九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
副島 雄児(そえじま ゆうじ) データ更新日:2020.05.27



教育活動概要
大学院教育:九州大学博士号主査6件、九州大学博士号副査4件、九州大学修士論文指導30名。
学部教育・基幹教育:物理学概論B、基幹教育セミナー、課題協学科目、21世紀プログラムチュートリアル、課題提示科目、プログラム・ゼミを担当。
教科書執筆等:物理を教える(丸善出版)、基幹物理(培風館;共著)、プライマリー力学(学術図書)、物理科学入門1(学術図書)、物理科学入門2(学術図書)、基礎物理学シリーズ力学(講談社)、日常と非日常の物理学(学術図書)
担当授業科目
2020年度・夏学期, 誘導現象の科学.

2020年度・後期, プログラム・ゼミⅧ.

2020年度・前期, プログラム・ゼミⅦ.

2020年度・後期, チュートリアルⅧ.

2020年度・前期, チュートリアルⅦ.

2020年度・通年, 海外活動B2.

2020年度・通年, 海外活動B1.

2020年度・通年, 海外活動A2.

2020年度・通年, 海外活動A1.

2020年度・冬学期, 異文化対応2.

2020年度・秋学期, 異文化対応2.

2020年度・夏学期, 異文化対応2.

2020年度・春学期, 異文化対応2.

2020年度・冬学期, 量子現象科学論.

2020年度・通年, 海外活動A2.

2020年度・通年, 海外活動A1.

2020年度・夏学期, 基幹教育セミナー.

2020年度・通年, レクチャーシリーズ.

2019年度・冬学期, 量子現象科学論.

2019年度・春学期, 異文化対応2.

2019年度・夏学期, 異文化対応2.

2019年度・秋学期, 異文化対応2.

2019年度・冬学期, 異文化対応2.

2019年度・通年, 海外活動A1.

2019年度・通年, 海外活動A2.

2019年度・通年, 海外活動B1.

2019年度・通年, 海外活動B2.

2019年度・通年, レクチャーシリーズ.

2019年度・夏学期, 基幹教育セミナー.

2019年度・前期, チュートリアルⅤ.

2019年度・後期, チュートリアルⅥ.

2019年度・前期, チュートリアルⅦ.

2019年度・後期, チュートリアルⅧ.

2019年度・前期, プログラム・ゼミⅤ.

2019年度・後期, プログラム・ゼミⅥ.

2019年度・前期, プログラム・ゼミⅦ.

2019年度・後期, プログラム・ゼミⅧ.

2018年度・後期, プログラム・ゼミⅧ.

2018年度・後期, 物理学概論B.

2018年度・後期, プログラム・ゼミナール Ⅱ・Ⅳ.

2018年度・前期, 基幹教育セミナー.

2018年度・通年, チュートリアル Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ・Ⅶ・Ⅷ.

2017年度・後期, 物理学概論B.

2017年度・前期, 基幹教育セミナー.

2017年度・通年, チュートリアル Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ・Ⅶ・Ⅷ.

2017年度・前期, プログラム・ゼミナール Ⅰ・Ⅲ.

2016年度・前期, プログラム・ゼミナール Ⅰ・Ⅲ.

2016年度・通年, プログラム・ゼミナール Ⅴ・Ⅵ・Ⅶ・Ⅷ.

2016年度・通年, チュートリアル Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ・Ⅶ・Ⅷ.

2016年度・前期, 基幹教育セミナー.

2016年度・後期, 課題協学科目A.

2016年度・後期, 物理学概論B.

2015年度・通年, プログラム・ゼミナール Ⅴ・Ⅵ・Ⅶ・Ⅷ.

2015年度・前期, プログラム・ゼミナール Ⅰ・Ⅲ.

2015年度・前期, 基幹教育セミナー.

2015年度・後期, 課題協学科目A.

2015年度・後期, 物理学概論B.

2015年度・通年, チュートリアル Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ・Ⅶ・Ⅷ.

2014年度・通年, チュートリアル Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ・Ⅶ・Ⅷ.

2014年度・後期, 物理学概論B.

2014年度・後期, 課題協学科目A.

2014年度・前期, 基幹教育セミナー.

2014年度・通年, プログラム・ゼミナール Ⅴ・Ⅵ・Ⅶ・Ⅷ.

2014年度・前期, プログラム・ゼミナール Ⅰ・Ⅲ.

2013年度・通年, プログラム・ゼミナール Ⅴ・Ⅵ・Ⅶ・Ⅷ.

2013年度・通年, チュートリアル Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ・Ⅶ・Ⅷ.

2013年度・前期, プログラム・ゼミナール Ⅰ・Ⅲ.

2013年度・前期, 力学基礎演習.

2013年度・前期, 力学基礎.

2012年度・通年, プログラム・ゼミナール Ⅴ・Ⅵ・Ⅶ・Ⅷ.

2012年度・通年, チュートリアル Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ・Ⅶ・Ⅷ.

2012年度・後期, 少人数ゼミナール.

2012年度・後期, プログラム・ゼミナール Ⅱ.

2012年度・前期, 課題提示科目Ⅱ.

2012年度・前期, 課題提示科目Ⅰ.

2012年度・前期, プログラム・ゼミナール Ⅰ・Ⅲ.

2012年度・前期, 力学基礎演習.

2012年度・前期, 力学基礎.

2011年度・通年, プログラム・ゼミナール Ⅴ・Ⅵ・Ⅶ・Ⅷ.

2011年度・前期, コアセミナー.

2011年度・後期, 課題提示科目Ⅲ.

2011年度・通年, チュートリアル Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ・Ⅶ・Ⅷ.

2011年度・前期, プログラム・ゼミナール Ⅰ・Ⅲ.

2011年度・前期, 力学基礎演習.

2011年度・前期, 力学基礎.

2010年度・前期, 力学基礎演習.

2010年度・前期, 力学基礎.

2010年度・通年, プログラム・ゼミナール Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ.

2010年度・通年, チュートリアル Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ・Ⅶ・Ⅷ.

2010年度・後期, 課題提示科目Ⅳ.

2009年度・後期, 課題提示科目Ⅳ.

2009年度・前期, 力学基礎.

2009年度・前期, 力学基礎演習.

2009年度・通年, チュートリアル Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ・Ⅶ・Ⅷ.

2009年度・通年, プログラム・ゼミナール Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ.

2008年度・通年, プログラム・ゼミナール Ⅴ・Ⅵ・Ⅶ・Ⅷ.

2008年度・通年, プログラム・ゼミナール Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ.

2008年度・通年, チュートリアル Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ・Ⅶ・Ⅷ.

2008年度・後期, 課題提示科目Ⅱ.

2008年度・前期, 力学基礎演習.

2008年度・前期, 力学基礎.

2007年度・前期, 力学基礎.

2007年度・前期, 力学基礎演習.

2007年度・前期, 自然科学総合実験.

2007年度・後期, 課題提示科目Ⅳ.

2007年度・通年, チュートリアル Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ・Ⅶ・Ⅷ.

2006年度・前期, 力学基礎.

2006年度・前期, 力学基礎演習.

2006年度・後期, 課題提示科目Ⅳ.

2006年度・後期, 総合科学実験.

2006年度・通年, チュートリアル Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ・Ⅶ・Ⅷ.

2006年度・通年, プログラム・ゼミⅤ・Ⅵ・Ⅶ・Ⅷ.

2006年度・前期, 課題提示科目Ⅱ.

2005年度・前期, 課題提示科目Ⅱ.

2005年度・前期, 力学基礎.

2005年度・通年, チュートリアルⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ.

2005年度・通年, プログラム・ゼミ.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2016.03, 部局, 参加, 基幹教育FD.

2016.02, 部局, 参加, 課題協学科目FD.

2015.03, 部局, 参加, 物理学概論FD.

2011.04, 全学, 参加, 初任者研修.

2010.09, 全学, 参加, 学生の「学力」と「学ぶ力」はどのように変わったか.

2010.04, 全学, 参加, 初任者研修.

2009.09, 全学, その他, 体験活動を通じた学習成果の達成について.

2009.04, 全学, 参加, 初任者研修.

2008.09, 全学, 参加, 学生の修学情報の管理・活用を通じた教育実践.

2008.04, 全学, 参加, 初任者研修.

2008.01, 全学, 参加, 教育GPを通じた教育改革.

2007.09, 全学, 司会, 認証評価で見出された九州大学の教育課題と今後の対応.

2006.09, 全学, 司会, コアセミナーの目標と課題.

2005.12, 全学, 司会, TAのあり方.

2005.09, 全学, 参加, 大学評価を知る.

2005.03, 全学, 司会, 大学院教育の新展開.

2004.12, 全学, 司会, 18年度問題とその対応.

2004.09, 全学, 司会, GAP制度の導入に向けて.

2003.12, 全学, 司会, 九州大学における言語文化文化科目の教育内容の改善に向けて.

2003.09, 全学, 司会, 適正な成績評価のあり方とその実現に向けて.

学生のクラス指導等
2020年度, 学部, 21世紀プログラム.

2020年度, 学部, 共創学部.

2019年度, 学部, 21世紀プログラム.

2019年度, 学部, 共創学部.

2018年度, 学部, 共創学部.

2018年度, 学部, 21世紀プログラム.

2017年度, 学部, 21世紀プログラム.

2016年度, 学部, 21世紀プログラム.

2015年度, 学部, 21世紀プログラム.

2014年度, 学部, 21世紀プログラム.

2013年度, 学部, 21世紀プログラム.

2012年度, 学部, 21世紀プログラム.

2011年度, 学部, 21世紀プログラム.

2010年度, 学部, 21世紀プログラム.

2009年度, 学部, 21世紀プログラム.

2008年度, 学部, 21世紀プログラム.

2007年度, 学部, 21世紀プログラム.

2006年度, 学部, 21世紀プログラム.

2005年度, 学部, 21世紀プログラム.

2004年度, 学部, 21世紀プログラム.

2003年度, 学部, 21世紀プログラム.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2012年度, 福岡大学・理学部, 後期・木曜日3時限, 非常勤講師, 国内.

2012年度, 福岡大学・理学部, 後期・木曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2012年度, 福岡大学・理学部, 前期・火曜日3時限, 非常勤講師, 国内.

2012年度, 福岡大学・理学部, 前期・火曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2011年度, 福岡大学・理学部, 後期・木曜日3時限, 非常勤講師, 国内.

2011年度, 福岡大学・理学部, 後期・木曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2011年度, 福岡大学・理学部, 前期・火曜日3時限, 非常勤講師, 国内.

2011年度, 福岡大学・理学部, 前期・火曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2010年度, 福岡大学・理学部, 後期・木曜日3時限, 非常勤講師, 国内.

2010年度, 福岡大学・理学部, 後期・木曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2010年度, 福岡大学・理学部, 前期・火曜日3時限, 非常勤講師, 国内.

2010年度, 福岡大学・理学部, 前期・火曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2009年度, 熊本大学理学部, 後期 集中講義(11月24日~27日), 非常勤講師, 国内.

2009年度, 放送大学, 後期 集中講義(11月28日・29日), 非常勤講師, 国内.

2009年度, 福岡大学・理学部, 後期、木曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2009年度, 福岡大学・理学部, 後期、火曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2009年度, 福岡大学・理学部, 前期、火曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2009年度, 福岡大学・理学部, 前期、木曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2008年度, 福岡大学・理学部, 後期、木曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2008年度, 福岡大学・理学部, 後期、火曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2008年度, 福岡大学・理学部, 前期、木曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2008年度, 福岡大学・理学部, 前期、火曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2008年度, 放送大学, 前期 集中講義, 非常勤講師, 国内.

2007年度, 福岡大学・理学部, 前期、木曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2007年度, 福岡大学・理学部, 前期、火曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2007年度, 福岡大学・理学部, 後期、木曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2007年度, 福岡大学・理学部, 後期、火曜日1・2時限, 非常勤講師, 国内.

2006年度, 放送大学, 集中対面講義, 非常勤講師, 国内.

2006年度, 福岡大学・理学部, 前期、木曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2006年度, 福岡大学・理学部, 後期、木曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2006年度, 大分大学・工学部, 後期、集中講義(4日間), 非常勤講師, 国内.

2005年度, 福岡大学・理学部, 前期、木曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2005年度, 福岡大学・理学部, 後期、木曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2004年度, 福岡大学・理学部, 前期、木曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2004年度, 福岡大学・理学部, 後期、木曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2003年度, 福岡大学・理学部, 前期、木曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2003年度, 福岡大学・理学部, 前期、木曜日4・5時限, 非常勤講師, 国内.

2003年度, 福岡大学・理学部, 後期、木曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2002年度, 福岡大学・理学部, 前期、木曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2002年度, 福岡大学・理学部, 前期・木曜日4・5時限, 非常勤講師, 国内.

2002年度, 福岡大学・理学部, 後期、木曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2002年度, 福岡大学・理学部, 後期、4・5時限, 非常勤講師, 国内.

2002年度, 大分大学・工学部, 4日間, 集中講義, 国内.

2002年度, 大分大学・工学部, 4日間, 集中講義, 国内.

2002年度, 大分大学・工学研究科, 4日間, 集中講義, 国内.

2000年度, 東京工業大学・応用セラミックス研究所, 3日間, 集中講義, 国内.

国際教育イベント等への参加状況等
2019.09, SEMINAR ON FUTURE CREATORS IN SCINECE BETWEEN KYUSHU UNIVERSITY AND HANOI UNIVERSITY OF SCIENCE
, ベトナム・ハノイ, 九州大学・ベトナム国家大学, 40.

2019.09, SEMINAR ON FUTURE CREATORS IN SCINECE in USA, アメリカ合衆国・フラッグスタッフ, 九州大学・北アリゾナ大学, 60.

2018.09, ICUR(学部学生研究国際発表会), オーストラリア他7大学, モナシュ大学(オーストラリア), 60.

2017.09, ICUR(学部学生研究国際発表会), オーストラリア他7大学, モナシュ大学(オーストラリア), 60.

2016.09, ICUR(学部学生研究国際発表会), オーストラリア他7大学, モナシュ大学(オーストラリア), 60.

2015.09, ICUR(学部学生研究国際発表会), オーストラリア他7大学, モナシュ大学(オーストラリア), 60.

2004.10, 韓国科学少年フェスティバル, 韓国・ソウル, 韓国少年科学オリンピック委員会, 800.

2002.10, 韓国科学少年フェスティバル, 韓国・ソウル, 韓国少年科学オリンピック委員会, 600.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」