九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
雉本 信哉(きじもと しんや) データ更新日:2021.06.11

教授 /  工学研究院 機械工学部門 力学システム


教育活動概要
大学院教育
 能動音響制御
 Mechanical Acoustics

学部教育
力学基礎
機械力学II
機械力学III
機械力学IV
機械振動学I
機械振動学II
機械工学大意第一
担当授業科目
2021年度・前期, 力学基礎.

2021年度・通年, Seminar in Dynamics of Machinery(機械力学セミナー).

2021年度・通年, Advanced Dynamics of Machinery(機械力学講究).

2021年度・夏学期, Mechanical Acoustics GC.

2021年度・夏学期, Mechanical Acoustics(機械音響工学).

2021年度・通年, 機械振動学・同演習(B).

2021年度・春学期, 機械力学IV(B).

2020年度・後期, 力学演習.

2020年度・前期, 基幹物理学ⅠA.

2020年度・通年, Seminar in Dynamics of Machinery(機械力学セミナー).

2020年度・通年, Advanced Dynamics of Machinery(機械力学講究).

2020年度・前期, Mechanical Vibration and AcousticsGC.

2020年度・前期, Mechanical Vibration and Acoustics.

2020年度・前期, 機械工学大意第一.

2020年度・後期, 能動音響制御.

2020年度・秋学期, 機械振動学Ⅰ.

2020年度・冬学期, 機械力学Ⅲ(Aクラス).

2019年度・後期, 力学演習.

2019年度・前期, 基幹物理学ⅠA.

2019年度・前期, Mechanical Vibration and Acoustics.

2019年度・春学期, 機械力学Ⅳ.

2019年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2019年度・後期, 能動音響制御.

2019年度・後期, 機械力学・同演習(Aクラス).

2019年度・秋学期, 機械力学Ⅱ(Aクラス).

2019年度・冬学期, 機械力学Ⅲ(Bクラス).

2019年度・通年, Seminar in Dynamics of Machinery(機械力学セミナー).

2019年度・通年, Advanced Dynamics of Machinery(機械力学講究).

2019年度・通年, Seminar in Dynamics of Machinery(機械力学セミナー).

2019年度・通年, Advanced Dynamics of Machinery(機械力学講究).

2018年度・後期, 力学演習.

2018年度・前期, 基幹物理学ⅠA.

2018年度・前期, Mechanical Vibration and Acoustics GC.

2018年度・前期, Mechanical Vibration and Acoustics.

2018年度・前期, 機械工学大意第一.

2018年度・前期, 機械力学・同演習.

2018年度・後期, 能動音響制御.

2018年度・後期, 機械力学・同演習.

2018年度・秋学期, 機械力学Ⅱ.

2018年度・後期, 機械振動学・同演習.

2018年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2018年度・通年, Seminar in Dynamics of Machinery(機械力学セミナー).

2018年度・通年, Advanced Dynamics of Machinery(機械力学講究).

2018年度・通年, Seminar in Dynamics of Machinery(機械力学セミナー).

2018年度・通年, Advanced Dynamics of Machinery(機械力学講究).

2017年度・前期, 基幹物理学IA.

2017年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2017年度・前期, Mechanical Vibration and Acoustics.

2017年度・後期, 力学演習.

2017年度・前期, 基幹物理学ⅠA.

2017年度・前期, Mechanical Vibration and Acoustics.

2017年度・後期, 能動音響制御.

2017年度・後期, 機械振動学・同演習.

2017年度・前期, Mechanical Vibration and Acoustics.

2017年度・通年, Seminar in Dynamics of Machinery(機械力学セミナー).

2017年度・通年, Advanced Dynamics of Machinery(機械力学講究).

2017年度・通年, Seminar in Dynamics of Machinery(機械力学セミナー).

2017年度・通年, Advanced Dynamics of Machinery(機械力学講究).

2016年度・前期, 基幹物理学IA.

2016年度・前期, 機械力学・同演習.

2016年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2016年度・前期, Mechanical Vibration and Acoustics.

2016年度・後期, 力学演習.

2016年度・後期, 能動音響制御.

2015年度・前期, 基幹物理学IA.

2015年度・前期, 機械力学・同演習.

2015年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2015年度・前期, Mechanical Vibration and Acoustics.

2015年度・後期, 力学演習.

2015年度・後期, 能動音響制御.

2015年度・後期, 機械振動学・同演習.

2014年度・前期, 力学基礎・同演習B.

2014年度・前期, 基幹物理学IA.

2014年度・前期, Mechanical Vibration and Acoustics.

2014年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2014年度・後期, 機械振動学・同演習.

2014年度・後期, 能動音響制御.

2014年度・後期, 力学演習.

2013年度・前期, 機械力学・同演習.

2013年度・前期, 力学基礎・同演習B.

2013年度・後期, 力学基礎・同演習A.

2013年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2013年度・前期, Mechanical Vibration and Acoustics.

2013年度・後期, 機械工学大意第一.

2013年度・後期, 能動音響制御.

2012年度・前期, 機械力学・同演習.

2012年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2012年度・前期, Mechanical Vibration and Acoustics.

2012年度・後期, 力学基礎・同演習A.

2012年度・後期, 機械振動学・同演習.

2012年度・後期, 機械工学大意第一.

2012年度・後期, 能動音響制御.

2011年度・前期, 機械力学.

2011年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2011年度・前期, 力学基礎・同演習B.

2011年度・前期, Mechanical Vibration and Acoustics.

2011年度・後期, 機械振動学.

2011年度・後期, 能動音響制御.

2010年度・前期, Mechanical Vibration and Acoustics.

2010年度・前期, 創造設計.

2010年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2010年度・前期, 機械力学.

2010年度・前期, 機械力学演習.

2010年度・後期, 能動音響制御.

2010年度・後期, 機械振動学演習.

2010年度・後期, 機械振動学.

2010年度・後期, 力学基礎・同演習A.

2010年度・後期, 工業力学.

2009年度・後期, 工業力学.

2009年度・前期, コアセミナー.

2009年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2009年度・前期, 機械力学.

2009年度・前期, 機械力学演習.

2009年度・後期, 機械工学大意第一.

2009年度・後期, 機械振動学.

2009年度・後期, 機械振動学演習.

2009年度・前期, 機械環境工学.

2009年度・後期, 能動音響制御.

2008年度・前期, コアセミナー.

2008年度・前期, 創造設計.

2008年度・前期, 力学基礎・同演習B.

2008年度・後期, 工業力学.

2008年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2008年度・前期, 機械力学.

2008年度・前期, 機械力学演習.

2008年度・後期, 機械工学大意第一.

2008年度・後期, 機械振動学.

2008年度・後期, 機械振動学演習.

2008年度・前期, 機械環境工学.

2008年度・後期, 能動音響制御.

2007年度・後期, 力学基礎・同演習A.

2007年度・後期, 工業力学.

2007年度・後期, 振動音響制御.

2007年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2007年度・前期, 機械力学演習.

2007年度・後期, 機械振動学.

2007年度・後期, 機械振動学演習.

2007年度・前期, コアセミナー.

2007年度・前期, 機械環境工学.

2006年度・前期, コアセミナー.

2006年度・後期, 工業力学.

2006年度・後期, 振動音響制御.

2006年度・前期, 機械環境工学.

2005年度・前期, 工学入門.

2005年度・後期, 工業力学.

2005年度・後期, 振動音響制御.

2005年度・前期, 機械環境工学.

2004年度・前期, 力学基礎・同演習II.

2004年度・前期, 工学入門.

2004年度・後期, 工業力学.

2004年度・後期, 振動音響制御.

2004年度・前期, 機械環境工学.

2003年度・後期, 力学基礎・同演習I.

2003年度・前期, 工学入門.

2003年度・後期, 工業力学.

2003年度・後期, 振動音響制御.

2003年度・前期, 機械環境工学.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2020.11, 全学, 参加, 【機械系FD】学修目標を評価する意義と方法.

2020.05, 学科, 参加, 機械系FDオンライン講義に関して.

2020.04, 部局, 参加, オンライン緊急FD.

2019.11, 学科, 参加, 機械系FD.

2019.03, 全学, 参加, 入試に関するFD.

2019.02, 全学, 参加, 九州大学TA制度に関するFD・SD.

2018.12, 学科, 参加, 機械系FD.

2018.06, 学科, 参加, 機械系FD.

2018.06, 部局, 参加, 入試関連FD.

2017.12, 学科, 参加, 機械系FD.

2017.08, 部局, 参加, 工学研究院FD.

2017.06, 学科, 参加, 機械系FD.

2016.12, 学科, 参加, 機械系FD.

2016.11, 全学, 参加, 全学FD.

2016.10, 部局, 参加, 工学部・工学府FD.

2016.06, 学科, 参加, 機械系FD.

2016.03, 学科, 司会, 機械系FD.

2015.08, 学科, 司会, 機械系FD.

2014.07, 部局, 参加, 工学部・工学府FD.

2013.11, 部局, 参加, 工学部・工学府FD.

2013.06, 部局, 参加, 工学部・工学府FD.

2013.05, 学科, 参加, 機械系FDセミナー.

2013.03, 部局, 参加, 工学部・工学府FD.

2013.02, 部局, 参加, 工学部・工学府FD.

2012.12, 学科, 参加, 機械系FD.

2012.08, 学科, 参加, 機械系FDセミナー.

2012.02, 学科, 参加, 部門FD.

2011.09, 学科, 参加, 機械系FD講演会.

2011.06, 学科, 参加, 機械系FD講演会.

2011.02, 部局, 参加, 工学部・工学府FD.

2010.09, 学科, 参加, 機械系FD講演会.

2010.05, 学科, 参加, 機械系FD講演会.

2010.03, 部局, 参加, 工学部・工学府FD.

2009.10, 部局, 参加, 工学部・工学府FD.

2009.03, 部局, 参加, 工学部・工学府FD.

2008.09, 学科, 参加, 機械系FD講演会.

2008.08, 学科, 参加, 機械系FD講演会.

2008.01, 全学, 参加, 第3回全学FD.

2007.06, 学科, 参加, 機械系FD講演会.

2003.09, 全学, 参加.

2004.12, 全学, 参加.

2005.07, 学科, 参加, H17 第一回機械系FD セミナー.

2005.03, 学科, 参加, 第38回機械系FDセミナー.

学生のクラス指導等
2004年度, 学部, 機械航空工学科機械コース4年生クラスC.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2013年度, 鹿児島大学, 2013年11月22日, 非常勤講師, 国内.

2008年度, 首都大学, 2009年1月19日, 非常勤講師, 国内.

1999年度, 福岡工業大学, 非常勤講師, 国内.

1998年度, 福岡工業大学, 非常勤講師, 国内.

1997年度, 福岡工業大学, 非常勤講師, 国内.

国際教育イベント等への参加状況等
2019.05, 日中大学生友好交流大会, 中華人民共和国・大連, 大連理工大学.

2017.06, モンゴルツイニングプログラム大学説明会, モンゴル・ウランバートル, MJEED,JICA.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」