九州大学 研究者情報
発表一覧
清水 洋(しみずひろし) データ更新日:2021.04.05

学術研究員 /  理学研究院 附属地震火山観測研究センター 実践的火山専門教育拠点(特定プロジェクト教員)


学会発表等
1. 光岡 郁穂、松本 聡、志藤 あずさ、清水 洋、2016年熊本地震 合同地震観測グループ, Expected slip direction on assumed fault planes of large earthquakes inferred from stress field after the 2016 Kumamoto earthquake sequence, in central Kyushu, Japan , 日本地球惑星科学連合 2019年大会  , 2019.05.
2. 宮野 幹大、清水 洋、松島 健、松本 聡、相澤 広記、橋本 匡、林田 祐人、湯浅 雄平, 雲仙火山浅部で発生する火山性地震の波形の特徴 , 日本地球惑星科学連合2019年大会, 2019.05.
3. Matsushima, T., K. Morita, Y. Koga, and H. Shimizu, Vertical ground deformation of Ioyama, Kirishima volcanoes measured by precise leveling survey (during June 2015 - May 2018), Cities on Volcanoes 10, 2018.09.
4. Shimizu H., Morita K., Koga Y., Matsushima T., Vertical Ground Deformation of Ioyama, Kirishima Volcanoes Measured by Precise Leveling Survey, Japan-Kamchatka-Alaska Subduction Processes (JKASP-2018), 2018.08.
5. 千葉慶太,清水 洋, 新燃岳におけるb値の時空間分布, 日本地球惑星科学連合2018年大会, 2018.05.
6. 松本 聡,光岡郁穂,飯尾能久,酒井慎一,2016年熊本地震合同地震観測グループ , 2016年熊本地震震源域における応力場のモデル化(3), 日本地球惑星科学連合2018年大会, 2018.05.
7. 清水 洋, 「2016年熊本地震とその教訓」日本地震学会2017年度秋季大会一般公開セミナー「鹿児島の地震津波防災を考える ―過去の震災に学ぶ― 」講師, 日本地震学会2017年度秋季大会一般公開セミナー「鹿児島の地震津波防災を考える ―過去の震災に学ぶ― 」, 2017.10.
8. 清水 洋, 「平成28年熊本地震災害に関する総合調査」について研究成果発表, 第54回自然災害科学総合シンポジウム, 2017.09.
9. 清水 洋, 「平成28年熊本地震と布田川・日奈久断層帯」「2016年熊本地震と阿蘇山噴火」講師, 日本火山学会第24回公開講座, 2017.09.
10. Shimizu. H, Group for urgent joint seismic observation of the 2016 Kumamoto earthquakes, Complex seismicity and hypocenter distribution of the 2016 Kumamoto earthquakes, Kyushu, Japan, and their relation to the stress field and crustal structure, IAG-IASPEI 2017, 2017.08.
11. Matsushima, T., K. Morita, K. Uchida, R. Miyamachi, S. Fujita, M. Nakamoto, H. Shimizu, Y. Teguri, H. Mori, M. Murase, T. Ohkura, A. Yokoo, H. Inoue, Precise Leveling survey around mount Io, Kirishima Volcanoes, Japan, Cities on Volcanoes 9, 2016.11.
12. 清水 洋・松本 聡・酒井慎一・岡田知己・渡辺俊樹・飯尾能久・相澤広記・松島健・高橋浩晃・中尾 茂・鈴木康弘・後藤秀昭・大倉敬宏 ・山本 希・中道治久・山中浩明・神野達雄 ・三宅弘恵・ 纐纈一起・浅野公之・松島信一・福岡浩・若井明彦・大井昌弘・田村圭子・木村玲欧・井ノ口宗成・前原喜彦・赤星朋比古, 2016 年熊本地震と関連する活動に関する総合調査., 第53回自然災害科学総合シンポジウム, 2016.09.
13. 清水 洋・2016年熊本地震合同地震観測グループ, 2016年熊本地震の緊急合同地震観測 - 地震活動の特徴と背景 -, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 2016.05.
14. 清水洋, 火山観測研究と人材育成,九州の火山学の将来を考える―基礎研究から防災までの人材育成, 福岡大学産学官連携研究機関国際火山噴火史情報研究集会, 2016.01.
15. 松本 聡, 宮崎真大, 清水 洋, 発震機構解から推定する地震断層の応力状態検出の試み 警固断層帯への適用-, 日本地球惑星科学連合2015年大会, 2015.05.
16. 筒井智樹, 井口正人, 中道治久, 為栗健, 池田啓二, 大島弘光, 山本希, 野上健治, 大湊隆雄, 小山崇夫, 前田裕太, 大倉敬宏, 清水 洋, 八木原寛, 小林励司, 前川徳光, 平原聡, 渡邉篤志, 堀川信一郎, 桜島火山における反復地震探査(2014年観測), 日本地球惑星科学連合2015年大会, 2015.05.
17. 松島 健, 馬越孝道, 清水 洋, 松本 聡, 相澤 広記, 神薗めぐみ, 雲仙火山の最近の火山活動について, 日本地球惑星科学連合2015年大会, 2015.05.
18. 藤田詩織, 清水 洋, 巨大噴火前に地殻に蓄積し得るマグマ体積の上限の推定, 日本地球惑星科学連合2015年大会, 2015.05.
19. @Matsumoto S., T. Ohkura, M. Miyazaki, @H. Shimizu, Y. Abe, H. Inoue, M. Nakamoto, S. Yoshikawa and Y. Yamashita, Spatial heterogeneities of deviatoric stress in Kyushu, Japan, inferred from the focal mechanism and their implication for seismic activity, IUGG 26th General Assembly, 2015.04.
20. 山下裕亮, 八木原寛, 清水 洋, 内田和也, 平野舟一郎, 馬越孝道, 宮町宏樹, 神薗めぐみ, 中元真美, 福井海世, 兼原壽生, 山田知朗, 篠原雅尚, 小原一成, 日向灘における浅部低周波微動のマイグレーションに見られる特徴, 日本地震学会2014年度秋季大会, 2014.11.
21. 宮崎真大, 松本 聡, 清水 洋, 熊本県八代海における深部スローイベントの検出可能性, 日本地震学会2014年度秋季大会, 2014.11.
22. 八木原寛, 平野舟一郎, 中尾茂, 小林励司, 馬越孝道, 中東和夫, 内田和也, 清水 洋, 山下裕亮, 山田知朗, 篠原雅尚, 後藤和彦, 南西諸島北部の海域及び島嶼域における地震観測によるプレート境界面形状の推定(1), 日本地震学会2014年度秋季大会, 2014.11.
23. 中元真美, 松本 聡, 山中佳子, 清水 洋, 中道治久, 市原美恵, 及川純, 2011年霧島新燃岳の噴火に伴って発生した火山性微動の時空間変化 , 日本火山学会2014年秋季大会, 2014.11.
24. 中元 真美, 松本 聡, 山中 佳子, 清水 洋, 中道 治久, 市原 美恵, 及川 純, 2011年霧島火山の噴火に伴って発生した火山性微動の時空間的特徴, 2014年日本地球惑星科学連合, 2014.05.
25. 筒井智樹, 井口正人, 中道治久, 為栗健, 八木原寛, 大湊隆雄, 菅井明, 大島弘光, 三浦哲, 山本希, 市來雅啓, 野上健治, 武尾実, 市原美恵, 及川純, 山中佳子, 大倉敬宏, 安部祐希, 清水 洋, 山下裕亮, 桜島火山における反復地震探査(2013年), 2014年日本地球惑星科学連合, 2014.05.
26. 中道治久, 筒井智樹, 為栗健, 井口正人, 八木原寛, 大湊隆雄, 菅井明, 大島弘光, 三浦哲, 山本希, 市來雅啓, 野上健治, 武尾実, 市原美恵, 及川純, 山中佳子, 大倉敬宏, 安部祐希, 清水 洋, 山下裕亮, 2013年桜島人工地震探査の概要と2008年実施探査との比較, 2014年日本地球惑星科学連合, 2014.05.
27. 宮町 宏樹, 有門 那津美, 八木原 寛, 山岡 耕春, 渡辺 俊樹, 國友 孝洋, 井口 正人, 為栗 健, 三ケ田 均, 竹中 博士, 清水 洋, 生田 領野, 桜島火山におけるアクロスを用いた能動的モニタリング-観測報告3-, 2014年日本地球惑星科学連合, 2014.05.
28. 神薗 めぐみ, 松本 聡, 宮崎 真大, 中元 真美, 清水 洋, 阿部 進, 人工地震を用いた警固断層周辺の地殻内不均質構造の研究, 2014年日本地球惑星科学連合, 2014.04.
29. 松本 聡, 清水 洋, 中元 真美, 宮崎 真大, 阿部 進, 反射法地震探査による警固断層南東部の構造調査, 2014年日本地球惑星科学連合, 2014.04.
30. 宮崎 真大, 松本 聡, 清水 洋, 日奈久断層帯下部で発生した誘発微動の発震機構解推定, 2014年日本地球惑星科学連合, 2014.04.
31. 松島 健, 清水 洋, 及川純, 大倉敬宏, 新世代通信データ転送システムの開発, 「地震及び火山噴火予知のための観測研究計画」成果報告シンポジウム, 2014.03.
32. 九州大学地震火山観測研究センター , 阿蘇山火山活動状況, 第128回火山噴火予知連絡会, 2014.02.
33. 九州大学地震火山観測研究センター , 雲仙岳火山活動状況, 第128回火山噴火予知連絡会, 2014.02.
34. Takeshi Akuhara, Kimihiro Mochizuki, Kazuo Nakahigashi, Tomoaki Yamada, Masanao Shinohara, Shinichi Sakai, Toshihiko Kanazawa, Kenji Uehira, Hiroshi Shimizu, Segmentation of Hypocenters and 3-D Velocity Structure around the Kii Peninsula Revealed by Onshore and Offshore Seismic Observations, American Geophysical Union, 2013.12.
35. Yusuke Yamashita, Hiroshi Shimizu, Shallow Low-frequency Tremor in the Hyuga-nada region, western Nankai Trough subduction zone, observed by ocean bottom seismographic experiment, American Geophysical Union, 2013.12.
36. Takahiro MIwa, Satoshi Okumura, TAKESHI MATSUSHIMA, Hiroshi Shimizu, Asymmetric deformation structure of lava spine in Unzen Volcano, Japan, American Geophysical Union, 2013.12, Lava spine is commonly generated by effusive eruption of crystal-rich, dacitic-andesitic magmas. Especially, deformation rock on surface of lava spine has been related with processes of magma ascent, outgassing, and generation of volcanic earthquake (e.g., Cashman et al. 2008). To reveal the relationships and generation process of the spine, it is needed to understand a spatial distribution of the deformation rock.
Here we show the spatial distribution of the deformation rock of lava spine in the Unzen volcano, Japan, to discuss the generation process of the spine. The lava spine in Unzen volcano is elongated in the E-W direction, showing a crest like shape with 150 long, 40 m wide and 50 m high. The lava spine is divided into following four parts: 1) Massive dacite part: Dense dacite with 30 m of maximum thickness, showing slickenside on the southern face; 2) Sheared dacite part: Flow band developed dacite with 1.0 m of maximum thickness; 3) Tuffisite part: Network of red colored vein develops in dacite with 0.5 m of maximum thickness; 4) Breccia part: Dacitic breccia with 10 m of maximum thickness. The Breccia part dominates in the northern part of the spine, and flops over Massive dacite part accross the Sheared dacite and Tuffisite parts. The slickenside on southern face of massive dacite demonstrates contact of solids. The slickenside breaks both of phenocryst and groundmass, demonstrating that the slickenside is formed after significant crystallization at the shallow conduit or on the ground surface. The lineation of the slickenside shows E-W direction with almost horizontal rake angle, which is consistent with the migration of the spine from west to east before emplacement. Development of sub-vertical striation due to extrusion was observed on northern face of the spine (Hayashi, 1994). Therefore, we suggest that the spine just at extrusion consisted of Massive dacite, Sheared dacite, Tuffisite, Breccia, and Striation parts in the northern half of the spine. Such a variation of rock type is analogous to tectonic fault zone, suggesting that brittle failure of rigid magma due to contact with the conduit wall. Also similar variation is observed in the spine of Mt. St. Helens (Kendrick et al., 2012), which implies the existence of fault zone and brittle failure of magma are common features in the lava spine.
The lava spine in Unzen volcano exhibits asymmetric deformation structure about direction of north and south. There is positive correlation between width and length in tectonic fault (Wells and Coppersmith, 1994). Therefore, development of fault zone (Sheared dacite, Tuffisite, and Breccia parts) in northern half may indicate that brittle failure starts at the deeper conduit for the northern half than the southern half of the spine. The asymmetry of magma ascent process is possible to result in asymmetries of outgassing path and location of volcanic earthquake in the conduit.
.
37. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇山火山活動状況, 第127回火山噴火予知連絡会, 2013.10.
38. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況, 第127回火山噴火予知連絡会, 2013.10.
39. 宮崎真大, 松本 聡, 清水 洋, 熊本県八代海における誘発微動の深さ推定, 日本地震学会2013年度秋季大会, 2013.10.
40. 山下裕亮, 八木原寛, 清水 洋, 内田和也, 神薗めぐみ, 中元真美, 福井海世, 藤田詩織, 相澤 広記, 宮町宏樹, 平野舟一郎, 有門那津美, 馬越孝道, 山田知朗, 兼原壽生, 青島隆, 海底地震観測により捉えられた日向灘における浅部低周波微動活動(序報), 日本地震学会2013年度秋季大会, 2013.10.
41. 中村洋一, 棚田俊收, 堀田弥生, 荒巻重雄, 八木原寛, 山岡耕春, 國友孝洋, 渡辺俊樹, 井口正人, 為栗健, 三ケ田均, 清水 洋, 火山ハザードマップ集第2版-新たな火山ハザードマップと防災対応に向けて-, 日本火山学会秋季大会, 2013.10.
42. 三輪学央, 奥村聡, 松島 健, 清水 洋, 雲仙平成新山スパインの非対称変形構造, 日本火山学会, 2013.09.
43. Nakamoto,M, Matsumoto,S, Yamanaka,Y, Shimizu,H, Nakamichi,H, Spatio-temporal variations of the volcanic tremors during 2011 Kirishima eruption estimated by dense seismiic array, IAVCEI 2013 Scientific Assembly , 2013.07.
44. Umakoshi,K., Komiya,T., Yamashita,K., Matsushima,T, Shimizu,H, Relation between tilt oscillation and seismicity during the 1991-1995dome eruption at Unzen Volcano
, IAVCEI 2013 Scientific Assembly, 2013.07.
45. Miyamoto,S, Shimizu,H, Matsushima,T, Di Marco,N, Puppili,F, Consiglio,L, De Lellis,G, Strolin,P, Nakamura,M, Naganawa,N, Kose,U, Sirignano,C, Bozza,C, De Sio,C, Tanaka,H, Imaging the internal density structure of the lava dome in Unzen Volcano, IAVCEI 2013 Scientific Assembly, 2013.07.
46. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇山火山活動状況, 第126回火山噴火予知連絡会, 2013.06.
47. 九州大学地震火山観測研究センター , 雲仙岳火山活動状況, 第126回火山噴火予知連絡会, 2013.06.
48. 悪原岳, 望月公廣, 中東和夫, 山田知朗, 篠原雅尚, 酒井慎一, 金沢敏彦, 植平賢司, 清水 洋, 海陸統合地震観測により明らかとなった紀伊半島周辺の震源分布と3次元速度構造のセグメンテーション, 日本地球惑星科学連合, 2013.05.
49. 宮崎真大, 松本 聡, 清水 洋, 熊本県八代海近傍で検出された誘発微動, 日本地球惑星科学連合, 2013.05.
50. 安藤忍, 藤井敏嗣, 平田直, 清水 洋, 佐藤春夫, 森田裕一, 吉本和生, 地震及び火山噴火予知のための観測研究計画の見直しについて
, 日本地球惑星科学連合, 2013.05.
51. 中元真美, 松本 聡, 山中佳子, 清水 洋, 中道治久, 地震計アレイによる霧島山新燃岳周辺で発生した火山生微動の発生源の時空間変化, 日本地球惑星科学連合, 2013.05.
52. 清水 洋, 松島 健, N. DI MARCO, F. Pupilli, 中村光廣, 長縄直崇, L. Consiglio, G. De Lellis, V. Tioukov, P. Strolin, C. Bozza, C. De Sio, U. Kose, C. Sirignano, 宮本成悟, 田中宏幸, 宇宙線ミューオンによる雲仙溶岩ドームと伊ストロンボリ火山火道浅部のイメージング , 日本地球惑星科学連合大会, SVC48-05, 2013.05.
53. 宮町宏樹, 八木原寛, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 國友孝洋, 井口正人, 為栗 健, 三ヶ田均, 清水 洋, 竹中博士, 桜島火山おけるアクロスを用いた能動的モニタリング -観測報告2-, 日本地球惑星科学連合, 2013.05.
54. 筒井智樹, 井口正人, 為栗 健, 渡邉幸弘, 大島弘光, 植木貞人, 山本 希, 豊国源知, 野上健治, 大湊隆雄, 及川 純, 市原美恵, 中道治久, 大倉敬宏, 清水 洋, 桜島火山における反復地震探査(第4回目), 日本地球惑星科学連合, 2013.05.
55. 小宮卓也, 馬越孝道, 岩野健之, 周藤奈苗, 山科健一郎, 松島 健, 清水 洋, 1991-1995年雲仙岳溶岩ドーム成長期にみられた地震および傾斜変化の周期的活動, 日本地球惑星科学連合, 2013.05.
56. 清水 洋, 火山災害軽減のための教育とアウトリーチ - 雲仙火山における取り組み, 日本地球惑星科学連合, 2013.05.
57. 松本 聡, 八木原 寛, 松島 健, 山下裕亮, 清水 洋, 発震機構から推定した霧島火山周辺域の応力場, 日本火山学会秋季大会, 2012.10.
58. 宮町宏樹, 八木原 寛, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 國友孝洋, 井口正人, 為栗 健, 三ヶ田 均, 清水 洋, 松島 健, 竹中 博士, ACROSSを用いた桜島における能動監視, 日本火山学会秋季大会, 2012.10.
59. 筒井智樹, 井口正人, 為栗 健, 大島弘光, 青山裕, 植木貞人, 山本希, 野上健治, 大湊隆雄, 及川純, 市原美恵, 武尾実, 中道治久, 大倉敬宏, 清水 洋, 松島 健, 宮町宏樹, 八木原寛, 上田義治, 斎藤公一滝, 桜島火山における発破波形の後続相変化の空間分布, 日本火山学会秋季大会, 2012.10.
60. 中元真美, 松本 聡, 山中佳子, 清水 洋, 中道治久, 地震計アレイによる新燃岳に発生した微動の短期間時空間性(3), 日本火山学会秋季大会, 2012.10.
61. 悪原 岳, 望月公廣, 中東和夫, 山田知朗, 篠原雅尚, 酒井慎一, 金沢敏彦, 植平 賢司, 清水 洋, 紀伊半島周辺に沈み込むスラブ内での詳細な震源分布, 日本地球惑星科学連合大会, SSS38-P25, 2012.05.
62. 山中佳子, 中道治久, 寺川寿子, 奥田隆, 堀川信一郎, 山崎文人, 松本 聡, 清水 洋, 山頂を挟む東西地震計アレイで見た2011年新燃岳噴火活動, 日本地球惑星科学連合大会, 2012.05.
63. 山岡耕春, 渡辺俊樹, 井口正人, 為栗健, 八木原寛, 三ケ田均, 竹中 博士, 清水 洋, 宮町宏樹, Active Monitoring at Active Volcanoes -Deployment of ACROSS at Sakurajima Volcano
(活火山における能動監視―桜島火山へのアクロス設置―)
, 日本地球惑星科学連合大会, 2012.05.
64. 筒井智樹, 井口正人, 菅井明, 大島弘光, 前川徳光, 植木貞人, 山本希, 野上健治, 武尾実, 大湊隆雄, 及川純, 渡辺篤志, 中道治久, 堀川信一郎, 大倉敬宏, 吉川慎, 高山鐵朗, 園田忠臣, 清水 洋, 松島 健, 桜島火山における反復地震探査(第三回), 日本地球惑星科学連合大会2012年, 2012.05.
65. 中元真美, 松本 聡, 山中佳子, 清水 洋, 中道治久, 地震計アレイによる新燃岳に発生した微動の短期間時空間特性(2), 日本地球惑星科学連合大会, SVC50-05, 2012.05.
66. 宮崎真大, 松本 聡, 清水 洋, 植平 賢司, 反射波を用いた豊後水道下のプレート境界付近の不均質構造, 日本地球惑星科学連合大会2012年, 2012.05.
67. 千藏ひろみ, 松本 聡, 大倉敬宏, 宮崎真大, 安部祐希, 清水 洋, 井上寛之, 中元真美, 吉川慎, 山下裕亮, 発震機構解から推定した九州内陸の応力場と間隙水圧分布, 日本地球惑星科学連合大会2012年, 2012.05.
68. 宮本成悟, C. Bozza, N.D’ Ambrosio, G. De Lellis, 中村光廣, 清水 洋, 田中宏幸, 宇宙線ミューオンによる雲仙溶岩ドームの観測, 日本地球惑星科学連合大会, SVC54-P09, 2012.05.
69. Yusuke Yamashita, Takeshi Matsushima, Satoshi Matsumoto, Hiroshi Shimizu, Manami Nakamoto, Masahiro Miyazaki, Kenji Uehira, Geophysical Observation and Monitoring for Eruptive Activity of Shinmoe-dake, Kirishima Geopark, 5th International UNESCO Conference on Geoparks in Unzen Volcanic Area Global Geopark, 2012.05, Shinmoe-dake volcano is located in the Kirishima volcanic group (Kirishima Geopark) in Kyushu, Japan. Major eruptions for Shinmoe-dake occurred in 1716 -1717: fall out deposits, pyroclastic flows and mudflows were widely dispersed around the volcano [Imura and Kobayashi (1991)]. Recently, on January 19th, 2011, Shinmoe-dake began a first magmatic eruption in about 300 years, in which eruption type changed to Vulcanian after three sub-Plinian events in January 26-27th, 2011, and volcanic activity is still continuing.
For the volcanic disaster-prevention, it is very important for monitoring the volcanic activity to detect movement of magma from the chamber to the active crater in real time. However there were a few on-line observation stations (e.g., seismometer, tiltmeter, infrasound microphone) in the Kirishima area. Therefore, we installed two temporal on-line observation stations: Shinyu (KU.KRSY , 3km WSW from the crater) with a broadband seismometer and an infrasound microphone, Onami-ike Tozanguchi (KU.KRON, 4km WNW) with a broadband seismometer and a tiltmeter. These data has been transmitted to SEVO, Kyushu University using a mobile phone data terminal since January 28th, 2011. In addition, these data has been also transmitted to Japan Meteorological Agency for monitoring the volcanic activity.
During observation, many explosive eruptions and volcanic tremors were occurred at the volcano. These events were recorded clearly by our observation network. From the end of January to February 2011, harmonic tremors were recorded several times by broadband seismometers and infrasonic microphone with almost similar waveform. The lag times of two waveforms were approximately 6-7 seconds. Considering the difference of velocity between P-wave and sonic wave, the source of harmonic tremor was in the very shallow part of volcano (just under the crater). It is generally difficult to detect the location of volcanic earthquake and tremor but information of these locations is very important because these events are believed to reflect the movement of magma. Our result suggests that the observation with combination of broadband seismometer and infrasound microphone is useful to detect the volcanic event occurring very shallow part of volcano and to assess the volcanic activity.
.
70. Yusuke Yamashita, Takeshi Matsushima, Satoshi Matsumoto, Hiroshi Shimizu, Manami Nakamoto, Masahiro Miyazaki, Kenji Uehira, Geophysical Observation and Monitoring for Eruptive Activity of Shinmoe-dake, Kirishima Geopark, 5th International UNESCO Conference on Geoparks in Unzen Volcanic Area Global Geopark, 2012.05, Shinmoe-dake volcano is located in the Kirishima volcanic group (Kirishima Geopark) in Kyushu, Japan. Major eruptions for Shinmoe-dake occurred in 1716 -1717: fall out deposits, pyroclastic flows and mudflows were widely dispersed around the volcano [Imura and Kobayashi (1991)]. Recently, on January 19th, 2011, Shinmoe-dake began a first magmatic eruption in about 300 years, in which eruption type changed to Vulcanian after three sub-Plinian events in January 26-27th, 2011, and volcanic activity is still continuing.
For the volcanic disaster-prevention, it is very important for monitoring the volcanic activity to detect movement of magma from the chamber to the active crater in real time. However there were a few on-line observation stations (e.g., seismometer, tiltmeter, infrasound microphone) in the Kirishima area. Therefore, we installed two temporal on-line observation stations: Shinyu (KU.KRSY , 3km WSW from the crater) with a broadband seismometer and an infrasound microphone, Onami-ike Tozanguchi (KU.KRON, 4km WNW) with a broadband seismometer and a tiltmeter. These data has been transmitted to SEVO, Kyushu University using a mobile phone data terminal since January 28th, 2011. In addition, these data has been also transmitted to Japan Meteorological Agency for monitoring the volcanic activity.
During observation, many explosive eruptions and volcanic tremors were occurred at the volcano. These events were recorded clearly by our observation network. From the end of January to February 2011, harmonic tremors were recorded several times by broadband seismometers and infrasonic microphone with almost similar waveform. The lag times of two waveforms were approximately 6-7 seconds. Considering the difference of velocity between P-wave and sonic wave, the source of harmonic tremor was in the very shallow part of volcano (just under the crater). It is generally difficult to detect the location of volcanic earthquake and tremor but information of these locations is very important because these events are believed to reflect the movement of magma. Our result suggests that the observation with combination of broadband seismometer and infrasound microphone is useful to detect the volcanic event occurring very shallow part of volcano and to assess the volcanic activity.
.
71. Yuhki Kohno, Takeshi Matsushima, Hiroshi Shimizu, Magma Supply System of Unzen Volcano Inferred from Ground Deformation Data, 5th International UNESCO Conference on Geoparks in Unzen Volcanic Area Global Geopark, 2012.05, Unzen had erupted in 1990~1995. The eruption had created a lava dome at the top of the mountain and caused several pyroclastic flows which killed 44 victims.
Joint Research Team of National Universities and Geographical Survey Institution had observed ground deformation around Unzen for trying to predict the volcanic activity using leveling, GPS technique, tiltmeter and EDM (Electronic Distance Measurement). Especially, the leveling and GPS survey had been conducted from 1986 and 1996, respectively. During the lava discharging, a continuous deflation of the volcano was observed by them. After 1996, however, even lava had not been erupted from the crater, the leveling and GPS survey result had shown an inflation of western area of Shimabara peninsula. It could mean magma had kept to going up even after the eruption ceased.
We estimate an appropriate source model for the deformation to estimate magma supply system of Unzen Volcano. Obtained sources are four, and they are arranged in ascending order toward the summit with the angle of 45~50 degree. Although this model has established by geodetic data, their positions are supported by seismic exploration researches. Moreover the upper boundary of these four sources corresponds to hypocenter of the earthquake swarms started in 1989, which were due to brittle-fracture around the magma path. From our result, after the eruption stopped magma inflows into deep magma chamber, located beneath Chijiwa bay at a depth of 15 km, is clarified. This means it is important to keep survey Unzen Volcano to understand its activity. .
72. Hiroshi Shimizu, TAKESHI MATSUSHIMA, Satoshi Matsumoto, Kenji Uehira, Risaku Fukui, Kazunari Uchida, Kodo Umakoshi, Setuya Nakada, The 1990-1995 Eruption and Current Volcanic Activity in Unzen Volcanic Area Global Geopark, Japan, 5th International UNESCO Conference on Geoparks in Unzen Volcanic Area Global Geopark, 2012.05, Unzen Volcanic Area Global Geopark is located at the western end of the central Kyushu rift valley, Southwest Japan. Unzen Volcano, the symbol of the geopark, is an active volcano born about 500 thousand years ago, and has repeatedly erupted. The last eruption began in 1990 and continued until 1995.
Before the 1990-1995 eruption, the precursory activity of volcano-tectonic earthquakes was observed by the seismic network of Kyushu Univ. and Japan Meteorological Agency (JMA). The eruptive activity started as phreatic explosions first, and then changed to phreatomagmatic explosions. In May 1991, the lava dome appeared in the crater. We successfully detected the swarm of shallow volcanic earthquakes, swelling of volcanic edifice and rapid demagnetization beneath the crater. In the growing process of lava dome complex, the pyroclastic flows had frequently occurred by partial collapse of the lava dome. Forty four people (inhabitants, policemen and mass media people) were killed by the pyroclastic flows of 3 June 1991 and 23 June 1993.
The various geophysical observations have been carried out during and after the 1990-1995 eruption. These observations enabled us to image the magma supplying system and to evaluate the current activity of the volcano. The seismicity in and around the Unzen volcanic area decreased after the eruption, and the low level seismicity has still continued. The observation of the magnetic total force shows that the gradual demagnetization had continued until 1999, but stopped in 2000. The temperature of fumarole at the lava dome has decreased monotonously since the lava effusion ceased in 1995. The geodetic measurements revealed that the pressure of shallow magma reservoirs (Source A and B) also decreased after the eruption. These suggest that a sequence of the last eruption has been completed. On the other hand, the magma had been still supplied to the deeper magma reservoirs (Source C and D) until about 2000. The magma accumulation at the deeper reservoirs has not been obviously detected after 2001, however, the preparation process for the future eruption has probably started beneath the Unzen volcanic area.
.
73. 松島 健,清水 洋, 新世代通信データ転送システムの開発, 「地震及び火山噴火予知のための観測研究計画」成果報告シンポジウム, 2012.03.
74. 植平賢司,清水 洋,内田和也, 九州地域(日向灘)におけるプレート境界近傍での応力場の時空間変化, 「地震及び火山噴火予知のための観測研究計画」成果報告シンポジウム, 2012.03.
75. 清水洋, 別府‐島原地溝帯における地震活動と火山活動の相互作用の研究, 「地震及び火山噴火予知のための観測研究計画」成果報告シンポジウム, 2012.03.
76. Kenji Uehira, Hiroshi Yakiwara, Tomoaki Yamada, Kodo Umakoshi, Shigeru Nakao, Reiji Kobayashi, Kazuhiko Goto, Hiroki Miyamachi, Kimihiro Mochizuki, Kazuo Nakahigashi, Masanao Shinohara, Toshihiko Kanazawa, Ryota Hino, Masaji Goda, Hiroshi Shimizu, The relationship between seismic velocity structure and the seismic coupling in the Hyuga-nada region, southwest Japan, deduced from onshore and offshore seismic observations, AGU Fall Meeting 2011, 2011.12.
77. 山下 裕亮・松島 健・清水 洋・松本 聡・植平 賢司, 熊本県北西部 ( 山鹿市付近 ) における群発地震活動, 日本地震学会2011年秋季大会, 2011.10.
78. 松本 聡・植平賢司・松島 健・清水 洋, 福岡県西方沖地震および周辺の地震発震機構特性と応力場モデル化の試み2, 日本地震学会2011年秋季大会, 2011.10.
79. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況, 第121回火山噴火予知連絡会, 2011.10.
80. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山における温泉観測, 第121回火山噴火予知連絡会, 2011.10.
81. 宮町宏樹・井口正人 山岡耕春・渡辺俊樹・八木原寛・為栗 健・三ケ田均・竹中博士・清水 洋, アクロスによる桜島火山のマグマ移動検出に向けた能動的アプローチ, 日本火山学会2011年秋季大会, 2011.10.
82. 松本 聡・清水 洋・松島 健・植平賢司・ 山下裕亮・中元真美・宮崎真大・千藏ひろみ, 新湯地震計アレイおよび広帯域地震計でみた火山性微動, 日本火山学会2011年秋季大会, 2011.10.
83. 松本聡, 清水洋, 松島健, 植平賢司, 山下裕亮, 中元真美, 宮崎真大, 千藏ひろみ, 新湯地震計アレイおよび広帯域地震計でみた火山性微動, 東京大学地震研究所共同利用研究集会「リソスフェアの短波長不均質性のイメージングとモニタリングに関する研究の高度化-地殻活動領域の構造特性の時空間変化の解明に向けて-」, 2011.09.
84. Setsuya Nakada and Hiroshi Shimizu, Unrest that led to eruption: Unzen and Kirishima, Japan., Volcano Observatory Best Practice Workshop - Near Term Eruption Forecasting, 2011.09.
85. Seigo Miyamoto, Nicola D’Ambrosio , Giovanni De Lellis, Mitsuhiro Nakamura, Toshiyuki Nakano, Pasquale Noli , Hiroshi Shimizu , Paolo Strolin, Cristiano Bozza, Hiromichi Taketa , and Hiroyuki K.M. Tanaka , The imaging a lava dome density structure in Unzen with cosmic-ray muons, 7th Biennial Workshop on Japan-Kamchatka-Alaska Subduction Processes (JKASP-2011), 2011.08.
86. Yusuke YAMASHITA, Hiroshi SHIMIZU, Kenji UEHIRA, and Mikio FUJII, Relationship between the interplate quasi-static slip and the focal region of M7-class interplate earthquakes in the Hyuga-nada, SW Japan subduction zone , 7th Biennial Workshop on Japan-Kamchatka-Alaska Subduction Processes (JKASP-2011), 2011.08.
87. T. Onishi, S. Okano, K. Hiramatsu, S. Nishimura & H. Shimizu, Numerical simulation of seawater intrusion by sea level rise due to global warming – a case study of Noubi Plain in Japan –, International Union of Geodesy and Geophysics General Assembly(IUGG), 2011.07.
88. Y. Yamashita, H. Shimizu, K. Uehira & M. Fujii., Hypocenter relocation of major earthquakes and the comparison with the interplate quasi-static slip rate in the hyuga-nada, SW Japan subduction zone, International Union of Geodesy and Geophysics General Assembly(IUGG), 2011.06.
89. S. Matsumoto, K. Uehira, T. Matsushima & H. Shimizu., Heterogeneity in stress field and structure at the fault edge of the 2005 Fukuoka earthquake (M7.0) obtained from seismic observation, International Union of Geodesy and Geophysics General Assembly(IUGG), 2011.06.
90. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山における温泉観測, 第120回火山噴火予知連絡会, 2011.06.
91. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況, 第120回火山噴火予知連絡会, 2011.06.
92. 中元 真美, 松本 聡, 池端 慶, 千藏 ひろみ, 宮崎 真大, 武田 智之, 清水 洋, 糸谷 夏実, 山下 裕亮, 松島 健, 長谷ダムにおける 3 成分地震計アレイ観測, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 2011.05.
93. 千藏 ひろみ, 松本 聡, 大倉 敬宏, 清水 洋, 井上 寛之, 吉川 慎, 安部 祐希, 正木 喜啓, 宮崎 真大, 植平 賢司, 別府島原地溝帯における浅発地震の活動特性について, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 2011.05.
94. 松本 聡, 千藏 ひろみ, 大倉 敬宏, 清水 洋, 宮崎 真大, 井上寛之, 吉川 慎, 安部 祐希, 正木 喜啓, 植平 賢司, 九州内陸の地震活動と応力場, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 2011.05.
95. 山下 裕亮, 清水 洋, 植平 賢司, 藤井 幹雄, 日向灘における M7 クラスのプレート境界型地震の震源再決定とプレート間準静的すべりとの比較, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 2011.05.
96. 植平 賢司, 八木原 寛, 山田 知朗, 馬越 孝道, 中尾 茂, 小林 励司, 後藤 和彦, 宮町 宏樹, 望月 公廣, 中東 和夫, 篠原 雅尚, 金沢 敏彦, 日野 亮太, 合田 政次, 清水 洋, 日向灘における地震波速度構造とプレート間カップリングの関係, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 2011.05.
97. N. D’Ambrosio, 清水 洋, 中村 光廣, 中野 敏行, G. De Lellis, P. Noli, P. Strolin, 宮本 成悟, 武多 昭道, 田中 宏幸, 宇宙線ミューオンによる平成新山溶岩ドーム密度構造観測計画, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 2011.05.
98. 宮町 宏樹, 筒井 智樹, 松島 健, 山下 裕亮, 清水 洋, 為栗 健, 井上 寛之, 及川 純, 八木原 寛, 平 野 舟一郎, 後藤 和彦, 下窄 駿, 岩本 健吾, 飯干 隆介, 霧島火山西部域における短期間高密度アレイ観測(序報), 日本地球惑星科学連合2011年大会, 2011.05.
99. 松島 健, 山下 裕亮, 清水 洋, 松本 聡, 植平 賢司, 市原 美恵, 及川 純, 霧島山(新燃岳)噴火における空振および広帯域地震観測記録の特徴, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 2011.05.
100. 松本 聡, 清水 洋, 松島 健, 植平 賢司, 池端 慶, 山下 裕亮, 中元 真美, 宮崎 真大, 千藏 ひろみ, 新湯地震計アレイおよび広帯域地震計でみた新燃岳爆発的噴火および火山性微動, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 2011.05.
101. 宮崎 真大, 松本 聡, 清水 洋, 植平 賢司, 反射波を用いた豊後水道下における不均質構造の検出の試み, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 2011.05.
102. Satoshi Matsumoto, Kenji Uehira, Takeshi Matsushima, and Hiroshi Shimizu, Modeling deviatoric stress field around the hypocentral area of the 2005 Fukuoka earthquake (M7.0) using focal mechanisms, European Geosciences Union General Assembly 2011, 2011.04.
103. Seigo Miyamoto, Nicola D'Ambrosio, Giovanni De Lellis, Mitsuhiro Nakamura, Toshiyuki Nakano, Pasquale Noli, Hiroshi Shimizu, Paolo Strolin, Hiromichi Taketa, and Hiroyuki K. M. Tanaka, The plan imaging the lava dome structure with cosmic-ray muon at Unzen , Japan,, European Geosciences Union General Assembly 2011, 2011.04.
104. Kimihiro Mochizuki, Kazuo Nakahigashi, Tomoaki Yamada, Masanao Shinohara, Shin'ichi Sakai, Toshihiko Kanazawa, Kenji Uehira, and Hiroshi Shimizu, Crustal structure and segmentation of seismicity around the fault boundary of historical great earthquakes along the Nankai Trough, SW Japan, revealed by long-term ocean bottom seismic observation, European Geosciences Union General Assembly 2011, 2011.04.
105. 清水 洋, 別府-島原地溝帯における地震活動と火山活動の相互作用の研究, 「地震及び火山噴火予知のための観測研究計画」平成22年度成果報告シンポジウム, 2011.03.
106. 九州大学地震火山観測研究センター, 霧島山新燃岳調査観測報告, 第118回火山噴火予知連絡会, 2011.02.
107. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山における温泉観測, 第118回火山噴火予知連絡会, 2011.02.
108. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況(2010年10月〜2011年1月), 第118回火山噴火予知連絡会, 2011.02.
109. 九州大学地震火山観測研究センター, 霧島山(新燃岳)における広帯域地震・空振・傾斜観測について, 火山噴火予知連絡会 拡大幹事会, 2011.02.
110. 九州大学地震火山観測研究センター, 霧島山(新燃岳)火口西南西3km(新湯付近)における地震計アレイ観測, 火山噴火予知連絡会 拡大幹事会, 2011.02.
111. Uehira, K., H. Yakiwara, T. Yamada, K. Umakoshi, S. Nakao, R. Kobayashi, K. Goto, H. Miyamachi, K. Mochizuki, K. Nakahigashi, M. Shinohara, T. Kanazawa3, R. Hino, M. Goda, and H. Shimizu, Spatial heterogeneity of the structure and stress field in Hyuga-nada region, southwest Japan, deduced from onshore and offshore seismic observations, 2010 AGU Fall Meeting, 2010.12.
112. Yamashita, Y., H. Shimizu, and K. Goto, Spatio-temporal variation of interplate quasi-static slip in the Hyuga-nada region, SW Japan subduction zone, 8th ASC General Assembly, 2010.11.
113. 中元真美・松本 聡・松島 健・池端 慶・糸谷夏実・栢橋志郎・千藏ひろみ・宮崎真大・植平賢司・清水 洋, 地震計アレイ観測による2005 年福岡県西方沖地震の震源域における散乱体分布の推定, 日本地震学会2010年秋季大会, 2010.10.
114. 望月公廣・中東和夫・山田知朗・篠原雅尚・酒井慎一・金沢敏彦・植平賢司・清水 洋, 長期海底地震観測と陸上定常観測の統合トモグラフィー解析による東南海・南海地震震源境界域における地震活動と地震波速度構造, 日本地震学会2010年秋季大会, 2010.10.
115. 山下裕亮・清水 洋・後藤和彦, 相似地震解析から推定された日向灘プレート境界における準静的すべりの時空間変化, 日本地震学会2010年秋季大会, 2010.10.
116. 松本 聡・植平賢司・松島 健・清水 洋, 福岡県西方沖地震の余震発震機構特性と応力場モデル化の試み, 日本地震学会2010年秋季大会, 2010.10.
117. 雑賀 敦・松本 聡・植平賢司・松島 健・加藤愛太郎・平田 直・清水 洋, 九州地域の地殻の地震波速度構造, 第887回東京大学地震研究所談話会, 2010.10.
118. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山における温泉観測, 第117回火山噴火予知連絡会, 2010.10.
119. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況(2010年6月〜2010年9月), 第117回火山噴火予知連絡会, 2010.10.
120. 安部祐希・大倉敬宏・澁谷拓郎・平原和朗・清水 洋, レシーバ関数解析による別府島原地溝西部の地殻構造, 日本火山学会2010年秋季大会, 2010.10.
121. 長井大輔・松島 健・清水 洋・杉本伸一・寺井邦久, 雲仙火山を活用した火山・防災教育とジオパーク, 日本火山学会2010年秋季大会, 2010.10.
122. 清水 洋, 大学の火山観測研究の基盤整備に対する最近の取り組みについて, 火山防災シンポジウム–あすの火山観測体制と火山防災を考える-, 2010.10.
123. 清水 洋, 地球物理観測研究から推定される雲仙火山浅部の構造とマグマ供給系, 平成新山ミューオンラジオグラフィセミナー, 2010.07.
124. Yamashita Y., H. Shimizu, and K. Goto, Spatio-Temporal Variation of Interplate Quasi-Static Slip Before-and-After the M7-class Interplate Earthquakes in the Hyuga-nada, The 7th Annual Meeting of the Asia Oceania Geosciences Society, 2010.07.
125. 松本 聡・植平賢司・松島 健・清水 洋, 2005年福岡県西方沖地震と不均質構造, 地殻ダイナミク スの総合的理解:地球物理学と物質科学の知見の総合, 2010.07.
126. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山における温泉観測, 第116回火山噴火予知連絡会, 2010.06, [URL].
127. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況(2010年2月〜2010年5月), 第116回火山噴火予知連絡会, 2010.06, [URL].
128. 宮崎真大・松本 聡・松島 健・植平賢司・清水 洋, 福岡県西方沖地震の断層近傍におけるVp/Vsの推定, 西日本火山活動研究集会(第5回), 2010.06.
129. 山下裕亮・清水 洋・後藤和彦, Small repeating earthquake activity and interplate quasi-static slips in the Hyuga-nada, SW Japan, 西日本火山活動研究集会(第5回), 2010.06.
130. 清水 洋, 九州における火山研究の最前線と原子力施設への火山影響評価, 西日本火山活動研究集会(第5回), 2010.06.
131. Saiga, A., H. Shimizu, T. Matsushima, S. Matsumoto, and K. Uehira, Imaging of the Magma Supplying System of Unzen Volcano, Cities on Volcanoes 6, 2010.05.
132. 松本 聡・大倉敬宏・千藏ひろみ・清水 洋・植平賢司・松島 健・井上寛之・吉川 慎・安部祐希・中元真美・正木喜啓・宮崎真大・中尾 茂, 九州中部における応力場と地殻Weak zone 検出の試み, 地球惑星科学関連学会2010年合同大会, 2010.05.
133. 山下裕亮・清水 洋・後藤和彦, 相似地震から推定した1996年種子島東方沖地震(Mw6.5)後の準静的すべり, 地球惑星科学関連学会2010年合同大会, 2010.05.
134. 宮崎真大・松本 聡・松島 健・植平賢司・清水 洋, 福岡県西方沖地震の断層近傍におけるVp/Vsの推定, 地球惑星科学関連学会2010年合同大会, 2010.05.
135. 植平賢司・八木原 寛・山田知朗・馬越孝道・中尾 茂・小林励司・後藤和彦・宮町宏樹・望月公廣・中東和夫・篠原雅尚・金沢敏彦・日野亮太・合田政次・清水 洋, 海陸地震観測データから求めた日向灘南部の応力場, 地球惑星科学関連学会2010年合同大会, 2010.05.
136. 雑賀 敦・松本 聡・植平賢司・松島 健・加藤愛太郎・平田 直・清水 洋, 九州山地下の地殻深部に見られる地震波低速度異常, 地球惑星科学関連学会2010年合同大会, 2010.05.
137. 中元真美・松本 聡・松島 健・糸谷夏実・栢橋志郎・千藏ひろみ・宮崎真大・植平賢司・清水 洋, 2005年福岡県西方沖地震の震源域周辺における散乱体の推定, 地球惑星科学関連学会2010年合同大会, 2010.05.
138. 山下裕亮・清水 洋・後藤和彦, 日向灘における相似地震活動と準静的すべり (2), 地球惑星科学関連学会2010年合同大会, 2010.05.
139. 望月公廣・中東和夫・桑野亜佐子・山田知朗・篠原雅尚・酒井慎一・金沢敏彦・植平賢司・清水 洋, 東南海・南海巨大地震断層境界周辺の地殻構造と地震活動のセグメンテーション, 地球惑星科学関連学会2010年合同大会, 2010.05.
140. 井口正人・筒井智樹・植木貞人・野上健治・大久保修平・森 俊哉・中道治久・大倉敬宏・清水 洋・宮町宏樹・中川光弘・嶋野岳人, 桜島火山における多項目観測に基づく火山噴火準備過程解明のための研究(序報), 地球惑星科学関連学会2010年合同大会, 2010.05.
141. Matsumoto, S., S. Nakao, A. Saiga, H. Shimizu, K. Uehira, and, T. Matsushima, Stress field in the middle part of Kyushu, Japan and detecting weak zone in the crust, EGU General Assembly 2010, 2010.05.
142. Parithusta, R., S. Matsumoto, and H. Shimizu, Spatial variation of attenuation factor in subduction zone of Philippine Sea slab around Kyushu Island Japan, EGU General Assembly 2010, 2010.05.
143. Matsumoto, S., S. Nakao, A. Saiga, H. Shimizu, K. Uehira, and T. Matsushima, Stress, Strain-rate field and its relation to shallow seismic activity in Kyushu Island, Japan, G-COE symposium 2010: Earthquakes, Active Tectonics and Geodynamics of Island Arc, 2010.03.
144. 清水 洋, 別府-島原地溝帯における地震活動と火山活動の相互作用の研究, 「地震及び火山噴火予知のための観測研究計画」成果報告シンポジウム, 2010.03.
145. 筒井智樹・為栗 健・井口正人・桜島火山人工地震探査グループ, 桜島火山の地震学的構造と反復地震探査について, 平成21年度京都大学防災研究所研究発表講演会, 2010.02.
146. 清水 洋, 1983年噴火の観測のまとめ, 三宅島噴火シナリオ勉強会, 2010.02.
147. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山における温泉観測, 第115回火山噴火予知連絡会, 2010.02, [URL].
148. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況(2009年10月〜2010年1月), 第115回火山噴火予知連絡会, 2010.02, [URL].
149. Uehira, K., H. Yakiwara, T. Yamada, K. Umakoshi, S. Nakao, R. Kobayashi, K. Goto, H. Miyamachi, K. Mochizuki, K. Nakahigashi, M. Shinohara, T. Kanazawa, R. Hino, M. Goda, and H. Shimizu, Seismic activity and stress field in Hyuga-nada region, southwest Japan, deduced from dense onshore and offshore seismic observations, 4th Symposium Japanese-French Frontiers of Science, 2010.01.
150. Savage, M., T. Ohkura, K. Umakoshi, H. Shimizu, M. Iguchi, J. Johnson, T. Ohminato, D. Roman, Seismic anisotropy and its time variation on active volcanoes, 2009 AGU Fall Meeting, 2009.12.
151. Matsumoto, S., S. Nakao, H. Shimizu, T. Matsushima, K. Uehira, Stress field in the middle part of Kyushu, Japan inferred from focal mechanisms of micro earthquakes, 2009 AGU Fall Meeting, 2009.12.
152. Yamashita, Y., H. Shimizu, K. Goto, Small repeating earthquakes activity and interplate quasi-static slips in the Hyuga-nada, SW Japan, 2009 AGU Fall Meeting, 2009.12.
153. Mochizuki, K., K. Nakahigashi, A. Kuwano, T. Yamada, M. Shinohara, S. Sakai, T. Kanazawa, K. Uehira, H. Shimizu, Seismicity and velocity structure around the fault boundary region of the great earthquakes along the Nankai Trough revealed by repeating long-term OBS observations, 2009 AGU Fall Meeting, 2009.12.
154. 植平賢司・松本 聡・松島 健・清水 洋, 大分県日田市における地震活動, 日本地震学会2009年秋季大会, 2009.10.
155. 山下裕亮・清水 洋・後藤和彦, 日向灘の相似地震活動と推定された準静的すべり, 日本地震学会2009年秋季大会, 2009.10.
156. 山下裕亮・清水 洋・後藤和彦, 1996年日向灘地震(10月:Mw 6.8,12月:Mw 6.7)前後の準静的すべりの時間・空間変化, 日本地震学会2009年秋季大会, 2009.10.
157. 望月公廣・中東和夫・桑野亜佐子・山田知朗・篠原雅尚・酒井慎一・金沢敏彦・植平賢司・清水 洋・田原道崇, 繰り返し長期海底地震観測による東南海南海地震震源域における地震活動と地震波速度構造, 日本地震学会2009年秋季大会, 2009.10.
158. 植平賢司・内田和也・清水 洋・八木原 寛・平野舟一郎・中尾 茂・小林励司・後藤和彦・宮町宏樹・山田知朗・望月公廣・中東和夫・篠原雅尚・金沢敏彦・日野亮太・馬越孝道・合田政次, 自然地震データから求めた日向灘南部の地震波速度構造, 日本地震学会2009年秋季大会, 2009.10.
159. 雑賀 敦・松本 聡・植平賢司・松島 健・清水 洋, 九州地域の地殻の地震波速度構造, 日本地震学会2009年秋季大会, 2009.10.
160. 松本 聡・清水 洋・松島 健・植平賢司, 中部九州におけるS波振幅減衰域の検出, 日本地震学会2009年秋季大会, 2009.10.
161. 長井大輔・松島 健・清水 洋・杉本伸一・寺井邦久, 島原半島における火山・防災教育の推進とジオパークの活用, 日本火山学会2009年秋季大会, 2009.10.
162. 為栗 健・井口正人・桜島火山構造探査グループ, 桜島火山の3次元P波速度構造と震源再決定, 日本火山学会2009年秋季大会, 2009.10.
163. 筒井智樹・井口正人・為栗 健・桜島火山構造探査グループ, 桜島火山北斜面〜東麓の表層地震波速度構造, 日本火山学会2009年秋季大会, 2009.10.
164. 九州大学地震火山観測研究センター, 大分県西部の地震活動, 第202回地震調査委員会, 2009.10.
165. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山における温泉観測, 第114回火山噴火予知連絡会, 2009.10, [URL].
166. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況(2009年6月〜2009年9月), 第114回火山噴火予知連絡会, 2009.10, [URL].
167. 松本 聡・清水 洋・松島 健・植平賢司, 地震波を用いた中部九州ひずみ集中域検出の試み, 研究集会「リソスフェアの短波長不均質性の時空間変化に関する研究の高度化-物理モデルの構築と稠密地震観測記録の解析をとおして-」, 2009.09.
168. 九州大学地震火山観測研究センター, 2009年8月3日熊本県芦北地方で発生した地震(M4.9)について, 第183回地震予知連絡会, 2009.08.
169. 九州大学地震火山観測研究センター, 2009年6月28日長崎県大村湾で発生した地震(M4.4)について, 第183回地震予知連絡会, 2009.08.
170. 九州大学地震火山観測研究センター, 2009年6月25日に大分県西部で発生した地震(M4.7)について, 第183回地震予知連絡会, 2009.08.
171. 九州大学地震火山観測研究センター, 2009年6月28日に長崎県大村湾で発生した地震(M4.4)について, 第198回地震調査委員会, 2009.07.
172. 九州大学地震火山観測研究センター, 2009年6月25日に大分県西部で発生した地震(M4.7)について, 第198回地震調査委員会, 2009.07.
173. Kohno, Y., S. Matsumoto, T. Matsushima, K. Uehira, K. Umakoshi, H. Shimizu, MAGMA CHAMBER MODEL BENEATH UNZEN VOLCANO INFERRED FROM GEODETIC AND SEISMIC DATA, 6th Biennial Workshop on Japan-Kamchatka-Alaska Subduction Processes emphasizing the Kurile-Kamchatka-Aleutian Arcs, 2009.06.
174. Yamashita, Y., H. Shimizu, K. Goto, REPEATING EARTHQUAKES ACTIVITY IN THE HYUGA-NADA REGION, SOUTHWEST JAPAN, HIGH ANGLE SUBDUCTION ZONE, 6th Biennial Workshop on Japan-Kamchatka-Alaska Subduction Processes emphasizing the Kurile-Kamchatka-Aleutian Arcs, 2009.06.
175. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況(2009年2月〜2009年5月), 第113回火山噴火予知連絡会, 2009.06, [URL].
176. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山における温泉観測, 第113回火山噴火予知連絡会, 2009.06, [URL].
177. 望月公廣・中東和夫・桑野亜佐子・山田知朗・篠原雅尚・酒井慎一・橋本信一・八木健夫・金沢敏彦・植平賢司・田原道崇・内田和也・清水洋, Spatially varying seismicity distribution in the Tonankai-Nankai regions revealed by repeating long-term ocean bottom observations, 地球惑星科学関連学会2009年合同大会, 2009.05.
178. 山下裕亮・植平賢司・後藤和彦・八木原寛・平野舟一郎・宮町宏樹・小林励司・内田和也・雑賀 敦・清水 洋・馬越孝道・山田知朗・中東和夫・金沢敏彦・合田政次, 海底地震計を用いた九州西方海域(沖縄トラフ北端)における微小地震観測, 地球惑星科学関連学会2009年合同大会, 2009.05.
179. 植平賢司・内田和也・八木原 寛・山田知朗・馬越孝道・平野舟一郎・中尾 茂・小林励司・後藤和彦・宮町宏樹・望月公廣・中東和夫・篠原雅尚・金沢敏彦・日野亮太・合田政次・清水 洋, 海底地震観測による日向灘南部の地震活動(2), 地球惑星科学関連学会2009年合同大会, 2009.05.
180. 松本 聡・雑賀 敦・植平賢司・松島 健・清水 洋, ストレステンソルインバージョンによる九州中部における応力場推定, 地球惑星科学関連学会2009年合同大会, 2009.05.
181. パリツスタリツキタ・松本 聡・清水 洋・松島 健・植平賢司, Frequency & Depth - Dependent Attenuation of S Waves in the PHS Plate, Kyushu, Japan, based on Modified Coda Normalization method, 地球惑星科学関連学会2009年合同大会, 2009.05.
182. 九州大学地震火山観測研究センター, 2009年4月5日に日向灘で発生した地震(Mj5.6)について, 第195回地震調査委員会, 2009.04.
183. 九州大学地震火山観測研究センター(発表者:清水 洋), 地震学的手法による雲仙火山のマグマ供給系のイメージング, 地震・火山噴火予知研究協議会平成20年度成果報告会, 2009.03.
184. 為栗 健・桜島人工地震探査グループ, 2008年桜島人工地震探査のデータを用いた地震波速度構造解析, 平成20年度京都大学防災研究所研究発表講演会, 2009.02.
185. 井口正人・桜島人工地震探査グループ, 2008年桜島人工地震探査の目的と実施, 平成20年度京都大学防災研究所研究発表講演会, 2009.02.
186. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山における温泉観測, 第112回火山噴火予知連絡会, 2009.02, [URL].
187. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況(2008年10月〜2009年1月), 第112回火山噴火予知連絡会, 2009.02, [URL].
188. Uehira, K., H. Yakiwara, T. Yamada, K. Umakoshi, S. Nakao, R. Kobayashi, K. Goto, H. Miyamachi, K. Mochizuki, K. Nakahigashi, M. Shinohara, T. Kanazawa, R. Hino, M. Goda, and H. Shimizu, Spatial heterogeneity of the structure and seismic activity in Hyuga-Nada region, southwest Japan, IASPEI General Assembly 2009, 2009.01.
189. Kohno, Y., S. Matsumoto, T. Matsushima, K. Uehira, K. Umakoshi, and H. Shimizu, A magma chamber model beneath Unzen Volcano inferred from geodetic and seismic data using FEM, 2008 AGU Fall Meeting, 2008.12.
190. Savage, M., T. Ohkura, K. Umakoshi, H. Shimizu, Y. Kohno, M. Iguchi, A. Wessel, and J. Mori, Variations in Seismic Anisotropy with time on Volcanoes in Kyushu Island, Southern Japan, 2008 AGU Fall Meeting, 2008.12.
191. Shimizu, H., Development of the Project for Prediction of Volcanic Eruptions in Japan, Asian International Symposium on Modeling of Volcanic Eruption for Volcanic Hazard Assessment, 2008.12.
192. Kohno, Y., S. Matsumoto, T. Matsushima, K. Uehira, K. Umakoshi, and H. Shimizu, A magma chamber model beneath Unzen Volcano inferred from geodetic and seismic data using FEM, 7th General Assembly of Asian Seismological Commission and Seismological Society of Japan, 2008 Fall meeting, 2008.11.
193. Saiga, A., S. Matsumoto, K. Uehira, T. Matsushima, T. Murakoshi, and H. Shimizu, Velocity structure in the crust and upper mantle under the Kyushu area, 7th General Assembly of Asian Seismological Commission and Seismological Society of Japan, 2008 Fall meeting, 2008.11.
194. Matsumoto, S., N. Shigeru, A. Saiga, H. Shimizu, K. Uehira, and T. Matsushima, A preliminary model for stress field in the west part of Beppu-Shimabara graben, 7th General Assembly of Asian Seismological Commission and Seismological Society of Japan, 2008 Fall meeting, 2008.11.
195. Yamashita, Y., Kenji Uehira, K. Goto, H. Yakiwara, S. Hirano, K. Uchida, A. Saiga, H. Miyamachi, H. Shimizu, R. Kobayashi, K. Umakoshi, T. Yamada, M. Goda, and T. Kanazawa, Microearthquake seismicity and focal mechanisms of the west off Kyushu, Japan, derived from OBS data, 7th General Assembly of Asian Seismological Commission and Seismological Society of Japan, 2008 Fall meeting, 2008.11.
196. Parithusta, R., S. Matsumoto, and H. Shimizu, Spatial variation of attenuation factor in subduction zone of Philippine Sea slab around Kyushu Island, 7th General Assembly of Asian Seismological Commission and Seismological Society of Japan, 2008 Fall meeting, 2008.11.
197. 河野裕希,松本聡,松島健,植平賢司,清水洋,馬越孝道, 地殻変動と相対応力場から推定した雲仙火山におけるマグマ溜りモデル−有限要素法とストレステンソルインバージョン法による解析(2), 日本測地学会第110回講演会, 2008.10.
198. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山における温泉観測, 第111回火山噴火予知連絡会, 2008.10, [URL].
199. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況(2008年6月〜2008年9月), 第111回火山噴火予知連絡会, 2008.10, [URL].
200. Saiga, A., S. Matsumoto, K. Uehira, T. Matsushima, T. Murakoshi, and H. Shimizu, Velocity structure in the crust and upper mantle under the Kyushu area, 7th International Seminar on Seismic Tomography of Far-East Asia and Related Works, 2008.08.
201. Shimizu, H., M. Iguchi, T. Nishimura, T. Kagiyama, A. Toramaru, M. Yuichi, S. Nakada, and H. Miyamachi, Science plan of the next National Project for Prediction of Volcanic Eruptions in Japan, IAVCEI 2008 General assembly, 2008.08.
202. Matsushima, T., Y. Kohno, S. Matsumoto, K. Uehira, K. Umakoshi, and H. Shimizu, A magma chamber model of Unzen Volcano inferred from geodetic and seismic data, IAVCEI 2008 General assembly, 2008.08.
203. Uehira, K., H. Yakiwara, T. Yamada, K. Umakoshi, S. Nakao, R. Kobayashi, K. Goto, H. Miyamachi, K. Mochizuki, K. Nakahigashi, M. Shinohara, T. Kanazawa, R. Hino, M. Goda, H. Shimizu, Seismic activity and stress field in Hyuga-nada region, southwest Japan, revealed by ocean bottom observations, 2008 Western Pacific Geophysics Meeting, 2008.07.
204. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況(2008年2月〜2008年5月), 第110回火山噴火予知連絡会, 2008.06, [URL].
205. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山における温泉観測, 第110回火山噴火予知連絡会, 2008.06, [URL].
206. 植平賢司・内田和也・八木原 寛・山田知朗・馬越孝道・平野舟一郎・中尾 茂・小林励司・後藤和彦・宮町宏樹・望月公廣・中東和夫・篠原雅尚・金沢敏彦・日野亮太・合田政次・清水 洋, Seismic activity in the southern part of Hyuga-nada region, southwest Japan, revealed by ocean bottom observations, 地球惑星科学関連学会2008年合同大会, 2008.05.
207. 望月公廣・中東和夫・桑野亜佐子・山田知朗・篠原雅尚・酒井慎一・橋本信一・八木健夫・金沢敏彦・植平賢司・田原道崇・内田和也・清水 洋, 海底地震観測で明らかとなった東南海・南海地震震源域における地震活動の空間変化, 地球惑星科学関連学会2008年合同大会, 2008.05.
208. 河野裕希・松本 聡・松島 健・植平賢司・馬越孝道・清水 洋, 地殻変動と相対応力場から推定した雲仙火山におけるマグマ溜りモデル—有限要素法とストレステンソルインバージョン法による解析, 地球惑星科学関連学会2008年合同大会, 2008.05.
209. 雑賀 敦・松本 聡・馬越孝道・植平賢司・松島 健・清水 洋, 雲仙地溝帯の3次元地震波速度構造, 地球惑星科学関連学会2008年合同大会, 2008.05.
210. 植平賢司・山田知朗・中東和夫・篠原雅尚・松本 聡・松島 健・飯尾能久・岡田知己・高橋浩晃・宮町宏樹・金沢敏彦・内田和也・清水 洋, The stress field in the aftershock region of the 2005 West Off Fukuoka Prefecture Earthquake, 地球惑星科学関連学会2008年合同大会, 2008.05.
211. 松本 聡・リツキタ パリツスタ・植平賢司・清水 洋, 豊後水道下のフィリピン海プレート内における1/Q値推定の試み, 地球惑星科学関連学会2008年合同大会, 2008.05.
212. 河野裕希・松本 聡・松島 健・植平賢司・清水 洋, 1990-1995年雲仙火山噴火前後の相対応力場について, 東京大学地震研究所共同研究集会「カルデラの構造と活動そして現在-Out of rangeへの挑戦 第4回シンポジウム」, 2008.03.
213. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況(2007年10月〜2008年1月), 第109回火山噴火予知連絡会, 2008.02, [URL].
214. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山における温泉観測, 第109回火山噴火予知連絡会, 2008.02, [URL].
215. Kohno, Y., S. Matsumoto, T. Matsushima, K. Uehira, K. Umakoshi, H. Shimizu, FEM Modeling for Magma Chamber of Unzen Volcano Causing 1990-1995 Eruption Inferred From Seismic and Ground Deformation Data, 2007 AGU Fall Meeting, 2007.12.
216. Matsumoto, S., K. Uehira, T. Okada, T. Yamada, Y. Iio, M. Shinohara, H. Miyamachi, H. Takahashi, K. Nakahigashi, T. Matsushima, T. Kanazawa, H. Shimizu, Heterogeneous structure in and around 2005 West off Fukuoka Earthquake inferred from dense seismic observation, 2007 AGU Fall Meeting, 2007.12.
217. Shimizu, H., T. Matsushima, Y. Kohno, S. Matsumoto, K. Uehira, A. Saiga, and A. Watanabe, Monitoring of Magma Re-accumulation Process After the 1990-1995 Eruption of Unzen Volcano, Cities on Volcanoes 5, 2007.11.
218. Nakada, S., Y. Goto, S. Sakuma, and H. Shimizu, Scientific Results of Conduit Drilling at Mount Unzen, Cities on Volcanoes 5, 2007.11.
219. Ueki, S., H. Shimizu, K. Uchida, T. Maekawa, Y. Sudo, H. Miyamachi, H. Watanabe, and K. Ishihara, Gravity Changes Observed during the 1990-1995 Eruption of Unzen Volcano, Cities on Volcanoes 5, 2007.11.
220. Matsushima, T., Y. Kohno, A. Hirao, and H. Shimizu, GPS Monitoring of the Lava Dome Deformation of Heisei Shinzan, Unzen Volcano, Cities on Volcanoes 5, 2007.11.
221. Itasaka, N., K. Umakoshi, and H. Shimizu, Seismic Activity in the Early Stage of Dome Growth at Unzen Volcano, Japan (May - June 1991), Cities on Volcanoes 5, 2007.11.
222. Umakoshi, K., K. Kajihara, E. Matsui, and H. Shimizu, Seismic Events Observed Prior to and During the 1990-1995 Eruption of Unzen Volcano, Japan, Cities on Volcanoes 5, 2007.11.
223. Watanabe, A., S. Matsumoto, and H. Shimizu, Scatterer Distribution beneath Unzen Volcano, Cities on Volcanoes 5, 2007.11.
224. Saiga, A., S. Matsumoto, K. Uehira, K. Umakoshi, T. Matsushima, and H. Shimizu, Crustal Velocity Structure beneath Unzen volcano, Cities on Volcanoes 5, 2007.11.
225. Matsumoto, S., H. Shimizu, M. Onishi, K. Uehira, and N. Matsuwo, Seismic Reflection Survey of the Crustal Structure beneath Unzen Volcano, Kyushu, Japan, Cities on Volcanoes 5, 2007.11.
226. Okubo, A., Y. Tanaka, T. Nakatsuka, T. Kagiyama, W. Kanda, N. Kitada, M. Utsugi, K. Ishihara, H. Shimizu, T. Matsushima, D. Miki, T. Takayama, and M. Fukushima, Utility of Aeromagnetic Studies for Imaging of Subsurface Structures in Two Active Volcanoes:Unzen and Sakurajima Volcanoes, Kyushu, Japan, Cities on Volcanoes 5, 2007.11.
227. Kohno, Y., T. Matsushima, S. Matsumoto, and H. Shimizu, Magma Chamber Model of Unzen Volcano Causing 1990-1995 Eruption Inferred from Seismic and Ground Deformation Data Using FEM, Cities on Volcanoes 5, 2007.11.
228. Sugimoto, T., H. Hoshizumi, and H. Shimizu, History of Mayuyama, Unzen Volcano, Japan:Inferred from Stratigraphy and Petrological Feature of Borehole Cores, Cities on Volcanoes 5, 2007.11.
229. 望月公廣・中東和夫・桑野亜佐子・山田知朗・篠原雅尚・酒井慎一・橋本信一・八木健夫・金沢敏彦・植平賢司・内田和也・清水洋, 繰り返し長期海底地震観測による東南海・南海地震の境界域における地震活動の空間変化, 日本地震学会2007年度秋季大会, 2007.10.
230. リツキタ パリツスタ・松本聡・植平賢司・松島健・清水洋, Determining 3D Attenuation Structure beneath Kyushu, Japan exerting Waveform −Spectra of Microearthquakes(2), 日本地震学会2007年度秋季大会, 2007.10.
231. 松本聡・植平賢司・渡邉篤志・後藤和彦・飯尾能久・平田直・岡田知己・高橋浩晃・清水洋・篠原雅尚・金澤敏彦, 2005年福岡県西方沖地震震源域内部のQ構造(2), 日本地震学会2007年度秋季大会, 2007.10.
232. 雑賀敦・松本聡・馬越孝道・植平賢司・松島健・清水洋, 雲仙地溝帯の3次元地震波速度構造, 日本地震学会2007年度秋季大会, 2007.10.
233. Parithusta, R., S. Matsumoto, and H. Shimizu, Determining three-dimensional attenuation structure model using spectra of micro earthquakes, in Kyushu Island - South of Japan, The second international scientific conference of young scientists and students, 2007.10.
234. Matsumoto, S., K. Uehira, A. Watanabe, K. Goto, Y. Iio, N. Hirata, T. Okada, H. Takahashi, and H. Shimizu, Attenuation Structure of P Wave in the Aftershock Area of 2005 Fukuoka, Japan - Earthquake (M7.0), 6th International Seminar on Seismic Tomography of Far-East Asia and related works, 2007.10.
235. 九州大学地震火山観測研究センター, 2007年9月天草灘の地震活動, 第108回火山噴火予知連絡会, 2007.10, [URL].
236. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山における温泉観測, 第108回火山噴火予知連絡会, 2007.10, [URL].
237. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況(2007年6月〜2007年9月), 第108回火山噴火予知連絡会, 2007.10, [URL].
238. Yamada, T., T. Yamada, M. Shinohara, T. Kanazawa, N. Hirata, Y. Kaneda, T. Takanami, H. Mikada, K. Suyehiro, S. Sakai, T. Watanabe, K. Uehira, Y. Murai, N. Takahashi, K. Mochizuki, T. Sato, E. Araki, R. Hino, K. Uhira, H. Shiobara, and H. Shimizu, Aftershock distribution of the 2003 Tokachi-oki Earthquake derived from temporal network of ocean bottom seismographs, IUGG2007, 2007.07.
239. Uehira, K., H. Yakiwara, T. Yamada, M. Shinohara, T. Kanazawa, K. Umakoshi, K. Goto, H. Miyamachi, R. Hino, K. Mochizuki, K. Nakahigashi, M. Goda, and H. Shimizu, The stress field of the Hyuga-Nada Region, Southwest Japan, deduced from ocean-bottom seismic observations, IUGG2007, 2007.07.
240. Nakahigashi, K., A. Kuwano, T. Yamada, K. Mochizuki, M. Shinohara, S. Sakai, T. Kanazawa, K. Uehira, H. Shimizu, Seismic structure and seismicity of the rupture areas of the Tonankai, Nankai earthquakes derived from long-term sea floor earthquake observation, IUGG2007, 2007.07.
241. 清水 洋・松本 聡・河野裕希・松島 健・植平賢司, 福岡県西方沖地震のその後−来るべき警固断層地震へ向けて−, 長崎県地学会平成19年度研究発表会, 2007.06.
242. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山における温泉観測, 第107回火山噴火予知連絡会, 2007.06, [URL].
243. 九州大学地震火山観測研究センター,京都大学地球熱学研究施設, 時空間分布図 [別府地溝] (2007年6月6日19時〜6月10日) , 第107回火山噴火予知連絡会, 2007.06, [URL].
244. 九州大学地震火山観測研究センター,京都大学地球熱学研究施設, 震源分布図 [別府地溝] (2007年6月6日19時〜6月10日) , 第107回火山噴火予知連絡会, 2007.06, [URL].
245. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況(2007年2月〜2007年5月), 第107回火山噴火予知連絡会, 2007.06, [URL].
246. 九州大学地震火山観測研究センター, 警固断層周辺の地震活動について, 第173回地震予知連絡会, 2007.05.
247. Uehira, K., K. Uchida, H. Shimizu, R. Hino, T. Yamada, K. Mochizuki, K. Nakahigashi, M. Shinohara, T. Kanazawa, K. Umakoshi, H. Yakiwara, S. Hirano, H. Miyamachi, K. Goto, M. Goda, The relation between the stress field and the seismic coupling in the Hyuga-nada region deduced from OBS observations, 地球惑星科学関連学会2007年合同大会, 2007.05.
248. 酒井慎一・山田知朗・篠原雅尚・金沢敏彦・高波鐵夫・日野亮太・清水洋・尾鼻浩一郎・小平秀一・金田義行, 紀伊半島南東沖の海底地震計で見られた継続時間の長い振動, 地球惑星科学関連学会2007年合同大会, 2007.05.
249. Murakoshi, T., H. Takenaka, H. Shimizu, K. Uehira, Seismic imaging of the crustal structure in the back-arc of Kyushu by receiver function analysis, 日本地球惑星科学連合2007年合同大会, 2007.05.
250. Parithusta, R., S. Matsumoto, K. Uehira, T. Matsushima, H. Shimizu, Determining Three Dimension Q - Attenuation Structure beneath Kyushu Island, Japan exerting Waveform - Spectra of Microearthquakes, 地球惑星科学関連学会2007年合同大会, 2007.05.
251. Matsumoto, S., K. Uehira, A. Watanabe, K. Goto, Y. Iio, N. Hirata, T. Okada, H. Takahashi, H. Shimizu, M. Shinohara, T. Kanazawa, Attenuation Structure of P Wave in the Aftershock Area of the 2005 West-off Fukuoka Prefecture Earthquake (M7.0), 地球惑星科学関連学会2007年合同大会, 2007.05.
252. Saiga, A., S. Matsumoto, K. Uehira, T. Murakoshi, H. Shimizu, Velocity structure in the crust and upper mantle under the north-western part of Kyushu area, 地球惑星科学関連学会2007年合同大会, 2007.05.
253. 清水 洋, 地震学的に推定される九州の構造と応力場, 西日本火山活動研究集会(第2回), 2007.03.
254. 九州大学地震火山観測研究センター, 九州の地震活動(2006年11月〜2007年1月), 第171回地震予知連絡会, 2007.02.
255. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山における温泉観測, 第106回火山噴火予知連絡会, 2007.02, [URL].
256. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山の二酸化硫黄放出量, 第106回火山噴火予知連絡会, 2007.02, [URL].
257. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況(2006年11月〜2007年1月), 第106回火山噴火予知連絡会, 2007.02.
258. Matsumoto, S., K. Uehira, A. Watanabe, K. Goto, Y. Iio, N. Hirata, T. Okada, H. Takahashi and H. Shimizu, Attenuation Structure of P Wave in the Aftershock Area of the 2005 West-off Fukuoka Prefecture Earthquake(M7.0), 2006 AGU Fall Meeting, 2006.12.
259. Kohno, Y., T. Matsushima and H. Shimizu, Magma Pressure Sources of Unzen Volcano Estimated From Ground Deformations During and After The 1990-1995 Eruption, 2006 AGU Fall Meeting, 2006.12.
260. Machida, Y., T. Takanami, Y. Murai, M. Shinohara, T. Yamada, T. Kanazawa, N, Hirata, S. Sakai, K. Mochizuki, H. Shiobara, R. Hino, M. Nishino, H. Shimizu, K. Uehira, Y. Kaneda, K. Suyehiro, T. Watanabe, N. Takahashi, T. Sato, E. Araki, H. Mikada and K. Uh, 3D P-wave velocity structure around the rupture area of the 2003 Tokachi-oki earthquake (Mw=8.0) in the margin of the Kuril trench, 2006 AGU Fall Meeting, 2006.12.
261. 九州大学地震火山観測研究センター, 九州の地震活動(2006年8月〜2006年10月), 第170回地震予知連絡会, 2006.11.
262. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況(2006年6月〜2006年10月), 第105回火山噴火予知連絡会, 2006.11, [URL].
263. 九州大学地震火山観測研究センター, 2006年11月6日に発生した雲仙岳の山火事について, 第105回火山噴火予知連絡会, 2006.11, [URL].
264. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山における温泉観測, 第105回火山噴火予知連絡会, 2006.11, [URL].
265. 杉本 健・星住英夫・清水 洋, 雲仙眉山火山の形成史-ボーリングコア試料の岩相記載および全岩化学分析-, 日本火山学会2006年度秋季大会, 2006.10.
266. 齊藤政城・松島 健・松尾のり道・清水 洋, 阿蘇中岳火山の二酸化硫黄および二酸化炭素ガス放出量の測定, 日本火山学会2006年度秋季大会, 2006.10.
267. 九州大学地震火山観測研究センター, 九州の地震活動(2006年5月〜2006年7月), 第169回地震予知連絡会, 2006.08.
268. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山における温泉観測, 第104回火山噴火予知連絡会, 2006.06, [URL].
269. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山の二酸化硫黄放出量, 第104回火山噴火予知連絡会, 2006.06, [URL].
270. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況(2006年2月〜2006年5月), 第104回火山噴火予知連絡会, 2006.06, [URL].
271. 九州大学地震火山観測研究センター, 九州の地震活動(2006年2月〜2006年4月), 第168回地震予知連絡会, 2006.05.
272. 中東和夫・山田知朗・望月公廣・酒井慎一・篠原雅尚・金沢敏彦・植平賢司・清水 洋, 長期海底地震観測データを用いた東南海・南海地震想定震源域における地震波速度構造, 地球惑星科学関連学会2006年合同大会, 2006.05.
273. 中田節也・宇都浩三・佐久間澄夫・清水 洋, 火山体掘削から何が分かるか?火道掘削の成果?, 地球惑星科学関連学会2006年合同大会, 2006.05.
274. 植平賢司・山田知朗・篠原雅尚・中東和夫・宮町宏樹・飯尾能久・岡田知己・高橋浩晃・松尾のり道・内田和也・金沢敏彦・清水洋, 海陸稠密地震観測網データから求めた2005年福岡県西方沖地震の精密余震分布, 地球惑星科学関連学会2006年合同大会, 2006.05.
275. 松本 聡・渡邉篤志・植平賢司・清水 洋・金沢敏彦・宮町宏樹・篠原雅尚・飯尾能久・岡田知己・高橋浩晃, 福岡県西方沖地震・震源域周辺の散乱体分布の推定, 地球惑星科学関連学会2006年合同大会, 2006.05.
276. 清水 洋・松本 聡・渡邉篤志・松島 健・植平賢司・松尾のり道, 雲仙火山の地下構造とマグマ供給系のイメージング, 地球惑星科学関連学会2006年合同大会, 2006.05.
277. 2003年九州日奈久断層域構造探査グループ・岩崎貴哉, 九州日奈久断層周辺域における上部・中部地殻構造, 地球惑星科学関連学会2005年合同大会, 2006.05.
278. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山における温泉観測, 第103回火山噴火予知連絡会, 2006.02, [URL].
279. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山の二酸化硫黄放出量, 第103回火山噴火予知連絡会, 2006.02, [URL].
280. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況(2005年10月〜2006年1月), 第103回火山噴火予知連絡会, 2006.02, [URL].
281. 九州大学地震火山観測研究センター, 九州の地震活動(2005年11月〜2006年1月), 第167回地震予知連絡会, 2006.02.
282. 酒井慎一・山田知朗・萩原弘子・篠原雅尚・金沢敏彦・高波鐵夫・日野亮太・清水 洋・尾鼻浩一郎・小平秀一・金田義行, プレート境界で発生する南海トラフ巨大地震とプレート内で発生した2004年紀伊半島南東沖の地震の関係, 日本地震学会2006年度秋季大会, 2006.01.
283. 雑賀 敦・松本 聡・植平賢司・村越 匠・清水 洋, 九州北西部の地殻・上部マントルの地震波速度構造, 日本地震学会2006年度秋季大会, 2006.01.
284. 田原道崇・中田正夫・植平賢司・清水 洋・山田知朗・望月公廣・篠原雅尚・西野 実・日野亮太・八木原 寛・宮町宏樹・馬越孝道・合田政次・松尾のり道・金沢敏彦, 海底地震計による観測データを使用した日向灘域の地震波速度構造, 日本地震学会2006年度秋季大会, 2006.01.
285. 中東和夫・桑野亜佐子・山田知朗・望月公廣・篠原雅尚・酒井慎一・金沢敏彦・植平賢司・清水 洋, 繰り返し長期海底地震観測による紀伊半島沖南海トラフの地震波速度構造, 日本地震学会2006年度秋季大会, 2006.01.
286. 山田知朗・中東和夫・酒井慎一・望月公廣・篠原雅尚・金沢敏彦・桑野亜佐子・植平賢司・清水 洋, 長期海底地震観測による東南海・南海地震想定震源域の地震活動, 日本地震学会2006年度秋季大会, 2006.01.
287. Shimizu, H., T. Matsushima, S. Matsumoto, K. Uehira, N. Matsuwo, A. Watanabe and Y. Kohno, Volcanic Activity After the 1990-1995 Eruption of Unzen Volcano, Cities on Volcanoes 4, 2006.01.
288. Kohno, Y., T. Matsushima, and S. Shimizu, Detection of the pressure sources beneath Unzen Volcano from the ground deformation data, Cities on Volcanoes 4, 2006.01.
289. 松本 聡・渡邉篤志・植平賢司・清水 洋・金澤敏彦・宮町宏樹・篠原雅尚・飯尾能久・岡田知己・高橋浩晃, 福岡県西方沖地震・震源域周辺の散乱体分布の推定, 平成17年度東京大学地震研究所特定共同研究B(2003-B-04)「リンスフェアの短波長不均質構造の物理的解釈」研究集会, 2006.01.
290. 九州大学地震火山観測研究センター, 九州の地震活動(2005年8月〜2005年10月), 第166回地震予知連絡会, 2005.11.
291. 清水 洋, 雲仙火山噴火と科学掘削, 日本地熱学会 平成17年雲仙大会, 2005.11.
292. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山における温泉観測, 第102回火山噴火予知連絡会, 2005.11, [URL].
293. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山の二酸化硫黄放出量, 第102回火山噴火予知連絡会, 2005.11, [URL].
294. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況(2005年6月〜2005年9月), 第102回火山噴火予知連絡会, 2005.11, [URL].
295. 岩崎貴哉・2003年九州日奈久断層域構造探査グループ, 九州日奈久断層域における上部・中部地殻構造 II, 日本地震学会2005年度秋季大会, 2005.10.
296. 飯尾能久・片尾 浩・上野友岳・Bogdan Enescu・平野憲雄・岡田知巳・内田直希・植平賢司・松本 聡・松島 健・清水 洋, 福岡県西方沖地震の余震の応力降下量分布, 日本地震学会2005年度秋季大会, 2005.10.
297. 酒井慎一・山田知朗・萩原弘子・篠原雅尚・金沢敏彦・高波鐵夫・日野亮太・清水 洋・尾鼻浩一郎・小平秀一・金田義行, 海底地震計による余震分布を用いて決めた2004年紀伊半島南東沖の地震の断層面, 日本地震学会2005年度秋季大会, 2005.10.
298. 渡邉篤志・松本 聡・松島 健・植平賢司・松尾のり道・清水 洋, 福岡県西方沖地震震源域周辺におけるS波偏向異方性, 日本地震学会2005年度秋季大会, 2005.10.
299. 堀 美緒・松本 聡・植平賢司・岡田知己・山田知朗・飯尾能久・篠原雅尚・宮町宏樹・高橋浩晃・中東和夫・渡邉篤志・松島 健・松尾のり道・金沢敏彦・清水 洋, 福岡県西方沖地震震源域における三次元地震波速度構造, 日本地震学会2005年度秋季大会, 2005.10.
300. 齊藤政城・松尾のり道・松島 健・清水 洋・福井理作・太田一也, 阿蘇火山からの二酸化硫黄放出量, 日本火山学会2005年度秋季大会, 2005.10.
301. 河野裕希・松島 健・清水 洋, 千々石カルデラと雲仙火山の活動, 日本火山学会2005年度秋季大会, 2005.10.
302. 金沢敏彦・金田義行・高波鉄夫・清水 洋・日野亮太・篠原雅尚・酒井慎一・村井芳夫・望月公広・山田知朗・植平賢司・西野 実, 2004年紀伊半島南東沖の地震の余震に関する調査研究, 第42回自然災害科学総合シンポジウム, 2005.09.
303. 九州大学地震火山観測研究センター, 九州の地震活動(2005年5月〜7月), 第165回地震予知連絡会, 2005.08.
304. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況(2004年10月〜2005年1月), 第101回火山噴火予知連絡会, 2005.06, [URL].
305. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山の二酸化硫黄放出量, 第101回火山噴火予知連絡会, 2005.06, [URL].
306. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山における温泉観測, 第101回火山噴火予知連絡会, 2005.06, [URL].
307. 松本 聡・堀 美緒・渡邉篤志・植平賢司・後藤和彦・片尾 浩・平田 直・岡田知己・高橋浩晃・清水 洋・是永将宏, 福岡県西方沖地震 不均質構造 (序報), 地球惑星科学関連学会2005年合同大会, 2005.05.
308. 植平賢司・堀 美緒・清水 洋・金沢敏彦・宮町宏樹・篠原雅尚・飯尾能久・岡田知己・高橋浩晃・亀 伸樹・松尾のり道・山田知朗・中東和夫・橋本信一・内田和也・齊藤政城, 福岡県西方沖地震 精密余震活動(序報), 地球惑星科学関連学会2005年合同大会, 2005.05.
309. 清水 洋・高橋浩晃・岡田知己・金沢敏彦・飯尾能久・宮町宏樹・松島 健・一柳昌義・内田直希・岩崎貴哉・片尾 浩・後藤和彦・松本 聡・平田 直・中尾 茂・植平賢司・篠原雅尚・, 福岡県西方沖地震・緊急観測の概要および地震活動, 地球惑星科学関連学会2005年合同大会, 2005.05.
310. 馬越孝道・新里紀子・大島光貴・松尾のり道・清水 洋, 1991 年5 月雲仙普賢岳溶岩ドーム出現時の地震活動, 地球惑星科学関連学会2005年合同大会, 2005.05.
311. 馬越孝道・高村奈巳・内田和也・松尾のり道・清水 洋, 1990-95 年雲仙岳噴火における溶岩ドーム形成期の地震活動, 地球惑星科学関連学会2005年合同大会, 2005.05.
312. 杉本 健・星住英夫・清水 洋, 雲仙眉山火山ボーリングコア試料の岩相記載と全岩化学分析, 地球惑星科学関連学会2005年合同大会, 2005.05.
313. Nakada, S., K. Uto, H. Shimizu, and S. Sakuma, Conduit zone and magma ascent: Unzen Scientific Drilling Project (USDP), 地球惑星科学関連学会2005年合同大会, 2005.05.
314. 宇都浩三・中田節也・清水 洋・佐久間澄夫・星住英夫, 雲仙科学掘削プロジェクトの成果, 地球惑星科学関連学会2005年合同大会, 2005.05.
315. 山本圭吾・井口正人・橋本武志・筒井智樹・田中 聡・青木陽介・鬼澤真也・渡辺俊樹・清水 洋・大倉敬宏・宮町宏樹・八木原 寛・平松秀行, 2004 年口永良部島火山人工地震探査データを用いた地震波速度構造解析, 地球惑星科学関連学会2005年合同大会, 2005.05.
316. 堀 美緒・清水 洋・植平賢司・松尾のり道, Double-Difference Tomography 法による雲仙火山のマグマ供給系のイメージング, 地球惑星科学関連学会2005年合同大会, 2005.05.
317. 河野裕希・松島 健・清水 洋, 雲仙火山周辺の地殻変動から推定される圧力源モデル, 地球惑星科学関連学会2005年合同大会, 2005.05.
318. 村越 匠・竹中博士・清水 洋・植平賢司, レシーバ関数による九州の地殻構造のイメージング, 地球惑星科学関連学会2005年合同大会, 2005.05.
319. 町田祐弥・高波鐵夫・村井芳夫・篠原雅尚・山田知朗・金沢敏彦・平田 直・酒井慎一・望月公廣・塩原 肇・西野 実・日野亮太・植平賢司・清水 洋・金田義行・三ケ田 均・末広 潔・渡, 大規模海底地震観測による2003 年十勝沖地震アスペリティ周辺の速度不均質構造, 地球惑星科学関連学会2005年合同大会, 2005.05.
320. 植平賢司・是永将宏・松本 聡・内田和也・松尾のり道・松島 健・清水 洋, 熊本県日奈久断層周辺域の応力場の推定, 地球惑星科学関連学会2005年合同大会, 2005.05.
321. 酒井慎一・山田知朗・萩原弘子・篠原雅尚・金沢敏彦・高波鐵夫・日野亮太・清水 洋・尾鼻浩一郎・小平秀一・金田義行, 2004年紀伊半島南東沖の地震の複雑な断層面, 地球惑星科学関連学会2005年合同大会, 2005.05.
322. 2003年九州日奈久断層域構造探査グループ・岩崎貴哉, 九州日奈久断層周辺域における上部・中部地殻構造, 地球惑星科学関連学会2005年合同大会, 2005.05.
323. 九州大学地震火山観測研究センター, 九州の地震活動(2005年2月〜2005年4月), 第164回地震予知連絡会, 2005.05.
324. 九州大学地震火山観測研究センター, 2005年3月20日福岡県西方沖地震(M7.0)の活動について, 第164回地震予知連絡会, 2005.05.
325. 九州大学地震火山観測研究センター, 福岡県西方沖地震の活動について, 第163回地震予知連絡会, 2005.04.
326. 九州大学地震火山観測研究センター, 熊本県日奈久断層周辺域における応力場の推定, 第162回地震予知連絡会, 2005.02.
327. 九州大学地震火山観測研究センター, 九州の地震活動, 第162回地震予知連絡会, 2005.02.
328. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況, 第100回火山噴火予知連絡会, 2005.02, [URL].
329. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山の二酸化硫黄放出量, 第100回火山噴火予知連絡会, 2005.02, [URL].
330. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山における温泉観測, 第100回火山噴火予知連絡会, 2005.02, [URL].
331. Sugimoto, T., H. Hoshizumi and H. Shimizu, Stratigraphy and Petrological Feature of the Borehole Cores from Mayuyama, Unzen Volcano, Japan, International Workshop on Unzen Scientific Drilling Project, 2005.02.
332. Umakoshi, K. N. Takamura, K. Uchida, N. Matsuwo and H. Shimizu, Seismicity during the growth of a dacite lava dome at Unzen Volcano, Japan, International Workshop on Unzen Scientific Drilling Project, 2005.02.
333. Umakoshi, K.,N. Shinzato, M. Ohshima, N. Matsuwo and H. Shimizu, Seismicity associated with the emergence of a dacite lava dome at Unzen Volcano, Japan, International Workshop on Unzen Scientific Drilling Project, 2005.02.
334. Nakada, S., S. Sakuma, K. Uto, H. Shimizu, M. Yoshimoto, T. Sugimoto, M. Kurokawa, T. Shimano, Y. Goto, H. Hoshizumi, K. Oguri, S. Nakai, and S. Noguchi, Real images and petrology of magmatic conduit: results of the conduit drilling at Unzen, International Workshop on Unzen Scientific Drilling Project, 2005.02.
335. Uto,K., S. Nakada, H. Shimizu, S. Sakuma and H. Hoshizumi, Overview and the achievement of the Unzen Scientific Drilling Project, International Workshop on Unzen Scientific Drilling Project, 2005.02.
336. Shimizu, H.,S. Matsumoto, T. Matsushima, K. Uehira, N. Matsuwo, A. Watanabe, Y. Kohno, K. Matsumoto and K. Umakoshi, Imaging of the subsurface structure and magma feeding system of Unzen Volcano, International Workshop on Unzen Scientific Drilling Project, 2005.02.
337. Korenaga, M., S. Matsumoto and S. Shimizu, Three dimensional seismic velocity structure around the Futagawa-Hinagu fault zone, Kumamoto prefecture, by Double-Difference Tomography, 3rd International Seminar on Seismic Tomography of Far-East Asia and Related Works, 2004.12.
338. 清水 洋, 雲仙火山の地震学的構造, 雲仙火山の地震学的構造,特定領域研究「火山爆発の発生場と発生過程」研究集会, 2004.12.
339. Kohno, Y., T. Matsushima and H. Shimizu, The Pressure Sources Beneath Unzen Volcano Inferred From Geodesic Survey, 2004 AGU Fall Meeting, 2004.12.
340. Nakada, S., S. Sakuma, K. Uto, H. Shimizu and J. C. Eichelberger, Real Images of Magmatic Conduit: Progress of the Conduit Drilling in Unzen, 2004 AGU Fall Meeting, 2004.12.
341. Uto, K., S. Nakada, H. Shimizu, S. Sakuma and H. Hoshizumi, Overview and the achievement of the Unzen Scientific Drilling Project, 2004 AGU Fall Meeting, 2004.12.
342. 九州大学地震火山観測研究センター, 九州の地震活動, 第161回地震予知連絡会, 2004.11.
343. 九州大学地震火山観測研究センター, 新潟県中越地震関連資料, 第161回地震予知連絡会, 2004.11.
344. 清水 洋, 雲仙の火山活動, 応用地質学会九州支部研究発表会, 2004.11.
345. 松本 聡・渡邉篤志・2003年九州日奈久断層域構造探査グループ, アレイ観測に基づく布田川−日奈久断層系周辺のP波散乱体分布イメージング, 日本地震学会2004年度秋季大会, 2004.10.
346. 植平賢司・内田和也・松尾のり道・清水 洋, 応力テンソルインバージョン法により推定された日向灘における主応力のパターン, 日本地震学会2004年度秋季大会, 2004.10.
347. 岩崎貴哉・2003年九州日奈久断層域構造探査グループ, 屈折・広角反射法探査による九州,日奈久断層域の地殻構造, 日本地震学会2004年度秋季大会, 2004.10.
348. 是永将宏・松本 聡・清水 洋, Double-Differenc Tomography法による布田川−日奈久断層帯周辺の3次元地震波速度構造, 日本地震学会2004年度秋季大会, 2004.10.
349. 植木貞人・清水 洋・内田和也・前川徳光・渡辺秀文・須藤靖明・吉川 慎・宮町宏樹・石原和弘, 雲仙火山1991-1995年溶岩ドーム形成期に観測された重力変化, 日本火山学会2004年度秋季大会, 2004.10.
350. 中田節也・佐久間澄夫・宇都浩三・清水 洋, 火道の実態:雲仙火山火道掘削の成果(1), 日本火山学会2004年度秋季大会, 2004.10.
351. 河野裕希・松島 健・内田和也・清水 洋・松尾のり道・植平賢司・松本 聡, 2004年水準測量から推定される雲仙火山の収縮, 日本火山学会2004年度秋季大会, 2004.10.
352. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況, 第99回火山噴火予知連絡会, 2004.10, [URL].
353. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山における温泉観測, 第99回火山噴火予知連絡会, 2004.10, [URL].
354. 清水 洋, 雲仙火山の地震学的構造, 雲仙科学掘削夏の学校, 2004.09.
355. Okubo, A., Y. Tanaka, T. Nakatsuka, M. Utsugi, N. Kitada, H. Shimizu and T. Matsushima, Aeromagnetic Study of Unzen Volcano, Kyushu, Japan (2), 116th SGEPSS Fall Meeting, 2004.09.
356. 九州大学地震火山観測研究センター, 九州の地震活動, 第158回地震予知連絡会, 2004.08.
357. Uehira, K., H. Shimizu, N. Matsuwo, M. Nishino, R. Hino, K. Mochizuki, T. Yamada, K. Umakoshi, H. Yakiwara and H. Miyamachi, Seismotrctonics in Hyuga-nada Region, Japan, by Using Dense Ocean Bottom Seismometer Network, 2004 Western Pacific Geophysics Meeting, 2004.08.
358. Watanabe, A., S. Matsumoto and H. Shimizu, Imaging of the scatterer distribution beneath Unzen Volcano, 2004 Western Pacific Geophysics Meeting, 2004 Western Pacific Geophysics Meeting, 2004.08.
359. Okubo, A., Y. Tanaka, M. Utsugi, N. Kitada, H. Shimizu and T. Matsushima, Magnetic structure of Unzen volcano determined from high-resolution aeromagnetic surveys, 2004 Western Pacific Geophysics Meeting, 2004.08.
360. Shimizu, H., S. Matsumoto, T. Matsushima, N. Matsuwo, K. Uehira, A. Watanabe, Y. Kohno, K. Matsumoto and K. Umakoshi, Imaging of Magma Supplying System of Unzen Volcano, 2004 Western Pacific Geophysics Meeting, 2004.08.
361. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況, 第98回火山噴火予知連絡会, 2004.06, [URL].
362. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山の二酸化硫黄放出量, 第98回火山噴火予知連絡会, 2004.06, [URL].
363. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇火山における温泉観測, 第98回火山噴火予知連絡会, 2004.06, [URL].
364. 九州大学地震火山観測研究センター, 2004年雲仙岳水準測量結果, 第98回火山噴火予知連絡会, 2004.06, [URL].
365. Shimizu, H., Emergency Management in the 1990-1995 Eruption of Unzen Volcano, International Symposium on “Reducing Volcanic Risk in Islands”, 2004.06.
366. 大久保綾子・田中良和・宇津木 充・清水 洋・松島 健, 低高度な高密度空中磁気探査から推定される雲仙地溝の磁化構造, 物理探査学会第110回(平成16年度春季)学術講演会, 2004.05.
367. 山田知朗・篠原雅尚・金沢敏彦・平田 直・渡邊智毅・金田義行・高波鐵夫・三ヶ田 均・末広 潔・酒井慎一・植平賢司・村井芳夫・高橋成実・西野 実・望月公廣・佐藤 壮・荒木英一, 稠密海底地震計ネットワークによる2003年十勝沖地震の余震観測, 地球惑星科学関連学会2004年合同大会, 2004.05.
368. 高木朗充・清水 洋・中禮正明, 稠密GPS 観測による伊豆大島火山のマグマ蓄積過程, 地球惑星科学関連学会2004年合同大会, 2004.05.
369. 堀 美緒・河野裕希・松島 健・清水 洋・鬼澤真也・平林順一・野上健治,草津白根集中観測 人工地震探査グループ,筒井智樹, 草津白根火山における火山性地震の震源分布, 地球惑星科学関連学会2004年合同大会, 2004.05.
370. 渡邉篤志・松本 聡・清水 洋・松尾のり道・植平賢司, 自然地震で見る雲仙火山周辺の反射面, 地球惑星科学関連学会2004年合同大会, 2004.05.
371. 大久保綾子・田中良和・宇津木 充・清水 洋・松島 健, 空中磁気データを用いた雲仙火山における磁化構造, 地球惑星科学関連学会2004年合同大会, 2004.05.
372. 松本 薫・清水 洋・松尾のり道・松島 健, 雲仙火山の地震波減衰構造, 地球惑星科学関連学会2004年合同大会, 2004.05.
373. 村越 匠・竹中博士・清水 洋・植平賢司・安藤利彦, レシーバ関数による九州の地殻および最上部マントル構造のイメージング, 地球惑星科学関連学会2004年合同大会, 2004.05.
374. 中田節也・佐久間澄夫・宇都浩三・清水 洋, マグマ脱ガス過程を解明する雲仙火道掘削の進捗状況, 地球惑星科学関連学会2004年合同大会, 2004.05.
375. 田原道崇・清水 洋・中田正夫, sP depth phase を用いた日向灘域の震源再決定, 地球惑星科学関連学会2004年合同大会, 2004.05.
376. 九州大学地震火山観測研究センター, 九州の地震活動, 第157回地震予知連絡会, 2004.05.
377. 大久保綾子・田中良和・宇津木充・北田直人・清水 洋・松島 健, 雲仙火山における低高度な高密度空中磁気探査, 京都大学防災研究所講演会, 2004.02.
378. 九州大学地震火山観測研究センター, 九州の地震活動, 第155回地震予知連絡会, 2004.02.
379. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況, 第97回火山噴火予知連絡会, 2004.01, [URL].
380. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇山における温泉観測, 第97回火山噴火予知連絡会, 2004.01, [URL].
381. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇山における二酸化硫黄放出量, 第97回火山噴火予知連絡会, 2004.01, [URL].
382. 大久保綾子・田中良和・宇津木充・北田直人・清水 洋・松島 健, High-Resolution, Low-Altitude Helicopter-Borne Aeromagnetic Survey over Unzen Volcano, Kyushu, Japan, Conductivity Anomaly研究会, 2003.12.
383. 河野裕希・松島 健 ・清水 洋・植平賢司・松尾のり道, 雲仙火山周辺の地殻変動から推定された圧力源モデル, 第17回KS-What研究会, 2003.12.
384. 福井理作・清水 洋・松尾のり道・太田一也, 阿蘇山における化学観測, 第17回KS-What研究会, 2003.12.
385. 九州大学地震火山観測研究センター, 九州の地震活動, 第154回地震予知連絡会, 2003.11.
386. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇山における二酸化硫黄放出量, 第96回火山噴火予知連絡会, 2003.10, [URL].
387. 九州大学地震火山観測研究センター, 阿蘇山における温泉観測, 第96回火山噴火予知連絡会, 2003.10, [URL].
388. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況, 第96回火山噴火予知連絡会, 2003.10, [URL].
389. 大久保綾子・田中良和・宇津木 充・北田直人・清水 洋・松島 健, 低高度な高密度空中磁気測量から推定される雲仙火山とその周辺の磁化構造, 地球電磁気・地球惑星圏学会第114回講演会, 2003.10.
390. 大久保 綾子・田中良和・宇津木 充・北田直人・清水 洋・松島 健, 低高度な高密度空中磁気測量から推定される雲仙火山とその周辺の磁化構造, 物理探査学会第109回学術講演会, 2003.10.
391. 是永将宏・清水 洋・松本 聡, 布田川-日奈久断層帯における3次元地震波速度構造(2), 日本地震学会2003年度秋季大会, 2003.10.
392. 松本 聡・渡邉篤志・植平賢司・松島 健・是永将宏・清水 洋, 小アレイ観測による布田川-日奈久断層系周辺の不均質構造検出, 日本地震学会2003年度秋季大会, 2003.10.
393. 九州大学地震火山観測研究センター, 九州の地震活動, 第153回地震予知連絡会, 2003.08.
394. Hiroshi SHIMIZU, Norimichi MATSUWO, Takeshi MATSUSHIMA, Kenji UEHIRA, Satoshi MATSUMOTO, Kodo UMAKOSHI, SEISMOLOGICAL STUDY ON THE MAGMA ASCENT PATH OF UNZEN VOLCANO, IUGG2003, 2003.07.
395. Kenji UEHIRA, Hiroshi SHIMIZU, Norimichi MATSUWO, Minoru NISHINO,Ryota HINO, Kimihiro MOCHIZUKI, Kodo UMAKOSHI, Hiroshi YAKIWARA,Hiroki MIYAMACHI, SEISMICITY IN HYUGA-NADA BY TEMPORARY SEISMOLOGICAL OBSERVATION BOTH OF SEA AND LAND AREA, IUGG2003, 2003.07.
396. Takumi MURAKOSHI, Hiroshi TAKENAKA, Sadaomi SUZUKI, Hiroshi SHIMIZU,Kenji UEHIRA, SEISMIC STRUCTURE OF THE CRUST AND UPPERMOST MANTLE BENEATH KYUSHU, JAPAN AS INFERRED FROM RECEIVER FUNCTION ANALYSIS, IUGG2003, 2003.07.
397. Yuhki KOHNO, Takeshi MATSUSHIMA, Hiroshi SHIMIZU, Kenji UEHIRA, Norimichi MATSUWO, PRESSURE SOURCES BENEATH UNZEN VOLCANO INFERRED FROM GEODESIC SURVEY, IUGG2003, 2003.07.
398. Atsushi WATANABE, Satoshi MATSUMOTO, Kenji UEHIRA, Norimichi MATSUWO, Hiroshi SHIMIZU, FAN-SHOOTING REFLECTION PROFILE IN UNZEN VOLCANO, IUGG2003, 2003.07.
399. Satoshi MATSUMOTO, Hiroshi SHIMIZU, Kenji UEHIRA, Norimichi MATSUWO, Masazumi ONISHI, CONDUIT IMAGING FOR UNZEN VOLCANO, KYUSHU, JAPAN BY SEISMIC REFLECTION SURVEY, IUGG2003, 2003.07.
400. Okubo, A. , Y. Tanaka, N. Kitada, M. Utsugi, H. Shimizu, T. Matsushima, Aeromagnetic Survey Over Unzen Volcano, IUGG2003, 2003.07.
401. Okubo, A., Y. Tanaka, M. Utsugi, N. Kitada, H. Shimizu, and T. Matsushima, HighResolution, Low-Altitude Helicopter-Borne Aeromagnetic Survey over Unzen Volcano, Kyushu, Japan, IUGG2003, 2003.07.
402. Uto, K. , S. Nakada, H. Hoshizumi, H.Shimizu, Overview Of The Unzen Scientific Drilling Project And The Result Of Phase I, IUGG2003, 2003.07.
403. Umakoshi, K., H. Shimizu, N. Matsuwo, Seismic Activity Associated With The Endogenous Growth Of Lava Dome At Unzen Volcano Japan, IUGG2003, 2003.07.
404. Ohshima, M. , H. Shimizu, N. Matsuwo, K. Umakoshi, Redetermination Of Hypocenters By Use Of Tree-Dimensional Velocity Structure In Unzen Volcano, IUGG2003, 2003.07.
405. 九州大学地震火山観測研究センター, 雲仙岳火山活動状況, 第95回火山噴火予知連絡会, 2003.05, [URL].
406. 九州大学地震火山観測研究センター, 九州の地震活動, 第152回地震予知連絡会, 2003.05.
407. 是永将宏・清水 洋・植平賢司・渡邉篤志, 布田川-日奈久断層帯における3次元地震波速度構造, 地球惑星科学関連学会2003年合同大会, 2003.05.
408. 松本 聡・清水 洋・植平賢司・松尾のり道・大西正純, 反射法地震探査による雲仙火山の浅部構造, 地球惑星科学関連学会2003年合同大会, 2003.05.
409. 松本 薫・清水 洋, 雲仙火山周辺の減衰構造, 地球惑星科学関連学会2003年合同学会, 2003.05.
410. 植平賢司・清水 洋・内田和也・松尾のり道・西野 実・日野亮太・望月公廣・篠原雅尚・金沢敏彦・馬越孝道・合田政次・八木原 寛・平野舟一郎・宮町宏樹・後藤和彦, 海陸臨時観測による日向灘の微小地震活動 (2), 地球惑星科学関連学会2003年合同大会, 2003.05.
411. 河野裕希・松島 健・清水 洋・植平賢司・松尾のり道, 雲仙火山の圧力推定, 地球惑星科学関連学会2003年合同大会, 2003.05.
412. 村越 匠・竹中博士・鈴木貞臣・清水 洋・植平賢司, レシーバ関数解析から推定した九州の地殻および最上部マントルの地震波速度構造, 地球惑星科学関連学会2003年合同大会, 2003.05.
413. A. Watanabe, S. Matsumoto, N. Matsuwo, K. Uehira, H. Shimizu, Imaging of reflectors beneath Unzen Volcano using vibratory sources, 地球惑星科学関連学会2003年合同大会, 2003.05.
414. 松島 健・清水 洋・植平賢司・佐藤文男・齊藤幸賢, 2002年伊豆鳥島噴火後の地震活動, 地球惑星科学関連学会2003年合同大会, 2003.05.
415. 大久保綾子・田中良和・北田直人・宇津木 充・清水 洋・松島 健, 雲仙火山における空中磁気測量について, 平成14年度京都大学防災研究所研究発表会, 2003.02.
416. 植平賢司・清水 洋・内田和也・松尾のり道・西野 実・日野亮太・望月公廣・篠原雅尚・金澤敏彦・馬越孝道・合田政次・八木原 寛・平野舟一郎・宮町宏樹・後藤和彦, 海陸臨時観測による日向灘の微小地震活動, 日本地震学会2002年度秋季大会, 2002.11.
417. 松本 聡・植平賢司・松尾のり道・中村めぐみ・清水 洋・内田和也・福井理作・小原一成, 雲仙岳・南千本木における稠密地震計アレイ観測による不均質構造推定, 日本地震学会2002年度秋季大会, 2002.11.
418. 渡邉篤志・松本 聡・植平賢司・清水 洋, 雲仙火山下に見られる反射面, 日本地震学会2002年度秋季大会, 2002.11.
419. 松本 聡・植平賢司・清水 洋・松尾のり道・大西 正純, 雲仙火山における反射法地震探査(2), 日本火山学会2002年度秋季大会, 2002.10.
420. 渡邉篤志.松本 聡,植平賢司・清水 洋, 雲仙火山下の反射面 -反射法震源を利用して-, 日本火山学会2002年度秋季大会, 2002.10.
421. 大島光貴・清水 洋・松尾のり道・馬越孝道・西 潔, 雲仙火山における3次元速度構造を用いた震源再決定, 日本火山学会2002年度秋季大会, 2002.10.
422. 中村めぐみ・植平賢司・松本 聡・清水 洋・松尾のり道, 稍深発地震中に見られる変換波を用いた九州地方及びその周辺におけるモホ面推定, 地球惑星科学関連学会2002年合同大会, 2002.05.
423. 清水 洋・松本 聡・植平賢司・松尾のり道・大西正純, 制御震源を用いた雲仙火山における火道探査実験, 地球惑星科学関連学会2002年合同大会, 2002.05.
424. 中田節也・宇都浩三・清水 洋, 雲仙火山火道掘削の科学的ターゲット, 地球惑星科学関連学会2002年合同大会, 2002.05.
425. 筒井智樹・松本 聡・清水 洋, 雲仙火山の浅部構造に対する擬似反射記録法の適用の試み, 地球惑星科学関連学会2002年合同大会, 2002.05.
426. 宇都浩三・中田節也・星住英夫・清水 洋, 雲仙科学掘削プロジェクト第1期の成果と第2期への展望, 地球惑星科学関連学会2002年合同大会, 2002.05.
427. S. Matsumoto, K. Uehira, H. Shimizu, N. Matsuwo, M. Onishi, Seismic reflection survey around Unzen Volcano, 地球惑星科学関連学会2002年合同大会, 2002.05.
428. M. Tahara, M. Nakada, H. Shimizu, S. Nagaoka, K. Uehira, S. Suzuki, Crustal rebound inferred from gravity anomalies and uplifted Late Pleistocene marine terraces n the eastern part of Kyushu, Japan., 地球惑星科学関連学会2002年合同大会, 2002.05.
429. 松島 健・内田和也・清水 洋・植平賢司・松尾のり道・松本 聡, 水準測量データから推定される雲仙岳深部のマグマ供給源について, 日本火山学会2001年度秋季大会, 2001.10.
430. 中村めぐみ・松本 聡・植平賢司・清水 洋, 稍深発地震の地震記録中に見られる変換波を用いた九州地方における変換面の推定, 地球惑星科学関連学会2001年合同大会, 2001.06.
431. 清水 洋・植平賢司・後藤和彦, 四国・中国西端から九州にかけての深発地震面の形状と発震機構, 日本地震学会2000年度秋季大会, 2000.11.
432. 植平賢司・松尾のり道・松島 健・松本 聡・内田和也・福井理作・栗山 都・清水 洋, 熊本県中部・日奈久断層北端付近の地震活動, 日本地震学会2000年度秋季大会, 2000.11.
433. 松本 聡・植平賢司・松島 健・松尾のり道・清水 洋, 熊本県中部・日奈久断層周辺に見られる地殻内地震波反射面, 日本地震学会2000年度秋季大会, 2000.11.
434. 植平賢司・松島 健・松尾のり道・栗山 都・清水 洋, 九州中部の地震活動, 地球惑星科学関連学会2000年合同大会, 2000.06.
435. 松島 健・清水 洋・植平 賢司・松尾 のり道, 雲仙火山の再膨張について, 地球惑星科学関連学会2000年合同大会, 2000.06.
436. 植平賢司・松島 健・清水 洋, 無人島でも使える定常地震観測システムの開発, 1999年地球惑星科学関連学会合同大会, 1999.06.
437. 清水 洋・植平賢司・松島 健・松尾のり道・福井理作・八木原 寛・後藤和彦, 九州における深発地震面の形状と発震機構, 1999年地球惑星科学関連学会合同大会, 1999.06.
438. 千藏ひろみ, 松本 聡, 大倉敬宏, 宮崎真大, 安部祐希, 清水 洋, 井上寛之, 中元真美, 吉川慎, 山下裕亮, 植平 賢司, 発震機構解から推定した九州内陸の応力場と間隙水圧分布, 2012年日本地球惑星科学連合.
439. 宮崎真大, 松本 聡, 清水 洋, 植平 賢司, 反射波を用いた豊後水道下のプレート境界付近の不均質構造, 2012年日本地球惑星科学連合.
440. 山中佳子, 中道治久, 寺川寿子, 奥田隆, 堀川信一郎, 山崎文人, 松本 聡, 清水 洋, 山頂を挟む東西地震計アレイで見た2011年新燃岳噴火活動, 2012年日本地球惑星科学連合.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」