九州大学 研究者情報
発表一覧
岸田 昌浩(きしだ まさひろ) データ更新日:2021.06.11

教授 /  工学研究院 化学工学部門 分子・生物システム工学大講座


学会発表等
1. 岸田昌浩,浦田誉幸,居藤 恭吾,近藤 弘偉,山本 剛, 担持貴金属触媒上での亜ヒ酸の水中酸化機構の検討, 化学工学会第86年会, 2021.03.
2. 今村有一朗,山本剛,岸田昌浩, マイクロ波プラズマと流動層を融合した新規固体燃焼装置の構築とその燃焼特性, 化学工学会第86年会, 2021.03.
3. 佐藤圭将,山本剛,岸田昌浩, CO2のマイクロ波プラズマによるCOへの還元分解反応, 化学工学会第86年会, 2021.03.
4. 横尾健人,山本剛,岸田昌浩, CFD-IBM-DEM数値計算による流動層フィルタの流動状態とPM2.5除去の関係, 第34回数値流体力学シンポジウム, 2020.12.
5. 山崎智行,横尾健人,山本剛,岸田昌浩, 流動層を用いた連続再生式PM除去装置の処理量増加と燃焼挙動に与える影響, 第58回燃焼シンポジウム, 2020.12.
6. 今村有一朗,山本剛,岸田昌浩, マイクロ波プラズマを重畳した流動層燃焼装置における酸化剤の影響と圧力依存性, 第58回燃焼シンポジウム, 2020.12.
7. 横尾健人,山本剛,岸田昌浩, CFD-IBM-DEM Analysis of PM Filtration in Fluidized Bed Based on Force Balance to Evaluate Operation Conditions, AIChE 2020, 2020.11, [URL].
8. 伊藤大弥,山本剛,岸田昌浩,加藤讓,森田健太郎,大橋亜珠香, メチルシクロヘキサン脱水素反応におけるPt触媒へのSeの添加効果, 第50回石油・石油化学討論会, 2020.11.
9. 川田寛之,山本剛,岸田昌浩,平郡伸一, Ni-Co混合硫化物からのNi浸出速度に及ぼす前処理の効果, 化学工学会第51回秋季大会, 2020.09.
10. 伊藤大弥,山本剛,岸田昌浩,加藤讓,森田健太郎,大橋亜珠香, メチルシクロヘキサン脱水素用Pt触媒へのSe添加効果, 化学工学会第51回秋季大会, 2020.09.
11. 松根英樹,岸田昌浩,山本剛, 塩盛弘一郎, トレハロース集合体を保護剤に用いて調製した酵素内包カプセル, 化学工学会第51回秋季大会, 2020.09.
12. 今村有一朗,山本剛,岸田昌浩, 流動層式マイクロ波プラズマ支援燃焼装置におけるマイクロ波照射位置の影響, 化学工学会第51回秋季大会, 2020.09.
13. 横尾健人,山本剛,岸田昌浩, PM2.5の凝集構造が充填層フィルタの集塵性能及ぼす影響に関する数値計算, 化学工学会第51回秋季大会, 2020.09.
14. 居藤恭吾,浦田誉幸,山本剛,岸田昌浩, セレン酸の水中還元反応における担持貴金属触媒の役割, 化学工学会第51回秋季大会, 2020.09.
15. 浦田誉幸,居藤恭吾,山本剛,岸田昌浩, 亜ヒ酸の水中酸化反応における担持貴金属触媒の役割, 化学工学会第51回秋季大会, 2020.09.
16. 横尾健人,山本剛,岸田昌浩, 流動層式PM2.5除去装置のCFD-DEMシミュレーションと運転条件の影響, 日本機械学会2020年度年次大会, 2020.09.
17. 横尾健人,山本剛,岸田昌浩, CFD-IBM-DEM数値計算に基づく流動層を用いたPM2.5除去に関するベッド粒子径の影響, 混相流シンポジウム2020, 2020.08.
18. 山本剛,横尾健人,岸田昌浩, 流動層式PM除去装置における水蒸気による連続再生温度の低下, 第57回日本伝熱シンポジウム, 2020.06.
19. 佐藤友哉,井本 樹,松根 英樹,山本剛,岸田 昌浩, Verification of anomalous heat detected by differential scanning calorimetry from Palladium-Nickel-Zirconium alloy in hydrogen flow (2), CF研究会第20回年会, 2019.12, [URL].
20. 井本 樹,佐藤友哉,松根 英樹,山本剛,岸田 昌浩, Anomalous Heat in New Binary Metal System under Hydrogen Stream (2), CF研究会第20回年会, 2019.12, [URL].
21. 松根 英樹,小野智也,吉田涼矢,山本剛,岸田 昌浩, Glutathione-responsive nanoparticle consisting of an amino-functionalized silsesquioxane network cross-linked by zinc ions for a promising drug carrier, 2019 Japan/Taiwan/Korea Chemical Engineering Conference, 2019.11.
22. 横尾 健人,山本剛,松根 英樹,岸田 昌浩,舘林 恂, Kinetic modeling of low-temperature PM combustion with relative velocity in the presence of water vapor, 2019 AIChE Annual Meeting, 2019.11.
23. 浦田 誉幸,松根 英樹,山本剛,岸田 昌浩, 担持白金触媒上での亜ヒ酸水中酸化反応の速度解析, 第49回石油・石油化学討論会, 2019.11.
24. 居藤 恭吾,松根 英樹,山本剛,岸田 昌浩, 担持貴金属触媒上でのヒドラジンによるセレン酸の水中還元, 第49回石油・石油化学討論会, 2019.11.
25. 山本剛,内山 慎也,松根 英樹,岸田 昌浩, Improvement of Gasification Efficiency with Consideration for Microwave Input Power on Biogas Reformulation by Microwave Plasma Assisted Combustion, 26th Regional Sympojium on Chemical Engineering, 2019.10.
26. 横尾 健人,山本剛,松根 英樹,岸田 昌浩,舘林 恂, CFD-DEM analysis of PM filtration due to adhesion force using fluidized bed, Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering 2019 (APCChE2019), 2019.09.
27. 岸田 昌浩,浦田誉幸,松根英樹,山本剛, Catalytic oxidation of arsenite to arsenate over supported Pt catalysts for wastewater treatment, Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering 2019 (APCChE2019), 2019.09.
28. 山本剛,横尾 健人,松根 英樹,岸田 昌浩,舘林 恂, Reduction of continuous regeneration temperature by potassium catalysis in fluidized bed type PM removal device, European Aerosl Conference EAC 2019, 2019.08.
29. 浦田 誉幸,松根 英樹,山本剛,岸田 昌浩, 白金触媒上での亜ヒ酸の水中酸化に対する反応速度解析, 第30回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2019.07.
30. 居藤 恭吾,松根 英樹,山本剛,岸田 昌浩, 担持貴金属触媒上でのヒドラジンによるセレン酸の水中還元, 第30回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2019.07.
31. 居藤 恭吾,松根英樹,山本剛,岸田昌浩, 貴金属触媒によるセレン酸の水中ヒドラジン還元, 第24回JPIJS若手研究者のためのポスターセッション, 2019.05.
32. 浦田 誉幸,松根 英樹,山本剛,岸田 昌浩, 白金触媒による酸素供給下での亜ヒ酸の水中酸化に対する反応速度解析, 第24回JPIJS若手研究者のためのポスターセッション, 2019.05.
33. 山本剛,横尾 健人,松根 英樹,岸田 昌浩,舘林 恂, PM combustion enhancement effect and reaction mechanism by potassium in continuous regeneration type PM removal device, 11th Asian Aerosl Conference, 2019.05.
34. 松根 英樹,吉田諒矢,山本剛,岸田 昌浩, グルタチオンに迅速応答するドキソルビシン/Cu@シリカナノカプセルの調製, 化学工学会 第84年会, 2019.03, [URL].
35. 脇坂 明伸,山本剛,松根 英樹,岸田 昌浩, 舘林 恂, カリウムを用いた連続再生式PM除去装置の燃焼モデルの構築及び数値解析への応用, 化学工学会 第84年会, 2019.03, [URL].
36. 横尾 健人,山本剛,松根 英樹,岸田 昌浩,舘林 恂, 流動層を用いた連続再生式PM2.5除去装置における最適条件の探索と低温化, 化学工学会 第84年会, 2019.03, [URL].
37. 吉田 諒矢,松根 英樹,山本剛,岸田 昌浩, ドキソルビシンコアを有する刺激応答性シリカナノカプセルの新規調製法, 化学工学会 第84年会, 2019.03, [URL].
38. 岸田 昌浩, 居藤 恭吾,松根 英樹,山本 剛, 担持貴金属触媒を用いたセレン酸の水中還元, 化学工学会 第84年会, 2019.03, [URL].
39. 松根 英樹,小野智也,山本剛,岸田 昌浩, シルセスキオキサンを用いた外部刺激応答能を有する機能性ナノ粒子の創製, 化学工学会 第84年会, 2019.03, [URL].
40. 吉田 諒矢,松根 英樹,山本剛,岸田 昌浩, 薬剤を内包した刺激応答性ナノカプセルの新規調製法, 日本エネルギー学会西部支部 第3回学生・若手研究発表会, 2018.11, [URL].
41. 脇坂 明伸,山本剛,松根 英樹,岸田 昌浩, 舘林 恂, カリウム担持量増加と水蒸気を利用した連続再生式PM除去装置における運用温度のさらなる低減, 第56回燃焼シンポジウム, 2018.11, [URL].
42. 横尾 健人,山本剛,松根 英樹,岸田 昌浩,舘林 恂, 流動層式PM除去装置の低温連続再生におけるミネラル分と水蒸気の相乗効果, 化学工学会 第50回秋季大会, 2018.09, [URL].
43. 脇坂 明伸,山本剛,松根 英樹,岸田 昌浩, 舘林 恂, カリウム担持量増加による連続再生式PM除去装置の運用温度低減, 化学工学会 第50回秋季大会, 2018.09, [URL].
44. 岸田 昌浩,趙 金仙,居藤 恭吾,松根 英樹,山本剛, 担持白金触媒上でのセレン酸のヒドラジン還元反応, 化学工学会 第50回秋季大会, 2018.09, [URL].
45. 上野 佑貴,松根 英樹,山本剛,岸田 昌浩, 銀源に塩化銀錯体を用いた銀ナノワイヤーの高選択的合成と生成機構の検討, 化学工学会 第50回秋季大会, 2018.09, [URL].
46. 吉田 和晃,金 剛山,松根 英樹,山本剛,岸田 昌浩, Y添加Pt触媒上におけるメチルシクロヘキサン脱水素反応, 化学工学会 第50回秋季大会, 2018.09, [URL].
47. 吉田 諒矢,松根 英樹,山本剛,岸田 昌浩, ドキソルビシンをコアとしたシリカナノカプセルの新規創製法, 化学工学会 第50回秋季大会, 2018.09, [URL].
48. 松根 英樹,村岡絵美,山本剛,岸田 昌浩, 糖を鋳型に用いた中空シリカナノ粒子の新規調製法, 化学工学会 第50回秋季大会, 2018.09, [URL].
49. 佐藤 友哉,松根 英樹,山本剛,岸田 昌浩, Ni系合金の水素吸脱蔵時の吸発熱挙動, 第29回九州地区若手ケミカルエンジニアリング討論会, 2018.07, [URL].
50. 吉田 諒矢,松根 英樹,山本剛,岸田 昌浩, 薬物・シリカからなるナノカプセルの新規調製法の開発, 第29回九州地区若手ケミカルエンジニアリング討論会, 2018.07, [URL].
51. 佐藤 友哉,松根 英樹,山本剛,岸田 昌浩, Ni系合金の水素吸脱蔵時における吸発熱挙動, 第55回化学関連支部合同九州大会・外国人研究者交流国際シンポジウム, 2018.06, [URL].
52. 脇坂 明伸,山本剛,松根 英樹,岸田 昌浩, 舘林 恂, カリウム担持bed粒子を用いた連続再生式PM除去装置の運用温度低減, 第55回化学関連支部合同九州大会・外国人研究者交流国際シンポジウム, 2018.06, [URL].
53. 吉田 諒矢,松根 英樹,山本剛,岸田 昌浩, ドキソルビシン/シリカのコア/シェル型ナノカプセルの創製, 第55回化学関連支部合同九州大会・外国人研究者交流国際シンポジウム, 2018.06, [URL].
54. 小野智也,山本剛,松根 英樹,岸田 昌浩, 亜鉛イオンとシルセスキオキサンで構成される新型DDSキャリアの開発と刺激応答性の評価, 化学工学会第83年会, 2018.03, [URL].
55. 山本 隼也,山本剛,松根 英樹,岸田 昌浩, 多孔性シリカで被覆されたNi 粒子あるいはNi 板からのCNT生成, 化学工学会第83年会, 2018.03, [URL].
56. 内山 慎也,山本剛,松根 英樹,岸田 昌浩, マイクロ波プラズマ支援燃焼による高濃度CO2含有低品位CH4の部分酸化改質, 化学工学会第83年会, 2018.03, [URL].
57. 上野佑貴,山本剛,松根 英樹,岸田 昌浩, アルキルアミン塩酸塩を用いた銀ナノワイヤーの新規合成法, 日本エネルギー学会 西部支部 第2回 学生・若手研究発表会, 2017.11, [URL].
58. 山本 隼也,山本剛,松根 英樹,岸田 昌浩, シリカで被覆したFe2O3およびNiからのCNT生成, 日本エネルギー学会 西部支部 第2回 学生・若手研究発表会, 2017.11, [URL].
59. 金 剛山,山本剛,松根 英樹,岸田 昌浩, 二元系Pt-M/Al2O3触媒によるメチルシクロヘキサンの脱水素, 日本エネルギー学会 西部支部 第2回 学生・若手研究発表会, 2017.11, [URL].
60. 内山 慎也,山本剛,松根 英樹,岸田 昌浩, 純酸素を用いたマイクロ波非平衡プラズ支援燃焼によるバオガスの部分化改質, 第55回燃焼シンポジウム, 2017.11, [URL].
61. 横尾 健人,山本剛,松根 英樹,岸田 昌浩,館林 恂, 流動層を用いた連続再生式 PM 除去装置における PM 捕集燃焼処理への水蒸気の影響, 第55回燃焼シンポジウム, 2017.11, [URL].
62. 山本 剛,横尾 健人,楠 昂高,松根 英樹,岸田 昌浩,館林 恂, ミネラル分を用いた連続再生式PM2.5除去装置の作動温度の低減, 化学工学会第49回秋季大会, 2017.09, [URL].
63. 横尾 健人,山本剛,松根 英樹,岸田 昌浩,館林 恂, 水蒸気存在下における PM 燃焼モデル構築と連続再生式 PM除去装置の数値解析への応用, 化学工学会第49回秋季大会, 2017.09, [URL].
64. 吉田和晃,山本剛,松根 英樹,岸田 昌浩, 白金のシンタリング抑制のための担持白金触媒へのCe添加方法の検討, 化学工学会第49回秋季大会, 2017.09, [URL].
65. 内山 慎也,山本剛,松根 英樹,岸田 昌浩, 導波管形状を考慮したマイクロ波プラズマ支援燃焼の高度化によるバイオガスの改質, 化学工学会第49回秋季大会, 2017.09, [URL].
66. 吉田和晃,山本剛,松根 英樹,岸田 昌浩, 担持白金触媒のシンタリング耐性向上に関する研究, 第54回化学関連支部合同大会, 2017.07, [URL].
67. 上野佑貴,山本剛,松根 英樹,岸田 昌浩, 新規法による銀ナノワイヤーの高選択的合成, 第54回化学関連支部合同大会, 2017.07, [URL].
68. 小野智也,山本剛,松根 英樹,岸田 昌浩, シルセスキオキサンからなる新規粒子の合成, 第54回化学関連支部合同大会, 2017.07, [URL].
69. 山本 隼也,山本剛,松根 英樹,岸田 昌浩, シリカ被覆触媒から生成するカーボンナノチューブの生成条件と生成機構, 第54回化学関連支部合同大会, 2017.07, [URL].
70. 岸田 昌浩, 趙 金仙, 松根 英樹, 竹中 壮, Oxidation of Arsenious Acid over Supported-platinum Catalysts in Aqueous Solution (2)
担持白金触媒を用いた亜ヒ酸の水中酸化反応特性(2), 化学工学会 第82年会, 2017.03, [URL].
71. 松根 英樹,上野 佑貴,竹中 壮,岸田 昌浩, アルキルアミン類を用いた銀ナノワイヤーの高選択的調製法, 化学工学会 第82年会, 2017.03, [URL].
72. 新居田 晴香,松根 英樹,竹中 壮,岸田 昌浩, 環境応答性を有する新規シリカ材料の開発およびDDSキャリアへの応用, 化学工学会 第82年会, 2017.03, [URL].
73. 柳 登貴人 ,金 剛山,吉田 和晃,松根 英樹,岸田 昌浩, Development of Pt catalysts for dehydrogenation of alkane, The 29th International Symposium on Chemical Engineering, 2016.12.
74. 中谷 憲人,松根 英樹,岸田 昌浩, 竹中壮, Preparation of Free Standing Pt Nanofilms Using Graphene Oxides as Templates, The 29th International Symposium on Chemical Engineering, 2016.12.
75. 北野 拓真,松根英樹,岸田昌浩,井上元,竹中壮, Catalytic performance of silica-coated Pt cathode catalysts in a PEFC single cell, The 29th International Symposium on Chemical Engineering, 2016.12.
76. 井田 涼,松根 英樹,岸田 昌浩, 竹中壮, Preparation of composite catalysts composed of metal oxide nanofilms and Pt nanoparticles, The 29th International Symposium on Chemical Engineering, 2016.12.
77. 北野 拓真,松根英樹,岸田昌浩,井上元,竹中壮, シリカ被覆カーボンブラック担持Ptカソード触媒のMEA作製法の最適化, 第57回 電池討論会, 2016.11, [URL].
78. 柳 登貴人 ,松根 英樹,岸田 昌浩, ブタン脱水素用白金触媒の性能向上に関する研究, 日本エネルギー学会 西部支部 第1回 学生・若手研究発表会, 2016.11, [URL].
79. 中谷 憲人,松根 英樹,岸田 昌浩, 竹中壮, 酸化グラフェンを鋳型に用いたPtナノフィルムの調製, 日本エネルギー学会 西部支部 第1回 学生・若手研究発表会, 2016.11, [URL].
80. 井田 涼,松根 英樹,岸田 昌浩, 竹中壮, 金属酸化物ナノフィルム担持Pt ナノ粒子触媒の調製と触媒特性, 日本エネルギー学会 西部支部 第1回 学生・若手研究発表会, 2016.11, [URL].
81. 中谷 憲人,松根 英樹,岸田 昌浩, 竹中壮, グラフェンを鋳型に用いたPtナノフィルムの調製, 第46回石油・石油化学討論会, 2016.11.
82. 井田 涼,松根 英樹,岸田 昌浩, 竹中壮, 金属酸化物ナノシート担持Pt ナノ粒子触媒の調製と触媒特性, 第46回石油・石油化学討論会, 2016.11.
83. 金剛山,松根 英樹,岸田 昌浩, メチルシクロヘキサン脱水素反応の高性能化, 第27回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2016.07, [URL].
84. 新居田 晴香,松根 英樹,竹中 壮,岸田 昌浩, 環境応答性DDS用カプセルに向けた材料開発, 第27回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2016.07, [URL].
85. 村岡 絵美,松根 英樹,竹中 壮,岸田 昌浩, 糖鋳型を用いた中空粒子の新規調製法, 第27回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2016.07, [URL].
86. 松根 英樹, 村岡 絵美, 竹中 壮, 岸田 昌浩, トレハロースナノ粒子を鋳型に用いたシリカナノカプセルの調製
, 化学工学会第81年会, 2016.03, [URL].
87. 村岡 絵美, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 糖ナノ粒子を鋳型に用いた中空シリカナノ粒子の調製
, 第18回化学工学会学生発表会(福岡大会) , 2016.03, [URL].
88. 趙 金仙, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, Study of reductive reaction of selenate with hydrazine over metal oxide-supported Pt catalyst in aqueous solution, 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015), 2015.12, [URL].
89. 江村 祥一郎, 竹中 壮, 井上 元, 松根 英樹, 岸田 昌浩, Improvement in the catalytic activity of silica-coated Pt cathode catalysts using hydrophilic silica layers
, The 28th International Symposium on Chemical Engineering(ISChE 2015), 2015.12.
90. 三宅 修平, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, Bottom-Up Synthesis of Metal Oxide Nanofilms from Metal Salts Using Graphene as Template, The 28th International Symposium on Chemical Engineering(ISChE 2015), 2015.12.
91. 橋詰 仁, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, Evaluation of through-pore size in silica wall covering catalysts by using adsorption behavior, The 28th International Symposium on Chemical Engineering(ISChE 2015), 2015.12, [URL].
92. 北野 拓真,竹中 壮,松根 英樹,岸田 昌浩, 各種シランカップリング剤により被覆したPEFCカソード用Pt触媒の酸素還元特性, 第8回新電極シンポジウム&宿泊セミナー, 2015.11, [URL].
93. 江村 祥一郎, 竹中 壮, 井上 元, 松根 英樹, 岸田 昌浩, PEFC単セルによるシリカ被膜カーボンブラック担持Ptカソード触媒の活性評価
, 第116回触媒学会, 2015.09, [URL].
94. 秋山 亮輔, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, 疎水性シリカでの被覆による担持Pt触媒の高機能化
, 第116回触媒学会, 2015.09, [URL].
95. 三宅 修平, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, グラフェンをテンプレートに用いた金属酸化物ナノシートの調製, 第116回触媒学会, 2015.09, [URL].
96. 中谷 憲人, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, 酸化グラフェンをテンプレートに用いたPtナノフィルムの調製, 第116回触媒学会, 2015.09, [URL].
97. 趙 金仙, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, Reduction reaction of selenate with hydrazine over Pt/TiO2
, 化学工学会 第47回秋季大会, 2015.09, [URL].
98. 永野 研太, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 構造骨格にジスルフィド結合を持つ刺激応答性新規DDS担体の開発
, 第 26 回九州地区若手ケミカエルンジニア討論会, 2015.07, [URL].
99. 柳 登貴人, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 調製時におけるアミン分子添加Ni触媒のメタンドライリフォーミング反応への適用
, 第 26 回九州地区若手ケミカエルンジニア討論会, 2015.07, [URL].
100. 永野 研太, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, ジスルフィド結合を構造骨格に持つ新規DDS担体の開発, 第52回化学関連支部合同九州大会, 2015.06.
101. 柳 登貴人, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 有機物添加によるNi/Al2O3触媒の活性向上効果, 第52回化学関連支部合同九州大会, 2015.06.
102. 北野 拓真,竹中 壮,松根 英樹,岸田 昌浩, 各種シランカップリング剤を用いて被覆したPEFC用Ptカソード触媒の酸素還元特性, 第45回石油・石油化学討論会(名古屋大会), 2015.06, [URL].
103. 松根 英樹,中川貴仁,竹中 壮,岸田 昌浩, ジスルフィド結合を骨格に有する新規ナノ粒子の調製と反応, 化学工学会第80年会, 2015.03.
104. 張 文コン,松根 英樹,竹中 壮,岸田 昌浩, 担持Pt-Pd触媒調製時のミリスチン酸添加による活性向上効果, 化学工学会第80年会, 2015.03.
105. 柳 登貴人,松根 英樹,竹中 壮,岸田 昌浩, メタンドライリフォーミング用Ni/Al2O3触媒調製時の有機物添加効果, 第17回化学工学会学生発表会(徳島大会), 2015.03, [URL].
106. 上井 俊亮,竹中 壮,松根 英樹,岸田 昌浩, マンガン有機錯体とアルコール溶媒を用いたグラフェン担持マンガン酸化物触媒の調製, 第24回キャラクタリゼーション講習会, 2014.10, [URL].
107. 三宅 修平,上井 俊亮,竹中 壮,松根 英樹,岸田 昌浩, 酸化グラフェン上での金属アルコキシドの加水分解による金属酸化物ナノシートの調製, 第24回キャラクタリゼーション講習会, 2014.10, [URL].
108. 秋山 亮輔,竹中 壮,松根 英樹,岸田 昌浩, シリカでの被覆による担持Pt触媒のシンタリングおよび脱落耐性向上, 第44回石油・石油化学討論会, 2014.10, [URL].
109. 江村 祥一郎,竹中 壮,松根 英樹,岸田 昌浩, シリカ被覆による市販のカーボンブラック担持Ptカソード触媒の高耐久性化, 第44回石油・石油化学討論会, 2014.10, [URL].
110. 橋詰 仁,松根 英樹,竹中 壮,岸田 昌浩, 有機化合物をシリカカプセル内に包括するための基礎的検討, 化学工学会第46回秋季大会, 2014.09, [URL].
111. 翁 冰涛,松根 英樹,竹中 壮,岸田 昌浩, 白金触媒を用いた水溶液中でのAs(Ⅲ)の酸化反応, 化学工学会第46回秋季大会, 2014.09, [URL].
112. 江村 祥一郎,竹中壮,井上元,松根英樹,岸田昌浩, 市販のカーボンブラック担持Pt触媒のシリカ被覆による高耐久性化, 化学工学会第46回秋季大会, 2014.09, [URL].
113. 上井 俊亮,三宅 修平, 竹中 壮,松根 英樹,岸田 昌浩, 酸化グラフェンをテンプレートに利用した金属アルコキシドからの金属酸化物ナノシートの調製, 化学工学会第46回秋季大会, 2014.09, [URL].
114. Hideki Matsune, Kotaro Miyamoto, Sakae Takenaka, and Masahiro Kishida, Spherical Nanocapsule Consisting of Tetraphenyl-porphirin Cobalt(II) and Silica Layer, 23rd International Symposium on Chemical Engineering, 2014.09.
115. 三宅 修平,上井 俊亮, 竹中 壮,松根 英樹,岸田 昌浩, 酸化グラフェンをテンプレートに用いたジルコニウム-n-ブトキシドからのジルコニアナノシートの調製, 第35回触媒学会若手会 「夏の研修会」, 2014.08, [URL].
116. 江村 祥一郎,竹中壮,井上元,松根英樹,岸田昌浩, シリカ被覆による市販のカーボンブラック担持Ptカソード触媒の高耐久性化, 第35回触媒学会若手会 「夏の研修会」, 2014.08, [URL].
117. 秋山 亮輔,竹中 壮,松根 英樹,岸田 昌浩, シリカでの被覆による担持Pt触媒の耐久性向上, 第25回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2014.07, [URL].
118. 橋詰 仁,松根 英樹,竹中 壮,岸田 昌浩, シリカ球内に有機化合物を包括させるための基礎的検討, 第25回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2014.07, [URL].
119. 上井 俊亮, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 酸化グラフェンをテンプレートに用いたTiO2 およびZrO2 ナノシートの合成過程, 第113回触媒討論会, 2014.03, [URL].
120. 竹中 壮, 上井 俊亮, 三宅 修平, 伊田 進太郎, 松根 英樹, 岸田 昌浩, 酸化グラフェンを鋳型に利用したチタニ アおよびジルコ酸化グラフェンを鋳型に利用したチタニ アおよびジルコニアナノシートの調製, 第113回触媒討論会, 2014.03, [URL].
121. 翁 冰涛,松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 白金触媒を用いた水溶液中での金属イオンの酸化反応, 化学工学会 第79年会, 2014.03, [URL].
122. 張 文コン, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 有機化合物添加して調製した担持Pt触媒のデカン酸化活性, 化学工学会 第79年会, 2014.03, [URL].
123. 松根 英樹, 楊 朝, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 薬物内包シリカカプセルの調製と機能化, 化学工学会 第79年会, 2014.03, [URL].
124. 宮本 幸太郎, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, テトラフェニルポルフィリンコバルト(II)錯体と有機低分子を包括したシリカナノ粒子の調製, 化学工学会 第79年会, 2014.03, [URL].
125. 上井 俊亮, 竹中 壮, 三宅 修平, 伊田 進太郎, 松根 英樹, 岸田 昌浩, 酸化グラフェンテンプレートを用いたチタニアおよびジルコニアナノシートの調製(1):ナノシート構造の生成, 日本化学会第94春季年会, 2014.03.
126. 竹中 壮, 上井 俊亮, 三宅 修平, 伊田 進太郎, 松根 英樹, 岸田 昌浩, 酸化グラフェンテンプレートを用いたチタニアおよびジルコニアナノシートの調製(2):ナノシートの生成過程, 日本化学会第94春季年会, 2014.03.
127. 竹中 壮, 江村 祥一郎, 宮本 拓明, 松根 英樹, 岸田 昌浩, 疎水性シリカ層で被覆されたPEFC用Ptカソード触媒の活性と耐久性, 電気化学会第81回大会, 2014.03.
128. 三宅 修平,上井 俊亮,竹中 壮,松根 英樹,岸田 昌浩, 酸化グラフェンをテンプレートに用いた金属アルコキシドからの金属酸化物ナノシートの調製, 第114回触媒討論会, 2014.02, [URL].
129. 上井 俊亮,竹中 壮,松根 英樹,岸田 昌浩, 高分散酸化マンガンとグラフェンから成る複合体の調製, 第114回触媒討論会, 2014.02, [URL].
130. 江村 祥一郎,竹中壮,井上元,松根英樹,岸田昌浩, シリカ被覆による市販のカーボンブラック担持Ptカソー ド触媒の高耐久性化, 第114回触媒討論会, 2014.02, [URL].
131. Sakae Takenaka, Hiroaki Miyamoto, Yutaka Utsunomiya, Hiroyuki Miyata, Hideki Matsune, Masahiro Kishida, Improvement in durability of carbon nanotube-supported Pt cathode catalysts for PEFC by coverage with hydrophobic silica, International Conference on Hydrogen Production ICH2P-2014, 2014.01.
132. Hiroyuki Miyata, Sakae Takenaka,Tomoharu Tsukamoto, Hideki Matsune, Masahiro Kishida, Modification of silica-coated Pd/CNT cathode catalysts for PEFC with Co, International Conference on Hydrogen Production ICH2P-2014, 2014.01.
133. 上井 俊亮, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, Synthesis of ZrO2 nanosheets by using graphene oxide as a template, The 26th International Symposium on Chemical Engineering (ISChE 2013), 2013.12.
134. 宮田 紘行, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, Catalytic Activity and Durability of Silica-Coated Pd-Co Cathode Catalysts Supported on Carbon Black, The 26th International Symposium on Chemical Engineering (ISChE 2013), 2013.12.
135. 宮崎 貴大, 宮本 拓明, 宇都宮 裕, 宮田 紘行, 松根 英樹, 岸田 昌浩, 種々のシランカップリング剤から調製したシリカにより被覆されたCNT担持Ptの酸素還元活性と耐久性, 第6回新電極触媒シンポジウム&宿泊セミナー, 2013.11, [URL].
136. 上井 俊亮, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, Synthesis of ZrO2 nanosheets by using graphene oxide template, 2013 Joint of Japan/Taiwan/Korea Chemical Engineering Conference & Kyushu Seminar, 2013.10.
137. 松根 英樹, 宮本 幸太郎, 竹中 壮, 岸田 昌浩, Silica Nanocapsules Entrapping Aggregates of Tetraphenyl-porphirin Cobalt(II), 2013 Joint of Japan/Taiwan/Korea Chemical Engineering Conference & Kyushu Seminar, 2013.10.
138. 宮田 紘行, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, Activity and Durability of Silica-Coated Pd-Co Cathode Catalysts for PEFC, 2013 Joint of Japan/Taiwan/Korea Chemical Engineering Conference & Kyushu Seminar, 2013.10.
139. 上井 俊亮, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, 酸化グラフェンをテンプレートに用いたジルコニアナノシートの調製(The synthesis of zirconia nanosheets by using graphene oxide as a template), 第112回触媒討論会, 2013.09, [URL].
140. 宮田 紘行, 大石 卓磨, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, PEFC用シリカ被覆カーボンブラック担持Pd-Co触媒の酸素還元活性および耐久性, 第112回触媒討論会, 2013.09, [URL].
141. 三上 大輔, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, シリカ被覆Ptアノード触媒のCO被毒耐性向上因子の検討, 第112回触媒討論会, 2013.09, [URL].
142. 宮本 幸太郎, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, ポルフィリン錯体/ナフタレンの球状分子集合体を鋳型とした中空シリカナノ粒子の新規合成法と構造制御, 化学工学会第45回秋季大会, 2013.09, [URL].
143. 朴 佳榮, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, 固体高分子形燃料電池用カーボンブラック担持V-Mo酸化物系カソード触媒の酸素還元活性, 化学工学会第45回秋季大会, 2013.09, [URL].
144. 増田 恭三, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 二相系におけるシリカ被覆塩化銀粒子の合成, 化学工学会第45回秋季大会, 2013.09, [URL].
145. 竹中 壮, 宮本 拓明, 宇都宮 裕, 宮田 紘行, 松根 英樹, 岸田 昌浩, PREPARATION OF SILICA-COATED Pt/CNT CATHODE CATALYSTS BY USING DIFFERENT SILANE COUPLING AGENTS AND THEIR CATALYTIC ACTIVITY FOR THE OXYGEN REDUCTION, International Symposium on Innovative Materials for Processes in Energy Systems 2013, 2013.09.
146. 上井 俊亮, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, 酸化グラフェンをテンプレートに使用したジルコニアナノシートの調製, 第34回触媒学会若手会「夏の研修会」, 2013.07, [URL].
147. 宮田 紘行, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, シリカで被覆されたカーボンナノチューブ担持Pd-Co触媒の酸素還元活性と耐久性, 第20回燃料電池シンポジウム, 2013.05, [URL].
148. 朴 佳榮, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, カーボンブラック担持V-Mo酸化物系触媒上での酸素還元反応, 第20回燃料電池シンポジウム, 2013.05, [URL].
149. 松根 英樹, 宮本 幸太郎, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 分子集合体を鋳型に用いた球状シリカナノカプセルの調製, 化学工学会 第78年会, 2013.03.
150. 岸田 昌浩, 渡辺 雄太, 松根 英樹, 竹中 壮, 担持Pt触媒の調製過程における有機物添加の効果, 化学工学会 第78年会, 2013.03.
151. 増田 恭三, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, Synthesis and Characterization of Silica-coated Ag and AgCl Particles, 第25回化学工学に関する国際シンポジウム, 2012.12.
152. 宮本 幸太郎, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, Novel preparation for silica nanocapsules ccontaining tetraphenylporphyrincobalt(Ⅱ) catalysts, 第25回化学工学に関する国際シンポジウム, 2012.12.
153. 渡辺 雄太, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, Catalytic activity of supported Pt catalysts for decane oxidation, 第25回化学工学に関する国際シンポジウム, 2012.12.
154. 塚本 智晴, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, Improvement of oxygen reduction reaction activity by the addition of Co to Pd cathode catalysts supported on carbon-nanotube, 第25回化学工学に関する国際シンポジウム, 2012.12.
155. 末吉 麻衣, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, Relation between TPR behavior of Ni catalysts and their catalytic activity in methane partial oxidation, 第25回化学工学に関する国際シンポジウム, 2012.12.
156. 宇都宮 裕, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, Highly active and durable silica-coated Pt/CNT prepared from methyltriethoxysilane as cathode catalysts for PEFC, 第25回化学工学に関する国際シンポジウム, 2012.12.
157. Kotaro Miyamoto, Hideki Matsune, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Entrapment of cobalt(II) tetraphenylporphyrin aggregates in silica nanocapsule, 10th Japan-Korea Symopsium on Material&Interfaces -International Symposium on Frontiers in Chemical Engineering-, 2012.11.
158. 宮田 紘行, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, PEFC用CNT担持Pdカソード触媒のCu添加による高活性化, 第5回新電極触媒シンポジウム&宿泊セミナー, 2012.10.
159. 渡辺 雄太, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 複合酸化物担持白金触媒のデカン酸化活性, 第110回触媒討論会, 2012.09.
160. 塚本 智晴, 宮田 紘行, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, カーボンナノチューブ担持Pdカソード触媒のCo添加による酸素還元活性向上, 第110回触媒討論会, 2012.09.
161. 宮本 幸太郎, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, テトラフェニルポルフィリンコバルト(II)触媒をシリカで包括した触媒の新規調製法, 第110回触媒討論会, 2012.09.
162. 渡辺 雄太, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 各種複合酸化物担体を用いた担持白金触媒のデカン燃焼反応特性, 化学工学会第44回秋季大会, 2012.09.
163. 宮本 幸太郎, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 金属錯体触媒を包括した中空シリカカプセルの合成法とその触媒反応, 化学工学会第44回秋季大会, 2012.09.
164. 末吉 麻衣, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, アルミナ担持ニッケル触媒におけるニッケルの還元特性と触媒反応特性, 化学工学会第44回秋季大会, 2012.09.
165. 塚本 智晴, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, PEFC用カーボンナノチューブ担持Pdカソード触媒の遷移金属添加による触媒活性向上, 化学工学会第44回秋季大会, 2012.09.
166. 宮田 紘行, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, PEFC用炭素担持Pdカソード触媒のCu添加による高活性化, 第19回燃料電池シンポジウム, 2012.05.
167. 倉光 雄大, 増田 恭三, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 担持金属を種として用いた銀ナノワイヤーの新規合成法, 第77回化学工学会年会, 2012.03.
168. 林 信孝, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 水素貯蔵用酸化鉄微粒子のシリカ被覆による還元特性の変化, 第77回化学工学会年会, 2012.03.
169. 宮崎 貴大, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, チタニア被覆カーボンナノチューブ触媒の調製法の開発, 第14回化学工学会学生発表会宇部大会, 2012.02, [URL].
170. Kayoung Park, Sakae Takenaka, Hideki Matsune, Masahiro Kishida, Development of carbon nanofiber-supported Pt-based metal cathode catalysts for fuel cells, 第24回化学工学に関する国際シンポジウム, 2011.12, [URL].
171. Kyoso Masuda, Hideki Matsune, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Synthesis of silver nanowires on the glass substrate, 第24回化学工学に関する国際シンポジウム, 2011.12, [URL].
172. Yukihiro Okamoto, Sakae Takenaka, Hideki Matsune, Masahiro Kishida, Improvement in the durability of commercially available carbon black-supported Pt catalysts by coverage with silica layers, 第24回化学工学に関する国際シンポジウム, 2011.12, [URL].
173. Ozora Baba, Hideki Matsune, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Characterization of nanocapsules synthesized by cross-linking amphiphilic molecules, 第24回化学工学に関する国際シンポジウム, 2011.12, [URL].
174. Park Kayoung, Sakae Takenaka, Hideki Matsune, Masahiro Kishida, Development of carbon nanofiber-supported Pt-Co alloy cathode catalysts for fuel cells, The 3rd Yeungnam University-Kyushu University Joint Symposium on Chemical Engineering, 2011.12.
175. Kyoso Masuda, Hideki Matsune, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Synthesis of silver nanowires by use of alkylamine on glass substrate, The 3rd Yeungnam University-Kyushu University Joint Symposium on Chemical Engineering, 2011.12.
176. Yukihiro Okamoto, Sakae Takenaka, Hideki Matsune, Masahiro Kishida, Improvement in the durability of commercially available carbon black-supported Pt catalysts covered with silica layers, The 3rd Yeungnam University-Kyushu University Joint Symposium on Chemical Engineering, 2011.12.
177. Ozora Baba, Hideki Matsune, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Characterization of nanocapsules synthesized by cross-linking of surfactant, The 3rd Yeungnam University-Kyushu University Joint Symposium on Chemical Engineering, 2011.12.
178. 渡辺 雄太, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 超強酸担持白金触媒のデカン燃焼特性, 第41回石油・石油化学討論会, 2011.11, [URL].
179. 増田 恭三, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, アルキルアミンを用いた平板上における銀ナノワイヤーの無溶媒合成法, 化学工学会第43回秋季大会, 2011.09, [URL].
180. 朴 佳榮, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, Pt系ナノ粒子調製用カーボンナノファイバー担体の開発, 化学工学会第43回秋季大会, 2011.09, [URL].
181. 井口 敏行, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, Ptとカーボンナノチューブから成るコンポジットの調製とそれらの触媒反応への応用, 化学工学会第43回秋季大会, 2011.09, [URL].
182. 宮本 拓明, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, 異なるシリカ源から調製したシリカ被覆炭素担持Ptカソード触媒の活性と耐久性, 第108回触媒討論会(北見工業大学), 2011.09, [URL].
183. 末吉 麻衣, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, WO3-Al2O3-ZrO2担持Pt-CrOx触媒上のメタン燃焼反応, 化学工学会第43回秋季大会, 2011.09, [URL].
184. 渡辺 雄太, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, アルカン燃焼反応における担持白金触媒の担体効果, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07, [URL].
185. 末吉 麻衣, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 担持Pt-Cr触媒上におけるメタン燃焼反応, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07, [URL].
186. 渡辺 雄太, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, ディーゼル車における排ガス浄化触媒の高性能化を目指した超強酸担体担持Pt触媒の開発とそのデカン燃焼能, 化学工学会九州支部学生賞審査会, 2011.07, [URL].
187. 渡辺 雄太, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 担体の違いによる担持白金触媒のアルカン燃焼能, 第22回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 2011.07, [URL].
188. Hideki Matsune, Daisuke Sakurai, Ozora Baba, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Synthesis and Properties of Nanocapsules with Shells of Amphiphilic Layer, 第6回日中化工シンポジウム, 2011.06.
189. 松根 英樹, 櫻井 大輔, 馬場 大空, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 北堀 かずみ, 藤井 優子, 両親媒性分子の架橋による高分子ナノカプセルの合成とその特性, 化学工学会第76年会, 2011.03, [URL].
190. 宮本 幸太郎, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 担持有機金属錯体触媒のシリカ被覆およびその反応特性, 化学工学会第76年会, 2011.03, [URL].
191. 朴 佳榮, 伊賀 淳朗, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, Ptナノ粒子用担体としてのカーボンナノファイバーの開発, 化学工学会第76年会, 2011.03, [URL].
192. 渡辺 雄太, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, アルカン燃焼反応におけるPt触媒の担体効果およびシリカ被覆効果, 第13回化学工学会学生発表会(神戸大会)【西日本地区】, 2011.03, [URL].
193. Yudai Kuramitsu, Hideki Matsune, Takenaka Sakae, Masahiro Kishida, New Synthesis Method for Silver Nanowires Using N,N-dimethyl dodecylamine N-Oxide, 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 2010.12.
194. 伊賀 淳朗, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, Funtionalization of carbon nanofibers for preparation of highly dispersed metal nanoparticles, 第23回化学工学に関する国際シンポジウム, 2010.12.
195. 竹中 壮, 宮本 拓明, 松根 英樹, 岸田 昌浩, シリカ被覆カーボンナノチューブ担持Pd電極触媒の酸素還元活性と耐久性, 第51回電池討論会, 2010.11.
196. 伊賀 淳朗, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, カーボンナノファイバー担持Ptナノ粒子触媒の調製, 2010日本化学会西日本大会, 2010.11, [URL].
197. 岡本 幸宏, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, PEFC用カーボンナノチューブ担持Ptアノード触媒のシリカ被覆によるCO被毒耐性の向上, 2010日本化学会西日本大会, 2010.11, [URL].
198. Hiroaki Miyamoto, Takafumi Arike, Sakae Takenaka, Hideki Matsune, Masahiro Kishida, Coverage of Carbon Nanotube-Supported Metal Nanoparticles with Silica Layers a Few Nanometers Thick, 9th Korea-Japan Symposium on Materials & Interfaces, 2010.11.
199. Hideki Matsune, Yudai Kuramitsu, Kyoso Masuda, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Chemical Synthesis of Silver Nanowires Using Tertiary Amine N-Oxides, 9th Korea-Japan Symposium on Materials & Interfaces, 2010.11.
200. 増田 恭三, 倉光 雄大, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, ドデシルジメチルアミンオキシドを用いた銀ナノワイヤーの調製, 第3回化学工学3支部合同徳島大会, 2010.10, [URL].
201. 馬場 大空, 櫻井 大輔, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, シリカナノ粒子表面におけるリビングラジカル重合反応と高分子ナノカプセルの合成, 第3回化学工学3支部合同徳島大会, 2010.10, [URL].
202. 宮本 拓明, 竹中 壮, 薄 直人, 松根 英樹, 岸田 昌浩, シリカ被覆によるCNT担持Pd触媒の溶出耐性向上, 第20回キャラクタリゼーション講習会 「活性点の解析に役立つキャラクタリゼーション」, 2010.10, [URL].
203. 井口 敏行, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, Ptナノ粒子からのカーボンナノチューブ生成とそのカーボンナノチューブの触媒反応への応用, 第20回キャラクタリゼーション講習会 「活性点の解析に役立つキャラクタリゼーション」, 2010.10, [URL].
204. 岡本 幸宏, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, シリカ被覆カーボンナノチューブ坦持白金触媒のPEFCアノードへの応用−CO耐性に関して, 第20回キャラクタリゼーション講習会 「活性点の解析に役立つキャラクタリゼーション」, 2010.10, [URL].
205. 宮本 拓明, 竹中 壮, 薄 直人, 松根 英樹, 岸田 昌浩, シリカ被覆担持Pd触媒のPEFCカソードへの応用, 平成22年度燃料電池関連触媒研究会 第3回新電極触媒シンポジウム, 2010.10.
206. 松森 裕史, 竹中 壮, 薄 直人, 松根 英樹, 岸田 昌浩, シリカ被覆がカーボンナノチューブ担持Pt触媒の酸素還元活性及び耐久性に与える影響, 平成22年度燃料電池関連触媒研究会 第3回新電極触媒シンポジウム, 2010.10.
207. 宮本 拓明, 竹中 壮, 薄 直人, 松根 英樹, 岸田 昌浩, シリカ被覆炭素担持Pd触媒のPEFCカソードへの応用—シリカ層の最適化—, 第106回触媒討論会, 2010.09, [URL].
208. 宮本 拓明, 竹中 壮, 薄 直人, 松根 英樹, 岸田 昌浩, シリカ被覆によるカーボンナノチューブ担持Pd触媒の溶出耐性向上, 化学工学会 第42回秋季大会, 2010.09, [URL].
209. 田中 啓之, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 複合ナノ粒子の液相合成と二元金属触媒への応用, 化学工学会 第42回秋季大会, 2010.09, [URL].
210. 沼田 健吾, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 常圧乾燥法による低密度シリカエアロゲルの調製, 化学工学会 第42回秋季大会, 2010.09, [URL].
211. Mardwita, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, Study on complete methane oxidation on alumina-supported Pt and Cr2O3 catalysts, 化学工学会 第42回秋季大会, 2010.09, [URL].
212. 竹中 壮, 平田 瑛子, 松根 英樹, 岸田 昌浩, PEFC用炭素担持Pt−Co合金触媒のシリカ被覆による活性化, 化学工学会 第42回秋季大会, 2010.09, [URL].
213. 有家 隆文, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, Synthesis and applying for Photocatalyst of Carbon nanotubes covered with TiO2 nanoparticles, The Sixth Tokyo Conference on Advanced Catalytic Science and Technology (TOCTAT6) & The Fifth Asia Pacific Congress on Catalysis(APCAT5), 2010.07, [URL].
214. 松森 裕史, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, Improved durability of carbon-supported Pt catalysts for cathode in PEFCs by
coverage with silica; Application of carbon black to support for Pt, The Sixth Tokyo Conference on Advanced Catalytic Science and Technology (TOCTAT6) & The Fifth Asia Pacific Congress on Catalysis(APCAT6), 2010.07, [URL].
215. 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, Carbon nanotube-supported Pd catalysts covered with silica for cathode in PEFC, The Sixth Tokyo Conference on Advanced Catalytic Science and Technology (TOCTAT6) & The Fifth Asia Pacific Congress on Catalysis(APCAT7), 2010.07, [URL].
216. Mardwita, Sakae Takenaka, Hideki Matsune, Masahiro Kishida, The Influence of Organic Reagents Addition on the Catalytic Activity of Supported Cobalt Catalysts for Carbon Monooxide Hydrogenation, Inagural (1st) International Conference on Molecular & Functional Catalysis (ICMFC-1), 2010.07.
217. 馬場 大空, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, 高分子ナノカプセル用原料のリビングラジカル重合, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07, [URL].
218. 岡本 幸宏, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, CO被毒耐性をもつシリカ被覆カーボンナノチューブ担持Pt電極触媒の開発, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07, [URL].
219. Yudai Kuramitsu, Hideki Matsune, Takenaka Sakae, Masahiro Kishida, New Route for Synthesis of Silver Nanowires, The 2010 Global COE International Symposium on Future Molecular Systems - Beyond Supramolecular Chemistry, 2010.06, [URL].
220. 竹中 壮, 薄 直人, 宮本 拓明, 松根 英樹, 岸田 昌浩, シリカ被覆による炭素担持Pd触媒の溶出耐性向上, 電気化学会 第77回大会, 2010.03.
221. 竹中 壮, 薄 直人, 宮本 拓明, 松根 英樹, 岸田 昌浩, シリカ被覆炭素担持Pd触媒のPEFCカソード触媒への応用:カソード触媒の非Pt化, 第105回触媒討論会, 2010.03.
222. 田中 啓之, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 親水性ナノ粒子・ナノカプセルの合成と触媒への応用, 化学工学会 第75年会, 2010.03.
223. 竹中 壮, 薄 直人, 松根 英樹, 岸田 昌浩, シリカで被覆されたカーボンナノチューブ担持Pd触媒のPEFCカソード触媒への応用, 化学工学会 第75年会, 2010.03.
224. 有家 隆文, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, チタニアナノ粒子によるカーボンナノチューブの被覆, 化学工学会 第75年会, 2010.03.
225. 増田 恭三, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, ドデシルジメチルアミンオキシドを用いた銀ナノ構造体の調製, 第12回化学工学会学生発表会(福岡大会), 2010.03.
226. Yudai Kuramitsu, HIdeki Matsune, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, New synthesis method for silver nanowires by use of alkylamine-N-oxide, The 22th International Symposium on Chemical Engineering, 2009.12.
227. Naoto Susuki, Sakae Takenaka, Hideki Matsune, Masahiro Kishida, Improvement in the durability of non-platinum electrocatalysts by coverage with silica layers, The 22th International Symposium on Chemical Engineering, 2009.12.
228. 倉光 雄大, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, アミンオキシドを用いた銀ナノワイヤーの新規合成法の開発, 日本化学会西日本大会2009, 2009.11.
229. 薄 直人, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, シリカ被覆によるPEFC用非白金系電極触媒の開発, 日本化学会西日本大会2009, 2009.11.
230. 松森 裕史, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, PEFC用炭素担持Ptカソード触媒のシリカ被覆による耐久性向上;カーボンブラック担体の応用, 日本化学会西日本大会2009, 2009.11.
231. 井口 敏行, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 担持Pt触媒上での炭化水素分解によるカーボンナノチューブの選択的合成, 第2回化学工学3支部合同北九州大会, 2009.10.
232. 平田 瑛子, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, シリカでの被覆を応用したPEFC用炭素担持Pt-Coナノ粒子の調製, 第2回化学工学3支部合同北九州大会, 2009.10.
233. Hiroshi Matsumori, Sakae Takenaka, Hideki Matsune, Masahiro Kishida, Excellent Durability of Carbon-Supported Pt Cathode Catalysts Covered with Silica Layers, 216th ECS Meeting, 2009.10.
234. 松森 裕史, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, PEFC用炭素担持Ptカソード触媒のシリカ被覆による耐久性向上-炭素担体の効果, 第104回触媒討論会, 2009.09.
235. 有家 隆文, 竹中 壮, 松根 英樹, 岸田 昌浩, カーボンナノチューブ担持金属触媒のシリカ被覆による触媒劣化の抑制, 第104回触媒討論会, 2009.09.
236. 竹中 壮, 河島 健治, 山之内 良成, 松根 英樹, 岸田 昌浩, PEFC用シリカ被覆カーボンナノチューブ担持Pt触媒のCO被毒耐性, 第104回触媒討論会, 2009.09.
237. 倉光 雄大, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, アルキルアミンN-オキサイドを用いた銀ナノワイヤーの合成, 化学工学会 第41回秋季大会, 2009.09.
238. 竹中 壮, 山之内 良成, 松根 英樹, 岸田 昌浩, シリカ被覆カーボンナノチューブ担持Pt触媒のCO耐性, 化学工学会 第41回秋季大会, 2009.09.
239. 松根 英樹, 井ノ上 翼, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 酵素固定化微粒子の開発と有機溶媒中での反応, 化学工学会 第41回秋季大会, 2009.09.
240. 有家 隆文, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, カーボンナノチューブ担持金属触媒のシリカ被覆による耐久性の向上, 化学工学会 第41回秋季大会, 2009.09.
241. 竹中 壮, 河島 健治, 山之内 良成, 松根 英樹, 岸田 昌浩, PEFC用シリカ被覆カーボンナノチューブ担持Pt触媒のCO被毒耐性, 第103回触媒討論会, 2009.03.
242. 松森 裕史, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, PEFC用シリカ被覆炭素担持Pt触媒の電気化学的活性及び耐久性に与える効果, 第103回触媒討論会, 2009.03.
243. 松森 裕史, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, リビングラジカル重合を用いた親水性/疎水性の二層構造高分子ナノカプセルの合成, 日本化学会第89回春季年会, 2009.03.
244. 松森 裕史, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, シリカ被覆によるPEFCカソード用炭素担持Pt触媒の耐久性向上;シリカ被覆法の最適化, 電気化学会第76回大会, 2009.03.
245. 倉光 雄大, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 長鎖アルキルアミンを用いた銀ナノワイヤーの新規合成法, 化学工学会第74回春季大会, 2009.03.
246. 平田 瑛子, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, シリカ被覆を利用した炭素担持Pt 系合金ナノ粒子の調製, 化学工学会第74回春季大会, 2009.03.
247. Daisuke Sakurai, Hideki Matsune, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Synthesis of polymeric nanocapsule with well-defined hydrophobic/hydrophilic double layer, Materials of the future, science of today:radicalpolymerisation, 2009.02.
248. Tsubasa Inoue, Hideki Matsune, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Preparation of Enzyme-Immobilized Magnetic Nanoparticle and Effect of Surface-Modification on Enzymatic Reaction, The 21th International Symposium on Chemical Engineering, 2008.12.
249. Takafumi Arike, Hideki Matsune, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Coverage of carbon nanotube-supported metal nanoparticles with silica layers, The 21th International Symposium on Chemical Engineering, 2008.12.
250. Daisuke Sakurai, Hideki Matsune, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Polymer nanocapsules prepared by surface initiated atom transfer radical polymerization, The 21th International Symposium on Chemical Engineering, 2008.12.
251. Kunio Hori, Hideki Matsune, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Diffusion behavior through silica nanopores in silica-coated metal catalysts, The 21th International Symposium on Chemical Engineering, 2008.12.
252. Hideki Matsune, Daisuke Sakurai, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Hollow Polymeric Nanosphere Consisting of Hydrophilic and Hydrophobic Block Copolymer, 8th Japan-Korea Symposium on Materials & Interface, 2008.11.
253. 井口 敏行, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 担持Pt触媒上でのエチレン分解によるカーボンナノチューブの選択的生成, 石油学会創立50周年記念国際シンポジウム, 2008.11.
254. 松森 裕史, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, シリカ被覆によるPEFC用炭素担持Ptカソード触媒の劣化抑制, 石油学会創立50周年記念国際シンポジウム, 2008.11.
255. Hideki Matsune, Daisuke Sakurai, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Dynamic Motion of Single Embryonic Stem Cells and Relation to Cellular Properties, The 3rd International Workshp on Future Molecular Systems 2008, 2008.10.
256. 松森 裕史, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, PEFC用炭素担持Ptカソード触媒のシリカ被覆による高耐久性化, 第102回触媒討論会, 2008.09.
257. 井口 敏行, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 担持Pt触媒上での炭化水素分解によるカーボンナノチューブの生成, 第102回触媒討論会, 2008.09.
258. 有家 隆文, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, シリカ層で被覆されたカーボンナノチューブ担持金属触媒の調製, 第102回触媒討論会, 2008.09.
259. 櫻井 大輔, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 親水性/疎水性の二層構造を持つ高分子ナノカプセルの精密合成, 化学工学会第40回秋季大会, 2008.09.
260. 堀 邦朗, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, シリカ被覆金属触媒のシリカ被覆層が反応速度に及ぼす影響(2), 化学工学会第40回秋季大会, 2008.09.
261. 倉光 雄大, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 長鎖アルキルアミンを媒体に用いた銀ナノ構造体の合成, 化学工学会第40回秋季大会, 2008.09.
262. 井ノ上 翼, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 表面修飾による酵素固定化磁性ナノ粒子の有機溶媒への展開, 化学工学会第40回秋季大会, 2008.09.
263. Hideki Matsune, Daisuke Sakurai, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Preparation of Hollow Nanosphere with Double Layer Consisting of Hydrophilic and Hydrophobic Copolymer, The 20th International Symposium on Chemical Reaction Engineering (ISCRE20), 2008.09.
264. 折田 芳樹, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, シリカ被覆Ni触媒上でのプロパン水蒸気改質, 化学工学会沖縄大会, 2008.08.
265. Takafumi Arike, Sakae Takenaka, Hideki Matsune, Masahiro Kishida, Preparation of Carbon Nanotube-Supported Pt Particles Covered with Silica, 14th International Congress on Catalysis, 2008.07.
266. Hiroshi Matsumori, Hideki Matsune, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Development of Highly Durable Pt Electrocatalysts covered with Silica Layers, 14th International Congress on Catalysis, 2008.07.
267. Toshiyuki Iguchi, Sakae Takenaka, Keizo Nakagawa, Yoshiki Orita, Hideki Matsune, Masahiro Kishida, Production of Carbon Nanotube by Ethylene Decomposition over Silica-Coated Metal Catalysts, Kyoto 2008 ICC 14 Pre-Symposium, 2008.07.
268. 倉光 雄大, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 第四級アルキルアンモニウムを媒体に用いた銀ナノ構造体の創製, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.
269. 薄 直人, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 触媒のシリカ被覆による触媒活性変化, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.
270. 平田 瑛子, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 微小区画におけるマウスES細胞の培養, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.
271. 折田 芳樹, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, プロパン改質におけるシリカ被覆ニッケル触媒の反応特性, 第57回石油学会研究発表会, 2008.05.
272. Kenji Kawashima, Hideki Matsune, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, High CO tolerance of carbon nanotube-supported Pt metal electrocatalyst covered with silica layers for PEFC, 第20回化学工学に関する国際シンポジウム, 2007.12.
273. Takahiro Okuya, Hideki Matsune, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Selective immobilization of Ru species on Pt metal supported on SiO2 by addition of organic molecules, 第20回化学工学に関する国際シンポジウム, 2007.12.
274. Yoshiki Orita, Hideki Matsune, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Production of synthesis gas through steam reforming of propane over Ni-based catalysts, 第20回化学工学に関する国際シンポジウム, 2007.12.
275. Akitomo Hirukawa, Daisuke Sakurai, Hideki Matsune, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Study on dynamic morphological change of mouse embryonic stem cell, 第20回化学工学に関する国際シンポジウム, 2007.12.
276. 松森 裕史, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, PEFC用カーボンナノチューブ担持Pt触媒のシリカ被覆による耐久性向上, 平成19年度触媒学会燃料電池関連触媒研究会・コンピュータの利用研究会合同講演会, 2007.11.
277. Masahiro Kishida, Sakae Takenaka, Hiroshi Umebayashi, Yoshiki Orita, Hideki Matsune, Hydrogen Production by Reforming of Light Alkane over Silica-Coated Nickel Catalysts, Malaysia-Japan International Symposium on Advanced Technology (MJISAT 2007), 2007.11.
278. 折田 芳樹, 梅林 広, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, シリカ被覆ニッケル触媒上でのプロパン改質反応, 第37回石油・石油化学討論会, 2007.10.
279. 竹中 壮, 松森 裕史, 河島 健治, 有家 隆文, 中川 敬三, 松根 英樹, 岸田 昌浩, シリカで被覆された炭素担持Pt 触媒の調製とPEFC 電極触媒への応用, 第100回触媒討論会, 2007.09.
280. 岸田 昌浩, 折田 芳, 松根 英樹, 竹中 壮, シリカ被覆ニッケル触媒上でのプロパン改質による水素製造, 化学工学会第39回秋季年会, 2007.09.
281. 松森 裕, 中川 敬三, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, PEFC用炭素担持Pt触媒のシリカ被覆によるPt溶出耐性の向上, 化学工学会第39回秋季年会, 2007.09.
282. 櫻井 大輔, 蛭川 覚智, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, マウスES細胞の動的形態変化と細胞増加率の関係, 化学工学会第39回秋季年会, 2007.09.
283. 井ノ上 翼, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, ラッカーゼ固定化シリカ被覆磁性ナノ粒子の表面修飾の効果, 化学工学会第39回秋季年会, 2007.09.
284. 有家 隆文, 河島 健治, 中川 敬三, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, PEFC用炭素担持Pt触媒のシリカ被覆によるCO被毒耐性の向上, 化学工学会第39回秋季年会, 2007.09.
285. 松根 英樹, 木下 俊輝, 竹中壮, 岸田 昌浩, 第四級アルキルアンモニウムの自己組織化を利用した銀ナノ構造体の創製, 化学工学会第39回秋季年会, 2007.09.
286. 櫻井 大輔, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 単一マウスES細胞の観察とその動的形態変化に関する研究, 第44回化学関連支部合同九州大会, 2007.07.
287. 有家 隆文, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, CNTとシリカ被覆白金ナノ粒子から構成されるナノコンポジットのPEFC電極触媒への応用, 第44回化学関連支部合同九州大会, 2007.07.
288. 井ノ上 翼, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 酵素固定化磁性シリカナノ粒子における表面修飾の効果, 第44回化学関連支部合同九州大会, 2007.07.
289. 松根 英樹, 岸田 昌浩, 光ピンセットを利用した浮遊ES細胞の単一細胞計測による分化誘導ダイナミクスの解明, 特定領域研究「極微構造反応」成果公開シンポジウム, 2007.05.
290. 井ノ上 翼, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 酵素を固定化した磁性シリカナノ粒子の調製と有機溶媒中での活性評価, 石油学会第50回年会, 2007.05.
291. 松根 英樹, 櫻井 大輔, 蛭川 覚智, 竹中 壮, 岸田昌浩, 光ピンセットを利用した新規浮遊培養法による単一ES細胞のダイナミクス-マウスES細胞の動的形態変化に関する研究, 第2回東北大学多元物質科学研究所若手講演会, 2007.05.
292. 塩出野 歩人, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, NO-CO 反応に対する担持Pt 触媒の活性支配因子の検討, 化学工学会第72年会, 2007.03.
293. 堀 邦朗, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, シリカ被覆Ru触媒を用いたベンゼンからのシクロヘキセン選択的合成, 化学工学会第72年会, 2007.03.
294. 折田 芳樹, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 高分散に担持したコバルト触媒上でのカーボンナノチューブの選択的合成, 化学工学会第72年会, 2007.03.
295. 松根 英樹, 蛭川 覚智, 櫻井 大輔, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 光ピンセット捕捉マウスES細胞の反応と細胞分離システムへの応用, 化学工学会第72年会, 2007.03.
296. 松根 英樹 蛭川 覚智, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 光ピンセットを用いた新規浮遊培養法の構築と細胞分離システムへの応用, 日本農芸化学大会2007, 2007.03.
297. 井ノ上 翼, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, ラッカーゼを包括した磁性シリカナノ粒子の調製と有機溶媒中での活性評価, 第9回化学工学会学生発表会, 2007.03.
298. 岸田 昌浩, 松根 英樹, 光ピンセットを利用した浮遊ES 細胞の単一細胞計測による分化誘導ダイナミクスの解明, 特定領域研究 第7回公開シンポジウム, 2007.01.
299. Tuyoshi Shinohara, Hideki Matsune, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Fabrication and Etching of Two-dimensional Array of Silica-Coated Au Nanoparticles, 第19回化学工学に関する国際シンポジウム, 2006.12.
300. Nobuto Shiode, Hideki Matsune, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Effect of size of Pt metal in supported Pt catalysts on the reduction of NO with CO, 第19回化学工学に関する国際シンポジウム, 2006.12.
301. Toshiki Kishida, Hideki Matsune, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Size-controlled synthesis of monodisperse silver nanoparticles capped with tetraalkylammonium trifluoroacetate, 第19回化学工学に関する国際シンポジウム, 2006.12.
302. Hiroshi Umebayashi, Hideki Matsune, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Specific performance of silica-coated Ni catalysts for the partial oxidation of methane, 第19回化学工学に関する国際シンポジウム, 2006.12.
303. 堀 邦朗, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, シリカ被覆白金触媒の調製とその触媒作用, 第36回石油・石油化学討論会, 2006.11.
304. 梅林 広, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, メタン部分酸化用ニッケル触媒のシリカによる被覆効果, 第36回石油・石油化学討論会, 2006.11.
305. 奥屋 貴大, 和智 宣行, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, アルミナ担体上の金属CoとRuの相互配置制御, 第36回石油・石油化学討論会, 2006.11.
306. 河島 健治, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, ニッケル系触媒上での石油系炭化水素の分解によるCOxフリー水素製造, 第36回石油・石油化学討論会, 2006.11.
307. Sakae Takenaka, Hiroshi Umebayashi, Hideki Matsune, Masahiro Kishida, Partial Oxidation of Methane to Synthesis Gas over Ni Metal Nano-Particles Covered with Silica, 2006 九州/台北/釜山‐慶南 化学工学会議, 2006.11.
308. 塩出野 歩人, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 担持Pt触媒におけるPt粒子径と触媒作用に関する研究, 化学工学会鹿児島大会, 2006.11.
309. 岸田 昌浩, 竹中 壮, 触媒ナノ粒子のシリカ被覆による新しい触媒反応特性, 第98回触媒討論会, 2006.09.
310. 梅林 広, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, シリカ被覆ニッケル触媒のメタン部分酸化に対する活性と寿命, 第98回触媒討論会, 2006.09.
311. 今川 智史, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 逆ミセルを用いたロッド状シリカの合成とその形成機構, 第98回触媒討論会, 2006.09.
312. 岸田 昌浩, 今川 智史, 松根 英樹, 竹中 壮, 逆ミセルを用いた中空六角柱状コバルト-シリカ微粒子の合成, 第44回粉体に関する討論会, 2006.09.
313. 中川 敬三, 北條 裕子, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, シリカ被覆Ptナノ粒子を用いたPEFC電極の発電特性, 化学工学会第38回秋季大会, 2006.09.
314. 中川 敬三, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, シリカ被覆Pt系合金ナノ粒子からのナノスケールカーボンの生成, 化学工学会第38回秋季大会, 2006.09.
315. 木下 俊輝, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 有機溶媒分散型銀ナノ粒子の合成と逐次成長によるサイズ制御, 化学工学会第38回秋季大会, 2006.09.
316. 篠原 健, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, シリカ被覆金ナノ粒子の2次元最密配列およびシリカ層の除去, 化学工学会第38回秋季大会, 2006.09.
317. 蛭川 覚智, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 光ピンセットを用いた新規浮遊培養法の構築および単一細胞観察, 化学工学会第38回秋季大会, 2006.09.
318. 松根 英樹, 伊達 真外, 城ヶ崎 仁氏, 竹中 壮, 岸田 昌浩, ラッカーゼ包接磁性シリカナノビーズの調製ならびにその酵素活性, 化学工学会第38回秋季大会, 2006.09.
319. 河島 健治, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 石油系炭化水素の分解法によるCOXフリー水素の一段合成, 化学工学会第38回秋季大会, 2006.09.
320. 梅林 広, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, メタン部分酸化に対するシリカ被覆ニッケル触媒の耐久性の検討, 化学工学会第38回秋季大会, 2006.09.
321. 和智 宣行, 奥屋 貴大, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, アルミナ担体上の金属CoとRuの相互配置制御, 化学工学会第38回秋季大会, 2006.09.
322. 蛭川 覚智, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 光ピンセットを利用した新規浮遊培養法の構築, 第43回化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
323. 河島 健治, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 石油系炭化水素の直接分解法によるCOXフリー水素の一段製造, 第43回化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
324. 奥屋 貴大, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, アルミナ担持Pt触媒へのセリア添加によるPt粒子のシンタリング抑制効果, 第43回化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
325. Hideki Matsune, Masahiro Kishida, Differentiation Dynamics of ES Cells Suspended with Optical Tweezers Using Single Cell Observation, 特定領域第5回公開シンポジウム, 2006.06.
326. 今川 智史, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 中空六角柱コバルト−シリカナノコンポジットの形成機構の検討, 化学工学会第71年会, 2006.03.
327. 堀 邦朗, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, シリカ被覆Pt触媒の炭化水素酸化特性, 化学工学会第71年会, 2006.03.
328. 岸田 昌浩, 松根 英樹, 光ピンセットを利用した浮遊ES細胞の単一細胞計測による分化誘導ダイナミクスの解明, 特定領域第4回公開シンポジウム, 2006.01.
329. Yuko Hojo, Hideki Matsune, Sakae Takenaka and Masahiro Kishida, Preparation of Highly CO-Resistant Pt Electro-Catalysts for PEFC, the 18th Symposium on Chemical Engineering, 2005.12.
330. Junichi Oride, Hideki Matsune, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Preparation of SmCo5 Alloys as Hard Phase of Nanocomposite Magnets, the 18th Symposium on Chemical Engineering, 2005.12.
331. Kuniaki Hori, Hideki Matsune, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Specific Performance of Silica-Coated Platinum Catalyst for the Oxidation of Hydrocarbon Mixture, the 18th Symposium on Chemical Engineering, 2005.12.
332. Noriyuki Wachi, Hideki Matsune, Sakae Takenaka Masahiro Kishida, Control of the Position of Ru and Co on Al2O3, the 18th Symposium on Chemical Engineering, 2005.12.
333. Keiichiro Yanagi, Hideki Matsune, Sakae Takenaka Masahiro Kishida, Preparation of Uniform Silica Nanolayers on a Submicrometer-Sized Ag Particles Using a Microemulsion System, the 18th Symposium on Chemical Engineering, 2005.12.
334. Myonfan Kim, Hideki Matsune, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Differentiation Dynamics of ES Cell Suspended with Optical Tweezer by Single Cell Observation, the 18th Symposium on Chemical Engineering, 2005.12.
335. Hideki Matsune, Hitoshi Jogasaki, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Synthesis and enzymatic activity of enzyme - immobilized Fe3O4/SiO2 core/shellnanoparticles, 2005環太平洋国際化学会議, 2005.12.
336. Satoshi Imagawa, Hideki Matsune, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Fabrication of hollow hexagonal pillar composed of Co and silica, 2005環太平洋国際化学会議, 2005.12.
337. 梅林 広, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, シリカ被覆ニッケル触媒のメタンの特異的部分酸化反応特性, 化学工学会第37回秋季大会, 2005.09.
338. 伊達 真外, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, 酵素固定化磁性ナノ粒子の非極性溶媒における酵素反応, 化学工学会第37回秋季大会, 2005.09.
339. 堀 邦朗, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, シリカ被覆白金微粒子触媒の炭化水素燃焼特性, 第96回触媒討論会, 2005.09.
340. 今川 智史, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩, マイクロエマルションを用いた新規コバルトーシリカナノコンポジット粒子の合成, 第96回触媒討論会, 2005.09.
341. Satoshi Imagawa, Hideki Matsune, Masahiro Kishida, Synthesis of novel cobalt-silica nanocomposites in reversed micellar solution, Proceedings of the 17 th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Daejeon/Chungnam, 2004.12.
342. Hideyuki Murata, Hideki Matsune, Masahiro Kishida, Two-dimensional array of silica-coated metal nanoparticles on silicon plates, Proceedings of the 17 th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Daejeon/Chungnam, 2004.12.
343. Kei Nakanishi, Hideki Matsune, Masahiro Kishida, Particular of sintering about silica coated noble metal nanoparticles, Proceedings of the 17 th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Daejeon/Chungnam, 2004.12.
344. Hitoshi Jogasaki, Hideki Matsune, Masahiro Kishida, Preparation of magnetic silica nano -beads with good dispersibility and immobilization of emzymes to this beans, Proceedings of the 17 th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Daejeon/Chungnam, 2004.12.
345. Yoichiro Dan, Masahiro Kishida, Tatsuya Ikuta, Kunihito Nagayama, Koji Takahashi, MEMS-BASED CATALYTIC MICRO-REACTOR FOR DECOMPOSITION OF FLUIDS, Micro Total Analysis Systems 2004, 2004.09.
346. Yoichiro Dan, Masahiro Kishida, Tatsuya Ikuta, Koji Takahashi, Development Study of Mono-Propellant Micro Propulsion Using MEMS Technology, Asian Joint Conference on Propulsion and Power 2004, 2004.03.
347. 堀 邦朗, 岸田 昌浩, シリカ被覆Pt触媒によるメタンの選択的燃焼, 6th化工学生発表, 2004.03.
348. 和智 宣行, 岸田 昌浩, 担持Ru-Co触媒におけるRuとCoの配置制御に関する研究, 6th化工学生発表, 2004.03.
349. 岸田 昌浩, シリカによるナノ粒子のコーティングとその工学的応用, 24thナノ粒子研究会講演会, 2004.02.
350. Satoshi Imagawa, Masahiro Kishida, Synthesis of Novel Precursor for Cobalt Silicate in W/O Microemulsion, The 16th Symposium on Chemical Engineering , Daejeon/Chungnam (Korea) - Kyushu (Japan), 2003.12.
351. Kosuke Nishino, Masahiro Kishida, Synthesis of Sm-Fe-Co-N Magnetic Powders by Colloidal Method, The 16th Symposium on Chemical Engineering , Daejeon/Chungnam (Korea) - Kyushu (Japan), 2003.12.
352. Kiyoshi Fujiki, Masahiro Kishida, Autothermal Reforming of Methane over Silica-Coated Nickel Catalysts, The 16th Symposium on Chemical Engineering , Daejeon/Chungnam (Korea) - Kyushu (Japan), 2003.12.
353. Shuhei Onoue, Masahiro Kishida, Catalytic Behavior for the Ethylene Hydration over W-P/SiO2 Catalysts
Prepared by Colloidal Method, The 16th Symposium on Chemical Engineering , Daejeon/Chungnam (Korea) - Kyushu (Japan), 2003.12.
354. Kunio Hori, Masahiro Kishida, Selective Combustion of Methane over Silica-Coated Platinum Nanoparticles, The 16th Symposium on Chemical Engineering , Daejeon/Chungnam (Korea) - Kyushu (Japan), 2003.12.
355. Yoichiro Dan, Masahiro Kishida, Yatsuya Ikuta, Koji Takahashi, Catalytic Porous Silicon for Micro-Spacecraft Propulsion, PowerMEMS2003, 2003.12.
356. 尾上 周平, 岸田 昌浩, 石野 巌, エチレン水和反応用W-P/SiO2触媒に対する化学修飾の効果, 石油学会 第33回石油・石油化学討論会, 2003.11.
357. Masahiro Kishida, Preparation of Silica-Coated Metal Nanoparticles and Their Catalytic Performance, 21st COE Program: Prof. Jean-Marie Lehn Symposium, 2003.10.
358. 岸田 昌浩, 宮嶋 寛太, 堀 邦朗, シリカ被覆白金ナノ粒子触媒のガス分離反応特性, 触媒学会第92回触媒討論会, 2003.09.
359. 尾上 周平, 岸田 昌浩, 石野 巌, マイクロエマルション法W-P/SiO2触媒のエチレン水和反応特性, 触媒学会第92回触媒討論会, 2003.09.
360. 岸田 昌浩, シリカ被覆金属ナノ粒子のバイオへの応用, ナノとバイオの融合学理構築と産業基盤形成, 2003.09.
361. 岸田 昌浩, コロイド法による機能性ナノ粒子の合成と磁石粉への応用, 日本ボンド磁石工業協会第64回技術例会, 2003.09.
362. 中西 啓, 芝田 和弘, 岸田 昌浩, 金属微粒子含有シリカナノワイヤーの調製とその特性, 化学工学会 第36回秋季大会, 2003.09.
363. 神野 弘樹, 市橋 祐一, 西山 覚, 鶴谷 滋, 岸田 昌浩, 担持金属触媒によるアクロレインの選択的水素化, 化学工学会, 2003.09.
364. 藤木 清志, 岸田 昌浩, シリカ被覆金属微粒子触媒を用いた自熱的CH4-CO2改質反応, 化学工学会 第36回秋季大会, 2003.09.
365. 西野 耕輔, 佐々木 厳, 安村 隆明, 浜尾 聡和, 岸田 昌浩, コロイド沈殿法による2-17構造Sm-Fe-N系磁性物質の調製, 化学工学会 第36回秋季大会, 2003.09.
366. 岸田 昌浩, 宮嶋 寛太, シリカ被覆白金微粒子触媒による特異的燃焼反応, 化学工学会 第36回秋季大会, 2003.09.
367. 村田 秀之, 岸田 昌浩, バイオセンサーを目指した金属ナノ粒子の2次元規則配列制御, 14th若手の会, 2003.08.
368. 中西 啓, 岸田 昌浩, 金属ナノ粒子の1次元配列およびシリカナノワイヤーの工学的応用に向けて, 14th若手の会, 2003.08.
369. 城ヶ崎 仁氏, 岸田 昌浩, 酵素の回収・再利用を可能とする酵素固定化磁性ナノ粒子の創製, 14th若手の会, 2003.08.
370. 中西 啓, 岸田 昌浩, 棒状逆ミセルを用いた網目状シリカの合成と触媒担体への応用, 40th化学関連支部合同九州大会, 2003.07.
371. 城ヶ崎 仁氏, 田代 静香, 岸田 昌浩, シリカ被覆マグネタイト微粒子の液中分散性の向上とラッカーぜの固定化, 40th化学関連支部合同九州大会, 2003.07.
372. 村田 秀之, 田代 静香, 岸田 昌浩, シリカ被覆マグネタイト超微粒子の平板への2次元最密固定化, 40th化学関連支部合同九州大会, 2003.07.
373. 岸田 昌浩, 金属コロイドを用いた触媒調製法とその応用, 石油学会 創立45周年記念第46回年会, 2003.05.
374. 尾上 周平, 岸田 昌浩, 石野 厳, マイクロエマルション法触媒のエチレン水和反応特性, 石油学会 創立45周年記念第46回年会, 2003.05.
375. 岸田 昌浩, 化学工学における化学的な研究と教育, 化学工学会 第68年会, 2003.03.
376. 村田 清一郎, 岸田 昌浩, 林 博樹, 多湖 輝興, 若林 勝彦, マイクロエマルション法 Ni/Al2O3触媒によるメタンCO2リフォーミング, 化工熊本, 2002.11.
377. 宮嶋 寛太, 橋本 由樹子, 岸田 昌浩, 多湖 輝興, 若林 勝彦, シリカ被覆セリア微粒子の調製と紫外線吸収特性, 化工熊本, 2002.11.
378. 福芳 智信, 岸田 昌浩, 多湖 輝興, 若林 勝彦, ポリマーコロイドを用いた2次元金属触媒金属配置制御, 化工熊本, 2002.11.
379. 浦 大佑, 岸田 昌浩, 多湖 輝興, 若林 勝彦, モリブドリン酸塩コロイドからのイソブタン部分酸化触媒の調製, 化工熊本, 2002.11.
380. 藤木 清志, 岸田 昌浩, 林 博樹, 多湖 輝興, 若林 勝彦, Pt触媒によるH2-CO-CO2-H2O混合ガスからのCO選択酸化除去, 化工熊本, 2002.11.
381. 西野 耕輔, 岸田 昌浩, 多湖 輝興, 若林 勝彦, 安村 隆明, 浜尾 聡和, 佐々木 厳, コロイド沈殿法によるサマリウム-コバルト系磁石の調製, 化工熊本, 2002.11.
382. Hiroshi Hayashi, Seiichiro Murata, Teruoki Tago, Masahiro Kishida, Katsuhiko Wakabayashi, Preparation of anti-coking Ni/Al2O3 catalyst for CO2 reforming of methane, 化学工学会 第67年会, 2002.03.
383. 浦 大佑, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, ヘテロポリ酸塩コロイドからイソブタン部分酸化触媒の調製, 化学工学会 第67年会, 2002.03.
384. 村田 清一郎, 林 博樹, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, Ni/Al2O3触媒によるメタンのCO2リフォーミング, 化学工学会 第67年会, 2002.03.
385. 福芳 智信, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 有機バインダーを用いる異種金属複合ナノ微粒子の新規合成法, 化学工学会 第67年会, 2002.03.
386. 宮嶋 寛, 橋本 由樹子, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, セリアをシリカで被覆した紫外光吸収材料の創製, 化学工学会 第67年会, 2002.03.
387. Satoshi Ashimine, Teruoki Tago, Masahiro Kishida Katsuhiko Wakabayashi, Effects of Rh loading on catalytic behavior for CO hydrogenation over Rh/SiO2 catalysts, The 14th Symposium on Chemical Engineering Taejon-Chungnam/Kyushu, 2001.12.
388. Kazuhiro Shibata, Teruoki Tago, Masahiro Kishida, Katsuhiko Wakabayashi, 1D Arrangement of gold nanoparticles in silica by using reversed micelle, The 14th Symposium on Chemical Engineering Taejon-Chungnam/Kyushu, 2001.12.
389. Shiro Kurokawa, Teruoki Tago, Masahiro Kishida, Katsuhiko Wakabayashi, Effects of Ru particle size on Fischer-Tropsch synthesis over Ru/SiO2 catalysts, The 14th Symposium on Chemical Engineering Taejon-Chungnam/Kyushu, 2001.12.
390. 岸田 昌浩, ナノ粒子の合成と触媒への応用, 第7回高機能材料研究会, 2001.12.
391. 長田 秀夫, 森 晴樹, 田代 静香, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 酸化タングステン(VI)担持アルミナ-ジルコニア系触媒によるCFC-12酸化分解における白金の効果, 88th触媒討論会, 2001.10.
392. 林 博樹, 村田 清一郎, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, マイクロエマルション法Ni/Al2O3触媒によるCO2リフォーミング, 第88回触媒討論会, 2001.10.
393. 池田 正憲, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, マイクロエマルション法による貴金属触媒の耐シンタリング性向上, 第88回触媒討論会, 2001.10.
394. Hiroki Hayashi, Li Zhe Chen, Teruoki Tago, Masahiro Kishida, Katsuhiko, CO hydrogenation over supported iron catalysts prepared using water-in-oil microemulsion, Proceeding of the 13th Symposium on Chemical Engineering Kyushu (JAPAN)-Taejon / Chungnam (KOREA), 2001.10.
395. 岸田 昌浩, コロイド微粒子の固定化と固体触媒への応用, 1st 界面特別研究会, 2001.09.
396. 池田 正憲, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 担持金属粒子の耐シンタリング性向上, 化学工学会 第34回秋季大会, 2001.09.
397. 林 博樹, 村田 清一郎, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, メタンのCO2の改質反応用Ni触媒の高性能化, 化学工学会 第34回秋季大会, 2001.09.
398. 多湖 輝興, 初田 隆俊, 宮嶋 寛太, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, シリカ包接コバルトフェライト超微粒子の調製とその磁気特性, 化学工学会 第34回秋季大会, 2001.09.
399. 岸田 昌浩 芝田 和弘, 多湖 輝興, 若林 勝彦, シリカ中における金属化合物粒子の1次元配列, 化学工学会 第34回秋季大会, 2001.09.
400. Masanori Ikeda, Teruoki Tago, Masahiro Kishida, Katsuhiko Wakabayashi, Effect of pressing Pt-Al2O3 catalyst on thermal stability and catalytic behavior in NO-CO reaction, 5th European Congress on Catalysis, 2001.09.
401. 浦 大佑,, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, エチレン水和触媒の新規調製法に関する研究, 38th化学関連支部九州大会, 2001.07.
402. 林 博樹, 村田 清一郎, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, マイクロエマルションを利用して調製したNi/Al2O3触媒のメタン−CO2改質特性, 第10回日本エネルギー学会大会, 2001.07.
403. Hiroki Hayashi, Li Zhe CHEN, Teruoki Tago, Masahiro Kishida, Katsuhiko Wakabayashi, Oxygenates Synthesis from Syngas Over Silica-supported Fe and Co Catalysts Prepared Using W/O Microemulsion, The 17th North American Catalysis Society Meeting, 2001.07.
404. 宮嶋 寛太, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 新規磁性材料の開発-シリカで包接された磁性微粒子へのアミノ基の導入-, 第38回化学関連支部合同九州大会, 2001.07.
405. 福芳 智信, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 有機バインダーを用いる異種金属複合ナノ微粒子の合成, 第38回化学関連支部合同九州大会, 2001.07.
406. 村田 清一郎, 林 博樹, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, Ni/Al2O3触媒によるメタンのCO2リフォーミング, 第38回化学関連支部合同九州大会, 2001.07.
407. 黒川 史郎, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, Ru錯体コロイドからのRu/SiO2触媒の調製とFT反応特性, 石油学会第50回研究発表会, 2001.05.
408. 岸田 昌浩, 芝田 和弘, 多湖 輝興, 若林 勝彦, シリカ中における金属化合物微粒子の1次元配列, 化工66年会, 2001.04.
409. 芝田 和弘, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 球状コロイドからのシリカ包接 金属ナノワイヤーの創製, 化学工学会 第66年会, 2001.04.
410. 岸田 昌浩 廣幡 実男, 浦 大佑, 多湖 輝興, 若林 勝彦, マイクロエマルションによるヘテロポリ酸触媒の調製, 化学工学会 第66年会, 2001.04.
411. Teruoki Tago, Takatoshi Hatsuta, Ryo Nagase, Masahiro Kishida, Katsuhiko Wakabayashi, Preparation of Silica-Coated Ferrite Nanoparticles using Water-in-Oil Microemulsion, The American Ceramic Society 103rd Annual Meeting & Exposition, D2B-12, 2001.04.
412. 安次嶺 智, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 担持Rh触媒のRh微粒子間隔とCO水素化反応特性, 第87回触媒討論会,, 2001.03.
413. 村田 清一郎, 林 博樹, 陳 利哲, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, マイクロエマルション法Fe触媒のCO水素化反応特性, 第87回触媒討論会, 2001.03.
414. 林 博樹, 村田 清一郎, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, マイクロエマルション法リフォーミング触媒の特性, 第87回触媒討論会, 2001.03.
415. 黒川 史郎, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, マイクロエマルション法RuSiO2触媒のFT反応特性, 化工宮崎大会, 2000.12.
416. 芝田 和弘, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, コロイド粒子の担体上への1次元配置, 化工宮崎大会, 2000.12.
417. Hiroaki Hayashi, Li Zhe Chen, Teruoki Tago, Masahiro Kishida, Katsuhiko Wakabayashi, CO hydrogenation over Fe/SiO2 catalysts prepared using water-in-oil microemulsion, 13th日韓シンポ, 2000.10.
418. Ikeda Masanori, Yoshihumi Naono, Teruoki Tago, Masahiro Kishida, Katsuhiko Wakabayashi, Effect of Additives on Tharmal Stability, 13th日韓シンポ, 2000.10.
419. Yosuke Shoji,Teruoki Tago,Masahiro Kishida,Katsuhiko Wakabayashi, A new preparation method for TiO2 catalysts suppoted on activer carbon, Proceeding of the 13th Symposium on Chemical Engineering Kyushu (JAPAN)-Taejon / Chungnam (KOREA), 2000.10.
420. Teruoki Tago, Ryo Nagase, Takatoshi Hatsuta, Masahiro Kishida, Katsuhiko Wakabayashi, Preparation of Silica–Coated Magnetite Nanoparticles Using Water-in-Oil Microemulsion, Proc. of the 8th International Conference on Ferrites, 2000.09.
421. 利弘 淳, 永松 茂樹, 猪俣 誠, 長田 秀夫, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 各種ゼオライトを用いるトリメチルベンゼンによるベンゼンアルキル化, 化学工学会 第33回秋季大会, 2000.09.
422. 廣幡 実男, 浦 大佑, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, マイクロエマルションを用いるシリカ担持モリブドリン酸アンモニウム触媒の調製とイソブタン酸化反応特性, 化学工学会第33回秋季大会, 2000.09.
423. 岸田 昌浩, 多湖 輝興, 若林 勝彦, マイクロエマルション法における触媒構造決定要因に関する考察, 化学工学会第33回秋季大会, 2000.09.
424. 初田 隆俊, 長瀬 亮, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 磁性物質をシリカで被覆した包接型微粒子の調製と磁力特性, 化学工学会第33回秋季大会, 2000.09.
425. 芝田 和弘, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 微粒子の1次元配列と金属ナノワイヤーの合成, 11th若手の会, 2000.08.
426. 黒川 史郎, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, フィッシャートロプシュ合成におけるRu粒子径の影響, 11th若手の会, 2000.08.
427. 岸田 昌浩, イギリス遊学記, 11th若手の会, 2000.08.
428. 黒川 史郎, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, Ru粒子径が制御されたRu-SiO2の調整とFischer-Tropsch反応特性, 37th化学関連支部九州大会, 2000.07.
429. 芝田 和弘, 角 雅文, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, Pt含有炭素膜の作製とそのガス分離特性, 37th化学関連支部九州大会, 2000.07.
430. 利弘 淳, 多湖 輝興, 永松 茂樹, 猪俣 誠, 長田 秀夫, 岸田 昌浩, 各種ゼオライト触媒を用いるトリメトルベンゼンによるベンゼンのアルキル化, 石油学会43th年会, 2000.05.
431. 角 雅文, 芝田 和弘, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 金属微粒子を含有した炭素膜のガス分離特性, 化学工学会 第65年会, 2000.03.
432. 多湖 輝興, 廣幡 実男, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, マイクロエマルションを利用して調製した金属酸化物担持モリブドリン酸アンモニウムによるイソブタンの部分酸化, 第3回高難度選択酸化反応シンポジウム, 1999.12.
433. 岸田 昌浩, 高性能光触媒創製のためのTiO2系複合超微粒子の粒子径と表面構造制御, 徳山科学技術振興財団平成10年度研究助成-成果報告, 1999.12.
434. Teruoki Tago, Takatoshi Hatsuta, Ryo Nagase, Masahiro Kishida and Katsuhiko Wakabayashi, Synthesis of Silica-Coated Cobalt Ferrite Nanoparticles Using Water-in-Oil Microemulsion, 第11回日本MRS学術シンポジウム, 1999.12.
435. 田代 靜香, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, WO3/Al2O3-ZrO2系触媒によるハロゲン化物の触媒分解, 第9回ハロゲン関連物質触媒研究発表会, 1999.12.
436. Teruoki Tago, Takeshi Sashida, Yousuke Shoji, Masahiro Kishida, Katsuhiko Wakabayashi, A New Preparation Method for Active Carbon-Supported TiO2 Catalyst, The 4th International Conference on Ecomaterials, 1999.11.
437. Pongtorn Dhupatemiya, Teruoki Tago, Masahiro Kishida and Katsuhiko Wakabayashi, Infrared Investigations on Supported Rh Catalysts Prepared Using Microemulsion, Regional Symposium on Chem. Eng. '99 (RSCE '99), 1999.11.
438. 林 博樹, 陳 利哲, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, マイクロエマルション法Pd-SiO2触媒による合成ガスからのC2+含酸素化合物合成, 第29回石油・石油化学討論会, 1999.11.
439. Masanori Ikeda, Shujiro Toyota, Teruoki Tago, Masahiro Kishida, Katsuhiko Wakabayashi, Preparation of Pt-sizes controlled Pt/Al2O3 catalysts and investigation of their catalytic performances in NO-CO reaction, 12th Symposium on Chemical Engineering Taejon/Chungnam-Kyushu, 1999.10.
440. Hiroki Hayashi, Li Zhe Chen, Teruoki Tago, Masahiro Kishida, Katsuhiko Wakabayashi, C2+oxygenates synthesis from syngas over Pd/SiO2 catalysts, 12th Symposium on Chemical Engineering Taejon/Chungnam-Kyushu, 1999.10.
441. Hiroaki Arita, Masanori Ikeda, Syujirou Toyota, Teruoki Tago, Masahiro Kishida, Katsuhiko Wakabayashi, Thermal stability of Pt/Al2O3 catalysts prepared by using microemulsion, 12th Symposium on Chemical Engineering Taejon/Chungnam-Kyushu, 1999.10.
442. Kiichiro Honse, Toshiaki Hanaoka, Teruoki Tago, Masahiro Kishida, Katsuhiko Wakabayashi, Hydrogenation of carbon dioxide over silica-supported rhodium catalysts with prepared using microemulsion, 12th Symposium on Chemical Engineering Taejon/Chungnam-Kyushu, 1999.10.
443. Takuaki Shiozaki, Shizuka Tasiro, Teruoki Tago, Masahiro Kishida, Katsuhiko Wakabayashi, Effects of Hydrophilic Solvents on Cyclohexene Synthesis in the Hydrogenation of Benzene, 12th Symposium on Chemical Engineering Taejon/Chungnam-Kyushu, 1999.10.
444. Masafumi Sumi, Kazuhiro Shibata, Makoto Fujiwara, Teruoki Tago, Masahiro Kishida, Katsuhiko Wakabayashi, Preparation of carbon membrane containing noble metal particles and their gas separation properties, 12th Symposium on Chemical Engineering Taejon/Chungnam-Kyushu, 1999.10.
445. Teruoki Tago, Yuriko Shibata, Ryo Nagase, Takatoshi Hatsuta, Masahiro Kishida Katsuhiko Wakabayashi, Preparation of Silica-Coated Rh Nanoparticles Using Reversed Micellar Solution, The 4th European Congress on Catalysis, 1999.09.
446. 多湖 輝興, 長瀬 亮, 初田 隆俊, ポントーン トゥーパテーミ, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, シリカで包接した貴金属超微粒子の形成機構と触媒活性, 第84回触媒討論会, 1999.09.
447. 初田 隆俊, 長瀬 亮, 佐田 暁久, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 包接型構造を有する機能性ナノ微粒子, 第10回九州地区若手ケミカルエンジニアリング討論会, 1999.08.
448. 廣幡 実男, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, ヘテロポリ酸触媒によるイソブタンの酸化反応, 第10回九州地区若手ケミカルエンジニアリング討論会, 1999.08.
449. 利弘 淳, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, ゼオライト触媒を用いたトリメチルベンゼンによるベンゼンのアルキル化, 第10回九州地区若手ケミカルエンジニアリング討論会, 1999.08.
450. 豊田 修二郎, 池田 正憲, 有田 浩明, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 異種金属微粒子の相互配置制御に関する研究, 第10回九州地区若手ケミカルエンジニアリング討論会, 1999.08.
451. 長田 秀夫, 田代 靜香, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, イソペンタンの気相酸化反応による3-メチルテトラヒドロフランの生成経路, 化学工学会福岡大会, 1999.08.
452. 庄子 洋丞, 指田 剛史, 角 雅文, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, TiO2微粒子の活性炭への新規固定化法と酢酸の光分解, 化学工学会福岡大会, 1999.08.
453. 有田 浩明, 池田 正憲, 豊田 修二郎, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, マイクロエマルションを利用して調製したPt/Al2O3触媒の熱的安定性, 化学工学会福岡大会, 1999.08.
454. 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, マイクロエマルション法によるロジウム等の貴金属触媒の調製, 第4回触媒学会精密表面材料研究会シンポジウム, 1999.08.
455. 初田 隆俊, 長瀬 亮, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 磁性材料をSiO2で包接したナノ微粒子の調製と磁力特性の向上, 第36回化学関連支部合同九州大会,, 1999.07.
456. 陳 利哲, 林 博樹, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, CO水素化におけるマイクロエマルション法Pd/SiO2触媒の特異な反応性, 第36回化学関連支部合同九州大会,, 1999.07.
457. 豊田 修二郎, 池田 正憲, 有田 浩明, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, マイクロエマルション法によるPt/Al2O3触媒のシンタリング抑制, 第36回化学関連支部合同九州大会,, 1999.07.
458. 潮崎 琢信, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, Ru触媒上でのベンゼン水素化によるシクロヘキセン合成, 第36回化学関連支部合同九州大会,, 1999.07.
459. 豊田 修二郎, 池田 正憲, 有田 浩明, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, マイクロエマルション法によるPt/SiO2触媒のシンタリング抑制, 第36回化学関連支部合同九州大会, 1999.07.
460. 花岡 寿明, 王 強, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, マイクロエマルションを利用する触媒調製法における界面活性剤と溶媒の分子構造の影響, 石油学会41年会, 1999.05.
461. 本瀬 貴一, 花岡 寿明, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, シリカ表面積の異なるRh/SiO2触媒のCO2水素化反応特性, 第83回触媒討論会, 1999.03.
462. 池田 正憲, 有田 浩明, 豊田 修二郎, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, Pt/Al2O3触媒のPt粒子径制御とNO-CO反応, 第83回触媒討論会, 1999.03.
463. 指田 剛史, 角 雅文, 庄子 洋丞, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 炭化物にTiO2を固定化した触媒の調製と酢酸の光分解, 化学工学会 第64年会, 1999.03.
464. 長瀬 亮, 初田 隆俊, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 包接構造を有する新規ナノスケール超微粒子の調製, 化学工学会第64年会, 1999.03.
465. 柴田 百合子, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, Rh-SiO2Frogspawn-Like超微粒子の調製とその形成機構に関する研究, 化工沖縄, 1998.11.
466. 花岡 寿明, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 液相微粒子の粒子径制御と無機担体への固定化, 化工沖縄, 1998.11.
467. 藤原 誠, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 貴金属微粒子を含有した炭素膜の調製とそのガス分離特性, 化工沖縄, 1998.11.
468. 穴見 哲, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, マイクロエマルション法Rh触媒に対する第二金属添加効果に関する検討, 化工沖縄, 1998.11.
469. 指田 剛史, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 活性炭担持TiO2触媒の調製と低濃度酢酸の光分解, 化工沖縄, 1998.11.
470. 煙草谷 浩志, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 二元金属酸化物触媒によるイソブタン酸化特性, 化工沖縄, 1998.11.
471. 林 博樹, 陳 利哲, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, Pd/SiO2触媒による合成ガスからの炭素数2以上の含酸素化合物合成, 化工沖縄, 1998.11.
472. 王 強, 花岡 寿明, 多湖 輝興, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, Rh/SiO2触媒のRh粒子間距離とCO水素化反応特性, 化工沖縄, 1998.11.
473. ポントーン トゥーパテーミー, 岸田 昌浩, 多湖 輝興, 若林 勝彦, マイクロエマルション法Rh/SiO2触媒のCO吸着種とRh表面状態, 化工沖縄, 1998.11.
474. Pongtorn Dhupatemiya, Masanori Ikeda,Teruoki Tago, Masahiro Kishida, Katsuhiko Wakabayashi, The Adsorbed CO Species on Rh-SiO2 Catalysts Prepared Using Microemulsion, Regional Symposium at Manila, 1998.10.
475. ポントーン トゥーパテーミー, 岸田 昌浩, 多湖 輝興, 若林 勝彦, マイクロエマルション法RhSiO2触媒におけるCO吸着種, 82th触媒討論会, 1998.09.
476. 竹島 伸一, 池田 正憲, 有田 浩明, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, マイクロエマルションを利用したCZS微粒子担持触媒のO2ストレージ, 82th触媒討論会, 1998.09.
477. 有田 浩明, 池田 正憲, 豊田 修二郎, 岸田 昌浩, 多湖 輝興, 若林 勝彦, マイクロエマルションを利用したPtAl2O3触媒の熱的安定性, 9th若手の会, 1998.07.
478. 角 雅文, 指田 剛史, 庄子 洋丞, 岸田 昌浩, 多湖 輝興, 若林 勝彦, TiO2系触媒による水の光分解, 化工・9th若手の会, 1998.07.
479. 有田 浩明, 池田 正憲, 豊田 修二郎, 岸田 昌浩, 多湖 輝興, 若林 勝彦, マイクロエマルションを利用したPtAl2O3触媒の熱的安定性, 化工・9th若手の会, 1998.07.
480. 柴田 百合子, 中田 法正, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 貴金属微粒子を芯物質とするエッグシェル微粒子の調製, 81th触媒討論会, 1998.03.
481. 林 博樹, 金 原瑩, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, Pd錯体微粒子の固定化を利用するPd/SiO2触媒の調製, 81th触媒討論会, 1998.03.
482. 林 博樹, 金 原瑩, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, Pd錯体微粒子の固定化を利用するPd/SiO2触媒の調製とCO水素化反応特性, 81th触媒討論会, 1998.03.
483. ポントーン トゥーパテーミー, 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, マイクロエマルションを利用して調製したRh/SiO2触媒上のCO吸着状態に関する研究, 化工63年会, 1998.03.
484. 池田 正憲, 竹島 伸一, 有田 浩明, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, Pt超微粒子担持触媒の調製とNO-CO反応, 化工63年会, 1998.03.
485. 池田 正憲, 竹島 伸一, 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, マイクロエマルションを利用したPt/Al2O3触媒の調製とNO-CO反応, 27th石油討論会, 1997.11.
486. ポントーン トゥーパテーミー, 甲斐 真吾, 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, Rh粒子径制御されたRh/SiO2触媒上のCO吸着状態に関する研究, 27th石油討論会, 1997.11.
487. Won-Young Kim, Masahiro Kishida, Hideo Nagata, Katsuhiko Wakabayashi, Methanol Synthesis from Syngas over Supported Noble Metal Catalysts Prepared Using w/o Microemulsion, 化工30th秋季, 1997.09.
488. 花岡 寿明, 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, マイクロエマルションを利用する担持金属粒子径の独立制御, 8th若手の会(化工), 1997.08.
489. 穴見 哲, 花岡 寿明, 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, マイクエマルションを利用する低担時Rh触媒の高活性化, 8th若手の会(化工), 1997.07.
490. 池田 正憲, 長田 秀夫, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, マイクロエマルションを利用したPt/Al2O3触媒のNO-CO反応特性, 8th若手の会(化工), 1997.07.
491. 穴見 哲, 花岡 寿明, 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, マイクロエマルションを利用する低担持Rh触媒の高性能化に関する検討, 石油学会40th年会, 1997.05.
492. 瀧山 吉宏, 井口 哲治, 長田 秀夫, 岸田 昌, 若林 勝彦, 白金担持MFI型メタロシリケート触媒のブタン脱水素骨格異性化反応における酸性質の影響, 石油学会40th年会, 1997.05.
493. 指田 剛史, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 種々の逆ミセルを利用して調製したTiO2触媒による酢酸の光分解特性, 化工62年会, 1997.03.
494. 花岡 寿明, 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, アニオン性界面活性剤の逆ミセルを利用したRh超微粒子担持触媒のRh粒子径制御, 26th石油・石油化学討論会, 1996.11.
495. 田代 静香, 長田 秀夫, 岸田 昌浩, 田森 行男, 水野 光一, 若林 勝彦, CFC-12の接触燃焼分解に関する研究, 78th触媒討論会, 1996.10.
496. 一木 建一郎, 馬越 和幸, 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, マイクロエマルションを利用した触媒調製法における超微粒子金属固定化過程に関する研究, 化工飯塚大会, 1996.07.
497. 花岡 寿明, 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, マイクロエマルションを利用した触媒調製法における界面活性剤および溶媒の影響, 化工飯塚大会, 1996.07.
498. 尾上 恭太郎, 石山 淳一, 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, CO2水素反応におけるRh粒子径の影響と熱的安定性に関する研究, 化工飯塚大会, 1996.07.
499. 粟山 克宏, 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, マイクロエマルション法で調製したMoO3/SiO2触媒によるメタンの部分酸化反応, 化工飯塚大会, 1996.07.
500. 田代 静香, 長田 秀夫, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 田森 行男, 水野 光一, CFC-12の接触燃焼分解, 33rd化学関連支部合同九州大会, 1996.07.
501. 岸田 昌浩, 馬越 和幸, 花岡 寿明, 長田 秀夫, 若林 勝彦, 含酸素化合物合成用貴金属触媒の粒子径制御, 石油学会39年会, 1996.05.
502. 金 原瑩, 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, マイクロエマルションを用いた担持金属触媒の微粒子化とCO水素化反応特性, 化工61年会, 1996.04.
503. 花岡 寿明, 馬越 和幸, 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, マイクロエマルションを利用したRh超微粒子担持触媒の調製法と金属粒子径制御, 化工61年会, 1996.04.
504. 瀧山 吉宏, 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, マイクロエマルションを利用して調製したCr2O3/Al2O3触媒のn-ブタン脱水素特性, 化工61年会, 1996.04.
505. 尾上 恭太郎, 石山 淳一, 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, マイクロエマルションを用いた触媒の調製条件と劣化特性, 日本化学会70th春, 1996.03.
506. 一木 建一郎, 馬越 和幸, 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, W/Oマイクロエマルションを用いて調製したRh/SiO2触媒の構造とCO水素化反応特性, 日本化学会70th春, 1996.03.
507. 岸田 昌浩, 金 原瑩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, マイクロエマルションによるPd触媒の粒子径制御とその水素化反応特性, 石油学会25th討論会, 1995.11.
508. 馬越 和幸, 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, マイクロエマルションを用いた触媒調製における調製条件の検討, 76th触媒討論, 1995.10.
509. 大塚 修平, 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, アンモニア定温脱離法による固体酸点の新規評価法, 76th触媒討論, 1995.10.
510. 井口 哲治, 瀧山 吉宏, 長田 秀夫, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, メタロシリケート触媒を用いたn-ブタンからのイソブテン生成, 化工28th秋季, 1995.09.
511. 石山 淳一, 尾山 恭太郎, 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, 和田 雄高, マイクロエマルションを利用した調整法による貴金属担持触媒の特性, 化工28th秋季, 1995.09.
512. 長田 秀夫, 金 原瑩, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 貴金属微粒子担持触媒による合成ガスからのメタノール合成, 化工28th秋季, 1995.09.
513. 長田 秀夫, 瀧山 吉宏, 井口 哲治, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 酸化ガリウム系触媒とゼオライト触媒を組み合わせたn-ブタンからのイソブテンの合成, 石油学会38年会, 1995.05.
514. Hideo Nagata, Yuichi Egaawa, Shizuka Tashiro, Masahiro Kishida, Takehiko Ito, Katsuhiko Wakabayashi, Study on Platinum Catalysts for Complete Combustion of Propane, Environmental Catalysis, 1995.05.
515. Masahiro Kishida, Yoshihiro Takiyama, Kenji Uno, Hideo Nagata, Katsuhiko Wakabayashi, NOVEL PREPARETION OF SUPPORTED CATALYSTS USING MICROEMULSIONS AND THEIR CATALYTIC PERFORMANCE, 電顕研究報告, 1995.03.
516. 長田 秀夫, 大竹 永時, 庄司 宏, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, ZSM-5ゼオライトの生成速度に対する前駆体調製条件の影響, 化工60年会, 1995.03.
517. 石山 淳一, 馬越 和幸, 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, 和田 雄高, 貴金属微粒子固定化触媒における金属粒子径と水素化反応特性に関する研究, 化工60年会, 1995.03.
518. 田代 静香, 長田 秀夫, 岸田 昌浩, 水野 光一, 田森 行男, 若林 勝彦, 炭化水素共存下におけるCFC-12の接触燃焼分解, 化工60年会, 1995.03.
519. 金 原瑩, 岸田 昌浩, 一木 健一郎, 長田 秀夫, 若林 勝彦, マイクロエマルションを利用して調製したPd担持触媒の水素化反応, 化工熊本, 1994.11.
520. 江川 勇一, 長田 秀夫, 岸田 昌浩, 伊藤 建彦, 若林 勝彦, Pt/WO3-ZrO2触媒の希薄プロパン燃焼特性, 74th触媒討論, 1994.10.
521. 大塚 修平, 長田 秀夫, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, Gaシリケート中におけるGaの存在状態に関する研究, 74th触媒討論会, 1994.10.
522. 石山 淳一, 山田 圭記, 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 和田 雄高, 若林 勝彦, 担持金属触媒による炭酸ガスの接触水素化反応, 74th触媒討論, 1994.10.
523. 金 原瑩, 松元 武史, 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, Ir-Mo-Rh触媒による一酸化炭素からのC2+アルコール合成, 化工27th秋季大会, 1994.09.
524. 井口 哲治, 金 原瑩, 長田 秀夫, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, ZSM-11系触媒を用いたn-ブタンからのイソブテン生成, 化工27th秋季大会, 1994.09.
525. 藤田 卓志, 金 原瑩, 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, マイクロエマルションを利用した水素化反応用触媒の調製, 化工27th秋季大会, 1994.09.
526. 岸田 昌浩, 大塚 修平, 長田 秀夫, 若林 勝彦, 滞留時間分布関数を導入した新しい固体酸性質の評価法, 化工27th秋季大会, 1994.09.
527. 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, マイクロエマルションを利用した金属超微粒子担持触媒の新規調製法, 化工若手討論会, 1994.08.
528. 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, マイクロエマルションを利用した超微粒子担持触媒の新規触媒調製法に関する研究, 石油学会37th年会, 1994.05.
529. 藤田 卓志, 岸田 昌浩, 馬越 和幸, 長田 秀夫, 若林 勝彦, マイクロエマルションを利用した新規触媒調整法に関する研究① 触媒のキャラクタリゼーション, 化工59年会, 1994.03.
530. 瀧山 吉宏, 岸田 昌浩, 鵜野 健次, 長田 秀夫, 若林 勝彦, マイクロエマルションを利用した新規触媒調整法に関する研究③ アルカンの酸化・アンモ酸化反応特性, 化工59年会, 1994.03.
531. 馬越 和幸, 岸田 昌浩, 藤田 卓志, 長田 秀夫, 若林 勝彦, マイクロエマルションを利用した新規触媒調製法に関する研究② CO及びCO2の水素化反応特性, 化工59年会, 1994.03.
532. 大竹 永時, 東田 健治, 長田 秀夫, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 第四周期金属を含メタロシリケートのn-ブタン転化特性, 化工59年会, 1994.03.
533. 松元 武史, 石山 淳一, 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, Ir-Mo系触媒による合成ガスからの低級アルコールの合成, 化工26th秋季, 1993.10.
534. 岸田 昌浩, 田代 静香, 高倉 泰次郎, 長田 秀夫, 水野 光一, 田森 行男, 若林 勝彦, 炭化水素共存下でのCFC類の接触燃焼分解, 72th触媒討論会, 1993.09.
535. 江川 勇一, 長田 秀夫, 岸田 昌浩, 伊藤 建彦, 若林 勝彦, Pt触媒による希薄炭化水素の燃焼特性, 化工26th秋季, 1993.09.
536. 田代 静香, 長田 秀夫, 岸田 昌浩, 高倉 泰次郎, 水野 光一, 田森 行男, 若林 勝彦, γ-アルミナ担持触媒による炭化水素共存下でのCFC-115の接触燃焼分解, 化工26th秋季, 1993.09.
537. 山田 圭紀, 長田 秀夫, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 炭酸ガスの接触水素化反応による低級アルコール合成, 化工26th秋季, 1993.09.
538. 東田 健治, 大竹 永時, 長田 秀夫, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, アルコキシド法を利用した第四周期金属の他元素置換, 化工26秋季, 1993.09.
539. 岸田 昌浩, 伊藤 建彦, 浜田 秀昭, 金田一 嘉昭, 松元 武史, 長田 秀夫, 若林 勝彦, Ir-Mo系触媒によるCOの水素化反応, 化工58年会, 1993.03.
540. 江川 勇一, 長田 秀夫, 岸田 昌浩, 伊藤 建彦, 若林 勝彦, 各種金属触媒による炭化水素の燃焼特性, 化工58年会, 1993.03.
541. 長田 秀夫, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, 白金触媒によるCO水素化反応の速度論的検討, 化工58年会, 1993.03.
542. 東田 健治, 大竹 永時, 長田 秀夫, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, アルコキシド法を利用したGa-シリケートの合成, 化工58年会, 1993.03.
543. 白石 哲也, 山木 教広, 岸田 昌浩, 長田 秀夫, 若林 勝彦, イソブタンの気相接触酸化反応, 化工58年会, 1993.03.
544. 高倉 泰次郎, 長田 秀夫, 岸田 昌浩, 水野 光一, 田森 行男, 若林 勝彦, 各種固体酸によるCFC-115の接触燃焼分解, 化工58年会, 1993.03.
545. 山田 圭紀, 松元 武史, 長田 秀夫, 岸田 昌浩, 若林 勝彦, COおよびCO2の接触水素化反応によるアルコール合成, 化工25th秋, 1992.10.
546. 岸田 昌浩, 原田 誠, wO マイクロエマルション内外間の過程, 化工21th秋, 1992.10.
547. 岸田 昌浩, 原田 誠, W/Oマイクロエマルジョン中のCu(Ⅱ)及びキレート錯体の状態と錯生成反応, 化工56th年会, 1991.03.
548. 吉川 正和, 岸田 昌浩, 森 敬和, 谷垣 昌敬, 江口 彌, シッフ塩基生成反応を基質認識反応に用いたアミノ化合物の液膜による促進輸送, 化工21th秋, 1990.10.
549. 岸田 昌浩, 木下 正弘, 原田 誠, ランダムな空間配位及び吸着構造を持つ材料の特性, 化工22th秋, 1989.10.
550. 岸田 昌浩, 木下 正弘, 原田 誠, ランダムな空間配位及び吸着構造を有する材料の特性, 化工54th年会, 1989.04.
551. 木下 正弘, 原田 誠, 岸田 昌浩, アモルファス固体中における粒子のランダムウォーク, 化工21th秋, 1988.10.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」