九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
馬場園 明(ばばぞの あきら) データ更新日:2021.03.07

教授 /  医学研究院 基礎医学部門 医学研究院医療経営管理学講座


主な研究テーマ
電子レセプトを活用した高齢者における市販後薬剤疫学研究
キーワード:電子レセプト、市販後薬剤疫学研究
2016.04~2019.03.
レセプトデータ分析による糖尿病患者の受診状況と医療サービス利用及び血糖との関連
キーワード:糖尿病、アドへランス、疾病管理、レセプトデータ、
2013.04~2016.03.
健診データとレセプトデータを用いた糖尿病の疾病管理に関する研究

キーワード:糖尿病、疾病管理、健診、レセプト、医療費
2009.04~2012.03.
レセプトデータ・DPCデータを用いた医療計画の設計

キーワード:医療費、レセプト、DPC、医療計画
2008.04~2012.03.
医療経営の問題解決能力を高めるプログラム
キーワード:医療経営管理、問題解決、医療政策、コミュニケーション
2008.04~2012.03.
療養病床の最適な事業転換モデルの研究・検証
キーワード:療養病床、医療制度改革、介護保険、高齢者コミュニテイ
2006.04~2012.03.
従事しているプロジェクト研究
電子レセプトを活用した高齢者における市販後薬剤疫学研究
2016.04~2019.03, 代表者:馬場園明
 この研究は、平成25年4月時点で福岡県の後期高齢者医療制度の被保険者を対象として平成30年3月までの電子レセプトを追跡し、市販後の長期的な薬剤関連のアウトカムの検討を行うものである。薬剤の対象としては、高齢者への投与の危険性が報告されているものの広く使用されている糖尿病薬のSU剤、降圧剤のα1遮断薬、ベンゾジアゼピン系入眠剤、三環系抗鬱薬のアウトカムを評価する。アウトカムとしては、死亡、転倒、骨折、外傷、呼吸器感染症、虚血性心疾患、脳血管疾患、末梢血管疾患、腎疾患による入院とする。この研究は、わが国における「エビデンス」に基づいた基準を開発するための「市販後の薬剤疫学調査研究」の仕組みを構築することを目的とする。.
レセプトデータ分析による糖尿病患者の受診状況と医療サービス利用及び血糖との関連
2013.04~2016.03, 代表者:馬場園明, 九州大学
健康保険組合に所属する被保険者本人及び被扶養者を対象とし、健診結果により糖尿病患者を同定し、その後の外来受診状況を追跡することによって、継続受診群、非継続受診群、未受診群の割合を明らかにする。そして、糖尿病関連疾患による入院を診断群分類による主傷病推定法を用いて同定し、定期的な受診をしている群を基準として非継続受診群、未受診群と、医療サービス利用状況および HbA1c の改善度を定量的に比較し、保険者の疾病管理の質の向上に貢献することを目的とする。.
電子レセプトを用いた高齢者の社会的入院の実態解明に関する研究
2011.04~2013.03, 代表者:馬場園明, 九州大学
1973年の老人医療費の無料化以降、必ずしも入院医療の必要のない高齢者が長期間、医療機関に入院を継続する実態があり、医療費のみならず、患者の生活の質にも影響を与えていることが報告されている。社会的入院は「6ヶ月以上の継続入院」とされている場合が多いが、実態を解明するには診療内容を明らかにする必要がある。そこで、平成21年度に福岡県の国保連合会に提出された高齢者の電子レセプトを1年間連結し、入院医療費、入院日数、再入院率を病床(一般・療養・精神)別に明らかにする。また、高齢者の入院医療に関し、どのような診療行為に、どれだけ使われているかを病床別に比較する。さらに、医療行為による医療費が全医療費の一定レベル(10%と20%の2段階)に満たない患者の割合を病床別に明らかにする。.
健診データとレセプトデータを用いた糖尿病の疾病管理に関する研究
2009.04~2011.03, 代表者:馬場園明, 馬場園明
この研究は、糖尿病患者の健診データとレセプトデータをリンクし、患者の行動や診療の問題とそれに関連する要因を把握することによって、疾病管理においてPDCAサイクルを回すことに貢献するものである。この研究では、国民健康保険と健康保険組合の被保険者を対象として、平成19年度の健康診断でHbA1cが6.1以上で受診勧奨された被保険者と糖尿病で治療中である被保険者の受診行動と医療機関の診療内容をレセプト情報で明らかにする。また、受診勧奨された患者の受診率、継続治療されている患者の受診中断率、受診行動に影響を与える患者の属性、診療の内容を検討する。さらに、受診行動と診療内容と平成20年度及び平成21年度の健診結果との関連についても分析を行う。
.
福岡県医療費分析業務:レセプトデータ・DPCデータを用いた医療計画の設計
2008.04~2009.03, 代表者:馬場園明, 福岡県
 エビセンスに基づいた医療計画を行うために、福岡県のレセプトおよびDPCデータを対象に、二次医療圏別に受診率、医療費、受診日数、診療パターンのバリアンス分析を行い、悪性腫瘍、心臓病、脳血管疾患の発生を推計する。
.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 馬場園明, 新型コロナワクチン、特例承認に求められる事後検証, https://www.jcer.or.jp/blog/babazonoakira20210303.html., 2021.02.
2. 馬場園明, 新型コロナワクチン、費用対効果を検証する, https: //www.jcer.or.jp/blog/babazonoakira20210217.html03.html., 2021.02.
3. 馬場園明, 新型コロナ感染症、病床ひっ迫の本質的理由, https://www.jcer.or.jp/blog/babazonoakira20210203.html, 2021.02.
4. 馬場園明, 地域の病院経営に貢献できる医学教育―課題解決型高度医療人材養成プログラム事業を中心に, 病院, 80、141-144、2021., 2021.02.
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本健康支援学会
日本医療・病院管理学会
日本疫学会
日本衛生学会
日本公衆衛生学会
日本産業衛生学会
学協会役員等への就任
2013.04~2019.03, 大学基準協会公衆衛生系専門職大学院認証評価検討委員会, 委員長.
2011.04~2013.03, 大学基準協会公衆衛生系専門職大学院認証評価検討委員会, 副委員長.
2006.04~2020.03, 医療福祉経営マーケテイング研究会, 理事長.
2017.04~2020.03, 日本公衆衛生学会, 理事.
2009.04~2019.03, 日本公衆衛生学会, 会員の倫理・行動規範に関する委員会委員.
2013.04~2016.03, 日本医療・病院管理学会, 評議員.
2011.10~2013.09, 日本公衆衛生学会, 監事.
2007.04, 日本衛生学会, 評議員.
2011.07, 日本公衆衛生学会, 評議員.
1999.04, 日本健康支援学会, 理事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.03.06~2019.03.07, 第22回健康支援学会年次学術大会, 座長(Chairmanship).
2021.03.13~2021.03.13, 第11回医療福祉マーケテイング研究会学術集会, 座長(Chairmanship).
2020.03.12~2020.03.12, 第10回医療福祉マーケテイング研究会学術集会, 座長(Chairmanship).
2019.03.02~2019.03.03, 第20回健康支援学会年次学術大会, 座長(Chairmanship).
2019.03.16~2019.03.16, 第9回医療福祉マーケテイング研究会学術集会, 座長(Chairmanship).
2018.03.24~2016.03.24, 第8回医療福祉マーケテイング研究会学術集会, 座長(Chairmanship).
2017.03.25~2016.03.25, 第7回医療福祉マーケテイング研究会学術集会, 座長(Chairmanship).
2016.03.19~2016.03.19, 第6回医療福祉マーケテイング研究会学術集会, 座長(Chairmanship).
2015.02.28~2015.02.28, 第5回医療福祉マーケテイング研究会学術集会, 座長(Chairmanship).
2015.11.04~2015.11.06, 第74回日本公衆衛生学会, 座長(Chairmanship).
2014.11.05~2014.11.06, 第53回日本医療病院管理学会, 座長(Chairmanship).
2014.11.05~2014.11.07, 第73回日本公衆衛生学会, 座長(Chairmanship).
2014.09.13~2014.09.14, 第52回日本医療病院管理学会, 座長(Chairmanship).
2014.03.16~2014.03.16, 第4回医療福祉マーケテイング研究会学術集会, 座長(Chairmanship).
2013.03.16~2013.03.16, 第3回医療福祉マーケテイング研究会学術集会, 座長(Chairmanship).
2012.03.03~2012.03.03, 第2回医療福祉マーケテイング研究会学術集会, 座長(Chairmanship).
2011.03.26~2011.03.26, 第1回医療福祉マーケテイング研究会学術集会, 座長(Chairmanship).
2011.02.19~2011.02.20, 第12回日本健康支援学会, 座長(Chairmanship).
2009.05.20~2009.05.23, 第82回日本産業衛生学会, 座長(Chairmanship).
2009.02.21~2009.02.21, 第16回ヘルスサイエンスセミナー, 座長(Chairmanship).
2009.02, 第10回日本健康支援学会, 座長(Chairmanship).
2008.11.04~2010.11.07, 第67回日本公衆衛生学会, 座長(Chairmanship).
2005.02.19~2005.02.20, 第6回日本健康支援学会, 司会(Moderator).
2005.02.19~2005.02.20, 第6回日本健康支援学会, 座長(Chairmanship).
2004.02.22~2004.02.23, 第5回日本健康支援学会, 座長(Chairmanship).
2003.02, 第4回日本健康支援学会, 座長(Chairmanship).
2002.02, 第3回日本健康支援学会, 座長(Chairmanship).
2002.10, 第61回日本公衆衛生学会, 座長(Chairmanship).
2000.02, 平成11年度厚生科学研究健康科学総合研究成果発表会, 座長(Chairmanship).
1999.04, 日本医学会総会, 座長(Chairmanship).
1999.02, 第6回ヘルスサイエンスセミナー, 座長(Chairmanship).
2017.03.25~2017.03.25, 第7回医療福祉経営マーケティング研究会学術集会, 座長.
2016.10.17~2016.10.17, 第75回日本公衆衛生学会, 座長.
2016.09.18~2016.09.18, 第54回日本医療・病院管理学学会, 座長.
2016.03.18~2017.03.18, 第6回医療福祉経営マーケティング研究会学術集会, 座長.
2015.11.05~2015.11.06, 第53回日本医療・病院管理学学会, シンポジウム「地域医療構想と地域包括ケアシステム」司会.
2015.11.04~2015.11.06, 第70回日本公衆衛生学会, 一般演題座長.
2015.11.04~2015.11.06, 第70回日本公衆衛生学会, シンポジウム「公衆衛生学修士の社会への浸透を求めて」座長.
2015.09.25~2015.09.27, 第62回日本栄養改善学会, シンポジウム「在宅医療における連携と展開」司会.
2014.09.14~2014.09.14, 第52回日本医療・病院管理学学会, 教育講演司会.
2013.09.27~2013.09.27, 第51回日本医療・病院管理学学会, 一般演題座長.
2014.11.05~2014.11.07, 第73回日本公衆衛生学会, 一般演題座長.
2013.04.11~2013.04.13, 第113回日本外科学会定期学術集会, シンポジウム「医療経済からみた外科診療ー医療の質を中心にー」司会.
2010.10.27~2010.10.29, 第69回日本公衆衛生学会, シンポジウム司会.
2010.02.20~2010.02.21, 第10回日本健康支援学会, 市民公開シンポジウム司会.
2008.11, 第67回日本公衆衛生学会, 学術部会部会長、実行委員会委員.
2008.11.05~2008.11.07, 第67回日本公衆衛生学会, メインシンポジウム司会.
2006.02.18~2006.02.19, 第7回日本健康支援学会, 市民公開シンポジウム.
2006.02.18~2006.02.19, 第7回日本健康支援学会, 市民公開シンポジウム.
2002.02.16~2002.02.17, 第3回日本健康支援学会, 一般演題座長.
2001.02.17~2010.02.18, 第2回日本健康支援学会, シンポジウム司会.
2001.07, 日本産業衛生学会九州地方会, シンポジウム司会.
2000.02, 第2回日本健康支援学会, シンポジウム司会.
1999.05, 禁煙シンポジウム, シンポジウム司会.
1999.02, 第1回日本健康支援学会, シンポジスト.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2014.03~2017.03, Populatuion Health Management, 国際, 編集委員.
2012.04~2013.03, 日本公衆衛生学雑誌, 国内, 査読委員.
2011.04~2013.03, 健康支援, 国内, 編集委員.
2008.04~2013.03, 産業衛生学雑誌, 国内, 編集委員.
2006.04, 医療福祉経営マーケテイング研究, 国内, 編集委員長.
1999.01~2011.03, 健康支援, 国内, 編集委員長.
1996.04~1999.03, 産業衛生学雑誌, 国内, 編集委員.
1995.04, 教育と医学, 国内, 編集委員.
1994.03~1999.03, 日本公衆衛生学雑誌, 国内, 論文査読委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2020年度 39      42 
2019年度 30      35 
2018年度 21      23 
2017年度    
2016年度    
2015年度 18  21 
2014年度 11      14 
2013年度 10      15 
2012年度 14  18 
2011年度 18  19 
2010年度 10  16      26 
2009年度     14 
2008年度 13      22 
2007年度 15      20 
2006年度     11 
2005年度    
2004年度     10 
2003年度    
2002年度    
2001年度    
2000年度    
1999年度    
1998年度     12 
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
ハーバード大学, トマス・ジエファーソン大学, UnitedStatesofAmerica, 2012.08~2012.08.
ハーバード大学, トーマス・ジエファーソン大学, UnitedStatesofAmerica, 2011.08~2011.09.
ハーバード大学, トーマス・ジエファーソン大学, UnitedStatesofAmerica, 2010.08~2010.09.
トーマス・ジエファーソン大学, UnitedStatesofAmerica, 2009.08~2009.08.
トーマス・ジエファーソン大学, UnitedStatesofAmerica, 2009.03~2009.03.
メリーランド大学, UnitedStatesofAmerica, 2007.09~2007.09.
ペンシルバニア大学, UnitedStatesofAmerica, 2007.03~2007.03.
ペンシルバニア大学, UnitedStatesofAmerica, 2006.09~2006.09.
ペンシルバニア大学, UnitedStatesofAmerica, 2006.03~2006.03.
ペンシルバニア大学, UnitedStatesofAmerica, 2005.09~2005.09.
ペンシルバニア大学, UnitedStatesofAmerica, 2004.09~2004.09.
ペンシルバニア大学, UnitedStatesofAmerica, 2003.08~2003.08.
ペンシルバニア大学, UnitedStatesofAmerica, 2002.09~2002.09.
ペンシルバニア大学, UnitedStatesofAmerica, 2001.11~2001.11.
ペンシルバニア大学, UnitedStatesofAmerica, 1995.12~1996.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2021年度, 基盤研究(C), 分担, 高齢者における糖尿病治療薬配合剤の服薬アドヒアランスへの影響とその効果.
2019年度~2022年度, 基盤研究(B), 分担, 保健医療介護縦断データベース構築とケア継続性の長期的影響評価への応用.
2016年度~2018年度, 基盤研究(B), 代表, 電子レセプトを活用した高齢者における市販後薬剤疫学研究.
2013年度~2015年度, 基盤研究(B), 代表, レセプトデータ分析による糖尿病患者の受診状況と医療サービス利用及び血糖との関連.
2011年度~2012年度, 萌芽的研究, 代表, 電子レセプトを用いた高齢者の社会的入院の実態解明に関する研究.
2009年度~2011年度, 基盤研究(B), 代表, 健診データとレセプトデータを用いた糖尿病の疾病管理に関する研究.
2007年度~2008年度, 創成的基礎研究費, 分担, 患者の立場にたったコミュニケーションと医療安全を提供するユーザーサイエンス(USI).
2006年度~2008年度, 基盤研究(C), 代表, 生活習慣病予防事業の医療費に与える影響.
2005年度~2007年度, 基盤研究(B), 分担, 精神保健に関する医療経済学的研究.
2003年度~2005年度, 萌芽研究, 分担, 高齢者に対する転倒予防のための家庭訪問による個別指導の評価に関する介入研究.
2002年度~2004年度, 基盤研究(C), 代表, 職場における精神の健康度が疾病発生に与える影響.
2001年度~2003年度, 基盤研究(C), 分担, Chlamydia Pneumoniae感染と虚血性心疾患の関係に関する疫学研究、文部科学省研究費補助金.
2000年度~2002年度, 基盤研究(C), 分担, 大学生の生活の質(Quality of Student Life)に関する研究 −「大学生活調査カタログ」の開発.
1999年度~2001年度, 基盤研究(C), 代表, 健康保険制度における定率2割負担導入による受診行動への影響.
1997年度~1999年度, 基盤研究(C), 分担, 若年高血圧者の20年間の追跡調査.
1995年度~1997年度, 基盤研究(C), 代表, 保健施設事業における健康・体力づくりプログラムの医療経済学的評価.
1994年度~1994年度, 奨励研究(A), 代表, 集団検診の費用効果分析におけるマルコフモデルの応用.
1992年度~1994年度, 一般研究(A), 分担, 精神疾患のプライマリ・ケア・サ-ベイ.
1989年度~1991年度, 一般研究(A), 分担, 健康保険組合における保健施設事業の評価.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2001年度~2003年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 医療費の自己負担増による高血圧症患者と糖尿病患者の受診行動の変化.
2001年度~2003年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 青・壮年者を対象とした生活習慣病予防のための長期介入研究.
2000年度~2001年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, ネットワ-ク型医療の評価と推進に関する研究.
1999年度~2001年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 肝内結石症.
1998年度~2000年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 青・壮年者を対象とした生活習慣病予防のための長期介入研究.
1998年度~2000年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 代表, 健康増進活動のための健康外来システムの開発とその評価.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2008年度~2009年度, 専門職大学院等における高度専門職業人養成教育推進プログラム, 代表, 医療経営の問題解決能力を高めるプログラム
.
2006年度~2007年度, 法科大学院等専門職大学院形成支援プログラム, 代表, 医療経営・管理学ケース教材開発・実証事業.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2020.04~2021.03, 代表, 後期高齢者医療に関する研究.
2020.04~2021.03, 代表, 協会けんぽ福岡支部の保健事業に関する情報の解析等業務.
2019.04~2020.03, 代表, 後期高齢者医療に関する研究.
2019.04~2020.03, 代表, 協会けんぽ福岡支部の保健事業に関する情報の解析等業務.
2018.04~2019.03, 代表, ジエネリックの普及に関する研究.
2018.04~2019.03, 代表, 後期高齢者医療に関する研究.
2018.04~2019.03, 代表, 協会けんぽ福岡支部の保健事業に関する情報の解析等業務.
2017.04~2018.03, 代表, ジエネリックの普及に関する研究.
2018.04~2019.03, 代表, 後期高齢者医療に関する研究.
2017.04~2018.03, 代表, 協会けんぽ福岡支部の保健事業に関する情報の解析等業務.
2016.04~2017.03, 代表, ジエネリックの普及に関する研究.
2016.04~2017.03, 代表, 後期高齢者医療に関する研究.
2016.04~2018.03, 代表, 高齢者健康コミュニティの構築に関する研究.
2016.04~2017.03, 代表, 協会けんぽ福岡支部の保健事業に関する情報の解析等業務.
2015.04~2016.03, 代表, 協会けんぽ福岡支部の保健事業に関する情報の解析等業務.
2016.04~2017.03, 代表, 職域健康保険における医療完結に関する定量的な研究.
2015.03~2016.03, 代表, ジエネリックの普及に関する研究.
2014.04~2015.03, 代表, 協会けんぽ福岡支部の保健事業に関する情報の解析等業務.
2014.04~2016.03, 代表, 田川医療圏における医療完結に関する定量的な研究.
2014.04~2016.03, 代表, 高齢者健康コミュニティの構築に関する研究.
2013.04~2014.03, 代表, 慢性期医療における地域医療の需給バランスに関する研究.
2012.04~2013.03, 代表, 平成24年度福岡県粕屋市ヘルスアップ事業評価.
2012.03~2013.03, 代表, 平成24年度福岡県飯塚市ヘルスアップ事業評価.
2011.04~2012.03, 代表, 平成23年度福岡県粕屋市国保ヘルスアップ事業評価.
2011.04~2012.03, 代表, 平成23年度福岡県飯塚市国保ヘルスアップ事業評価.
2012.04~2013.03, 代表, 地域医療における需給バランスに関する研究.
2010.04~2011.03, 代表, 福岡県医療費データ分析.
2010.10~2011.03, 代表, がん検診に対する意識調査.
2009.04~2010.03, 代表, 女性がんに関する意識調査.
2009.04~2010.03, 代表, 福岡県医療費データ分析.
2008.04~2009.03, 代表, 福岡県医療費データ分析.
2007.04~2008.03, 代表, 特定健診・保健事業の評価.
2006.04~2007.03, 代表, 宇美町国保ヘルスアップ事業評価・分析業務.
2007.04~2008.03, 代表, 宇美町国保ヘルスアップ事業評価・分析業務.
2003.04~2006.03, 代表, 生活習慣病の予防プログラム.
学内資金・基金等への採択状況
2011年度~2012年度, 平成23年度 教育の質向上支援プログラム(EEP), 代表, 医療の質の改善のための評価教材の開発.
2009年度~2009年度, 平成21年度社会連携経費, 代表, ガイドラインに即した生活習慣病予防のための行動変容支援マニュアル .
2008年度~2008年度, 平成20年度地域連携事業, 代表, 特定健診・保健事業の支援.
2006年度~2006年度, 戦略的研究教育推進経費(社会連携事業), 代表, 地域におけるメタボリック症候群の予防プログラムの開発.
2005年度~2005年度, 平成17年度社会連携事業, 代表, 地域における生活習慣病予防による医療費節減効果評価事業.
2000年度~2002年度, 教育研究プログラム・研究拠点形成プロジエクト教育研究(P&P)Cタイプ, 分担, 大学生のQOLを高めるための対人関係・コミュニケーションの支援.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」