九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
小田 義直(おだ よしなお) データ更新日:2022.05.20

教授 /  医学研究院 基礎医学部門 病態制御学


主な研究テーマ
悪性骨軟部腫瘍における腫瘍免疫に関わる新規バイオマーカの探索
キーワード:悪性骨軟部腫瘍、腫瘍免疫、バイオマーカー
2016.04~2020.06.
転座関連および非転座関連悪性軟部腫瘍における分子標的の網羅的探索
キーワード:悪性軟部腫瘍、染色体転座
2013.04~2016.03.
悪性軟部腫瘍におけるシグナル伝達分子異常の解析と分子標的治療の可能性の研究
キーワード:悪性軟部腫瘍、mTOR, STAT3, pAkt
2009.05~2012.05.
悪性骨軟部腫瘍におけるケモカインレセプターと血管新生
キーワード:悪性骨軟部腫瘍、VEGF, CXCR4
2006.04~2009.05.
軟部肉腫における分子生物学的予後因子の研究
キーワード:軟部肉腫、分子病理、予後因子
2000.04~2002.03.
ヒト悪性固形腫瘍における多剤耐性遺伝子の発現
キーワード:悪性骨軟部腫瘍、婦人科腫瘍、小児腫瘍、多剤耐性遺伝子、分子生物学
1996.10~2003.12.
悪性骨軟部腫瘍における細胞周期制御遺伝子および蛋白発現の研究
キーワード:悪性骨軟部腫瘍、細胞周期制御遺伝子、細胞周期制御蛋白
2003.04.
従事しているプロジェクト研究
橋渡し研究加速ネットワークプログラムシーズB
2015.04~2016.03, 代表者:加藤聖子, 九州大学 産婦人科学教室.
腸管B細胞リンパ腫の分子機構:遺伝子およびmicroRNA異常の解析
2013.04~2016.03, 代表者:中村昌太郎.
医用画像に基づく計算解剖学の多元化と高度知能化診断・治療への展開
2014.03~2016.06, 代表者:橋爪誠.
軟部肉腫に対するゲノム解析による新規治療標的分子の探索
2014.03~2016.06, 代表者:松田浩一.
人工核酸YB-1阻害アンチセンス:膵癌に対する新しい分子標的薬の前臨床研究
2014.03~2015.06, 代表者:中野賢二.
脱落乳歯幹細胞を用いた立体肝組織移植による小児代謝性肝疾患根治療法の開発
2014.03~2014.06, 代表者:田口智章.
小児期からの希少難治性消化管疾患の移行期を包含するガイドラインの確立に関する研究
2014.04~2016.03, 代表者:田口智章.
TrkB/BDNF経路を標的とした浸潤性胸腺腫・胸腺癌にたいする治療法開発
2014.04~2016.03, 代表者:中村勝也.
小児外科領域の難治性疾患における脱落乳児幹細胞を用いた新規治療法の開発 
2013.04~2015.03, 代表者:田口智章.
悪性骨軟部腫瘍における薬剤耐性獲得機構の解明
2014.06~2014.06, 代表者:岩本幸英.
転座関連および非転座関連悪性軟部腫瘍における分子標的の網羅的探索
2013.04~2016.03, 代表者:小田義直.
Hedgehogシグナルネットワークを標的とした癌治療法開発
2012.04~2016.03.
Y-ボックス結合蛋白-1(YB-1)と関連遺伝子を標的とした新しいがん克服への取り組み
2012.04~2014.03.
原発性肺高血圧におけるプロテイナーゼ活性型受容体の病態的役割の解明と治療応用
2011.04~2014.03.
機能温存のための精密縮小手術と至適補助療法の開発、品質管理および標準化に向けた基盤的研究
2011.04~2013.03, 代表者:中馬広一, がん研究センター中央病院.
高悪性度骨軟部腫瘍に対する標準治療確立のための研究
2011.05~2011.05.
腫瘍性骨破壊における血管新生と破骨細胞分化および骨吸収の相互作用の解明
2007.04~2011.04.
九州大学先端融合医療レドックスナビ研究拠点
2007.01~2010.03.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Izumi T, Oda Y, Hasegawa T, Kawai A, Sonobe H, Nakanishi Y, Takahira T, Kobayashi C, Yamamoto H, Tamiya S, Yokoyama R, Hirohashi S, Iwamoto Y, Tsuneyoshi M, Dysadherin expression as a significant prognostic factor and as a determinant of histological features in synovial sarcoma: special reference to its inverse relationship with E-cadherin expression., Am J Surg Pathol 31; 85-94, 2007. (Corresponding), 2007.01.
2. Oda Y, Yamamoto H, Tamiya S, Matsuda S, Tanaka K, Yokoyama R, Iwamoto Y, Tsuneyoshi M:, CXCR4 and VEGF expression in the primary site and the metastatic site of human
osteosarcoma: Analysis within a group of patients, all of whom developed lung
metastasis., Mod Pathol 19: 738-45, 2006. (corresponding), 2006.08.
3. Oda Y, Yamamoto H, Takahira T, Kobayashi C, Kawaguchi K, Tateishi N, Nozuka Y, Tamiya S, Tanaka K, Matsuda S, Yokoyama R, Iwamoto Y, Tsuneyoshi M:, Frequent alteration of p16INK4a/p14ARF and p53 pathways of round cell
appearance in myxoid/round cell liposarcoma: Altered p53 gene and reduced
p14ARF expression correlates with poor prognosis., J Pathol 207; 410-421, 2005. (Corresponding), 10.1002/path.1848, 207, 4, 410-421, 2005.01.
4. Oda Y, Saito T, Tateishi N, Ohishi Y, Tamiya S, Yamamoto H, Yokoyama R, Uchiumi T, Iwamoto Y, Kuwano M, Tsuneyoshi M, ATP-binding cassette superfamily transporter gene expression in human soft tissue sarcoma., Int J Cancer 114: 854-862, 2005 (Corresponding), 10.1002/ijc.20589, 114, 6, 854-862, 2005.01.
5. Oda Y, Takahira T, Kawaguchi K, Yamamoto H, Tamiya S, Matsuda S, Tanaka K,wamoto Y, Tsuneyoshi M:, Low-grade fibromyxoid sarcoma versus low-grade myxofibrosarcoma in the
extremities and trunk. Clinicopathologic and immunohistochemical study with
special emphasis on the alteration of cell cycle regulators., Histopathology 45; 29-38, 2004 (Corresponding), 10.1111/j.1365-2559.2004.01886.x, 45, 1, 29-38, 2004.01.
6. Saito T, Oda Y, Kawaguchi K, Yamamoto H, Sugimachi K, Tateishi N, Tanaka K,Matsuda S, Iwamoto Y, Ladanyi M, Tsuneyoshi M:, E-cadherin mutation and Snail overexpression as alternative mechanisms of
E-cadherin inactivation in synovial sarcoma., Oncogene 23: 8629-8638, 2004, 10.1038/sj.onc.1207960, 23, 53, 8629-8638, 2004.01.
7. Oda Y, Ohishi Y, Saito T, Hinoshita E, Uchiumi T, Kinukawa N, Iwamoto Y, Kohno K, Kuwano M, Tsuneyoshi M, Nuclear expression of Y box-binding protein-1 correlates with P-glycoprotein and
topoisomerase II-apha expression, and poor prognosis in synovial sarcoma., J Pathol 199; 251-258, 2003, 10.1002/path.1282, 199, 2, 251-258, 2003.01.
8. Oda Y, Takahira T, Kawaguchi K, Yamamoto H, Tamiya S, Matsuda S, Tanaka K, Kinukawa N, Iwamoto Y, Tsuneyoshi M:, Alterations of cell cycle regulators in myxofibrosarcoma. With special emphasis
on their prognostic implications., Human Pathol 34; 1035-1042, 2003, 2003.01.
9. Oda Y, Tamiya S, Oshiro Y, Hachitanda Y, Kinukawa N, Iwamoto Y, Tsuneyoshi M, Reassessment of malignant fibrous histiocytoma of soft parts and its
clinicopathologic prognostic factors., Pathol Int 52; 595-606, 2002, 2002.01.
10. Ohishi Y, Oda Y, Uchiumi T, Kobayashi H, Hirakawa T, Miyamoto S, Kinukawa N, Nakano H, Kuwano M, Tsuneyoshi M:, ATP-binding casstte superfamily transporter gene expression in human ovarian
carcinoma, Clin Cancer Res 8; 3767-3775, 2002, 8, 12, 3767-3775, 2002.01.
11. Oda Y, Miyajima K, Kawaguchi K, Tamiya S, Oshiro Y, Hachitanda Y, Oya M, Iwamoto Y, Tsuneyoshi M, Pleomorphic leiomyosarcoma: Clinicopathologic and immunohistochemical study with special emphasis on its distinction from ordinary leiomyosarcoma and
malignant fibrous histiocytoma., Am J Surg Pathol 25; 1030-1038, 2001, 10.1097/00000478-200108000-00007, 25, 8, 1030-1038, 2001.01.
12. Oda Y, Sakamoto A, Saito T, Kawauchi S, Iwamoto Y, Tsuneyoshi M:, Molecular abnormalities of p53, MDM2 and H-ras in synovial sarcoma., Mod Pathol 13: 994-1004, 2000., 10.1038/modpathol.3880180, 13, 9, 994-1004, 2000.01.
13. Oda Y, Sakamoto A, Shinohara N, Ohga T, Uchiumi T, Kohno K, Tsuneyoshi M, Kuwano M, Iwamoto Y, Nuclear expression of YB-1 protein correlates with P-glycoprotein expression in
human osteosarcoma., Clin Cancer Res 4: 2273-2277, 1998, 4, 9, 2273-2277, 1998.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Oda Y, Tsuneyoshi M , Recent advances of molecular pathology in soft tissue sarcoma: Their implications for diagnosis, patient’s prognosis, and molecular target therapy in the future
, Cancer Sci 100(2): 200-208, 2009 (Corresponding), 2009.02.
2. Oda Y, Tsuneyoshi M , Expression of multidrug resistance-related molecules and Y-box-binding protein-1 in soft-tissue sarcomas.
, Nova Scientific Publisher (Corresponding), 2008.10.
主要学会発表等
1. Oda Y, New concepts and classification of soft tissue tumors.
In: What are new concepts and classification in bone and soft tissue tumors?
, Refresher Course of 9th Annual Scientific Meeting of the Asian Musculoskeletal Society, 2007.01.
2. 小田義直、小林周、泉貞有、孝橋賢一、的野浩士、山元英崇、田宮貞史、恒吉正澄, 軟部腫瘍の病理診断における免疫染色の問題点-シンポジウム3/
骨・軟部腫瘍の病理診断におけるHE染色の限界と免疫染色の問題点
 , 第39回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会, 2006.07.
3. Oda Y, Tsuneyoshi M, Oda Y, Tsuneyoshi M:
Pathology of synovial tumors
Annual Referesher Course of the 32 nd International Skeletal Society, Sep 30,
2005, Singapore, Annual Referesher Course of the 32 nd International Skeletal Society, 2005.09.
4. 小田義直, デスモイド型線維腫症とその関連病変
ワークショップ/新WHO分類に基づく良悪性中間的軟部腫瘍, 第94回日本病理学会総会, 2005.04.
5. 小田義直、 斎藤剛、川口謙一、高比良知也、小林周、泉貞有、山元英崇、田宮貞史、恒吉正澄, 悪性軟部腫瘍における分子病理学的予後因子
シンポジウム: 骨軟部腫瘍: 分子病理学の意義は? 分子標的治療は可能か?, 第63回日本癌学会学術集会, 2004.09.
6. Oda Y, Kawaguchi K, Naka T, Tsuneyoshi M, Osteosarcoma versus malignant fibrous histiocytoma of bone in patients older
than 40 years, Annual Referesher Course of the 30 th International Skeletal Society, 2003.09.
7. 小田義直, 骨軟部腫瘍の生物学的態度に関連する遺伝子変異
ワークショップ「形態・機能と遺伝子」骨軟部腫瘍, 第92回日本病理学会総会, 2003.04.
学会活動
所属学会名
日本サルコーマ治療研究学会(JSTAR)
International Society of Bone and Soft Tissue Pathology
日本消化器癌発生学会
大腸癌研究会
日本小児血液・がん学会
日本婦人科腫瘍学会
日本病理学会
日本整形外科学会
日本癌学会 
日本臨床細胞学会 
International Academy of Pathology
International Skeletal Society(Closed member)
学協会役員等への就任
2010.11~2023.03, International Academy of Pathology, 日本支部理事.
2013.04~2015.03, International Academy of Pathology, 教育担当理事.
2016.04~2018.03, International Academy of Pathology, 幹事.
2019.04~2023.03, International Academy of Pathology, 次期会長.
2013.04~2017.03, International Society of Bone and Soft Tissue Pathology.
2021.04~2023.03, International Society of Bone and Soft Tissue Pathology, 理事長.
2009.04~2009.05, JCOG骨軟部腫瘍研究グループ(JCOG0304), 病理中央診断委員会委員.
2007.06~2009.03, 国立がんセンターがん対策情報センター臨床試験・診療支援部, 病理診断コンサルテーション推進室コンサルタント.
2018.01~2020.12, 国際病理アカデミー日本支部, 副会長.
2017.08~2023.03, 日本サルコーマ治療研究学会(JSTAR), 理事.
2008.01~2009.11, 日本学術振興会, 科学研究費委員会専門委員.
2021.07~2023.03, 日本小児血液・がん学会, 評議員.
2021.06~2023.06, 日本小児血液・がん学会, JCCG病理診断委員会委員.
2015.01~2023.03, 日本整形外科学会, 悪性骨腫瘍診療ガイドライン策定委員会委員.
2013.09~2023.03, 日本消化器癌発生学会, 評議員.
2001.04~2014.03, 日本病理学会, 研究推進委員会委員長.
2008.04~2010.03, 日本病理学会, 人材育成委員会委員.
2008.04~2010.03, 日本病理学会, 病理診断講習会委員会委員.
2009.04~2011.03, 日本病理学会, 病理専門医施設審査委員会委員.
2011.04~2023.03, 日本病理学会, 学術委員会委員.
2011.04~2023.03, 日本病理学会, 癌取り扱い規約委員会委員.
2012.04~2022.03, 日本病理学会, 理事.
1999.04~2023.03, 日本病理学会, 評議員.
2014.04~2023.03, 日本病理学会, ゲノム病理診断体制委員会委員長.
2014.04~2018.03, 日本病理学会, 企画委員会委員長.
2016.04~2023.03, 日本病理学会, コンサルテーション委員会委員長.
2018.04~2023.03, 日本病理学会, 国際交流委員会委員長.
2022.04~2024.04, 日本病理学会, 理事長.
2005.01, 日本病理学会コンサルテーションシステム, コンサルタント.
2005.05, 日本病理学会九州沖縄支部, 広報委員長.
2000.04, 日本病理学会九州沖縄支部九州沖縄スライドカンファレンス, 庶務会計.
2000.05, 日本病理学会認定病理医部会, 部会報編集委員.
2010.01~2023.03, 日本癌学会, 評議員.
2015.06~2023.03, 日本臨床細胞学会, 渉外・広報委員会委員.
2013.04~2023.03, 日本臨床細胞学会, 評議員.
2015.05~2023.03, 日本骨軟部腫瘍研究会, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2021.11.04~2021.11.05, 第67回日本病理学会秋期特別総会, 座長.
2021.10.14~2021.10.15, 第36回日本整形外科学会基礎学術集会, 座長.
2021.11.25~2021.11.27, 第17回日本病理学会カンファレンス, 座長.
2021.06.04~2021.06.06, 第62回日本臨床細胞学会総会春期大会, 座長.
2021.04.22~2021.04.24, 第110回日本病理学会総会, 座長.
2020.10.01~2020.10.03, 第79回日本癌学会学術総会, 座長.
2019.11.16~2019.11.17, 第58回日本臨床細胞学会秋期大会, 座長.
2019.07.11~2019.07.12, 第52回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会, 座長.
2018.11.17~2018.11.18, 第57回日本臨床細胞学会総会秋期大会, 座長(Chairmanship).
2018.06.29~2018.06.29, 第5回全国大学病院病理診断科・病理部会議, 担当校・世話人.
2017.11.18~2017.11.19, 第56回日本臨床細胞学会総会秋期大会, 座長(Chairmanship).
2017.05.27~2017.05.28, 第58回日本臨床細胞学会総会, 座長(Chairmanship).
2016.11.10~2016.11.11, 第62回日本病理学会秋期特別集会, 座長(Chairmanship).
2016.05.12~2016.05.14, 第105回日本病理学会総会, 座長(Chairmanship).
2015.11.21~2015.11.22, 第54回日本臨床細胞学会秋期大会, 座長(Chairmanship).
2015.05.29~2015.05.31, 第114回日本皮膚科学会総会, 教育講演.
2015.04.30~2015.05.02, 第104回日本病理学会学術集会, シンポジスト.
2015.04.30~2014.05.02, 第104回日本病理学会総会, 座長(Chairmanship).
2015.03.28~2015.03.29, ゲノム病理標準化センター講習会, 講演.
2015.02.12~2015.02.13, 1st International Symposium Foundation for Promotion of Cancer Research, 講演.
2014.11.15~2014.11.15, 第16回癌と骨病変研究会, 招待講演.
2014.11.13~2014.11.14, 第25回日本消化器癌発生学会総会, 座長(Chairmanship).
2014.10.13~2014.10.17, 41st Annual Meeting of International Skeletal Society , 座長(Chairmanship).
2014.10.08~2014.10.10, XXXth Congress of the International Academy of Pathology, 特別講演、セミナー.
2014.06.28~2014.06.28, 19th Korean Academy of Science and Technology, International Symposium, 特別講演.
2014.06.13~2014.06.15, 第98回ドイツ病理学会, 特別講演、セミナー.
2014.05.25~2014.05.25, 台湾病理学会, 特別講演、セミナー.
2014.04.24~2014.04.26, 第103回日本病理学会学術集会, 教育講演.
2014.04.24~2014.04.26, 第103回日本病理学会総会, 座長(Chairmanship).
2014.02.01~2014.02.01, 第27回JCR ミッドウインターセミナー, 教育講演.
2013.11.23~2013.11.23, 病理学教育セミナー 国際病理アカデミー日本支部, 教育講演演者.
2013.11.02~2013.11.03, 第52回日本臨床細胞学会秋期大会, 座長(Chairmanship).
2013.09.25~2014.09.28, 45th Congress of the International Society of Paediatric Oncology (SIOP), Invited Speaker.
2013.09.07~2013.09.07, The 8th Asia Pacific IAP Congress, Invited speaker.
2013.07.11~2013.07.12, 第46回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会, 座長(Chairmanship).
2013.06.06~2013.06.08, 第102回日本病理学会総会, 座長(Chairmanship).
2013.03.03~2013.03.08, 102nd USCAP Annual Meeting, シンポジスト.
2012.11.24~2011.11.24, 病理学教育セミナー 国際病理アカデミー日本支部, 教育講演演者.
2012.10.03~2012.10.05, XXIXth Congress of the International Academy of Pathology, スライドセミナー演者.
2012.09.19~2011.09.21, 第71回日本日本癌学会学術総会, シンポジスト.
2012.09.19~2012.09.21, 第71回日本癌学会学術総会, 座長(Chairmanship).
2012.08.04~2012.08.24, 日本病理学会近畿支部夏期病理診断セミナー, 特別講演演者.
2012.07.23~2012.07.23, 第348回 MOC会, 特別講演演者.
2012.07.14~2011.07.15, 第45回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会, 基調講演.
2012.07.14~2012.07.15, 第45回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会, 座長(Chairmanship).
2012.04.26~2012.04.28, 第101回日本病理学会総会 , シンポジスト.
2012.04.26~2012.04.28, 第101回日本病理学会総会, 座長(Chairmanship).
2012.02.04~2012.02.04, 第20回多摩骨軟部腫瘍研究会 , 特別講演演者.
2011.11.18~2011.11.19, 病理学教育セミナー 国際病理アカデミー日本支部, 教育講演演者.
2011.11.07~2011.11.07, 第7回琉球骨軟部腫瘍カンファレンス, 特別講演演者.
2011.10.15~2011.10.15, 平成22年度広島県支部細胞診専門医会・細胞検査士会合同講演会, 教育講演演者.
2011.10.03~2011.10.05, 第70回日本癌学会学術総会, 座長(Chairmanship).
2011.09.02~2011.09.02, 2011年度小児腫瘍症例検討会, 特別講演演者.
2011.08.24~2011.08.25, 第22回日本臨床口腔病理学会, 特別講演演者.
2011.08.06~2011.08.06, 九州山口小児がん学術講演会, 特別講演演者.
2011.07.14~2011.07.15, 第44回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会, 教育講演演者.
2011.07.14~2011.07.15, 第44回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会, 座長(Chairmanship).
2011.05.25~2011.05.30, 22nd World Congress of Dermatology, 座長(Chairmanship).
2011.05.24~2011.05.30, 22nd World Congress of Dermatology, ワークショップ座長、演者.
2011.05.22~2011.05.25, 7th Asia Pacific IAP Congress, セミナー演者、座長.
2011.05.22~2011.05.25, 7th Asia Pacific IAP Congress, 座長(Chairmanship).
2011.05.21~2011.05.22, 第52回 日本臨床細胞学会総会 , 教育講演演者.
2011.05.21~2011.05.22, 第100回日本病理学会総会, ワークショップ演者、座長.
2011.05.07~2011.05.07, 第45回日本骨軟部腫瘍研究会, 座長(Chairmanship).
2011.04.28~2011.04.30, 第100回日本病理学会総会 , 座長(Chairmanship).
2011.03.17~2011.03.17, 第68回DCO会, 特別講演演者.
2010.11.11~2010.11.11, 第13回FCAMセミナー, 特別講演演者.
2010.11.05~2010.11.05, 第18回北九州がんセミナー, 特別講演演者.
2010.10.11~2010.10.14, XXVIIIth International Congress of the International Academy of Pathology, シンポジスト.
2010.05.13~2010.05.14, Spring Meeting of the Korean Society of the Pathology, 特別講演演者.
2010.04.29~2010.04.29, 第99回日本病理学会総会, 教育講演演者.
2010.04.28~2010.05.01, 第99回日本病理学会総会 , 座長(Chairmanship).
2010.02.20~2011.02.20, 第27回日本臨床細胞学会熊本県支部学会, 特別講演演者.
2009.11.22~2009.11.22, The International Orthopaedic Symposium in Fukuoka 2009, 特別講演演者.
2009.10.31~2010.05.01, 第48回日本臨床細胞学会秋期大会 , 座長(Chairmanship).
2009.10.22~2009.10.22, 第47回日本癌治療学会学術集会, パネルディスカッション演者.
2009.08.28~2009.08.29, 第3回診断病理サマーフェスト, 教育講演演者.
2009.07.24~2009.07.24, 第3回北部九州骨・軟部腫瘍治療研究会, 特別講演演者.
2009.07.17~2009.07.17, 第42回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会, シンポジスト.
2009.05.30~2009.05.30, 第43回日本骨軟部腫瘍研究会 , 座長(Chairmanship).
2009.05.15~2009.05.15, 第76回骨軟部肉腫治療研究会, 特別講演演者.
2009.05.14~2009.05.16, 第82回日本整形外科学会学術総会, 教育研修講演演者.
2009.05.08~2009.05.09, 第27回日本脳腫瘍病理学会, 教育講演演者.
2009.05.03~2009.05.08, 第98回日本病理学会総会, 座長(Chairmanship).
2009.03.07~2009.03.07, 平成20年度老健法指定講習会, 教育講演演者.
2008.10.23~2008.10.24, 第23回日本整形外科学会基礎学術集会, シンポジスト.
2008.02, The 3rd Korean Society of Skin Cancer, 特別講演演者.
2008.01, 第235回北九州整形外科医会, 特別講演演者.
2007.10, 第66回日本癌学会学術総会 , 座長(Chairmanship).
2007.07, 第40回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会, シンポジスト.
2007.06, 第26回西日本骨軟部腫瘍懇話会 , 病理組織コメンテーター.
2007.03, 第96回日本病理学会総会, 座長(Chairmanship).
2007.02, 第51回千葉県骨軟部腫瘍研究会, 特別講演 演者.
2007.01, Refresher Course of 9th Annual Scientific Meeting of the Asian Musculoskeletal Society, Faculty.
2006.12, 第22回日本臨床細胞学会福岡県支部総会, 座長(Chairmanship).
2006.11, 第38回日本骨軟部腫瘍研究会, 座長(Chairmanship).
2006.07, 第39回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会, シンポジスト.
2006.05.27~2006.05.27, 第37回日本骨軟部腫瘍研究会 , 座長(Chairmanship).
2006.05, 第95回日本病理学会総会, シンポジスト.
2005.11, The 6th Japanese-Korean Joint Slide Conference of the Bone and Soft Tissue Pathology, 座長(Chairmanship).
2005.09, International Skeletal Society, Faculty.
2005.09, Annual Referesher Course of the 32nd International Skeletal Society, 座長(Chairmanship).
2005.07, 第38回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会, 座長(Chairmanship).
2005.05, 第46回日本臨床細胞学会総会, 座長(Chairmanship).
2005.04, 第94回日本病理学会総会, シンポジスト.
2004.12.12~2004.12.12, 第20回日本臨床細胞学会福岡県支部総会  , 座長(Chairmanship).
2004.10, Annual Referesher Course of the 31st International Skeletal Society, 座長(Chairmanship).
2004.09, 第63回日本癌学会総会, シンポジスト.
2004.09, 第3回九州・癌と骨病変研究会, 座長(Chairmanship).
2004.05.22~2004.05.22, 第32回日本骨軟部腫瘍研究会 , 座長(Chairmanship).
2003.09, International Skeletal Society, Faculty.
2003.05.24~2003.05.24, 第30回日本骨軟部腫瘍研究会   , 座長(Chairmanship).
2002.11.30~2002.11.30, 第29回日本骨軟部腫瘍研究会   , 座長(Chairmanship).
2002.07.18~2002.07.18, 第35回日本整形外科学会・骨軟部腫瘍学術集会, 座長(Chairmanship).
2002.05.25~2002.05.25, 第28回日本骨軟部腫瘍研究会, 座長(Chairmanship).
2002.03.26~2002.03.26, 第91回日本病理学会総会, 座長(Chairmanship).
2001.05.26~2001.05.26, 第26回日本骨軟部腫瘍研究会, 座長(Chairmanship).
2000.05.27~2000.05.27, 第22回日本骨軟部腫瘍研究会, 座長(Chairmanship).
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2021.04~2022.03, 悪性軟部腫瘍 改訂・改題第2版 腫瘍病理鑑別診断アトラス, 国内, 編集委員.
2021.04~2022.03, 骨腫瘍 腫瘍病理鑑別診断アトラス, 国内, 編集委員.
2021.04~2022.03, わかりやすい病理学 改訂第7版, 国内, 編集委員.
2020.04~2021.03, カラーアトラス 病理組織の見方と鑑別診断 第7版, 国内, 編集委員.
2020.04~2021.03, 外科病理学第5版, 国内, 編集委員.
2020.04~2021.03, WHO Classification of Tumours, 5th Edition, Soft Tissue and Bone Tumours, 国際, 編集委員.
2019.01, Human Pathology , 国際, 査読委員.
2016.04, Pathology Research and Practice, 国際, 査読委員.
2017.04~2020.04, 文光堂 外科病理学第5版, 国内, 編集委員.
2013.04~2016.03, 文光堂 腫瘍病理鑑別診断アトラス, 国内, 編集委員.
2013.04~2016.03, 文光堂 病理組織アトラス, 国内, 編集委員.
2012.04~2016.03, 文光堂 病理と臨床, 国内, 査読委員.
2011.04~2017.03, Journal of Orthopedic Science, 国際, 査読委員.
2010.01~2014.03, Cancer Science, 国際, 査読委員.
2009.08~2012.05, Skeletal Radiology, 国際, 査読委員.
2007.01, Pathology International, 国際, 編集委員.
2002.04, Pathology International, 国際, 査読委員.
2000.04, Japanese Journal of Clinical Oncology, 国際, 査読委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2021年度 88  13      101 
2020年度 78  19      97 
2019年度 62      69 
2018年度 11      13 
2015年度 18      20 
2014年度 41      43 
2013年度 54      59 
2012年度 38    45 
2011年度 46    54 
2010年度 31  42 
2009年度 31  31 
2008年度 40  40 
2007年度 24  24 
2006年度 24  24 
2005年度 11  11 
2004年度 13  13 
2003年度 12  12 
2002年度 16  16 
2001年度
2000年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Institute of Pathology, Magdeburg University, Germany, 1993.07~1995.09.
受賞
日本病理学賞, 日本病理学会, 2016.05.
日本病理学会学術奨励賞, 日本病理学会, 2000.04.
日本病理学会学術研究賞(A演説)(平成13年), 日本病理学会, 2001.11.
International Academy of Pathology 日本支部 2002年病理診断学術奨励賞 , International Academy of Pathology 日本支部, 2002.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2020年度~2023年度, 基盤研究(C), 分担, 人工知能による深層機械学習システムを用いた乳癌組織画像解析アルゴリズムの構築.
2019年度~2023年度, 基盤研究(B), 分担, 癌転移形質に寄与する核内非翻訳RNAの探索と抗体分子架橋による次世代核酸薬の創出.
2016年度~2020年度, 基盤研究(A), 分担, 骨軟部腫瘍における診断マーカーの同定と腫瘍概念の再構築を目指した融合遺伝子の探索.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 分担, TrkB/BDNF経路を標的とした浸潤性胸腺腫・胸腺癌にたいする治療法開発.
2014年度~2016年度, 新学術領域研究, 分担, 医用画像に基づく計算解剖学の多元化と高度知能化診断・治療への展開.
2014年度~2015年度, がん特別研究, 分担, 軟部肉腫に対するゲノム解析による新規治療標的分子の探索.
2014年度~2016年度, 基盤研究(A), 分担, 骨軟部腫瘍における診断マーカーの同定と腫瘍概念の再構築を目指した融合遺伝子の探索.
2014年度~2018年度, 新学術領域研究, 分担, 多元計算解剖学の外科における臨床展開.
2013年度~2015年度, 基盤研究(A), 分担, 小児外科領域の難治性疾患における脱落乳児幹細胞を用いた新規治療法の開発.
2013年度~2015年度, 基盤研究(C), 分担, 腸管B細胞リンパ腫の分子機構:遺伝子およびmicroRNA異常の解析.
2013年度~2016年度, 基盤研究(B), 代表, 転座関連および非転座関連悪性軟部腫瘍における分子標的の網羅的探索.
2013年度~2016年度, 基盤研究(B), 分担, 悪性骨軟部腫瘍における薬剤耐性獲得機構の解明.
2012年度~2013年度, 萌芽研究, 分担, Y-ボックス結合蛋白-1(YB-1)と関連遺伝子を標的とした新しいがん克服への取り組み.
2011年度~2013年度, 一般研究(C), 分担, 原発性肺高血圧におけるプロテイナーゼ活性型受容体の病態的役割の解明と治療応用.
2009年度~2012年度, 基盤研究(B), 代表, 悪性軟部腫瘍におけるシグナル伝達分子異常の解析と分子標的治療の可能性の研究.
2009年度~2012年度, 基盤研究(B), 代表, 悪性軟部腫瘍におけるシグナル伝達分子異常の解析と分子標的治療の可能性の研究.
2006年度~2008年度, 基盤研究(C), 代表, 悪性骨軟部腫瘍の転移におけるケモカインレセプターおよび血管新生の関与.
2005年度~2007年度, 萌芽研究, 分担, 上皮性肉腫の細胞形態・予後における細胞膜蛋白Dysadherinの役割.
2004年度~2004年度, がん特別研究, 分担, Ewing肉腫におけるアポトーシス抑制機構の解明と分子標的治療法の開発.
2003年度~2005年度, 基盤研究(C), 代表, 悪性骨軟部腫瘍における細胞周期制御遺伝子および蛋白発現の研究.
2002年度~2005年度, 基盤研究(A), 分担, Ewing肉腫の発がん機構の解明と分子標的治療の開発.
2000年度~2002年度, 基盤研究(B), 分担, 悪性骨軟部腫瘍の浸潤、転移に関わるシグナル伝達分子を標的とした新しい治療法の開発.
2000年度~2002年度, 基盤研究(C), 代表, 軟部肉腫における分子生物学的予後因子の研究.
1998年度~2001年度, 基盤研究(A), 分担, EWS-Fli1融合遺伝子を指標としたEwing肉腫、PNETの診断、治療の研究.
1997年度~1999年度, 基盤研究(B), 分担, MMP及びTIMPの遺伝子発現制御による悪性腫瘍の基底膜浸潤・転移の制御法の開発.
1997年度~2000年度, 基盤研究(B), 分担, 骨軟部肉腫の転移増殖に及ぼす各種増殖因子の影響の分子病理学的解析.
1997年度~1998年度, 奨励研究(A), 代表, 骨肉腫における多剤耐性遺伝子の発現と転移能についての研究.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2021年度~2021年度, , 分担, 肉腫・脳腫瘍などの希少がんを対象としたゲノム解析によるる予防法・診断法・治療法の開発.
2020年度~2022年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 学会連携を通じた希少癌の適切な医療の質向上と次世代を担う希少がん領域の人材育成に資する研究.
2020年度~2022年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 難治性小児消化器疾患の医療水準向上および移行期・成人期のQOL向上に関する研究.
2020年度~2022年度, , 分担, 高悪性度骨軟部腫瘍に対する標準治療確率のための研究.
2020年度~2022年度, , 分担, 小児およびAYA世代の横紋筋肉腫患者に対するリスク層別化臨床試験実施による標準的治療法の開発.
2019年度~2021年度, 革新的がん医療実用化研究事業, 分担, 進行軟部肉腫に対する二次治療における標準治療の開発のための研究.
2019年度~2020年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 多中心性細網組織球症の疫学および治療法に関する調査研究.
2018年度~2020年度, , 分担, ヒルシュスプルング病類縁疾患診療ガイドライン改定を目指したエビデンス創出研究.
2017年度~2019年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 希少がんの病理診断と診療体制の実態とあり方に関する研究 .
2017年度~2019年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 希少癌診療ガイドラインの作成を通した医療提供体制の質向上.
2014年度~2016年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 小児期からの希少難治性消化管疾患の移行期を包含するガイドラインの確率に関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2017年度~2017年度, AMED, 分担, AI等の利活用を見据えた病理組織デジタル画像(WSI)の収集基盤整備と病理支援システム開発(病理組織デジタル画像収集に関する研究)
.
2017年度~2019年度, AMED, 分担, 高悪性度骨軟部腫瘍に対する標準治療確率のための研究.
2017年度~2019年度, がん研究助成金 (厚生労働省), 分担, 希少がんの病理診断と診療体制の実態とあり方に関する研究.
2017年度~2019年度, がん研究助成金 (厚生労働省), 分担, 希少癌診療ガイドラインの作成を通した医療提供体制の質向上.
2017年度~2019年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 小児期から移行期・成人期を包括する希少難治性慢性消化器疾患の医療政策に関する研究 .
2017年度~2018年度, , 分担, 粘液型脂肪肉腫・滑膜肉腫・通常型軟骨肉腫におけるN Y - E S O - 1 の発現と臨床成績に関する研究 .
2016年度~2017年度, AMED, 分担, ゲノム解析による骨軟部腫瘍の多様性の解析と治療標的・バイオマーカーの探索.
2015年度~2016年度, AMED, 分担, 高悪性度骨軟部腫瘍に対する標準治療確立のための研究.
2014年度~2015年度, がん研究助成金 (厚生労働省), 分担, 人工核酸YB-1阻害アンチセンス:膵癌に対する新しい分子標的薬の前臨床研究.
2014年度~2016年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 小児期からの希少難治性消化管疾患の移行期を包含するガイドラインの確立に関する研究.
2012年度~2012年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, がん臨床研究事業(高悪性度骨軟部腫瘍に対する標準治療確立のための研究).
2012年度~2013年度, がん研究助成金 (厚生労働省), 分担, 小児期からの消化器系希少難治性疾患群の包括的調査研究とシームレスなガイドライン作成
分担研究 病理学的解析.
2011年度~2012年度, がん研究助成金 (厚生労働省), 分担, 平成23年度がん研究開発費:中馬班
機能温存のための精密縮小手術と至適補助療法の開発、品質管理および標準化に向けた基盤的研究
(分担)切除標本の病理学的解析
.
2006年度, 金原一郎記念医学振興財団第21回基礎医学医療研究助成, 代表, 横紋筋肉腫における多剤耐性遺伝子と転写因子YB-1の発現.
1999年度~2000年度, 財団法人がん研究振興財団がん研究助成金, 代表, 悪性軟部肉腫における多剤耐性関連遺伝子の発現: Real-Time Quantative RT-PCR法および
免疫組織化学染色による解析.
1997年度~1998年度, 佐川がん研究助成振興財団, 代表, 骨肉腫における多剤耐性遺伝子の発現と転移能についての研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」