九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
平田 美由紀(ひらた みゆき) データ更新日:2021.08.01

助教 /  医学研究院 附属総合コホートセンター 社会環境医学


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
学校薬剤師(福岡県立香住丘高校、福岡市立箱崎中学校)
社会福祉法人わらべ福祉会 理事
国内, 国際政策形成, 及び学術振興等への寄与活動
2006.06~2017.05, インジウムの健康影響に関する情報交換会・交流会(インジウム情報交換会)の開催事務局を担当。, 主催者はインジウム研究会 (慶応大学衛生学教室の大前和幸・中野真規子および九州大学の田中昭代・平田美由紀).

2013.04~2014.03, 第19回ヒ素シンポジウム(研究大会)の事務局担当, 第19回ヒ素シンポジウム(主催:日本ヒ素研究会).

2010.07~2010.07, 厚生労働省 労働基準局安全衛生部 化学物質対策課 化学物質評価室 主催 「インジウムによる労働省の健康障害防止に関する意見交換会」2010年7月22日開催、 パネリストとして参加.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2017.05, 第10回 インジウムの健康影響に関する情報交換会・交流会 2017年5月11日東京ビックサイト TFTビルで、第90回日本産業衛生学会の自由集会として開催した。
 九大と慶応大によるインジウムの健康影響に関する共同研究の成果を提供する目的で開催し、インジウム関連会社、大学研究者、行政関係者、計70名の参加があった。講演者の一人に2017年3月の国際がん研究機関(IARC)のインジウムに関する発がん評価委員会に出席した福島昭治先生にIARCの見解を紹介していただいた。また、会ではインジウム健康影響情報を発表者―参加者の双方向で交換した。このリスクコニュニケーション活動では、インジウムの健康障害防止に向けた取組みについて提案を行った。, 九州大学大学院 医学研究院 環境医学分野(田中昭代講師と平田)と慶應大学医学部衛生学公衆衛生学教室(大前和幸教授)との共催, 東京.

2016.05, 第9回 インジウムの健康影響に関する情報交換会・交流会 2016年5月25日 福島市音楽堂で、第89回日本産業衛生学会の自由集会として開催した。
 九大と慶応大によるインジウムの健康影響に関する共同研究の成果を提供する目的で開催し、インジウム関連会社、大学研究者、行政関係者、計90名の参加があった。会ではインジウム健康影響情報を発表者―参加者の双方向で交換した。このリスクコニュニケーション活動では、インジウムの健康障害防止に向けた取組みについて提案を行った。, 九州大学大学院 医学研究院 環境医学分野(田中昭代講師と平田)と慶應大学医学部衛生学公衆衛生学教室(大前和幸教授)との共催, 福島.

2015.05, 第8回 インジウムの健康影響に関する情報交換会・交流会 2015年5月14日 グランフロント大阪で、第88回日本産業衛生学会の自由集会として開催した。
 九大と慶応大によるインジウムの健康影響に関する共同研究の成果を提供する目的で開催し、インジウム関連会社、大学研究者、行政関係者、計90名の参加があった。会ではインジウム健康影響情報を発表者―参加者の双方向で交換した。このリスクコニュニケーション活動では、インジウムの健康障害防止に向けた取組みについて提案を行った。, 九州大学大学院 医学研究院 環境医学分野(田中昭代講師と平田)と慶應大学医学部衛生学公衆衛生学教室(大前和幸教授)との共催, 大阪.

2014.05, 第7回 インジウムの健康影響に関する情報交換会・交流会 2014年5月22日 岡山コンベンションセンターで、第87回日本産業衛生学会の自由集会として開催した。
 九大と慶応大によるインジウムの健康影響に関する共同研究の成果を提供する目的で開催し、インジウム関連会社、大学研究者、行政関係者、計90名の参加があった。会ではインジウム健康影響情報を発表者―参加者の双方向で交換した。このリスクコニュニケーション活動では、インジウムの健康障害防止に向けた取組みについて提案を行った。, 九州大学大学院 医学研究院 環境医学分野(田中昭代講師と平田)と慶應大学医学部衛生学公衆衛生学教室(大前和幸教授)との共催, 岡山.

2013.05, 第6回 インジウムの健康影響に関する情報交換会・交流会 2013年5月14日 ひめぎんホール(松山市)で、第86回日本産業衛生学会の自由集会として開催した。
 九大と慶応大によるインジウムの健康影響に関する共同研究の成果を提供する目的で開催し、インジウム関連会社、大学研究者、行政関係者、計95名の参加があった。会ではインジウム健康影響情報を発表者―参加者の双方向で交換した。このリスクコニュニケーション活動では、インジウムの健康障害防止に向けた取組みについて提案を行った。, 九州大学大学院 医学研究院 環境医学分野(田中昭代講師と平田)と慶應大学医学部衛生学公衆衛生学教室(大前和幸教授)との共催, ひめぎんホール(松山市).

2012.05, 第5回 インジウムの健康影響に関する情報交換会・交流会 2012年5月30日 名古屋国際会議場で、第85回日本産業衛生学会の自由集会として開催
 九大と慶応大によるインジウムの健康影響に関する共同研究の成果を提供する目的で開催し、インジウム関連会社、大学研究者、行政関係者、計85名の参加があった。会ではインジウム健康影響情報を発表者―参加者の双方向で交換した。このリスクコニュニケーションでは、インジウムの健康障害防止に向けた取組みについて提案を行い、インジウムが特定化学物質に加えられる健康対策に関する通達(2010年12月)を出す直接的な契機となった。, 九州大学大学院 医学研究院 環境医学分野(田中昭代講師と平田)と慶應大学医学部衛生学公衆衛生学教室(大前和幸教授)との共催, 名古屋国際会議場で開催
.

2010.05, 第4回 インジウムの健康影響に関する情報交換会・交流会 2010年5月26日 福井市フェニックスプラザで、第83回日本産行政学会の自由集会として開催
 九大と慶応大によるインジウムの健康影響に関する共同研究の成果を提供する目的で開催し、インジウム関連会社、大学研究者、行政関係者、計85名の参加があった。会ではインジウム健康影響情報を発表者―参加者の双方向で交換した。このリスクコニュニケーションでは、インジウムの健康障害防止に向けた取組みについて提案を行い、厚生労働省化学物質対策課がインジウム健康対策に関する通達(2010年12月)を出す直接的な契機となった。, 九州大学大学院 医学研究院 環境医学分野(田中昭代講師と平田)と慶應大学医学部衛生学公衆衛生学教室(大前和幸教授)との共催, 福井市フェニックスプラザで開催
.

2009.05, 第3回 インジウムの健康影響に関する情報交換会・交流会 2009年5月20日開催
 九大と慶応大によるインジウムの健康影響に関する共同研究の成果を還元する目的で、インジウム関連会社、大学研究者、行政関係者を集めて、講演会と意見交換会を行った。インジウムの健康影響に対する認識を産官学で共有し、効果的な健康管理・作業管理、労働衛生管理に関する方策を話しあった。参加者は70名であった。, 九州大学大学院 医学研究院 環境医学分野(田中昭代講師と平田)と慶應大学医学部衛生学公衆衛生学教室(大前和幸教授)との共催。平田は事務局長を務めた。, 九州大学医学部 コラボステーションⅠ 視聴覚ホール.

2004.12, インジウムの健康影響についての説明会. インジウムのヒト健康影響および労働衛生管理, 主催 九州大学医学研究院衛生学分野 及び 慶応大学医学部衛生学教室, 慶応大学.

初等・中等教育への貢献状況
2017.04, 学校薬剤師 2017年度, 福岡市立箱崎中学校
福岡県立香住丘高校.

2016.04, 学校薬剤師 2016年度, 福岡市立箱崎中学校
福岡県立香住丘高校.

2015.04, 学校薬剤師 2015年度, 福岡市立箱崎中学校
福岡県立香住丘高校.

2014.04, 学校薬剤師 2014年度, 福岡市立箱崎中学校
福岡県立香住丘高校.

2013.07, 薬物乱用防止講演「違法薬物の危険性について」, 福岡市立箱崎中学校.

2013.06, 1年生 薬物乱用防止講演「たばこの害について」 6月27日
2年生 薬物乱用防止講演「覚醒剤の害について」 6月27日, 福岡市立箱崎中学校.

2013.04, 学校薬剤師 2013年度, 福岡県立香住丘高校、福岡市箱崎中学校.

2012.04, 学校薬剤師 2012年度, 福岡県立香住丘高校、福岡市箱崎中学校.

2011.04, 学校薬剤師 2011年度, 福岡県立香住丘高校、福岡市箱崎中学校.

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2004.04~2020.03, 馬出地区事業場安全衛生委員会 委員  .


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」