九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
今野 拓也(こんの たくや) データ更新日:2021.04.19

准教授 /  数理学研究院


教育活動概要
理学部数学科4年生および数理学府修士1年生向けの講義を担当。
博士3年生、修士2年生および学部4年生のセミナーを担当。
全学教育講義を担当。
工学部数学科目講義を担当。
担当授業科目
2019年度・前期, 数学特論8.

2019年度・前期, 微分積分学・同演習A.

2019年度・後期, 微分積分学・同演習B.

2019年度・前期, 微分積分学・同演習Ⅰ.

2019年度・後期, 微分積分学・同演習Ⅱ.

2019年度・前期, 表現論大意.

2019年度・前期, 線型代数(編入生向け).

2019年度・前期, 微分積分学・同演習I.

2019年度・前期, 微分積分学・同演習A.

2018年度・後期, 代数学III.

2018年度・前期, 線型代数.

2018年度・後期, 線形代数学・同演習B.

2018年度・前期, 線形代数学.

2018年度・前期, 線形代数学・同演習A.

2017年度・前期, 線形代数.

2017年度・前期, 線形代数学・同演習A.

2017年度・後期, 微分積分学.

2017年度・前期, 線形代数.

2017年度・後期, 線形代数学・同演習B.

2017年度・前期, 線形代数学・同演習A.

2017年度・後期, 微分積分学.

2017年度・後期, 線形代数学・同演習B.

2016年度・前期, 微分積分学・同演習I.

2015年度・後期, 表現論基礎・演習.

2015年度・後期, 数学特論B3.

2014年度・後期, 数論基礎・演習.

2014年度・後期, 代数学III演習.

2014年度・後期, 代数学III.

2013年度・後期, 代数学III演習.

2013年度・後期, 代数学III.

2013年度・後期, 数学 IC.

2012年度・後期, 数学 IC.

2012年度・後期, 微分積分学B・同演習.

2012年度・前期, MMA講究A.

2012年度・前期, 数論大意.

2012年度・前期, 数学特論2(整数論).

2012年度・前期, 微分積分学A・同演習.

2012年度・前期, 微分積分続論.

2011年度・後期, 数学 IC.

2011年度・後期, 微分積分学B・同演習.

2011年度・前期, 微分積分続論.

2011年度・前期, 微分積分学A・同演習.

2010年度・後期, 数学 IC.

2010年度・後期, 微分積分B・同演習.

2010年度・前期, 代数学B・演習.

2009年度・後期, 数論大意.

2009年度・後期, 数学特論2(整数論).

2009年度・後期, 数学IC.

2009年度・後期, 微積分学B・同演習.

2009年度・前期, 微分積分続論.

2009年度・前期, 微分積分A・演習.

2009年度・前期, 代数学B・演習.

2008年度・後期, 代数学A・演習.

2008年度・後期, 微分積分B・同演習.

2008年度・前期, 微分積分A・同演習.

2007年度・後期, 代数学A・演習.

2007年度・前期, 数論基礎・演習.

2006年度・後期, 微分積分B・同演習.

2006年度・前期, 微分積分A・同演習.

2006年度・前期, 数学特論17.

2005年度・前期, 数学特論2,5.

2005年度・前期, 数論大意.

2004年度・後期, 代数学C・演習.

2003年度・後期, 代数学C・演習.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2018.04, 部局, 参加, 数理学府FD会議.

2014.07, 部局, 参加, 新GPA制度実施に関するFD.

2013.03, 部局, 参加, 教員会議.

2011.07, 部局, 参加, 教員会議.

2011.03, 部局, 参加, 教員会議.

2010.07, 部局, 参加, 教員会議.

2010.03, 部局, 参加, 教員会議.

2009.03, 部局, 参加, 教員会議.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2003年度, 神戸大学・理学部, 9月8日から12日, 集中講義, 国内.

その他の特筆すべき教育実績
2013.09, 第21回整数論サマースクール「p進簡約群の表現論入門」を原下秀士 (横浜国立大学),平賀郁 (京都大学)とともに計画,開催した.またそこで講義「 p 進簡約群の構造」を行った..

2010.09, 第18回整数論サマースクール「アーサー・セルバーグ跡公式入門」において,連続講義「内視論入門」,「移行因子と基本補題」,「楕円項の安定化」,「応用―玉河数」を行った..

2008.08, 幕張メッセ国際会議場で行われた第16回整数論サマースクール 「保型 $L$ 関数」 において、講義 「$GL_2$上の保型形式と$L$函数」 を行った。.

2005.08, 2005年度整数論サマースクール「Hilbert保型形式」において、講義「GL(2)のbase change lift」を行った。.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」