九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
吉富 邦明(よしとみ くにあき) データ更新日:2021.06.04



教育活動概要
学部の授業では「通信システム」「電気情報工学実験」を担当している。「通信システム」では高度情報化社会と呼ばれる現在、音声・画像・データ等の様々な情報の通信が行われているが、このようなアナログ情報・ディジタル情報の伝送を支える各種変復調技術や多重化技術、さらに無線機器の構造や機能について理解することが目的である。
大学院の授業では「アンテナ工学特論」を担当している。通信においてアンテナの果たす役割をよく知ることは通信の研究の基礎であるし、また電波や音波を用いた計測の基礎でもある。本講義では、様々なアンテナについての解析法とその特徴を紹介する。
担当授業科目
2021年度・前期, 電気情報数学(A).

2020年度・前期, アナログ電子回路Ⅰ.

2020年度・前期, 電気情報数学(A).

2019年度・前期, 電気情報数学(A).

2017年度・通年, Advanced Seminar in Electrical and Electronic Engineering.

2017年度・後期, 電気電子工学演習第二.

2017年度・通年, 知的財産技法.

2017年度・通年, ティーチング演習.

2017年度・通年, 先端プロジェクト管理技法.

2017年度・通年, 電気電子工学特別講究第一.

2017年度・通年, 電気電子工学特別講究第二.

2017年度・通年, Advanced Research in Electrical and Electronic Engineering I.

2017年度・通年, Adv Res in Electrical and Electronic Engineering II.

2017年度・通年, 電気電子工学特別演習.

2017年度・春学期, 回路理論Ⅰ.

2013年度・前期, 電磁波回路.

2012年度・後期, 電波伝搬特論.

2012年度・前期, 電磁波回路.

2012年度・通年, 電気電子工学特別講究第二.

2012年度・通年, 電気電子工学特別講究第二.

2012年度・後期, 電気電子工学特別講究第一.

2012年度・通年, 電気電子工学特別演習.

2012年度・後期, 先端プロジェクト管理技法.

2012年度・後期, ティ-チング演習.

2012年度・後期, 知的財産技法.

2012年度・後期, 国際演示技法.

2012年度・後期, 電気電子工学特別研究第三.

2012年度・前期, 電気電子工学特別研究第二.

2012年度・後期, 電気電子工学特別研究第一.

2011年度・前期, 電気電子工学演習第三.

2011年度・後期, 電気電子工学演習第二.

2011年度・前期, 電気電子工学演習第一.

2011年度・後期, 電波伝搬特論.

2011年度・前期, 電磁波工学I.

2011年度・前期, 電磁波回路.

2010年度・通年, 電気電子工学特別講究第二.

2010年度・後期, 電気電子工学特別講究第一.

2010年度・通年, 電気電子工学特別演習.

2010年度・後期, 先端プロジェクト管理技法.

2010年度・後期, ティ-チング演習.

2010年度・後期, 知的財産技法.

2010年度・後期, 国際演示技法.

2010年度・後期, 電気電子工学特別研究第三.

2010年度・前期, 電気電子工学特別研究第二.

2010年度・後期, 電気電子工学特別研究第一.

2010年度・前期, 電気電子工学演習第三.

2010年度・後期, 電気電子工学演習第二.

2010年度・前期, 電気電子工学演習第一.

2010年度・後期, 電波伝搬特論.

2010年度・後期, アナログ電子回路Ⅰ.

2010年度・前期, 電磁波工学I.

2010年度・前期, 電磁波回路.

2010年度・前期, 電気情報工学入門.

2009年度・通年, 情報伝送工学特別講究.

2009年度・通年, 電気電子工学特別講究第二.

2009年度・後期, 電気電子工学特別講究第一.

2009年度・通年, 電気電子工学特別演習.

2009年度・後期, 先端プロジェクト管理技法.

2009年度・後期, ティ-チング演習.

2009年度・後期, 知的財産技法.

2009年度・後期, 国際演示技法.

2009年度・後期, 電気電子工学特別研究第三.

2009年度・前期, 電気電子工学特別研究第二.

2009年度・後期, 電気電子工学特別研究第一.

2009年度・前期, 電気電子工学演習第三.

2009年度・後期, 電気電子工学演習第二.

2009年度・前期, 電気電子工学演習第一.

2009年度・後期, 電波伝搬特論.

2009年度・後期, 通信方式.

2009年度・後期, アナログ電子回路Ⅰ.

2009年度・前期, 電磁波工学I.

2009年度・前期, 電磁波回路.

2009年度・前期, 電気情報工学入門.

2008年度・通年, 情報工学特別研究.

2008年度・後期, 情報工学演習第三.

2008年度・前期, 情報工学演習第二.

2008年度・後期, 情報工学演習第一.

2008年度・前期, 電気情報工学入門.

2008年度・後期, アンテナ工学特論.

2008年度・前期, 電磁波工学I.

2008年度・前期, 電磁波回路.

2007年度・後期, 情報工学演習第三.

2007年度・前期, 通信方式.

2007年度・後期, 情報工学演習第一.

2007年度・前期, 情報工学演習第二.

2007年度・前期, 電気情報工学入門.

2006年度・後期, アンテナ工学特論.

2007年度・後期, アンテナ工学特論.

2006年度・後期, 情報工学演習第一.

2006年度・前期, 情報工学演習第二.

2006年度・後期, 情報工学演習第三.

2006年度・後期, 電気情報工学実験Ⅱ.

2006年度・前期, 通信方式.

2006年度・通年, 情報工学特別研究.

2006年度・前期, 電気情報工学入門.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2021.03, 部局, 参加, FD講演会「九州大学オンライン授業のグッドプラクティス 〜 リアルタイム型授業編〜」.

2021.03, 部局, 参加, FD講演会「九州大学オンライン授業のグッドプラクティス 〜 オンデマンド型授業編〜」.

2020.12, 全学, 参加, 電子教材著作権講習会.

2020.12, 部局, 参加, 令和2年度 第2回工学部FD(1日目) 総合型選抜の実施に向けて―面接の全般的な内容(注意事項、採点方法など).

2020.12, 部局, 参加, Moodle&MS Teams連携によるオンライン講義実施報告(Youtube Prezi Powerpoint Wolframcloud そして TeX).

2020.11, 部局, 参加, マス・フォア・イノベーション卓越大学院について.

2020.10, 部局, 参加, 2020年度 ユニバーシティ・デザイン・ワークショップの報告.

2020.09, 部局, 参加, 電気情報工学科総合型選抜(AO入試)について.

2020.06, 部局, 参加, どんな3ポリシーが、どのように役立つのか ー 九州大学カリキュラム・マップの威力 -.

2020.05, 部局, 参加, オンサイト授業 vs. オンライン授業:分かったこと,変わったこと.

2020.04, 部局, 参加, Moodleを利用したe-Learning実例報告(九州大学電気情報において).

2020.04, 部局, 参加, 新型コロナウイルスが誘起した社会変化に対する システム情報科学からの提言.

2020.02, 部局, 参加, 九州大学工学系改組の現状と今後の予定.

2019.11, 全学, 参加, メンタルヘルス講演会.

2019.10, 部局, 参加, 電子ジャーナルの現状と今後の動向に関する説明会.

2019.07, 全学, 参加, 3ポリシーに関する全学FD ~日本学術会議分野別参照基準に基づく理学部物理学科の3ポリシー~.

2019.06, 部局, 参加, 8大学情報系研究科長会議の報告.

学生のクラス指導等
2010年度, 学部, 理科系16組.

1995年度, 学部, 理科系4組.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2009年度, 九州産業大学, 前期、木曜日、1.5時間, 非常勤講師, 国内.

2008年度, 九州産業大学, 後期、木曜日、1.5時間, 非常勤講師, 国内.

2008年度, 九州産業大学, 前期、木曜日、1.5時間, 非常勤講師, 国内.

2007年度, 九州産業大学, 後期、木曜日、1.5時間, 非常勤講師, 国内.

2007年度, 九州産業大学, 前期、木曜日、1.5時間, 非常勤講師, 国内.

2006年度, 九州産業大学, 後期、木曜日,1.5時間, 非常勤講師, 国内.

2006年度, 九州産業大学, 前期、木曜日、3時間, 非常勤講師, 国内.

2005年度, 九州産業大学, 前後期、木曜日、1.5時限, 非常勤講師, 国内.

2004年度, 九州産業大学, 前後期、木曜日、1.5時限, 非常勤講師, 国内.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」