九州大学 研究者情報
発表一覧
田中 嘉孝(たなか よしたか) データ更新日:2020.07.22

教授 /  薬学研究院 臨床薬学部門 生体分子情報学講座


学会発表等
1. Riham N. S. Amen, Yoshitaka Tanaka, Yuko Hirota, Yuu Miyauchi, Yuji Ishii, Keiko Fujimoto, A Proteomic Analysis of Integral and Associated Lysosomal Membrane Proteins, 第42回日本分子生物学会年会, 2019.12.
2. 林 大晴, 宮内 優, 藤本 景子, 瀬戸山 大樹, 康 東天, 石井 祐次, 田中 嘉孝, リソソーム膜タンパク質LAPTM4αの細胞内動態の検討, 第42回日本分子生物学会年会, 2019.12.
3. Yamashita Ryohei, Kurita Ayumi, Miyauchi Yuu, Mackenzie Peter, Tanaka Yoshitaka, Ishii Yuji,, Comprehensive characterization of mouse hepatic UDP-glucuronosyltransferases: major participation of Ugt1a1 in mycophenolic acid glucuronidation, 日本薬物動態学会 第34回年会, 2019.12.
4. Miyauchi Yuu,Kurohara Ken,Kimura Akane,Fujimoto Keiko,Hirota Yuko,Mackenzie Peter,Tanaka Yoshitaka,Ishii Yuji, A di-lysine motif in the carboxyl-terminal cytoplasmic domain of UDP-glucuronosyltransferase 1A9 is indispensable for its glucuronidation activity, 日本薬物動態学会 第34回年会, 2019.12.
5. 宮尾 宏哉,塩路 優子, 宮内 優, 佐野 宏江, 服部 友紀子, 武田 知起,田中 嘉孝, 石井 祐次, Aryl hydrocarbon receptor (AHR) による尿酸合成系の制御:inosine monophosphate dehydrogenase 2の調節, フォーラム2019衛生薬学・環境トキシコロジー,, 2019.08.
6. Miyauchi Y., Tanaka Y., Nagata K., Yamazoe Y., Mackenzie P.I., the late Yamada H., and Ishii Y., Modulation of cytochrome P450 3A4 activity by protein-protein interaction with UDP-glucuronosyltransferase (UGT): luminal domain of UGT is essential for the interaction, フォーラム2019衛生薬学・環境トキシコロジー, 2019.08.
7. 宮内 優,黒原 健,木村 茜, 藤本景子, 廣田有子, Mackenzie Peter, 田中嘉孝, 石井祐次, UDP-グルクロン酸転移酵素C末端di-lysineモチーフ機能の再評価:酵素活性維持における重要な役割, フォーラム2019衛生薬学・環境トキシコロジー, 2019.08.
8. Miyauchi Y., Tanaka Y., Nagata K., Yamazoe Y., Mackenzie P.I., and Ishii Y., Effect of dexamethasone treatment on cytochrome P450 3A-UDP-glucuronosyltransferase 1A interaction in rat liver, 12th International ISSX Meeting, 2019.07.
9. 廣田有子、林大晴、藤本景子、宮内優、瀬戸山大樹、康東天、田中嘉孝, リソソーム膜タンパク質LAPTM4aの細胞内輸送機構の解明, 第19回日本蛋白質科学会年会 第71回日本細胞生物学会大会 合同年次大会, 2019.06.
10. 宮内 優, 永田 清, 山添 康, Mackenzie Peter, 田中嘉孝, 石井祐次, UDP-グルクロン酸転移酵素 (UGT) によるシトクロムP450 3A4活性の抑制: UGT分子種依存的な抑制機序とラット肝臓を用いたin vivo解析, 第46回日本毒性学会学術年会, 2019.06.
11. Keiko Fujimoto,Ryo Tadakuma,Chiaki Tanaka,Yuko Hirota,Yuu Miyauchi,Yuji Ishii,Yoshitaka Tanaka, Papuamine prevents the fusion between autophagosomes and lysosomes by inhibiting the maturation of autophagosomes., Experimental Biology 2019, 2019.04.
12. 宮内 優, 江越菜月, 生城真一, 永田 清, 山添 康, Peter I. Mackenzie, 田中嘉孝, 石井祐次, UDP-グルクロン酸転移酵素 1A7バリアントとシトクロムP450 3A4 とのタンパク質間相互作用:Pull-down法を用いた検討, 日本薬学会第139年会, 2019.03.
13. 堤 諒太, 宮内 優, 江越菜月, 生城真一, Peter I. Mackenzie, 田中嘉孝, 石井祐次, UDP-グルクロン酸転移酵素 1A7バリアントに対するアデニンヌクレオチドの影響, 日本薬学会第139年会, 2019.03.
14. 宮内 優,黒原 健,木村 茜, 藤本景子, 廣田有子, Mackenzie Peter, 石井祐次, 田中嘉孝, UDP-グルクロン酸転移酵素の細胞質領域の機能評価:小胞体局在化および活性発現における役割, 日本薬学会第139年会, 2019.03.
15. 宮内 優,永里 萌, 田中嘉孝, 永田 清, 山添 康 , Mackenzie Peter, 石井祐次, シトクロムP450とUDP-グルクロン酸転移酵素の相互作用による双方向の機能制御:in vivoにおける評価とその毒性学における意義, 第一回医薬品毒性機序研究会, 2019.01.
16. 高原 奈津美,宮内 優,廣田 有子,田中 嘉孝,藤本 景子, trans-Golgi network膜タンパク質TGN46のTGNからエンドソームへの輸送制御機構の解明, 第41回日本分子生物学会年会, 2018.11.
17. 多田隈 凌,田中 千晶,廣田 有子,宮内 優,田中 嘉孝,藤本 景子, 海綿由来アルカロイドpapuamineはオートファゴソームとリソソームの融合を阻害する, 第41回日本分子生物学会年会, 2018.11.
18. 廣田有子、林 大晴、藤本景子、宮内 優、瀬戸山大樹、康 東天、田中嘉孝, リソソーム膜蛋白質LATPM4αの細胞内輸送機構の解明, 日本薬学会九州支部大会, 2018.11.
19. Yuu Miyauchi, Akane Kimura, Yoshitaka Tanaka, Kiyoshi Nagata, Yasushi Yamazoe, Peter I. Mackenzie, Yuji Ishii, UDP-Glucuronosyltransferase (UGT)-mediated regulation of cytochrome P450 3A4 activity: suppressive effects are different between UGT1A9 and 2B7, 2018 International Meeting on 22nd MDO and 33rd JSSX, 2018.10.
20. 宮内 優,黒原 健,木村 茜, 藤本景子, 廣田有子, Mackenzie Peter, 石井祐次, 田中嘉孝, UDP-Glucuronosyltransferase 1A9 の C 末膜貫通へリックスおよび細胞質領域の機能解明:局在やオリゴマー形成に与える影響, フォーラム2018 衛生薬学・環境トキシコロジー, 2018.09.
21. 永里 萌、宮内 優、Peter I. Mackenzie、田中嘉孝、石井祐次, UDP-グルクロン酸転移酵素 2B7 とシトクロム P450 2C8 の機能的相互作用, 日本薬学会, 2018.03.
22. 宮内 優, 木村 天, 藤本 景子, 廣田 有子, Peter I. Mackenzie, 石井 祐次, 田中 嘉孝, UDP-グルクロン酸転移酵素 2B7 における新たな小胞体膜局在化配列の探索, フォーラム2017 衛生薬学・環境トキシコロジー, 2017.07.
23. 藤本 景子, 井田 広顕, 廣田 有子, 天野 潤, 石谷 雅樹, 田中 嘉孝, ヒト化抗インターロイキン−6受容体モノクローナル抗体(トシリズマブ)の体内動態, 日本薬物動態学会, 2016.10.
24. 木村 天, 宮内 優, 廣田 有子, 田中 嘉孝, マッケンジー ピーター, 山田 英之, 石井 祐次, UDP-Glucuronosyltransferase 2B7 の小胞体局在に関 与する複数のドメイン構造, 日本薬学会 第135年会, 2015.03.
25. S. Kimura, Y. Miyauchi, Yuko Hirota, Yoshitaka Tanaka, Peter I. Mackenzie, Hideyuki Yamada, YUJI ISHII, Mechanism for the retention of UDP-glucuronosyltransferase 2B7 in the endoplasmic reticulum: the role of luminal domain, 19th North American ISSX/29th JSSX Meeting, 2014.10.
26. 嶋田 敬志, 唐澤 悟, 藤本 景子, 田中 嘉孝, 古賀 登, 村山 周平, 佐賀 恒夫, 青木 伊知男, 生体ケイ光プローブとしてのTFMAQ誘導体の応用, 第25回基礎有機化学討論会, 2014.09.
27. 木村 天, 宮内 優,, 廣田 有子, 田中 嘉孝, Mackenzie, P.I, 山田 英之, 石井 祐次, UDP-Glucuronosyltransferase 2B7の小胞体局在における内腔側ドメインの重要性, 日本薬学会第134年会, 2014.03.
28. 藤田 英明, José C.J.M.D.S. Menezes, Sérgio M. Santos, 横田 貞記, Shrivallabh P. Kamat, José A.S. Cavaleiro, Tomonori Motokawa, 田中 嘉孝, Inulavosin and its benzo-derivatives, melanogenesis inhibitors, targets the copper loading mechanism to the active site of tyrosinase, 第86回日本生化学会大会, 2013.09.
29. 田代 佳奈江, 宍戸 まゆみ, 藤本 景子, 廣田 有子, 五味 貴優, 田中 嘉孝, アマチャ抽出物によるオートファジーの賦活化と皮膚老化予防, 生体機能と創薬シンポジウム2013, 2013.08.
30. 藤本 景子, 廣田 有子, 田中 嘉孝, Trans-Golgi network膜タンパク質TGN46の局在と輸送を制御するユビキチン化機構の解析, 生体機能と創薬シンポジウム2013, 2013.08.
31. 廣田 有子, 栗原 悠介, 金 秀蓮, 三枝 徹, 藤本 景子, 田中 嘉孝, 神吉 智丈, ミトコンドリア分解シグナル経路の解明, 生体機能と創薬シンポジウム2013, 2013.08.
32. 藤本 景子, 藤田 英明, 廣田 有子, 田中 嘉孝, trans-Golgi network膜タンパク質TGN46のユビキチン化機構の解明, 第65回日本細胞生物学会, 2013.06.
33. Kanae Tashiro, Mayumi Shishido, Takamasa Gomi, Yoshitaka Tanaka, Autophagy contributes to maintaining function of aged dermal fibroblasts., the Asian Society for Pigment Cell Research (ASPCR) and the Australasian Society for Dermatology Research (ASDR) Conference 2013, 2013.05.
34. Kanae Tashiro, Mayumi Shishido, Keiko Fujimoto, Kazuyuki Yo, Takamasa Gomi, and Yoshitaka Tanaka, IMPROVEMENT OF CHRONOLOGICAL SKIN AGING THROUGH AUTOPHAGY REGULATION, IFSCC2012 27th Congress, 2012.10.
35. 藤田英明、岩部幸枝、佐多徹太郎、徳永研三、田中嘉孝,, 「膜結合型ユビキチンリガーゼMARCH8によるトランスフェリン受容体ダウンレギュレーションの分子機構」, 日本薬学会第132年会・シンポジウム「メタロミクス研究の新展開 -金属元素の1細胞分析から疾患との関連まで-」, 2012.03.
36. 藤本 景子、吉永 奈央、平井 祥一、廣田 有子、静川 直子、藤田 英明、田中 嘉孝, Trans-Golgi network膜タンパク質TGN46の細胞内輸送および局在化の分子制御機構, 第84回日本生化学会大会, 2011.09.
37. 藤田 英明、岩部 幸枝、佐多 徹太郎、徳永 研三、田中 嘉孝, 膜結合型ユビキチンリガーゼMARCH8によるトランスフェリン受容体のユビキチン化およびダウンレギュレーションの分子機構, 第84回日本生化学会大会, 2011.09.
38. 廣田有子、藤本景子、栗原俊祐、阿佐絵里佳、池田一彦、佐野孝一、神吉将之、関二郎、藤田英明、田中嘉孝, 「薬物誘発性リン脂質症の分子機構に関する研究」, 第27回 日本薬学会九州支部大会, 2010.12.
39. 藤本景子、吉永奈央、平井祥一、廣田有子、静川直子、藤田英明、田中嘉孝, 「Trans-Golgi network膜タンパク質TGN46の細胞内輸送および局在化の分子制御機構に関する研究」, 第27回 日本薬学会九州支部大会, 2010.12.
40. 藤田英明、立山諒、松本雅記、中山敬一、吉森保、姫野勝、横田貞記、田中嘉孝, 「鉄濃度依存的なトランスフェリン受容体のユビキチン化による代謝回転制御に関する研究」, 第27回 日本薬学会九州支部大会, 2010.12.
41. 岩部幸枝,藤田英明,田中嘉孝,佐多徹太郎,徳永研三, 「BST-2/tetherinのdownregulationにおけるHIV-1 Vpuのcofactor要求性」, BMB2010(第83回日本生化学会大会/第33回日本分子生物学会年会), 2010.12.
42. H. Fujita, Y. Iwabu, K. Tokunaga, T. Sata, K. Fujimoto, R. Tachiyama, D. Ishikawa, M. Matsumoto, K. I. Nakayama, and Y. Tanaka, The endosomal vesicles carrying ubiquitylated cargos selectively localizes to the cleavage furrow during cytokinesis, BMB2010(第83回日本生化学会大会/第33回日本分子生物学会年会, 2010.12.
43. H. Fujita, Y. Iwabu, K. Tokunaga, T. Sata, K. Fujimoto, R. Tachiyama, D. Ishikawa, M. Matsumoto, K. I. Nakayama, and Y. Tanaka, Targeting of recycling endosomes to the cleavage furrow requires ubiquitylation of membrane proteins., AMERICAN SOCIETY FOR BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY Special Symposium “BIOCHEMISTRY AND CELL BIOLOGY OF ESCRTS IN HEALTH AND DISEASE, 2010.10.
44. 徳永研三、岩部幸枝、藤田英明、田中嘉孝、佐多徹太郎, HIV-1 Vpuによる細胞表面BST-2/tetherinの直接的なinternalization, 第58回日本ウイルス学会, 2010.11.
45. 岩部幸枝,藤田英明,田中嘉孝,佐多徹太郎,徳永研三, HIV-1 VpuによるBST-2/tetherinの機能阻害に関与するcofactorの検索, 第58回日本ウイルス学会, 2010.11.
46. Yukie Iwabu, Hideaki Fujita, Yoshitaka Tanaka, Tetsutaro Sata, and Kenzo Tokunaga, Direct internalization of cell-surface BST-2/tetherin by HIV-1 Vpu, Centennial Retrovirus Meeting, 2010.05.
47. Maya Hongo, Hideaki Fujita, Mayu Mochizuki, Tomomi Kato, Kouji Yokoyama, Yoshitaka Tanaka, Inhibitory effect of active compound isolated from Melissa officinalis Linné
( Labiatae ) on melanogenesis and phagocytosis, 日本研究皮膚科学会 第34回年次学術大会・総会, 2009.12.
48. Yuko Hirota, Yoshitaka Tanaka, A small GTPase, human Rab32, is required for the formation of autophagic vacuoles under basal conditions, The 5th International Symposium on Autophagy, 2009.09.
49. 藤田英明、立山諒、石川大輔、松本雅記、中山敬一、横田貞記、吉森保、姫野勝、田中嘉孝, 過剰遊離鉄依存的なトランスフェリン受容体のユビキチン化がリソソームでのダウンレギュレーションを引き起こす, 第82回 日本生化学会大会, 2009.10.
50. 岩部幸枝、藤田英明、石坂幸人、田中嘉孝、佐多徹太郎、徳永研三, HIV-1 Vpuによるウイルス放出抑制因子BST-2/Tetherinの細胞内分解経路の解明, 日本ウイルス学会, 2009.10.
51. 岩部幸枝、藤田英明、石坂幸人、田中嘉孝、佐多徹太郎、徳永研三, HIV-1 VpuとBST-2/TetherinのTransmembrane領域間における相互作用, 日本ウイルス学会, 2009.10.
52. 廣田有子、田中嘉孝, A small GTPase, human Rab32, is required for the formation of autophagic vacuoles under both starved and constitutive conditions, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008.12.
53. 池田一彦、平山雅啓、阿佐 絵里佳、佐野孝一、廣田有子、田中嘉孝 , 薬物誘発性細胞内リン脂質蓄積の分子機構, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008.12.
54. 池田 一彦、佐野 孝一、平山 雅啓、廣田 有子、田中 嘉孝, 新規in vitroリン脂質症スクリーニング系の構築, 日本トキシコロジー学会, 2008.06.
55. 藤田英明、松本雅記 、中山敬一 、田中嘉孝, ユビキチン化によりエンドサイトーシス・リソソーム輸送される細胞膜蛋白質の同定・解析, 日本ヒトプロテオーム機構第5回大会, 2007.07.
56. H. Fujita, D. Ishikawa, M. Matsumoto, KI. Nakayama, T. Yoshimori, S. Yokota, M. Himeno and Y. Tanaka, A Proteomics Analysis of a Mammalian Class E vps Compartment Reveals A Subset of Membrane-associated Proteins Those Trafficking Is Regulated by An Ubiquitylation, The Fourth NIBB-EMBL Symposium, Biology of Protein Conjugation Structure and Function, 2006.12.
57. 川上雅代、馬場博子、八幡昌寛、武藤純平、竹田修三、藤田英明、田中嘉孝、石井祐次、石田卓巳、山田英之, 芳香族炭化水素レセプターの機能と動態に及ぼすProteasome阻害剤の影響, 第23回日本薬学会九州支部大会, 2006.12.
58. H. Fujita, D. Ishikawa, M. Matsumoto, S. Hatakeyama, K.I. Nakayama, T. Yoshimori, S. Yokota, K. Ishido, M. Himeno, Y. Tanaka, A proteomics analysis of a mammalian Class E vps compartment reveals a subset of membrane-associated proteins those trafficking is regulated by an ubiquitylation, 78th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, 2005.10.
59. 廣田有子、黒仁田敏雄、姫野勝、藤田英明、田中嘉孝, 低分子量GTPase Rab5によるエンドソーム膜輸送の解析, 第27回日本分子生物学会年会, 2004.12.
60. N. Shigematsu, T. Nishioku, T. Tsukuba, T. Fukuda, T. Okamoto, S. Kohsaka, K. Okamoto, Y. Okamoto, Y. Tanaka, M. Himeno, S. Higuchi, K. Yamamoto, Role of cathepsin E in mouse central nervous system, 77th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, 2004.10.
61. H. Fujita, D. Ishikawa, M. Matsumoto, S. Hatakeyama, K. Nakayama, T. Yoshimori, S. Yokota, K. Ishidoh, M. Himeno, Y. Tanaka, A subset of membrane-associated proteins is ubiquitinated in abberant endosomal compartments induced by an ATPase-deficient SKD1/Vps4B, 77th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, 2004.10.
62. T. Kuronita, T. Hatano, A. Furuyama, Y. Hirota, H. Fujita, M. Himeno, Y. Tanaka, The NH2-terminal transmembrane proximal lumenal region of a lysosomal membrane protein LGP85 is necessary for the formation of enlarged endosomal/lysosomal compartments, 77th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, 2004.10.
63. 田中 嘉孝, リソソーム膜蛋白質の機能解析, 第2回九州大学リサーチコア:口腔組織の再生医療の総合的開発研究発表会, 2004.03.
64. Y. Tanaka, Role of lysosomal membrane proteins in the biogenesis and maintenance of lysosomes, The 1st Asian Symposium for Pharmaceutical Sciences, 2004.01.
65. H. Fujita, D. Ishikawa, K. Imamura, Y. Umezuki, Y. Tanaka, A. Nara, T. Yoshimori, S. Yokota, K. Ishido, J. Kawai, Y. Hayashizaki and M. Himeno, Identification of 3 novel SKD1 binding proteins (SBPs), which are possibly involved in diverse stages of endosomal membrane traffic, 43rd. Annual Meeting of American Society for the Cell Biology, 2003.12.
66. H. Fujita, D. Ishikawa, K. Imamura, Y. Umezuki, Y. Tanaka, A. Nara, T. Yoshimori, S. Yokota, K. Ishido, J. Kawai, Y. Hayashizaki and M. Himeno, An AAA-ATPase SKD1/Vps4p and its binding proteins (SBPs) are involved in diverse stages of endosomal membrane traffic, 76th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, 2003.10.
67. T. Motokawa, T. Katagiri, H. Fujita, M. Kawai, Y. Tanaka and M. Himeno, Inulavosin, a newtype of melanogenesis inhibitor, promote tyrosinase degradation, 76th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, 2003.10.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」