九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
山脇 兆史(やまわきよしふみ) データ更新日:2024.06.03

講師 /  理学研究院 生物科学部門 動態生物学


教育活動概要
基幹教育では1年生向けの講義「課題協学」を担当している。
学部教育では、2年生向けの講義「動物生理学」、3年生向けの実習「応用細胞機能学実験」、および「生物学通論」を担当している。
また、学部4年生や院生の研究指導も行っている。
担当授業科目
2023年度・後期, 生物学通論.

2023年度・後期, 動物生理学.

2023年度・前期, 応用細胞機能学実験.

2023年度・後期, 課題協学科目.

2023年度・春学期, 生物科学Ⅰ.

2023年度・夏学期, 生物科学特論Ⅰ.

2022年度・後期, 課題協学科目.

2022年度・春学期, Basic BiologyⅠ.

2022年度・春学期, 生物科学Ⅰ.

2022年度・後期, 生物学通論.

2022年度・後期, 動物生理学.

2022年度・前期, 応用細胞機能学実験.

2021年度・前期, 応用細胞機能学実験.

2021年度・後期, 生物学通論.

2021年度・後期, 動物生理学.

2021年度・後期, 課題協学科目.

2021年度・後期, 生物科学特別講義Ⅴ.

2021年度・夏学期, 生物科学特論Ⅰ.

2021年度・春学期, 生物科学Ⅰ.

2021年度・春学期, 生物科学Ⅰ(※分子生命科学Ⅰ).

2021年度・後期, 課題協学科目.

2021年度・後期, 課題協学科目.

2021年度・春学期, Basic Biology Ⅰ(※Basic Biological ScienceⅠ).

2021年度・後期, Special Lecture of BiologyⅤ.

2021年度・夏学期, Biology, Advanced CouresⅠ.

2021年度・春学期, Basic BiologyⅠ.

2021年度・後期, 生物学通論.

2021年度・後期, 動物生理学.

2021年度・前期, 応用細胞機能学実験.

2020年度・後期, 生物学通論.

2020年度・後期, 応用細胞機能学実験.

2020年度・後期, 課題協学科目.

2020年度・後期, 動物生理学.

2020年度・後期, 課題協学科目.

2020年度・後期, 課題協学科目.

2020年度・後期, 生物学通論.

2020年度・後期, 動物生理学.

2020年度・後期, 応用細胞機能学実験.

2019年度・前期, 応用細胞機能学実験.

2019年度・後期, 基礎生物学概要.

2019年度・後期, 課題協学科目.

2019年度・後期, 動物生理学.

2019年度・後期, 神経生物学.

2018年度・後期, 基礎生物学概要.

2018年度・前期, 応用細胞機能学実験.

2018年度・前期, 神経生物学.

2017年度・前期, 応用細胞機能学実験.

2017年度・後期, 基礎生物学概要.

2017年度・前期, 応用細胞機能学実験.

2016年度・前期, 生命の科学B.

2016年度・前期, 応用細胞機能学実験.

2016年度・前期, 動物生理学.

2015年度・前期, 生命の科学B.

2015年度・前期, 応用細胞機能学実験.

2015年度・前期, 神経行動学.

2014年度・前期, 応用細胞機能学実験.

2014年度・前期, 神経行動学.

2013年度・前期, 神経行動学.

2013年度・前期, 応用細胞機能学実験.

2013年度・前期, 自然科学総合実験.

2012年度・前期, 神経行動学.

2012年度・後期, 動物生理学実験.

2012年度・後期, 自然科学総合実験.

2011年度・前期, 神経行動学.

2011年度・後期, 動物生理学実験.

2011年度・後期, 自然科学総合実験.

2010年度・前期, 神経行動学.

2010年度・後期, 動物生理学実験.

2010年度・後期, 自然科学総合実験.

2009年度・前期, 神経行動学.

2009年度・後期, 動物生理学実験.

2008年度・後期, 動物生理学実験.

2008年度・前期, 神経行動学.

2007年度・後期, 動物生理学実験.

2006年度・後期, 動物生理学実験.

2005年度・後期, 動物生理学実験.

2004年度・後期, 動物生理学実験.

2003年度・後期, 動物生理学実験.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2023.03, 学科, 参加, 【生物学科】大学発明の出願・権利化に関するFD.

2022.03, 部局, 参加, 今、教養教育に求められるもの:イギリス教養史にみる科学の受容から.

2022.03, 学科, 参加, 【生物学科】入学者選抜試験に関するFD.

2022.03, 部局, 参加, リベラルサイエンス教育開発FD「今、教養教育に求められるもの:イギリス教養史にみる科学の受容から」.

2021.06, 学科, 参加, 理系研究室の運営技術 ― ラボラトリーマネジメントという考え方 ―.

2021.12, 部局, 参加, リベラルサイエンス教育開発FD「教養科目としての統合科学:ビッグヒストリーで紡ぐ社会と自然科学」.

2020.11, 部局, 参加, 事件等発生時の学生対応に関するFD・SD.

2020.12, 部局, 参加, 新型コロナウィルス感染拡大状況での学生のメンタルヘルス.

2020.12, 部局, 参加, 【オンライン配信】新型コロナウィルス感染拡大状況での学生のメンタルヘルス.

2019.10, 学科, 参加, 科研費改革後の学術研究動向について.

2019.10, 学科, 参加, (生物学科FD)科研費改革後の学術研究動向について.

2018.05, 学科, 参加, 生物学科教育支援室の5年間とこれから.

2018.08, 部局, 参加, 大学入学試験についての高校教員と大学教員の意見交換会.

2016.08, 学科, 参加, 高大連携・大学からのアプローチ.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2011年度, 九州産業大学, 非常勤講師, 国内.

2010年度, 九州産業大学, 非常勤講師, 国内.

2009年度, 九州産業大学, 非常勤講師, 国内.

2008年度, 九州産業大学, 非常勤講師, 国内.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。