性のかゆみの原因を解き明かす, 第90回日本薬理学会年会, 2017.03.
24. TSUDA MAKOTO, Glial cells in the spinal cord and chronic pain, 19th Takeda Science Foundation Symposium on Bioscience, 2017.01.
25. 津田 誠, Glial cells in the spinal dorsal horn: key players for chronic pain and itch, 第21回グリア研究会, 2016.12.
26. TSUDA MAKOTO, Microglial purinergic signaling and neuropathic pain, 46th Annual Meeting Society for Neuroscience, 2016.11.
27. TSUDA MAKOTO, Spinal microglia activated by purinergic receptors and neuropathic pain, PSK-PSJ joint-symposium in 2016, 2016.10.
28. 津田 誠, Crucial role of spinal dorsal horn astrocytes in itch chronicity, 第26回国際痒みシンポジウム, 2016.10.
29. 津田 誠, 痛みと痒みの慢性化とグリア細胞, 第36回鎮痛薬オピオイドペプチドシンポジウム, 2016.08.
30. 津田 誠, 痛みの慢性化に重要なグリア細胞, 第46回日本神経精神薬理学会年会, 2016.07.
31. TSUDA MAKOTO, Spinal Microglia Activated by Purinergic Signaling and Neuropathic Pain, Keystone Symposia on Microglia in the Brain, 2016.06.
32. 津田 誠, 痒みの慢性化と脊髄後角アストロサイト, 第115回日本皮膚科学会総会, 2016.05.
33. 津田 誠, 脊髄後角アストロサイトによる感覚情報伝達変調, 第24回日本腰痛学会, 2016.04.
34. 津田 誠ら, 神経障害性疼痛におけるP2X4受容体陽性ミクログリアの役割, 日本薬学会第136年会, 2016.03.
35. 津田 誠, 神経障害性疼痛の解明を目指した光遺伝学アプローチ, 第89回日本薬理学会年会, 2016.03.
36. 津田 誠, A crucial role of spinal astrocytes in chronic itch, 第89回日本薬理学会年会, 2016.03.
37. 津田 誠, Microglial purinergic signaling in the spinal cord and neuropathic pain, 6th Asian Pain Symposium, 2015.11.
38. 津田 誠, 難治性疼痛におけるグリア細胞ATP受容体の関与, 第9回日本緩和医療薬学会年会, 2015.10.
39. 津田 誠, Dorsal horn astrocytes: new player in chronic itch, 8th World Congress on Itch (WCI 2015), 2015.09.
40. 津田 誠, 体性感覚系疾患におけるグリア細胞の役割, 第45回日本神経精神薬理学会, 2015.09.
41. 津田 誠ら, Microglial transcription factors and neuropathic pain, 第58回日本神経化学会大会, 2015.09.
42. 津田 誠ら, Spinal glial cells and chronic pain, 2015 Cold Spring Harbor Asia Conference, 2015.06.
43. 津田 誠, Microglia as a pain maker in neuropathic pain: Rodent studies, 13th World Congress of Biological Psychiatry, 2015.06.
44. 津田 誠ら, 脊髄グリア細胞からの研究アプローチ, 第29回日本整形外科学会基礎学術集会, 2014.10.
45. TSUDA MAKOTO et al., Microglial purinoceptors and chronic pain, Purines2014, 2014.07.
46. TSUDA MAKOTO et al., Non-cell-autonomous modulation of neuropathic pain by microglia, 17th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, 2014.07.
47. 津田 誠, グリア細胞から見た神経障害性疼痛メカニズム, 第55回日本神経学会学術大会, 2014.05.
48. 津田 誠, 神経障害性疼痛-ミクログリアを中心とした病態メカニズム-, 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会, 2014.04.
49. 津田 誠, 神経障害性疼痛-ミクログリアを中心とした病態メカニズム-, 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会, 2014.04.
50. 津田 誠, 井上 和秀, かゆみの慢性化における脊髄内メカニズム, 第87回日本薬理学会年会, 2014.03.
51. TSUDA MAKOTO, Purinergic signaling and chronic pain, Areces Foundation Symposium, 2014.03.
52. TSUDA MAKOTO, World First Discovery and Research-Neuropathic Pain, Neuralgia, 12th Asia Pacific Pharmaceutical Symposium, 2013.08.
53. 津田 誠, 井上 和秀, 神経障害性疼痛と脊髄グリア細胞, 日本ペインクリニック学会第47回大会, 2013.07.
54. 津田 誠, 増田 隆博, 吉永遼平, 岩本祥佑, 田村智彦, 井上 和秀, ミクログリアでのP2X4受容体発現と神経障害性疼痛におけるIRF転写因子ネットワークの役割, 日本薬学会第133回年会, 2013.03.
55. 齊藤 秀俊, 津田 誠, 井上 和秀, 転写因子MafBはミクログリアの活性化過程を調節し神経障害性疼痛に関 与する, 日本薬学会第133回年会, 2013.03.
56. 高露雄太, 津田 誠, 坂口瑛美, 齊藤 秀俊, 岡野栄之, 井上 和秀, アストロサイト特異的STAT3欠損マウスでは神経損傷後のアストロサイトの活性化と神経障害性疼痛が抑制される, 日本薬学会第133回年会, 2013.03.
57. 西本奈央, 増田 隆博, 冨山大輔, 吉永遼平, 田村智彦, 齊藤 秀俊, 津田 誠, 井上 和秀, 転写因子IRF8欠損によるATP誘発ミクログリアケモタキシスの抑制, 第86回日本薬理学会年会, 2013.03.
58. 増田 隆博, 津田 誠, 吉永遼平, 岩本祥佑, 西山晃, 西本奈央, 齊藤 秀俊, 田村智彦, 井上 和秀, IRF8-IRF5軸は神経障害性疼痛発現を担うP2X4受容体高発現ミクログリアを誘導する, 第86回日本薬理学会年会, 2013.03.
59. 赤木貴紀, 津田 誠, 増田 隆博, 齊藤 秀俊, 田村智彦, 井上 和秀, 線維筋痛症モデルマウスで発症するアロディニアにおけるIRF8の役割, 第86回日本薬理学会年会, 2013.03.
60. 川田竜, 齊藤 秀俊, 増田 隆博, 津田 誠, 井上 和秀, 転写因子MafBは末梢神経損傷後の神経障害性疼痛発症に寄与する, 第86回日本薬理学会年会, 2013.03.
61. 小嶋ちなみ, 齊藤 秀俊, 津田 誠, 井上 和秀, CCL21による脊髄ミクログリアのMafB発現誘導, 第86回日本薬理学会年会, 2013.03.
62. 高露雄太, 津田 誠, 坂口瑛美, 齊藤 秀俊, 岡野栄之, 井上 和秀, アストロサイト特異的STAT3欠損は神経損傷後のアストロサイト活性化および神経障害性疼痛を抑制する, 第86回日本薬理学会年会, 2013.03.
63. Masuda Takahiro, TSUDA MAKOTO, Ryohei Yoshinaga, Hidetoshi Saitoh, Keiko Ozato, Tomohiko Tamura, Kazuhide Inoue, IRF8 is a critical transcription factor required for transforming microglia into a reactive phenotype after nerve injury, 42th Annual Meeting Society for Neuroscience, 2012.10.
64. TSUDA MAKOTO, Masuda Takahiro, Kazuhide Inoue, Spinal cord microglia in neuropathic pain signaling, 11th Biennial Meeting of Asian Pacific Society for Neurochemistry and 55th Meeting of Japanese Society for Neurochemistry, 2012.10.
65. Masuda Takahiro, TSUDA MAKOTO, Ryohei Yoshinaga, Tomohiko Tamura, Kazuhide Inoue, IRF5 is required for IRF8-derived microglial activation and contributes to neuropathic pain, 第55回日本神経化学会大会(APSN/JSN 2012), 2012.09.
66. 津田 誠, 井上 和秀, 活性化ミクログリアの転写制御と神経障害性疼痛, 第35回日本神経科学大会Neuro2012, 2012.09.
67. 津田 誠, 井上 和秀, Neuropathic pain:新たな病態解明と画期的新薬の開発をめざして, 第23回日本末梢神経学会学術集会, 2012.09.
68. 増田 隆博, 津田 誠, 田村智彦, 井上 和秀, IRFファミリー転写因子群によるミクログリア遺伝子の発現制御と神経障害性疼痛, 第34回日本疼痛学会, 2012.07.
69. TSUDA MAKOTO, Masuda Takahiro, Ryohei Yoshinaga, Hidetoshi Saitoh, Keiko Ozato, Tomohiko Tamura, Kazuhide Inoue, IRF8 is a critical transcription for transforming microglia into a reactive phenotype, The 7th International Conference of Neurons and Brain Diseases, 2012.06.
70. Masuda Takahiro, TSUDA MAKOTO, Ryohei Yoshinaga, Nao Nishimoto, Shosuke Iwamoto, Hidetoshi Saitoh, Tomohiko Tamura, Kazuhide Inoue, IRF Family Transcription Factor Axis Governs Gene Expression Program in Microglia Gating Neuropathic Pain, Purine 2012, 2012.06.
71. TSUDA MAKOTO, Masuda Takahiro, Hidetoshi Saitoh, Kazuhide Inoue, Transcriptional regulation of P2X4R and neuropathic pain, Purine 2012, 2012.05.
72. Hidetoshi Saitoh, Emika Toyomitsu, TSUDA MAKOTO, 山下 智大, Yoshitaka Tanaka, Kazuhide Inoue, CCL2 promotes P2X4 receptor trafficking to the cell surface of microglia, Purine 2012, 2012.05.
73. 津田誠,井上和秀, 難治性慢性疼痛におけるミクログリアの重要性, 第117回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2012.03.
74. 増田隆博,津田誠,吉永遼平,西本奈央,岩本祥祐,田村智彦,井上和秀, 神経障害性疼痛時におけるIRFファミリー転写因子を基軸としたミクログリア遺伝子の発現制御, 第85回日本薬理学会年会, 2012.03.
75. 吉永遼平,津田誠,増田隆博,西本奈央,齊藤秀俊,田村智彦,井上和秀, 脊髄ミクログリアのinterferon regulatory factor-5は神経障害性疼痛の発現に重要な転写因子である, 第85回日本薬理学会年会, 2012.03.
76. 津田誠,井上和秀, グリア細胞の役割から慢性疼痛メカニズムを探る, 第85回日本薬理学会年会, 2012.03.
77. Makoto Tsuda, Takahiro Masuda, Kazuhide Inoue, IRF8 is a critical transcription factor required for microglia activation, 第34回分子生物学会, 2011.12.
78. 津田誠,高露雄太,辻川智子,矢野貴之,北野順子,齊藤秀俊,井上和秀, 神経障害性疼痛の維持におけるJAK-STAT3 シグナリングの役割, 第39回薬物活性シンポジウム, 2011.11.
79. 津田誠,増田隆博,齊藤秀俊,井上和秀, 神経障害性疼痛に重要なミクログリア転写因子, 第39回薬物活性シンポジウム, 2011.11.
80. 津田誠,井上和秀, 神経障害性疼痛とグリア細胞~その役割と分子メカニズム~, 第4回日本運動器疼痛学会, 2011.11.
81. 増田隆博,津田誠,吉永遼平,齊藤秀俊,田村智彦,井上和秀, Interferon regulatory factor-8は、神経損傷後に見られる脊髄ミクログリアの過活動状態への移行に重要な転写因子である, 第54回日本神経化学会大会, 2011.09.
82. 吉永遼平,津田誠,増田隆博,西本奈央,齋藤秀俊,田村智彦,井上和秀, 脊髄ミクログリアのinterferon regulatory factor-5は神経障害性疼痛の発現に重要な転写因子である, 第54回日本神経化学会大会, 2011.09.
83. Masuda, T.; Tsuda, M.; Yoshinaga, R.; Tozaki-Saitoh, H.; Tamura, T.; Inoue, K., IRF8 transcription factor directs microglia to be a hyperactive phenotype, 10th Euroglia Meeting on Glial Cells in Health and Diseases, 2011.09.
84. Makoto Tsuda, Takahiro Masuda, Kazuhide Inoue, Microglia in pain signaling, 10th Euroglia Meeting on Glial Cells in Health and Diseases, 2011.09.
85. 津田誠,井上和秀, 脊髄グリア細胞から探る神経障害性疼痛メカニズム
, 第16回日本緩和医療学会学術大会, 2011.07.
86. Makoto Tsuda, Spinal microglia: crucial non-neuronal cells for neuropathic pain, 2nd KPRC Seoul Pain Symposium Program, 2011.06.
87. 津田誠,井上和秀, 痛みの慢性化を抑制するグリア細胞制御, 日本麻酔科学会第58回学術集会, 2011.05.
88. 津田誠,Knut Biber,齊藤秀俊,塚本恵子,豊満笑加,増田隆博,Hendrikus Boddeke,井上和秀, ミクログリアでのP2X4受容体発現を増加させ神経障害性疼痛の形成に関与する損傷ニューロン由来因子CCL21, 第84回日本薬理学会年会, 2011.03.
89. 津田誠,高露雄太,辻川智子,矢野貴之,北野順子,齊藤秀俊,井上和秀, JAK-STAT3シグナリングは神経障害性疼痛の維持に重要な脊髄アストロサイトの増殖を調節する, 第84回日本薬理学会年会, 2011.03.
90. 津田誠,井上和秀, 脊髄ミクログリア細胞-神経因性疼痛の新しい治療薬開発ターゲットになり得るか?, 第25回日本整形外科学会基礎学術集会, 2010.10.
91. 津田誠,井上和秀, ATP受容体とミクログリア細胞を標的にした新しい鎮痛薬の可能性, 第4回日本緩和医療薬学会年会, 2010.09.
92. 津田誠,増田隆博,齊藤秀俊,井上和秀, 脊髄ミクログリア:難治性慢性疼痛における重要な役者, Neuro2010(第33回日本神経科学大会、第53回日本神経化学会大会ならびに第20回日本神経回路学会大会), 2010.09.
93. 津田誠,井上和秀, ATP受容体から難治性慢性疼痛メカニズムを探る, 日本薬学会第130年会, 2010.03.
94. 津田誠,井上和秀, 痛みの慢性化メカニズムにおけるP2Xイオンチャネルの役割, 日本薬学会第130年会, 2010.03.
95. 津田誠,井上和秀, グリア細胞を標的にした新しい鎮痛薬の可能性, 日本薬学会第130年会, 2010.03.
96. Makoto Tsuda, (Medical/Neuroscience) Glia & Diseases: Spinal microglia are key players for understanding mechanisms of intractable chronic pain, 4th Symposium of Japanese-French Frontiers of Science (JFFoS), 2010.01.
97. Makoto Tsuda, Kazuya Kuboyama, Tomoyuki Inoue, Kenichiro Nagata, Hidetoshi Tozaki-Saitoh and Kazuhide Inoue, Behavioral phenotypes of mice lacking purinergic P2X4 receptors in acute and chronic pain assays, 39th Annual Meeting Society for Neuroscience, 2009.10.
98. 津田誠,井上和秀, ミクログリアと疼痛, 第52回日本神経化学会大会, 2009.06.
99. 津田誠,井上和秀, 難治性疼痛メカニズム解明への鍵となるミクログリア細胞, 第82回日本薬理学会年会, 2009.03.
100. 津田誠,井上和秀, 脊髄グリア細胞の役割から慢性痛のメカニズムを探る, 第38回日本慢性疼痛学会, 2009.02.
101. 津田誠,井上和秀, 慢性疼痛モデルで発現変動する分子の疼痛行動や細胞機能における役割の解析, 福岡ペイン2008, 2008.07.
102. Makoto Tsuda, Takahiro Masuda, Hidetoshi Tozaki-Saitoh, Kazuhide Inoue, Regulation of neuropathic pain through activated microglia in the spinal cord, The 3rd Asian Pain Symposium, 2008.07.
103. 津田誠,齊藤秀俊,井上和秀, ミクログリアに発現するATP受容体と神経因性疼痛, 第81回日本薬理学会年会, 2008.03.
104. Tsuda M, Inoue K, Role of microglial ATP receptors in neuropathic pain, US-Japan joint meeting for glia research, 2008.03.
105. Tsuda M, Masuda T, Tezuka T, Kitano J, Yamamoto T, Inoue K, Src-family tyrosine kinase Lyn in microglia contributes to neuropathic pain after peripheral nerve injury, 37th Annual Meeting Society for Neuroscience , 2007.11.
106. 津田誠, Mechanisms underlying neuropathic pain through spinal microglia, 第50回日本神経化学会大会 / Neuro2007, 2007.09.
107. 津田誠,井上和秀, ミクログリアのグリア伝達物質と神経因性疼痛, 第84回日本生理学会大会, 2007.03.
108. 津田誠, ATP受容体を介した難治性疼痛発症維持機構, 第80回日本薬理学会年会, 2007.03.
109. 津田誠,井上和秀, 慢性疼痛における脊髄グリア細胞の重要性, 第36回日本慢性疼痛学会, 2007.02.
110. 津田誠, 神経およびグリア細胞培養系を利用した疼痛基礎研究, 第112回日本ペインクリニック学会, 2006.07.
111. 津田誠,井上和秀, P2X4受容体発現制御因子と難治性疼痛, 第79回日本薬理学会年会, 2006.03.
112. 津田 誠,井上和秀, Role of spinal microglia in the pathogenesis of neuropathic pain, 第48回日本神経化学会大会, 2005.08.
特許出願・取得
特許出願件数  1件
特許登録件数  0件
その他の優れた研究業績
2019.01, 学術論文「Role of P2X3 receptors in scratching behavior in mouse models」がJ Allergy Clin Immunol 誌に掲載された。.
2018.03, 神経障害性疼痛とミクログリアに関する総説「Microglia in neuropathic pain: cellular and molecular mechanisms and therapeutic potential」がNature Reviews Neuroscience誌に掲載された。.
2015.07, 学術論文「STAT3-dependent reactive astrogliosis in the spinal dorsal horn underlies chronic itch」がNature Medicine誌に掲載された。.
学会活動
所属学会名
日本生化学会
日本神経科学学会
日本薬学会
日本運動器疼痛学会
Society for Neuroscience
日本神経化学会
日本疼痛学会
日本神経精神薬理学会
日本薬理学会
学協会役員等への就任
2018.04, 日本運動器疼痛研究会, 運営委員.
2016.10~2018.10, 日本神経精神薬理学会, 運営委員.
2018.04~2019.03, 日本薬理学会, 運営委員.
2018.04, 日本運動器疼痛研究会, 運営委員.
2017.09, 日本神経化学会, 運営委員.
2016.04~2018.03, 日本薬理学会, 運営委員.
2016.04~2018.03, 日本薬理学会, 運営委員.
2014.06~2015.05, 日本疼痛学会, 理事.
2012.10, 日本神経精神薬理学会, 評議員.
2012.04~2013.03, 日本薬理学会, 代議員.
2010.07, 日本疼痛学会, 評議員.
2008.12, 日本運動器疼痛学会, 評議員.
2008.09, 日本神経化学会, 評議員.
2006.10~2008.09, 日本薬理学会, 代議員.
2005.04, 日本薬理学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.03.15~2017.03.17, 第90回日本薬理学会年会, 組織委員.
2019.03.20~2019.03.23, 日本薬学会第139年会, シンポジウムオーガナイザー.
2019.03.14~2019.03.16, 第92回日本薬理学会年会, シンポジウムオーガナイザー.
2018.12.01~2018.12.02, 第11回日本運動器疼痛学会, 一般演題座長.
2018.11.17~2018.11.17, 第71回日本薬理学会西南部会, 一般演題座長.
2018.11.17~2018.11.17, 第71回日本薬理学会西南部会, 実行委員.
2018.09.06~2018.09.08, 第61回日本神経化学会, シンポジウムオーガナイザー.
2018.08.23~2018.08.24, 生体機能と創薬シンポジウム2018, シンポジウムオーガナイザー.
2018.07.01~2018.07.06, 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018), Oral session座長.
2018.06.15~2018.06.16, 第40回日本疼痛学会, 教育講演座長.
2018.06.15~2018.06.16, 第40回日本疼痛学会, プログラム委員.
2017.11.18~2017.11.19, 第10回日本運動器疼痛学会, 座長.
2017.09.28~2017.09.30, 第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会 合同年会, プログラム委員.
2017.09.28~2017.09.30, 第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会 合同年会, プログラム委員.
2017.09.07~2017.09.09, 第60回神経化学会大会, プログラム委員.
2017.09.07~2017.09.09, 第60回神経化学会大会, 座長.
2017.09.07~2017.09.09, 第60回神経化学会大会, プログラム委員.
2017.08.24~2017.08.25, 生体機能と創薬シンポジウム2017, 実行委員.
2017.07.24~2017.07.25, 生体機能と創薬シンポジウム2017, シンポジウムオーガナイザー.
2017.03.15~2017.03.17, 第90回日本薬理学会年会, 組織委員.
2017.03.15~2017.03.17, 第90回日本薬理学会年会, シンポジウムコメンテーター.
2017.03.15~2017.03.17, 第90回日本薬理学会年会, シンポジウムオーガナイザー.
2017.01.30~2017.01.31, 平成28年度 岡崎生理研研究会「痛みの理解を目指した先端的アプローチ」, 主催.
2017.01.30~2017.01.31, 平成28年度 岡崎生理研研究会, 主催.
2016.11.26~2016.11.26, 第69回日本薬理学会西南部会, 座長(Chairmanship).
2016.09.08~2016.09.10, 第60回日本神経化学会大会, 座長(Chairmanship).
2016.07.02~2016.07.03, 第46回日本神経精神薬理学会, プログラム委員.
2016.06.24~2016.04.25, 第38回日本疼痛学会, 座長(Chairmanship).
2016.03.09~2016.03.11, 第89回日本薬理学会年会, 座長(Chairmanship).
2016.03.09~2016.03.11, 第89回日本薬理学会年会, シンポジウムオーガナイザー.
2015.12.17~2015.12.18, 平成27年度 岡崎生理研研究会「痛みの理解を目指した先端的アプローチ」, 主催.
2015.09.24~2015.09.26, 第45回日本神経精神薬理学会, プログラム委員.
2015.09.11~2016.09.13, 第58回神経化学会大会, 座長(Chairmanship).
2015.07.28~2015.07.30, 第38回日本神経科学大会, 座長(Chairmanship).
2015.03.25~2015.03.28, 日本薬学会第135年会, 座長(Chairmanship).
2014.12.06~2014.12.06, 第31回日本薬学会九州支部大会, 座長(Chairmanship).
2014.11.23~2014.11.23, 第67回日本薬理学会西南部会, 座長(Chairmanship).
2014.10.03~2014.10.05, 第8回日本緩和医療薬学会年会, プログラム委員.
2014.07.05~2014.07.05, 第130回日本薬理学会関東部会, 座長(Chairmanship).
2014.06.30~2014.07.02, 日本学術振興会二国間(日独)交流事業研究セミナー, 座長(Chairmanship).
2014.03.28~2014.03.30, 日本薬学会第134年会, オーガナイザー.
2014.03.19~2014.03.21, 第87回日本薬理学会年会, オーガナイザー.
2014.03.11~2014.03.12, Areces Foundation Symposium, 座長(Chairmanship).
2013.12.12~2013.12.12, 第4回福岡薬理・生理研究会, 主催.
2013.11.16~2013.11.16, 第66回日本薬理学会西南部会, 座長(Chairmanship).
2013.08.29~2013.08.30, 生体機能と創薬シンポジウム, 実行委員.
2013.06.20~2014.06.23, Neuro2013, プログラム委員.
2013.06.20~2013.06.24, Neuro2013, 座長(Chairmanship).
2013.03.21~2013.03.23, 第86回日本薬理学会年会, 座長(Chairmanship).
2012.11.17~2012.11.17, 第5回運動器疼痛学会, 座長(Chairmanship).
2012.09.15~2012.09.16, 第11回次世代を担う若手ファーマバイオフォーラム, 座長(Chairmanship).
2012.06.07~2012.06.09, 日本麻酔科学会第59回学術集会.
2012.05.31~2012.06.02, Purine2012, 事務局長.
2011.03.22~2011.03.24, 第84回日本薬理学会年会, 座長(Chairmanship).
2011.03.14~2011.03.16, 第85回日本薬理学会年会, 座長(Chairmanship).
2011.03.13~2011.03.13, 第21回神経行動薬理若手研究者の集い, 座長(Chairmanship).
2010.09.02~2010.09.04, Neuro2010(第33回日本神経科学大会、第53回日本神経化学会大会ならびに第20回日本神経回路学会大会), 実行委員.
2010.09.02~2010.09.04, Neuro2010(第33回日本神経科学大会、第53回日本神経化学会大会ならびに第20回日本神経回路学会大会), 座長(Chairmanship).
2010.03.16~2010.03.18, 第83回日本薬理学会年会, 座長(Chairmanship).
2009.07.23~2010.07.25, Fukuoka Purine 2009, 実行委員.
2009.03.19~2009.03.19, 第18回神経行動薬理若手研究者の集い, 座長(Chairmanship).
2009.03.16~2009.03.18, 第82回日本薬理学会年会, 座長(Chairmanship).
2008.11.02~2008.11.02, トランスポーターワークショップ IN 福岡, 座長(Chairmanship).
2008.09.04~2008.09.05, 生理学研究所研究会『病態と細胞外プリン-治療標的としての可能性を探る』, 座長(Chairmanship).
2008.07, 第30回日本疼痛学会 / 福岡ペイン2008, プログラム委員.
2007.03, 第80回日本薬理学会年会, 座長(Chairmanship).
2006.11, 平成18年度生理研研究会「痛みの分子メカニズムと治療戦略」, 座長(Chairmanship).
2006.09, 平成18年度生理学研究所研究会「Neuro-glio-vascular interaction におけるプリン作動性シグナリングの病態生理的機能」, 座長(Chairmanship).
2006.07, 第40回日本ペインクリニック学会, 座長(Chairmanship).
2005.07, The fifth Japan-Korea Joint Symposium of Brain Sciences, and Cardiac and Smooth Muscles, 座長(Chairmanship).
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2017.01~2019.01, Scientific Reports, 国際, 編集委員.
2016.04, J Pharmacol Sci , 国際, 編集委員.
2015.09, Purinergic Signalling, 国際, 編集委員.
2015.09, Molecular Pain, 国際, 編集委員.
2008.08, The Open Pain Journal, 国際, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度 33  53  88 
2017年度 43  17  60 
2016年度 39      47 
2015年度 29  33 
2014年度 29  32 
2013年度 25    34 
2012年度 23  200  64  287 
2011年度 31    150    181 
2010年度 23  23 
2009年度 14  14 
2008年度 13        13 
2007年度 14        14 
2006年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Hospital for Sick Children, Canada, 2018.08~2018.08.
Keystone, UnitedStatesofAmerica, 2016.06~2016.06.
ジョンズホプキンス大学, UnitedStatesofAmerica, 2016.11~2016.11.
台北医科大学, Taiwan, 2015.11~2015.11.
University of Toronto / Hospital for Sick Children, Canada, 2016.03~2016.03.
University of Calgary, Canada, 2013.05~2013.05.
National University of Singapore, Singapore, 2012.03~2012.03.
Brigham & Women's Hospital Harvard Medical School, Hospital for Sick Children, UnitedStatesofAmerica, Canada, 2011.03~2011.03.
Sydney University, Australia, 2011.02~2011.02.
Sydney University, Australia, 2010.03~2010.03.
Programme in Brain and Behaviour, Hospital for Sick Children, Canada, 2002.04~2004.03.
外国人研究者等の受入れ状況
2017.12~2017.12, 2週間未満, UnitedKingdom.
2017.03~2017.03, 2週間以上1ヶ月未満, トロント大学, Canada.
2016.03~2016.03, 2週間未満, トロント大学・トロント小児病院, Canada.
2015.03~2015.03, 2週間以上1ヶ月未満, トロント大学, Canada, 学内資金.
2014.01~2015.01, 2週間未満, トロント大学,トロント小児病院, Canada, 学内資金.
2007.03~2007.05, 1ヶ月以上, Germany.
受賞
日本薬学会学術振興賞, 日本薬学会, 2019.03.
平成25年度九州大学研究活動表彰, 九州大学, 2013.11.
Best Poster Award, The 7th International Conference of Neurons and Brain Diseases, 2012.06.
平成24年度九州大学研究活動表彰, 九州大学, 2012.11.
平成23年度九州大学研究活動表彰, 九州大学, 2011.11.
Best Poster Award, The 3rd International Conference of Neurons and Brain Disease, 2008.08.
平成19年度日本神経化学会奨励賞(最優秀賞), 日本神経化学会, 2007.09.
平成19年度文部科学大臣表彰若手科学者賞, 文部科学省, 2007.04.
第22回日本薬理学会学術奨励賞, 日本薬理学会, 2007.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2022年度, 基盤研究(A), 代表, 神経障害性アロディニアに直結する神経回路機能異常の解明.
2015年度~2018年度, 基盤研究(A), 代表, 新しいミクログリア細胞群を切り口とした神経障害性疼痛の慢性化メカニズムの解明.
2015年度~2016年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, アトピー性皮膚炎の慢性掻痒メカニズムの解明を目指した新しい研究アプローチ.
2015年度~2018年度, 基盤研究(A), 代表, 新しいミクログリア細胞群を切り口とした神経障害性疼痛の慢性化メカニズムの解明.
2011年度~2014年度, 基盤研究(A), 代表, ミクログリア転写因子IRF8を介する神経障害性疼痛発症維持メカニズム(*重複制限で辞退).
2008年度~2010年度, 若手研究(A), 代表, ミクログリア細胞においてP2X4受容体依存的に誘導される神経因性疼痛遺伝子の特定.
2006年度~2010年度, 学術創成研究費, 分担, 神経因性疼痛発症メカニズムの解明.
2005年度~2007年度, 特定領域研究, 分担, 細胞外ATPを介したアストログリアーニュロン相互調節機構の解明.
2005年度~2007年度, 若手研究(A), 代表, 難治性疼痛におけるグリア細胞活性化の分子的基盤.
2005年度~2006年度, 萌芽研究, 代表, 難治性慢性疼痛時のミクログリアにおけるP2X4受容体発現増強分子の同定.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2014年度~2015年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 慢性疼痛のトランスレーショナルリサーチ:精神心理学的・神経免疫学的側面からの病態解明と評価法開発.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2016年度~2017年度, 二国間交流, 代表, 慢性掻痒に重要な脊髄アストロサイトの活性化に関与する一次求心性神経の特定.
2010年度~2013年度, 最先端・次世代研究開発支援プログラム, 代表, ミクログリア転写因子IRF8を切り口にした慢性疼痛メカニズムの解明.
2009年度~2010年度, 先端研究拠点事業 拠点形成型, 分担, グリアーニューロン相互作用をターゲットとした難治性疼痛発症機序解明と創薬への展開.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2017年度~2018年度, 二国間交流事業 共同研究・セミナー, 代表, 慢性掻痒に重要な脊髄アストロサイトの活性化に関与する一次求心性神経の特定.
2011年度~2015年度, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省), 連携, 炎症の慢性化機構の解明と制御に向けた基盤技術の創出.
2009年度~2009年度, 持田記念医学薬学新興財団 研究助成金, 代表, 神経損傷によるミクログリア細胞増殖とその神経因性疼痛発症における役割.
2005年度~2005年度, 武田科学振興財団・薬学系研究奨励, 代表, ミクログリア由来疼痛関連液性因子の同定.
2005年度~2005年度, 上原記念生命科学財団・研究奨励金, 代表, 難治性疼痛時の脊髄ミクログリアにおけるP2X4受容体発現増強機構の解明.
2002年度~2002年度, 上原記念生命科学財団・ポストドクトラルフェローシップ, 代表, 難治性疼痛におけるグリア由来因子の役割.
2016年度~2018年度, AMED 免疫アレルギー疾患等実用化研究事業, 代表, 皮膚バリアに影響する一次求心性神経由来シグナル分子の特定.
2016年度~2020年度, AMED 革新的先端研究開発支援事業, 分担, 慢性疼痛における糖脂質シグナルの作動機序解明と創薬に向けた研究.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2018.04~2019.04, 代表, メカノ作動性分子を標的としたドラッグリポジショニング研究.
2017.04~2018.03, 代表, メカノ作動性分子を標的としたドラッグリポジショニング研究.
2017.04~2018.03, 代表, ATP受容体によるインスリン開口分泌調整機構の解明.
2016.06~2018.03, 代表, 慢性の痒みと痛みのメカニズムと治療法の開発に関する研究.
2016.04~2017.03, 代表, メカノ作動性分子を標的としたドラッグリポジショニング研究.
2014.04~2015.03, 代表, 難治性慢性疼痛の神経科学的メカニズムの解明.
寄附金の受入状況
2018年度, 公益財団法人 内藤記念科学振興財団, 第47回内藤記念特定研究助成金.
2014年度, 東レ科学振興会, 東レ科学技術研究助成.
2014年度, アステラス病態代謝研究会, アステラス病態代謝研究会研究助成金.
2014年度, 武田科学振興財団, 武田科学振興財団ビジョナリーリサーチ助成.
2008年度, 財団法人病態代謝研究会, 第40回病態代謝研究会研究助成金/ミクログリアにおけるATP受容体の発現を誘導するニューロン由来疼痛関連因子.
2008年度, 財団法人持田記念医学薬学振興財団, 第26回持田記念研究助成金/神経損傷によるミクログリア細胞増殖とその神経因性疼痛発症における役割
.
2005年度, 財団法人 武田科学振興財団, 2005年度薬学系研究奨励金 / ミクログリア由来疼痛関連液性因子の同定.
学内資金・基金等への採択状況
2014年度~2015年度, 平成26年度運営費交付金特別経費(国立大学の機能強化)による世界トップレベル研究者招へいプログラム「Progress 100」, 代表, Progress100.
2007年度~2009年度, 総長裁量経費にかかる研究スーパースター支援プログラム, 代表, -.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」