九州大学 研究者情報
発表一覧
後藤 雅宏(ごとう まさひろ) データ更新日:2020.09.25

教授 /  工学研究院 応用化学部門 分子情報システム


学会発表等
1. 樋口亜也斗、大林洋貴、若林里衣、後藤雅宏、神谷典穂, 自己組織化ペプチドの pH に依存した構造変化と酵素反応性, 日本化学会第100春季年会, 2020.03.
2. 今谷梨乃、若林里衣、神谷典穂、後藤雅宏, 自己組織化の温度依存性を利用した両親媒性ペプチドの共集合制御, 日本化学会第100春季年会, 2020.03.
3. 大林洋貴、若林里衣、神谷典穂、後藤雅宏, 両親媒性ペプチドとの相補的共集合化が促進する小分子の細胞内デリバリー, 日本化学会第100春季年会, 2020.03.
4. 後藤雅宏, 医療革新をもたらす経皮ワクチンと創薬材料としてのイオン液体, 日本化学会第100春季年会, 2020.03.
5. 藤澤裕貴、田原義朗、若林里衣、神谷典穂、後藤雅宏, イオン液体を利用した経皮ペプチドデリバリーにおけるアミノ酸カチオンの影響, 化学工学会第85年会, 2020.03.
6. 樋口亜也斗、大林洋貴、若林里衣、後藤雅宏、神谷典穂, 酵素触媒によるペプチド自己集合材料の事後機能化, 化学工学会第 85 年会, 2020.03.
7. 東島 弘樹, Kong Qingliang,田原 義朗,若林 里衣,神谷 典穂,後藤 雅宏, Solid-in-Oil化技術を利用した経皮デリバリーによる花粉症治療効果, 化学工学会 第85年会, 2020.03.
8. 有吉龍太郎、佐藤崚、南畑孝介、後藤雅宏、神谷典穂, 活性型トランスグルタミナーゼ前駆体の基質特異性の詳細解析, 化学工学会第85年会, 2020.03.
9. 佐藤 崚, 南畑 孝介, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, 分子クラウディング環境下における酵素触媒を介したタンパク質集合化挙動, 化学工学会第85年会, 2020.03.
10. 妹尾紘介、吉田 航、花田 隆文、久保田富生子、後藤 雅宏, アミド酸型抽出剤を用いたレアメタルの抽出特性と高分子包接膜への応用, 化学工学会第85年会, 2020.03.
11. 花田隆文, 吉田航, 久保田富生子, 後藤雅宏, 協同効果に基づく深共晶溶媒の創製とリチウム抽出への応用, 化学工学会第85年会, 2020.03.
12. 小坂 秀斗、若林 里衣、神谷 典穂、後藤 雅宏, 抗原ペプチドの経皮浸透促進機能を有するキュービック液晶製剤の開発, 化学工学会第85年会, 2020.03.
13. 森山幸祐、山口恭平、若林里衣、後藤雅宏、神谷典穂, 酵素仲介型ゲル化プロセスの高効率化に向けた添加剤の効果, 化学工学会第85年会, 2020.03.
14. 樋口亜也斗、大林洋貴、若林里衣、後藤雅宏、神谷典穂, 酵素反応を利用した自己組織化ペプチドの事後修飾におけるpH 依存性, 第 22 回化学工学会学生発表会 (岡山大会) , 2020.03.
15. W. Ramadhan, G. Kagawa, K. Moriyama, R. Wakabayashi, K. Minamihata, M. Goto and N. Kamiya, A ‘cellular furoshiki’ strategy for the construction of higher-order cellular architecture by using redox-responsive hydrogel, 12th AFOB Regional Symposium 2020, 2020.02.
16. D. Permana, K. Minamihata, R. Sato, R. Wakabayashi, M. Goto, N. Kamiya, Formation of Linear Protein Polymer by Controlling Enzymatic Cross-linking Reaction with a Tyrosine-containing Loop Peptide, 12th AFOB Regional Symposium 2020, 2020.02.
17. Masahiro Goto, Rie Wakabayashi, Noriho Kamiya, Cancer Vaccine by Transdermal Drug Delivery System Utilizing Oil Based Nano-Carrier, 12th AFOB Regional Symposium 2020, 2020.02.
18. 大濵有紀、南畑孝介、若林里衣、後藤雅宏、神谷典穂, 微小ゲル内での無細胞合成系を利用したタンパク質スクリーニング系の構築, 日本バイオマテリアル学会 九州ブロック第9回講演会, 2020.01.
19. W. Ramadhan, G. Kagawa, K. Moriyama, R. Wakabayashi, K. Minamihata, M. Goto and N. Kamiya, A self-wrapping co-culture strategy for the construction of higher-order cellular architecture by using redox-responsive hydrogel, 日本バイオマテリアル学会 九州ブロック第9回講演会, 2020.01.
20. 有吉龍太郎、佐藤崚、南畑孝介、後藤雅宏、神谷典穂, 微生物由来トランスグルタミナーゼ前駆体の新規活性化法の提案, 第26回日本生物工学会九州支部長崎大会, 2019.12.
21. T. Hanada, W. Yoshida, F. Kubota, M. Goto, Application of deep eutectic solvents to environmentally benign liquid-liquid extraction for critical metals, 32nd International Symposium on Chemical Engineering, 2019.12.
22. H. Obayashi, R. Wakabayashi, N. Kamiya, M. Goto, Development of peptide co-assemblies induced by complementary hydrogen bond for drug delivery application, The 32nd International Symposium on Chemical Engineering, 2019.12.
23. R. Sato, K. Minamihata, M. Goto, N. Kamiya, Single peptide-tag specific assembly of functional proteins by enzymatic crosslinking reaction, The 32nd International symposium on Chemical Engineering, 2019.12.
24. S. Kozaka, T. Nakata, T. Ueda, M. Goto, A reverse micellar carrier as a novel platform for transcutaneous delivery of peptide antigen, The 25th Young Asian Biological Engineer’s Community 2019, 2019.11.
25. 藤澤裕貴、田原義朗、若林里衣、神谷典穂、後藤雅宏, 生体由来材料イオン液体を用いた中分子ペプチドの経皮デリバリー, 第10回イオン液体討論会, 2019.11.
26. 森田佳歩、田原義朗、若林里衣、神谷典穂、後藤雅宏, 生体適合性のイオン液体を用いた経皮ペプチドがんワクチンの開発, 第10回イオン液体討論会, 2019.11.
27. 妹尾紘介,吉田航,花田隆文,久保田富生子,後藤雅宏, アミド酸型抽出剤の液液及び固相抽出の抽出挙動と選択性の変化, 第38回溶媒抽出討論会, 2019.11.
28. 花田隆文, 吉田航, 久保田富生子, 後藤雅宏, Kolev S. D. , TOPOを基材とする深共晶溶媒によるリチウムの溶媒抽出, 第38回溶媒抽出討論会, 2019.11.
29. Adroit T.N. Fajar, F. Kubota, M. Goto, Application of phosphonium-based ionic liquid as a novel carrier to polymer inclusion membranes for selective separation of palladium(II) and rhodium(III), 第38回溶媒抽出討論会, 2019.11.
30. 吉田航、久保田富生子、後藤雅宏, 四級ホスホニウムとアミド基を有する新規イオン液体の開発と白金族金属抽出への応用, 第38回溶媒抽出討論, 2019.11.
31. 久保田富生子,M.L. Firmansyah, 吉田航, 花田隆文, 後藤雅宏, イオン液体を用いた自動車排ガス触媒からの白金族金属のリサイクル, 第38回溶媒抽出討論会, 2019.11.
32. 後藤雅宏, 溶媒抽出法の生体分子への応用とイオン液体を用いた先導的研究, 第38回溶媒抽出討論会, 2019.11.
33. T. Hanada,W. Yoshida, F. Kubota, M. Goto, Selective Transport of Rh(III) over Fe(III) across Polymer Inclusion Membrane Based on a Phosphonium Ionic Liquid, 2019 Japan/Taiwan/Korea Chemical Engineering Conference, 2019.11.
34. Adroit T.N. Fajar, F. Kubota, M. Goto, Polymer inclusion membranes containing novel phosphonium-based ionic liquid for selective separation of palladium(II) and rhodium(III), 2019 Japan/Taiwan/Korea Chemical Engineering Conference, 2019.11.
35. Q. Kong, K. Higasijima, M. Kitaoka, Y. Tahara, R. Wakabayashi, N. Kamiya, M. Goto , Transcutaneous immunotherapy using Solid-in-Oil nanodispersions loaded with pollen-galactomannan conjugate for Japanese cedar pollinosis , 2019 Japan/Taiwan/Korea Chemical Engineering Conference, 2019.11.
36. 鹿嶋綾香、小坂秀斗、中田孝広、上田太郎、後藤雅宏, 自己組織型薬物キャリアとしての逆ミセルの経皮吸収特性, 膜シンポジウム2019, 2019.11.
37. 大平功、田原義朗、原田耕志、後藤雅宏, リドカインの経皮吸収特性と麻酔効果の機構解明, 膜シンポジウム2019, 2019.11.
38. Masahiro Goto, Advanced Solid-in-Oil Nano-dispersions for Promoting Skin Permeation of Amphiphilic Bioactive Ingredients, Okinawa Colloids 2019, 2019.11.
39. H. Obayashi, R. Wakabayashi, N. Kamiya, M. Goto, Development of peptide-drug co-assemblies induced by complementary interaction and their intracellular localization, Okinawa Colloids 2019, 2019.11.
40. S. Kozaka, T. Nakata, T. Ueda, M. Goto, A reverse micellar carrier as a novel platform for transcutaneous delivery of peptide antigen, Okinawa Colloids 2019, 2019.11.
41. 佐藤 崚, 南畑 孝介, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, 組成制御が可能な異種タンパク質集合体調整法の開発, 酵素工学研究会 第82回講演会, 2019.11.
42. 吉田航、久保田富生子、後藤雅宏, ロジウム(III)抽出のための新規ホスホニウム型イオン液体の開発, 第34回日本イオン交換研究発表会, 2019.10.
43. 後藤雅宏, 大学発ベンチャー創出の魅力と課題—注射不要のワクチンを例として—, 九州大学学研都市セミナーin Tokyo, 2019.10.
44. Riko Mizuno, Yoshiro Tahara, Rie Wakabayashi, Noriho Kamiya, Masahiro Goto, Development and immunological evaluation using solid-inoil-in-water adjuvant, 18th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2019) , 2019.09.
45. Adroit T.N. Fajar, F. Kubota, M. Goto, Separation of palladium(II) and rhodium(III) over polymer inclusion membrane with trioctyl(dodecyl) phosphonium chloride ionic liquid as the metal ion carrier, 18th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2019), 2019.09.
46. W. Yoshida, F. Kubota, M. Goto, Extraction of rhodium(III) from hydrochloric acid solution with novel monoamide-containing phosphonium-based ionic liquid, 18th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2019), 2019.09.
47. 花田隆文, 吉田航, M. L. Firmansyah, 久保田富生子, 後藤雅宏, Kolev S. D, Polymer inclusion membrane containing phosphonium ionic liquid for the selective transport of Rh(III), 18th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2019), 2019.09.
48. 藤澤裕貴、田原義朗、若林里衣、神谷典穂、後藤雅宏, Transdermal peptide delivery using ionic liquid consisting of amino acids as cation, 18th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2019), 2019.09.
49. A. Kashima, S. Kozaka, T. Nakata, S. Tajima, T. Ueda, M. Goto, Enhancement of transdermal delivery of biomolecules by reverse micelles, 18th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2019), 2019.09.
50. 金子淳平、田原義朗、北岡桃子、若林里衣、神谷典穂、後藤雅宏, Improvement of immunity in transcutaneous vaccine by a combination of skin permeation enhancer and adjuvant, 18th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2019), 2019.09.
51. K. Morita, Y. Tahara, R. Wakabayashi, N. Kmaiya, M. Goto, Transdermal delivery of peptide in oil mediated by choline cation ionic liquid, 18th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2019) , 2019.09.
52. H. Obayashi, R. Wakabayashi, N. Kamiya, M. Goto, Designer drug delivery carriers constructed through a complementary interaction introduced to self-assembling peptide amphiphiles and a small molecular drug, 18th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2019), 2019.04.
53. W. Ramadhan, G. Kagawa, Y. Hamada, K. Moriyama, R. Wakabayashi, K. Minamihata, M. Goto,N. Kamiya, Design of dual-functionalized hydrogel with gelatin and heparin for efficient cell culture platform, 18th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2019) , 2019.09.
54. K. HIGASHIJIMA, Q. KONG, Y. TAHARA, M. KITAOKA, R. WAKABAYASHI, N. KAMIYA, M. GOTO, Transdermal delivery of cedar pollen epitope peptide by Solid-in-Oil technique, 18th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2019) , 2019.09.
55. T. KOMADA, M. Alif RAZI, M. TAKAHARA, R. WAKABAYASHI, M. GOTO, N. KAMIYA, Enzymatic preparation of lipid-modified proteins and their use for the decoration of liposome, 18th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2019) , 2019.09.
56. K. Ohira, Y. Tahara, M. Goto, K. Harada, Evaluation of pharmacokinetics using the different base in local anesthesia in vitro, 18th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2019), 2019.09.
57. S. KAWAGUCHI, Y. TAHARA, R. WAKABAYASHI, N. KAMIYA, M. GOTO, Salt effect on transdermal adsorption of vaccine antigen by solid-in-oil nanodispersion, 18th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2019) , 2019.09.
58. Y. Ohama, K. Minamihata, R. Wakabayashi, M. Goto, N. Kamiya, Cell-free protein synthesis inside liquid marbles toward molecular evolution, 18th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2019) , 2019.09.
59. S. Kozaka, T. Nakata, T. Ueda, M. Goto, Transcutaneous delivery of peptide antigen with reverse micelles for a development of cancer vaccine, 18th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2019), 2019.09.
60. Q. Kong, M. Kitaoka, Y. Tahara, R. Wakabayashi, N. Kamiya, M. Goto, Mucoadhesive solid-in-oil nanodispersions for intranasal vaccination, 18th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2019), 2019.09.
61. 後藤雅宏, 完全非侵襲の次世代経皮吸収技術—その現状と課題—, 第25回創薬フォーラム, 2019.09.
62. 駒田拓也、Razi Muhamad Alif、高原茉莉、若林里衣、後藤雅宏、神谷典穂, 酵素架橋法を介したタンパク質装飾リポソームの調製とその特性評価, 第71回日本生物工学会大会, 2019.09.
63. 有吉龍太郎、佐藤崚、南畑孝介、後藤雅宏、神谷典穂, 活性型TGase前駆体の触媒特性の評価, 第71回日本生物工学会大会, 2019.09.
64. 東島 弘樹, Kong Qingliang,田原 義朗,若林 里衣,神谷 典穂,後藤 雅宏, 抗原エピトープの油状ナノキャリアを用いた花粉症経皮ワクチンの開発, 膜シンポジウム2019, 2019.11.
65. 東島 弘樹, Kong Qingliang,田原 義朗,北岡 桃子,若林 里衣,神谷 典穂,後藤 雅宏, スギ花粉エピトープペプチドの油状ナノ化技術を利用した花粉症の経皮免疫療法, 第13回バイオ関連化学シンポジウム, 2019.09.
66. 藤澤裕貴、田原義朗、若林里衣、神谷典穂、後藤雅宏, 新規生体由来材料イオン液体を利用した経皮ペプチドデリバリー, 第13回バイオ関連化学シンポジウム, 2019.09.
67. 今谷梨乃、若林里衣、神谷典穂、後藤雅宏, 温度による両親媒性ペプチドの自己選別性の制御, 第13回バイオ関連化学シンポジウム, 2019.09.
68. 有吉龍太郎、佐藤崚、南畑孝介、後藤雅宏、神谷典穂, 基質特異性の異なる新規活性型TGase前駆体の分子設計, 第13回バイオ関連化学シンポジウム, 2019.09.
69. 佐藤 崚, 南畑 孝介, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, 酵素触媒によるペプチドタグ特異的な異種タンパク質の集合化, 第13回バイオ関連化学シンポジウム, 2019.09.
70. 大林洋貴、若林里衣、神谷典穂、後藤雅宏, 多重水素結合が誘起する新規ペプチド-小分子共集合体の創製と応用, 第13回バイオ関連化学シンポジウム, 2019.09.
71. 小坂 秀斗、中田 孝広、上田 太郎、後藤 雅宏, 逆ミセル型キャリアを用いた腫瘍特異的CD8陽性T細胞を活性化可能な経皮がんワクチンの開発, 第13回バイオ関連化学シンポジウム, 2019.09.
72. 若林里衣、大林洋貴、神谷典穂、後藤雅宏, ペプチドとの相補的複合化による小分子の細胞内デリバリー, 第13回バイオ関連化学シンポジウム2019, 2020.09.
73. 佐藤 崚, 南畑 孝介, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, タンパク質の片末端集合化を可能にするPolyTagの機能性評価, 2019年度生物工学若手研究者の集い 夏のセミナー, 2019.07.
74. 大林洋貴、若林里衣、神谷典穂、後藤雅宏, 薬物キャリアへの応用を志向したペプチド-小分子共集合体の創製, 2019年度生物工学若手研究者の集い 夏のセミナー, 2019.07.
75. 妹尾 紘介, 吉田 航, M.L.Firmansyah, 久保田富生子, 後藤雅宏, ホスホニウム型イオン液体の側鎖構造が白金族金属の抽出に与える影響, 第30回九州若手ケミカルエンジニア討論会, 2019.07.
76. 藤澤裕貴、田原義朗、若林里衣、神谷典穂、後藤雅宏, カチオンとしてアミノ酸を持つイオン液体を利用した経皮ペプチドデリバリー, 第30回九州若手ケミカルエンジニア討論会, 2019.07.
77. 東島 弘樹, Kong Qingliang,田原 義朗,北岡 桃子,若林 里衣,神谷 典穂,後藤 雅宏, スギ花粉エピトープペプチドを用いたS/O製剤による免疫学的評価, 第30回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2019.07.
78. 今谷梨乃、若林里衣、神谷典穂、後藤雅宏, 複数種類の両親媒性ペプチドの共集合制御とブロック状集合体の創製, 第30回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2019.07.
79. 有吉龍太郎、南畑孝介、後藤雅宏、神谷典穂, 前駆体酵素を活性化するための新しい手法の提案, 第30回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2019.07.
80. 大林洋貴、若林里衣、神谷典穂、後藤雅宏, 相補的な水素結合を駆動力としたペプチド共集合体の創製と応用, 生体機能関連化学部会若手の会, 2019.07.
81. 若林里衣、今谷梨乃、神谷典穂、後藤雅宏, 自己選別能の調節による両親媒性ペプチドの共集積制御, 生体機能関連化学部会若手の会, 2019.07.
82. 東島 弘樹, Kong Qingliang,田原 義朗,北岡 桃子,若林 里衣,神谷 典穂,後藤 雅宏, Solid-in-Oil製剤によるスギ花粉経皮免疫療法の開発, 化学工学会九州支部 第24回学生賞審査会, 2019.07.
83. 東島 弘樹, Kong Qingliang,田原 義朗,北岡 桃子,若林 里衣,神谷 典穂,後藤 雅宏, 親水化スギ花粉エピトープペプチドを用いたS/O製剤の開発と経皮デリバリー
, 第56回化学関連支部合同九州大会, 2019.07.
84. 駒田拓也、高原茉莉、Razi Muhamad Alif、若林里衣、後藤雅宏、神谷典穂, 脂質修飾タンパク質によるリポソームの表面修飾と細胞送達への応用, 第56回化学関連支部合同九州大会, 2019.07.
85. 藤澤裕貴、田原義朗、若林里衣、神谷典穂、後藤雅宏, カチオンとしてアミノ酸からなるイオン液体を用いた経皮ペプチドデリバリー, 第56回化学関連支部合同九州大会, 2019.07.
86. 今谷梨乃、若林里衣、神谷典穂、後藤雅宏, 疎水部の自己選別性の利用による複数種類の両親媒性ペプチドの共集合制御, 第56回化学関連支部合同九州大会, 2019.07.
87. 水野 梨瑚, 田原 義朗, 若林 里衣, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, S/O/W型 アジュバントによる細胞デリバリー能および免疫誘導能の向上, 第35回日本DDS学会学術集会, 2019.07.
88. 藤澤裕貴、田原義朗、若林里衣、神谷典穂、後藤雅宏, アミノ酸をカチオンとして用いるイオン液体による経皮ペプチドデリバリー, 第35回日本DDS学会学術集会, 2019.07.
89. 東島 弘樹, Kong Qingliang,田原 義朗,北岡 桃子,若林 里衣,神谷 典穂,後藤 雅宏, Solid-in-Oil製剤によるスギ花粉エピトープペプチドの経皮デリバリー, 第35回日本DDS学会学術集会, 2019.07.
90. 森田佳歩、田原義朗、若林里衣、神谷典穂、後藤雅宏, 油状基剤を用いたペプチドの経皮送達におけるコリンカチオンイオン液体の利用, 第35回日本DDS学会学術集会, 2019.07.
91. Q. Kong, M. Kitaoka, Y. Tahara, R. Wakabayashi, N. Kamiya, M. Goto, Intranasal vaccination by using Solid-In-Oil nanodispersions technology, 第35回日本DDS学会学術集会, 2019.07.
92. T. Hanada, W. Yoshida, M.L. Firmansyah, F. Kubota, M. Goto, Transport of Rh(III) using polymer inclusion membrane containing ionic liquids, The 12th Conf. Aseanian Membrane Society(AMS12), 2019.07.
93. W. Yoshida, F. Kubota, M. Goto, Development of membrane separation system for platinum group metals based on conventional and novel ionic liquids, The 12th Conf. Aseanian Membrane Society(AMS12), 2019.07.
94. F. Kubota, Y. Yoshida, E. Shigyo, M.L. Firmansyah, M. Goto, Application of a Novel Ionic Liquid based-Polymer Inclusion Membrane to the Selective Recovery of Platinum from Waste Catalyst, The 12th Conf. Aseanian Membrane Society(AMS12), 2019.07.
95. Masahiro Goto, Pharmaceutical Application of Ionic Liquids for Drug Delivery Systems, The 14th Asian Congress on Biotechnology, 2019.07.
96. S. Kozaka, T. Nakata, T. Ueda, M. Goto, Development of transcutaneous cancer vaccine by utilizing reverse micelles for melanoma prevention, The 14th Asian Congress on Biotechnology, 2019.07.
97. R. Wakabayashi, H. Obayashi, N. Kamiya, M. Goto, Intracellular delivery of small molecular drugs by complementary interaction with peptide amphiphiles, The 14th Asian Congress on Biotechnology (ACB 2019), 2019.07.
98. 後藤雅宏、小田義士、宮本雅義, 改良型S/O技術による両親媒性生理活性物質の経皮吸収促進, 第44回日本香粧品学会, 2019.06.
99. 後藤雅宏, 海底資源からのレアメタルの高効率分離プロセスの開発, 日本海水学会第70年会, 2019.06.
100. Masahiro Goto, Transdermal cancer vaccine by nano-coating carrier of antigen peptide, 2019 NTNU-Kyushu U Joint Forum, 2019.05.
101. 久保田富生子, M. L. Firmansyah, 吉田 航, 白金族金属リサイクルのためのイオン液体抽出プロセスの開発, 分離技術会年会2019, 2019.05.
102. 吉田航、久保田富生子、後藤雅宏, モノアミド含有四級ホスホニウム系イオン液体による塩酸溶液からのロジウム抽出特性, 分離技術会年会2019, 2019.04.
103. 花田隆文, 吉田航, M. L. Firmansyah, 久保田富生子, 後藤雅宏, Kolev S. D,, ロジウム分離のためのイオン液体包含高分子膜, 日本膜学会第41年会, 2019.05.
104. 小坂 秀斗、中田 孝広、田島 史郎、上田 太郎、後藤 雅宏, 逆ミセル法による抗原ペプチドの経皮浸透促進と経皮がんワクチンへの応用, 日本膜学会第41年会, 2019.05.
105. 今谷梨乃, 大林洋貴, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤雅宏, 疎水性置換基を利用した複数種類の両親媒性ペプチドの共集合制御, 第21回化学工学会学生発表会 (京都大会), 2019.03.
106. 佐藤崚, 南畑孝介, 後藤雅宏, 神谷典穂, 酵素触媒によるペプチドタグを起点としたタンパク質ポリマー形成, 第21回化学工学会学生発表会 (京都大会), 2019.03.
107. 駒田拓也, 高原茉莉, 若林里衣, 後藤雅宏, 神谷典穂, 酵素法による脂質修飾タンパク質の調製とその特性の評価, 第21回化学工学会学生発表会 (京都大会), 2019.03.
108. 今谷梨乃, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤雅宏, 疎水性置換基の異なる両親媒性ペプチドの共集合制御, 第21回化学工学会学生発表会 (京都大会), 2019.03.
109. 田中 悠佑、神初 弾、南畑孝介、平良東紀、神谷典穂, 直交型酵素触媒反応を用いた高活性キチナーゼ集合体の設計, 日本生物工学会, 2018.12.
110. 水野梨瑚, 田原義朗, 神谷典穂, 後藤雅宏,S/O/W型アジュバントの開発と免疫学的評価, 化学工学会年会, 2019.03.
111. 水野梨瑚, 田原義朗, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤雅宏, S/O/W型アジュバントによる抗原提示細胞の活性化と抗原送達能の向上, バイオマテリアル学会, 2018.11.
112. 水野梨瑚, 田原義朗, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤雅宏, S/O/W型アジュバントによる免疫誘導能の向上, バイオ関連シンポジウム, 2018.10.
113. 水野梨瑚, 田原義朗, 若林里衣, 後藤雅宏, S/O/W型アジュバントの開発と細胞毒性評価, 若手ケミカルエンジニア討論会, 2018.07.
114. 河口颯輝, 田原義朗, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤雅宏, ワクチン抗原の経皮吸収性能に及ぼす塩効果, 化学工学会第84年会, 2019.03.
115. 河口颯輝, 田原義朗, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤雅宏, 化技術によるワクチン創製における塩の影響とオルガノゲルの利用, 第29回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2018.07.
116. 佐藤崚, 南畑孝介, 後藤雅宏, 神谷典穂, 酵素触媒によるペプチドタグを起点としたタンパク質ポリマー形成, 化学工学会第84年会, 2019.03.
117. 佐藤崚, 南畑孝介, 後藤雅宏, 神谷典穂, 機能性タンパク質のポリマー化を目的としたPolyTagの設計, 第12回バイオ関連化学シンポジウム, 2018.09.
118. R. Sato, K. Minamihata, M. Goto, N. Kamiya, Design of a PolyTag that affords polymerization of functional proteins, The 15th Japan-China-Korea Joint Symposium on Enzyme Engineering, 2018.07.
119. 小坂秀斗, 中田孝広, 田島史郎, 上田太郎, 後藤雅宏, 経皮がんワクチンの開発を目指した逆ミセル法による抗原ペプチドの経皮浸透促進, 化学工学会第84年会, 2019.03.
120. 小坂秀斗, 中田孝広, 赤木淳二, 田嶋史郎, 國友栄治, 上田太郎, 松岡信也, 後藤雅宏, Utilization of Reverse Micelle Formulation for Transcutaneous Cancer Vaccine, The 31st International Symposium on Chemical Engineering, 2018.12.
121. 小坂秀斗, 桜木優人, 若林里衣, 田原義朗, 神谷典穂, 後藤雅宏, 悪性メラノーマの経皮免疫療法をめざした抗原ペプチドの油状ナノキャリアの開発, 第12回 バイオ関連化学シンポジウム学会, 2018.09.
122. 小坂秀斗, 桜木優人, 若林里衣, 田原義朗, 神谷典穂, 後藤雅宏, 抗原ペプチドの油状ナノ分散化技術を利用した経皮ワクチンによる悪性メラノーマ予防効果, 第34回DDS学会, 2018.06.
123. 小坂秀斗, 桜木優人, 若林里衣, 田原義朗, 神谷典穂, 後藤雅宏, 抗原ペプチドの油状ナノキャリアを用いた悪性メラノーマの経皮免疫治療, 日本膜学会第40年会, 2018.05.
124. A. Yamada, R. Wakabayashi, Y. Tahara, N. Kamiya, M. Goto, Effect of amino acids for transcutaneous vaccine using Solid-in-Oil nanodispersion, The 31th Int. Symp. Chem. Engineer., 2018.12.
125. 大林 洋貴, 若林 里衣,神谷 典穂,後藤 雅宏, 両親媒性ペプチドとの相補的互作用によるがん細胞へのドラッグデリバリー, 第99回 日本化学会, 2018.09.
126. 大林 洋貴, 若林 里衣,神谷 典穂,後藤 雅宏, Development of two-component drug delivery carriers using complementary interaction, 第28回 日本MRS学会, 2018.12.
127. 大林 洋貴, 若林 里衣, 神谷 典穂,後藤 雅宏, Creation of orderly co-assemblies consisted of peptide amphiphileand drugs through complementary interaction, ISChE2018, 2018.11.
128. 鹿嶋綾香, 小坂秀斗, 後藤雅宏, 中田孝広, 田島史郎, 上田太郎, 経皮浸透性向上のための逆ミセルの設計と経皮浸透メカニズムの解明, 化学工学会第84年会, 2019.03.
129. 鹿嶋綾香, 小坂秀斗, 後藤雅宏, 中田孝広, 上田太郎, 松岡信也, 逆ミセルによるヒアルロン酸の経皮吸収促進, 化学工学会第50回秋季大会, 2018.09.
130. 若林里衣, 河野秀俊, 田原義朗, 神谷典穂, 後藤雅宏, Solid-in-Oil 化経皮製剤によるがんの免疫治療効果, 第34回日本DDS学会学術集会, 2018.06.
131. 若林里衣, 神谷典穂, 後藤雅宏, 両親媒性ペプチドの共集合制御, 生体機能関連化学部会若手の会 第30回サマースクール研究会, 2018.07.
132. 若林里衣, 勝家睦洋, 今谷梨乃, 神谷典穂, 後藤雅宏, 両親媒性ペプチドを用いたマルチドメイン型分子集積の試み, 第12回バイオ関連化学シンポジウム, 2018.09.
133. R. Wakabayashi, H. Obayashi, N. Kamiya, M. Goto, Complemantary interaction with peptide amphiphiles guided the intracellular delivery of small molecular drugs, YABEC 2018 , 2018.11.
134. 若林里衣, 後藤雅宏, 神谷典穂, タンパク質の事後集積を指向した酵素反応性の自己組織化ペプチドの開発, 日本化学会第99春季年会, 2019.03.
135. Q. Kong, M. Kitaoka, Y. Tahara, R. Wakabayashi, N. Kamiya, M. Goto, Development of intranasal vaccination using Solid-in-Oil technology, 化学工学会 第84年会, 2019.03.
136. Q. Kong, M. Kitaoka, Y. Tahara, R. Wakabayashi, N. Kamiya, M. Goto, Intranasal immunization by using Solid-in-Oil nanodispersions, The 31th International Symposium on Chemical Engineering , 2018.12.
137. Q. Kong, M. Kitaoka, R. Wakabayashi, N. Kamiya, M. Goto, Transcutaneous pollinosis immunotherapy using Solid-in-Oil nanodispersions loaded with T cell epitope peptides, 化学工学会第50回秋季大会, 2018.09.
138. Q. Kong, M. Kitaoka, Y. Tahara, R. Wakabayashi, N. Kamiya, M. Goto, Enhancement of transcutaneous vaccine delivery by using Solid-in-Oil nanodispersions with natural terpenes,, The 29th Young Researcher Symposium on Chemical Engineering in Kyushu District, 2018.07.
139. 大濱有紀, 南畑孝介, 若林里衣, 後藤雅宏, 神谷典穂, 分子進化系を志向した自立液滴中での無細胞タンパク質合成系の構築, 化学工学会第84年会, 2019.03.
140. Y. Ohama, K. Minamihata, R. Wakabayashi, M. Goto, N Kamiya, Enzymatic hydrogelation of liquid marbles for in situ immobilization of cell-free synthesized recombinant proteins , The 24th Symposium of Young Asian Biological Engineers' Community, 2018.11.
141. 大濱有紀, 南畑孝介, 後藤雅宏, 神谷典穂, Liquid marbleを反応場とする無細胞タンパク質合成系とゲル化による産物の捕捉, 化学工学会第50回秋季大会, 2018.09.
142. 大濱有紀, 南畑孝介, 若林里衣, 後藤雅宏, 神谷典穂, 機能化タンパク質固定化Hydrogel marbleのオンデマンド作製, 第29回九州若手ケミカルエンジニア討論会, 2018.07.
143. 大濱有紀, 南畑孝介, 若林里衣, 後藤雅宏, 神谷典穂, Liquid marble内でのタンパク質合成とその固定化系の確立, 第55回化学関連支部合同九州大会, 2018.06.
144. 濱田祐成, 南畑孝介, W. Ramadhan, 後藤雅宏, 神谷典穂, 機能性分子の直交型固定によるハイドロゲル基材への細胞培養機能付与, 第40回日本バイオマテリアル学会, 2018.11.
145. 濱田祐成, 南畑孝介, W. Ramadhan, 後藤雅宏, 神谷典穂, 機能性分子の直交型固定によるハイドロゲル基材への細胞培養機能の付与, 化学工学会第50回秋季大会, 2018.09.
146. 久保田富生子, M. L. Firmansyah, 吉田航, 後藤雅宏, 新規イオン液体による自動車触媒浸出液からのPGMsの抽出分離, 化学工学会第50回秋季大会, 2018.09.
147. 久保田富生子, M. L. Firmansyah, 吉田航, 後藤雅宏, イオン液体の開発とイオン液体の開発とPGMsリサイクルへの応用, 分離技術会年会2018, 2018.05.
148. 花田隆文, M. L. Firmansyah, 吉田航, 久保田富生子, 後藤雅宏, Kolev S. D.イオン液体を組み込んだ高分子膜によるロジウムの選択的膜輸送, 化学工学会第84年会, 2019.03.
149. 花田隆文, M. L. Firmansyah, 吉田航, 久保田富生子, 後藤雅宏, Polymer inclusion membrane containing trioctyl(dodecyl)phosphonium chloride for the separation of platinum group metals from spent automotive catalyst, The 31th International Symposium on Chemical Engineering, 2018.12.
150. 花田隆文, 岩熊美奈子, 後藤雅宏, 硫黄を配位原子とする高分子型抽出剤によるAu(III)の抽出と高分子効果, 第37回溶媒抽出討論会, 2018.11.
151. 花田隆文, M. L. Firmansyah, 吉田航, 久保田富生子, 後藤雅宏, 廃自動車触媒からの高分子包含膜を用いたロジウム分離, 膜シンポジウム 2018, 2018.11.
152. 花田隆文, M. L. Firmansyah, 吉田航, 久保田富生子, 後藤雅宏, 新規イオン液体を内包した高分子膜による白金族金属の膜分離, 第9回イオン液体討論会, 2018.10.
153. 花田隆文, M. L. Firmansyah, 吉田航, 久保田富生子, 後藤雅宏, イオン液体を包含した環境調和型の高分子ロジウム分離膜の開発, 化学工学会第50回秋季大会, 2018.09.
154. 花田隆文, 岩熊美奈子, 後藤雅宏, Synthesis of polymer type extractant containing thiomethylfuran and its extraction behavior of precious metals, International Conference on Ion Exchange 2018, 2018.09.
155. 花田隆文, M. L. Firmansyah, 吉田航, 久保田富生子, 後藤雅宏, 高分子包含膜を用いた廃自動車触媒からの白金族金属分離プロセスの開発, 第 29 回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2018.07.
156. 駒田拓也, 高原茉莉, 若林里衣, 後藤雅宏, 神谷典穂, 酵素法による脂質修飾タンパク質の調製とその特性の評価, 第21回化学工学会学生発表会(京都大会), 2019.03.
157. 今谷梨乃, 大林洋貴, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤雅宏, 疎水性置換基を利用した複数種類の両親媒性ペプチドの共集合制御, 日本化学会 第99春季年会, 2019.03.
158. 今谷梨乃, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤雅宏, 疎水性置換基の異なる両親媒性ペプチドの共集合制御, 第21回化学工学会学生発表会 (京都大会) , 2019.03.
159. R. M. Moshikur, R. Wakabayashi, Y. Tahara, M. Moniruzzaman, N. Kamiya, M. Goto, Salicylate amino acid esters as the novel Active Pharmaceutical Ingredient Ionic Liquids (API-ILs): characterization and cytotoxicity evaluation, 10th AFOB Regional Symposium (ARS 2018), 2018.01.
160. R. M. Moshikur, Y. Tahara, R. Wakabayashi, M. Moniruzzaman, N. Kamiya, M. Goto, Methotrexate Ionic liquid moieties as the potent anticancer prodrugs: Characterization and solubility evaluation, 6th Asian-Pacific Conference on Ionic Liquids & Green Processes (APCIL-6), 2018.11.
161. 金子淳平, 田原義朗, 北岡桃子, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤雅宏, 経皮ワクチンにおける経皮浸透促進剤と免疫賦活剤の併用による免疫誘導能の向上, 化学工学会第84年会, 2019.03.
162. 金子淳平, 岡篤志, 田原義朗, 北岡桃子, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤雅宏, 経皮浸透促進剤と免疫賦活剤の併用による高効率油状経皮ワクチンの開発, 化学工学会第50回秋季大会, 2018.09.
163. 金子淳平, 岡篤志, 田原義朗, 北岡桃子, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤雅宏, 油状経皮ワクチン製剤におけるCpGアジュバントの検討, 第29回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2018.07.
164. 金子淳平, 岡篤志, 田原義朗, 北岡桃子, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤雅宏, 油状ワクチン製剤における経皮デリバリーの向上, 第55回化学関連支部合同九州大会, 2018.06.
165. 金子淳平, 岡篤志, 田原義朗, 北岡桃子, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤雅宏, 油状ワクチン製剤による抗原の経皮デリバリーと免疫メカニズム, 第34回日本DDS学会, 2018.06.
166. 阿部弓依, 田原義朗, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤雅宏, Solid-in-Oil製剤の経口投与によるリンパ組織への抗原送達とワクチン開発, 化学工学会第50回秋季大会学会, 2018.09.
167. 阿部弓依, 田原義朗, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤雅宏, 経口ワクチン開発におけるSolid-in-Oil製剤からの抗原放出制御, 第34回日本DDS学会学術集会, 2018.06.
168. 森田佳歩, 田原義朗, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤 雅宏, 生体材料由来イオン液体を用いたペプチドの経皮送達におけるアニオンの経皮浸透促進効果, 化学工学会第84年会, 2019.03.
169. 森田佳歩, 田原義朗, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤 雅宏, 生体適合性イオン液による抗原ペプチドの経皮送達, 第29回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会 学会, 2018.07.
170. 森田佳歩, 田原義朗, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤 雅宏, 生体材料由来イオン液体を用いた油状基剤中のペプチドの皮膚浸透性向上, 第9回イオン液体討論会, 2018.10.
171. 森田佳歩, 田原義朗, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤 雅宏, 生体物質由来イオン液体による抗原ペプチドの経皮送達と皮膚浸透メカニズムの解明, 第50回化学工学会秋季大会, 2018.09.
172. 森田佳歩, 田原義朗, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤 雅宏, 生体物質由来イオン液体を用いた油状経皮ワクチン製剤の組成検討, 化学関連支部合同九州大会, 2018.06.
173. 森田佳歩, 田原義朗, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤 雅宏, 生体材料由来イオン液体を利用した抗原ペプチドの経皮デリバリー, 第34回日本DDS学会学術集会, 2018.06.
174. Y. Tahara, M. Kaho, R. Wakabayashi, N. Kamiya, M. Goto, Transdermal drug delivery mediated by ionic liquids, which dispersed drugs in oil-based penetration enhancer, The 24th Symposium of Young Asian Biological Engineer’s Community (YABEC 2018), 2018.11.
175. 田原義朗, 森田佳歩, M. R. Chowdhury, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤雅宏, イオン液体の生体適合性の向上とDDSへの応用, 第40回日本バイオマテリアル学会, 2018.11.
176. 田原義朗, 森田佳歩, M. R. Chowdhury, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤雅宏, 生体適合性材料を用いたイオン液体の設計とDDSへの応用, 第9回イオン液体討論会, 2018.10.
177. 田原義朗, 水野梨瑚, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤雅宏, 免疫DDSキャリアを志向したS/O/W型エマルションの設計, 化学工学会第50回秋季大会, 2018.09.
178. 田原義朗, 森田佳歩, M. R. Chowdhury, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤雅宏, 生体分子で構成されるイオン液体の設計とDDS, 第12回バイオ関連化学シンポジウム, 2018.09.
179. 田原義朗, 森田佳歩, M. R. Chowdhury, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤雅宏, 生体分子由来イオン液体を利用した DDS の現状, 第34回日本DDS学会, 2018.06.
180. W. Yoshida, F. Kubota, S.D. Kolev, M. Goto, Separation of critical metal ions from iron(III) using a polymer inclusion membrane containing an amic acid carrier and quinone, The 31th Int. Symp. Chemical Engineering, 2018.12.
181. 吉田航, 久保田富生子, Kolev S. D, 後藤雅宏, アミド酸型抽出剤とキノン誘導体を包接した高分子膜によるスカンジウムと鉄の分離, 第37回溶媒抽出討論会, 2018.11.
182. 吉田航, 久保田富生子, Kolev S. D, 後藤雅宏, 種々のアミド酸誘導体によるスカンジウムの溶媒抽出平衡と膜分離システムへの応用, 化学工学会第50回秋季大会, 2018.09.
183. W. Yoshida, F. Kubota, S.D. Kolev, M. Goto, Extraction equilibria of scandium(III) with the amic acid-type extractants and application to a polymer inclusion membrane, 7th Int. Conf. Ion Exchange, 2018.09.
184. 吉田航, 久保田富生子, Kolev S. D, 後藤雅宏, レアメタルの高度分離のための反応界面設計と新規膜分離プロセスへの展開, 第29回九州地区若手ケミカルエンジニアリング討論会, 2018.07.
185. 吉田航, 河野里穂, 久保田富生子, 後藤雅宏, イミダゾリウム型イオン液体を含浸させた支持液膜による白金の選択的膜透過分離, 分離技術会年会2018, 2018.05.
186. 吉田航, 久保田富生子, Kolev S. D, 後藤雅宏, 高分子包接膜によるレアメタルイオンの膜透過および輸送メカニズムの解析, 日本膜学会第40年会, 2018.05.
187. Masahiro Goto, Biopharmaceutical Application of Nanotechnology, -Development of Transdermal Vaccine-, JAPAN NANO2019, 2019.02.
188. Masahiro Goto, Pharmaceutical Application of Ionic Liquids for Transdermal Drug Delivery Systems, The 6th Asian Pacific Conference on Ionic Liquids, (APCIL-6), 2018.11.
189. Masahiro Goto, Amic acid extractants applicable to industrial solvent extraction for the recovery of strategic metals, International Conference on Coordination Chemistry, 2018, (ICCC 2018), 2018.07.
190. 後藤雅宏、小坂秀斗、中田孝広、上田太郎、松岡信也, 生体高分子の経皮促進キャリアとしての逆ミセル, 第43回日本香粧品学会, 2018.06.
191. 小坂秀斗、桜木優人、若林里衣、田原義朗、神谷典穂、後藤雅宏, 抗原ペプチドの油状ナノ分散化技術を利用したメラノーマ予防に有効な経皮がんワクチンの開発, 化学工学会 第83年会, 2018.03.
192. Kozaka Shuto, Nakata Takahiro, Akaki Junji, Tajima Shiro, Kunitomo Fiji, Goto Masahiro, Utilization of reverse micelles for skin permeation enhancement of bioactive macromolecules, The 30th ISChE, 2017.12.
193. 阿部弓依、田原義朗、後藤雅宏, 経口投与におけるS/O製剤からの抗原徐放とワクチン開発, 化学工学会第83年会, 2018.03.
194. 河野里穂, 吉田航, 久保田富生子, 後藤雅宏, 高分子包含膜を用いた貴金属の分離回収, 化学工学会第83回年会, 2018.03.
195. 吉田航、久保田富生子、Kolev S. D、後藤雅宏, アミド酸型キャリア包接高分子膜によるスカンジウムの膜分離と膜透過機構の解析, 化学工学会第83回年会, 2018.03.
196. 田原義朗, 森田佳歩, 荒木祥太, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤雅宏, イオン液体を用いた経皮ワクチンの開発, 化学工学会第83回年会, 2018.03.
197. 久保田富生子、L. M. Firmansyah, 後藤雅宏, 新規ホスホニウム型イオン液体による白金族金属の抽出, 化学工学会第83回年会, 2018.03.
198. 大林洋貴, 若林里衣, 神谷典穂、後藤雅宏, 二成分混合集合システムを利用した小分子薬物キャリアの開発, 第20回化学工学会学生発表会, 2018.03.
199. 森田佳歩、田原義朗、若林里衣、神谷典穂、後藤雅宏, 生体材料由来イオン液体を用いた経皮ワクチン製剤の開発, 第20回化学工学会学生発表会, 2018.03.
200. R. M. Moshikur, R. Wakabayashi, Y. Tahara, M. Moniruzzaman, N. Kamiya, M. Goto, Salicylate amino acid esters as the novel Active Pharmaceutical Ingredient Ionic Liquids (API-ILs): characterization and cytotoxicity evaluation, 10th AFOB Regional Symposium 2018, 2018.01.
201. M. R. Chowdhury, R. Wakabayashi, Y. Tahara, M. Moniruzzaman, N. Kamiya, M.Goto, Ionic Liquids Based Paclitaxel IV Injection: A New Potential Formulation for Cancer Treatment, 10th AFOB Regional Symposium 2018, 2018.01.
202. Masahiro Goto, Novel Cancer Vaccine by Transcutaneous Drug Delivery System Using Solid-in-Oil Nano Carrier, 10th AFOB Regional Symposium 2018, 2018.01.
203. 後藤雅宏, 薬物の皮膚への高浸透を可能にする次世代コロイド技術, 第35回コロイド・界面技術シンポジウム, 2018.01.
204. 後藤 雅宏, 注射不要の未来への挑戦—バイオ医薬品の皮膚透過を可能にする次世代経皮吸収技術—, 九州大学学術研究都市セミナーin東京2017, 2017.12.
205. R. Wakabayashi, M. Katsuya, N. Kamiya, M. Goto, Multi-block fibrous assembly of peptide amphiphiles based on intrinsic immiscibility, The Second International Symposium on Biofunctional Chemistry (ISBC2017), 2017.12.
206. H. Kouno, Y. Tahara, R. Wakabayashi, N. Kamiya, M. Goto, Development of transcutaneous cancer vaccine by oil-based nanodispersion technique, The 30th International Symposium on Chemical Engineering, 2017.12.
207. Aiko Yamada, Rie Wakabayashi, Yoshiro Tahara, Noriho Kamiya, Masahiro Goto, Solid-in-Oil nanodispersion with an amino acid as a permeation enhancer for transcutaneous vaccine, The 30th International Symposium on Chemical Engineering, 2017.12.
208. W. Yoshida, Y. Baba, F. Kubota, S.D. Kolev, M. Goto, Membrane transport of critical metal ions and stability studies of polymer inclusion membranes, The 30th International Symposium on Chemical Engineering, 2017.12.
209. R. Kono, W. Yoshida, F. Kubota, M. Goto, Separation of Au(III) from mobile phones using a polymer inclusion membrane with D2EHAG as the carrier, The 30th International Symposium on Chemical Engineering, 2017.12.
210. 田原義朗, 荒木祥太, 森田佳歩, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤雅宏, イオン液体を用いた経皮ドラッグデリバリーシステム, 第8回イオン液体討論会, 2017.11.
211. 吉田航、馬場雄三、久保田富生子、Kolev S. D、後藤雅宏, 膜安定性の向上を指向した新規キャリアの合成とスカンジウムの選択的膜透過, 膜シンポジウム2017, 2017.11.
212. R. Kono, W. Yoshida, F. Kubota, M. Goto, Selective extraction and recovery of precious metals with a novel amic acid extractant from waste mobile phones, The 21st International Solvent Extraction Conference(ISEC2017), 2017.11.
213. M. L. Firmansyah, F. Kubota, M. Goto, Effective separation of Pt(IV), Pd(II), and Rh(III) in acidic solution by using phosphonium-based ionic liquids, The 21st International Solvent Extraction Conference(ISEC2017), 2017.11.
214. M. Sharif, W. Yoshida, F. Kubota, M. Goto, Selective extraction of scandium from other REEs using binary extractant of PC-88A and versatic10 from nitrate media, The 21st International Solvent Extraction Conference(ISEC2017), 2017.11.
215. W. Yoshida, Y. Baba, F. Kubota, S.D. Kolev, M. Goto, Separation of scandium(III) from lanthanides using a polymer inclusion membrane containing an amic acid-extrctant carrier, The 21st International Solvent Extraction Conference, 2017.11.
216. 山田 愛子 若林 里衣 田原 義朗 神谷 典穂 後藤雅宏, アミノ酸添加S/O製剤を利用した経皮ワクチンの開発, 化学工学会第49回秋季大会, 2017.09.
217. 河野里穂, 吉田航, 久保田富生子, 後藤雅宏, 高分子包含膜による二次廃棄物からの金の回収, 化学工学会第49回秋季大会, 2017.09.
218. 吉田航、馬場雄三、久保田富生子、Kolev S. D、後藤雅宏, スカンジウム高選択的抽出系を包含した高分子膜の開発と膜安定性の評価, 化学工学会第49回秋季大会, 2017.09.
219. 田原義朗, 若林里衣, 北岡桃子, 神谷典穂, 後藤雅宏, 生体高分子の油中ナノ分散化技術を利用した経皮デリバリーと経皮免疫, 化学工学会第49回秋季大会, 2017.09.
220. 河野秀俊、田原義朗、若林里衣、神谷典穂、後藤雅宏, 抗原タンパク質の油状ナノ粒子化(S/O)技術を利用した経皮がんワクチンの創製, 第11回バイオ関連化学シンポジウム, 2017.09.
221. 若林里衣、橋本龍一朗、大林洋貴、神谷典穂、後藤雅宏, 相補的相互作用を活用した小分子薬物のデリバリーキャリア開発, 第11回バイオ関連化学シンポジウム, 2017.09.
222. 田原義朗, 若林里衣, 北岡桃子, 神谷典穂, 後藤雅宏, Solid-in-Oil化技術を利用した生体高分子の経皮デリバリー, 第11回バイオ関連化学シンポジウム, 2017.09.
223. R. Kono, W. Yoshida, F. Kubota, M. Goto, Selective separation of gold ions with a polymer inclusion membrane containing an amic acid extractant from waste mobile phones, The 17th Congress of the Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering, 2017.08.
224. W. Yoshida, Y. Baba, F. Kubota, S.D. Kolev, M. Goto, Selective membrane transport of rare earth ions by a polymer inclusion membrane, The 17th Congress of the Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering, 2017.08.
225. 河野里穂, 吉田航, 久保田富生子, 後藤雅宏, 高分子包含膜を用いた携帯電話からの金の分離回収, 化学工学会東京大会2017, 2017.08.
226. 吉田航、馬場雄三、久保田富生子、Kolev S. D、後藤雅宏, 高分子包接膜を用いたレアメタルイオンの膜透過と膜安定性の向上, 化学工学会東京大会2017, 2017.08.
227. Q. Kong, M. Kitaoka, R. Wakabayashi, N. Kamiya, M. Goto, Development of a transcutaneous pollinosis immunotherapy using Solid-in-Oil nanodispersions, 第33回日本DDS学会学術集会, 2017.07.
228. 山田 愛子 若林 里衣 田原 義朗 神谷 典穂 後藤雅宏, S/O経皮ワクチンにおけるアミノ酸の経皮吸収促進効果, 第33回日本DDS学会学術集会, 2017.07.
229. 田原義朗, 河野秀俊, 若林里衣, 神谷典穂, 後藤雅宏, 抗原タンパク質封入Solid-in-Oilによる経皮デリバリーと免疫システム, 第33回日本DDS学会学術集会, 2017.07.
230. 若林里衣、桜木優人、田原義朗、神谷典穂、後藤雅宏, Solid-in-Oil 化技術を用いたメラノーマに対する経皮ワクチンの開発, 第33回日本DDS学会学術集会, 2017.07.
231. 山田 愛子 若林 里衣 田原 義朗 神谷 典穂 後藤雅宏, アミノ酸を経皮吸収促進剤として利用したS/O経皮ワクチンの開発, 第54回化学関連支部合同九州大会, 2017.07.
232. 馬場 雄三、吉田 航、久保田 富生子、後藤 雅宏、加藤 雅裕、杉山 茂、Cattrall R. W、Kolev S.D, 新規キャリア包接高分子膜(PIM)を用いた金属イオンの固相抽出および膜透過, 日本海水学会第68年会, 2017.06.
233. 若林里衣、後藤雅宏、神谷典穂, 酵素反応性ペプチドを用いたタンパク質の集積化, 第66回高分子学会年次大会, 2017.05.
234. Hiroyuki Wariishi, Mari Kabuto, Takeshi Yamanaka, Shinya Okazaki, Masahiro Goto, Hiroo Tanaka, Ligninolytic activities in non-aqueous media, Proceedings of the 1998 7th International Conference on Biotechnology in the Pulp and Paper Industry. Part 1 (of 3), 1998, To obtain stable ligninolytic activities in organic media, a peptide-hydrolyzed cytochrome c (microperoxidase-11), a dendritic porphyrin, and a surfactant-coated MnP (MnP complex) were prepared. Microperoxidase-11 was very stable in water miscible solvents such as methanol and ethanol, showing MnP activity as well as peroxidase activity. The dendritic porphyrin oxidized either veratryl alcohol or 2, 6-dimethoxyphenol in benzene and chloroform. MnP complex was soluble in dry benzene where it catalyzed MnII-dependent oxidation of a series of aromatic substrates..
235. Uju, Agung Tri Wijayanta, Masahiro Goto, Noriho Kamiya, High yield hydrolysis of seaweed-waste biomass using peracetic acid and ionic liquid treatments, 3rd International Conference on Industrial Mechanical, Electrical, and Chemical Engineering, ICIMECE 2017, 2018.02, Seaweed is one of the most promising bioethanol feedstocks. This water plant has high carbohydrate content but low lignin content, as a result it will be easier to be hydrolysed. This paper described hydrolysis of seaweed-waste biomass from the carrageenan (SWBC) industry using enzymatic saccharification or ionic liquids-HCl hydrolysis. In the first work, SWBC pretreated by peracetic acid (PAA) followed by ionic liquid (IL) caused enhance the cellulose conversion of enzymatic saccharification. At 48h saccharification, the value conversion almost reached 100%. In addition, the untreated SWBC also produced the cellulose conversion 77%. In the second work, SWBC or Bagasse with or without pretreated by PAA was hydrolyzed using ILs-HCl hydrolysis. The ILs used were 1-buthyl-3-methylpyridium chloride, [Bmpy][Cl] and 1-butyl-3-metyl imidazolium chloride ([Bmim][Cl]). [Bmpy][Cl]-HCl hydrolysis produced higher cellulose conversion than [Bmim][Cl]-HCl hydrolysis. The phenomenon was clearly observed on the Bagasse, which without pretreated by PAA. Furthermore, SWBC hydrolyzed by both ILs in the presence low concentration of HCl produced cellulose conversion 70-98% at 60-90 min of hydrolysis time. High cellulose conversion of SWBC on the both hydrolysis was caused by SWBC had the low lignin (4%). Moreover, IL treatments caused lowering of cellulose hydrogen bonds or even changed the cellulose characteristics from cellulose I to cellulose II which easily to be hydrolyzed. In the case of [Bmpy][Cl], this IL may reduce the degree polymerization of celluloses..
236. Masahiro Goto, Directed aggregation and fusion of vesicles induced by a DNA-surfactant, Liaison Functions 2013 - Core Programming Area at the 2013 AIChE Annual Meeting: Global Challenges for Engineering a Sustainable Future, 2013.
237. Masahiro Goto, A nanostructured molecular assembly in ionic liquids as a novel medium for biocatalysis reactions, 2008 AIChE Annual Meeting, AIChE 100, 2008.
238. Masahiro Goto, Kojiro Shimojo, Kazunori Nakashima, Solubilization and functional changes of biomolecules in ionic liquids, 55th Society of Polymer Science Japan Symposium on Macromolecules, 2006, This lecture reports on the protein transfer from an aqueous phase into ionic liquids (ILs) with dicyclohexano-18-crown-6 (DCH18C6), and the functional change of cytochrome c (Cyt-c) dissolved in ILs. Further, a protein is modified with comb-shaped poly (ethylene glycol), PM13. PM13 modified subtilisin (PM13-Sub) could be solubilized clearly in a wide range of pure ILs. This markedly high activity in the IL was superior to that in organic solvents commonly used for enzymatic catalysis. PM13-Sub was also found to retain its catalytic activity in the ILs for a prolonged period..
239. Mai Hiraki, Tatsuo Maruyama, Hiroshi Yamamura, Masahiro Goto, Aggregation of DNA-tagged liposomes controllable by external stimuli, 54th SPSJ Annual Meeting 2005, 2005, Here we describe a novel strategy of liposome aggregation employing DNA-surfactant, in which the aggregation of liposomes can be reversibly controlled by enzyme stimuli and temperature. Single-stranded oligonucleotides were tethered to the outer surface of liposomes. Mixing of the DNA-tagged liposomes with ones bearing complementary DNA strands initiated the aggregation of liposomes. The liposomes were linked with each other via duplex DNA. The aggregated liposomes were dissociated by restriction enzyme to produce the initial discrete liposomes and re-aggregated by ligase..
240. Masahiro Goto, Kazunori Nakashima, Comb-shaped polyethylene glycol-modifled subtilisin soluble and highly active in ionic liquids, 05AIChE: 2005 AIChE Annual Meeting and Fall Showcase, 2005, Subtilisin Carlsberg conjugated with comb-shaped polyethylene glycol was solubilized in common ionic liquids without adding water, and exhibited higher transesterification activity in ionic liquids than in organic solvents commonly used for enzymatic biotransformation. Many researchers are becoming increasingly interested in the application of ILs as reaction media for biotransformation. Recent works showed that enzymes exhibited their catalytic activities in pure ILs or IL/aqueous biphasic systems, providing many advantages such as high conversion rates, high enantioselectivity, and increased stability of enzymes. However, one of the most significant limitations in enzymatic reactions in ILs is the relatively low activity of enzymes suspended in ILs. Some ILs are known to dissolve enzymes with or without a small amount of water, however, dissolved enzymes show little catalytic activity presumably due to their conformational change in ILs. To overcome this limitation, several studies have been conducted to enhance enzymatic activity in ILs, involving the addition of a small amount of water to ILs, and immobilization of enzyme with solid supports. Polyethylene glycol (PEG) shows high solubility in ILs, and was found to provide high stability and dispersibility of enzymes in ILs. We previously showed the effective activation of lipases in ILs by physical complexation of lipases with PEG 20,000. Although some researchers attempted to improve solubility and activity of enzymes in ILs by covalent modification with PEG, chemical modification of enzymes with linear PEG did not offer sufficient solubility and catalytic activity in ILs. Here, we report the use of comb-shaped PEG as an enzyme modifier to solubilize an enzyme in ILs. Comb-shaped PEG, PM13 is a copolymer derivative of PEG and maleic anhydride with an approximate molecular weight of 13,000 and has multivalent reactive sites, acid anhydrides, which react preferentially with amino groups in a protein molecule. The potential utility of PM13 was validated in enzymatic catalysis in organic solvents. In the present study, we have demonstrated perfect solubilization and marked enhancement of catalytic activity of an enzyme in ILs by modification with PM13. To our knowledge, this great superiority of enzymatic catalysis in pure ILs compared with organic solvents has not yet been reported. In summary, we showed that comb-shaped PEG, PM13, is an excellent modifier to solubilize enzymes in ILs. This approach offers high enzymatic activity in pure ILs without immobilization of enzyme or addition of small amounts of water. We believe that this paper will stimulate researchers to develop further applications in the field of enzymology for the use of ILs..
241. Kazunori Nakashima, Tatsuo Maruyama, Noriho Kamiya, Masahiro Goto, Solubilization and high activity of enzymes in ionic liquids by modification with comb-shaped poly (ethylene glycol), 54th SPSJ Symposium on Macromolecules, 2005, Subtilisin Carlsberg was modified with comb-shaped poly (ethylene glycol), PM13. PM13 modified subtilisin (PM13-Sub) could be solubilized clearly in a wide range of pure ILs, whereas native subtilisin was not soluble in any ILs. Furthermore, PM13-Sub dissolved in ILs exhibited the excellent catalytic activity in transesterification of N-acetyl-L-phenylalanine ethyl ester with 1-butanol. This markedly high activity in the IL was superior to that in organic solvents commonly used for enzymatic catalysis. PM13-Sub was also found to retain its catalytic activity in the ILs for a prolonged period..
242. Tatsuo Maruyama, Mai Hiraki, Hiroshi Yamamura, Harumi Takata, Masahiro Goto, Stimuli-responsive liposome aggregation induced by DNA-surfactants, 54th SPSJ Symposium on Macromolecules, 2005, Here we describe a novel strategy of liposome aggregation employing DNA-surfactant, in which the aggregation of liposomes can be reversibly controlled by enzyme stimuli and temperature. Single-stranded oligonucleotides (24-mer) were bound to oleic acid to produce DNA-surfactant. The DNA surfactant was mixed with POPC liposomes to prepare DNA-tethered liposomes. Mixing of the DNA-tagged liposomes with ones bearing complementary DNA strands starts the aggregation of liposomes. The liposomes were linked with each other via duplex DNA. We found that the liposome aggregation was influenced by temperature, salt concentration and restriction enzyme..
243. Masahiro Goto, Tatsuo Maruyama, Noriho Kamiya, Poly(ethylene glycol)-lipase complex highly active in ionic liquids, 2004 AIChE Annual Meeting, 2004, The alcoholysis catalyzed by the poly(ethylene glycol) (PEG)-lipase complex in ionic liquids was investigated. The alcoholysis between vinyl cinnamete and benzyl alcohol was catalyzed by lyophilized native lipase PS or the PEG-lipase PS complex in [Hmin][PF6]. The alcoholysis reaction involves acylation of the lipase and esterification of benzyl alcohol. The results show that the differences in activation among lipases was related to the solvent tolerance of the lipase or the dispersion of the PEG-lipase complexes..
244. Hiroyuki Wariishi, H. Tanaka, Masahiro Goto, S. Furusaki, Nonaqueous biotechnology utilizing organic solvents tolerant ligninolytic enzymes, 68th Pulp and Paper Research Conference 2001, 2001, Lignin-degrading basidiomycetes have been known to secrete ligninolytic enzymes such as lignin and manganese peroxidases (LiP and MnP) and laccase. Since these enzymes play an important role in fungal metabolism of environmentally persistent aromatic compounds, including water-insoluble dioxin and biphenyl derivatives, we attempted to utilize them in nonaqueous media. Although these enzymes catalyze one-electron oxidation reactions, their electron transfer mechanisms are not the same. Therefore, the optimal method for each ligninolytic enzymes to utilize in organic media is different. To obtain stable ligninolytic activities in organic media, a peptide-hydrolyzed cytochrome c (microperoxidase-11), a dendritic porphyrin, and surfactant-coated MnP and laccase were prepared. Microperoxidase-11 was very stable in water miscible solvents such as methanol and ethanol, showing MnP activity as well as a peroxidase activity. The dendritic porphyrin oxidized both veratryl alcohol and 2, 6-dimethoxyphenol in benzene and chloroform. To obtain MnP and laccase complexes with surfactant molecules, a novel preparation method utilizing water-in-oil emulsions has been developed. LiP exhibited stable activity in isooctane when it was encapsulated in a reversed micelle..
245. 後藤 雅宏, 細樅 侑貴穂, 細胞表層の界面修飾によるレアメタル分離剤の開発, 第33回日本イオン交換研究発表会, 2017.10.
246. Masahiro Goto, Cancer Vaccine by Transcutaneous Antigen-Peptide Delivery
Using Solid-in-Oil Technique
, APCChE 2017, 2017.08.
247. 後藤 雅宏, 溶媒抽出プロセスに実利用可能な新規抽出剤の開発とその課題, 資源・素材&EARTH 2017, 2017.09.
248. Masahiro Goto, TRANSDERMAL CANCER VACCINE BY SOLID-IN-OIL(S/O) NANODISPERSIONS, ACB 2017, 2017.07.
249. 後藤 雅宏, 大学発の創薬ベンチャー起業—その魅力と課題—, 徳島地区化学工学懇話会記念講演会, 2017.06.
250. 後藤 雅宏, 福田繭, 宮地 伸英, ペプチド脂質の自己組織化能を利用した新規ゲル基材の調製とその経皮吸収特性, 第42回日本香粧品学会, 2017.06.
251. 吉田航, 久保田 富生子, 後藤 雅宏, 新規キャリア包摂高分子膜(PIM)を用いた金属イオンの固相抽出及び膜透過, 日本海水学会第68年会, 2017.06.
252. 後藤 雅宏, 吉田 航, 久保田 富生子, 海底資源からの溶媒抽出法によるレアメタル回収, 日本海水学会第68年会, 2017.06.
253. 後藤 雅宏, 桜木優人, 若林 里衣, 神谷 典穂, 抗原ペプチドの油状型ナノキャリアを利用した経皮がんワクチンの創製, 日本膜学会第39回年会, 2017.05.
254. 後藤 雅宏, 日本発のレアメタル分離用の抽出剤開発, 分離技術会年会2017, 2017.05.
255. 河野秀俊, 後藤 雅宏, 抗原タンパク質にSolid-in-Oil化技術を用いた経皮がんワクチンの創製, 化学工学会第82年会, 2017.03.
256. 岡篤志, 後藤 雅宏, 新規界面活性剤を用いたSolid-in-Oil化技術によるタンパク質の経皮デリバリー, 化学工学会第82年会, 2017.03.
257. 吉田航, 後藤 雅宏, アミド酸型抽出剤を用いた硝酸溶液からの白金族の抽出特性と高分子包接膜への応用, 化学工学会第82年会, 2017.03.
258. 河野里穂, 後藤 雅宏, 新規抽出剤を用いた有価廃棄物からのレアメタル分離回収システムの開発, 化学工学会第82年会, 2017.03.
259. Qingliang Kong, 後藤 雅宏, Transcutaneous pollinosis immunotherapy by using Solid-in-Oil technology, 化学工学会第82年会, 2017.03.
260. Masahiro Goto, TRANSDERMAL CANCER VACCINE BY SOLID-IN-OIL(S/O) NANODISPERSIONS, 9th AFOB Regional Symposium, 2017.02.
261. Qingliang Kong, Masahiro Goto, Transcutaneous immunotherapy for pollinosis using Solid-in-Oil Nanodispersion, 9th AFOB Regional Symposium, 2017.02.
262. 後藤 雅宏, 注射に変わる痛みのない非侵襲性経皮ワクチンの創製—花粉症の減感作治療を例としてー, 第6回予防早期医療創成ワークショップ, 2017.01.
263. 後藤 雅宏, レアメタル高度分離のための新規抽出剤の開発と高効率リサイクルシステムの構築, 循環型社会形成推進研究公開シンポジウム, 2016.12.
264. 河野秀俊, 後藤 雅宏, タンパク質製剤の油状ナノ粒子化(S/O)技術を利用した経皮がんワクチンの創製, 第22回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム, 2016.12.
265. Riho Kouno, Masahiro Goto, Recovery of precious metals from leach liquor of waste mobile phones with a novel amic acid extractant, The 29th International symposium on Chemical Engineering, 2016.12.
266. Kouno Hideto, Masahiro Goto, Development of transcutaneous cancer vaccine by oil based nano dispersion technique, The 29th International symposium on Chemical Engineering, 2016.12.
267. Atsushi Oka, Masahiro Goto, Transcutaneous immunotherapy of Japanese ceder pollinosis using CpG as an adjuvant, The 29th International Symposium on Chemical Engineering, 2016.12.
268. Water Yoshida, Masahiro Goto, Development of polymer inclusion membranes containing an amid acid-type carrier for platinum group metal separation, The 29th International Symposium on Chemical Engineering, 2016.12.
269. Qingliang Kong, Masahiro Goto, Development of a transcutaneous immunotherapy for Japanese Cedar Pollinosis using Solid-in-Oil nanodispersions, The 29th International Symposium on Chemical Engineering, 2016.12.
270. Masato Sakuragi, Masahiro Goto, Solid-in-oil nanodispersions for transcutaneous cancer vaccine by induction of antitumor immunity against melanoma, The 29th International Symposium on Chemical Engineering, 2016.12.
271. 馬場雄三, 後藤 雅宏, Spas Kolev, アミド酸型キャリア包接高分子膜 (PIM)による二価金属イオンの膜分離, 膜シンポジウム2016, 2016.12.
272. 馬場雄三, 後藤 雅宏, Spas Kolev, フェニルアラニン型アミド酸抽出剤を用いたレアメタルの抽出特性と高分子包接膜への応用, 第35回 溶媒抽出討論会, 2016.11.
273. 河野里穂, 後藤 雅宏, 新規抽出システムによる携帯電話からの貴金属リサイクル, 第35回 溶媒抽出討論会, 2016.11.
274. 吉田航, 後藤 雅宏, 協同抽出系を利用したスカンジウムの選択的抽出分離, 第35回 溶媒抽出討論会, 2016.11.
275. 後藤 雅宏, 次世代の経皮吸収技術が拓く未来—ビジネス展開の可能性とその課題—, QBファンド第2回技術交流会, 2016.11.
276. 後藤 雅宏, ナノ粒子の実用化例—創薬技術から生まれた高浸透化粧品—, 文部科学省ナノテクセミナー, 2016.11.
277. Masahiro Goto, Solid-in-Oil (S/O) Nanodispersions for Transdermal Cancer Immunotherapy, AIChE 2016 annual meeting,, 2016.11.
278. Rie Wakabayashi, Masahiro Goto, Enzyme-Reactive Self-Assembling Peptides for Biomacromolecular Functionalization, AIChE 2016 annual meeting, 2016.11.
279. Qingliang Kong, Masahiro Goto, Development of Transcutaneous Pollinosis Immunotherapy by Solid-in-Oil technology, The 22nd Symposium of Young Asian Biological Engineers’ Community, 2016.10.
280. Hidenao Kono, Masahiro Goto, Development of transcutaneous cancer vaccine by Solid-in-Oil technology, The 22nd Symposium of Young Asian Biological Engineers’ Community, 2016.10.
281. Atsushi Oka, Masahiro Goto, Transcutaneous immunotherapy of Japanese ceder pollinosis with CpG as an adjuvant, The 22nd Symposium of Young Asian Biological Engineers’ Community, 2016.10.
282. 馬場雄三, 後藤 雅宏, Spas Kolev, アミド酸型新規キャリアを包接した高分子膜によるレアメタル抽出特性の検討, 第32回イオン交換研究発表会, 2016.09.
283. 久保田 富生子, 後藤 雅宏, 新規アミド酸型官能基を導入したイオン交換樹脂の開発とレアメタル分離回収, 第32回イオン交換研究発表会, 2016.09.
284. 久保田 富生子, 後藤 雅宏, 白金族金属分離のためのイオン液体抽出システム, 資源・素材学会, 2016.09.
285. 若林 里衣, 後藤 雅宏, 酵素的架橋反応を用いたペプチド足場上への生体高分子の集積化, 第10回 バイオ関連化学シンポジウム, 2016.09.
286. 桜木優人, 後藤 雅宏, 抗原ペプチドの油状ナノ分散化技術を用いた低侵襲性がんワクチンの創製, 第10回 バイオ関連化学シンポジウム, 2016.09.
287. 馬場雄三, 後藤 雅宏, Spas Kolev, アミノ酸配位基を有する抽出剤を包接した高分子膜によるNi, Co, Mn の相互分離, 化学工学会第48回秋季大会, 2016.09.
288. 久保田 富生子, 後藤 雅宏, レアメタル回収のための新規アミド酸型官能基を導入したイオン交換樹脂の開発, 化学工学会第48回秋季大会, 2016.09.
289. 河野里穂, 後藤 雅宏, 新規抽出剤による携帯電話浸出液からの貴金属の分離回収, 化学工学会第48回秋季大会, 2016.09.
290. 河野秀俊, 後藤 雅宏, 油状ナノ分散化技術を用いた抗原タンパク質による経皮がんワクチンの創製, 化学工学会第48回秋季大会, 2016.09.
291. 岡篤志, 後藤 雅宏, CpGをアジュバントとして利用した経皮花粉症免疫療法の開発, 化学工学会第48回秋季大会, 2016.09.
292. 吉田航, 久保田 富生子, 後藤 雅宏, レアメタル高選択的抽出系を包含した高分子膜の開発とその分離回収への応用, 化学工学会第48回秋季大会, 2016.09.
293. Qingliang Kong, Masahiro Goto, Transdermal pollinosis immunotherapy by Solid-in-Oil nanodispersions,, 化学工学会第48回秋季大会, 2016.09.
294. Masahiro Goto, Commercialization of Nano-capsules for Transdermal Drug Delivery Systems, Asian Federation of Biotechnology(AFOB) Summer Forum, 2016.08.
295. Masahiro Goto, Selective separation and recovery of strategically important metals using a polymer inclusion membrane containing an acidic extractant with alkylamide and amino acid moieties, IEX 2016: Ion Exchange, 2016.07.
296. 河野秀俊, 後藤 雅宏, 抗原タンパク質の油状ナノ分散化による経皮がんワクチンの創製, 第53回化学関連支部合同九州大会, 2016.07.
297. 岡篤志, 後藤 雅宏, CpGをアジュバントとして用いた花粉症経皮免疫療法, 第53回化学関連支部合同九州大会, 2016.07.
298. Masahiro Goto, Challenge of Commercialization of Transdermal Drug Delivery Systems Invented in University, International Symposium on Biotechnology and Bioengineering, 2016.06.
299. Masahiro Goto, Challenge of Commercialization of Surfactant-Coating Nano Capsules Invented in University, International Colloid & Surfaces Symposium in Asia, 2016.06.
300. Masahiro Goto, New Extractants Applicable to Industrial Solvent Extraction Process for Rare Earth Separation, International Rare Earths Conference 2016, 2016.06.
301. 河野秀俊, 後藤 雅宏, 抗原タンパク質のSolid-in-Oil化技術を用いた経皮がんワクチンの創製, 第32回日本DDS学会学術集会, 2016.07.
302. 桜木優人, 後藤 雅宏, Solid-in-Oil化経皮製剤による抗腫瘍免疫の誘導, 第32回日本DDS学会学術集会, 2016.07.
303. 荒木祥太, 後藤 雅宏, イオン液体の経皮浸透促進効果を利用した経皮免疫化, 第32回日本DDS学会学術集会, 2016.07.
304. 後藤 雅宏, 貴金属の分離回収のための新規イオン液体抽出システムの開発, 化学分離に関するイオン液体研究会, 2016.06.
305. 馬場 雄三, 後藤 雅宏, 新規キャリア包接高分子膜(PIM)を用いた金属イオンの固相抽出および膜透過, 日本海水学会第68年会, 2016.06.
306. 後藤 雅宏, 久保田 富生子, アミノ酸とアルキルアミドを有する新規抽出剤の開発と白金族金属の分離回収への応用, 分離技術会2016, 2016.05.
307. Masahiro Goto, Activation of Biocatalysts in Ionic Liquids as a green reaction medium, International Catalysis Conference 2016, 2016.05.
308. Masahiro Goto, Cancer Immunotherapy by Transdermal Drug Delivery Systems Using Nano Coating Drug Carrier, ICES Seminar, 2016.05.
309. 久保田 富生子, 後藤 雅宏, イオン液体を用いた白金族金属の抽出分離, 分離技術会2016, 2016.05.
310. 後藤 雅宏, 桜木優人, 油状可溶化型のナノキャリアを利用した経皮がんワクチンの創製, 日本膜学会第38回年会, 2016.05.
311. 後藤 雅宏, 油状可溶化型のS/Oナノ粒子を用いた経皮ワクチンの開発, 日本薬剤学会第32年会, 2017.05.
312. 荒木祥太, 後藤 雅宏, 疎水性イオン液体を添加したSolid-in-Oil製剤によるワクチン抗原の経皮デリバリー, 第81回化学工学会年会, 2015.03.
313. 桜木優人, 後藤 雅宏, Solid-in-Oil化技術を利用したメラノーマに有効な経皮がんワクチン製剤の開発, 化学工学会第81年会, 2015.03.
314. 河野 秀俊, 後藤 雅宏, 抗原たんぱく質の油状ナノ分散化技術を用いた経皮がんワクチンの創成, 第18回化学工学会学生発表会, 2016.03.
315. 岡 篤志, 後藤 雅宏, CpGをアジュバントとして用いた経皮花粉症免疫療法の開発, 第18回化学工学会学生発表会, 2016.03.
316. 香川元気, 後藤 雅宏, 細胞シート作製担体としてのハイドロゲルの機能化に関する基礎研究, 第18回化学工学会学生発表会, 2016.03.
317. Rie Wakabayashi, Masahiro Goto, Enzyme-mediated assembly of biomolecules on a designer scaffold based on self-assembled peptides, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015, 2015.12.
318. Masahiro Goto, New extractants applicable to industrial solvent extraction for the recovery of strategic metals, PacifChem 2015, 2015.12.
319. Takuji Kawakami, Masahiro Goto, Enzymatic Strategy for Lipidization of Functional Proteins, The 28th International Symposium on Chemical Engineering, 2015.12.
320. Takafumi Saeki, Masahiro Goto, Enzymatic assembly of proteins onto synthetic polymer scaffold, The 28th International Symposium on Chemical Engineering, 2015.12.
321. Ayaka Suehiro, Masahiro Goto, Supramolecular Peptide Scaffold fr an Enzymatic Assembly of Functional Molecules, The 28th International Symposium on Chemical Engineering, 2015.12.
322. Oueng Kong, Masahiro Goto, Development of a transcutaneous pollinosis immunotherapy by using a solid-in-oil nanodispersion, The 28th International Symposium on Chemical Engineering, 2015.12.
323. Yukiho Hosomomi, Masahiro Goto, Chemical modification of E. Coli and its application to the biosorption of metal ions, The 27th International Symposium on Chemical Engineering, 2015.12.
324. Wataru Yoshida, Masahiro Goto, Development of new extractant applicable to industrial solvent extraction for the recovery of precious metals, The 27th International Symposium on Chemical Engineering, 2015.12.
325. 後藤 雅宏, S/O技術によるペプチド抗原の皮膚角層の膜透過促進によるがん免疫治療, 膜シンポジウム2015, 2015.11.
326. Masahiro Goto, Transdermal Cancer Immunization by a Surfactant-Coated Antigen Nanocarrier, ACB 2015, 2015.11.
327. 内藤 翔之, 後藤 雅宏, 酵素触媒を介した酸化還元応答性ハイドロゲルへの細胞包括とスフェロイド作製への応用, 第37回日本バイオマテリアル学会大会, 2015.11.
328. Masahiro Goto, Transdermal Cancer Vaccine Using Antigen-Coating Nano Drug Carrier, AIChE 2015, 2015.11.
329. Masahiro Goto, Ayaka Naritomi, Transcutaneous immunization using Solid-in-Oil nanodispersion with immunostimulatory adjuvants, 2015 Taiwan/Korea/Japan Joint Meeting on Chemical Engineering, 2015.11.
330. Shota Araki, Masahiro Goto, Transdermal delivery of a vaccine antigen by the addition of ionic liquid, 2015 Taiwan/Korea/Japan Joint Meeting on Chemical Engineering, 2015.11.
331. Masato Sakuragi, Masahiro Goto, The melanoma prevention by transcutaneous cancer vaccine using Solid-in-Oil Technique, 2015 Taiwan/Korea/Japan Joint Meeting on Chemical Engineering, 2015.11.
332. Yukiho Hosomomi, Masahiro Goto, Modification of E-coli cell surface for preparing a metal ion adsorbent, 2015 Taiwan/Korea/Japan Joint Meeting on Chemical Engineering, 2015.11.
333. Wataru Yoshida, 後藤 雅宏, Extraction performance of novel amino acid derivative extractant for precious metal ions, 2015 Taiwan/Korea/Japan Joint Meeting on Chemical Engineering, 2015.11.
334. 後藤 雅宏, イオン液体の経皮吸収促進効果作用による免疫機能の増強, 第6回イオン液体討論会, 2015.10.
335. 後藤 雅宏, 海底資源からのレアメタル回収のための新規抽出剤の開発, 2015年度日本海水学会西日本支部秋季大会, 2015.10.
336. 佐伯 貴文, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, 酵素触媒を利用した合成ポリマー上への異種タンパク質の集積化, 第67回日本生物工学会大会, 2015.10.
337. 後藤 雅宏, 生物資源および生物機能を利用した高効率イオン交換材料の開発, 日本イオン交換・溶媒抽出合同年会, 2015.10.
338. 細樅侑貴穂, 後藤 雅宏, 金属イオン吸着分離のための大腸菌表層の修飾, 第31回日本イオン交換研究発表会, 2015.10.
339. 吉田航, 後藤 雅宏, グリシンを官能基に導入したアミド酸型抽出剤による白金族の抽出および逆抽出挙動, 日本イオン交換学会・日本溶媒抽出学会連合年会, 2015.10.
340. Rie Wakabayashi, Masahiro Goto, Transglutaminase-mediated fabrication of multi-protein-labeled polyacrylamide for molecular biosensing, YABEC 2015, 2015.10.
341. Masahiro Goto, Yukiho Hosomomi, Biosorption of rare earth elements by chemically modified E. coli, YABEC 2015, 2015.10.
342. Masahiro Goto, New Extractants Applicable to Industrial Solvent Extraction Processes for Critical Metal Separation, APCChE 2015, 2015.09.
343. 金子和弘, 後藤 雅宏, 生体高分子の高効率細胞内デリバリーを目指したペプチド修飾ダブルコーティングキャリアの開発, 第9回バイオ関連化学シンポジウム, 2015.09.
344. 大和田勇樹, 後藤 雅宏, 難水溶性薬物のための新規ナノコーティングキャリアの開発, 第9回バイオ関連化学シンポジウム, 2015.09.
345. 橋本龍一郎, 若林 里衣, 後藤 雅宏, 両親媒性ペプチドとの共集合による機能性分子の集合構造制御, 第9回バイオ関連化学シンポジウム, 2015.09.
346. 成冨文香, 後藤 雅宏, Solid-in-Oil化技術と免疫賦活アジュバントの併用による免疫誘導能の向上, 化学工学会第47会秋季大会, 2015.09.
347. 荒木祥太, 後藤 雅宏, 経皮浸透促進剤としてイオン液体を利用した新規経皮薬物送達システムの開発, 化学工学会第47回秋季大会, 2015.09.
348. 吉田航, 後藤 雅宏, 新規アミド酸型抽出剤による貴金属の抽出特性, 化学工学会第47回秋季大会, 2015.09.
349. 出口奈緒, 後藤 雅宏, 油状ナノ分散化技術を利用したヒアルロン酸の経皮吸収促進, 化学工学会第47回秋季大会, 2015.09.
350. 孔慶リュウ, 後藤 雅宏, Development of an immunotherapic method by the transcutaneous route using a solid-in-oil nanodispersion technique, 化学工学会第47回秋季大会, 2015.09.
351. 桜木優人, 後藤 雅宏, メラノーマをターゲットとした経皮がんワクチン製剤へのSolid-in-Oil化技術の応用, 化学工学会第47回秋季大会, 2015.09.
352. 吉田航, 後藤 雅宏, Extraction of precious metals using novel amic acid-type extractant, 3rd International Symposium on Host Compounds for Separation and Functionality, 2015.07.
353. 荒木祥太, 後藤 雅宏, イオン液体の添加による効果的なワクチン抗原の経皮デリバリー, 第 26 回九州地区ケミカルエンジニア討論会, 2015.07.
354. 大和田勇樹, 後藤 雅宏, ナノ分散化技術を用いた新規難水溶性薬物キャリアの開発, 第31回日本DDS学会学術集会, 2015.07.
355. 成冨文香, 後藤 雅宏, Solid-in-Oil化技術と免疫賦活アジュバントを併用した経皮免疫システムの開発, 第31回日本DDS学会学術集会, 2015.07.
356. 若林 里衣, 後藤 雅宏, Solid-in-Oil 化技術を用いたがん抗原の経皮デリバリーとがん免疫効果, 第31回日本DDS学会学術集会, 2015.07.
357. 桜木優人, 後藤 雅宏, Solid-in-Oil化技術を利用した経皮がんワクチンの開発, 第31回日本DDS学会学術集会, 2015.07.
358. 橋本龍一朗, 若林 里衣, 後藤 雅宏, 相補的水素結合による二成分混合自己集合システムの開発, 第52回化学関連支部合同九州大会, 2015.06.
359. 荒木祥太, 後藤 雅宏, イオン液体を経皮浸透促進剤として利用したSolid-in-Oil製剤による経皮免疫化, 第52回化学関連支部合同九州大会, 2015.06.
360. 桜木優人, 後藤 雅宏, 効果的な経皮がんワクチン開発のためのSolid-in-Oil化技術の利用, 第52回化学関連支部合同九州大会, 2015.06.
361. 後藤 雅宏, 創薬技術を利用した化粧品開発—薬物の高い経皮浸透を可能にするS/O技術—, JCC先端技術交流会, 2016.03.
362. 後藤 雅宏, 出口 奈緒, S/O技術によるヒアルロン酸の油状ナノ分散化とその経皮吸収特性, 第40回日本香粧品学会, 2015.06.
363. 後藤 雅宏, 吉田 航, 馬場雄三, 久保田 富生子, Spas D. Kolev, レアメタルリサイクルに実応用可能な新規抽出剤の開発, 分離技術会年会2015, 2015.05.
364. Masahiro Goto, Biocatalysis in Ionic Liquids, Southeast Asia Catalysis Conference 2015, 2015.05.
365. Masahiro Goto, Challenge to Commercialization of Advanced Drug Delivery Technology Developed in University, ICES Seminar, 2015.05.
366. 後藤 雅宏, ペプチド・タンパク質の経皮デリバリーのためのS/O技術, 日本薬学会第135年会, 2015.03.
367. 後藤 雅宏, イオン液体を利用するレアメタルのリサイクル技術, 第27回CES21講演会, 2015.01.
368. Masahiro GOTO, Novel extractant applicable industrial operation for rare metal separation, International Solvent Extraction Conference(ISEC2014), 2014.09.
369. 後藤 雅宏, エマルションを基盤技術とした経皮吸収促進技術, 第4回CSJ化学フェスタ2014, 2014.10.
370. 後藤 雅宏, 海底資源からのレアメタル回収—その現状と課題—, 第27回イオン交換セミナー, 2014.12.
371. 後藤 雅宏, ヒアルロン酸の油状ナノ分散化S/O技術を利用した経皮吸収促進, 第39回日本香粧品学会, 2014.06.
372. 成冨 文香, 後藤 雅宏, Solid-in-Oil化技術を用いた経皮ワクチンにおける免疫誘導能の向上, 化学工学会第80年会, 2015.03.
373. 出口 奈緒, 後藤 雅宏, Solid-in-Oil化技術を利用したヒアルロン酸の経皮吸収促進, 化学工学会第80年会, 2015.03.
374. 大和田 勇樹, 後藤 雅宏, ナノ分散化技術による難水溶性薬物の水可溶化法の開発, 化学工学会 第80年会, 2015.03.
375. 馬場 雄三, R.W. Cattrall, S.D. Kolev, 後藤 雅宏, D2EHAGをキャリアとして包含したPIMによる希土類金属の膜輸送, 化学工学会 第80年会, 2015.03.
376. 荒木 祥太, 後藤 雅宏, イオン液体による経皮浸透促進効果を利用した新規経皮ワクチン製剤の開発, 第17回化学工学会学生発表会 (徳島大会), 2015.03.
377. 桜木 優人, 後藤 雅宏, Solid-in-Oil化技術を利用した抗原ペプチドの経皮デリバリーによるがんワクチン効果, 第17回化学工学会学生発表会 (徳島大会), 2015.03.
378. 久保田 富生子, 後藤 雅宏, アミック酸型新規抽出剤D2EHAGを用いたスカンジウムの抽出特性, 第33回 溶媒抽出討論会, 2014.12.
379. 深見 有沙, 後藤 雅宏, 新規アミド酸型抽出剤を用いた硫酸溶液中のスカンジウム (III) の分離, 第33回 溶媒抽出討論会, 2014.12.
380. 馬場 雄三, 後藤 雅宏, グリシンとアミド構造を有する三座配位子型抽出剤を用いたIn(III), Ga(III), Zn(II)の抽出分離, 第33回 溶媒抽出討論会, 2014.12.
381. 後藤 雅宏, Solvent Extraction Research and Development, Japan その道程, 第33回 溶媒抽出討論会, 2014.12.
382. Aya Naritomi, Masahiro Goto, Development of transcutaneous vaccine by Solid-in-Oil technology, The 27st International Symposium on Chemical Engineering, 2014.12.
383. Yuya Hirakawa, Masahiro Goto, Development of transcutaneous cancer vaccine by using Solid-in-Oil nanodispersion, The 27st International Symposium on Chemical Engineering, 2014.12.
384. 出口 奈緒, 後藤 雅宏, 油状中へのナノ分散化技術を利用したヒアルロン酸の皮膚吸収促進, 膜シンポジウム2014, 2014.11.
385. Yoko Shin, Masahiro Goto, Development of transcutaneous pollinosis immunotherapy by using a solid-in-oil technique, The 27st International Symposium on Chemical Engineering, 2014.12.
386. 成冨 文香, 後藤 雅宏, Solid-in-Oil化技術を利用した高効率な経皮ワクチンの開発, 膜シンポジウム2014, 2014.11.
387. 大和田 勇樹, 若林 里衣, 後藤 雅宏, 難水溶性薬物のための新規ナノコーティングキャリアの開発, 膜シンポジウム2014, 2014.11.
388. 馬場 雄三, 後藤 雅宏, アミド酸型新規キャリアを導入したポリマー包含膜 (PIM)によるレアメタルの分離回収, 膜シンポジウム2014, 2014.11.
389. 平川 祐也, 後藤 雅宏, 独自のエマルション化技術を利用した経皮がん免疫療法の開発, 膜シンポジウム2014, 2014.11.
390. 秦 陽子, 後藤 雅宏, 油中ナノ分散化技術を利用した経皮花粉症免疫療法の開発, 膜シンポジウム2014, 2014.11.
391. 若林 里衣, 後藤 雅宏, 表面コーティングによる難水溶性薬物の可溶化とキャリアサイズ制御, 第36回日本バイオマテリアル学会大会, 2014.11.
392. Arisa Fukami, Masahiro Goto, New Extractants for Separation of Rare Earth Metals, 6th Int. Conf. Ion Exch., 2014 (ICIE 2014), 2014.11.
393. Yukiho Hosomomi, Masahiro Goto, Sorption properties of rare earth elements on chemically modified E. coli, 6th Int. Conf. Ion Exch., 2014 (ICIE 2014), 2014.11.
394. Z. Zhao, Masahiro Goto, Separation of scandium by a synergistic extraction system with aβ-diketone HTTA and TOPO, 6th Int. Conf. Ion Exch., 2014 (ICIE 2014), 2014.11.
395. Yuzo Baba, R.W. Cattrall, S.D. Kolev, Masahiro Goto, Development of polymer inclusion membrane with amide acid type extractant for separation of critical metals, 6th Int. Conf. Ion Exch., 2014 (ICIE 2014), 2014.11.
396. Yuzo Baba, R.W. Cattrall, S.D. Kolev, Masahiro Goto, Highly effective separation of scandium using a polymer inclusion membrane with an amide acid-type carrier, 10th Int. conf. Sep. Sci. Technol., 2014 (ICSST 14), 2014.11.
397. 成冨 文香, 後藤 雅宏, 油中ナノ分散化技術を利用した経皮ワクチンの高効率化, 第46回化学工学会秋季大会, 2014.09.
398. 深見 有沙, 後藤 雅宏, アセトアミド型新規抽出剤によるスカンジウムの分離, 第46回化学工学会秋季大会, 2014.09.
399. 平川 祐也, 若林 里衣, 後藤 雅宏, Solid-in-Oil化技術を利用した効果的な経皮がん免疫療法の開発, 化学工学会第46回秋季大会, 2014.09.
400. 秦 陽子, 後藤 雅宏, Solid-in-Oil化技術を利用した経皮花粉症免疫療法の開発, 化学工学会第46回秋季大会, 2014.09.
401. 馬場雄三, R.W. Cattrall, S. D. Kolev, 後藤 雅宏, アミド酸型新規キャリアを用いたポリマー包含膜によるレアメタルの高効率膜分離, 化学工学会 第46回秋季大会, 2014.09.
402. 細樅侑貴穂, 後藤 雅宏, 遺伝子工学的手法を用いた大腸菌表面設計による希土類金属の新規バイオ吸着剤の開発, 化学工学会第46回秋季大会, 2014.09.
403. 久保田 富生子, 後藤 雅宏, イオン液体を用いたレアメタルの抽出分離, 資源・素材学会熊本大会, 2014.09.
404. 古賀 未佳, 若林 里衣, 後藤 雅宏, 細胞培養基材への応用を目指した酵素応答性ペプチドハイドロゲルの開発, バイオマテリアル学会九州ブロック講演会, 2014.09.
405. 成冨 文香, 後藤 雅宏, 油中ナノ分散化技術を利用した経皮ワクチンにおける免疫誘導能の向上, 第8回バイオ関連化学シンポジウム, 2014.09.
406. 大和田 勇樹, 後藤 雅宏, 表面コーティングによる新規難水溶性抗がん剤キャリアの開発, 第8回バイオ関連化学シンポジウム, 2014.09.
407. 平川 祐也, 後藤 雅宏, Solid-in-Oil化技術を用いた効果的な経皮がん免疫療法の開発, 第8回バイオ関連化学シンポジウム, 2014.09.
408. Yuzo Baba, Masahiro GOTO, Development of novel extractants with amino acid structure for highly effective recovery and separation of nickel and cobalt ions, ISEC 2014, 2014.09.
409. Fukiko Kubota, Masahiro GOTO, Separation of rare earth metal ions by synergistic system with 2-thenoyltrifluoroacetone and TOPO, ISEC2014, 2014.09.
410. Masahiro GOTO, New extractants applicable to industrial solvent extraction process for rare metal separation, Int. Solv. Extrn. Cof., 2014, 2014.09.
411. 成冨 文香, 後藤雅宏, 油中ナノ分散化技術を利用した低侵襲性経皮免疫システムの創製, 第30回日本DDS学会学術集会, 2014.07.
412. 平川 祐也, 後藤雅宏, Solid-in-Oil化技術による経皮がん免疫療法の開発, 第30回日本DDS学会学術集会, 2014.07.
413. 秦 陽子, 後藤雅宏, 油中ナノ分散化技術を利用した経皮花粉症免疫療法の開発, 第30回日本DDS学会学術集会, 2014.07.
414. 若林 里衣, 後藤雅宏, 表面コーティングによる難水溶性薬物のためのデリバリーキャリアの開発, 第30回日本DDS学会学術集会, 2014.07.
415. 成冨 文香, 後藤雅宏, 油中ナノ分散化技術を利用した低侵襲性経皮免疫システムの開発, 第51回化学関連支部合同九州大会, 2014.06.
416. 久保田 富生子, 後藤雅宏, アミド酸型新規抽出剤による希土類金属の抽出分離特性, 第31回希土類討論会, 2014.05.
417. 平川 祐也, 後藤雅宏, Solid-in-Oil化技術を利用した経皮がん免疫療法の開発, 日本膜学会第36回, 2014.05.
418. 馬場 雄三, 後藤雅宏, R.W. Cattrall, S.D. Kolev, アミド酸型抽出剤を用いたポリマー包含膜によるコバルトとマンガンの分離, 日本膜学会第36年会, 2014.05.
419. 若林 里衣, 後藤雅宏, 生体分子の細胞内デリバリーにおける多層ナノキャリアへのペプチドの修飾効果, 日本膜学会第36年会, 2014.05.
420. 高原 茉莉, 後藤雅宏, 神谷典穂, 酵素反応を介した部位特異的な (酵素)n-DNA アプタマー複合化手法の開発, 酵素工学研究会第71回講演会, 2014.04.
421. 後藤 雅宏, 久保田 富生子, 新規アミド酸型抽出剤によるレアアースの抽出分離, 化学工学会 第79年会, 2014.03.
422. Yuzo Baba, 後藤 雅宏, Kolev Spas, アミド酸型新規抽出剤導入ポリマー包含膜を用いたコバルトの回収, 化学工学会 第79年会, 2014.03.
423. 森山 康祐, 若林 里衣, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, ポリマーの自己酸化反応をトリガーとする酵素触媒的酸化還元応答型ハイドロゲル調製法, 化学工学会第79年会, 2014.03.
424. 若林 里衣, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, 疎水性置換基のデザインによる両親媒性ペプチドの自己集合構造制御, 日本化学会第94春季年会, 2014.03.
425. 若林 里衣, 後藤 雅宏, ナノコーティングキャリアによる薬物の細胞内デリバリーとペプチド修飾の効果, 化学工学会第79年会, 2014.03.
426. 細樅 侑穂, 後藤 雅宏, 大腸菌の化学修飾を利用した希土類金属の新規バイオ吸着剤の開発, 化学工学会第79年会, 2014.03.
427. 山中 桜子, 後藤 雅宏, 薬物のナノコーティング(S/O®)技術を利用した化粧品開発, 薬物のナノコーティング(S/O®)技術を利用した化粧品開発, 2014.03.
428. 成冨 彩香, 後藤 雅宏, タンパク質の油状ナノ分散化技術を利用した低侵襲性経皮免疫システムの構築, 第16回化学工学会学生発表会, 2014.03.
429. 佐藤 まりこ, 後藤 雅宏, ヒアルロン酸の油状ナノ分散化技術を利用した機能性化粧品の開発, 第16回化学工学会学生発表会, 2014.03.
430. Tepei Niide, Masahiro Goto, Noriho Kamiya, Enzymatic fabrication of protein-gold nanoparticle conjugates by a one-pot, one-protein-component system, Korea-Japan Smart Biodesign Workshop: Technology exchane for green biotechnology, 2014.01.
431. Yoko Shin, Masahiro Goto, Transdermal pollinosis immunotherapy by a solid-in-oil nanodispersion, The 26th International Symposium on Chemical Engineering (ISChE 2013), 2013.12.
432. Masahiro Goto, Yusuke Tanaka, Transdermal delivery of salbutamol sulfate using a solid-in-oil nanodispersion, 26th Int. Symp. Chem. Eng., Daejeon/Chungnam-Kyushu(Japan), 2013.12.
433. Yukiho Hosomomi, Masahiro Goto, Chemical modification of E. coli for recovery of rare earth elements, 26th Int. Symp. Chem. Eng., Daejeon/Chungnam-Kyushu(Japan), 2013.12.
434. Yuya Hirakawa, Masahiro Goto, Development of transdermal cancer immunotherapy by using Solid-in-Oil nanodispersion
, The 26th International Symposium on Chemical Engineering, 2013.12.
435. Kosuke Moriyama, Masahiro Goto, Noriho Kamiya, In situ Hydrogel Formation Based on Tyramine Conjugated Linear Poly(ethylene glycol) via Enzymatic Oxidative Reaction, 25th Int. Symp. Chem. Eng., Kyushu(Japan)-Daejeon/Chungnam(Korea), 2013.12.
436. Yuzo Baba, Masahiro Goto, Effective Separation and Recovery of Rare Earth Metals by Using Supported Ionic Liquid Membrane System, The 8th International Membrane Science & Technology Conference (IMSTEC2013), 2013.12.
437. 森山 康祐, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, ゲル化剤の分子量による酵素架橋ハイドロゲルの物性制御, 第35回日本バイオマテリアル学会大会, 2013.11.
438. 深見 有佐, 後藤 雅宏, アセトアミド型新規抽出剤による希土類金属の抽出特性, 第32回溶媒抽出討論会, 2013.11.
439. 後藤 雅宏, 実用化に資する新規抽出剤の開発と課題
−ニッケル、コバルト抽出を例として−, 第32回溶媒抽出討論会, 2013.11.
440. 趙 志鋼, 後藤 雅宏, イオン液体中の協同効果を利用した希土類の抽出分離, 第32回溶媒抽出討論会, 2013.11.
441. 古賀 未佳, 後藤 雅宏, 両親媒性ペプチド自己集合体のナノ構造が培養細胞へ及ぼす影響, 日本バイオマテリアル学会第35回大会, 2013.11.
442. Masahiro Goto, Recycling of Rare Earth Metals by a Ionic Liquid Membrane, Critical Metal Recycle Symposium, 2013.11.
443. Masahiro Goto, Challenge to Commercialization of Advanced Technology in University, Japan-Korea-Taiwan Joint Chemical Engineering Symp., 2013.11.
444. Masahiro Goto, Directed Aggregation and Fusion of vesicles induced by a DNA surfactant, AIChE Annual Meeting, 2013,, 2013.11.
445. Masahiro Goto, Nanodispersion of Pharmaceutical Ingredients for Transdermal Drug Delivery Systems, INCHEM TOKYO, 2013.10.
446. Teppei Niide, Masahiro Goto, Noriho Kamiya, Enzymatic Synthesis of Protein-Gold Nanoparticle Conjugates: Stable Immobilization by Artificial Peptide-Tag for Gold Surface, Enzyme Engineering XXII Conference, 2013.09.
447. Rie Wakabayashi, Masahiro Goto, Nanostructured Peptide Amphiphiles for Supramolecular Biomaterials, New Trends of Nano- or Bio-Materials Design in Supramolecular Chemistry (2013 NNBS), 2013.09.
448. 平川 祐也, 後藤 雅宏, 油中ナノ分散化技術による経皮がん免疫療法の開発, 第7回バイオ関連化学シンポジウム, 2013.09.
449. 平川 祐也, 後藤 雅宏, 油中ナノ分散化技術による経皮がん免疫療法の開発, 第1回バイオ関連シンポジウム, 2013.09.
450. 古賀 未佳, 後藤 雅宏, 若林 里衣, 酵素応答性ペプチドハイドロゲルのネットワーク形成制御, 日本化学会第1回バイオ関連化学シンポジウム, 2013.09.
451. 森山 康祐, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, 酵素的酸化反応による直鎖型ポリエチレングリコール誘導体のゲル化とその機能化, 第62回高分子討論会, 2013.09.
452. 後藤 雅宏, 八尋 謙介, タンパク質−ポリマーハイブリッドの新規調製法と高感度抗原検出への応用, 第62回高分子討論会, 2013.09.
453. 平川 祐也, 後藤 雅宏, 油中ナノ分散化技術を用いた効果的ながん免疫療法の開発, 化学工学会第45回秋季大会, 2013.09.
454. 若林 里衣, 後藤 雅宏, ペプチド超分子集合体の新規ナノ構造制御, 第62回高分子討論会, 2013.09.
455. 森山 康祐, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, 酵素架橋性ポリエチレングリコールを基材とするハイドロゲルの諸特性評価, 化学工学会第45回秋季大会, 2013.09.
456. 八尋 謙介, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, 合成ポリマーを足場としてタンパク質集積化技術の開発と高感度抗原検出への応用, 化学工学会第45回秋季大会, 2013.09.
457. 田中 悠介, 後藤 雅宏, Solid-in-Oil化技術を利用した経皮喘息抑制剤の開発, 化学工学会第45回秋季大会, 2013.09.
458. 古賀 未佳, 若林 里衣, 後藤 雅宏, 両親媒性ペプチドから形成されるナノ構造の形態が細胞機能に及ぼす影響, 化学工学会第45回秋季大会, 2013.09.
459. 中古場 輝満, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, アミノ酸イオン液体中での固定化酵素によるペプチド合成, 化学工学会第45回秋季大会, 2013.09.
460. 石山龍太郎, 後藤 雅宏, 効果的ながん治療を目的とした新規抗がん剤キャリアの開発, 化学工学会 第45回秋季大会, 2013.09.
461. 久保田 富生子, 後藤 雅宏, イオン液体を利用した廃蛍光管からのレアアースの分離回収, 化学工学会第45回秋季大会, 2013.09.
462. 趙 志鋼, 後藤 雅宏, イオン液体中における希土類金属の協同抽出, 化学工学会第45回秋季大会, 2013.09.
463. 若林 里衣, 後藤 雅宏, 自己集合ペプチドのナノ構造制御と細胞培養基材への応用, 化学工学会第45回秋季大会, 2013.09.
464. Yukiho Hosomomi, Masahiro Goto, Development of bacterial biosorbent for rare earth elements, International Symposium on Cell Surface Structures and Functions, 2013.09.
465. Teppei Niide, Masahiro Goto, Noriho Kamiya, Biocatalytic Synthesis of Protein-Decorated Gold Nanoparticles, The 19th Symposium of Young Asian Biochemical Engineers' Community (YABEC 2013), 2013.08.
466. 秦 陽子, 後藤 雅宏, Solid-in-Oil化技術を利用した経皮花粉症免疫療法の開発, 第24回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2013.07.
467. 八尋謙介, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, 高感度抗原検出へ向けたタンパク質−ポリマーハイブリッドの調製, 第24回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2013.07.
468. 古賀 未佳, 若林 里衣, 後藤 雅宏, ペプチド自己集合体の形態制御と細胞培養基材への利用, 化学工学会第24回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2013.07.
469. Fukiko Kubota, Masahiro Goto, Selective Transport of Rare Earth Metals through a Supported Liquid Membrane Using Ionic Liquids, Conference of Aseanian Membrane Society(AMS8), 2013.07.
470. Jian Yang, Masahiro Goto, Development of Membrane Separation System for Rare Metals Based on Ionic Liquids, Conference of Aseanian Membrane Society(AMS8), 2013.07.
471. Rie Wakabayashi, Masahiro Goto, Nanostructured Peptide Amphiphile Assemblies for Bioactivity Control, 8th International Symposium on Macrocyclic and Supramolecular Chemistry (8-ISMSC), 2013.07.
472. 後藤 雅宏, 液状イオン交換体としてのイオン液体—レアメタルのリサイクル応用を例としてー, 第26回イオン交換セミナー, 2013.07.
473. 八尋 謙介, 若林 里衣, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, 酵素触媒を利用した新規タンパク質−ポリマーハイブリッド調製法の開発, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
474. 平川 祐也, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, 油中ナノ分散化技術を利用した経皮がん免疫療法の開発, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
475. 板谷 貴博, 後藤 雅宏, アミノ酸脂質による超分子ゲルの形成とその機能特性, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
476. 古賀 未佳, 若林 里衣, 後藤 雅宏, ペプチド集合体の形態制御と細胞培養基材への展開, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
477. 平川 祐也, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, Solid-in-Oil化技術を利用した経皮吸収ワクチンの開発, 第29回日本DDS学会, 2013.07.
478. 田中 祐介, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, 油中ナノ分散技術を利用した経皮喘息抑制剤の開発, 第29回日本DDS学会, 2013.07.
479. 石山 龍太郎, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, 効果的ながん治療を目指した新規DDSキャリアの開発, 第29回日本DDS学会, 2013.07.
480. 若林 里衣, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, pH応答性ペプチド修飾多層ナノキャリアを用いた生体分子の細胞内デリバリー, 第29回日本DDS学会, 2013.07.
481. 平川 祐也, 若林 里衣, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, 油中ナノ分散化技術を利用した経皮吸収ワクチンの開発, 日本膜学会35年会, 2013.05.
482. 石山 龍太郎, 若林 里衣, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, がん組織にターゲッティング能を有する新規薬物キャリアの開発, 日本膜学会第35年会, 2013.05.
483. 細樅侑貴穂, 後藤 雅宏, 希土類金属の新規吸着剤としての大腸菌の応用, 第30回希土類討論会, 2013.05.
484. 後藤 雅宏, イオン液体を利用した希土類金属のリサイクル, 多元研希少金属分離講演会, 2013.05.
485. 後藤 雅宏, 油状ナノ分散化技術を用いる経皮デリバリーシステムと経皮免疫, 第29回日本DDS学会, 2013.07.
486. 細樅 侑穂, 後藤 雅宏, 久保田 富生子, 大腸菌を利用した希土類金属の新規吸着剤の開発, 化学工学会第78年会, 2013.03.
487. 森山 康祐, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, 酵素架橋性PEG誘導型ゲル化剤の開発とその機能化, 化学工学会第78年会, 2013.03.
488. 馬場 雄三, 久保田 富生子, 後藤 雅宏, グリシンアルキルアミド型新規抽出剤の開発とその抽出特性の評価, 化学工学会第78年会, 2013.03.
489. Jian Yang, 後藤 雅宏, 久保田 富生子, Effective separation and recovery of gold by using cellulose acetate originated from cotton linter., 化学工学会第78年会, 2013.03.
490. 二井手 哲平, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, 酵素触媒的タンパク質修飾金ナノ粒子の一段階合成法の開発, 化学工学第78年会, 2013.03.
491. 古賀 未佳, 若林 里衣, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, 両親媒性ペプチドナノファイバーの形態制御と細胞基盤材料への応用, 第15回化学工学会学生発表会北九州大会, 2013.03.
492. 平川 祐也, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, 油中ナノ分散化技術を利用したがん免疫療法の開発, 第15回化学工学会学生発表会北九州大会, 2013.03.
493. Teppei Niide, Masahiro Goto, Noriho Kamiya, Enzymatic production of functional protein-gold nanoparticles conjugates, The 25th International Symposium on Chemical Engineering, 2012.12.
494. Yukiho Hosomomi, Fukiko Kubota, Masahiro Goto, Biosorption of rare earth elements onto E. coli, The 25th International Symposium on Chemical Engineering, 2012.12.
495. Yusuke Tanaka, Masahiro Goto, Transdermal delivery of salbutamol sulfate by a solid-in-oil nanodispersion, The 25th International Symposium on Chemical Engineering, 2012.12.
496. Kana Imamura, Noriho Kamiya, Masahiro Goto, Development of transcutaneous vaccine formulation using Solid-in-Oil technology, The 25th International Symposium on Chemical Engineering, 2012.12.
497. Ryutaro Ishiyama, Masahiro Goto, A novel double-coating carrier for cancer-targeted drug delivery, The 25th International Symposium on Chemical Engineering, 2012.12.
498. Kosuke Moriyama, Masahiro Goto, Noriho Kamiya, Horseradish peroxidase-mediated fabrication of a polymer-protein hybrid hydrogel, The 25th International Symposium on Chemical Engineering, 2012.12.
499. Jian Yang, Fukiko Kubota, Masahiro Goto, Separation of precious metals by using ion-exchange polymers, The 25th International Symposium on Chemical Engineering, 2012.12.
500. Yutaro Mori, Masahiro Goto, Noriho Kamiya, Development of a novel acetamide-type extractant for cobalt recycling process, The 25th International Symposium on Chemical Engineering, 2012.12.
501. Yuko Abe, Noriho Kamiya, Masahiro Goto, Development of pH-sensitive double coating carrier for intracellular drug delivery
, The 25th International Symposium on Chemical Engineering, 2012.12.
502. Teppei Niide, Masahiro Goto, Noriho Kamiya, One-pot fabrication of protein-gold nanoparticle conjugate by enzymatic reaction, The 25th International Symposium on Chemical Engineering, 2012.12.
503. 中古場 輝満, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, 基質のイオン液体化による新規酵素反応場の構築, 第3回イオン液体討論会, 2012.12.
504. 麻生 慎, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, 経皮薬物投与を目指したイオン液体製剤の開発, 第3回イオン液体討論会, 2012.12.
505. 森山 幸祐, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, 酵素架橋性ポリエチレングリコールハイドロゲルの諸特性評価, 第34回日本バイオマテリアル学会, 2012.11.
506. 安倍 弘樹, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, Split Spy0128のバイオコンジュゲーションツールとしての利用, 酵素工学研究会 第68回講演会, 2012.11.
507. 高野 雅英, 久保田 富生子, 後藤 雅宏, 協同抽出系を用いたコバルトの分離回収 , 第31回溶媒抽出討論会, 2012.11.
508. 馬場 雄三, 後藤 雅宏, コバルトイオンの高効率分離回収を目指したカルボン酸系新規抽出剤の開発, 第31回溶媒抽出討論会, 2012.11.
509. 岩城 祐也, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, SortaseAが触媒するタンパク質架橋効率の向上を目指した高反応性基質スクリーニング, 2012年日本化学会西日本大会, 2012.11.
510. Uju, Masahiro Goto, Noriho Kamiya, Pyridinium ionic liquids as pretreatment agents for enhancing enzymatic saccharification of cellulosic biomass, 2012 Lignobiotch II symposium, 2012.10.
511. Teppei NIide, Masahiro Goto, Noriho Kamiya, Enzymatic approach for synthesis of protein-gold nanoparticle conjugates, The 18th Symposium of Young Asian Biochemical Engineers' Community, 2012.10.
512. 山中 桜子, 後藤 雅宏, 創薬工学から生まれた化粧品VIVCO, 第8回「九州大学学術研究都市」セミナー in 東京, 2012.10.
513. 馬場 雄三, 後藤 雅宏, コバルトの高度分離回収を目的とした新規抽出剤の開発, 第8回「九州大学学術研究都市」セミナー in 東京, 2012.10.
514. 中古場 輝満, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, アミノ酸のイオン液体化による新規高基質濃度反応場の構築, 酵素工学研究会第68回講演会, 2012.10.
515. 二井手 哲平, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, 酵素反応を利用したタンパク質修飾金ナノ粒子のワンポット合成, 酵素工学研究会第68回講演会, 2012.10.
516. 細樅侑穂, 後藤 雅宏, 希土類金属の新しいイオン交換体としての大腸菌の利用, 第28回日本イオン交換研究発表会, 2012.10.
517. 今村 佳奈, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, Solid-in-Oil化技術を用いた経皮ワクチンにおける免疫誘導効率の向上, 化学工学会 第44回秋季大会, 2012.09.
518. 安部 祐子, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, pH応答性多層ナノ粒子によるドラッグデリバリーシステムの構築, 化学工学会 第44回秋季大会, 2012.09.
519. 森山 幸祐, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, 酵素反応を利用した高分子-タンパク質ハイブリッドゲルの作製, 化学工学会第44回秋季大会, 2012.09.
520. 後藤 雅宏, 久保田 富生子, Application of Ionic Liquids to Extraction Separation of Rare Earth Metals with an Effective Diglycol Amic Acid Extractant, 化学工学会第44回秋季大会, 2012.09.
521. Hiroki Abe, Masahiro Goto, Noriho Kamiya, Lipid Modification of Proteins Catalyzed by Transglutaminase, 2nd International Conference on Molecular & Functional Catalysis (ICMFC-2), 2012.07.
522. 石山 龍太郎, 後藤 雅宏, がんターゲティングを目的とした新規薬物キャリアの設計と開発, 第23回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2012.07.
523. 後藤 雅宏, 海水の有価金属を高度に認識する抽出試薬の開発, 日本海水学会第63年会, 2012.06.
524. 後藤 雅宏, 細樅侑穂, 海底資源マンガン団塊からの溶媒抽出による有価金属の分離, 日本海水学会第63年会, 2012.06.
525. 馬場 雄三, 後藤 雅宏, 機能性イオン液体を用いたレアメタル高効率分離プロセスの開発, 第23回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2012.07.
526. 田中 悠介, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, 薬物のナノコーティング技術を利用した経皮吸収促進システムの構築とその評価, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
527. 小笹 詩織, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, 人工セルロソームの構築に向けた基礎検討, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
528. 中古場 輝満, 古川真也, 後藤 雅宏, 神谷 典穂, イオン液体化基質を用いた新規酵素反応プロセスの構築, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
529. 後藤 雅宏, 石山 龍太郎, 神谷 典穂, 腫瘍ターゲティングを目的とした新規薬物キャリアの設計と評価, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
530. Yutaro Mori, Masahiro Goto, Noriho Kamiya, Functional protein assemblies by site-specific avidin-biotin interactions, 12th Japan-China-Korea Joint Symposium on Enzyme Engineering, 2012.05.
531. 若林 里衣, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, ペプチド集合体のナノ構造制御と三次元細胞培養基材への応用, 日本化学会第93回春季年会, 2013.03.
532. 後藤雅宏、田原義朗、今村佳奈、神谷典穂, 分子集合系を利用した薬物の皮膚への高浸透を可能にするSO技術, 日本膜学会第34年会, 2012.05.
533. 後藤雅宏, イオン液体とバイオサイエンス, 平成24年度イオン液体研究会, 2012.05.
534. 後藤雅宏, 大学の知財を商品化するーDDS研究から生まれた化粧品—, 第51回KACE講演会, 2011.12.
535. 後藤雅宏、馬場雄三、久保田富生子、神谷典穂, イオン液体を抽出媒体とした希土類金属の分離特性, 第29回希土類討論会, 2012.05.
536. Masahiro Goto, Molecular assembly in a fluorous solvent, INternational Fluorous Sympsium 2011, 2011.12.
537. Kosuke Minamihata, Masahiro Goto, Noriho Kamiya, Preparation of Streptavidin-Enzyme Conjugate via Tyrosyl Radical Coupling Reaction Catalyzed by Peroxidase, The 4th Pusan National Univ.-Global COE Kyushu Univ. Joint Symposium on Molecular Science and Technology, 2011.12.
538. 森 裕太郎、後藤雅宏、神谷 典穂, 新規ラベル部位設計によるタンパク質高次構造体の創製, 第18回生物工学会九州支部福岡大会, 2011.12.
539. 南畑孝介、後藤雅宏、神谷典穂, チロシルラジカルを介したタンパク質架橋反応の電荷による制御, 第18回生物工学会九州支部福岡大会, 2011.12.
540. 安倍 弘喜,後藤 雅宏, 神谷 典穂, 翻訳後修飾酵素を利用した部位特異的タンパク質脂質修飾技術の開発, 第18回生物工学会九州支部福岡大会, 2011.12.
541. 馬場雄三、久保田富生子、神谷典穂、後藤雅宏, 希土類金属の高効率回収をめざしたイオン液体含浸液膜の開発, 第2回イオン液体討論会, 2011.12.
542. T. Niide, M. Goto, N. Kamiya, Enzymatic Approach for Synthesis of Gold Nanoparticles in Recombinant Escherichia coli Cells, The 2011 Global COE International Symposium on Future Molecular Systems, 2011.11.
543. Y. Tahara, N. Kamiya, M. Goto, Cellular delivery of genes and proteins by a novel cationic double-coating carrier , The 2011 Global COE International Symposium on Future Molecular Systems, 2011.11.
544. 後藤雅宏、久保田富生子、馬場雄三, 希土類金属イオンの抽出媒体としてのイオン液体—その現状と将来—, 第30回溶媒抽出討論会, 2011.11.
545. 馬場雄三、久保田富生子、下条晃司郎、神谷典穂、後藤雅宏, イオン液体抽出系におけるジグリコールアミド酸型抽出剤を用いた希土類金属の選択的抽出分離挙動, 第30回溶媒抽出討論会, 2011.11.
546. 馬場雄三、久保田富生子、木村ちえ、神谷典穂、後藤雅宏, イオン液体を用いた液膜システムによるレアアースの分離回収, 膜シンポジウム2011, 2011.11.
547. 安倍弘喜,後藤雅宏, 神谷典穂, 酵素反応によるタンパク質の脂質修飾技術の開発とその機能評価, 膜シンポジウム2011, 2011.11.
548. 森山幸祐、境慎司、川上幸衛、後藤雅宏、神谷典穂, ヘマチンを用いたフェノール性水酸基導入高分子のゲル化とその応用, 第33回日本バイオマテリアル学会, 2011.11.
549. 田原義朗,神谷典穂,新留琢郎,片山佳樹,後藤雅宏, 新規カチオン性ダブルコーティング型キャリアによる遺伝子およびタンパク質の細胞デリバリー, 第33回日本バイオマテリアル学会, 2011.11.
550. Y. Tahara, N. Kamiya, M. Goto, A novel double coating carrier modified with octa-arginine for gene/protein delivery into cells , The 17th Symposium of Young Asian Biochemical Engineers' Community, 2011.11.
551. 中元亜耶,Uju, 庄田靖宏,後藤雅宏,石田亘広, 徳原 渡, 則武 義幸, 荻野 千秋, 神谷典穂, イオン液体処理が結晶性セルロース酵素糖化に与える影響, 第63回日本生物工学会大会, 2011.09.
552. 庄田靖宏、後藤雅宏、石田亘広、神谷典穂, 新規疎水性イオン液体による酵素糖化促進効果の解析, 第63回日本生物工学会大会, 2011.09.
553. 岩城悠也、尾上佳大、南畑孝介、後藤雅宏、神谷典穂, ファージディスプレイ法による SortaseA 基質ペプチド配列の探索, 第66回酵素工学研究会講演会, 2011.09.
554. 森 裕太郎、南畑 孝介、安倍 弘喜、後藤 雅宏、神谷 典穂, アビジンービオチン相互作用に基づくタンパク質集合体設計の基礎研究, 酵素工学研究会 第66回講演会, 2011.09.
555. 二井手哲平、後藤雅宏、神谷典穂, 酵素触媒的大腸菌内金ナノ粒子調製法の開発, 酵素工学研究会第66回講演会, 2011.09.
556. 南畑孝介、後藤雅宏、神谷典穂, チロシンを介したタンパク質架橋化反応の電荷による制御, 酵素工学研究会第66回講演会, 2011.09.
557. 今村佳奈、田原義朗、生津賢一、神谷典穂、後藤雅宏, S/O化技術を利用した経皮ワクチンの創製, 化学工学会第43回秋季大会, 2011.09.
558. 安部祐子、田原義朗、神谷典穂、後藤雅宏, Solid-in-Oil-in-Water化技術を利用した親水性薬物の経皮デリバリーシステムの創製, 化学工学会第43回秋季大会, 2011.09.
559. Uju, 中元亜耶, 庄田靖宏, 後藤雅宏, 石田亘広, 徳原渡, 則武義幸, 神谷典穂, Understanding the mechanism of enhancing enzymatic saccharification of biomass via ionic liquid pretreatment. , 化学工学会第43回秋季大会, 2011.09.
560. 南畑孝介、後藤雅宏、神谷典穂, ストレプトアビジンー酵素ハイブリッドの新規調製法の開発, 化学工学会第43回秋季大会, 2011.09.
561. 嶋田如水、丸山達生、神谷典穂、後藤雅宏, 合成DNAをテンプレートとしたタンパク質の複合・連結化プロセスの開発, 化学工学会第43回秋季大会, 2011.07.
562. 岩城悠也、後藤雅宏、神谷典穂, 新規核酸-酵素ハイブリッドプローブ調製法の開発, 第22回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2011.07.
563. 今村佳奈、田原義朗、生津賢一、神谷典穂、後藤雅宏, Solid-in-Oil化技術による高効率な経皮ワクチンの開発, 第22回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2011.07.
564. 安部祐子、田原義朗、神谷典穂、後藤雅宏, pH応答性ダブルコーティングキャリアの開発, 第22回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2011.07.
565. 森山幸祐、後藤雅宏、神谷典穂, 酵素反応を利用した部位特異的タンパク質固定化法とその応用展開, 第22回九州地区若手ケミカルエンジニアリング討論会, 2011.07.
566. 馬場雄三、久保田富生子、神谷典穂、後藤雅宏, イオン液体を用いたレアアース膜分離プロセスの構築, 第22回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2011.07.
567. 森 裕太郎、後藤雅宏、神谷典穂, 高感度バイオセンサー開発に向けた標識酵素の新規修飾部位設計, 第22回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2011.07.
568. 二井手哲平、後藤雅宏、神谷典穂, 大腸菌を反応場とした酵素触媒的な金ナノ粒子の調製, 第22回九州地区若手ケミカルエンジニアリング討論会, 2011.07.
569. 岩城悠也、後藤雅宏、神谷典穂, Sortase Aを利用したDNA-タンパク質複合化による核酸プローブの創製, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
570. 中元亜耶、庄田靖宏、後藤雅宏、神谷典穂, イオン液体を用いた結晶性セルロースのin situ酵素糖化プロセスの構築, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
571. 今村佳奈、田原義朗、生津賢一、神谷典穂、後藤雅宏, Solid-in-Oil化技術を利用した経皮ワクチンの開発, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
572. 安部祐子、田原義朗、神谷典穂、後藤雅宏, 薬物漏洩を制御した多層エマルションの調製と経皮吸収促進効果, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
573. Kosuke Minamihata, Masahiro Goto, Noriho Kamiya, Preparation of Streptavidin-enzyme conjugate using peroxidase-catalyzed tyrosine-coupling reaction, The 6th Joint China/Japan Chemical Engineering Symposium (CJCES) , 2011.07.
574. Fan YANG, N. Kamiya, M. Goto, Transdermal Drug Delivery of Anti-Rheumatic Agent Methotrexate Using S/O nanodispersion, The 6th Joint China/Japan Chemical Engineering Symposium (CJCES) , 2011.07.
575. 田原義朗,金子丈志,神谷典穂,新留琢郎,片山佳樹,後藤雅宏, 新規ダブルコーティング型キャリアによるタンパク質デリバリー, 第27回日本DDS学会, 2011.06.
576. 田原義朗,生津賢一,今村佳奈,神谷典穂,後藤雅宏, Solid-in-Oil(S/O®)化技術による経皮免疫効果の増強, 第27回日本DDS学会, 2011.06.
577. 久保田富生子、馬場雄三、神谷典穂、後藤雅宏, イオン液体による分離システムの希土類リサイクルへの応用, 第28回希土類討論会, 2011.06.
578. H. Abe, M. Goto, N. Kamiya, Site-specific Lipid Modification of Proteins Catalyzed by Transglutaminase, The 2011 International Symposium on Molecular systems, 2011.05.
579. Kosuke Minamihata, Masahiro Goto, Noriho Kamiya, Protein Heteroconjugation Using Peroxidase-Catalyzed Tyrosine-Coupling Reaction, The 2011 International Symposium on Molecular systems, 2011.05.
580. Y. Tahara, N. Kamiya, M. Goto, Transcutaneous protein delivery and vaccination by a solid-in-oil nanodispersion, The 2011 International Symposium on Molecular systems, 2011.05.
581. 船津麻美、田原義朗、山中桜子、後藤雅宏, Solid-in-Oil(S/O)製剤技術を利用したオイルゲルシート, 第6回九州大学未来化学創造センターシンポジウム, 2011.05.
582. 山中桜子、水野恒政、神谷典穂、後藤雅宏, 経皮吸収を促進するS/O技術, 第6回九州大学未来化学創造センターシンポジウム, 2011.05.
583. 田原義朗,生津賢一,神谷典穂,後藤雅宏, Solid-in-Oil(S/O®)化技術によるタンパク質の経皮デリバリーと経皮ワクチンへの応用, 第6回九州大学未来化学創造センターシンポジウム, 2011.05.
584. 久保田富生子、馬場雄三、神谷典穂、後藤雅宏, イオン液体による分離システムの希土類リサイクルへの応用, 第28回 希土類討論会, 2011.05.
585. 森山 幸祐、成 庚阿、後藤 雅宏、神谷 典穂, 翻訳後修飾酵素反応を用いた機能性微粒子材料の調製, 化学工学会 第76年会, 2011.03.
586. 森裕太郎、後藤雅広、神谷典穂, リガンド標識酵素̶タンパク質ハイブリッド化における部位特異的ラベルの効果, 化学工学会 第76年会, 2011.03.
587. Uju, Aya Nakamoto, Yasuhiro Shoda, Masahiro Goto, Nobuhiro Ishida, Wataru Tokuhara, Yoshiyuki Noritake, Haruo Takahashi, Noriho Kamiya. , Enhancing of Enzymatic Saccharification of Biomass via Ionic Liquids Pretreatment., 化学工学会 第76年会, 2011.03.
588. 馬場雄三, 下堀陽佑, 久保田富生子, 下条晃司郎, 神谷典穂, 後藤雅宏, イオン液体を用いた希土類金属の抽出分離とその応用, 化学工学会 第76年会, 2011.03.
589. 二井手 哲平、久保田 富生子、神谷 典穂、後藤 雅宏, 組換え大腸菌を反応場とした金ナノ粒子の調製, 化学工学会 第76年会, 2011.03.
590. 南畑 孝介、後藤 雅宏、神谷 典穂, チロシン酸化反応を用いた異種タンパク質架橋体の酵素合成, 化学工学会 第76年会, 2011.03.
591. 安倍弘喜、後藤雅宏、神谷典穂, トランスグルタミナーゼの新規機能性基質の探索, 化学工学会 第76年会, 2011.03.
592. 安部祐子、田原義朗、神谷典穂、後藤雅宏, 独自のエマルション化技術による親水性薬物の経皮デリバリーシステムの構築, 第13回化学工学会学生発表会, 2011.03.
593. 今村佳奈、田原義朗、生津賢一、神谷典穂、後藤雅宏, S/O技術による免疫付与に関するin vivo実験, 第13回化学工学会学生発表会, 2011.03.
594. 馬場雄三, 下堀陽佑, 久保田富生子, 下条晃司郎, 神谷典穂, 後藤雅宏, イオン液体を用いた希土類金属の分離回収, 第1回イオン液体討論会, 2011.01.
595. 北岡桃子、田中由香里、後藤雅宏、三ツ森正之、林浩之輔、友添祐介、平石佳之、宮脇克行、野地澄晴、神谷典穂, 核酸ハイブリダイゼーション用新規酵素ラベル化プローブの開発, 第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010.12.
596. Josui Shimada, Tatsuo Maruyama, Noriho Kamiya, Masahiro Goto, Aptamer-based thrombin detection by the DNA-assisted inhibition of enzyme, Pacifichem2010, 2010.12.
597. H. Abe, M. Goto, N. Kamiya, Site-specific multifunctionalization of proteins catalyzed by microbial transglutaminase, Pacifichem2010, 2010.12.
598. Kosuke Minamihata, Masahiro Goto, Noriho Kamiya, Peroxidase-catalyzed site-specific protein cross-linking through tyrosine-containing peptide tag, Pacifichem2010, 2010.12.
599. Y. Tahara, S. Honda, N. Kamiya, M. Goto, Development of a novel emulsion system that enables transcutaneous protein delivery, Pacifichem2010, 2010.12.
600. Y. Tahara, N. Kamiya, M. Goto, A novel double coating carrier that is produced by using a unique emulsion and enables arginine-mediated gene delivery, The 23nd Int. Symp. Chem. Eng., Kyushu (Japan) -Daejeon/Chungnam (Korea), 2010.12.
601. K. Moriyama, N. Kamiya, M. Goto, Transglutaminase-mediated functionalization of magnetic nanoparticles, The 23nd Int. Symp. Chem. Eng., Kyushu (Japan) -Daejeon/Chungnam (Korea), 2010.12.
602. Yutaro Mori, Noriho Kamiya, Masahiro Goto, Enzymatic site-specific biotinylation and its potential application, The 23nd Int. Symp. Chem. Eng., Kyushu (Japan) -Daejeon/Chungnam (Korea), 2010.12.
603. Y. Baba, Y. Shimobori, F. Kubota, N. Kamiya, M.Goto, Development of novel liquid membrane based on ionic liquids for highly recovery of rare earth metals, The 23nd Int. Symp. Chem. Eng., Kyushu (Japan) -Daejeon/Chungnam (Korea), 2010.12.
604. Uju, N. Kamiya, M. Goto, Pretreatment Process Using Ionic Liquid on Some Potential Biomass Feedstock to Produce Bioethanol., The 23nd Int. Symp. Chem. Eng., Kyushu (Japan) -Daejeon/Chungnam (Korea), 2010.12.
605. Kosuke Minamihata, Noriho Kamiya, Masahiro Goto, Application of peroxidase-catalyzed tyrosine cross-linking reaction to protein heteroconjugation, The 23nd Int. Symp. Chem. Eng., Kyushu (Japan) -Daejeon/Chungnam (Korea), 2010.12.
606. Josui Shimada, Tatsuo Maruyama, Noriho Kamiya, Masahiro Goto, DNA-assisted control of enzymatic activity for aptamer-based thrombin detection, The 23nd Int. Symp. Chem. Eng., Kyushu (Japan) -Daejeon/Chungnam (Korea), 2010.12.
607. 森裕太郎, Avidin-biotin 相互作用と部位特異的酵素修飾を利用した 高感度バイオセンサーの開発, 平成22年度 化学工学会九州支部学生賞, 2010.11.
608. 田原義朗,金子丈志,戸井田力,神谷典穂,新留琢郎,片山佳樹,後藤雅宏, 新規カチオン性ダブルコーティング型キャリアによる遺伝子デリバリー, 第32回日本バイオマテリアル学会大会, 2010.11.
609. 金子丈志、田原義朗、神谷典穂、後藤雅宏, タンパク質性薬物を封入する新しい薬物キャリア作製法の開発, 第32回日本バイオマテリアル学会大会, 2010.11.
610. 多田 裕・北岡 桃子・神谷 典穂・後藤 雅宏, クリックケミストリーによる酵素ラベル核酸プローブの創製, 第64回酵素工学研究会, 2010.11.
611. 安倍弘喜、神谷典穂、後藤雅宏, トランスグルタミナーゼによる部位特異的タンパク質多機能化, 第64回酵素工学研究会, 2010.11.
612. 南畑 孝介、神谷 典穂、後藤 雅宏, チロシンの酵素触媒的活性化による異種タンパク質架橋化反応, 酵素工学研究会第63回講演会, 2010.04.
613. 木原大輔 ・ 北岡桃子 ・ 神谷 典穂 ・ 後藤 雅宏, 組織切片上での微量核酸検出に向けた新規DNAプローブの創製, 第62回日本生物工学会, 2010.10.
614. 馬場雄三, 下堀陽佑, 久保田富生子, 下条晃司郎, 神谷典穂, 後藤雅宏, イオン液体による希土類金属の高度分離, 第29回溶媒抽出討論会, 2010.11.
615. 森山 幸祐、成 庚阿、神谷 典穂、後藤 雅宏, 部位特異的タンパク質固定化法を利用した磁性粒子の機能化, 第3回化学工学3支部合同徳島大会, 2010.10.
616. 馬場雄三, 下堀陽佑, 久保田富生子, 下条晃司郎, 神谷典穂, 後藤雅宏, イオン液体を用いた希土類金属の液膜透過, 第3回化学工学3支部合同徳島大会, 2010.10.
617. 多田裕・木原大輔・神谷典穂・後藤雅宏, DNAを利用したタンパク質の連結化方法, 化学工学会第42回秋季大会, 2010.09.
618. 村上徳昭、神谷典穂、後藤雅宏, ペプチド性ハイドロゲルによる酵素反応場の構築, 化学工学会第42回秋季大会, 2010.09.
619. 金子丈志、田原義朗、神谷典穂、後藤雅宏, 水溶性薬物を封入した新しい薬物キャリア作製法の開発, 化学工学会第42回秋季大会, 2010.09.
620. 田原義朗,神谷典穂,後藤雅宏, 新規オクタアルギニン修飾キャリアによる遺伝子デリバリー, 化学工学会第42回秋季大会, 2010.09.
621. 森山幸祐、神谷典穂、後藤雅宏, ペプチドタグ選択的なタンパク質固定化法の開発とその応用, 第21回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2010.07.
622. 森裕太郎、神谷典穂、後藤雅宏, Avidin-biotin相互作用を利用したバイオセンシングに関する基礎研究, 第21回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2010.07.
623. 多田裕・木原大輔・北岡桃子・神谷典穂・後藤雅宏, 特定遺伝子を高感度に検出するための分子ツールのデザイン, 第21回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2010.07.
624. 村上徳昭、神谷典穂、後藤雅宏, ペプチド性ハイドロゲルによるタンパク質の取り込み, 第21回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2010.07.
625. 馬場雄三, レアメタルの高効率回収をめざしたイオン液体による新規分離膜の開発, 第21回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2010.07.
626. 嶋田如水、丸山達生、神谷典穂、後藤雅宏, DNA によるタンパク質の効率的な連結化方法, 第21回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2010.07.
627. 多田裕・木原大輔・北岡桃子・神谷典穂・後藤雅宏, Click Chemistryを用いた酵素マルチラベルDNAプローブの創製, 第47回化学関連支部合同九州大会 , 2010.07.
628. 村上徳昭、神谷典穂、後藤雅宏, 超分子ゲルを用いたチトクロムcのペルオキシダーゼ活性の発現, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
629. 田原義朗,金子丈志,戸井田力,神谷典穂,新留琢郎,片山佳樹,後藤雅宏, 独自のエマルション化技術を利用した新規ダブルコーティング型キャリアの開発と非ウイルス性遺伝子デリバリーへの応用, 第26回日本DDS学会, 2010.06.
630. 田原義朗,金子丈志,戸井田力,神谷典穂,新留琢郎,片山佳樹,後藤雅宏, 独自のエマルション化技術を利用した新規ダブルコーティング型キャリアの開発, 第26回日本DDS学会, 2010.06.
631. 下条晃司郎、久保田富生子、後藤雅宏、長縄弘親, 希土類元素抽出における簡便かつ高機能性抽出剤DODGAAの開発, 第27回希土類討論会, 2010.05.
632. 生津賢一、田原義朗、神谷典穂、後藤雅宏, 油中ナノ分散化技術を利用したsiRNA経皮デリバリーシステムの構築, 第12回 化学工学会学生発表会, 2010.03.
633. 田中 由香里,北岡 桃子,鶴田 幸人,三ツ森 正之,林 浩之輔,宮脇 克行,野地 澄晴,後藤 雅宏,神谷 典穂, トランスグルタミナーゼを用いた酵素標識DNAプローブの調製と核酸検出への応用, 2010年度 日本農芸化学会大会, 2010.03.
634. 井野圭志朗、M.Moniruzzaman、神谷典穂、後藤雅宏, イオン液体を素材とした 固定化酵素の調製とその反応特性, 化学工学会第75年会, 2010.03.
635. 二井手哲平、島田雪子、久保田 富生子、神谷 典穂、後藤 雅宏, 有価金属分離回収のためのバイオマテリアルの開発, 化学工学会第75年会, 2010.03.
636. 安倍弘喜、神谷典穂、後藤雅宏, 部位特異的・共有結合的タンパク質マルチラベル化技術の開発, 化学工学会第75年会, 2010.03.
637. 南畑孝介、神谷典穂、後藤雅宏, 新たなタンパク質複合化技術を用いた固定化酵素調製法, 化学工学会第75年会, 2010.03.
638. 久保田富生子, 下堀 陽佑,小柳 裕介,下条 晃司郎, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, イオン液体を用いた希土類金属の高効率リサイクルプロセスの開発, 化学工学会第75年会, 2010.03.
639. 田村充希、田原義朗、M. Moniruzzaman、神谷典穂、後藤雅宏, イオン液体を用いた難溶解性薬物の経皮薬物送達システムの開発, 2009年度第2回「イオン液体の科学」, 2010.01.
640. 井野圭志朗、M.Moniruzzaman、神谷典穂、後藤雅宏, W/IL マイクロエマルションを用いた酵素内包イオン液体ポリマーの調製とその反応特性, 2009年度第2回「イオン液体の科学」, 2010.01.
641. Y. Shimada, T. Niide, F. Kubota, N. Kamiya, M. Goto , Selective recovery of precious metal ions using waste protein biomass, International Symposium on Environmental Problems in East Asia 2009, 2009.12.
642. Kyunga Sung, Yusuke Tanaka, Noriho Kamiya and Masahiro Goto, Fabrication of a functional glass surface for site-specific and covalent protein immobilization, The 22nd Int. Symp. Chem. Eng., 2009.12.
643. Yukiko Shimada, Teppei Niide, Fukiko Kubota, Noriho Kamiya, Masahiro Goto, Selective Recovery of Precious Metal Ions by Using Waste Biomass, The 22nd Int. Symp. Chem. Eng., 2009.12.
644. K. Minamihata, N. Kamiya, M. Goto, Development of the novel protein modification method using tyrosine-tags, The 22nd Int. Symp. Chem. Eng., 2009.12.
645. H. Abe, N. Kamiya, M. Goto, One-step multi-labeling of functional proteins catalyzed by microbial transglutaminase with newly designed substrate peptides, The 22nd Int. Symp. Chem. Eng., 2009.12.
646. 南畑孝介、神谷典穂、後藤雅宏, 酸化還元酵素によるタンパク質固相化技術の開発, 酵素工学研究会第62回講演会, 2009.11.
647. 松下 雄一,庄田 靖宏,後藤 雅宏,趙 盛進,石田 亘広,高橋 治雄,神谷 典穂, イオン液体処理によるセルロース系バイオマスの酵素糖化, 酵素工学研究会30周年記念シンポジウム, 2009.11.
648. 安倍弘喜、神谷典穂、後藤雅宏, トランスグルタミナーゼによる部位特異的タンパク質ラベル:基質からのアプローチ, 酵素工学研究会30周年記念シンポジウム, 2009.11.
649. 下堀陽佑、久保田 富生子、下条 晃司郎、神谷 典穂、後藤 雅宏, イオン液体を液膜とした希土類金属の抽出分離挙動, 第28回溶媒抽出討論会, 2009.11.
650. 久保田富生子,小柳 裕介, 下堀 陽佑, 下条 晃司郎, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, イオン液体を溶媒としたジグリコールアミド酸型抽出剤による希土類金属の分離回収, 第28回溶媒抽出討論会, 2009.11.
651. 下条晃司郎、久保田富生子、後藤雅宏、長縄弘親 , ジグリコールアミド酸型抽出剤によるランタノイドの高効率抽出分離, 第28回溶媒抽出討論会, 2009.11.
652. 田中由香里,三ッ森正之,林 浩之輔.宮脇克行,野地澄晴,後藤雅宏,神谷典穂, クリックケミストリーを利用する酵素ラベル化核酸プローブの創製と高感度RNA検出, 第82回日本生化学会, 2009.10.
653. 南畑孝介、神谷典穂、後藤雅宏, 酸化還元酵素によるワンステップ固定化酵素調製, 平成21年度 化学工学会九州支部学生賞審査会, 2009.10.
654. 田村充希、田原義朗、M. Moniruzzaman、神谷典穂、後藤雅宏, Ionic liquid in oil (IL/O)を用いた経皮薬物送達システムの開発, 第2回化学工学3支部合同北九州大会, 2009.10.
655. 南畑孝介、神谷典穂、後藤雅宏, 酸化還元酵素を利用する新たなタンパク質翻訳後修飾技術の創出, 第2回化学工学3支部合同北九州大会, 2009.10.
656. 中川真希、北岡桃子、神谷典穂、後藤雅宏, マルチプレックス蛍光リボヌクレアーゼプロテクション法を用いた一塩基多型の同時判別, 第2回化学工学3支部合同北九州大会, 2009.10.
657. 後藤雅宏、島田雪子、久保田富生子、神谷典穂, 廃棄物性バイオマスを利用した白金族イオンの吸着分離, 第25回日本イオン交換研究発表会, 2009.10.
658. T. Mouri, T. Shimizu, N. Kamiya, M. Goto, Design of a cytochrome P450BM3 reaction system linked by two-step cofactor regeneration., ENZYME ENGINEERING XX, 2009.09.
659. 山中桜子・水野恒政・河原清彰・柳裕啓・神谷典穂・後藤雅宏, 薬物のバイオコーティング(S/O)技術を利用した化粧品開発, 第24回生体機能関連化学シンポジウム、第12回バイオテクノロジー部会シンポジウム(合同開催), 2009.09.
660. 南畑孝介、神谷典穂、後藤雅宏, チロシン残基の酵素的活性化によるタンパク質架橋反応, 第24回生体機能関連化学シンポジウム、第12回バイオテクノロジー部会シンポジウム(合同開催), 2009.09.
661. 安倍弘喜、神谷典穂、後藤雅宏, 組換えタンパク質のペプチドタグ選択的多機能化技術の開発, 第24回生体機能関連化学シンポジウム、第12回バイオテクノロジー部会シンポジウム(合同開催), 2009.09.
662. 南畑孝介、神谷典穂、後藤雅宏, チロシンを介した新規タンパク質修飾技術の創製, 第61回日本生物工学会大会, 2009.09.
663. 安倍弘喜、神谷典穂、後藤雅宏, 組換えタンパク質の部位特異的1ステップマルチラベル化技術の開発, 第61回日本生物工学会大会, 2009.09.
664. 田村充希、田原義朗、M. Moniruzzaman、神谷典穂、後藤雅宏, イオン液体を用いた難溶解性薬物の経皮薬物送達システムの開発, 化学工学会第41回秋季大会, 2009.09.
665. 下堀陽佑、小柳 裕介、久保田 富生子、下条 晃司郎、神谷 典穂、後藤 雅宏, イオン液体を用いた希土類金属の新規抽出分離システムの開発, 化学工学会第41回秋季大会, 2009.09.
666. 島田雪子,久保田富生子,神谷典穂,後藤雅宏, バイオマス吸着を利用した貴金属のリサイクル, 化学工学会第41回秋季大会, 2009.09.
667. 南畑孝介、神谷典穂、後藤雅宏, 酸化還元酵素によるタンパク質翻訳後架橋に関する基礎研究, 化学工学会第41回秋季大会, 2009.09.
668. 井野圭志朗、M.Moniruzzaman、神谷典穂、後藤雅宏, W/IL マイクロエマルションを用いた酵素内包イオン液体ポリマーの開発, 第20回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2009.07.
669. 金子 丈志, 田原 義朗, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, 水溶性薬物を封入したダブルコーティング型キャリアの開発, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
670. 南畑孝介、神谷典穂、後藤雅宏, 酸化還元酵素はタンパク質の修飾試薬として使えるか?, 第20回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2009.07.
671. 安倍弘喜、神谷典穂、後藤雅宏, トランスグルタミナーゼを利用する多機能性タンパク質の新たな調製法, 第20回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2009.07.
672. 毛利 剛, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, 反応速度の向上を目的としたP450camシステム複合体の構築, 第20回 九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2009.07.
673. 後藤雅宏,神谷典穂,田原義朗,田村充希,Muhammad Moniruzzaman, イオン液体を用いた難溶解性薬物の経皮吸収システムの開発, 第25回日本DDS学会, 2009.07.
674. 後藤雅宏,北岡桃子,神谷典穂, 水産物の産地偽装解明のための簡易遺伝子解析法の開発, 日本海水学会第60年会, 2009.06.
675. 後藤雅宏,田原義朗,神谷典穂, タンパク製剤の界面活性剤ナノコーティング化と経皮膜透過挙動, 日本膜学会第31年会, 2009.05.
676. 北岡桃子、神谷典穂、後藤雅宏, イネゲノムからのPCRを用いたT7 RNAポリメラーゼ鋳型の調製と100品種判別への利用, 農芸化学会2008年度大会, 2009.03.
677. 南畑 孝介 神谷 典穂 後藤 雅宏, チロシンタグを介した新規タンパク質複合化技術, 化学工学会 第74回年会, 2009.03.
678. 鶴田幸人, 田中由香里, 三ツ森正之, 林浩之輔, 野地澄晴, 神谷典穂, 耐熱性酵素ラベル化核酸プローブの創製とRNA検出への応用, 化学工学会 第74回年会, 2009.03.
679. 香田大輔, 丸山達生, 中島一紀, 神谷典穂, 後藤雅宏, 疾病関連生体触媒に応答した超分子ハイドロゲル形成, 化学工学会 第74回年会, 2009.03.
680. 嶋田如水、丸山達生、神谷典穂、後藤雅宏, DNA-酵素複合体の活性制御を利用した分析システムの開発, 化学工学会 第74回年会, 2009.03.
681. 徳永 正道, 志水 豪, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, Sortaseによる機能性タンパク質ポリマーの調製, 化学工学会 第74回年会, 2009.03.
682. 久保田富生子, 小柳裕介, 下条晃司郎, 中島一紀, 神谷典穂, 後藤雅宏, カルボン酸系新規抽出剤による希土類金属のイオン液体抽出, 化学工学会 第74回年会, 2009.03.
683. 武藤 早紀, 成 庚阿, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, 部位特異的タンパク質固定化に適したバイオインターフェースの構築, 第11回 化学工学会 学生発表会, 2009.03.
684. 永野 由佳・中島 一紀・神谷 典穂・後藤 雅宏, ポリマー化イオン液体を基体とした新規酵素複合材料の創製, 第11回 化学工学会 学生発表会, 2009.03.
685. N. Kamiya, Enzymatic Protein Engineering with Microbial Transglutaminase, The 4th International Workshop on Future Molecular Systems 2008, 2008.12.
686. N. Kamiya1, Y. Matsushita, M. Ueda, K. Nakashima, M. Goto, S. Jo, M. Narita, N. Ishida, H. Takahashi, Pretreatment and in situ enzymatic saccharification of cellulose using ionic liquids, The 14th Symposium of Young Asian Biochemical Engineers' Community, 2008.12.
687. Y. Matsushita, N. Kamiya, M. Goto, Enzymatic saccharification of cellulose by ionic liquid pretreatment, The 21st International Symposium on Chemical Engineering, Kyushu (Japan) -Daejeon/Chungnam (Korea) , 2008.12.
688. T.Shimizu, T. Mouri, N. Kamiya, M. Goto, A strategy to improve the P450cam catalytic system by genetically-fused P450cam-putidaredoxin
, The 21st International Symposium on Chemical Engineering, Kyushu (Japan) -Daejeon/Chungnam (Korea) , 2008.12.
689. H. Abe, N. Kamiya, M. Goto, Development of a new protein labeling method by microbial transglutaminase, The 21st International Symposium on Chemical Engineering, Kyushu (Japan) -Daejeon/Chungnam (Korea) , 2008.12.
690. S. Honda, Y. Tahara, N. Kamiya, M. Goto, Novel design of a transdermal delivery system of protein drugs, The 21st International Symposium on Chemical Engineering, Kyushu (Japan) -Daejeon/Chungnam (Korea) , 2008.12.
691. Y. Tahara, N. Kamiya, M. Goto, A solid-in-oil nanodispersion for transcutaneous protein delivery, The 21st International Symposium on Chemical Engineering, Kyushu (Japan) -Daejeon/Chungnam (Korea) , 2008.12.
692. K. Minamihata, N. Kamiya S. Kiyoyama, M. Goto, Development of a novel immobilization method for a hyperthermophilic enzyme, The 21st International Symposium on Chemical Engineering, Kyushu (Japan) -Daejeon/Chungnam (Korea) , 2008.12.
693. M. Goto, A Nanostructureed Molecular Assembly in Ionic Liquids as a Novel Medium for Biocatalysis Reactions, AIChE Annual Meeting, 2008.11.
694. 後藤雅宏,田原義朗,神谷典穂, DDS製剤として調製したタンパク質の経皮膜透過挙動, 膜シンポジウム2008, 2008.11.
695. 丸山達生,開麻衣,後藤雅宏, 温度刺激に応じて自発的に成長する脂質分子集合体ネットワークの構築, 膜シンポジウム2008, 2008.11.
696. 後藤雅宏, 予防医療のための脂質ナノコーティング技術, 第26回医用高分子研究会, 2008.11.
697. 後藤雅宏, ナノテクノロジーで食品偽装を解明する, ISIT市民特別講演会, 2008.11.
698. 志水豪、毛利剛、神谷典穂、後藤雅宏, 構成タンパク質の融合がシトクロムP450cam細胞触媒の機能に与える影響, 酵素工学研究会30周年記念シンポジウム, 2008.11.
699. 神谷典穂, 松下雄一, 植田美紗, 中島一紀, 後藤雅宏, 趙 盛進 ,成田麻美子, 石田亘広, 高橋治雄, セルロースの酵素糖化におけるイオン液体の可能性, 酵素工学研究会30周年記念シンポジウム, 2008.11.
700. 南畑孝介、徳永正道、神谷典穂、後藤雅宏, ラジカル重合反応を介した超好熱菌由来酵素の固定化法, 酵素工学研究会30周年記念シンポジウム, 2008.11.
701. 毛利 剛, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, STHをメディエイターとして利用するNADPHの再生とP450酸化反応への利用, 酵素工学研究会第60回講演会, 2008.11.
702. 田原 義朗、神谷 典穂、後藤 雅宏, タンパク質ナノ分散化技術S/O法による経皮吸収製剤の開発, 化学工学会姫路大会, 2008.11.
703. 中島一紀、神谷典穂、後藤雅宏, 酵素とイオン液体ポリマーを複合化した新たな生体触媒材料, 化学工学会姫路大会, 2008.11.
704. 神谷典穂、安倍弘喜、後藤雅宏, 酵素を用いるペプチドタグ選択的タンパク質ラベル化法, 化学工学会姫路大会, 2008.11.
705. 下堀陽佑, 小柳裕介, 久保田富生子,中島一紀, 下条晃司郎, 神谷典穂, 後藤雅宏, イオン液体系におけるレアメタルの抽出挙動の検討, 第27回溶媒抽出討論会, 2008.10.
706. 小柳裕介, 久保田富生子,中島一紀, 下条晃司郎, 神谷典穂, 後藤雅宏, 希土類金属回収のためのイオン液体抽出系の開発, 第27回溶媒抽出討論会, 2008.10.
707. 神谷典穂, バイオ研究のためのタンパク質・核酸の加工技術, パテントソリューションフェア2008, 2008.10.
708. 後藤雅宏, 食品の遺伝情報を色に変えて安全を確認するFRIP法, 第17回バイオイメージング学会, 2008.10.
709. M.Goto, Construction of cytochrome P450BM3 reaction system linked by two-step cofactor regeneration, THE 2nd CNSI UCLA/G-COE Kyushu University Joint Symposium, 2008.09.
710. 北岡桃子・神谷典穂・後藤雅宏, 3色の蛍光を用いた蛍光リボヌクレアーゼプロテクション法による一塩基変異の目視同時検出, 日本分析化学会 第57年会, 2008.09.
711. 松下雄一,中島一紀,植田美紗,神谷典穂,後藤雅宏,成田麻美子,石田 亘広,高橋治雄, 水-イオン液体混合溶媒中でのセルロースの酵素触媒的分, 化学工学会第40回秋季大会, 2008.09.
712. 安倍弘喜, 神谷典穂, 後藤雅宏, 酵素反応を利用した抗体への新規蛍光基質の導入, 化学工学会第40回秋季大会, 2008.09.
713. 本田祥太, 田原義朗, 神谷典穂, 後藤雅宏, タンパク質性薬物の皮膚吸収性の向上を目指した薬剤設計, 化学工学会第40回秋季大会, 2008.09.
714. 古中順子,安部 亨, 井田伸夫, 柿澤資訓, 神谷典穂, 後藤雅宏, 両親媒性高分子からなるタンパク質ナノキャリアの開発, 化学工学会第40回秋季大会, 2008.09.
715. 大熊愛子、朴洪宇、神谷典穂、後藤雅宏, ナノ分散化アスコルビン酸誘導体の経皮デリバリーシステムの構築, 化学工学会第40回秋季大会, 2008.09.
716. 香田大輔, 丸山達生, 中島一紀, 後藤雅宏, プロテアーゼに応答するペプチド性超分子ゲル化剤の創製, 化学工学会第40回秋季大会, 2008.09.
717. 南畑 孝介・徳永 正道・神谷 典穂・清山 史朗・後藤 雅宏, 超好熱菌由来酵素のマイクロカプセルへの新規固定化技術の開発, 化学工学会第40回秋季大会, 2008.09.
718. 嶋田如水、丸山達生、細木卓也、富永譲、神谷典穂、後藤雅宏, ヒスチジンタグを利用したDNA-タンパク質の結合形成とThrombin検出システムへの応用
, 化学工学会第40回秋季大会, 2008.09.
719. 後藤雅宏, タンパク質ナノ製剤化技術—界面工学からのアプローチー, 化学工学会第40回秋季大会, 2008.09.
720. 後藤雅宏, 簡易遺伝子解析FRIP法によって食の安全を守る, JSTイノベーション研究発表会, 2008.09.
721. 志水豪、毛利剛、神谷典穂、後藤雅宏, 大腸菌を利用するシトクロムP450cam細胞触媒システムの改良へ向けた戦略, 第60回日本生物工学会大会, 2008.08.
722. 毛利 剛, 神谷 典穂,後藤 雅宏, 二段階補酵素再生系と連動したCytochrome P450BM3反応系の構築, 第60回日本生物工学会大会, 2008.08.
723. 中島一紀、丸山達生、神谷典穂、後藤雅宏治雄, イオン液体ゲルからなる新規バイオコンポジット材料の開発, 第60回日本生物工学会大会, 2008.08.
724. 神谷典穂,松下雄一,植田美紗,中島一紀,後藤雅宏,成田麻美子,石田 亘広,高橋治雄, イオン液体共存下におけるセルロースの酵素糖化処理法, 第60回日本生物工学会大会, 2008.08.
725. 志水豪、毛利剛、神谷典穂、後藤雅宏, 半自給自足型シトクロムP450cam触媒システムの構築, 化学工学会沖縄大会, 2008.08.
726. 毛利 剛, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, GLD/STHによる二段階補酵素再生系の構築と酸化反応への利用, 化学工学会沖縄大会, 2008.08.
727. 中島一紀、神谷典穂、後藤雅宏, 生体触媒を固定化したイオン液体ゲル微粒子, 化学工学会沖縄大会, 2008.08.
728. 嶋田如水, 金属錯体を利用したDNA-タンパク質複合体の作製とその応用, 化学工学会第19回若手会, 2008.08.
729. 神谷典穂、安倍弘喜、後藤雅宏, 酵素反応による生体分子ラベル化に適した新規蛍光基質のデザイン, 化学工学会沖縄大会, 2008.08.
730. 中川真希, 蛍光リボヌクレアーゼプロテクション法による食品のDNA診断, 化学工学会第19回若手会, 2008.08.
731. 田村充希 , イオン液体を用いたドラッグデリバリーシステムの開発, 第19回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2008.07.
732. 下堀陽佑, イオン液体を媒体とするレアメタルの抽出分離, 第19回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2008.07.
733. 松下雄一, イオン液体前処理によるセルロースの酵素糖化, 第19回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2008.07.
734. 志水豪、毛利剛、神谷典穂、後藤雅宏, 遺伝子工学的手法によるシトクロムP450cam構成タンパク質の融合化と触媒機能, 第19回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2008.07.
735. 本田 祥太, タンパク質性薬物の経皮投与に向けた新規製剤の基礎研究, 第19回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2008.07.
736. 安倍弘喜, 神谷典穂, 後藤雅宏, トランスグルタミナーゼを利用した抗体への直接蛍光ラベル化, 第19回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2008.07.
737. 田原 義朗, 経皮免疫への応用を目指した生体分子の油状ナノ分散化技術の開発, 第19回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2008.07.
738. 毛利 剛, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, GLD/STH二段階酵素系を用いたNADPHの再生, 第19回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2008.07.
739. 中島一紀, 新たな酵素固定化担体としてのイオン液体ゲルの開発, 第19回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2008.07.
740. 松下雄一,神谷典穂,中島一紀,植田美紗,後藤雅宏,成田麻美子,石田 亘広,高橋治雄, イオン液体を用いた高効率セルロース分解システムの開発, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.
741. 志水豪、毛利剛、神谷典穂、後藤雅宏, 反応速度向上を目的とした半自給自足型Cytocrome P450cam、Putidaredoxin 融合タンパク質の構築
, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.
742. 本田祥太, 田原義朗, 神谷典穂, 後藤雅宏, ナノ分散技術を利用したタンパク質経皮デリバリーシステムの開発, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.
743. 安倍弘喜, 神谷典穂, 後藤雅宏, 抗体の部位特異的修飾法の開発, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.
744. 神谷典穂, トランスグルタミナーゼを用いるタンパク質工学の可能性, 名古屋大学ラボセミナー, 2008.07.
745. 神谷典穂, トランスグルタミナーゼの活用による新規有用タンパク質の創製, 第8回 日本蛋白質科学会年会、WS「社会貢献を目指す蛋白工学」, 2008.06.
746. 久保田富生子, 後藤雅宏, 市販の魚介類に含まれる微量金属の定量 -新入生の創造工学演習を実施して-, 日本海水学会代59年会, 2008.06.
747. K. Nakashima, N. Kamiya, M. Goto, Novel Biocomposite Microparticles Based on Polymerized Ionic Liquid, The 5th A3 (China-Japan-Korea) Foresight Meeting on Gene Therapy, June, 2008, 2008.06.
748. 後藤雅宏,田原義朗,神谷典穂, タンパク質ナノ製剤の調製と経皮膜の透過特性, 日本膜学会第30年会, 2008.05.
749. 神谷典穂, 親水性薬物のナノ分散型油状製剤化と経皮デリバリー, 「バイオナノテクノロジーとDDS」シンポジウム, 2008.03.
750. 北岡桃子、岡村暢子、一瀬博文、神谷典穂、後藤雅宏, 食品流通検査へ向けた遺伝子多型簡易判別法の開発, 化学工学会第73年会, 2008.03.
751. 北岡桃子、岡村暢子、一瀬博文、神谷典穂、後藤雅宏, 蛍光リボヌクレアーゼプロテクション法を用いた食品の簡易品種判別, 日本農芸化学会2008年度大会, 2008.03.
752. 小柳裕介、久保田富生子、中島一紀、下条晃司郎、神谷典穂、後藤雅宏, イオン液体を媒体とした希土類金属の抽出挙動の検討, 化学工学会第73年会, 2008.03.
753. 田原義朗、神谷典穂、平田彰彦、早川栄治、藤井尊、後藤雅宏, ナノ分散技術を利用した経皮タンパク質製剤の開発, 化学工学会第73年会, 2008.03.
754. Muhammad Moniruzzaman、神谷典穂、中島一紀、後藤雅宏, Formation of Nanoemulsions in a Room-Temperature Ionic Liquid, 化学工学会第73年会, 2008.03.
755. 中島一紀、丸山達生、神谷典穂、後藤雅宏, イオン液体からなるゲルへの酵素の封入とその反応特性, 化学工学会第73年会, 2008.03.
756. 神谷典穂、田中祐介、川太規之、神谷晋司、仲間 健一、後藤 雅宏, 酵素による部位特異的タンパク質固定化を志向した表面修飾ガラス基板の開発, 化学工学会第73年会, 2008.03.
757. 神谷典穂、田中祐介、川太規之、神谷晋司、仲間 健一、後藤 雅宏, 酵素による部位特異的タンパク質固定化を志向した表面修飾ガラス基板の開発, 化学工学会第73年会, 2008.03.
758. 花木美紗,丸山達生,久保田富生子,神谷典穂,後藤雅宏, タンパク質バイオマスを利用した貴金属イオンの選択的吸着, 日本農芸化学会2008年度大会, 2008.03.
759. 中島一紀、神谷典穂、後藤雅宏, 新たな酵素反応場としてのイオン液体の利用, 第3回産業用酵素シンポジウム, 2008.03.
760. 後藤雅宏, 食品の偽装を遺伝子で見分ける新技術, BT, NT, IT関連産業振興研究会, 2008.03.
761. 神谷典穂, 産業応用を目指した人工酵素ハイブリッドの創製, 第3回産業用酵素シンポジウム, 2008.03.
762. 松下雄一,神谷典穂,後藤雅宏, 酵素とイオン液体を用いる高効率セルロース分解プロセスの開発, 第10回化学工学会学生発表会大阪大会, 2008.03.
763. 中島一紀, イオン液体を用いた金属イオン抽出分離技術, 化学工学に関する沖縄ワークショップ, 2008.02.
764. T. Mouri, N. Kamiya, M. Goto, CO-EXPRESSION OF P450CAM MUTANT AND GLYCEROL DEHYDROGENASE IN RECOMBINANT ESCHERICHIA COLI, The 1st Kyushu University Global COE/ Yonsei University BK21 Joint Symposium on "Future Molecular Systems", 2008.02.
765. 後藤雅宏, S/O化法によるタンパク質製剤の油状基剤へのナノ分散化と経皮吸収特性, 第3回DDS熊本シンポジウム, 2008.02.
766. 神谷典穂, 大腸菌を細胞触媒として利用する物質生産技術, 化学工学に関する沖縄ワークショップ, 2008.02.
767. 神谷典穂, タンパク質ラベル化試薬としてのトランスグルタミナーゼの魅力, 第10回生命化学研究会, 2008.01.
768. M. Goto, Sequence-Selective Extraction of DNA Using DNA Functionalized Reversed Micelles, Engineering Conferences International, 2008.01.
769. 後藤雅宏, イオン液体のバイオテクノロジーへの応用, 第3回JCIIイオン液体講演会, 2007.12.
770. Masahiro Goto, Nonaqueous Enzymology-From Organic Solvents to Ionic Liquids-, Asia-Pacific Bio. Chem. Conf. 2007, November, 2007, 2007.11.
771. Masahiro Goto, Protein biomass as novel adsorbent for precious metal ions, The 4th Inter. Conf. on Ion Exchange 2007, 2007.09.
772. Kojiro Shimojo, Hirochika Naganawa, Fukiko Kubota, Masahiro Goto, Solvent extraction and stripping of lanthanides into ionic liquids with a multidentate ligand, The 4th Inter. Conf. on Ion Exchange 2007, 2007.09.
773. Masahiro Goto, Complete solubilization and biological functions of proteins in ionic liquids, International Symp. On Ionic Liquids and Life Sci., 2007.08.
774. Masahiro Goto, Utilization of Protein Food Wastes as New Adsorbent for Precious Metal Ions, The 6th European Congress of Chemical Engineering, 2007.09.
775. Masahiro Goto, Yoshio Tahara, Hiromu Yoshiura, and Noriho Kamiya, Oil-Based Protein Nanodispersion as a Novel Protein Drug Delivery Carrier, The 2nd Single Cell Conference,, 2007.09.
776. Kojiro Shimojo, Hirochika Naganawa, Fukiko Kubota, Tsuyoshi Yaita, Shinichi Suzuki, Masahiro Goto, Liquid-Liquid Extraction of Lanthanides into Ionic Liquids with a Multidentate Ligand, The 2nd Congress on Liquid Ions, 2007.08.
777. Masahiro Goto, Kojiro Shimojo, Fukiko Kubota, Noriho Kamiya, Protein Transfer From Aqueous Phase to Ionic Liquids and Its Change of Biological Function, The 2nd Congress on Liquid Ions, 2007.08.
778. 後藤雅宏, S/O化技術によるバイオ製剤のナノ分散化と吸収改善, 第32回製剤セミナー, 2007.07.
779. 後藤雅宏,久保田富生子,丸山達生,神谷典穂, 海洋の水産物に含まれる金属イオンの定量と新入生への課題演習の取り組み, 日本海水学会第58年会, 2007.06.
780. 後藤雅宏, 創薬開発における注射不要技術への挑戦, 第6回国際バイオフォーラム, 2007.06.
781. K. Shimojo, H. Naganawa, F. Kubota, M. Goto, Solvent Extraction and Stripping of Lanthanides into Ionic Liquids with a Multidentate Ligand, ICIE2007, 2007.10.
782. Daisuke Koda, Tatsuo Maruyama, Saori Sonokawa, Kazunori Nakashima, Masahiro Goto, Formation of supramolecular hydrogel by histidine-based peptide amphiphiles, The 20th Symposium on Chemical Engineering, Daejeon / Chungnam (Korea) -, 2007.12.
783. J. Shimada, T. Maruyama, T. Hosogi, J. Tominaga, T. Mouri, N. Kamiya, M. Goto, Formation of a DNA-enzyme complex using His-tag chemistry and its application for an aptamer-based detection system, The 20th Symposium on Chemical Engineering, Daejeon / Chungnam (Korea) -, 2007.12.
784. Yoshiro Tahara, Shota Honda, Noriho Kamiya, Akihiko Hirata, Takeru Fujii, MasahiroGoto, Transdermal protein delivery by a solid-in-oil nanodispersion technique, The 20th Symposium on Chemical Engineering, Daejeon / Chungnam (Korea) -, 2007.12.
785. M. Tokunaga, Y. Shiotari, N. Kamiya, H. Yamanouchi, H. Matunaga, K. Nakano and M. Goto, A novel stimuli-responsive nanoparticle comprised of naturally occurring amphiphilic proteins, The 20th Symposium on Chemical Engineering, Daejeon / Chungnam (Korea) -, 2007.12.
786. J. konaka, T. Abe, N. Kamiya, J. Michizoe, Y. Kakizawa, N. Ida , T. Aoki and M. Goto, Development of polymeric nanoparticles for pharmaceutical protein delivery , The 20th Symposium on Chemical Engineering, Daejeon / Chungnam (Korea) -, 2007.12.
787. Jun Okada, Tatsuo Maruyama, Noriho Kamiya and Masahiro Goto, The new method of protein refolding assisted with enzymatic reaction, The 20th Symposium on Chemical Engineering, Daejeon / Chungnam (Korea) -, 2007.12.
788. Y. Tsuruda, M. Nishi, M. Goto, An external stimuli-responsive hybrid enzyme tethered by a small functional molecule, The 20th Symposium on Chemical Engineering, Daejeon / Chungnam (Korea) -, 2007.12.
789. A.Okuma, D. Koda, H. Piao, N. Kamiya, M. Goto, New transdermal drug delivery system utilizing nano-dispersed organic gel, The 20th Symposium on Chemical Engineering, Daejeon / Chungnam (Korea) -, 2007.12.
790. T. Mouri, N. Kamiya, M. Goto, Co-expression of P450cam mutant and glycerol dehydrogenase in recombinant Escherichia coli and its application to indigo production, The 20th Symposium on Chemical Engineering, Daejeon / Chungnam (Korea) -, 2007.12.
791. 嶋田 如水、丸山 達生、細木 卓也、毛利 剛、富永 譲、神谷 典穂、後藤 雅宏, His-tagを利用したDNA-酵素複合体の形成とその分子検出システムへの応用, 酵素工学研究会第58回講演会, 2007.10.
792. Noriho Kamiya, Jo Tominaga, Tatsuo Maruyama, Masahiro Goto, A New Methodology for Labeling DNA with Enzymes and Its Application to DNA-Directed Immobilization, APBioChEC'07, 2007.11.
793. K. Nakashima, T. Maruyama, N. Kamiya, M. Goto, , A Rapid Spectrophotometric Assay of Protease Activity in Ionic Liquids, The 20th Symposium on Chemical Engineering, Daejeon / Chungnam (Korea) -, 2007.12.
794. Noriho Kamiya, Microbial transglutaminase: a potent biocatalyst that contributes to biochemical engineering, Young Asian Biochemical Engineer's Community '07 (Plenary lecture), , 2007.10.
795. 小柳裕介、久保田富生子、中島一紀、下条晃司郎、神谷典穂、後藤雅宏, 有機リン系抽出剤によるイオン液体への希土類金属の抽出, 第26回溶媒抽出討論会, 2007.11.
796. 後藤雅宏,高田晴美,開麻衣,丸山達生, 自己組織化の認識素子としてDNA鎖を組み込んだベシクルの会合制御, 膜シンポジウム2007, 2007.11.
797. 毛利 剛, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, P450cam変異体とグリセロールデヒドロゲナーゼを導入した組換え大腸菌によるインジゴ生産, 酵素工学研究会第58回講演会, 2007.10.
798. 田中祐介, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, タンパク質固定化を目指したトラスグルタミナーゼの基質特異性の評価, 酵素工学研究会第58回講演会, 2007.10.
799. 鶴田 幸人、西 基宏、神谷 典穂、後藤 雅宏, 機能性分子導入によるプロテアーゼ応答型半人工酵素の創製, 酵素工学研究会第58回講演会, 2007.10.
800. 徳永 正道、塩足 吉彬、神谷 典穂、山之内 洋一、松永 英士、中野 幸二、後藤 雅宏, 新規温度応答性タンパク質ナノ粒子の生物分離能評, 第59回日本生物工学会大会, 2007.09.
801. 嶋田 如水、丸山 達生、細木 卓也、毛利 剛、富永 譲、神谷 典穂、後藤 雅宏, His-tag酵素-DNAコンジュゲートの作成とATP検出システムへの応用, 第59回日本生物工学会大会, 2007.09.
802. 鶴田 幸人、西 基宏、神谷 典穂、後藤 雅宏, 機能性分子導入による外部刺激応答性人工酵素の創製, 第59回日本生物工学会大会, 2007.09.
803. 毛利 剛, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, P450cam変異体とグリセロールデヒドロゲナーゼを共発現した組換え大腸菌の構築とインジゴ生産への応用, 第59回日本生物工学会大会, 2007.09.
804. 神谷典穂,田中祐介,後藤雅宏, 酵素によるタンパク質固定化に適した固相表面処理法, 第59回日本生物工学会年会, 2007.09.
805. 嶋田 如水、丸山 達生、細木 卓也、毛利 剛、富永 譲、神谷 典穂、後藤 雅宏, ヒスチジンタグを利用した酵素-DNA複合体の作成と特定分子検出システムへの応用, 化学工学会第39回秋季大会, 2007.09.
806. 小柳裕介、久保田富生子、中島一紀、下条晃司郎、神谷典穂、後藤雅宏, イオン液体を用いた生体分子の抽出システムの開発, 化学工学会第39回秋季大会, 2007.09.
807. 香田 大輔、丸山 達生、園川 沙織、中島 一紀、後藤 雅宏, ヒスチジン含有ペプチド性低分子ハイドロゲル化剤の創製と脂肪酸鎖の影響の評価, 化学工学会第39回秋季大会 , 2007.09.
808. 徳永 正道、塩足 吉彬、神谷 典穂、後藤 雅宏, 両親媒性タンパク質の自己組織化能を利用した温度応答性タンパク質ナノ粒子の創製, 化学工学会第39回秋季大会 , 2007.09.
809. 岡田潤、丸山達生、神谷典穂、後藤雅宏, 酵素反応を利用したタンパク質リフォールディング法の開発, 化学工学会第39回秋季大会, 2007.09.
810. 鶴田 幸人、西 基宏、神谷 典穂、後藤 雅宏, プロテアーゼの分子認識による酵素活性のスイッチング, 化学工学会第39回秋季大会 , 2007.09.
811. 田原 義朗、吉浦 弘、神谷 典穂、平田 彰彦、早川 栄治、藤井 尊、後藤 雅宏, 薬理活性タンパク質の新規投与ルートの開発, 化学工学会第39回秋季大会, 2007.09.
812. 毛利 剛, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, P450cam変異体が導入された高効率インディゴ生産菌の創製, 化学工学会第39回秋季大会, 2007.09.
813. 田中祐介, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, 酵素によるタンパク質固定化に特化した固定化基板の開発, 化学工学会第39回秋季大会, 2007.09.
814. 花木 美紗, 丸山 達生, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, タンパク質バイオマスを利用した貴金属イオンの吸着分離, 化学工学会第39回秋季大会 , 2007.09.
815. 中島一紀、丸山達生、神谷典穂、後藤雅宏, 酵素を封入したイオン液体ゲルの創製とその触媒特性, 化学工学会第39回秋季大会, 2007.09.
816. K. Nakashima, T. Maruyama, N. Kamiya, M. Goto, , A Fast Spectrophotometric Assay for Protease Activity in Ionic Liquids, 2nd International Congress on Ionic Liquids (COIL-2), , 2007.08.
817. 田原 義朗, Solid-in-oil化技術を利用した新規経皮タンパク質デリバリー, 化学工学会学生賞審査MC部門(若手の会), 2007.07.
818. 小柳裕介, イオン液体を用いた新規抽出分離システムの開発, 化学工学会第18回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会 , 2007.07.
819. 嶋田 如水, DNA を利用した酵素の固定化とATP 検出システムへの応用, 化学工学会第18回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会 , 2007.07.
820. 香田 大輔, ペプチド-脂肪酸コンジュゲートによる低分子ハイドロゲル化剤の創製とその諸特性評価, 化学工学会第18回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会 , 2007.07.
821. 安部 亨, 逆ミセル型高分子ナノ粒子によるバイオ医薬送達技術の開発, 化学工学会第18回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会 , 2007.07.
822. 古中 順子, 両親媒性高分子からなるタンパク質ナノキャリアの開発, 化学工学会第18回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会 , 2007.07.
823. 鶴田 幸人, プロテアーゼの高感度検出を目指した人工酵素の設計, 化学工学会第18回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会 , 2007.07.
824. 大熊 愛子, 香田 大輔, 後藤 雅宏, ナノ分散化オルガノゲルを基体とした新規経皮吸収剤の開発, 化学工学会第18回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2007.07.
825. 毛利 剛, P450cam変異体を導入した組換え大腸菌によるインジゴの微生物生産, 化学工学会第18回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会 , 2007.07.
826. 徳永 正道, タンパク質ミセルの架橋化により得られる温度応答性ナノ粒子, 化学工学会第18回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2007.07.
827. 中島一紀、丸山達生、神谷典穂、後藤雅宏, 分光学的手法によるイオン液体中酵素活性の迅速・簡易検出法, 第18回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2007.07.
828. 神谷 典穂, ペプチドタグを狙ったタンパク質の共有結合的固定化法, 生物工学若手研究者の集い, 2007.07.
829. 香田 大輔、丸山 達生、園川 沙織、中島 一紀、後藤 雅宏, ヒスチジン含有ペプチド性界面活性剤によるハイドロゲルの形成, 第44回化学関連支部合同九州大会, 2007.07.
830. 鶴田 幸人、神谷 典穂、後藤 雅宏, プロテアーゼの分子認識に応答する酵素センサー, 第44回化学関連支部合同九州大会, 2007.07.
831. 小柳裕介、久保田富生子、中島一紀、花木美紗、下条晃司郎、神谷典穂、後藤雅宏, イオン液体を用いた生体分子の抽出, 第44回化学関連支部合同九州大会, 2007.07.
832. 嶋田 如水、丸山 達生、毛利 剛、富永 譲、神谷 典穂、後藤 雅宏, DNAアプタマーと酵素反応を利用したATP検出システムの開発, 第44回化学関連支部合同九州大会, 2007.07.
833. 徳永 正道、神谷 典穂,後藤 雅宏, 温度応答性タンパク質ナノ粒子の創製, 第44回化学関連支部合同九州大会, 2007.07.
834. (神戸大・工)○(学)埴岡昌司,(正)曽谷知弘,(正)寺本正明,(正)松山秀人, (九大工)(学)中島一紀,花木美紗,(正)久保田富生子,(正)後藤雅宏, キャリア機能を有するイオン液体によるCO2分離, 分離技術会年会2007, 2007.06.
835. 田原 義朗、吉浦 弘、神谷 典穂、平田 彰彦、藤井 尊、後藤 雅宏, Solid-in-oil ナノサスペンションによる経皮免疫, 第44回化学関連支部合同九州大会, 2007.07.
836. 神谷 典穂,吉浦 弘,田原義朗,橋田将和,後藤雅宏,平田彰彦,藤井 尊, Solid-in-oilナノサスペンション型経口タンパク質製剤の調製と評価, 平成19年度日本DDS学会 , 2007.06.
837. 後藤 雅宏、丸山 達生、開 麻衣, DNAを自己組織化の認識素子として組み込んだベシクルの会合制御, 日本膜学会第29年会, 2007.05.
838. 埴岡 昌司、曽谷 知弘、寺本 正明、松山 秀人、後藤雅宏、久保田富生子、花木美紗、中島一紀, イオン液体を用いた促進輸送膜によるCO2分離, 化学工学会72回年会 , 2007.03.
839. 徳永 正道、神谷 典穂、後藤 雅宏, 外部刺激に応答する両親媒性タンパク質ナノ粒子の調製とその機能化, 化学工学会第9回学生発表会, 2007.03.
840. 岡田潤、元村好、丸山達生、後藤雅宏, 酵素反応を利用した新規タンパク質リフォールディング法, 化学工学会第72年会, 2007.03.
841. 神谷 典穂,富永 譲,丸山 達生,後藤 雅宏, 組換えタンパク質のペプチドタグ特異的なDNAラベル化法の開発, 化学工学会第72年会, 2007.03.
842. 下条晃司郎,長縄弘親,大島達也,後藤雅宏, カリックスアレーンを用いた液−液抽出法による変性タンパク質のリフォールディング, 日本化学会第87春季年会, 2007.03.
843. 中島一紀、丸山達生、神谷典穂、後藤雅宏, イオン液体を用いた新規プロテアーゼ活性検出システムの開発, 化学工学会第72年会, 2007.03.
844. 神谷 典穂,富永 譲,丸山 達生,後藤 雅宏, タンパク質とDNAを酵素で結ぶ新手法, 第2回未来化学創造センターシンポジウム, 2007.07.
845. F. Kubota, Y. Koyanagi, K. Nakashima1, K. Shimojo, N. Kamiya, M. Goto, Extraction of Cyt-c by an ionic liquid incorporating a crown ether group, 「イオン液体の科学」第2回公開シンポジウム, 2007.02.
846. 下条晃司郎、長縄弘親、久保田冨生子、後藤雅宏, イオン液体を媒体とした希土類金属の抽出分離と高効率リサイクルプロセスの開発, 日本分析化学会第55年会, 2006.09.
847. 後藤雅宏, 生体分子の分離・分析場としてのイオン液体—その現状と可能性—, 日本分析化学会第55年会, 2006.09.
848. 後藤雅宏、下条光司郎、中島一紀, イオン液体中への生体分子の完全可溶化と機能改変, 高分子討論会, 2006.09.
849. Masahiro Goto, Eiichi Toorisaka, Kazuya Uezu, Artificial Biocatalyst Prepared by Surface-imprinting Techniques, International Symposium on Ion Exchange, 2006.10.
850. 長縄弘親、下条晃司郎、野呂純二、後藤雅宏, 逆ミセルを利用したランタノイドの抽出と有機相中逆ミセルのサイズ制御, 第25回溶媒抽出討論会, 2006.11.
851. 大堺利行,小松 寛,後藤雅宏, 分極性油水界面に吸着したDNAによる陽イオン性界面活性剤の促進移動, 第52回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会, 2006.11.
852. 後藤雅宏, イオン液体を利用した抽出技術—その現状と将来—, 第25回溶媒抽出討論会, 2006.11.
853. 下条晃司郎、長縄弘親、久保田冨生子、後藤雅宏, イオン液体を媒体としたランタノイドの抽出・逆抽出挙動, 第25回溶媒抽出討論会, 2006.11.
854. Masahiro Goto, Nano and Micro Emulsions as a Drug Carrier and an Important Role of Micro Devise, World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, 2006.08.
855. Masahiro Goto, Eijiro Miyako, Tatsuo Maruyama, Noriho Kamiya, A Biomimetic Liquid Membrane Based on Enzyme Reaction for Optical Resolution of Chiral Compound, Aseanian Membrane Society 2006, 2006.08.
856. 大堺利行,小松 寛,後藤雅宏, 分極性ジクロロエタン/水界面でのDNAのボルタンメトリー挙動, 電気化学秋季大会, 2006.09.
857. Masahiro Goto, Protein Biomass as a New Adsorbent for Precious Metal Ions, INRET2006, 2006.06.
858. 後藤雅宏, 薬物の脂質コーティング技術によるDDS製剤の調製と副作用軽減, 同志社大学第6回医工学研究講演会, 2006.06.
859. 後藤雅宏, 法人化によって大学における研究環境はいかにかわったか?, 福岡県理科教育委員会講演会, 2006.02.
860. 下条晃司郎、長縄弘親、久保田冨生子、後藤雅宏, イオン液体を媒体とした多座配位型抽出剤TPENによる金属イオンの抽出特性, 日本化学工学会第71年会, 2006.03.
861. 下条晃司郎、長縄弘親、久保田冨生子、後藤雅宏, イオン液体を抽出媒体とした多座配位子TPENによる金属イオンの抽出挙動, 日本化学会第86春季年会, 2006.03.
862. 後藤雅宏, 生体分子の新規反応場としてのイオン液体, 第5回イオン液体研究発表会, 2006.05.
863. Masahiro Goto, Kazunori Nakashima, Tasuo Maruyama, Noriho Kamiya, Ionic liquid soluble biocatalysis for green processes, ACHEMA2006, 2006.05.
864. 後藤雅宏、丸山達生、久保田富生子、神谷典穂, 魚類中に含まれる微量元素の定量とその一考察, 日本海水学会第57年会, 2006.05.
865. T. OSAKAi, M. SHINSHI T. SUGIHARA and M. GOTO, Electrochemical Extraction of Proteins by Reverse Micelle Formation, The 57th Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry, 2006.09.
866. 富永譲, トランスグルタミナーゼによる部位特異的タンパク質修飾, 平成17年度院生プロジェクト報告会, 2006.01.
867. 中島一紀, イオン液体中における高効率酵素反応場の構築, 平成17年度院生プロジェクト報告会, 2006.01.
868. 富永譲、神谷典穂、後藤雅宏, ペプチドタグ特異的な共有結合的タンパク質架橋化法の開発と部位特異的タンパク質固定化法への応用, 第1回未来化学創造センターシンポジウム, 2006.02.
869. 中島一紀、岡田潤、丸山達生、神谷典穂、後藤雅宏, くし型PEG修飾酵素によるイオン液体中での均一酵素反応, 化学工学会第71年会, 2006.03.
870. 富永譲, 酵素法による部位特異的タンパク質ハイブリッド合成, 第17回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2006.07.
871. 中島一紀, イオン液体中におけるプロテアーゼの活性化と新規分析場への応用, 第17回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2006.07.
872. 富永譲、神谷典穂、後藤雅宏, トランスグルタミナーゼによるタンパク質への部位特異的DNA導入法の開発, 2006年度日本生物工学会大会, 2006.09.
873. J. Tominaga, N. Kamiya, M. Goto, Development of a new method for site-specific protein immobilization catalyzed by microbial transglutaminase, YABEC’06, 2006.11.
874. J. Tominaga, N. Kamiya, M. Goto, Enzymatic protein manipulation directing to a specific peptide tag for transglutaminase catalysis, The 2nd International Symposium on Functional Innovation of Molecular Informatics, 2006.11.
875. Kazunori Nakashima, Tatsuo Maruyama, Noriho Kamiya, Masahiro Goto, Homogeneous enzymatic reaction in ionic liquids with poly(ethylene glycol)-modified subtilisin., YABEC 2006 Symposium, 2006.11.
876. Kazunori Nakashima, Tatsuo Maruyama, Noriho Kamiya, Masahiro Goto, Conjugation of Enzyme with Poly(ethylene glycol) for Homogeneous Enzymatic Reaction in Ionic Liquids., The 2nd International Symposium on Functional Innovation of Molecular Informatics, 2006.11.
877. 中島一紀、丸山達生、神谷典穂、後藤雅宏, PEG修飾酵素のイオン液体への可溶化とその特性, 第6回創薬工学シンポジウム, 2006.12.
878. Harumi Takada, Mai Hiraki, Tatsuo Maruyama, Masahiro Goto, DNA-mediated fusion of immobilized lipid vesicles on a microplate, Instructions on Preparing Manuscripts for the 19thInternational Symposium on Chemical Engineering Kyushu(Japan)-Daejeon/Chungnam(Korea), 2006.12.
879. 神谷典穂,土居 智,田中祐介,後藤雅宏,川太規之,中村浩一郎, 表面修飾ガラス基盤に対するタンパク質の固定化挙動, 化学工学会第71年会, 2006.03.
880. Hongyu Piao, Noriho Kamiya1 , Akihiko Hirata, Takeru Fujii, Masahiro Goto, Transdermal delivery of diclofenac sodium by a novel solid-in-oil suspension, KAIST 2006 , 2006.06.
881. 高田晴美、開麻衣、丸山達生、後藤雅宏, マイクロプレート上におけるDNAを利用した脂質ベシクルの融合観察, 第17回九州地区若手ケミカルエンジニアリング討論会, 2006.07.
882. 高田晴美、開麻衣、丸山達生、後藤雅宏, DNAのハイブリダイゼーションにより誘起されるマイクロプレート上に固定化した脂質ベシクルの融合, 化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
883. 高田晴美、開麻衣、丸山達生、後藤雅宏, DNAのハイブリダイゼーションを駆動力とした固定化脂質ベシクル融合, 化学工学会秋季大会, 2006.09.
884. 高田晴美、開麻衣、丸山達生、後藤雅宏, DNAを接着素子として用いたマイクロプレート上におけるリポソームの融合, 化学工学会鹿児島大会, 2006.11.
885. F. Kubota, Y. Koyanagi, K. Nakashima, K. Shimojo, N. Kamiya, M. Goto, Extraction of Cyt-c by Functionalized Ionic Liquid with Crown Ether, 2006 Japan/Taiwan/Korea Chem. Eng. Conf., 2006.11.
886. 久保田富生子,小柳祐介,中島一紀, 下条晃司郎、神谷典穂、後藤雅宏, 機能性イオン液体を用いたタンパク質の抽出, 第25回溶媒抽出討論会, 2006.11.
887. 岡田潤、中島一紀、丸山達生、神谷典穂、後藤雅宏, 化学修飾法による酵素リパーゼのイオン液体中での高機能発現, 第43回 化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
888. 安部 亨、神谷 典穂、後藤 雅宏、柿澤 資訓、青木 孝夫, 逆ミセル型高分子ナノ粒子によるバイオ医薬送達技術の開発, 第43回 化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
889. 岡田潤、元村好、丸山達生、後藤雅宏, 酵素反応を利用したタンパク質リフォールディングシステムの開発, 化学工学会 第38回秋季大会, 2006.09.
890. 安部 亨、神谷 典穂、後藤 雅宏、柿澤 資訓、青木 孝夫, 薬理活性タンパク質を封入可能な高分子ナノ粒子調製法の開発, 化学工学会第38回秋季大会, 2006.09.
891. 岡田潤、中島一紀、丸山達生、神谷典穂、後藤雅宏, イオン液体を反応媒体とする均一酵素反応系の構築, 酵素工学研究会 第56回講演会, 2006.10.
892. 岡田潤、中島一紀、丸山達生、神谷典穂、後藤雅宏, PEG修飾によるリパーゼのイオン液体中における高機能化, 2006化学工学会鹿児島大会, 2006.11.
893. 安部 亨、神谷 典穂、後藤 雅宏、柿澤 資訓、青木 孝夫, バイオ医薬デリバリーに用いる高分子ナノ粒子調製法の開発, 2006化学工学会鹿児島大会, 2006.11.
894. Jun Okada, Kazunori Nakashima, Tatsuo Maruyama, Noriho Kamiya and Masahiro Goto, Highly efficient bioconversion in ionic liquids by poly(ethylene glycol)-modified lipase, The 19th International Symposium on Chemical Engineering Kyushu(Japan)-Daejeon/Chungnam(Korea), 2006.12.
895. Toru Abe, Noriho Kamiya, Yoshinori Kakizawa, Takao Aoki and Masahiro Goto, Development of a novel polymeric assembly for pharmaceutical protein delivery, The 19th International Symposium on Chemical Engineering Kyushu (Japan) –Daejeon/Chungnam (Korea), 2006.12.
896. 毛利 剛・道添 純二・一瀬 博文・神谷 典穂・後藤 雅宏, 脂溶性基質の変換を目的とする新規 P450cam システムの構築, 化学工学会 第71回年会, 2006.03.
897. 朴 洪宇, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, 横山 英輝, 平田 彰彦, 藤井 尊, 清水 一郎, 伊東 進, 新規抗炎症製剤の開発とその副作用の改善, 化学工学会71回年会, 2006.03.
898. 丸山 達生, 園川 沙織, 後藤 雅宏, 金イオンによる核酸関連酵素の活性制御, 化学工学会71回年会, 2006.03.
899. 細木卓也、丸山達生、後藤雅宏, リン脂質逆ミセルを用いた単鎖DNAの配列選択的抽出, 農芸化学会, 2006.03.
900. 細木卓也、丸山達生、後藤雅宏, リン脂質逆ミセルを用いたDNAの塩基配列選択的抽出, 日本膜学会 第28年会, 2006.06.
901. 吉浦弘、神谷典穂、後藤雅宏, 親水性高分子製剤の粘膜透過システムの開発, 第十七回九州地区若手エンジニア討論会, 2006.07.
902. 田中祐介・土居智・神谷典穂・後藤雅宏, 新規部位特異的・共有結合的タンパク質固定化法の開発, 第43回化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
903. 毛利 剛, 神谷 典穂,後藤 雅宏, P450camシステムの触媒効率の向上を目的とする電子伝達系タンパク質の安定化, 第58回 日本生物工学会大会, 2006.09.
904. 毛利 剛,神谷 典穂,後藤 雅宏, 電子伝達系タンパク質の安定化によるP450camシステムの触媒効率の向上, 化学工学会 第38回秋季大会, 2006.09.
905. 田中祐介・神谷典穂・後藤雅宏, 酵素反応を利用する新規タンパク質固定化法の汎用性評価, 化学工学会第38回秋季大会, 2006.09.
906. 田中祐介・神谷典穂・後藤雅宏, トランスグルタミナーゼによるペプチドタグ選択的タンパク質固定化法の開発, 第58回日本生物工学会大会, 2006.09.
907. 細木卓也、丸山達生、後藤雅宏, リン脂質逆ミセルによる塩基配列選択的DNA抽出分離, 化学工学会 第38回秋季大会, 2006.09.
908. 毛利 剛,神谷 典穂,後藤 雅宏, 組換え大腸菌を用いたシトクロムP450システムの機能強化, 酵素工学研究会 第55回講演会, 2006.10.
909. 田中祐介・神谷典穂・後藤雅宏, タンパク質固定化を目的としたトランスグルタミナーゼの反応性評価, 酵素工学研究会第56回講演会, 2006.10.
910. 吉浦弘、神谷典穂、後藤雅宏, 脂質複合型タンパク質製剤の開発, 第6回創薬工学シンポジウム, 2006.11.
911. T. Mouri, N. Kamiya, M. Goto, Stabilization of an electron transfer component for the improvement of catalytic efficiency of a cytochrome P450cam system, The 9th Japan-China-Korea Joint Symposium on Enzyme Engineering, 2006.11.
912. 毛利 剛,神谷 典穂,後藤 雅宏, 疎水性基質の高効率変換を目指したシトクロムP450システムの構築, 2006化学工学会鹿児島大会, 2006.11.
913. 田中祐介・神谷典穂・後藤雅宏, 酵素反応を利用する新規タンパク質固定化法の反応挙動解析, 2006化学工学会鹿児島大会, 2006.11.
914. T. Mouri, N. Kamiya, M. Goto, Engineering of cytochrome P450cam system toward efficient catalytic oxygenation by whole cell biocatalysts, The 19th International Symposium on Chemical Engineering, 2006.12.
915. 田中祐介・神谷典穂・後藤雅宏, 高機能性プロテインチップ創製に向けた新規タンパク質固定化法の開発, 平成18年度生物工学会九州支部大会, 2006.12.
916. Yusuke Tanaka, Noriho Kamiya, Jo Tominaga, Masahiro Goto, Enzymatic protein immobilization directed to a specific peptide tag of recombinant proteins, 第19回化学工学に関する国際シンポジウム, 2006.12.
917. 後藤雅宏, バイオ分子抽出のこれまでそしてこれから, 溶媒抽出討論会, 2003.10.
918. Masahiro Goto, Novel Function by combining nanotechnology and biotechnology, YABEC, 2003.11.
919. Masahiro Goto, Enzyme Reaction in Ionic Liquids, 1st Int. Con. on Ionic Liquids, 2005.06.
920. Masahiro Goto, Recent Advances in Liquid Membrane Technology, ICOM2005, 2005.08.
921. Masahiro Goto, Recent Advances in Protein Extraction and Chiral Separation of Biomolecules, International Solvent Extraction Conference (ISEC)2005, 2005.09.
922. Masahiro Goto, Comb-Shaped PEG Modified Protease Highly Active in Ionic Liquids, AIChE 2005, 2005.11.
923. 丸山 達生、園川沙織、後藤 雅宏, 金イオン(III)によるヌクレアーゼ類の可逆的活性制御, 農芸化学会, 2006.03.
924. 南畑 孝介,後藤 雅宏,神谷 典穂, ペルオキシダーゼ反応による チロシンを介したタンパク質架橋化技術, 第6回九州大学未来化学創造センターシンポジウム, 2011.05.
925. 二井手哲平、後藤雅宏、神谷典穂, 補酵素再生系を活用した新規大腸菌内金ナノ粒子調製法, 第18回生物工学会九州支部福岡大会, 2011.12.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」