九州大学 研究者情報
発表一覧
清家 規(せいけ ただし) データ更新日:2020.07.21

准教授 /  人間環境学研究院 都市・建築学部門 構造防災系


学会発表等
1. 清家 規, 福島原発過酷事故におけるリスクコミュニケーションに関する研究(その3)まとめと今後目指すべき方向, 日本建築学会, 2013.08.
2. 辻角光志朗,清家 規, 福島原発過酷事故におけるリスクコミュニケーションに関する研究(その2)放射線物質を巡る議論の混乱について, 日本建築学会, 2013.08.
3. 島田翔平,清家 規, 福島原発過酷事故におけるリスクコミュニケーションに関する研究(その1)政府による情報統制の失敗とその結果としての食品基準値, 日本建築学会, 2013.08.
4. 清家 規, 列島強靭化論と財政の持続可能性に関する考察, 日本建築学会, 2013.03.
5. 清家 規, 東日本大震災後の経済動向と社会的人口変動に関する考察, 日本建築学会, 2012.03.
6. 清家 規, 広域合併市町村の災害対応を含んだ周辺市町村の衰退問題についての考察, 日本建築学会, 2009.08.
7. 清家 規, 過疎地の災害について考えること, 日本自然災害学会, 2003.09.
8. 清家 規, 現在,災害を考える, 日本災害情報学会, 2003.10.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」