九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
岡野 潔(おかの きよし) データ更新日:2020.08.18

教授 /  人文科学研究院 哲学部門 インド哲学史


主な研究テーマ
古典チベット語の仏教説話作品の研究
キーワード:説話文学、古典チベット語
2010.04.
古典チベット語の仏教説話作品の研究
キーワード:説話文学、古典チベット語
2010.04.
古典チベット語の仏教説話作品の研究
キーワード:説話文学、古典チベット語
2010.04.
古典チベット語の仏教説話作品の研究
キーワード:説話文学、古典チベット語
2010.04.
古典チベット語の仏教説話作品の研究
キーワード:説話文学、古典チベット語
2010.04.
古典チベット語の仏教説話作品の研究
キーワード:説話文学、古典チベット語
2010.04.
インド仏教の文学的な梵語作品の研究
キーワード:仏伝、説話文学
1984.01.
ネパール仏教の梵語説話文献
キーワード:仏伝、説話文学
1992.04.
インド正量部の文献研究
キーワード:正量部、宇宙論
1993.01.
従事しているプロジェクト研究
九州大学人文科学研究院哲学文学部門共同研究プロジェクト
2005.04~2006.03, 九州大学人文科学研究院(日本)
統一テーマを「人文学を問う」とし、教育活動としての<人文学>と連動する研究を行う。.
研究業績
主要著書
1. Kiyoshi Okano, SarvarakSitas MahAasaMvartanIkathA. Ein Sanskrit-KAvya ueber die Kosmologie der SAMmitIya-Schule des HInayAa-Buddhismus, Tohoku-Indo-Tibetto-Kenkysho-Kankokai, 1988.07.
主要原著論文
1. 岡野 潔, KalpalatA と AvadAnamAlA の研究(9) - DevatAtizayastotra, SMRAM 第20章, TJAM 第14章 (II) -, 南アジア古典学, 15, 89-227, 2020.07.
2. 岡野 潔, ハリバッタ・ジャータカマーラー研究(三)  — 第一二、一八、一九、二〇話和訳 —, 哲学年報, 79輯、47-111頁, 2020.03, 5世紀初めまでに作られた仏教詩人ハリバッタの作品の中で、12章孔雀ジャータカ,、14章シュヤーマ・ジャータカ,、19章象ジャータカ、20章チャンドラ・ジャータカを飜訳した。.
3. 岡野 潔, KalpalatA と AvadAnamAlA の研究(8) - Jayamuni, TJAM 第14章 (I), SMRAM 第21章, KalpalatA 第84章 -, 南アジア古典学, 14, 1-123, 2019.07, –––-アブストラクト:  本論文は、第一部の1節において、これまでの15年間の自分(岡野)の一連のアヴァダーナマーラーの写本研究に対して、それは「ジャヤムニが筆写した諸写本による研究」であるという、研究史上の位置づけを行った。第一部の2節で、『如来出生アヴァダーナ・マーラー』の第14章前半部(第1〜244偈)の梵文テクストの校訂・翻訳を行った。第二部の1節では、『善説・偉大な宝珠アヴァダーナ・マーラー』の Jayamuni が筆写した写本の筆写年代の問題について述べ、第二部の2節として、その作品の第21章である「パーンチャーラ王のアヴァダーナ」の梵文テクストの校定・翻訳を行った。第三部では、クシェーメーンドラ作『菩薩のアヴァダーナの如意蔓』 の第84章「マドゥラスヴァラのアヴァダーナ」 の校訂・翻訳を行った。今回は校訂に新たに2本の写本を加えた。.
4. 岡野 潔, ハリバッタ・ジャータカマーラー研究(二) — 第六〜第八、第十一話和訳 —, 哲学年報, 78輯、55-103頁, 2019.03, 5世紀初めの仏教詩人ハリバッタの作品、6〜8章、11章を飜訳した。.
5. 岡野 潔, SaDgatikArikAH と分別業報略経, 印度学仏教学研究, 67, 1, 458-450, 2018.12, –––-アブストラクト:  SGKと密接に関連する五つのテクストが漢訳大蔵経に存在する。五つのテクストとは次のとおり:(1) 六趣輪廻経 大正 No. 726、(2) 仏説六道伽陀経 No. 725、(3) 分別業報略経 No. 723、(4) 分別善悪所起経 No. 729 の後半部分、(5) 大智度論 No. 1509の長い引用箇所。 (1) と (2) が SGK の漢訳であることは既によく知られている。SGK と (3) (4) の漢文テクストの関係はこれまで研究されていなかったが、その解明はSGKの研究に大きな意味をもつ。(3) (4) のテクストは同一の梵語の作品からの異訳である。それらの作品はSGKの別の(姉妹的な)リセンションであり、有部に属する。 本論文は (3) のテクストと SGK との、内容と構造の比較に焦点をあてる。私の目的はSGKの2つのリセンションの共通性と差異性を明らかにすることである。それら2つのリセンションは同一のソース、原SGKから派生したと私は推測する。.
6. 岡野 潔, 六道頌 (SaDgatikArikAH) の研究 – 梵蔵漢巴 対照テクスト –, 南アジア古典学, 13, 1-164, 2018.07, –––-アブストラクト:  本論文で私はSaDgatikArikAH(六道頌、略号 SGK) の帰敬偈以外の全部の梵文を引用した PAJcAlarAjAvadAna という新たな梵文資料を用いることで、SGKの梵文全部の再校訂を行い、Paul Mus (1939) 校訂本の梵文の欠損部分を埋め、梵蔵漢巴4言語対照テクストを作成した。Mus の研究はSGKの2本の漢訳である六趣輪廻経(大正 No. 726)と佛説六道伽陀経(No. 725)を参照しているが、その2漢訳以外の漢訳仏典については未調査であった。その漢訳の領域を今回調べたところ、SGKと密接な関係があり内容がよく似ている作品として、大勇菩薩撰・僧伽跋摩訳の分別業報略経(No. 723)と安世高訳の分別善悪所起経(No. 729)があることがわかった。また大智度論の中にはSGKにかなり近いテクストを利用した箇所があることが判明した。大智度論の執筆に利用されたSGKは、現存する梵文SGKとよく合うが、系統的には有部系の伝承たる分別業報略経と分別善悪所起経に近い。.
7. 岡野 潔, ハリバッタ・ジャータカマーラー研究(一) — 第一〜第五話和訳 —, 哲学年報, 77輯、77-135頁, 2018.03, 5世紀初めの仏教詩人ハリバッタの作品、1〜5章を飜訳した。最高難度の作品である。.
8. 岡野 潔, KalpalatA と AvadAnamAlA の研究(7) – 第93章 SumAgadhA 及び TJAM 第13章の校訂 –, 南アジア古典学, 12, 1-91頁, 2017.07.
9. 岡野 潔, 世界史を説く未知の正量部聖典からの引用文テクスト(2) — 『有為無為決択』第8章における引用文の蔵文テクストの校訂・和訳 —, 哲学年報, 76輯、1-32頁, 2017.03.
10. 岡野 潔, 「英雄の旅」としての仏伝 Lalitavistara の理解, 印度学仏教学研究, 65, 1, 311-303, 2016.12, –––-アブストラクト:  プロップが示した機能ならびにその機能の継起順序の観点で見るとき、大乗経典である仏陀の伝記ラリタヴィスタラは、「魔法昔話」の型と、同一の型に属する。私が作成した表を見ると、ラリタヴィスタラが語る1〜24の出来事(主人公たる菩薩の行為)と、プロップのA〜Wの機能が、継起順序が同一で、よく対応することがわかる。
またキャンベルの英雄神話学が示した、「英雄の神話的冒険がたどる標準的な道」、ならびにヴォグラーの「英雄の旅」の12ステージと、仏陀の伝記ラリタヴィスタラはよく合致する。.
11. 岡野 潔, HaribhaTTajAtakamAlA 第11話『鹿ジャータカ』和訳, 南アジア古典学, 10, 1-16頁, 2016.07.
12. 岡野 潔, 世界史を説く未知の正量部聖典からの引用文テクスト(1) — 『有為無為決択』第8章における引用文の蔵文テクストの校訂・和訳 —, 哲学年報, 75輯、15-53頁, 2016.03.
13. 岡野 潔, KalpalatA と AvadAnamAlA の研究(6)–– KalpalatA第83章、TJAM第3章と第4章、SMRAM第38章––, 南アジア古典学, 10, 1-104頁, 2015.07.
14. 岡野 潔, SarvarakSita 作 MahAsaMvartanIkathA 校定テクスト (3), 哲学年報, 74輯、13-47頁, 2015.03.
15. 岡野 潔, KalpalatA と AvadAnamAlA の研究(5)–– TJAM 第1章と VirUpAvadAna と PadmAkSAvadAna ––, 南アジア古典学, 9, 101-198頁, 2014.07.
16. 岡野 潔, SarvarakSita 作 MahAsaMvartanIkathA 校定テクスト (2), 哲学年報, 73輯、1-36頁, 2014.03.
17. 岡野 潔, ネパールの仏伝アヴァダーナ・マーラー TathAgatajanmAvadAnamAlA, 印度学仏教学研究, 62, 1, 330-323, 2013.12.
18. 岡野潔, SarvarakSita 作 MahAsaMvartanIkathA 校定テクスト (1), 哲学年報, 72輯、47-80頁, 2013.03.
19. 岡野 潔, KalpalatA と AvadAnamAlA の研究(4)–– NArakapUrvika, PretIbhUtamaharddhikA など ––, 南アジア古典学, 8, 161-264頁, 2013.07.
20. 岡野潔, インド正量部による世界の歴史 —『大いなる帰滅の物語』内容梗概 —, 印度学宗教学会『論集』, 38, 1-19, 2011.12.
21. 岡野潔, 餓鬼文献を読む, 岡崎敦・岡野潔[編]『テキストの誘惑 フィロロジーの射程』、九州大学文学部人文学入門4、九州大学出版会, 3-17, 2012.09.
22. 岡野潔, 世界の成り立ちをめぐる外教との論争 — 『大いなる帰滅の物語』第1章第4節読解 —, 哲学年報, 71輯、1-46頁, 2012.03.
23. 岡野潔, KalpalatA と AvadAnamAlA の研究(3)–– Subhadra, HetUttama, PretikA の説話 ––, 南アジア古典学, 7, 257-365頁, 2012.07.
24. 岡野潔, KalpalatA と AvadAnamAlA の研究(2)–– Zakracyavana, Mahendrasena, PretikA の説話 ––, 南アジア古典学, 6, 165-266頁, 2011.07.
25. 岡野潔, 大いなる帰滅の物語』最終章 — 第6章1節〜4節の翻訳研究 —, 哲学年報, 70輯、1-41頁, 2011.03.
26. 岡野潔, KalpalatA と AvadAnamAlA の研究(1)–– Vidura, Kaineyaka, ZreSThipretIbhUta の説話 ––, 南アジア古典学, 5, 51-127頁, 2010.07.
27. 岡野潔, 業縛の生死観との戦い ー 大乗方便経はいかに釈尊の悪業の伝承を変えたか ー, 日本仏教学会年報, 75, 53-67, 2010.08.
28. 岡野潔, コラム① 仏教説話の世界, 『新アジア仏教史03 インドIII 仏典からみた仏教世界』(佼成出版社), 62-65, 2010.07.
29. 岡野潔, 釈尊が前世で犯した殺人 –– 大乗方便経によるその解釈, 哲学年報, 69輯、139-175頁, 2010.03.
30. Kiyoshi Okano, A Summary of the MahAsaMvartanIkathA –– A Chronology of the Universe According to the SAMmitIyas, PAsAdikadAnaM. Festschrift fuer Bhikkhu PAsAdika. Indica et Tibetica 52, Marburg 2009., S. 323-342, 2009.08.
31. 岡野潔, AvadAnakalpalatA 94-97章と SMRAM 23章 ー Yazomitra, VyAghrI, Hastin, Kacchapa の校訂・和訳 ー, 南アジア古典学, 4号, 95-177頁, 2009.07.
32. 岡野潔, 生きものが再びいなくなる時代 –– 『大いなる帰滅の物語』第5章1節にみる正量部伝承ー, 哲学年報, 68輯、1-26頁, 2009.03.
33. 岡野潔, AvadAnakalpalatA 55章、91-92章と Karmazataka 125-126話 –– SarvaMdada, Zibi, Maitrakanyaka の校訂・和訳––, 南アジア古典学, 3号、57-155頁, 2008.07.
34. 岡野潔, やがて世界が終わる、世界が生まれ変わる –『大いなる帰滅の物語』第4章2節〜4節読解 –, 哲学年報, 67輯、1-54頁。, 2008.03.
35. 岡野潔, 弥勒下生経類と『大いなる帰滅の物語』の関係, 印度学宗教学会『論集』, 34号、2007年12月、540-524頁[(99)-(115)頁], 2007.12.
36. 岡野潔, KSemendra の DazakarmaplutyavadAna –– BodhisattvAvadAnakalpalatA 第 50 章 の校訂と訳 ––, 南アジア古典学, 2号,2007年7月,201-301頁。, 2007.07.
37. 岡野潔, 『大いなる帰滅の物語』(MahAsaMvartanIkathA)第2章1節〜3節に見る世界形成の正量部伝承, 哲学年報, 66輯,1-37頁。, 2007.03.
38. 岡野潔, AnavataptagAthA の釈尊の業の残滓を説く因縁話の形成, 印度学宗教学会『論集』, 第33号、2006年12月、136-116頁[(73)-(93)頁], 2006.12.
39. 岡野潔, SubhASitamahAratnAvadAnamAlAについて, 南アジア古典学, 第1巻、1-19頁, 2006.07.
40. 岡野潔, 仏陀が永劫回帰する場所への信仰 — 古代インドの仏蹟巡礼の思想 —, 印度学宗教学会『論集』, 26, 77-92, 1999.12.
41. 岡野潔, インド正量部のコスモロジー文献、立世阿毘曇論, 中央学術研究所紀要, 27, 55-91, 1998.12.
42. 岡野潔, マハーヴァストウの形成についての試論(1), 『塚本啓祥教授還暦記念論文集 知の邂逅 ―仏教と科学』、佼成出版社, 271-283, 1993.03.
43. 岡野潔, 仏陀の永劫回帰信仰, 印度学宗教学会『論集』, 17, 109-93, 1990.12.
44. 岡野潔, 普曜経の研究(下) , 文化(東北大学文学会), 53, 3/4, 249-268, 1990.02.
45. 岡野潔, 普曜経の研究(中) — Lalitavistara における新古の層の区分 —, 東北印度学宗教学会『論集』, 15, 91-104, 1988.12.
46. 岡野潔, 普曜経の研究(上) — Lalitavistara における新古の層の区分 —, 東北印度学宗教学会『論集』, 14, 93-108, 1987.12.
47. 岡野潔, 竺法護の「普曜経」の翻訳における韻文識別のエラーとその原因 (レジュメ), 宗教研究(日本宗教学会), 291, 146-147, 1992.03.
48. 岡野潔, ラリタヴィスタラの部派 (レジュメ), 宗教研究(日本宗教学会), 279, 181-182, 1989.03.
主要学会発表等
1. 岡野 潔, avadAnamAlA に借用された ZaGkarasvAmin の仏讃テクスト, 日本印度学仏教学会, 2020.07,   .
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 岡野潔, サンスクリット仏教文献データベース, 1998.08
校訂テキスト,翻訳,論文,写本の情報
各テキストごとの西洋と日本における研究史.
学会活動
所属学会名
日本印度学仏教学会
日本仏教学会
西日本インド学仏教学会
西日本宗教学会
学協会役員等への就任
2007.04~2011.03, 日本印度学仏教学会, 学術情報委員会運営委員.
2002.04, 日本印度学佛教学会, 理事.
2002.04, 日本佛教学会, 理事.
2002.04, 西日本印度学仏教学会, 理事.
2002.04, 西日本宗教学会, 理事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2005.07, 日本印度学佛教学会, 司会.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2006.04~2024.03, 南アジア古典学, 国内, 編集委員長.
2006.04~2016.03, 南アジア古典学, 国内, 編集委員長.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度      
2013年度      
2014年度      
2015年度      
2012年度      
2011年度      
2010年度      
2009年度      
2008年度      
2007年度      
2006年度      
2005年度      
2004年度      
2003年度      
2002年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
マールブルク大学(フィリップス大学マールブルク), Germany, 1992.06~1997.10.
東国大学校, Korea, 2002.07~2002.07.
受賞
印度学宗教学会賞, 印度学宗教学会, 2001.06.
中村元賞, 宝積比較宗教・文化研究所, 1999.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, サンスクリット仏教文学史の中期以降の諸作品の研究.
2012年度~2016年度, 基盤研究(C), 代表, アヴァダーナ説話集の校定研究.
2007年度~2010年度, 一般研究(C), 代表, 中世インド・ネパールの梵語仏教文献の研究.
2003年度~2005年度, 基盤研究(C), 代表, インド仏教文学梵語文献研究史.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2007年度~2007年度, 財団法人三島海雲記念財団平成19年度(第45回)学術研究奨励金, 代表, 中央アジア仏教説話画の文献学的側面からの研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」