九州大学 研究者情報
発表一覧
高山 倫明(たかやま みちあき) データ更新日:2020.06.03

教授 /  人文科学研究院 文学部門 国語学・国文学講座


学会発表等
1. 高山倫明, 「うむの下濁る」の終焉―もう一つの近代語化―, 日本近代語研究会, 2018.10.
2. 高山倫明, 音韻史と字余り論
, ワークショップ 日本語音韻史の方法と実践(於大阪大学), 2010.12.
3. 高山倫明, 漢語の連濁と連声濁, 語彙史研究会, 2005.05.
4. 高山倫明, 「万葉歌の字余りと「古代語」」, 日本語学会, 2005.05.
5. 高山倫明, 表記史の中の音韻史—文献学と音声学を軸に—, 国語学会(現日本語学会), 2003.05.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」