九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
土屋 智行(つちや ともゆき) データ更新日:2019.06.24



主な研究テーマ
定型表現とその拡張用法
キーワード:定型表現、認知
2015.04~2018.04.
従事しているプロジェクト研究
日常の相互行為における定型性:話し言葉を基盤とした言語構造モデルの構築 研究課題
2017.07~2021.03, 代表者:鈴木亮子, 慶應義塾大学
従来の言語学では、無限の文を生成・理解するための文法規則を基盤に据えた言語能力の理論家が主流であったが、日常の言語使用においては、文はそのつど新規に生成されるのではなく、定型表現(決まり文句から構文的なものまで全体・または部分的に固定化した表現)の占める割合が大きいことが近年指摘されている。そこで本研究は言語体系に見られる定型表現の役割という、従来言語学で顧みられてこなかった問題に、日中英3言語の会話データを中心に分析に取り組む。.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
大学英語教育学会
関西言語学会
日本語用論学会
日本言語学会
日本認知言語学
日本認知科学会
言語処理学会
社会言語科学会
学協会役員等への就任
2017.03~2018.03, 異分野融合テキストマイニング研究会, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.05.18, 九州大学定型表現研究プロジェクト Q-FLIP, プロジェクト実行委員.
2016.08.29~2016.08.29, 京都言語学コロキアム第12回年次大会, 司会(Moderator).
受賞
日本認知科学会第27回大会発表賞, 日本認知科学会, 2010.12.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2020年度, 基盤研究(B), 分担, 日常の相互行為における定型性:話し言葉を基盤とした言語構造モデルの構築.
2019年度~2019年度, 研究成果公開促進費, 代表, 「言語と慣習性」の刊行.
2017年度~2019年度, 若手研究(B), 代表, メディアと場面の相互連関に基づく英語定型表現の分析とインデックス化.
2015年度~2016年度, 研究活動スタート支援, 代表, 言語環境の違いによる英語提携表現の選択と調整に関する研究.
2009年度~2010年度, 特別研究員奨励費, 代表, 慣用表現の形式的・意味的変化に関する統合的分析モデルの構築.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」