九州大学 研究者情報
発表一覧
宮本 智文(みやもと ともふみ) データ更新日:2020.06.16

准教授 /  薬学研究院 臨床薬学部門 臨床薬学


学会発表等
1. 白潔, 田中 千晶,田中 宏幸, 宮本 智文, ノルリグナンに関する二,三の事象について, 第42回九州紙パルプ研究会, 2018.06.
2. Tomofumi Miyamoto, Randaiols, allyl-biphenyls, prevent methlglyoxal-induced apoptosis through the modulation of survivin expression, Australia-Japan Meeting on Cell Death, 2018.05.
3. Tomofumi Miyamoto, Isolation, structure, synthesis and anti-tumor activity of methoxy nyasols from Anemarrhenae rhizoma, International Symposium on Biodiversity of Medicinal Plants & Orchids, 2018.02.
4. 白潔, 田中 千晶,田中 宏幸, 宮本 智文, メチルグリオキサール誘発細胞死抑制活性を有するrandaiol誘導体の作用機序と構造活性相関, 日本生薬学会第64回年会, 2017.09.
5. 宮本 智文, Ryo Yazaki, K. Watari, 生薬チモ由来新規ノルリグナンの抗腫瘍活性, 日本薬学会第137年会, 2017.03.
6. Le Van Huy, 田中 千晶, 山﨑 晶, 宮本 智文, 真菌マラセチア由来のMincleリガンド類縁体の合成, 日本薬学会第137年会, 2017.03.
7. Tomofumi Miyamoto, Structures and Biological Activities of Polyacetylenic Compounds from the Japanese Marine Sponges
, 8th US-Japan Symposium, 2016.11.
8. Bai Jie, Chiaki Tanaka, Hiroyuki Tanaka, Shinya Dohgu, Toshiaki Watanabe, Tomofumi Miyamoto, Search for new mwdicinal seeds to prevent the diabetic microvascular diseases, The 9th Vietnamese-Japanese Student's Scientific Exchange Meeting, 2016.09.
9. Tomofumi Miyamoto, 白潔, Chiaki Tanaka, Hiroyuki Tanaka, Search for new medicinal seeds to prevent the diabetic microvascular diseases, NatPro6, 2016.01.
10. Tomofumi Miyamoto, Didier Kinkela, Chiaki Tanaka, Chemical Studies on the allelopathy of Asparagus officinalis, NatPro6, 2016.01.
11. Didier KINKELA, 田中 千晶, 宮本 智文, アスパラガスのアレロパシーに関する化学的研究, 日本薬学会第135年会, 2015.03.
12. 白潔, 田中 千晶, 田中 宏幸, 道具伸也, 渡辺俊明, 宮本 智文, メチルグリオキサール誘発細胞傷害を制する天然物由来糖尿病合併症進行阻害剤の探索, 日本薬学会第135年会, 2015.03.
13. 李禎, Adeymi Gabriel, 田中 千晶, 宮本 智文, 沖縄産海綿由来の新規細胞増殖阻害活性物質の探索 第2報, 日本薬学会第135年会, 2015.03.
14. 宮本 智文, Structures, Synthesis and Biological Activity of Novel Nor-lignans isolated from the Crude Drug Anemarrhenae Rhizoma, The 1st International Conference on Herbal and Traditional Medicine, 2015.01.
15. 宮本 智文, 白水隆喜, 田中 千晶, 渡公佑, Rob W.M. van Soest, 海綿由来のビスアセチレンアルコールのユニークな生物活性, 第15回マリンバイオテクノロジー学会, 2013.06.
16. 柏木美沙子, 白水隆喜, 田中 千晶, 宮本 智文, 生薬知母由来のノルリグナン二関する化学的研究, 日本薬学会第133年会, 2013.03.
17. 日高幸佑, 田中 千晶, 宮本 智文, Rob van Soest, 海綿Neamphius huxleyiに由来する抗真菌活性物質の単離と構造決定, 日本薬学会第133年会, 2013.03.
18. 李禎, 楠田亮平, 田中 千晶, 宮本 智文, 沖縄産海綿由来の新規細胞増殖阻害活性物質の探索, 日本薬学会第133年会, 2013.03.
19. 白水隆喜、渡公佑、小野真弓、小泉桂一、済木育夫、田中千晶、宮本智文、Rob. W. M. Van Soest, 海綿Callyspongia sp. 由来の新規リンパ管新生阻害物質の単離と構造 第2報
, 日本薬学会第132年会, 2012.03.
20. 菰方浩人、田中宏幸、田中千晶、宮本智文、Rob. W. M. Van Soest, 抗体の交差反応性を利用した新規医薬シーズ探索法の開発 第2報, 日本薬学会第132年会, 2012.03.
21. 田中千晶、菰方浩人、田中宏幸、、宮本智文, 抗体の交差反応性を利用した新規医薬シーズ探索法の開発 , 日本薬学会第132年会, 2012.03.
22. Chiaki Tanaka,Hiroto Komokata, Hiroyuki Tanaka, Tomofumi Miyamoto, New approach for natural product drug discovery based on the cross-reactivity of antibody, VIIth US-Japan Seminar, 2011.12.
23. Tomofumi Miyamoto, Chiaki Tanaka, New Biological Functions of Polyacetylenic Compounds from Marine Sponges, VIIth US-Japan Seminar, 2011.12.
24. 宮本智文, ものとり構造決定の天然物化学, イノベーティブマリンバイオテクノロジー研究者育成&総合的バイオイメージング研究者育成合同シンポジウム, 2011.07.
25. Tomofumi Miyamoto, Search for New Medicinal Seeds from Natural Resources with the Molecular Targeted Screening, The 10th International Symposium Recent Trends in Drug Discovery and Development, 2011.06.
26. Wanzola Mpanzu、田中千晶、宮本智文、Rob. W. M. Van Soest, 海綿Erylus sp. 由来のNO産生抑制物質の単離と構造, 日本薬学会第131年会, 2011.03.
27. Tomofumi Miyamoto, Tanaka Chiaki, Search for new medicinal seeds from the marine invertebrates, 日本薬学会第131年会, 2011.03.
28. 菰方浩人、田中宏幸、田中千晶、宮本智文、Rob. W. M. Van Soest, 抗体の交差反応性を利用した新規医薬シーズ探索法の開発 , 日本薬学会第131年会, 2011.03.
29. 白水隆喜、渡公佑、小野真弓、小泉桂一、済木育夫、田中千晶、宮本智文、Rob. W. M. Van Soest, 海綿Callyspongia sp. 由来の新規リンパ管新生阻害物質の単離と構造 , 日本薬学会第131年会, 2011.03.
30. 日高幸佑、田中千晶、宮本智文、Rob. W. M. Van Soest, 海綿Neamphius huxleyi. の新規抗真菌活性物質の単離と構造決定, 日本薬学会第131年会, 2011.03.
31. Tomofumi Miyamoto, Ryuichi Higuchi, Glycosphingolipids of Echinoderms The Chemical Diversity of Carbohydrate and Ceramide Structure, The 9th Joint Seminar NRCT-JSPS, 2010.12.
32. 此木敬一、松浦宏樹、斎藤香、長由扶子、山下まり、宮本智文、杉浦直幸、福沢世傑、橘和夫, クロイソカイメン中のオカダ酸の生理機能, 第52回天然有機化合物討論会, 2010.09.
33. Jeong Dami、渡公佑、白水隆喜、樋口隆一、宮本智文, 軟サンゴLobophytum crassumの新規NO産生抑制物質の探索, 日本薬学会第130年会, 2010.03.
34. Wanzola Mpanzu、河野泰尚、福満俊一、古田高章、樋口隆一、宮本智文, 軟サンゴLobophytum crassumの新規NO産生抑制物質の探索, 日本薬学会第130年会, 2010.03.
35. 林隆一、 田中千晶、宮本智文、樋口隆一, ウミウシ類のアレロケミカルに関する化学生態学的研究, 第26回日本薬学会九州支部大会, 2009.12.
36. Mpanzu Wanzola, 田中千晶、宮本智文、樋口隆一, Search for new inhibitors of NO production from the Okinawan Soft Coral Lobophytum carssum, 第26回日本薬学会九州支部大会, 2009.12.
37. 渡公佑、樋口隆一、小野真弓、宮本智文, 炎症性サイトカイン誘導のリンパ管新生にはマクロファージ由来のVEGF-CとDが関与する, 第26回日本薬学会九州支部大会, 2009.12.
38. Tomofumi Miyamoto, Search for anti-angiogenic and -lymphangiogenic compounds from medicinal plants, 大韓東医病理学会, 2009.12.
39. Wanzola Mpanzu、河野泰尚、福満俊一、古田高章、樋口隆一、宮本智文, 軟サンゴLobophytum crassumの新規NO産生抑制物質の探索, 日本薬学会第129年会, 2009.03.
40. Pan Ke、渡公佑、樋口隆一、宮本智文, 棘皮動物コブヒトデの新規GM4型ガングリオシドの単離と構造, 日本薬学会第129年会, 2009.03.
41. Tomofumi Miyamoto, Search for bioactive compounds from marine invertebrates with molecular targeted screening, The 8th Joint Seminar Innovative Research in Natural Products for Sustainable Development, 2009.02.
42. Tomofumi Miyamoto, Search for anti-angiogenic compounds from natural resources, 2008' Shanghai International Symposium for Pharmaceutical Sciences, 2008.12.
43. Tomofumi Miyamoto,, Search for bioactive compounds from marine invertebrates with the molecular targeted screening, 11th International Symposium on Natural Product Chemistry, 2008.10.
44. 宮本智文、瀬海聖子、江村智佐登、田中千晶、樋口隆一, 沖縄産軟サンゴSinularia flexibilisの揮発性セスキテルペンの単離と構造決定, 日本生薬学会第55回年会, 2008.09.
45. Bo Zhang, Ryuichi Higuchi, Tomofumi Miyamoto, Rob. W. Van Soest, Identification of a free base form of manzamine A from a marine sponge, Acanthostrongylophora aff. ingens (Thiele, 1899), and its neuritogenic activity, 7th Joint Meeting of AFERP, ASP, GA,PSE & SIF, 2008.08.
46. Makoto Sueyoshi, Ryuichi Higuchi, Katsumi Doh-ura, Tomofumi Miyamoto, Spectroscopic analysis of the interaction between recombinant prion protein with natural prion binder, pheophytin A, The 4th KSP-JSP-CCTCNM Joint Symposium on Pahrmacognosy, 2008.06.
47. Kosuke Watari, Michihiko Kuwano, Mayumi Ono, Ryuichi Higuchi, Tomofumi Miyamoto, Stnthesis of an anti-angiogenic constituent, bryoanthrathiophene, isolated from the Japanese bryozoan, The 4th KSP-JSP-CCTCNM Joint Symposium on Pahrmacognosy, 2008.06.
48. Pan Ke, Ryuichi Higuchi, Tomofumi Miyamoto, Chemical studies on the ganglioside Molecular species from a Japanese starfish, Luidea quinaria, The 4th KSP-JSP-CCTCNM Joint Symposium on Pahrmacognosy, 2008.06.
49. Tomofumi, Miyamoto, Search for anti-prion compounds from natural resources, The 4th KSP-JSP-CCTCNM Joint Symposium on Pahrmacognosy, 2008.06.
50. 渡公佑、桑野信彦、小野真弓、樋口隆一、宮本智文, 新規アントラキノン誘導体Bryoanthrathiopheneの合成と血管内皮細胞増殖阻害活性, 日本薬学会第128年会, 2008.03.
51. 潘珂、稲垣昌宣、宮本智文、樋口隆一, ヒトデ及びウニ由来のガングリオシド分子種の化学的研究, 日本薬学会第128年会, 2008.03.
52. 江村智佐登、樋口隆一、宮本智文, 海綿由来多剤耐性克服物質の探索研究(第4報), 日本薬学会第128年会, 2008.03.
53. 末吉真、樋口隆一、宮本智文、同浦克美, フェオフィチン類による異常型プリオンタンパク質賛成阻害機構の解明, 第49回天然有機化合物討論会, 2007.10.
54. 宮本智文, 分子標的スクリーニングによる新しい天然医薬シーズの探索, 日本生薬学会第54回年会, 2007.09.
55. Kousuke Watari, Fotovati Abbas, Fumihito Hosoi, Yuji Basaki, Tomofumi Miyamoto, Michihiko Kuwano, Mayumi Ono, Interleukin-1beta induced lymphagiogenesis in the mouse cornea by a paracrine mechanism mediated by VEGF-C and D, 第66回日本癌学会総会, 2007.08.
56. 末吉真、樋口隆一、宮本智文、同浦克美, フェオフィチン類による異常型プリオンタンパク質賛成阻害機構の解明, 2007年プリオン研究会, 2007.08.
57. Tomofumi Miyamoto, Search for Bioactive Compounds from Marine Invertebrates with Molecular Targeted Screening, Vith US-Japan Seminar, 2007.07.
58. 宮本智文, がん間質応答を指標とした天然医薬シーズの探索, 生体機能分子の創製 第4回公開シンポジウム, 2007.06.
59. 宮本智文, 福岡近海産ウミウシ類のアレロケミカルに関する化学生態学的研究, 第20回海洋生物活性談話会, 2007.05.
60. 林隆一、宮本智文、樋口隆一, ウミウシ類のアレロケミカルに関する化学生態学的研究, 日本薬学会第127年会, 2007.03.
61. Miyamoto, T., Furuta, T., Iwakawa, Y., Takaki, H., Higuchi, R., Search for New Biological Response Modifiers from Okinawan Soft Corals, 12th MaNaPro, 2007.02.
62. 渡 公佑,アバス・フォトバティ,宮本智文,樋口隆一小野真弓, 炎症性サイトカインとリンパ管新生, 第1回九州ー北海道がんフォーラム, 2007.01.
63. 渡 公佑,小野田佳代,小野真弓,桑野信彦,宮本智文,樋口隆一, 海産アルカロイドOnnamide類の血管新生阻害作, 第23回日本薬学会九州支部大会, 2006.12.
64. 古田高章,宮本智文,樋口隆一, 海洋無脊椎動物由来NO産生抑制物質の探索 第2報, 第23回日本薬学会九州支部大会, 2006.12.
65. 末吉 真,岡 由美子,宮本智文,樋口隆一, プリオンタンパクに高親和性を示す天然素材の探索 第3報, 第23回日本薬学会九州支部大会, 2006.12.
66. Miyamoto, T., Immunochemical Studies of Starfish Gangliosides, The 2nd International Conference KSMB, 2006.11.
67. Miyamoto, T., Search for Bioactive Compounds from Marine Sponges and Soft Corals, National Conference on Marine Natural Products, 2006.08.
68. Miyamoto, T., Sadatomi, R., Tanaka, H., Higuchi, R., Kawatake, S., Doh-ura, K., Search for Inhibitors of Prion Replication from Natural Resources, International Conference on Biodiversity and Natural Products, 2006.07.
69. Mori, T., Tanaka, M., Mori, S., Miyamoto, T., Higuchi, R., Suemune, H., Synthetic Study of Chondrosiamide A, A Cyclic Depsipeptide from the Marine Sponge Chondrosia Chucalla, International Conference on Biodiversity and Natural Products, 2006.07.
70. Elbandy, M., Miyamoto, T., Lacaille-Dubois, M. A., Sulfated Lupane Triterpene Derivatives and a Flavone C-Glycoside from Gypsophila repens, International Conference on Biodiversity and Natural Products, 2006.07.
71. Inagaki, M., Shiizaki, M., Yatsugi, D., Miyamoto, T., Higuchi, R., Isolation and Structure of Phosphoglycosphingolipids from the Okinawan Feather Stars, Comanthina schlegeli and Comanthus benetti, International Conference on Biodiversity and Natural Products, 2006.07.
72. 古田高章,宮本智文,樋口隆一, 海洋無脊椎動物由来NO産生抑制物質の探索, 日本薬学会第126年会, 2006.03.
73. Miyamoto, T., Search for Bioactive Compounds from Marine Invertebrates and Medicinal Plants with the Molecular Targeted Screening, Asian Symposiumu for Pharmaceutical Science in JSPS, 2006.01.
74. 江村智佐登,宮本智文,樋口隆一, 海綿(Ircinia sp.)由来の新規タウリン結合型脂肪酸の単離と構造決定, 第22回日本薬学会九州支部大会, 2005.12.
75. Zhang, Bo, Miyamoto, T., Higuchi, R., Isolation and Structure of the Novel Neuronal Differntiation Inducer from the Okinawan Ascidian Didemnum molle, 第47回天然有機化合物討論会, 2005.10.
76. Miyamoto, T., Emura, C., Higuchi, R., Irciniasulfonic Acids B, A Novel Taurine Conjugated Fatty Acid Derivative from a Japanese Marine Sponge, Ircinia sp., 4th European Conference on Marine Natural Products, 2005.09.
77. 宮本智文,佐田富理恵,新開梨映子,田中宏幸,樋口隆一,川竹悟史,堂浦克美, プリオンタンパクに高親和性を示す天然素材の探索 第2報, 日本薬学会第125年会, 2005.03.
78. Miyamoto, T., Sadatomi, R., Tanaka, H., Higuchi, R., Kawatake, S., Doh-ura, K, Can forage grasses inhibit prion replication ?, International Symposium Prion Diseases, Food And Drug Safety, 2004.10.
79. 宮本智文,新開梨映子,田中宏幸,樋口隆一,川竹悟史,堂浦克美, プリオンタンパクに高親和性を示す天然素材の探索 第1報, 日本薬学会第124年会, 2004.03.
80. 宮本智文, 生薬・天然物研究の新展開を目指して, 日本薬学会第124年会, 2004.03.
81. 宮本智文,Sei-Joon Jeong,樋口隆一, 沖縄産海綿Chondrosia chucalla由来の新規細胞毒性環状デプシペプチドChondrosiamide類の単離と構造決定, 第45回天然有機化合物討論会, 2003.10.
82. 岩川悠,高木博子,宮本智文,樋口隆一, 海洋無脊椎動物由来腫瘍壊死因子(TNFa)産生抑制物質の探索(第2報)-沖縄産軟サンゴ(Sinularia sp.)由来のTNFa機能阻害物質-, 日本薬学会第123年会, 2003.03.
83. 吉舎史晃, 山田耕史, 宮本智文, 樋口隆一, グミ(Cucumaria echinata)のスフィンゴ糖脂質成分に関する化学的研究(第7報)-ガングリオシド成分について-, 日本薬学会第123年会, 2003.03.
84. 吉舎史晃, 山田耕史, 宮本智文, 樋口隆一, グミ(Cucumaria echinata)のスフィンゴ糖脂質成分に関する化学的研究(第6報)-ガングリオシド成分について-, 第19回日本薬学会九州支部大会, 2002.12.
85. 山田耕史, 濱田暁子, 土居智明, 宮本智文, 樋口隆一, シカクナマコ(Stichopus chloronotus)のスフィンゴ糖脂質成分に関する化学的研究(第3報)-ガングリオシド成分について-, 第19回日本薬学会九州支部大会, 2002.12.
86. 宮本智文, 科学論文に見るプロポリス, 第5回「くすりと食物」シンポジウム, 2002.11.
87. 楠元俊英, 宮本智文, 樋口隆一, 土井志真, 杉本広之, ブラジル産プロポリス成分に関する化学的研究(第3報), 日本生薬学会第49年会, 2002.09.
88. 児玉耕太,吉田裕樹,樋口隆一,宮本智文, 新規アポトーシス誘導剤Orostanal類の作用機構, 第6回がん分子標的治療研究会総会, 2002.06.
89. 高木博子, 小金丸亮二, 宮本智文, 樋口隆一, 海洋無脊椎動物由来腫瘍壊死因子(TNFa)産生抑制物質の探索(第1報)-沖縄産軟サンゴ(Sinularia sp.)由来のTNFa産生抑制物質-, 日本薬学会第122年会, 2002.03.
90. 田鍋香, 山田耕史, 宮本智文, 樋口隆一, ガンガゼ(Diadema setosum)のスフィンゴ糖脂質成分に関する化学的研究(第3報)-ガングリオシド成分について-, 日本薬学会第122年会, 2002.03.
91. 濱田暁子, 山田耕史, 宮本智文, 樋口隆一, シカクナナマコ(Stichopus chloronotus)のスフィンゴ糖脂質成分に関する化学的研究(第2報)-ガングリオシド成分について-, 日本薬学会第122年会, 2002.03.
92. 吉舎史晃, 山田耕史, 宮本智文, 樋口隆一, グミ(Cucumaria echinata)のスフィンゴ糖脂質成分に関する化学的研究(第5報)-ガングリオシド成分について-, 日本薬学会第122年会, 2002.03.
93. 山口洋介, 宮本智文, 樋口隆一, 田中正一, 末宗洋, 海綿由来多剤耐性克服物質の探索研究(第2報), 日本薬学会第122年会, 2002.03.
94. 小野田佳代, Sei-Joon Jeong, 宮本智文, 樋口隆一, Rob van Soest, 天然物由来新規血管新生阻害剤の探索(第3報)-沖縄産海綿(Theonella mirabilis)由来の血管新生阻害物質-, 日本薬学会第122年会, 2002.03.
95. 児玉耕太, 宮本智文, 樋口隆一, 吉田裕樹, 海綿由来新規アポトーシス誘導物質Orostanal誘導体の合成と活性, 日本薬学会第122年会, 2002.03.
96. 吉舎文晃, 山田耕史, 宮本智文, 樋口隆一, グミ(Cucumaria echinata)のスフィンゴ糖脂質成分に関する化学的研究(第4報) -ガングリオシド成分について-, 第18回日本薬学会九州支部大会, 2001.12.
97. 濱田暁子, 山田耕史, 宮本智文, 樋口隆一, シカクナマコ(Stichopus chloronotus)のスフィンゴ糖脂質成分に関する化学的研究(第1報) -ガングリオシド成分について-, 第18回日本薬学会九州支部大会, 2001.12.
98. 田鍋香, 山田耕史, 宮本智文, 樋口隆一, ガンガゼ(Diadema setosum)のスフィンゴ糖脂質成分に関する化学的研究(第2報) -ガングリオシド成分について-, 第18回日本薬学会九州支部大会, 2001.12.
99. Jeong Sei-Joon, 小野田佳代, 宮本智文, 樋口隆一, 小野真弓, 桑野信彦, Kim Youn-Chul, 天然由来の新しい血管新生阻害剤の探索, 第43回天然有機化合物討論会, 2001.10.
100. 山田耕史, 宮本智文, 樋口隆一, 棘皮動物ナマコ類の生物活性スフィンゴ糖脂質成分の構造と活性相関, 日本化学会第80秋季年会, 2001.09.
101. 楠元俊英, 宮本智文, 樋口隆一, 土井志真, 杉本広之, 山田英生, ブラジル産プロポリス成分に関する化学的研究(第2報) -アルテピリンCの光異性化に関して-, 日本生薬学会第48回年会, 2001.09.
102. 山田耕史, 田鍋香, 宮本智文, 樋口隆一, ガンガゼ(Diadema setosum)のスフィンゴ糖脂質成分に関する化学的研究(第1報), 日本生薬学会第48回年会, 2001.09.
103. 川上綾子, 宮本智文, 樋口隆一, 内海健, 桑野信彦, 海洋無脊椎動物由来多剤耐性克服物質の探索研究(第1報), 日本薬学会第121年会, 2001.03.
104. Jeong Sei-Joon, 宮本智文, 樋口隆一, 小野真弓, 桑野信彦, 天然物由来血管新生阻害剤の探索研究(第1報), 日本薬学会第121年会, 2001.03.
105. 荒尾和由, 稲垣昌宣, 宮本智文, 樋口隆一, ニッポンウミシダ(Comanthus japonica)のスフィンゴ脂質に関する化学的研究(第3報), 日本薬学会第121年会, 2001.03.
106. 楠元俊英, 宮本智文, 樋口隆一, 土井志真, 杉本広之, 山田英生, ブラジル産プロポリス成分に関する化学的研究(第1報), 第17回日本薬学会九州支部大会, 2000.12.
107. 坂井真樹, 井上進一, 宮本智文, 樋口隆一, イトマキヒトデ(Asterina pectinifera)の高極性ガングリオシドの構造研究, 第17回日本薬学会九州支部大会, 2000.12.
108. 山田耕史, 金子雅文, 吉舎史晃, 宮本智文, 樋口隆一, マナマコStichopus japonicsの新規神経突起伸展性ガングリオシド成分の構造と活性, 第42回天然有機化合物討論会, 2000.11.
109. 山田耕史, 金子雅文, 宮本智文, 樋口隆一, 棘皮動物のガングリオシド成分の構造と神経突起伸展活性相関, 日本生薬学会第47回年会, 2000.09.
110. 山田耕史, 金子雅文, 宮本智文, 樋口隆一, 棘皮動物のガングリオシド成分の構造と神経突起伸展活性相関, 第14回海洋生物活性活性談話会, 2000.06.
111. 山田耕史, 松原玲, 金子雅文, 宮本智文, 樋口隆一, ニセクロナマコHolothuria leucospilotaのスフィンゴ糖脂質に関する化学的研究(第4報)-ガングリオシド成分について-, 日本薬学会第120年会, 2000.03.
112. 金子雅文, 吉舎史晃, 山田耕史, 宮本智文, 樋口隆一, マナマコStichopus japonicsのスフィンゴ糖脂質に関する化学的研究(第3報)-ガングリオシド成分について-, 日本薬学会第120年会, 2000.03.
113. Sei-Joon Jeong, 稲垣昌宣, 宮本智文, 樋口隆一, Youn-Chul Kim, 香附子(Cyperus rotundus)由来の新規sesquiterpene alkaloidに関する化学的研究, 第16回日本薬学会九州支部大会, 1999.12.
114. 金子雅文, 川竹悟史, 山田耕史, 稲垣昌宣, 宮本智文, 樋口隆一, 棘皮動物由来ガングリオシドの神経突起伸展作用?構造活性相関について, 第16回日本薬学会九州支部大会, 1999.12.
115. 山田耕史, 松原玲, 金子雅文, 宮本智文, 樋口隆一, ニセクロナマコ(Holothuria leucospilota)のスフィンゴ糖脂質に関する化学的研究(第3報)-ガングリオシド成分について-, 日本生薬学会第46回年会, 1999.09.
116. 宮本智文, 山本厚, 田中宏幸, 正山征洋, 樋口隆一, オニヒトデガングリオシドの免疫化学的研究, 第13回海洋生物活性談話会, 1999.06.
117. 山本厚, 宮本智文, 田中宏幸, 正山征洋, 樋口隆一, オニヒトデガングリオシドの免疫化学的研究, 日本薬学会第119年会, 1999.03.
118. 小金丸亮二, 稲垣昌宣, 宮本智文, 樋口隆一, 海綿由来の生物活性成分に関する化学的研究(第2報), 第15回日本薬学会九州支部大会, 1998.12.
119. 児玉耕太, 稲垣昌宣, 宮本智文, 樋口隆一, 海綿由来の生物活性成分に関する化学的研究(第1報), 第15回日本薬学会九州支部大会, 1998.12.
120. 川竹悟史, 稲垣昌宣, 宮本智文, 樋口隆一, ヤツデスナヒトデ(Luidia maculata)のスフィンゴ糖脂質に関する化学的研究(第5報)-ガングリオシド成分について-, 第15回日本薬学会九州支部大会, 1998.12.
121. 山本厚, 若林美穂, 流川芳晃, 稲垣昌宣, 宮本智文, 樋口隆一, オニヒトデ(Acanthaster planci)のスフィンゴ糖脂質に関する化学的研究(第5報)-ガングリオシド成分について-, 第15回日本薬学会九州支部大会, 1998.12.
122. 松原玲, 笠木俊秀, 山田耕史, 宮本智文, 樋口隆一, ニセクロナマコ(Holothuria leucospilota)のスフィンゴ糖脂質に関する化学的研究(第2報), 第15回日本薬学会九州支部大会, 1998.12.
123. 金子雅文, 吉舎史晃, 山田耕史, 宮本智文, 樋口隆一, マナマコ(Stichopus japonicus)のスフィンゴ糖脂質に関する化学的研究(第2報)-ガングリオシド成分について-, 第15回日本薬学会九州支部大会, 1998.12.
124. 稲垣昌宣, 川竹悟史, 宮本智文, 樋口隆一, 磯部隆一, メチルエステル誘導体化による棘皮動物由来ガングリオシドの構造研究, 第40回天然有機化合物討論会, 1998.10.
125. 山田耕史, 原英二, 原田康男, 佐々木香織, 松原玲, 張暁聞, 宮本智文, 磯部隆一, 樋口隆一, 棘皮動物ナマコ類のスフィンゴ糖脂質成分について, 第12回海洋生物活性談話会, 1998.05.
126. 宮本智文, 草野敬紀, 山内美樹, 樋口隆一, 水谷健二, キラヤサポニンに関する化学的研究(第6報), 日本薬学会第118年会, 1998.03.
127. 宮本智文, 九州近海産軟体動物後鰓類の生物活性物質, 第32回化学関連支部合同九州大会, 1995.07.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」