九州大学 研究者情報
発表一覧
大槻 恭一(おおつき きよういち) データ更新日:2021.06.16

教授 /  農学研究院 環境農学部門 森林環境科学


学会発表等
1. 鄭 聖勳, 大槻 恭一, Farahnak Moein, 過密非管理ヒノキ人工林における林分構造と雨水配分に関する研究, 水文・水資源学会2019年度研究発表会, 2019.09, [URL].
2. Otsuki Kyoichi, Jeong Seonghun, Rainfall partitioning in unmanaged-overstocked dense coniferous plantations with a number of dead branches, Joint Conference on Forests and Water 2018, 2018.11.
3. Jeong Seonghun, Shinohara Yoshinori, Inoue Akio, Otsuki Kyoichi, Stand−scale estimation of throughfall and stemflow for Japanese coniferous plantations, Joint Conference on Forests and Water 2018, 2018.11.
4. Lu Zhang, Masaaki Chiwa, Jeong Seonghun, Jun'ichiro Ide, Kyoichi Otsuki1, Atmospheric phosphorus deposition in a suburban-forested site, western Japan, Japan Geoscience Union Meeting 2018, 2018.05.
5. Jeong Seonghun, Yoshinori Shinohara, Inoue Akio, Otsuki Kyoichi, Rainfall partitioning in an unmanaged-dense Japanese cypress stand: Occurence of inner change in sub-canopy, 第129回日本森林学会大会, 2018.03.
6. Seonghun Jeong, Kyoichi Otsuki, Stand structure influences on rainfall partitioning: A comparison of Japanese cypress plantations in Western Japan, 75th Anniversary of the Society of Agricultural Meteorology of Japan International Symposium on Agricultural Meteorology, 2018.03.
7. 下野皓平, 片山歩美, 榎木勉, 田代直明, 智和正明, 大槻恭一, 菱拓雄, タケとスギの炭素・窒素利用様式の違い~異なる斜面位置での比較~, 第65回日本生態学会大会, 2018.03, [URL].
8. Jeong Seonghun, Otsuki Kyoichi, Stand structure influences on rainfall partitioning: a comparison of Japanese cypress plantations in Western Japan, International Symposium on Agricultural Meteorology (ISAM2018), 2018.03.
9. Kyoichi Otsuki, Effects of Thinning on Forest Water Cycles, Countermeasures against sediment-related disasters caused by earthquakes, 2018.01.
10. Kyoichi Otsuki, Studies on water use and material cycles of forests in Loess Plateau in China , 平成29年度鳥取大学乾燥地研究センター共同研究発表会, 2017.12.
11. Qiu-Wen Chen, Kyoichi Otsuki, Norikazu Yamanaka, Sheng Du, Soil water dynamics and responses to rainfall events along profiles in two forest lands in Loess Plateau, 平成29年度鳥取大学乾燥地研究センター共同研究発表会, 2017.12.
12. Jin-Lin Lü, Qiu-Yue He, Kyoichi Otsuki, Norikazu Yamanaka, Sheng Du, Transpiration and leaf morphological characteristics of major tree species in the semiarid Loess Plateau, 平成29年度鳥取大学乾燥地研究センター共同研究発表会, 2017.12.
13. 張 璐,智和正明,井手淳一郎,鄭 聖勳,大槻恭一, 福岡演習林におけるリン沈着量の計測, 第20回 演習林研究発表会 (九州大学農学部附属演習林), 2017.12.
14. 久保朋也,笠原玉青,智和正明,大槻恭一, 河川間隙水域における有機物貯留量の空間的・時間的変動, 第20回 演習林研究発表会 (九州大学農学部附属演習林), 2017.12.
15. 鄭 聖勲, Moein Farahnaklangroudi, 大槻恭一, 同じ立木密度の過密非管理ヒノキ2林分における雨水配分の比較 - 福岡演習林高田サイトにおける観測事例 - , 第20回 演習林研究発表会 (九州大学農学部附属演習林), 2017.12.
16. 宮野岳明, 嶋村悦郎, 島武男, 井手 淳一郎, 大槻 恭一, 「水の国くまもと」における森林・農地連携による地下水涵養事業, 第128回日本森林学会大会, 2017.03.
17. 邱湞瑋, 久米朋宣, 五味高志, 大槻 恭一, アロメトリー式を用いて広葉二次林の年蒸散量を算定, 第128回日本森林学会大会, 2017.03.
18. Seonghun Jeong, Kyoichi Otsuki, Akio Inoue, Katayama Ayumi, Yoshinori Shinohara, Masaaki Chiwa, Rainfall partitioning in an unmanaged dense stand for Japanese cypress (Chamaecyparis obtusa), 第128回日本森林学会大会, 2017.03.
19. 李彦達, 笠原 玉青, 大槻 恭一, 智和 正明, 藤本 登留, 山地渓流のダム下流における有機物分解の季節変動, 第64回日本生態学会大会, 2017.03.
20. 鄭 聖勲,張 璐,片山歩美,篠原慶規,智和正明,井上昭夫,大槻恭一, 過密非管理ヒノキ人工林における雨水配分に関する研究, 第19回 演習林研究発表会 (九州大学農学部附属演習林), 2016.12.
21. 古賀瑞樹,笠原玉青,李 彦逹,大槻恭一, 治山堰堤が渓流における有機物の破砕に与える影響について, 第19回 演習林研究発表会 (九州大学農学部附属演習林), 2016.12.
22. 李 彦達,笠原玉青,智和正明,藤本登留,大槻恭一, 砂防堰堤の存在する新建川源流域における有機物分解の縦断的変動, 第19回 演習林研究発表会 (九州大学農学部附属演習林), 2016.12.
23. 久保朋也,笠原玉青,智和正明,大槻恭一, 有機物貯留量からみた河川間隙水域の機能評価, 第19回 演習林研究発表会 (九州大学農学部附属演習林), 2016.12.
24. 張 璐,智和正明,鄭 聖勲,大槻恭一, 福岡演習林のヒノキ人工林における窒素, リン沈着量の計測, 第19回 演習林研究発表会 (九州大学農学部附属演習林), 2016.12.
25. Kyoichi Otsuki, Changes in under-canopy radiations by thinning in coniferous plantations, 13 th.International Symposium on Agricultural, Food, Environmental and Life Sciences in Asia, 2016.11.
26. Kyoichi Otsuki, Thinning Effects on New Industry of Forest and Environment, International Symposium of the Institute of Forest Science "New Multidisciplinary Perspectives of Forest and Environmental Resources", 2016.10.
27. 永野美穂, 井上昭夫, 丸山篤志, 宮沢良行, 高木正博, 大槻 恭一, 日本の針葉樹人工林における遮断率推定モデルの再検討, 第127回日本森林学会大会, 2016.03.
28. 内田詠子メガン, 片山 歩美, 内海 泰弘, 榎木 勉, 古賀 信也, 大槻 恭一, Respiration and anatomical characteristics of Moso bamboo culms, The 63th Annual Meeting of The Ecological Society of Japan, 2016.03.
29. 内田詠子メガン,片山歩美,内海泰弘,大槻恭一, モウソウチク稈における呼吸の変動と組織学的解析, 第18回 演習林研究発表会 (九州大学農学部附属演習林), 2016.01.
30. Haotian Sun, Tamao Kasahara, Kyoichi Otsuki, Influence of stream-groundwater exchange on the spatial variations in streamflow in a steep headwater catchment, American Geophysical Union Fall Meeting 2015, 2015.12.
31. Kyoichi Otsuki, Makiko Tateishi, Tamao Kasahara, Yuichi Onda, Effects of Thinning on the Under-canopy Microclimate in a Japanese Cedar Plantation, Japan, 4th International Conference on Forest and Water in a Changing Environment, 2015.07.
32. Marino Hiraoka, Takashi Gomi, Yuichi Onda, Makiko Tateishi, Tamao Kasahara, Kyoichi Otsuki, Responses of streamflow to forest thinning in mature coniferous plantation forests: One-year analysis of pre- and post-treatments, 4th International Conference on Forest and Water in a Changing Environment, 2015.07.
33. Xinchao Sun, Yuichi Onda, Kyoichi Otsuki, Hiroaki Kato, Takashi Gomi, Impact of strip thinning on forest floor evaporation in a Japanese cypress plantation, 4th International Conference on Forest and Water in a Changing Environment, 2015.07.
34. Yuichi Onda, Takashi Gomi, Xinchao Sun, Hirokazu Haga, Maki Tsujimura, Kyoichi Otsuki, Kazukiyo Yamamoto, Increasing in watershed runoff by the management practice of devastated forest plantation in Japan, 4th International Conference on Forest and Water in a Changing Environment, 2015.07.
35. 片山歩美,久米朋宣,大槻恭一, 斜面位置がヒノキ人工林の炭素動態に与える影響, 第17回 演習林研究発表会 (九州大学農学部附属演習林), 2015.01.
36. Chen-Wei Chiu, Tamao Kasahara, Kyoichi Otsuki, Stand-transpiration estimaed by sap flow measurement in a mixed broadleaved forest in western Japan, XXIV IUFRO World Congress 2014, 2014.10.
37. 篠原慶規,小松光,鶴田健二,野方麻里,大槻恭一, スギ人工林における間伐後の蒸散量と遮断蒸発量の変化, 2014年度水文・水資源学会研究発表会, 2014.09.
38. Sun Haotian, Kasahara Tamao, Tateishi Makiko, Otsuki Kyoichi, Onda Yuichi, Streamflow response to intensive thinning in a small forested watershed in Japan, 2014年度水文・水資源学会研究発表会, 2014.09.
39. 井手淳一郎, 智和正明, 宗村広昭, 森也寸志, 武田育郎, 作野裕司, 大槻恭一, 針葉樹人工林が河川水質に及ぼす影響の評価に関する研究, 2014年度水文・水資源学会研究発表会, 2014.09.
40. Sun Xingchao, Pnda Yuichi, Kato Hiroaki, Otsuki Kyoichi, Onda Yuichi, Strip Thinning Effects on Partitioning of Evapotranspiration in a Japanese Cypress Plantation, 2014年度水文・水資源学会研究発表会, 2014.09.
41. 立石麻紀子, 項楊, 松田洋樹, 大槻恭一, 齋藤隆実, , スギ・ヒノキ人工林における蒸発散量の間伐による変化について, 2014年度水文・水資源学会研究発表会, 2014.09.
42. Makiko Tateishi, Yang Xiang, Hiroki Matsuda, Takami Saito, Haotian Sun, Kyoichi Otsuki, Tamao Kasahara, Yuichi Onda, Comparison of the evapotranspiration and its components before and after thinning in Japanese cedar and Japanese cypress forest, European Geosciences Union General Assembly, 2014.04.
43. Hun Sothy, Tateishi Makiko, Kasahara Tamao, Otsuki Kyoichi, Onda Yuichi, Analysis of sediment transport in a thinned headwater Yayama catchment in Fukuoka, 第125回森林学会大会, 2014.03.
44. 片山歩美, 久米朋宣, 大槻恭一, 斜面位置がヒノキ人工林の炭素動態に与える影響, 第125回森林学会大会, 2014.03.
45. 芳賀弘和, 佐野貴洋, 遠藤祐子, 齋藤隆実, 恩田裕一, 加藤弘亮, Sun Haotian, 立石麻紀子, 笠原玉青, 大槻恭一, 強度間伐が森林流域からの栄養塩流出特性に与える影響, 第125回森林学会大会, 2014.03.
46. 大槻恭一, 立石麻紀子, 笠原玉青, 恩田裕一, スギ、ヒノキ人工林の間伐前後の蒸発散量の変化 (3) 林床面蒸発, 第125回森林学会大会, 2014.03.
47. 立石麻紀子, 松田洋樹, 笠原玉青, 齋藤隆実, 大槻恭一, 恩田裕一, スギ、ヒノキ人工林の間伐前後の蒸発散量の変化 (2) 遮断蒸発, 第125回森林学会大会, 2014.03.
48. Xiang Yang, Tateishi Makiko, Saito Takami, Kasahara Tamao, Otsuki Kyoichi, Onda Yuichi, Changes in evapotranspiration from Cryptomeria japonica and Chamaecyparis obtuse stands after thinning (1) Transpiration, 第125回森林学会大会, 2014.03.
49. Sun Xinchao , Onda Yuichi, Otsuki Kyoichi, Gomi Takashi, The effect of strip thinning on partitioning of evapotranspiration in a Japanese cypress plantation, 第125回森林学会大会, 2014.03.
50. Chiu Chenwei, Kasahara Tamao, Otsuki Kyoichi, Stand-transpiration estimates in a temperate mixed forest based on sap-flux measurement, 第125回森林学会大会, 2014.03.
51. Sun Haotian, 笠原 玉青, 大槻 恭一, 恩田裕一, 芳賀 弘和, Spatio-temporal Variation of Water Yield before and after Forest Thinning in a Small Japanese Forested Catchment, 水文・水資源学会, 2013.09.
52. 篠原 慶規, 小松光, 野方麻里, 大槻 恭一, スギ人工林における強度間伐が雨水配分に与える影響, 水文・水資源学会, 2013.09.
53. 小倉晃, 篠原 慶規, 能登史和, 大槻 恭一, 丸山利輔, 石川県白山麓スギ林における雪の樹冠遮断量, 水文・水資源学会, 2013.09.
54. Chen-Wei Chiu, 久米朋宣, 小松光, 大槻 恭一, 笠原 玉青, Differences in sap flow among five major species in a natural broadleaved forest, 水文・水資源学会, 2013.09.
55. 鶴田健二, 小松 光, 久米朋宣, 篠原 慶規, 大槻 恭一, ヒノキ人工林における林分構造の変化が蒸散量に及ぼす影響の評価, 水文・水資源学会, 2013.09.
56. Chen-Wei Chiu, Han Tseng, Tsong-Huei Wey, Tomonori Kume, Kyoichi Otsuki, Seasonal variation of stand-transpiration estimates in Cryptomeria japonica forest in Taiwan, 9th International Workshop on Sap Flow, 2013.06.
57. 斎藤隆実, 松田洋樹, 小松実沙子, 篠原 慶規, 大槻 恭一, ヒノキ・スギ人工林における降雨の樹冠遮断損失の物理過程, 日本生態学会, 2013.03.
58. Otsuki K, Forest Management and Water Conservation in a Changing Environment, International Symposium on Forest Environment and Low Carbon Green Growth, 2012.10.
59. Takami Saito, Hiroki Matsuda, Misako Komatsu, Yunohara, Hikaru Komatsu, kyoichi Otsuki, Estimating Forest Evapo-transpiration by Multiple Methods in Yayama Experimental Catchment in Fukuoka, West Japan, 3rd International Conference on Forests and Water in a Changing Environment, 2012.09.
60. Kyoichi Otsuki, Yoshinori Shinohara, Kenji Tsuruta, Hikaru Komatsu, Changes of Canopy Evapotranspiration of Cryptomeria japonica by Intense Thinning, 3rd International Conference on Forests and Water in a Changing Environment, 2012.09.
61. Hiroki Matsuda, Takami Saito, Hikaru Komatsu, Yoshinori Shinohara, kyoichi Otsuki, Spatial and Temporal Variability of Throughfall and Behavior of Dripping Point, 3rd International Conference on Forests and Water in a Changing Environment, 2012.09.
62. Sun Haotian, Tamao Kasahara, kyoichi Otsuki, Spatial Variation in Seasonal Fluctuation of Water Yield in a Small Forested Catchment, 3rd International Conference on Forests and Water in a Changing Environment, 2012.09.
63. Kyoichi Otsuki, Forest Management and Water Consrvation in a Changing Environment, Chuncheon Global Water Forum 2012, 2012.09.
64. Kyoichi Otsuki, Tamao Kasahara, Yuichi Onda, Development of Innovative Technologies for Enhancing Low Flow Discharge and Reducing Turbid Material from Overcrowded Forest Plantations by Intensive Thinning in Japan, Annual Conference of Korea Water Resources Association, 2012.05.
65. 野方麻里, 篠原 慶規, 鶴田健二, 小松光, 井上一信, 長澤久視, 扇大輔, 山内康平, 大崎繁, 大槻 恭一, スギ人工林における間伐前後の蒸散量の比較, 第123回日本森林学会大会, 2012.04.
66. 邱湞瑋, 大槻 恭一, 笠原 玉青, 広葉樹における樹液流特性, 第123回日本森林学会大会, 2012.04.
67. 智和 正明, 鬼倉 徳雄, 井手淳一郎, 久米 篤, 大槻 恭一, スギ人工林における間伐前後の蒸散量の比較, 第123回日本森林学会大会, 2012.04.
68. 久米朋宣, 篠原 慶規, 邱湞瑋, 野方麻里, 曾涵, 小松光, スギ人工林の樹液流特性の地域間差, 第123回日本森林学会大会, 2012.04.
69. 篠原 慶規, 鶴田健二, 小倉晃, 能登史和, 大槻 恭一, 丸山利輔, スギ人工林における,樹液流速の樹幹内変動, 第123回日本森林学会大会, 2012.04.
70. 齋藤 隆実, 小松実沙子, 篠原 慶規, 鶴田健二, 小松光, 大槻 恭一, 流域における樹木群による蒸散量の見積もり, 日本植物学会大会, 2011.09.
71. 斎藤隆実, 松田洋樹, 小松実沙子, 篠原 慶規, 大槻 恭一, ヒノキ・スギ人工林における降雨の樹冠遮断損失の物理過程, 日本生態学会, 2011.03.
72. 片山歩美,小松光,久米朋宣,斎藤琢,大橋瑞枝,中川弥智子,大槻恭一, 巨大なバイオマスが炭素循環に与える影響とは? -ボルネオ島熱帯雨林の例-, 日本生態学会第58回全国大会, 2011.03.
73. 市橋隆自,大槻恭一, 密度の異なる竹林の蒸散量比較, 日本生態学会第58回全国大会, 2011.03.
74. 芳賀弘和, 遠藤祐子, 齋藤隆実, 恩田裕一, 加藤弘亮, 大槻恭一, 山地河川の栄養塩濃度と降雨流出特性, 日本森林学会第122回大会, 2011.03.
75. 智和 正明, 井手淳一郎, 東直子, 丸野亮子, 大槻恭一, 渓流水中の硝酸イオン濃度が隣接した流域間でなぜ異なるのか?, 日本森林学会第122回大会, 2011.03.
76. 小松実紗子, 齋藤隆実, 篠原慶規, 小松光, 大槻恭一, 針葉樹人工林における樹冠遮断の降水強度依存性, 日本森林学会第122回大会, 2011.03.
77. 久米朋宣, 篠原慶規, 邱??, 野方麻里, 曾涵, 小松光, 大槻恭一, スギ人工林の樹液流特性の地域間差, 日本森林学会第122回大会, 2011.03.
78. 久米朋宣, 篠原慶規, 邱??, 野方麻里, 曾涵, 小松光, 大槻恭一, スギ人工林の樹液流特性の地域間差, 日本森林学会第122回大会, 2011.03.
79. 篠原慶規, 鶴田健二, 小倉晃, 能登史和, 大槻恭一, 丸山利輔, スギ人工林における,樹液流速の樹幹内変動, 日本森林学会第122回大会, 2011.03.
80. 野方麻里, 篠原慶規, 小松光,井上一信,長澤久視,扇大輔,山内康平,大崎繁,大槻恭一, スギ人工林における間伐前後の蒸散量の比較, 日本森林学会第122回大会, 2011.03.
81. 井上章二, 梶本愛, 河原田裕二, 大槻恭一, 高嶋敦史, 沖縄本島北部の森林小流域における流出特性, 日本森林学会第122回大会, 2011.03.
82. Katayama, A.,Komatsu, H.,Kume, T., Ohashi, M., Nakagawa, M.,Otsuki, K.,and Kumagai, T., Carbon accumulation and allocation in a primary Bornean tropical rainforest, American Geophysical Union 2010 Fall Meeting, 2010.12.
83. Cho, J.,Otsuki, K. and Oki, T., Global Land Cover Change in Drylands from 2001 to 2008 using MODIS data, American Geophysical Union 2010 Fall Meeting, 2010.12.
84. 大槻恭一, 森林からの物質供給, 公開シンポジウム「内湾の機能回復のための海と陸からのアプローチ」, 2010.11, [URL].
85. 大槻恭一, 3.陸域からの水と物質の供給 3-1森林からの物質供給, 公開シンポジウム「内湾の機能回復のための海と陸からのアプローチ」, 2010.11, [URL].
86. 大槻恭一, 都市水源地生態システム管理, 2010.11.
87. Cho, J. and Otsuki, K., Indication of Dryland Change in China for the Period 2001-2008, 4th International Symposium on the Asian Environmental Problems,, 2010.09.
88. 片山歩美,小松光,東直子,大槻恭一, 観測者の踏圧が土壌と樹木の水分動態に与える影響, 2010年度水文・水資源学会研究発表会, 2010.09.
89. Otsuki, K., How to Evaluate Forest Transpiration by Sap Flow Measurement, 1st International Symposium of China-Japan-Korea Sister University on the Recent Advances in Forest and Forest Products, 2010.08.
90. Kume, T., Onozawa, Y., Komatsu, H., Tsuruta, K., Shinohara, Y. and Otsuki, K., Canopy interception loss in an abandoned conifer plantation in Japan, American Geophysical Union Western Pacific Geopysocs Meeting, 2010.06.
91. Xue, B.L., Kumagai, T., Iida, S., Nakai, T., Matsumoto, K., Komatsu, H., Otsuki, K. and Ohta, T., Influences of canopy structure and physiological traits on flux partitioning between under- and over-story in an eastern Siberian boreal larch forest, American Geophysical Union Western Pacific Geopysocs Meeting, 2010.06.
92. Shinohara, Y., Ide, J., Komatsu, H., Kume, T. and Otsuki, K., Canopy interception loss in an abandoned conifer plantation in Japan, American Geophysical Union Western Pacific Geopysocs Meeting, 2010.06.
93. 鶴田健二,小松光,久米朋宣,大槻恭一, 若齢,老齢ヒノキ人工林間の林分蒸散量の比較, 第121回日本森林学会大会, 2010.04.
94. 篠原慶規,藏本康平,小野澤郁佳,小松光,大槻恭一, モウソウチク林と隣接する広葉樹林における水循環の違い, 第121回日本森林学会大会, 2010.04.
95. 久家光晴,矢原徹一,大槻恭一,池松伸也, 竹林ではなぜ林床植生が衰退するのか。, 第57回日本生態学会大会, 2010.03.
96. 宮沢良行,立石麻紀子,熊谷朝臣,大槻恭一,溝上展也,Ma Vuthy, Sokh Heng, カンボジアの在来・外来樹種のガス交換特性の比較研究, 第57回日本生態学会大会, 2010.03.
97. 智和正明, 大槻恭一, モウソウチク林の水・物質循環, 第57回日本生態学会大会, 2010.03.
98. Otsuki, K., Yamanaka, N., Tateno, R., Tokuchi, N., Du, S., Hou, Q. and Kume, T., Ecohydrological diference between a Robinia plantation and a Quercus forest in the Loess Plateau, China, 2nd International Conference on Forests and Water in a Changing Environment, 2009.09.
99. 藏本康平,篠原慶規,井手淳一郎,小松光,大槻恭一, モウソウチク林における地表流の観測について, 2009年度水文・水資源学会大会, 2009.08.
100. 篠原慶規,小松光,大槻恭一, 気温と降水量のみを入力データとして用いた熱収支法による融雪量の推定, 2009年度水文・水資源学会大会, 2009.08.
101. 大槻恭一,小野澤郁佳,智和正明,久米朋宣,鶴田健二,小松 光, 竹林は水・物質循環に悪影響を及ぼすのか?, 平成21年度農業農村工学会大会, 2009.08.
102. 大槻恭一,東 直子,智和正明,熊谷朝臣, 森林流域からのフミン物質の流出特性, 平成21年度農業農村工学会大会, 2009.08.
103. 宮沢良行,大槻恭一, 暖温帯稚樹の受光体制の種間比較:現存量成長と翌年の受光量のつながり, 第56回日本生態学会大会, 2009.03.
104. 久家光晴,矢原徹一,大槻恭一, 竹林化に伴う林床植生減少の主因を探る, 第56回日本生態学会大会, 2009.03.
105. 小野澤郁佳,久米朋宣,小松 光,鶴田健二,大槻恭一, 樹液流計測に基づくモウソウチク林の蒸散量, 第120回日本森林学会大会, 2009.03.
106. 宮沢良行,大槻恭一, 暖温帯林広葉樹種の稚樹の林床での成長と生存, 第120回日本森林学会大会, 2009.03.
107. 井手淳一郎,智和正明,東 直子,丸野亮子,森 也寸志,大槻恭一, 森林流域からの栄養塩年流出負荷量を算定するためのサンプリング計画について, 第120回日本森林学会大会, 2009.03.
108. 浅野友子,大槻恭一, 高木正博, 舘野隆之輔, 丹下健,智和正明, 流出特性の流域間比較に有効な平水時の平均滞留時間の推定, 第120回日本森林学会大会, 2009.03.
109. 久米朋宣, 鶴田健二, 小松 光, 篠原慶規, 大槻恭一, 樹液流計測を用いた流域スケールの蒸発散推定にむけて, 第120回日本森林学会大会, 2009.03.
110. 藏本康平,小松 光,篠原慶規大槻恭一, 森林回復が流出に及ぼす影響, 第120回日本森林学会大会, 2009.03.
111. 篠原慶規,小野澤郁佳,智和正明,藏本康平,久米朋宣,小松 光,大槻恭一, モウソウチク林における樹冠遮断量推定のための樹冠通過雨量と樹幹流量のサンプリング戦略, 第120回日本森林学会大会, 2009.03.
112. 宮沢良行,大槻恭一, 常緑広葉樹の冬の光合成:個葉−個体レベル, 第55回日本生態学会大会, 2008.03.
113. 鶴田健二,久米朋宣,小松 光,東 直子,熊谷朝臣,大槻恭一, ヒノキの樹高と蒸散,気孔コンダクタンスの関係 ‐単木スケールの樹液流計測を用いた検討‐(, 第119回日本森林学会大会, 2008.03.
114. 小野澤郁佳,久米朋宣,小松 光,鶴田健二,大槻恭一, 竹林の蒸散量測定にむけて — 樹液流計測のモウソウチクへの適用, 第119回日本森林学会大会, 2008.03.
115. 池崎翔子,榎木 勉,宮沢良行,大槻恭一, ヒノキ人工林の発達様式と広葉樹の侵入過程に及ぼす地形の影響, 第119回日本森林学会大会, 2008.03.
116. 井手淳一郎,久米朋宣,東 直子,脇山義史,智和正明,大槻恭一, 先行降雨を考慮したヒノキ人工林流域からの年間浮遊土砂量の推定, 第119回日本森林学会大会, 2008.03.
117. 篠原慶規,井手淳一郎,東 直子,小松 光,久米朋宣,智和正明,大槻恭一, 放棄ヒノキ人工林における樹冠遮断量の推定, 第119回日本森林学会大会, 2008.03.
118. 東直子, 智和正明, 大槻恭一, 山地小流域における森林渓流水中フミン物質の特性, 平成19年農業農村工学会大会, 2007.08.
119. 大槻恭一, 東 直子, 智和正明, 井手淳一郎, 丸野亮子, 脇山義史,小松 光, ヒノキ人工林流域における水・物質循環に関するプロセス研究, 平成19年農業農村工学会大会, 2007.08.
120. 篠原慶規, 熊谷朝臣, 大槻恭一, 久米 篤, 和田直也, 中緯度山岳流域において気候変動が流出に及ぼす影響, 2007年度水文・水資源学会研究発表会, 2007.07.
121. 鶴田健二, 久米朋宣, 小松 光, 東直子, 熊谷朝臣, 大槻恭一, ヒノキ樹木における樹高と蒸散量の関係, 2007年度水文・水資源学会研究発表会, 2007.07.
122. 久米朋宣, 鶴田健二, 東 直子, 小松 光, 熊谷朝臣, 大槻恭一, 九州のヒノキ人工林における樹液流計測を用いた群落蒸発散量推定のための必要サンプル数, 2007年度水文・水資源学会研究発表会, 2007.07.
123. 智和正明, 井手淳一郎, 丸野亮子, 東 直子, 大槻恭一, 森林流域における日流量−物質流出量関係を用いた無機態窒素及び硫酸イオン年間流出量の推定法の検討, 第118回日本森林学会大会, 2007.04.
124. 小野澤郁佳, 智和正明, 大槻恭一, モウソウチク林における雨水配分と林内雨・樹幹流の成分特性, 第118回日本森林学会大会, 2007.04.
125. 宮沢良行, 白佐達也, 大槻恭一, 遷移初期種アオモジの生理・形態特性の解明, 第118回日本森林学会大会, 2007.04.
126. 池崎翔子, 宮沢良行, 大槻恭一, 弱光環境における常緑・落葉樹稚樹の成長戦略の比較, 第118回日本森林学会大会, 2007.04.
127. 篠原慶規, 熊谷朝臣, 大槻恭一, 久米 篤, 和田直也, 気候変動に伴う温度上昇が山岳地域の河川流量に及ぼす影響, 第118回日本森林学会大会, 2007.04.
128. 久米朋宣, 鶴田健二, 東 直子, 小松 光, 熊谷朝臣, 大槻恭一, 九州のヒノキ人工林における全林毎木樹液流計測, 第118回日本森林学会大会, 2007.04.
129. 片山歩美, 久米朋宣,大橋瑞江,熊谷朝臣,鈴木雅一, 大槻恭一, ボルネオ島熱帯雨林の土壌呼吸 −空間的ばらつき解明への挑戦, 第54回日本生態学会大会, 2007.03.
130. 宮沢良行,菊澤喜八郎,大槻恭一, 常緑広葉樹と落葉樹の展葉戦略, 第54回日本生態学会大会, 2007.03.
131. 大槻恭一, ヒノキ人工林流域における水・物質循環, 全国フィールド科学シンポジウム「森-里-海をつなぐフィールドサイエンス」, 2006.12.
132. 東 直子,智和正明,大槻恭一, 森林渓流水中のフミン物質の蛍光特性解析, 農業土木学会水文・水環境研究部会, 2006.11.
133. 久米 篤,大槻恭一, 花からの蒸散が最大光合成速度に及ぼす影響, 第70回日本植物学会大会, 2006.09.
134. 宮沢良行,菊澤喜八郎,大槻恭一, 常緑広葉樹における低温光阻害の進行と光合成能力の季節変動との関連, 第70回日本植物学会大会, 2006.09.
135. 篠原慶規,熊谷朝臣,大槻恭一,久米篤,和田直也, 黒部ダム集水域における冬季の流量増加の一考察, 2006年度水文・水資源学会研究発表会, 2006.08.
136. 久保田哲也,大槻恭一,イスラエル・カントゥ・シルバ, 土壌水分特性を考慮したメキシコ・東シエラマドレ山地の土砂災害警戒基準雨量の検討−九州北部山地の解析例を参考として−, 第45回地すべり学会研究発表会, 2006.08.
137. 久保田哲也,大槻恭一,Israel Cantu Silva, ハリケーンEmilyによるメキシコ東部の土砂災害の降雨及び土壌水分変化特性と警戒避難基準, 平成18年度砂防学会研究発表会, 2006.05.
138. 脇山義史,井手淳一郎,大槻恭一,智和正明,恩田裕一,江頭和彦, 御手洗水流域ヒノキ人工林における放射性核種を用いた土壌浸食量の推定, 平成18年度砂防学会研究発表会, 2006.05.
139. 智和正明,井手淳一郎,丸野亮子,宮野岳明,大槻恭一, 御手洗水試験流域における窒素循環(I)沈着量の評価, 第117回日本森林学会大会, 2006.04.
140. 丸野亮子,井手淳一郎,宮野岳明,智和正明,大槻恭一, 御手洗水試験流域における窒素循環(Ⅱ)流出量の評価, 第117回日本森林学会大会, 2006.04.
141. 井手淳一郎,丸野亮子,宮野岳明,智和正明,大槻恭一, 御手洗水試験流域における窒素循環(Ⅲ)有機態窒素の動態, 第117回日本森林学会大会, 2006.04.
142. Ide, J., Chiwa, M. and Otsuki, K, Temporal variation in concentrations of inorganic and organic nitrogen in stream water of the small watershed covered by an artificial forest of Japanese cypress, International Joint Symposium between Japan and Korea "The Recent Status and Perspectives of Agricultural Environment and Biotechnology", 2005.11.
143. Ide, J., Chiwa, M. and Otsuki, K, Temporal variation in concentrations of inorganic and organic nitrogen in stream water of the small watershed covered by an artificial forest of Japanese cypress, International Joint Symposium between Japan and Korea "The Recent Status and Perspectives of Agricultural Environment and Biotechnology", 2005.11.
144. 井手淳一郎,智和正明,大槻恭一,小川 滋, 出水時におけるリンの流出負荷量推定のための準経験式, 第116回日本森林学会大会, 2005.03.
145. 大槻恭一,東 智洋,井手淳一郎,芳賀弘和,久米 篤,小川 滋, 九州大学福岡演習林ヒノキ人工林流域における流出特性, 第114回日本林学会大会, 2004.04.
146. 井手淳一郎,永淵 修,久米篤,大槻恭一,小川 滋, 森林小流域における窒素およびリンの流出負荷量の評価に関する研究, 第115回日本林学会大会, 2004.04.
147. 佐藤 嘉展, 大槻 恭一, 久米 篤, 小川 滋, 流域生態圏における水・熱・物質循環の長期変動モニタリングと広域比較研究, 第115回日本林学会大会, 2004.04.
148. 高木 正博, 蔵治 光一郎, 森山 聡之, 大槻 恭一, 全国の大学演習林をむすぶ気象観測・公開システムの構築, 第115回日本林学会大会, 2004.04.
149. 山中典和,杜 盛,山本福壽,大槻恭一,薛 智徳,王 勝旗,侯 慶春, 中国黄土高原における生態系回復に関する基礎的研究(1)−延安周辺におけるリョウトウナラ天然林の林分構造−, 第115回日本林学会大会, 2004.04.
150. 山本福壽,山中典和,杜 盛,大槻恭一,韓 蕊連,梁 宋鎖,侯 慶春, 中国黄土高原の生態系回復に関する基礎的研究(2)−延安周辺における樹木の乾燥耐性−, 第115回日本林学会大会, 2004.04.
151. 大槻 恭一, 藤山 洋介, 宮野 岳明, 東 智洋, 井手 淳一郎, 廣瀬 茂樹, 久米 篤, 小川 滋, 九州大学演習林における長期生態研究に対する取り組み, 第115回日本林学会大会, 2004.04.
152. 井手淳一郎,永淵修,久米篤,大槻恭一,小川滋, ヒノキ人工林小流域から流出する懸濁態リンの評価について, 第38回日本水環境学会年会, 2004.03.
153. 大槻恭一,藤山洋介,宮野岳明,東 智洋,井手淳一郎,廣瀬茂樹, 長期森林水文学研究プロジェクトの目指すところ, 愛知演習林シンポジウム, 2004.01.
154. 芳賀弘和,大槻恭一,小川 滋, 森林流域における土壌水分変動と降雨流出特性(Ⅰ)−長期流出に関する検討−, 第114回日本林学会大会, 2003.03.
155. 芳賀弘和,小川 滋,大槻恭一, 森林流域における土壌水分変動と降雨流出特性(Ⅱ)−短期流出に関する検討−, 第114回日本林学会大会, 2003.03.
156. 久米 篤, 安岡 慶子, 廣瀬 茂樹, 大槻 恭一, 小川 滋, マテバシイ樹冠における1枚の葉の代表性について, 第114回日本林学会大会, 2003.03.
157. 佐藤 嘉展, 久米 篤, 大槻 恭一, 小川 滋, スギ林とマテバシイ林における雨水配分特性の比較, 第114回日本林学会大会, 2003.03.
158. 井手淳一郎, 東 智洋,久米 篤, 大槻恭一, 小川 滋, 永淵 修, 懸濁態栄養塩の降雨時流出に関する研究, 第114回日本林学会大会, 2003.03.
159. 安岡 慶子, 廣瀬 茂樹, 内海 泰弘, 久米 篤, 大槻 恭一, 小川 滋, 道管構造の異なる常緑広葉樹における水通導様式の比較, 第114回日本林学会大会, 2003.03.
160. 井手淳一郎,永淵 修,久米篤,大槻恭一,小川 滋, ヒノキ人工林からの懸濁態栄養塩の降雨時流出について, 第37回日本水環境学会年会, 2003.03.
161. 井手淳一郎,永淵修,久米篤,大槻恭一,小川滋, 森林域からの栄養塩降雨時流出特性−御手洗水試験流域におけるケーススタディ−, 第36回日本水環境学会年会, 2002.03.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」