九州大学 研究者情報
総説一覧
今野 拓也(こんの たくや) データ更新日:2022.05.31

准教授 /  数理学研究院


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. T KONNO, THE RESIDUAL SPECTRUM OF SP(2), PROCEEDINGS OF THE JAPAN ACADEMY SERIES A-MATHEMATICAL SCIENCES, Vol.70, No.6, pp.204-207, 1994.06.
2. Takuya Konno, Kazuko Konno, On doubling construction for real unitary dual pairs, KYUSHU JOURNAL OF MATHEMATICS, 10.2206/kyushujm.61.35, Vol.61, No.1, pp.35-82, 2007.03, The Howe duality correspondence for a unitary dual pair over R is usually formulated for the determinant cover of the dual pair. For applications to automorphic theory, one has to use the Weil representation of the unitary dual pair (not of the coverings) instead, which is constructed by the doubling argument of Harris et al (Theta dichotomy for unitary groups. J. Amer. Math. Soc. 9(4) (1996), 941-1004). In this paper, we calculate explicit formulae for the Fock model of this latter representation, and determine the Howe correspondence between K-types under this. This yields a description of the Howe duality correspondence between unitary groups in terms of certain E-factors..
3. 今野 拓也, GLn(F)の放物型誘導表現, 2014.12, p 進簡約群の基本的な例である非アルキメデス局所体 F 上の一般線型群 GLn(F) の放物型誘導表現の構造を概説する. Jacquet関手と放物型誘導関手の基本性質を復習した後, 超尖点表現を導入する. それらの基本性質を解説し, さらに既約表現の超尖点台の存在を示す..
4. 今野 拓也, p進簡約群の構造, 2014.12, p 進簡約群の表現論の基礎となる, p 進体上の連結簡約線型代数群の構造について概説する..
5. 今野 拓也, 楕円項の安定化, 2011.05, [URL], この原稿ではアーサー・セルバーグ跡公式の楕円正則項の展開を正則でない楕円共役類に拡張する。 次にそれを用いて跡公式の楕円項を内視群上の安定超函数たちで展開する安定化の過程を解説する。.
6. 今野 拓也, 軌道積分の移行と基本補題, 2011.05, [URL], この原稿では前稿で跡公式の楕円正則項にインプットされた共役類ご との局所大域原理を、表現論の情報に置き換えるための局所体上の問題を扱う。.
7. 今野 拓也, 内視論入門, 2011.05, [URL], 保型表現に対するL不可分性の現象を解析するためにLanglandsが発案した内視論のアイディアを解説する..
8. 今野 拓也, GL(2) の保型表現に対する Gross-Zagier 公式, 2010.02.
9. 河村尚明, 今野拓也, 成田宏秋, Clozel-Labesse のベースチェンジ, 2009.10.
10. 今野 拓也, GL(2) 上の保型形式と L 関数, 2009.03.
11. 今野拓也, GL(2) 上の保型形式のベースチェンジリフト, 2006.04.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」