九州大学 研究者情報
発表一覧
大野 正夫(おおの まさお) データ更新日:2020.07.21

教授 /  比較社会文化研究院 環境変動部門 地球変動講座


学会発表等
1. 林辰弥、山中寿朗、日笠友暉、佐藤雅彦、桑原義博、大野正夫, MIS G4–G3退氷期の大西洋子午面循環の発達, 地球環境史学会, 2019.11.
2. 北原 優, 大野 正夫, 桑原 義博, 鉱物分析結果に基づく考古地磁気強度データの精査, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 2019.10.
3. 林田 明, 安樂 和央, 大野 正夫, 加 三千宣, 竹村 恵二, 別府湾のピストンコア試料に記録された完新世古地磁気永年変化, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 2019.10.
4. 加藤千恵、大野正夫、桑原義博、畠山唯達、山田康洋、戸塚修平、島田和彦、石橋純一郎、長瀬敏郎, 沖縄トラフ熱水鉱床に産するisocubaniteの磁気特性, 日本鉱物科学会, 2019.09.
5. 大野 正夫, 海底熱水鉱床試料の低温磁気分析にみられる磁気相転移, 地磁気・古地磁気・岩石磁気 夏の学校, 2019.09.
6. Masao Ohno, Tatsuya Hayashi, Geomagnetic Excursions between 2.1 and 2.9 Ma at IODP Site U1314 in the North Atlantic, Asia Oceania Geosciences Society, 2019.08.
7. 川崎一雄,丹羽里奈,大野正夫,石橋純一郎, 古地磁気学の手法を用いた沖縄伊是名海穴の海底熱水鉱床の予察的結果, 資源地質学会, 2019.06.
8. 加藤 千恵、大野 正夫、畠山 唯達、石橋 純一郎、戸塚 修平、島田 和彦, 沖縄トラフ海底熱水鉱床試料の岩石磁気測定, 日本地球惑星科学連合2019年大会, 2019.05.
9. 北原 優, 西山大樹,大野 正夫, 山本 裕二, 畠山 唯達, 東アジアにおける西暦200 年から1100 年の3 次元考古地磁気永年変化曲線の復元, 日本地球惑星科学連合2019年大会, 2019.05.
10. 北原 優, 大野 正夫, 山本 裕二, 畠山 唯達, 複数の素材と手法による考古地磁気強度実験の実験制度の検討, 高知大学海洋コア総合研究センター全国共同利用研究成果発表会, 2019.03.
11. 加藤 千恵、大野 正夫、畠山 唯達、石橋 純一郎、戸塚 修平、島田 和彦, 沖縄トラフ海底熱水鉱床試料の岩石磁気測定, 高知大学海洋コア総合研究センター全国共同利用研究成果発表会, 2019.03.
12. 北原 優, 西山大樹, 大野 正夫, 山本 裕二, 畠山 唯達, 陶邑窯跡群焼土を中心とする試料群から復元された考古地磁気強度変動, 理学的手法による遺跡の年代決定, 2019.02.
13. 林 辰弥、佐藤 雅彦、桑原 義博、上原 亮、大野 正夫, 北半球大陸氷床の発達と海洋循環の関係, 微古生物学リファレンスセンター研究集会, 2019.03.
14. Kumagai, H., Ishibashi, J.-I., Nozaki, T., Takai, K., Nagase, T., Maeda, L., Kubo, Y., and On-board members of Chikyu SIP Cruises (including Ohno, M.), A drilling campaign in Okinawa Trough, back arc hydrothermal systems, American Geophysical Union, Fall Meeting, 2018.12.
15. Nozaki, T., Takaya, Y., Nagase, T., Yamasaki, T., Ishibashi, J.-I., Kumagai, H., Maeda, L. and CK16-05 Cruise Members (including Ohno, M.), Subseafloor mineralization beneath the sediment at the Hakurei Site, Izena Hole, middle Okinawa Trough observed through the CK16-05 Cruise (Exp. 909), American Geophysical Union, Fall Meeting, 2018.12.
16. 加藤 千恵、大野 正夫、畠山 唯達、石橋 純一郎、戸塚 修平、島田 和彦, 沖縄トラフ海底熱水鉱床試料の岩石磁気測定, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 2018.11.
17. 林辰弥、佐藤雅彦、桑原義博、槙尾雅人、大野正夫, MIS 95以前の氷期−間氷期サイクル, 地球環境史学会, 2018.11.
18. 林 辰弥、大野 正夫、佐藤 雅彦、日笠 友暉、山中 寿朗、槙尾 雅人、桑原 義博, 北大西洋深層水は北半球氷床化に関与したのか?, 日本地球惑星科学連合大会, 2018.05.
19. 日笠 友暉、山中 寿朗、千葉 仁、林 辰弥、大野 正夫, ガーダードリフト堆積物から復元した後期鮮新世-前期更新世の北大西洋表層海水温変動, 日本地球惑星科学連合大会, 2018.05.
20. M. Sato, S. Yamamoto, Y. Yamamoto, W. Du, M. Ohno, H. Tsunakawa, S. Maruyama, Rock-magnetic properties of single zircon crystals sampled from the Yangtze River and the Mississippi River, JpGU-AGU Joint Meeting 2018, 2018.05.
21. 小森省吾、正木裕香、鳥本淳司、齋藤誠史、Kakda Kret、南出奏 、大野正夫、山本浩文、Iona McIntosh、谷川亘、野崎達生、熊谷英憲、石橋純一郎、前田玲奈、CK16-05乗船者一同, 伊是名海穴,海底熱水鉱床試料の電気物性:ちきゅう掘削CK16-05, 資源地質学会, 2018.06.
22. 大野 正夫, 佐藤 雅彦, 林 辰弥, 槙尾 雅人, 桑原 義博, 岩石磁気測定による北大西洋深層水のミレニアル変動(MIS 100), 地球環境史学会, 2017.11.
23. Tomohiro Toki,他15名,CK16-05 on-board member, Distribution of hydrothermal fluid around the ore body in the subseafloor of the Izena hydrothermal field, American Geophysical Union, Fall Meeting, 2017.12.
24. 林 辰弥, 槙尾 雅人, 佐藤 雅彦, 桑原 義博, 大野 正夫, 初期の氷期−間氷期サイクルに対する北大西洋深層水の役割, 地球環境史学会, 2017.11.
25. Kitahara Y., Hatakeyama T., Ohno M., Yamamoto Y., A review of the development of the modern archaeointensity research in the orient and the occident, International Conference of Traditional Sciences in Asia 2017 "East-West Encounter in the Science of Heaven and Earth", 2017.11.
26. 北原 優, 山本 裕二, 大野 正夫, 畠山 唯達, 篠窯跡群西山1号窯跡の考古地磁気強度-複数の手法によるクロスチェックの試み-, JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017.05.
27. 槙尾 雅人, 佐藤 雅彦, 林 辰弥, 大野 正夫, 桑原 義博, XRD decomposition法によるMIS104での氷床崩壊に関連した鉱物組成変動解析, JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017.05.
28. 佐藤 雅彦, 山本 伸次, 山本 裕二, 杜 偉, 大野 正夫, 綱川 秀夫, 丸山 茂徳, Rock-magnetic properties of single zircon crystals sampled from the Yangtze River and the Mississippi River, 高知大学海洋コア総合研究センター全国共同利用研究成果発表会, 2017.02.
29. 槙尾 雅人, 佐藤 雅彦, 林 辰弥, 大野 正夫, 桑原 義博, 北大西洋海底掘削コア試料を用いたMIS104における氷床崩壊に伴った深層流の変動, 高知大学海洋コア総合研究センター全国共同利用研究成果発表会, 2017.02.
30. 北原 優, 西山 大樹, 山本 裕二, 大野 正夫, 畠山 唯達, 古墳から鎌倉時代を網 羅する強度標準曲線の構築に向けて-陶邑遺跡群の研究: 第3歩目-, 高知大学海洋コア総合研究センター全国共同利用研究成果発表会, 2017.02.
31. 正木 裕香, 小森 省吾, 斉藤 誠史, Kakda Kret, 南出 奏, 大野 正夫, 他, Results of physical property measurements obtained during the CHIKYU cruise CK16-05 of hydrothermal fields at the middle Okinawa Trough, JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017.05.
32. 土岐 知弘, 他15名, CK16-05乗船者一同, 伊是名海穴海底熱水系から採取した間隙水の化学組成, JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017.05.
33. 淵田 茂司, 他8名, CK16-05乗船者一同, 熱水鉱床開発における重金属汚染と表層光合成生態系に対する影響評価 -ちきゅうCK16-05航海で採取したコアを用いた環境影響評価, JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017.05.
34. 熊谷 英憲, 他6名, CK16-05乗船者一同, CK16-05航海速報:伊是名海穴および伊平屋小海嶺における科学掘削-コア採取、地熱ツール検層とモニタリング装置の設置, JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017.05.
35. 真田 佳典, 他6名, CK16-05乗船者一同, 沖縄伊是名海穴の海底熱水鉱床における自然ガンマ線と温度と圧力検層データの考察, JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017.05.
36. 北原 優, 大野 正夫, 江上 正高, 畠山 唯達, 田尻 義了, 福岡県上本町遺跡の考古地磁気学 ―古墳時代以前の古地磁気方位に関する一考察―, 地球電磁気地球惑星圏学会, 2016.11.
37. 北原 優, 大野 正夫, 山本 裕二, 鳥居 雅之, 玉井 優, 桑原 義博, 亀田 修一, 畠山 唯達, 地磁気 3 成分を用いた遺跡の相対年代評価 ―岡山県邑久窯跡群の3 基の窯跡を例として―, 地球電磁気地球惑星圏学会, 2016.11.
38. 北原 優, 西山 大樹, 山本 裕二, 大野 正夫, 畠田 唯達, 古墳~鎌倉時代を網羅する強度標準曲線の構築に向けて ―陶邑遺跡群の研究: 第2歩目―, 地球電磁気地球惑星圏学会, 2016.11.
39. 大野 正夫, 考古地磁気変化と地球自転速度変化, 地球電磁気地球惑星圏学会, 2016.11.
40. 山本 伸次, 佐藤 雅彦, 山本 裕二, 大野 正夫, 綱川 秀夫, ジルコン単結晶を用いた古地磁気-包有物研究:丹沢トーナル岩の例, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 2016.05.
41. 佐藤 雅彦, 山本 伸次, 山本 裕二, Du Wei, 大野 正夫, 綱川 秀夫, 丸山 茂徳, Rock-magnetic properties of single zircon crystals sampled from the Yangtze River, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 2016.05.
42. Ohno M., M. Zhao, Orbital Influences on Geomagnetic field in the Matuyama and the Gauss Chron at IODP site U1314 in the North Atlantic, Japan Geoscience Union International Symposium, 2016.05.
43. Hayashida A., K. Anraku, M. Ohno, M. Kuwae, K. Takemura, Sedimentary record of the Holocene paleomagnetic secular variation from Beppu Bay, Southwest Japan, Japan Geoscience Union International Symposium, 2016.05.
44. Masao OHNO, Tatsuya Hayashi, Masahiko Sato, Yoshihiro Kuwahara, Asami Mizuta, Itsuro Kita, Tokiyuki Sato, Akihiro Kano, Rock-magnetic properties indicating bottom current variability in the North Atlantic: ice-sheet/ocean interaction in MIS 100, 高知大学海洋コア総合研究センター全国共同利用研究成果発表会, 2016.02.
45. 北原 優, 山本 裕二, 大野 正夫, 鳥居 雅之, 玉井 優, 亀田 修一, 畠山 唯達, 岡山県佐山東山窯跡の考古地磁気強度研究 -方位と強度-, 高知大学海洋コア総合研究センター全国共同利用研究成果発表会, 2016.02.
46. Masahiko Sato, Shinji Yamamoto, Yuhji Yamamoto, Masao OHNO, Hideo Tsunakawa, Shigenori Maruyama, Rock-magnetic properties of single zircon crystals sampled from the Tanzawa tonalitic pluton, central Japan, American Geophysical Union, 2015.12.
47. 佐藤 雅彦, 山本 伸次, Wei Du, 小田 啓邦, 河合 淳, 大野 正夫, 綱川 秀夫, 丸山 茂徳, Rock-magnetic properties of single zircon crystals sampled from the Yangtze River
, 地球電磁気地球惑星圏学会, 2015.10.
48. 大野 正夫, 古地磁気学からの考古学へのアプローチと地球科学へのフィードバック, 自然科学からの考古学へのアプローチ, 2015.09.
49. 北原 優, 大野 正夫, 山本 裕二, 畠山 唯達, 菅 浩伸, 鳥居雅之, 亀田修一, 西日本における考古地磁気強度変動の復元と岩石磁気学的・鉱物学的要素の検討(予察), 自然科学からの考古学へのアプローチ, 2015.09.
50. Masato Makio, Masahiko Sato, Tatsuya Hayashi, Yoshihiro Kuwahara, Masao OHNO, Orbital- and millennial-scale change in the components of the North Atlantic sediments resolved by isothermal remanent magnetization acquisition experiments
, International Union for Quaternary Research XIX Congress, 2015.07.
51. Masato Makio, Masahiko Sato, Tatsuya Hayashi, Yoshihiro Kuwahara, Masao OHNO, Shu Fujita, Shun Chiyonobu, Tokiyuki Sato, Millennial scale linkage between iceberg collapse and ocean circulation after intensification of Northern Hemisphere glaciation, International Union for Quaternary Research XIX Congress, 2015.08.
52. Ohno, M., Rock-magnetic variation indicating instability of North Atlantic environments after intensification of Northern Hemisphere glaciation., International Workshop on Integrated Science for human era, 2015.06.
53. Kitahara, Y., Y. Yamamoto, T. Hatakeyama, M. Torii, S. Kameda, M. Ohno, Archeointensity trend between 7th and 10th century in Japan, International Workshop on Integrated Science for human era, 2015.06.
54. 槙尾 雅人, 佐藤 雅彦, 林 辰弥, 大野 正夫, 桑原 義博, 大陸氷床発達期(MIS100-104)における氷床崩壊に伴う北大西洋深層流の変動, 日本地球惑星科学連合大会, 2015.05.
55. 相澤 広記, 角野 浩史, 上嶋 誠, 山谷 祐介, 長谷 英彰, 大野 正夫, 高橋 正明, 風早 康平, Rung-Arunwan Tawat, 小川 康雄, 比抵抗構造と地下水同位体比測定から推測する2011年富士山Mw5.9地震の発生メカニズム, 日本地球惑星科学連合大会, 2015.05.
56. 佐藤 雅彦, 山本 伸次, 山本 裕二, 大野 正夫, 綱川 秀夫, 丸山 茂徳, Rock-magnetic properties of single zircon crystals sampled from the Tanzawa tonalitic pluton, central Japan
, 日本地球惑星科学連合大会, 2015.05.
57. 佐藤 雅彦, 槙尾 雅人, 林 辰弥, 大野 正夫, Abrupt intensification of North Atlantic Deep Water formation at the Nordic Seas during the late Pliocene transition, 日本地球惑星科学連合大会, 2015.05.
58. 大野 正夫, 槙尾 雅人, 佐藤 雅彦, 藤田 周, 林 辰弥, 桑原 義博, 北半球における大規模な大陸氷床発達期(MIS104-100)の深層水循環の変遷, 高知大学海洋コア総合研究センター全国共同利用研究成果発表会, 2015.03.
59. 相澤 広記, 角野 浩史, 上嶋 誠, 山谷 祐介, 長谷 英彰, 大野 正夫, 高橋 正明, 風早 康平, Rung-Arunwan Tawat, 小川 康雄, 地下水同位体比測定と比抵抗構造から推測する2011年富士山Mw5.9地震の発生メカニズム, 日本火山学会, 2014.11.
60. 佐藤 雅彦, 大野 正夫, Resolving the components of the North Atlantic sediments by IRM acquisition experiments at room- and low-temperatures, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 2014.10.
61. 槙尾雅人, 佐藤 雅彦, 大野 正夫, 林 辰弥, 藤田 周, 北 逸郎, 桑原 義博, 北半球における大規模な大陸氷床発達前後の深層水循環の変遷, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 2014.10.
62. 藤田 周, 宮川千鶴, 佐藤雅彦, 北 逸郎, 大野 正夫, 桑原 義博, 佐藤時幸, 林辰弥, 齋藤めぐみ, 220万年前から290万年前の堆積物に基づく北大西洋の環境変動とパナマ地峡の閉鎖, 日本地球化学会, 2014.09.
63. Masahiko Sato, Shinji Yamamoto, Yuhji Yamamoto, Yoshihiro Okada, Masao OHNO, Hideo Tsunakawa, Rock magnetic study of single zircon crystals: implication for geomagnetic field paleointensity experiment, Asia Oceania Geosciences Society 11th Annual Meeting, 2014.07.
64. Masao OHNO, Masahiko Sato, Tatsuya Hayashi, Yoshihiro Kuwahara, Chizuru Miyagawa, Shu Fujita, Itsuro Kita, A rock-magnetic proxy of deep water circulation in the North Atlantic during the early Pleistocene, Asia Oceania Geosciences Society 11th Annual Meeting, 2014.08.
65. 大野 正夫, 佐藤 雅彦, 林 辰弥, 桑原 義博, 北 逸郎, Millennial-scale rock-magnetic variation indicating instability of North Atlantic environments during MIS 100, 日本地球惑星科学連合大会, 2014.04.
66. 佐藤 雅彦, 山本 伸次, 山本 裕二, 岡田 吉弘, 大野 正夫, 綱川 秀夫, Rock magnetic study of single zircon crystals sampled from river sands, 日本地球惑星科学連合大会, 2014.04.
67. 佐藤 雅彦, 大野 正夫, 林 辰弥, 桑原 義博, 宮川 千鶴, 藤田 周, 北 逸郎, Rock magnetic study of the North Atlantic sediment during late Pliocene and early Pleistocene, 日本地球惑星科学連合大会, 2014.04.
68. 大野 正夫, 佐藤 雅彦, 林 辰弥, 桑原 義博, 宮川 千鶴, 藤田 周, 北 逸郎, 堆積物コア試料の岩石磁気分析による2.2~2.7Maの北大西洋深層水変動, 高知大学海洋コア総合研究センター全国共同利用研究成果発表会, 2014.03.
69. 佐藤 雅彦, 大野 正夫, 山本 伸次, 山本 裕二, 岡田 吉弘, 綱川 秀夫, 川砂ジルコンの岩石磁気測定, 高知大学海洋コア総合研究センター全国共同利用研究成果発表会, 2014.03.
70. 佐藤 雅彦, 山本 伸次, 山本 裕二, 岡田 吉弘, 大野 正夫, 綱川 秀夫, Rock magnetic study of natural zircon crystals: Implication for paleointensity experiment, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 2013.11.
71. 大野 正夫, 佐藤 雅彦, 林 辰弥, 桑原 義博, 宮川千鶴, 藤田 周, 北 逸郎, 北大西洋の大陸氷床発達期(MIS100) における千年スケールの古環境変動の岩石磁気学的研究, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 2013.11.
72. 宮川千鶴, 水田麻美, 山下剛史, 北 逸郎, 大野 正夫, 桑原 義博, 林辰弥, 佐藤時幸, 250万年前から290万年前の堆積物に基づく、氷床拡大縮小に伴う透光帯水塊構造の気候変動, 日本地球化学会, 2013.09.
73. 水田麻美, 藤田周, 山下剛史, 北 逸郎, 大野 正夫, 桑原 義博, 林辰弥, 長谷川英尚, 千代延俊, 佐藤時幸, 北大西洋の堆積水銀量の第四紀変動史:現在から255万年前, 日本地球化学会, 2013.09.
74. Masao OHNO, Masahiko Sato, Yoshihiro Kuwahara, Tatsuya Hayashi, Chizuru Miyagawa, Itsuro Kita, Millennial-scale rock magnetic variations indicating instability of north Atlantic environments during intensification of northern hemisphere glaciation, International Association of Geomagnetism and Aeronomy, 2013.08.
75. Masahiko Sato, Shinji Yamamoto, Hideo Tsunakawa, Yuhji Yamamoto, Yoshihiro Okada, Masao OHNO, A preliminary study on the geomagnetic paleointensity experiments using single zircon crystal, Japan Geoscience Union Meeting, 2013.05.
76. 大野 正夫, 佐藤 雅彦, 林 辰弥, 宮川千鶴, 桑原 義博, 低温及び高温磁気測定による北大西洋海底堆積物コア(IODP Site U1314)の磁性鉱物の分析, 日本地球惑星科学連合大会, 2013.05.
77. 大野 正夫, 佐藤 雅彦, 林 辰弥, 水田 麻美, 宮川 千鶴, 桑原 義博, 高温磁気測定による北大西洋海底堆積物コア(IODP Site U1314)の磁性鉱物の分析, 高知大学海洋コア総合研究センター全国共同利用研究成果発表会, 2013.02.
78. 大野 正夫, 趙 夢, 水田 麻美, 宮川 千鶴, 林 辰弥, 佐藤 時幸, 北 逸郎, 北大西洋IODP Site U1314 海底堆積物コアに記録された2~3Ma の地磁気エクスカーション, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 2012.10.
79. 水田 麻美, 山下 剛史, 北 逸郎, 大野 正夫, 桑原 義博, 林 辰弥, 佐藤 時幸, 約250万年前の北大西洋堆積物に基づく大陸氷床拡大期の気候変動のミレニアム解析, 日本地球化学会, 2012.09.
80. 林 辰弥, 大野 正夫, 桑原 義博, 山下 剛史, 水田 麻美, 北 逸郎, 鮮新世北大西洋堆積物の年代決定に関わる新手法, 日本地球惑星科学連合大会, 2012.05.
81. 橋本伸也, 望月伸竜, 小松俊文, 辻野泰之, 大野正夫, 渋谷秀敏, 上部白亜系蝦夷層群羽幌川層の古地磁気層序, 日本地球惑星科学連合大会, 2012.05.
82. 大野 正夫, 林 辰弥, 山下 剛史, 水田 麻美, 桑原 義博, 北大西洋海底掘削コア試料の古地磁気・岩石磁気―大陸氷床発達期(MIS100)の古環境変動― , 高知大学海洋コア総合研究センター全国共同利用研究成果発表会, 2012.03.
83. 大野 正夫, 林 辰弥, 山下 剛史, 桑原 義博, 北大西洋海底堆積物コアから得られた大陸氷床発達期(MIS100)の高解像度岩石磁気記録 , 地球電磁気・地球惑星圏学会, 2011.11.
84. 林辰弥, 大野正夫, 北半球大陸氷床の出現期における北大西洋の氷山事件, 日本地球惑星科学連合大会, 2011.05.
85. 相澤広記, 角野浩史, 大野正夫, 小川康雄, 高橋正明, 富士山の帯水層に含まれる揮発性成分と地下水流動, 日本地球惑星科学連合大会, 2011.05.
86. 大野 正夫, 趙 夢, 北大西洋海底掘削コア試料の古地磁気・岩石磁気―古地磁気記録に見られるミランコビッチサイクル―
, 高知大学海洋コア総合研究センター全国共同利用研究成果発表会, 2011.03.
87. 林 辰弥, 大野 正夫, 小松 史樹, Gary Acton, Yohan Guyodo, 北半球大陸氷床の出現・発達期における北大西洋の氷山サージ, 日本第四紀学会, 2010.08.
88. 趙 夢, 大野 正夫, 北大西洋海底堆積物コア(IODP SiteU1314)の古地磁気記録にみられるミランコビッチサイクル, 海洋開発研究機構システム地球ラボ 「宇宙・地球表層・地球内部の相関モデリングラボユニット」第1回シンポジウム, 2010.03.
89. Meng Zhao, Masao OHNO, Wavelet analysis of paleomagnetic record at IODP Site U1314 in the North Atlantic, Kochi International Workshop on Paleo, Rock and Environmental Magnetism, 2010.02.
90. 大野 正夫, 北大西洋海底掘削コア試料の古地磁気記録 (2.1-2.8Ma), 高知大学海洋コア総合研究センター全国共同利用研究成果発表会, 2010.01.
91. 大野正夫、林 辰弥, 北大西洋海底掘削コア試料の古地磁気・岩石磁気研究 -U-channel 試料の帯磁率測定-, 高知大学海洋コア総合研究センター全国共同利用研究成果発表会, 2009.01.
92. 小松史樹、大野正夫、Guyodo, Y. 他, IODP Site U1314の古地磁気記録(1.5-2.8Ma)の年代 のastronomical tuning, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 2007.10.
93. 畠田健太朗・Kjell R. Bjorklund・IODP Exp. 306乗船研究者, 北部北大西洋(IODP Site 1314)における過去150万年間の放散虫生産量変化, 日本古生物学会, 2007.06.
94. 小松史樹、村上ふみ、大野正夫、他, マツヤマ逆磁極期とガウス正磁極期の地球磁場変動(IODP SiteU1314、北大西洋), 地球惑星科学連合大会, 2007.05.
95. Evans, H.F., Acton, G.D., Y. Guyodo, J. E. T. Channell, M. Ohno and T. Kanamatsu, Magnetic stratigraphy and relative paleointensity from IODP Site U1313 from 2.4-6 Ma, IODP Exp. 303 and 306 2nd post-expedition meeting, 2007.05.
96. Kanamatsu, T., G. Acton, H. Evans, Y. Guyodo, and M. Ohno, Geomagnetic field record of Site U1312, the southern flank of the King's Trough, IODP Exp. 303 and 306 2nd post-expedition meeting, 2007.05.
97. Acton, G.D., H.F. Evans, Y. Guyodo, J. E. T. Channell, M. Ohno and T. Kanamatsu, A continuous record of geomagnetic and rock magnetic variations spanning the past 2.4 m.y. from IODP Site U1313 in the North Atlantic, IODP Exp. 303 and 306 2nd post-expedition meeting, 2007.05.
98. Kanamatsu, T., G. Acton, H. Evans, Y. Guyodo, and M. Ohno, Magnetic fabric induced by North Atlantic bottom currents, IODP Exp. 303 and 306 2nd post-expedition meeting, 2007.05.
99. Ohno, M., F. Komatsu, F. Murakami, Y. Guyodo, T. Kanamatsu, G. D. Acton, and H. F. Evans, Geomagnetic field in the Matuyama and the Gauss Chron at IODP site U1314 in the North Atlantic, IODP Exp. 303 and 306 2nd post-expedition meeting, 2007.05.
100. Evans, H.F., Acton, G.D., Guyodo, Y., Channell, J., Ohno, M., and Kanamatsu, T., Magnetic stratigraphy and relative paleointensity from IODP Site U1313 from 2.4–6 Ma., American Geophysical Union, 2006.12.
101. 村上 ふみ、大野正夫、小玉一人、他, 北大西洋IODP Site U1314海底堆積物コアに記録されたマツヤマ逆磁極期の古地磁気, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 2006.11.
102. Hatakeda, K., Bjørklund, K.R., Kanamatsu, T., Stein, R., Alvarez Zarikian, C.A., and IODP Expedition Scientists, Polycystine radiolarian assemblages from the IODP Expedition 306 Sites 1313 and 1314, International Symposium on Climate Change: Past and Future, 2006.11.
103. 藤野恵子、山中寿朗、大野正夫、浦環、木下正高、江原幸雄, 鹿児島湾湾奥部海底の若尊火口内における熱流量分布, 地球惑星科学連合大会, 2006.05.
104. 畠田健太朗・Bjorklund, K.R.・金松敏也・秋元和實・萩野恭子・七山 太・大野正夫・Zhai, Q.・Aboudeshish, E.・Exp. 306 Scientists, 北大西洋中緯度域(IODP Exp.306 Site 1313, Site 1314)の放散虫群集について, 第2回IODP成果報告会, 2006.10.
105. 金松敏也・七山 太・秋元和實・大野正夫・萩野恭子・畠田健太朗・Zhai, Q.・ Aboudeshish, E.・Stein, R.・Zarikian, C.A., 相対地球磁場強度を使った北大西洋高解像度古海洋学:IODP Expedition 306の成果, 第2回IODP成果報告会, 2006.10.
106. Nanayama, F. and Exp. 306 Sedimentologist Party, Complete sedimentary sections drilled by multiple advanced piston coring in the central Atlantic "ice-rafted debris belt" (Sites U1312 and U1313): Preliminary sedimentary results of IODP Exp. 306, 第2回IODP成果報告会, 2006.10.
107. 大野正夫・Guyodo, Y.・金松敏也・Acton, G.・Evans, H.・秋元和實・七山 太・萩野恭子・畠田健太朗・Zhai, Q.・Aboudeshish, E., IODP Exp.306で掘削された堆積物コア試料の古地磁気研究, 第2回IODP成果報告会, 2006.10.
108. Stein, R., Kanamatsu, T., Alvarez Zarikian, C., and the IODP Expedition 306 Scientists, Late Neogene/Quaternary North Atlantic paleoceanography (IODP Expedition 306), EuroForum 2006: IODP Past Achievements and Future Opportunities, 2006.05.
109. 畠田健太朗,Kjell R. Bjorklund,金松敏也,秋元和實,萩野恭子,七山 太,大野正夫,Quimin Zhai,Essam Aboudeshish, 北大西洋中緯度域(IODP Exp. 306, Site U1313・U1314)における放散虫群集変化, 日本古生物学会, 2006.06.
110. Grützner, J., Higgins, S.M., and Expedition 306 Scientists, Late Neogene age model and sedimentation history at the southern Gardar Drift (IODP Site 1314) derived from non-destructive core logging measurements, European Geosciences Union, 2006.04.
111. Bailey, I., Wilson, P.A., Schiebel, R., and Expedition 303 and 306 Shipboard Scientists, Pliocene intensification of Northern Hemisphere glaciation, 2006.04.
112. Stein, R., Gruzner, J., Hefter, J., Kanamatsu, T., Alvarez-Zarikian, C., and the IODP Expedition 306 Scientists, IODP Expedition 306: Quaternary and Late Neogene North Atlantic Paleoceanography, National IODP/ODP and ICDP Meeting, 2006.03.
113. 畠田健太朗・Kjell R. Bjorklund・金松敏也・秋元和實・萩野恭子・七山太・大野正夫・Quimin Zhai・Essam Aboudeshish・Exp. 306 Scientists, IODP 第306次航海で得られた北大西洋中緯度域の放散虫群集, 放散虫研究集会, 2006.03.
114. 藤野恵子、山中寿朗、大野正夫、木下正高、山野誠、NT05-13航海乗船研究者、江原幸雄, 鹿児島湾湾奥部海底の若尊火口内における熱流量観測結果, ブルーアース, 2006.02.
115. 山中寿朗、石橋純一郎、大野正夫、中島美和子、萬福真美 他, 鹿児島湾若尊海底火山の広域調査概要報告, ブルーアース, 2006.02.
116. Stein, R., Kanamatsu, T., Alvarez-Zarikian, C.A., Channell, J.E.T., and the IODP Expedition 306 scientists, Late Neogene/Quaternary North Atlantic paleoceanography explored during IODP Expedition 306, American Geophysical Union, 2005.12.
117. Nanayama, F., Kanamatsu, T., Stein, R., Akimoto, K., Ohno, M., and IODP Expedition 306 Scientists, Complete sedimentary sections drilled by multiple advanced piston coring south of the central Atlantic: ice-rafted debris belt (Sites U1312 and U1313): Preliminary results of IODP Exp. 306 North Atlantic Climate 2, An International Conference on DELTAS, 2006.01.
118. Mazaud, A., Channell, J.E.T., Stoner, J.S., and the IODP 303/306 Shipboard Scientific Party, Upper and lower Jaramillo polarity transitions recorded in North Atlantic sediments from IODP Exp. 303, American Geophysical Union, 2005.12.
119. Channell, J.E., Mazaud, A., Stoner, J.S., and the IODP Exp. 303/306 Science Party, IODP Expedition 303 (North Atlantic): excursions and reversals in the Brunhes and Matuyama Chrons, American Geophysical Union, 2005.12.
120. 秋元和實、萩野恭子、畠田健太朗、金松敏也、七山 太、大野正夫 他, IODPEpx.306における生層序学的成果, 日本地質学会, 2005.09.
121. 藤野恵子、大野正夫、木下正高、山野誠、山中寿朗、NT05-13航海乗船研究者、江原幸雄, 鹿児島湾湾奥部海底の若尊火口内における熱流量測定結果 NT05-13航海序報, 日本地熱学会, 2005.11.
122. 大野正夫、Yohan Guyodo、金松敏也、Gary Acton、 Helen Evans 他, IODP306航海「過去数百万年間の北大西洋における千年スケールの古気候調査」で掘削された堆積物コア試料の古地磁気研究, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 2005.09.
123. 金松敏也、七山太、秋元和實、大野正夫、萩野恭子 他, 相対地球磁場強度を使った北大西洋 高解像度古海洋学: ODP Expedition 306の成果, 日本地質学会, 2005.09.
124. 大野正夫、田中良和、森俊哉、小田信介, 阿蘇火山における火山ガス中のCl/SO2比の観測, 地球惑星科学関連学会合同大会, 2005.05.
125. 大野正夫、橋本武志、P. Gonzares, E. Padron, P. Hernandez, N. Perez, カナリア諸島テイデ火山における自然電位観測, 地球惑星科学関連学会合同大会, 2004.06.
126. 大野正夫、橋本武志、P. Gonzares, E. Padron, P. Hernandez, N. Perez, Electric self-potential around Teide Volcano, Canary Islands, Reducing volcanic risk in islands, 2004.06.
127. 神田 径、田中良和、宇津木 充、北田直人、後藤秀作、大野正夫, 諏訪之瀬島火山における自然電位連続観測, 地殻比抵抗研究会, 2003.12.
128. 大野 正夫、ヘルナンデス ペドロ、下池 洋一、佐藤 努、角野 浩史、野津 憲治, 地下水の希ガス同位体比にもとづく伊豆半島の地殻活動の研究, 地球惑星科学関連学会合同大会, 2000.05.
129. 近藤 晃弘、大野 正夫、吉原 新、浜野 洋三, 日本における最近2000年間の地磁気強度変化, 地球惑星科学関連学会合同大会, 2002.05.
130. 大野 正夫、角野 浩史、清水 綾、長尾 敬介、野津 憲治, 地下水のヘリウム同位体比マップによる伊豆半島の地殻活動の研究, 地球惑星科学関連学会合同大会, 2002.05.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」