九州大学 研究者情報
著書一覧
馬場園 明(ばばぞの あきら) データ更新日:2021.11.11

教授 /  医学研究院 基礎医学部門 医学研究院医療経営管理学講座


著書
1. 馬場園明, 健康と健康障害の概念、疾病予防の概念と方法、アドボカシー、医療とメデイア、地域包括ケアシステム、医療保険制度と医療費、NEW予防医学・公衆衛生学(改訂第4版), 26-28、28-31、36、37、314-316、338-343, 2018.09.
2. 馬場園明, 地域包括ケアを実現する高齢者健康コミュニテイ, 九州大学出版会, 総頁192, 2014.06.
3. 馬場園明, 介護福祉マーケテイング, 日本医療企画, 1-192, 2012.08.
4. 馬場園明, 医療保険制度と医療費、NEW予防医学・公衆衛生学, 324-329, 2012.04.
5. 馬場園明、荒木登茂子、桑原一彰 花田輝代、山田康子, 介護予防のための栄養指導・栄養支援ハンドブック , 化学同人, 全346頁, 2009.10.
6. 馬場園明, 脱・メタボリックシンドロームのための健康支援, 中央法規出版, 全157頁, 2008.01.
7. 馬場園明, 2007年度医療経営白書 医療は崩壊するのか?医療制度改革が病医院経営に及ぼす影響と今後の方向性, 日本医療企画, 東京、293-315、2007., 2007.10.
8. Kame C, Babazono A, Mosby’s Pocket Guide to Cultural Health Assessment, Fourth edition, Elseiver, 360-364, 2007.09.
9. 馬場園明, 偶然とバイアスによる誤差、交絡の制御、地域保健活動のための疫学, 日本公衆衛生協会, 30-44, 2006.10.
10. 馬場園明, 交絡バイアスとそのコントロール方法、今日の疫学(第2版)、青山英康編, 128-139, 2005.04.
11. 安藤延男、満留昭久、馬場園明他, 心の発達を育む, 慶応義塾出版, 2002.10.
12. 熊谷秋三、足達淑子、馬場園明他, 健康支援学入門, 北大路書房, 2001.04.
13. 柳川洋、中村好一、児玉和紀、三浦宣彦、馬場園明他, 地域保健活動のための疫学, 日本公衆衛生協会, 2000.07.
14. Tsuda T, Mino Y, Babazono A, Shigemi J, Otsu T, Yamamoto E, Advances in the Prevention of Occupational Respiratory Disease, Elseivier, 1998.01.
15. 山田裕章、馬場園明、川崎晃一、藤野武彦、上園慶子、冷川昭子、金谷庄蔵, ヘルスサイエンス こころとからだ, 西日本新聞社, 1998.04.
16. 山田裕章、馬場園明、津田敏秀、川崎晃一、金谷庄蔵、上園慶子、藤野武彦、荒木志朗、村田豊久、田嶋誠一、安藤延男, 現代健康学, 九州大学出版会, 1998.03.
17. 津田敏秀、馬場園明, 慢性砒素中毒、疫学ハンドブック、日本疫学会編, 南江堂, 355-358, 1997.02.
18. 馬場園明、津田敏秀、三野善央, 第1章 疫学とは 2)最近の疫学、第4章 標本の抽出ーサンプリング、第5章 バイアスとそのコントロール法、今日の疫学, 医学書院, 6-13, 42-46、47-54
, 1996.11.
19. Tsuda T, Babazono A, Mino Y, Ogawa T, Kishi Y, Aoyama H, Epidemiological studies of cancer in arsenic poisoning patients, edited by Cheremisinoff PN, Encyclopedia of Environmental Control Technology, Gulf Publishing Company, 343-357, 1994.04.
20. 津田敏秀、馬場園明:, 衛生統計;臨床検査技術学、3、公衆衛生学, 医学書院, 5-18, 1994.03.
21. 馬場園明, 第7章、費用-便益分析、第8章、経済学分析をさらに進めるために;臨床経済学 , 篠原出版, 169-201, 1990.02.
22. 馬場園明、馬場園常子、井谷 徹、小中和一、大谷透、藤田征男、五島正規、青山英康, 循環器疾患;プライマリ・ケア-家庭医および地域包括医療の実践, HBJ出版局, 178-196, 1988.01.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」