九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
北園 孝成(きたぞの たかなり) データ更新日:2020.07.03

教授 /  医学研究院 臨床医学部門 内科学


主な研究テーマ
福岡脳卒中データベース研究(The Fukuoka Stroke registry; FSR)
キーワード:脳卒中、コホート、疫学、登録研究
2007.06.
脳梗塞に関する遺伝子解析研究
キーワード:脳梗塞、遺伝子解析、SNP
2005.04.
脳微小循環における周皮細胞に関する分子生物学的研究
キーワード:脳微小循環、周皮細胞、ペリサイト
2004.04.
脳血管反応に関する研究
キーワード:脳血管反応、一酸化窒素、カリウムチャンネル、高血圧
1991.09.
従事しているプロジェクト研究
脳卒中共通データベースを用いた臨床疫学研究(The Fukuoka Stroke registry; FSR)
2007.06
九州大学大学院医学研究院病態機能内科学(脳血管内科)とその関連施設において脳卒中共通データベースを構築し、日本人における脳卒中の臨床像を明らかにするための多施設共同研究を行っている。.
血管壁における活性酸素生成酵素NAD(P)Hオキシダーゼに関する研究
2001.04, 九州大学大学院医学研究院病態機能内科学
血管壁に存在する活性酸素生成酵素NAD(P)Hオキシダーゼに関する分子生物学的検討を行っている。内皮細胞や平滑筋細胞に存在するNAD(P)Hオキシダーゼ分子種の同定やその機能について検討している。.
脳循環調節機構に関する研究
1991.09, 九州大学大学院医学研究院病態機能内科学
頭窓法を中心とした薬理学的手法を用いて脳循環調節機構、特に高血圧に伴う脳血管反応性の変化について検討している。.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Arimura K, Ago T, Kamouchi M, Nakamura K, Ishitsuka K, Kuroda J, Sugimori H, Ooboshi H, Sasaki T, Kitazono T., PDGF receptor β signaling in pericytes following ischemic brain injury., Cur Neurovasc Res, 9, 1-9, 2012.02.
2. Kamouchi M, Matsuki T, Hata J, Kuwashiro T, Ago T, Sambongi Y, Fukushima Y, Sugimori H, Kitazono T; for the FSR investigators., Prestroke glycemic control is associated with the functional outcome in acute ischemic stroke: the Fukuoka Stroke Registry., Stroke, 42, 2788-2794, 2011.10.
3. Nakamura K, Kamouchi M, Kitazono T, Kuroda J, Matsuo R, Hagiwara N, Ishikawa E, Ooboshi H, Ibayashi S, Iida M, Role of NHE1 in calcium signaling and cell proliferation in human CNS pericytes, American Journal of Physiology, 294: H1700-H1707, 2008.04.
4. Kuroda J, Kitazono T, Ago T, Ninomiya T, Ooboshi H, Kamouchi M, Kumai Y, Hagiwara N, Yoshimura S, Tamaki K, Kusuda K, Fujii K, Nagao T, Okada Y, Toyoda K, Nakane H, Sugimori H, Yamashita Y, Wakugawa Y, Asano K, Tanizaki Y, Kiyohada Y, Ibayashi S, Iida M, NAD(P)H oxidase p22phox C242T polymorphism and ischemic stroke in Japan: the Fukuoka Stroke Registry and the Hisayama Study, European Journal of Neurology, 14: 12-16, 2007.10.
5. Kubo M, Hata J, Ninomiya T, Matsuda K, Yonemoto K, Nakano T, Matsushita T, Yamazaki K, Ohnishi Y, Saito S, Kitazono T, Ibayashi S, Sueishi K, Iida M, Nakamura Y, Kiyohara Y., A nonsynonymous SNP IN PRKCH (protein kinase Cη) increases the risk of cerebral infarction., Nat Genet, 39, 2, 212-217, 2007.02.
6. Ago T, Kitazono T, Kuroda J, Kumai Y, Kamouchi M, Ooboshi H, Wakisaka M, Kawahara T, Rokutan K, Ibayashi S, Iida M., NAD(P)H oxidases in rat basilar arterial endothelial cells., Stroke, 10.1161/01.STR.0000163111.05825.0b, 36, 5, 1040-1046, 2005.05.
7. Ago, T., Kitazono, T., Ooboshi, H., Matsuo, R., Takada, J., Wakisaka, M., Ibayashi, S., Iida, M, NOX4 as the major catalytic component of an endothelial NAD(P)H oxidase., Circuration, 10.1161/01.CIR.0000105680.92873.70, 109, 2, 227-233, 109: 227-233, 2004.01.
8. Kitazono, T., Ago, T., Kamouchi, M., Santa, N., Ooboshi, H., Fujishima, M., Ibayashi, S., Increased activity of calcium channels and Rho-associated kinase in the basilar artery during chronic hypertension in vivo., Journal of Hypertension, 10.1097/00004872-200205000-00022, 20, 5, 879-884, 20: 879-884, 2002.01.
9. Wakisaka, M., Kitazono, T., Kato, M., Nakamura, U., Yoshioka, M., Uchizono, Y., Yoshinari, M., Sodium-coupled glucose transporter as a functional glucose sensor of retinal microvascular circulation., Circulation Research, 10.1161/hh1101.091265, 88, 11, 1183-1188, 88 1183-1188, 2001.01.
10. Kitayama, J., Kitazono, T., Ibayashi, S., Nagao, T., Wakisaka, M., Watanabe, Y., Fujishima, M., Role of phosphatidylinositol 3-kinase in acetylcholine-induced dilatation of rat basilar artery in vivo., Stroke, 31, 10, 2487-2492, 31: 2487-2493, 2000.01.
11. Taguchi, H., Heistad, D.D., Kitazono, T., Faraci, F.M., Dilatation of cerebral arterioles in response to activation of adenylate cyclase is dependent on activation of Ca2+-dependent K+ channels., Circulation Research, 76: 1057-1062, 1995.01.
12. Taguchi, H., Faraci, F.M., Kitazono, T., Heistad, D.D., Relaxation of the aorta during hypertension is impaired in chronically hypertensive rats., Hypertension, 25: 735-738, 1995.01.
13. Kitazono, T., Heistad, D.D., Faraci, F.M., Enhanced responses of the basilar artery to activation of endothelin B receptors in stroke-prone spontaneously hypertensive rats., Hypertension, 25: 490-494, 1995.01.
14. Kitazono, T., Padgett, R.C., Armstrong, M.L., Tompkins, P.K., Heistad, D.D., Evidence that angiotensin II is present in human monocytes., Circulation, 91: 1129-1134, 1995.01.
15. Taguchi H, Heistad DD, Kitazono T, Faraci FM, ATP-sensitive K+ channels mediate dilatation of cerebral arterioles during hypoxia., Circulation Research, 74: 1005-1008, 1994.01.
16. Kitazono, T., Heistad, D.D., Faraci, F.M., ATP-sensitive potassium channels in the basilar artery during chronic hypertension., Hypertension, 22: 677-681, 1993.01.
17. Kitazono, T., Heistad, D.D., Faraci, F.M., Role of ATP-sensitive K+ channels in CGRP-induced dilatation of the basilar artery in vivo., American Journal of Physiology, 265: H581-H585, 1993.01.
18. Kitazono, T., Faraci, F.M., Heistad, D.D., Effect of norepinephrine on rat basilar artery in vivo., American Journal of Physiology, 264: H178-H182, 1993.01.
19. Kitazono, T., Takeshige, K., Cragoe, E.J., Jr., Minakami, S., Involvement of calcium and protein kinase C in the activation of the Na+/H+ exchanger in cultured bovine aortic endotehlial cells stimulated by extracellular ATP., Biochimica et Biophysica Acta, 10.1016/0167-4889(89)90043-8, 1013, 2, 152-158, 1013: 152-158, 1989.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Ago T, Kuroda J, Kamouchi M, Sadoshima J, Kitazono T., Pathological roles of NADPH oxidase-nox family proteins in the vascular system., 2011.07.
2. Kamouchi M, Ago T, Kitazono T., Brain pericytes: emerging concepts and functional roles in brain homeostasis., Cell Mol Neurobiol, 31: 175-193, 2011.03.
主要学会発表等
1. 北園孝成、鴨打正浩, 脳卒中発症後の降圧治療の現状と課題., 第34回日本高血圧学会総会, 2011.10.
2. 北園孝成、鴨打正浩, Fukuoka Stroke Registryにみる日本人の脳卒中., 第36回日本脳卒中学会総会, 2011.08.
3. 北園孝成、杉森 宏、新田裕史、吾郷哲朗、桑城貴弘、鴨打正浩, エアロゾルの脳卒中発症に及ぼす影響に関する研究-Fukuoka Stroke Registry (FSR)., 第36回日本脳卒中学会総会, 2011.07.
4. 北園孝成、鴨打正浩、吾郷哲朗、粟野秀人、鈴木一夫、清原 裕., 脳梗塞のバイオマーカー探索研究(REBIOS)., 第33回日本分子生物学会年会/第83回日本生化学会大会合同大会, 2010.12.
5. 北園孝成、鴨打正浩、中根 博、尾前 豪、杉森 宏、吾郷哲朗、桑城貴弘、飯田三雄、佐渡島省三., 多施設共同脳卒中データベース(Fukuoka Stroke Registry)から見えてきた脳梗塞急性期の病態と予後., 第35回日本脳卒中学会総会, 2010.04.
6. 北園孝成、熊井康敬、杉森 宏、中根 博、鴨打正浩、大星博明、井林雪郎、飯田三雄、佐渡島省三, 多施設共同脳卒中データベース(Fukuoka Stroke Registry; FSR)からみた脳梗塞急性期症例の高血圧ならびに慢性腎臓病(CKD)の実態, 第34回日本脳卒中学会総会, 2009.03.
7. 北園孝成、久保充明、秦 淳、清原 裕、井林雪郎、飯田三雄, 脳血管障害の分子疫学:久山町研究と福岡脳卒中データベース研究(FSR), 第49回日本神経学会総会, 2008.05.
学会活動
所属学会名
日本骨髄間葉系幹細胞治療学会
日本分子生物学会
日本心血管脳卒中学会
日本糖尿病学会
日本腎臓学会
日本動脈硬化学会
日本循環器学会
日本高血圧学会
日本神経学会
日本老年医学会
日本脳循環代謝学会
日本脳卒中学会
日本内科学会
学協会役員等への就任
2018.04~2020.03, 日本内科学会, 理事.
2013.04, 日本内科学会, 評議員.
2007.04, 日本老年医学会, 代議員.
2013.04, 日本脳卒中学会, 理事.
2013.04, 日本脳循環代謝学会, 理事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.03.15~2018.03.18, 第43回日本脳卒中学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2018.03.02~2018.03.02, パーキンソン病の治療を考える会, 座長(Chairmanship).
2017.11.25~2017.11.25, MASTER CLASS, 座長(Chairmanship).
2017.11.07~2017.11.07, これからの抗凝固療法を考える会, 座長(Chairmanship).
2017.11.03~2017.11.04, 第60回日本脳循環代謝学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2017.10.20~2017.10.22, 第40回日本高血圧学会総会, 座長(Chairmanship).
2017.10.01~2017.10.01, バイエル循環器病研究助成発表会, 座長(Chairmanship).
2017.08.31~2017.08.31, てんかん診療を考える会, 座長(Chairmanship).
2017.07.06~2017.07.07, 第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 座長(Chairmanship).
2017.06.29~2017.06.29, 糖尿病性腎症を考える会, 座長(Chairmanship).
2017.06.10~2017.06.10, エリキュース全国講演会, 座長(Chairmanship).
2017.05.13~2017.05.14, 第6回臨床高血圧フォーラム, 座長(Chairmanship).
2017.03.16~2017.03.19, 第42回日本脳卒中学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2017.03.07~2017.03.07, 腎臓専門医の為のプライマリケアセミナー, 座長(Chairmanship).
2017.03.04~2017.03.04, 第27回日本老年医学会九州地方会, 会長.
2016.11.15~2016.11.15, 抗凝固療法を考える会, 座長(Chairmanship).
2016.11.02~2016.11.02, Insulin Update Meeting, 座長(Chairmanship).
2016.10.29~2016.10.29, 血液血管研究会, 座長(Chairmanship).
2016.07.30~2016.07.30, 老年期認知症研究会, 座長(Chairmanship).
2016.07.29~2016.07.29, 福岡脳卒中カンファレンス, 座長(Chairmanship).
2016.07.08~2016.07.08, Core Member Meeting, 座長(Chairmanship).
2016.06.02~2016.06.02, 糖尿病性腎症を考える会, 座長(Chairmanship).
2016.05.27~2016.05.27, Cerebral Circulation Conference, 座長(Chairmanship).
2016.03.18~2016.03.18, Cerebrovascular Research Conference, 座長(Chairmanship).
2015.12.06~2015.12.06, Thrombosis Expert Meeting, 座長(Chairmanship).
2015.11.27~2015.11.27, 抗凝固法を考える会, 座長(Chairmanship).
2015.11.24~2015.11.24, 脳神経領域Expert Meeting, 座長(Chairmanship).
2015.09.12~2015.09.12, 脳血管シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2015.09.10~2015.09.10, SCAN研究会, 座長(Chairmanship).
2015.07.25~2015.07.25, 老年期認知症研究会, 座長(Chairmanship).
2015.07.03~2015.07.03, 日本DDS学会, 座長(Chairmanship).
2015.06.13~2015.06.13, 心血管脳卒中学会, 座長(Chairmanship).
2015.06.11~2015.06.11, 糖尿病性腎症を考える会, 座長(Chairmanship).
2015.05.23~2015.05.23, 臨床高血圧フォーラム, 座長(Chairmanship).
2015.05.14~2015.05.14, FSR Investigators Meeting, 座長(Chairmanship).
2015.03.13~2015.03.13, Stroke Core Member Meeting, 座長(Chairmanship).
2015.03.06~2015.03.06, エリキュース2周年記念講演会, 座長(Chairmanship).
2015.02.23~2015.02.23, Cerebrovascular Research Conference, 座長(Chairmanship).
2015.01.10~2015.01.10, 第308回日本内科学会九州地方会, 会長.
2014.11.28~2014.11.28, Fukuoka Life Science 研究会, 座長(Chairmanship).
2014.10.22~2014.10.22, これからの抗凝固療法を考える会, 座長(Chairmanship).
2014.09.30~2014.09.30, Kyushu Stroke Web Conference, 司会(Moderator).
2014.09.27~2014.09.27, バイエル循環器病研究助成研究発表会, 座長(Chairmanship).
2014.09.25~2014.09.24, 第3回脳心腎・血管病を考える会, 座長(Chairmanship).
2014.09.13~2014.09.13, 脳血管シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2014.09.11~2014.09.11, 第4回SCAN研究会, 座長(Chairmanship).
2014.09.04~2014.09.04, 糖尿病と脳疾患研究会, 座長(Chairmanship).
2014.07.30~2014.07.30, ザクラス新発売記念講演会, 座長(Chairmanship).
2014.07.11~2014.07.11, 福岡脳循環懇話会, 座長(Chairmanship).
2014.07.08~2014.07.08, 糖尿病治療薬適正使用セミナー, 座長(Chairmanship).
2014.06.24~2014.06.24, 糖尿病性腎症講演会, 座長(Chairmanship).
2014.04.25~2014.04.25, 高血圧治療ガイドライン講演会, 座長(Chairmanship).
2014.03.13~2014.03.15, 日本脳卒中学会総会, 座長(Chairmanship).
2014.02.28~2014.02.28, Cerebrovascular Research Conference, 座長(Chairmanship).
2014.01.31~2014.01.31, STOP HT Conference in Fukuoka, 座長(Chairmanship).
2013.11.01~2013.11.02, 第25回日本脳循環代謝学会総会, 座長(Chairmanship).
2013.10.31~2013.10.31, 福岡Life Science研究会, 座長(Chairmanship).
2013.10.03~2013.10.03, 九州Cohort Study Seminar, 座長(Chairmanship).
2013.09.27~2013.09.27, 脳心腎・血管病を考える会, 座長(Chairmanship).
2013.08.09~2013.08.09, Vascular Diseases Meeting, 座長(Chairmanship).
2013.07.23~2013.07.23, Scientific Exchange Meeting in Fukuoka, 座長(Chairmanship).
2013.06.11~2013.06.11, 九州生活習慣病研究会, 座長(Chairmanship).
2013.04.19~2013.04.13, Stroke Science Academy, 座長(Chairmanship).
2012.07.19~2012.07.20, 第44回日本動脈硬化学会:シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2012.04.26~2012.04.28, 第37回日本脳卒中学会総会:シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2010.10.15~2010.10.17, 第33回日本高血圧学会総会, 座長(Chairmanship).
2008.11.21~2008.11.23, The 4th Korean-Japanese Joint Stroke Conference, 座長(Chairmanship).
2008.05.15~2008.05.17, 第49回日本神経学会総会, 座長(Chairmanship).
2007.05.20~2007.05.24, The 23rd International Symposium on Cerebral Blood Flow , Metabolism & Function, 座長(Chairmanship).
2007.03.22~2007.03.23, 第32回日本脳卒中学会総会, 座長(Chairmanship).
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2015.04, 臨牀と研究, 国内, 編集委員.
2014.09~2016.03, Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 国際, 編集委員.
2014.09~2016.03, Circulation Journal, 国際, 編集委員.
2013.04~2014.03, 最新臨床脳卒中学, 国内, 企画.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度    
2018年度 15      17 
2017年度 15      17 
2016年度 15      24 
2015年度 18  10      28 
2014年度 12      17 
2013年度     15 
2012年度     10 
2011年度    
2010年度    
2009年度    
2008年度    
2007年度      
2006年度      
2005年度      
2004年度      
2003年度      
2002年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
アイオワ大学医学部内科, UnitedStatesofAmerica, 1991.09~1994.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2020年度~2023年度, 基盤研究(B), 代表, 脳梗塞巣におけるペリサイトを介した創傷治癒と内因性機能回復機構の解明.
2016年度~2019年度, 基盤研究(B), 代表, ペリサイト機能に基づく脳梗塞後組織修復と神経機能回復誘導メカニズムの解明.
2009年度~2010年度, 新学術領域研究, 代表, エアロゾルの脳卒中発症に及ぼす影響に関する研究.
1999年度~2000年度, 基盤研究(C), 代表, 血管内皮細胞におけるシグナル伝達機構に関する研究.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
1999年度~2001年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 心・血管系における受容体・イオントランスポート機構による信号伝達の生理と病理に関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2009年度~2013年度, 文部科学省橋渡し研究, 分担, 脳梗塞患者に対する自家培養骨髄間葉系幹細胞の静脈内投与による細胞療法の検討(脳梗塞に対する細胞療法の実用化).
2008年度~2012年度, 文部科学省科学技術試験研究委託事業, 分担, メタボリック・シンドローム関連疾患における個別化医療の実現(脳梗塞関連遺伝子の機能解析).
2000年度~2000年度, 日本脳神経財団研究助成, 代表, チロシンキナーゼ阻害による新たな脳血管障害の治療.
1999年度~1999年度, 笹川医学医療研究財団研究助成金, 代表, 加齢に伴う脳血管内皮機能障害の病態と治療に関する研究.
1997年度~1997年度, 住友海上福祉財団研究助成金, 代表, 高齢者脳血管障害の在宅介護の実態についての研究.
1996年度~1996年度, 臨床薬理研究振興財団, 代表, 脳循環とNa+/H+交換輸送系に関する研究.
1996年度~1997年度, 三共生命科学研究振興財団研究助成金, 代表, 脳血管反応における蛋白燐酸化酵素チロシンキナーゼの役割に関する研究.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2006.06~2008.03, 代表, 抗血小板薬シロスタゾールの脳内血管内皮細胞機能に及ぼす影響.
2003.01~2005.03, 代表, 高血圧に伴う脳血管病変の進展に対するCa拮抗剤の効果;活性酸素生成系NADPHオキシダーゼの発現との関連から.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」