九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
岩井 芳夫(いわい よしお) データ更新日:2020.06.02

准教授 /  工学研究院 化学工学部門 分子・生物システム工学講座


教育活動概要
大学院教育
Phase Equilibria(相平衡論)
物質科学コミュニケーション第一
物質科学コミュニケーション第二

学部教育
プロセス物理化学の講義
学生実験第一
学生実験第二

「工業物理化学」の教科書執筆,「工学のための物理化学」,荒井康彦、岩井芳夫編、朝倉書店(1991)
担当授業科目
2019年度・後期, 物質科学工学実験第三.

2019年度・前期, 物質科学工学実験第二.

2019年度・通年, 分子システム化学講究.

2019年度・通年, 物質科学コミュニケーション第一.

2019年度・通年, 物質科学コミュニケーション第二.

2019年度・春学期, プロセス物理化学.

2019年度・前期, Phase Equilibria.

2018年度・前期, 物質科学工学実験第二.

2018年度・後期, 物質科学工学実験第一.

2018年度・通年, 分子システム化学講究.

2018年度・通年, 物質科学コミュニケーション第一.

2018年度・通年, 物質科学コミュニケーション第二.

2018年度・前期, プロセス物理化学.

2018年度・前期, Phase Equilibria.

2017年度・前期, 物質科学工学実験第二.

2017年度・通年, 分子システム化学講究.

2017年度・通年, 物質科学コミュニケーション第一.

2017年度・通年, 物質科学コミュニケーション第二.

2017年度・前期, プロセス物理化学.

2017年度・前期, Phase Equilibria.

2016年度・前期, Phase Equilibria.

2016年度・後期, 物質科学工学実験第一.

2016年度・後期, 物質科学工学実験第一.

2016年度・通年, 分子システム化学講究.

2016年度・通年, 物質科学コミュニケーション第一.

2016年度・通年, 物質科学コミュニケーション第二.

2016年度・後期, プロセス物理化学.

2015年度・前期, Phase Equilibria.

2015年度・前期, 物質科学工学実験第二.

2015年度・通年, 分子システム化学講究.

2015年度・通年, 物質科学コミュニケーション第一.

2015年度・通年, 物質科学コミュニケーション第二.

2015年度・後期, プロセス物理化学.

2014年度・前期, Phase Equilibria.

2014年度・後期, 物質科学工学実験第一.

2014年度・通年, 分子システム化学講究.

2014年度・通年, 物質科学コミュニケーション第一.

2014年度・通年, 物質科学コミュニケーション第二.

2014年度・後期, プロセス物理化学.

2013年度・後期, 物質科学工学実験第一.

2013年度・前期, Phase Equilibria.

2013年度・通年, 分子システム化学講究.

2013年度・通年, 物質科学コミュニケーション第一.

2013年度・通年, 物質科学コミュニケーション第二.

2013年度・後期, プロセス物理化学.

2012年度・後期, 物質科学工学実験第一.

2012年度・前期, Phase Equilibria.

2012年度・通年, 分子システム化学講究.

2012年度・通年, 物質科学コミュニケーション第一.

2012年度・通年, 物質科学コミュニケーション第二.

2012年度・後期, プロセス物理化学.

2011年度・後期, 物質科学工学実験第一.

2011年度・前期, Phase Equilibria.

2011年度・通年, 分子システム化学講究.

2011年度・通年, 物質科学コミュニケーション第一.

2011年度・通年, 物質科学コミュニケーション第二.

2011年度・後期, プロセス物理化学.

2010年度・後期, 物質科学工学実験第一.

2010年度・前期, Phase Equilibria.

2010年度・前期, コアセミナー.

2010年度・通年, 分子システム化学講究.

2010年度・通年, 物質科学コミュニケーション第一.

2010年度・通年, 物質科学コミュニケーション第二.

2010年度・後期, プロセス物理化学.

2009年度・後期, プロセス物理化学.

2009年度・後期, 基礎物理化学第一および演習.

2009年度・通年, 物質科学コミュニケーション第二.

2009年度・通年, 物質科学コミュニケーション第一.

2009年度・通年, 分子システム化学講究.

2009年度・前期, コアセミナー.

2009年度・前期, Phase Equilibria.

2008年度・後期, プロセス物理化学.

2008年度・前期, Phase Equilibria.

2008年度・前期, コアセミナー.

2008年度・後期, 工業化学基礎第二.

2008年度・後期, 基礎物理化学第一および演習.

2008年度・通年, 物質科学コミュニケーション第二.

2008年度・通年, 物質科学コミュニケーション第一.

2007年度・後期, 無機工業化学.

2007年度・後期, 基礎物理化学第一および演習.

2007年度・前期, コアセミナー.

2007年度・前期, Phase Equilibria.

2007年度・通年, 物質科学コミュニケーション第二.

2007年度・通年, 物質科学コミュニケーション第一.

2007年度・後期, プロセス物理化学.

2006年度・前期, コアセミナー.

2006年度・前期, 物質科学工学概論第一.

2006年度・前期, Phase Equilibria.

2006年度・通年, 物質科学コミュニケーション第二.

2006年度・通年, 物質科学コミュニケーション第一.

2006年度・後期, 物質科学工学実験第一.

2006年度・後期, プロセス物理化学.

2005年度・前期, コアセミナー.

2005年度・前期, 物質科学工学概論第一.

2005年度・通年, 物質科学コミュニケーション第二.

2005年度・通年, 物質科学コミュニケーション第一.

2005年度・後期, プロセス物理化学.

2005年度・後期, 物質科学工学実験第一.

2005年度・前期, Phase Equilibria.

2004年度・前期, コアセミナー.

2004年度・通年, 物質科学コミュニケーション第二.

2004年度・通年, 物質科学コミュニケーション第一.

2004年度・後期, 化工数学演習.

2004年度・後期, プロセス物理化学.

2004年度・前期, Phase Equilibria.

2004年度・後期, 物質科学工学実験第一.

2003年度・前期, コアセミナー.

2003年度・通年, 物質科学コミュニケーション第二.

2003年度・通年, 物質科学コミュニケーション第一.

2003年度・前期, 相平衡論.

2003年度・後期, 物質科学工学実験第一.

2003年度・後期, プロセス物理化学.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2020.04, 部局, 参加, 教員FD.

2020.01, 学科, 参加, 化学工学部門教員FD.

2018.12, 学科, 参加, 化学工学部門教員FD.

2017.12, 学科, 参加, 化学工学部門教員FD.

2016.12, 学科, 企画, 化学工学部門教員FD.

2016.01, 学科, 企画, 化学工学部門教員FD.

2014.07, 部局, 参加, 教員FD.

2014.03, 学科, 参加, 教員FD.

2013.01, 部局, 参加, 教員FD.

2011.08, 学科, 参加, 教員FD.

2011.02, 学科, 参加, 教員FD.

2010.03, 学科, 参加, 教員FD.

2010.03, 部局, 参加, 教員FD.

2009.03, 部局, 参加, 教員FD.

2008.03, 部局, 参加, 教員FD.

2007.03, 部局, 参加, 教員FD.

2002.07, 全学, 参加, 全学FD.

学生のクラス指導等
2019年度, 学部, 物質科学工学科、3年生.

2018年度, 学部, 物質科学工学科、2年生.

2013年度, 学部, 物質科学工学科、4年生.

2012年度, 学部, 物質科学工学科、3年生.

2011年度, 学部, 物質科学工学科、2年生.

2010年度, 学部, 物質科学工学科、1年生.

2004年度, 学部, 物質科学工学科、化学プロセス・生命工学コース3年生.

2003年度, 学部, 物質科学工学科、化学プロセス・生命工学コース2年生.

その他の特筆すべき教育実績
2005.09, The Japan in Today’s World (JTW) Program において、Independent Study Project と Advanced Laboratory Projectの学生を1名(韓国Sogang大学)指導している。(1年間).


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」