九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
高橋 良彰(たかはし よしあき) データ更新日:2019.12.03

准教授 /  先導物質化学研究所 先端素子材料部門 融合材料科学


教育活動概要
大学院教育
 名古屋大学工学研究科では化学系院生向けのレオロジーの講義を担当していた。02,04,06年度も非常勤講師として行った。九州大学総合理工学研究院では物質理工学専攻で、熱力学の講義を担当した。現在は高分子科学,高分子材料物性学の講義を担当している。その他に、演習・実験・講究を分担している。また、名古屋工業大学、琉球大学の非常勤講師として高分子凝集系の構造と物性に関する講義を行った。その他に、他大学の院生向けのセミナーの講師なども担当した。

学部教育
 名古屋大学工学部の高分子物理化学の講義、物理化学系の演習と実験を分担担当してきた。九州大学ではエネルギー科学科の化学結合論と高分子材料科学の講義を行なった。また実験、演習を分担担当した。熊本大学の非常勤講師として高分子物性の講義を担当した。

全学共通教育
 名古屋大学において総合科目「未来を志向する科学技術」を分担担当した。九州大学ではコアセミナーを分担担当した。また高年次教養科目「環境調和型社会の構築」を2014年まで分担担当した。現在、全学教育では「分子の化学」を分担担当している。

課外教育
 高校生向けの化学の啓蒙、普及を目指した公開説明会、実験体験講座を分担担当した。学部生、大学院生、企業人向けの高分子物性・レオロジーの基礎セミナーの講師、数社の企業の研究所におけるセミナーの講師を担当した。その主なものは2003年白樺夏期大学、2008年成形加工夏季セミナー、2009年高分子・繊維基礎スクールである。
担当授業科目
2019年度・夏学期, 高分子科学.

2019年度・通年, 物質理工学修士演習第二.

2019年度・通年, 物質理工学修士実験第二.

2018年度・通年, 物質理工学修士実験第二.

2018年度・通年, 物質理工学修士演習第二.

2018年度・夏学期, 高分子科学.

2017年度・後期, 高分子材料物性学.

2017年度・夏学期, 高分子科学.

2017年度・通年, 物質理工学修士演習第二.

2017年度・通年, 物質理工学修士実験第二.

2016年度・後期, 分子の化学.

2016年度・通年, 高分子物性学特別講究.

2016年度・通年, 物質理工学修士実験.

2016年度・通年, 物質理工学修士演習.

2016年度・後期, 高分子材料物性学.

2016年度・前期, 高分子科学.

2015年度・後期, Advanced organic chemistry Ⅳ.

2015年度・後期, Macromolecular Science.

2015年度・通年, 高分子物性学特別講究.

2015年度・通年, 物質理工学修士実験.

2015年度・通年, 物質理工学修士演習.

2015年度・後期, 高分子材料物性学.

2015年度・前期, 高分子科学.

2014年度・後期, 高分子材料物性学.

2014年度・後期, Fundamentals on Interdisciplinary Engineering Sciences, Material, Energy, Environment.

2014年度・通年, 物質理工学修士演習.

2014年度・通年, 高分子物性学特別講究.

2014年度・前期, 高分子科学.

2014年度・前期, 環境調和型社会の構築.

2013年度・通年, 高分子物性学特別講究.

2013年度・通年, 物質理工学修士演習.

2013年度・通年, 物質理工学修士実験.

2013年度・後期, 高分子材料物性学.

2013年度・前期, 高分子科学.

2013年度・前期, 環境調和型社会の構築.

2012年度・前期, 環境調和型社会の構築.

2012年度・前期, 高分子材料科学.

2012年度・前期, 高分子科学.

2012年度・後期, 高分子材料物性学.

2012年度・通年, 物質理工学修士演習.

2012年度・通年, 高分子物性学特別講究.

2012年度・通年, 物質理工学修士実験.

2011年度・前期, 環境調和型社会の構築.

2011年度・前期, 高分子材料科学.

2011年度・前期, 高分子科学.

2011年度・後期, 高分子材料物性学.

2011年度・通年, 物質理工学修士演習.

2011年度・通年, 高分子物性学特別講究.

2011年度・通年, 物質理工学修士実験.

2010年度・通年, 物質理工学修士実験.

2010年度・通年, 物質理工学修士演習.

2010年度・通年, 高分子物性学特別講究.

2010年度・前期, 高分子科学.

2010年度・前期, 高分子材料科学.

2010年度・後期, 高分子材料物性学.

2010年度・前期, 環境調和型社会の構築.

2009年度・後期, 高分子材料物性学.

2009年度・前期, 高分子材料科学.

2009年度・前期, 高分子科学.

2009年度・前期, 環境調和型社会の構築.

2008年度・前期, 環境調和型社会の構築.

2008年度・後期, 高分子材料物性学.

2008年度・前期, 高分子科学.

2008年度・前期, 高分子材料科学.

2006年度・後期, 化学結合論.

2007年度・前期, 高分子材料科学.

2007年度・前期, 環境調和型社会の構築.

2007年度・後期, 高分子材料物性学.

2007年度・前期, 高分子科学.

2006年度・前期, 基礎熱力学.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2019.05, 部局, 参加, 先導物質化学研究所FD.

2016.05, 部局, 参加, 先導物質化学研究所FD.

2015.05, 部局, 参加, 先導研FD.

2012.05, 部局, 参加, 先導研FD.

2012.01, 部局, 参加, 先導研FD.

2010.05, 部局, 参加, 先導研FD.

2008.12, 部局, 企画, 先導研FD.

2006.02, 部局, 参加, 先導研FD.

2003.01, 全学, 参加.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2016年度, 京都大学化学研究所, 通年, 客員教員, 国内.

2013年度, 熊本大学理学部, 9月17日ー20日, 非常勤講師, 国内.

2012年度, 熊本大学理学部, 9月11日ー14日, 非常勤講師, 国内.

2010年度, 熊本大学理学部, 9月27日ー30日, 非常勤講師, 国内.

2008年度, 琉球大学理学部, 9,10月 15こま, 非常勤講師, 国内.

2006年度, 名古屋大学工学研究科, 11月 6こま, 集中講義, 国内.

2004年度, 名古屋大学工学研究科, 11月 6こま, 集中講義, 国内.

2002年度, 名古屋大学工学研究科, 11月 6こま, 集中講義, 国内.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」