九州大学 研究者情報
総説一覧
久枝 良雄(ひさえだ よしお) データ更新日:2020.07.20

教授 /  工学研究院 応用化学部門 生体機能化学講座


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 小野 利和, 久枝 良雄, ビタミンB12 酵素反応に学ぶ有機合成 
  --- コバルト−炭素結合を介したラジカルフルオロアルキル反応
, 化学, ビタミンB12 酵素反応に学ぶ有機合成 
  --- コバルト−炭素結合を介したラジカルフルオロアルキル反応
小野利和, 久枝良雄
化学, 74, No.4, 70-71 (2019).
, 2019.04.
2. 嶌越恒, 久枝良雄, Photoelectrochemically Driven Electrosynthesis, Modern Electrosynthetic Methods in Organic Chemistry, Photoelectrochemically Driven Electrosynthesis
H. Shimakoshi, Y. Hisaeda
Modern Electrosynthetic Methods in Organic Chemistry, 1st Edition
Eds. by Frank Marken, Mahito Atobe, CRC Press, Chapter 3, (2018).
ISBN 9781482249163 - CAT# K23712
, 2018.09.
3. 嶌越恒, 久枝良雄, 有機電気化学における光反応の援用, Electrochemistry, 有機電気化学における光反応の援用
「有機電気化学の基礎と測定法」第4回
嶌越恒, 久枝良雄
Electrochemistry, 85(12), 811–815 (2017). 12月
, 2017.12.
4. 小野 利和, 久枝 良雄, パズルの要領で分子を並べ、新しい機能性色素を作る技術 –宝石のように光る有機発光体–
, 科学と工業, パズルの要領で分子を並べ、新しい機能性色素を作る技術 –宝石のように光る有機発光体–
Multicomponent Molecular Puzzles for Novel Photofunction Design: Towards the Design of Luminescent Molecular Jewels
小野利和, 久枝良雄
科学と工業, 90, No.6, 182-186 (2016). 6月
, 2016.06.
5. 久枝 良雄, ビタミンB12酵素機能をもつバイオインスパイアード触媒, (株)同仁化学研究所, ドージンニュース, (株)同仁化学研究所, No.155, 1-7 (2015). 10月, 2015.10.
6. 久枝 良雄, バイオインスパイアード触媒 特集にあたって

, シーエムシー出版, バイオインダストリー, Vol.30, No.3, 3–4 (2013)., 2013.03.
7. 久枝 良雄, 嶌越 恒, ビタミンB12をモデルとしたバイオインスパイアード触媒の開発

, シーエムシー出版, バイオインダストリー, Vol.30, No.3, 5–12 (2013)., 2013.03.
8. 久枝 良雄, バイオミメティックからバイオインスパイアード触媒へ
  人・化合物・機会との一期一会

, 日本化学会, 化学と工業, Vol.65, No.12, 949–951 (2012)., 2012.12.
9. 嶌越 恒, 久枝 良雄, 環状および非環状シッフ塩基型化合物の合成と錯形成による超分子機能の創製
, 有機合成化学協会, 有機合成化学協会誌, 70, No.1, 60-70 (2012)., 2012.01.
10. 嶌越 恒、久枝良雄, ビタミンB12 人工酵素
   ---光の照射で環境汚染物質を分解!
, 化学同人, 2011.10.
11. 久枝良雄、嶌越 恒, バイオインスパイアード触媒の創製と環境浄化への応用
   ---ビタミンB12酵素機能の活用
, NTS, 2011.02.
12. 前田大輔, 久枝良雄, ポルフィリノイド光増感剤の開発とその光化学的挙動

, 光化学, ポルフィリノイド光増感剤の開発とその光化学的挙動
Development of porphyrinoid photosensitizers and their photochemical behavior
前田大輔, 久枝良雄
光化学, 41, 81-85 (2010).
Photochemistry. Vol. 41, No. 2, (August 2010)
, 2010.08.
13. 久枝良雄, ビタミンB12酵素機能に学ぶ環境浄化触媒

, 錯体化学会誌, Bull. Jpn. Soc. Coord. Chem., 53, 10-21 (2009)., 2009.12.
14. H. Shimakoshi, Y. Hisaeda, Environmental-friendly Catalysts Learned from Vitamin B12-Dependent Enzymes

, TCI MAIL, TCI MAIL, No.138, 2-11 (Aug 2009), 2009.08.
15. 阿部正明、久枝良雄, レドックス活性金属錯体の光吸収特性を活用した新規熱線遮蔽材料の開発

, 化学工業, 化学工業, Vol.60, No.8, 584–589 (2009), 2009.08.
16. 嶌越 恒, 久枝良雄, 環境適合型錯体触媒 −ビタミンB12機能を応用して−, TCIメール, No.138, 2-13 (2008), 2008.04.
17. 嶌越恒、増子隆博、久枝良雄, 光駆動型ビタミンB12インスパイアード触媒の開発, 光化学, 第38号, 第3巻, pp.174-179, 2007.12.
18. 嶌越恒, 久枝良雄, 有機塩素化合物を高速分解できるビタミンB12ハイブリッド触媒の開発, 資源環境対策, 42, No.7, 99-102, 2006.07.
19. 久枝良雄, 金属錯体を用いる有機電解合成, シーエムシー出版, 有機電解合成の新展開, 141-162, 2004.04.
20. Y. Hisaeda, H. Shimakoshi, T. Masuko, T. Hayashi, Organic/Inorganic Hybrid Nanomaterials with Vitamin B12 Functions, Interface News Letters 2003, 界面科学技術機構会誌, 2003.12.
21. 嶌越恒, 中里亜希, 徳永真美, 久枝良雄, ビタミンB12修飾電極の作製と電解機能特性, 九州大学中央分析センター報告, 第21号, 8-12, 2003.12.
22. 久枝良雄, 超分子型ナノハイブリッド体の構築と触媒機能, 財団法人 徳山科学技術振興財団 平成14年度年報, 2003.11.
23. 久枝良雄, 嶌越恒, 脱塩素化酵素に学ぶ環境浄化システム, 化学, 2003.10.
24. Y. Hisaeda, H. Shimakoshi, M. Tokunaga, A. Nakazato, Reductive Molecular Transformations on Vitamin B12 Modified Electrodes, Mechanistic and Synthetic Aspects of Organic and Biological Electrochemistry, The Electrochemical Society, 2003.10.
25. Eds. by Y. Baba, S. Futaki, H. Ishida, T. Wada, K. Yamashita, D. Murata, H. Sato, T. Hayashi, Y. Hisaeda, Peroxidase and Peroxygenase Activities of a Myoglobin Reconstituted with an Iron Porphycene, 12, 2003.07.
26. 久枝良雄, 林高史, 嶌越恒, 増子隆博, 環境適合型バイオミメティック触媒材料の開発, 財団法人 ゼネラル石油研究奨励財団, Vol. 10, 93-103, 2002.12.
27. Y. Hisaeda, H. Shimakoshi, A. Nakazato, T. Hayashi, . Electrochemical Molecular Transformations Catalyzed by Vitamin B12 Derivatives, The Electrochemical Society, Electrochemistry, Vol.10, 48-51, 2002.10.
28. 久枝良雄, 人工金属酵素の創製と物質変換, オレオサイエンス, 2巻8号, 459-465, 2002.08.
29. 久枝良雄, 食品大百科事典 8.5.4 人工酵素, 農林水産省食品総合研究所編, 朝倉書店, 807-810, 2001.11.
30. 久枝良雄, ビタミンB12の作用機序に関するモデル研究と人工酵素の構築, 財団法人テルモ科学技術振興財団, 研究実施報告集, 81-88, 2001.07.
31. 久枝良雄, 生体関連コバルト錯体の触媒機能に関する研究, 財団法人 池谷科学技術振興財団, Vol. 11, 43-45, 2000.12.
32. 久枝良雄, 「超」酵素をめざして-- 超分子を用いた人工酵素系--, 蛋白質 核酸 酵素, 45巻15号, 2483-2492, 2000.11.
33. Y. Hisaeda, Catalytic Functions of Hybrid Vesicles Composed of Artificial Lipids and Metal Complexes Precision Polymers and Nano-Organized Systems, Kodansha, 231-234, 2000.10.
34. Y. Hisaeda, T. Masuko, S. Nakashita, H. Shimakoshi, T. Hayashi, Hybrid Vesicle Composed of Artificial Lipid and Cobalt Porphycenes, Annual Reports of the HVEM Laboratory Kyushu University, No.24, pp.29-30, 2000.07.
35. 久枝良雄, 西暦2000年 化学は変わりますか?---他分野とのコラボレーションこそカギ, 化学, 55巻1号, 22-23, 2000.01.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」