九州大学 研究者情報
発表一覧
今野 拓也(こんの たくや) データ更新日:2022.05.31

准教授 /  数理学研究院


学会発表等
1. 今野拓也, Adele群のよいコンパクト部分群の存在, 熊本保型型式ミニ研究集会, 2015.05, 代数体上の連結間約線型代数群は基礎体の適切な有限次拡大体の整数環上の順滑模型を持つことを示す. これによりほとんど至る所で超格別極大コンパクト部分群であり, なおかつ予め指定した極大分裂トーラスに関してよい位置にあるような, アデール群の極大コンパクト部分群の存在が保証される..
2. 今野拓也, Siegel 領域について, 岡山保型形式ミニワークショップ, 2014.02, 代数体上の連結簡約線型代数群のアデール群は局所コンパクト群で, 数多以上の有理点の群を離散部分群に持つ. この部分群による剰余類空間のよい基本領域が存在することを証明する. 証明にはBruhat-Titsビルディングを用いた連結間約線型代数群のp進整数環上の模型の分類を用いる..
3. 今野 拓也, p 進簡約群の構造, 第21回整数論サマースクール「p進簡約群の表現論入門」, 2013.09, [URL], p進簡約群の表現論を学ぶ際に必要となる,非アルキメデス局所体上の線型代数群の構造について概説した.一般線型群や準分裂ユニタリ群の例を中心に,ルート系や放物型部分群など,簡約線型代数群に関する概念を扱った..
4. Takuya Konno, Residual spectrum for reductive groups, The 15th Hakuba Autumn Workshop on Number Theory Automorphic Forms, Special Values of L-Functions, Congruences and Selmer Groups, 2012.10, I give an overview on the search of an explicit description of the discrete spectrum of the automorphic spectrum of classical groups. This includes my own result and those of Moeglin, Kim and others..
5. 今野 拓也, Fundamental lemma and its proof after Bao Chau Ngo, RIMS 研究集会「代数的整数論とその周辺」, 2010.12.
6. 今野 拓也, 局所体、アデール環上の単純群の被覆群, 13th Autumn Workshop on Number Theory, 2010.11.
7. 今野 拓也, 保型内視論における基本補題とその証明---Waldspurger, Laumon, Ngoによる, 日本数学会2010年度秋季総合分科会, 2010.09, [URL].
8. 今野 拓也, 移行因子と基本補題、跡公式の楕円項の安定化、玉河数への応用, 第18回整数論サマースクール「アーサー・セルバーグ跡公式入門」, 2010.09.
9. 今野 拓也, 内視論入門, 第18回整数論サマースクール「アーサー・セルバーグ跡公式入門」, 2010.09.
10. 今野 拓也, Local Gross-Prasad conjecture for U(2), International Symposium on Automorphic Forms, L-Functions and Shimura Varieties, 2008.11.
11. 今野拓也, Local Gross-Prasad conjecture for U(2), Workshop on Representation Theory and Automorphic Forms, 2008.06.
12. 今野 拓也, 総実体上のGross-Zagier型公式, Heegner pointとGross-Zagier公式勉強会, 2007.10.
13. 今野 拓也, Endoscopic identities for CAP representations of U(2,2), France-Japan conference on automorphic endoscopy, 2007.06.
14. 今野 拓也, Spectral decomposition of the automorphic spectrum of GSp(4), 第9回整数論オータムワークショップ, 2006.11.
15. 今野拓也, 今野和子, 実ユニタリ reductive dual pair のダブリング構成法について, RIMS 研究集会「表現論と等質空間上の解析学」, 2006.08.
16. 今野拓也, 今野和子, CAP forms on U(2,2) II. Cusp forms, 数理研研究集会「保型表現・L函数・周期の研究」, 2006.01.
17. 今野拓也, Non-supercuspidal representations of $GL(m,D)$, $D$ being a central division algebra over a $p$-adic field, Conference ``$K$-types for reductive $p$-adic groups --- Construction, 2003.09.
18. T.Konno, Unipotent automorphic representations of $U(4)$, 数理研シンポジウム「保型形式と局所体上の代数群の表現, 2003.01.
19. T.Konno, Unipotent automorphic representations of $U_{E/F}(4)$, 広島大学シンポジウム「数論と幾何学的方法」, 2002.11.
20. T.Konno, Twisted endoscopy and the generic packet conjecture, 日独共同セミナー「保型形式とゼータ関数の明示的研究」, 2001.09.
21. T.Konno, Some examples of unipotent automorphic representations on $U_{E/F}(4)$, JAMI conference, 2001.03.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」