九州大学 研究者情報
総説一覧
河江 達也(かわえ たつや) データ更新日:2022.02.11

准教授 /  工学研究院 エネルギー量子工学部門 応用物理学


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 家永紘一郎、高田弘樹、河江達也, トンネル効果による金属内への水素吸蔵, 固体物理, 2018.06.
2. 石渡 洋一, 高橋 栄光, 山下 翔伍, 森長 千尋, 赤司 健太, 手塚 泰久, 石井 啓文, 稲垣 祐次, 河江 達也, 木田 徹也, 南任 真史, 石橋 幸治, 10aAV-1 ノンドープおよびVドープTiO_2ナノ粒子の磁性と電子状態(10aAV 半導体スピントロニクス,領域4(半導体,メゾスコピック系・局在)), 日本物理学会講演概要集, Vol.69, No.2, p.496, 2014.08.
3. 坂元 康剛, 諸冨 大樹, 稲垣 祐次, 河江 達也, 浅野 貴行, 7aPS-101 CoMoO_4の極低温磁化(7aPS 領域3ポスターセッション(遍歴・化合物・酸化物・f電子系磁性,スピングラス,量子スピン,フラストレーション,磁気共鳴),領域3(磁性)), 日本物理学会講演概要集, Vol.69, No.2, p.255, 2014.08.
4. 上野 友輔, 高田 弘樹, 家永 紘一郎, 稲垣 祐次, 辻井 宏之, 河江 達也, 9pPSA-138 超伝導ナノコンタクトにおけるジョセフソン効果のサイズ依存性(9pPSA 領域9ポスターセッション,領域9(表面・界面,結晶成長)), 日本物理学会講演概要集, Vol.69, No.2, p.670, 2014.08.
5. 藤原 理賀, 板橋 卓也, 玉造 博夢, 満田 節生, 諸冨 大樹, 河江 達也, 7aPS-148 孤立四面体量子スピン系新物質K_2Cu_3O(SO_4)_3の磁性(7aPS 領域3ポスターセッション(遍歴・化合物・酸化物・f電子系磁性,スピングラス,量子スピン,フラストレーション,磁気共鳴),領域3(磁性)), 日本物理学会講演概要集, Vol.69, No.2, p.265, 2014.08.
6. 河江 達也, 稲垣 祐次, 佐藤 由昌, 蓮尾 斉彦, SQUID磁束計用3Heインサートの開発, 固体物理, Vol.49 No.5, 327-332, 2014.06.
7. 諸冨 大樹, 佐藤 由昌, 稲垣 祐次, 河江 達也, 藤原 理賀, 鄭 旭光, 27aPS-86 孤立したCu^<2+>四面体スピン構造を持つ物質K_4Cu_4X_<10>O (X=cl,Br)の極低温比熱測定(27aPS 領域3ポスターセッション,領域3(磁性)), 日本物理学会講演概要集, Vol.69, No.1, p.495, 2014.03.
8. 石渡 洋一, 高橋 栄光, 今村 真幸, 東 純平, 高橋 和敏, 鎌田 雅夫, 石井 啓文, 手塚 泰久, 稲垣 祐次, 河江 達也, 木田 徹也, 南任 真史, 石橋 幸治, 27pCG-7 V_2O_3ナノ結晶におけるCrドープ量依存性(27pCG バナジウム・チタン酸化物,領域8(強相関系)), 日本物理学会講演概要集, Vol.69, No.1, p.566, 2014.03.
9. 家永 紘一郎, 高田 弘樹, 大西 雄貴, 稲垣 祐次, 辻井 宏之, 河江 達也, 28pPSA-66 非弾性電子スペクトル測定を用いたPdへの液体水素吸蔵過程の研究(28pPSA 領域9ポスターセッション,領域9(表面・界面・結晶成長)), 日本物理学会講演概要集, Vol.69, No.1, p.893, 2014.03.
10. 高田 弘樹, 家永 紘一郎, 大西 雄貴, 稲垣 祐次, 辻井 宏之, 河江 達也, 28pPSA-69 バナジウムナノコンタクトにおけるジョセフソン電流と近藤効果の競合(28pPSA 領域9ポスターセッション,領域9(表面・界面・結晶成長)), 日本物理学会講演概要集, Vol.69, No.1, p.894, 2014.03.
11. 家永 紘一郎, 高田 弘樹, 大西 雄貴, 稲垣 祐次, 辻井 宏之, 河江 達也, 30aBF-11 Pdへの水素吸蔵における水素原子トンネル機構の寄与(30aBF 制限空間He・低次元系,領域6(金属(液体金属・準結晶)・低温(超低温・超伝導・密度波))), 日本物理学会講演概要集, Vol.69, No.1, p.811, 2014.03.
12. 佐藤 由昌, 古谷 圭一, 諸富 大樹, 河江 達也, 鈴木 博之, 大塚 一輝, 根本 祐一, 27aCJ-5 PrAg_2In純良単結晶における極低温比熱・磁化測定II(27aCJ 希土類化合物(磁性・重い電子状態・価数揺動など),領域8(強相関系)), 日本物理学会講演概要集, Vol.69, No.1, p.549, 2014.03.
13. 古谷 圭一, 佐藤 由昌, 蓮尾 斎彦, 稲垣 祐次, 河江 達也, 藤原 哲也, 松林 和幸, 上床 美也, 28aPS-86 SQUID磁束計を用いた極低温磁化測定装置の開発IV(28aPS 領域8ポスターセッション(重い電子系・籠状物質・酸化物など),領域8(強相関係)), 日本物理学会講演概要集, Vol.69, No.1, p.613, 2014.03.
14. 河江 達也, 古賀 幹人, 佐藤 由昌, 牧山 駿, 稲垣 祐次, 立岩 尚之, 藤原 哲也, 鈴木 博之, 北井 哲夫, 25aEC-1 Γ_3基底二重項をもつPr_<0.05>La_<0.95>Pb_3における非線形磁化率測定(多極子・籠状物質1(非クラマース系・充填スクッテルダイト・他),領域8(強相関系分野:高温超伝導,強相関f電子系など)), 日本物理学会講演概要集, Vol.68, No.2, p.442, 2013.08.
15. 佐藤 由昌, 古谷 圭一, 河江 達也, 鈴木 博之, 25aEC-2 PrAg_2In純良単結晶を用いた極低温比熱・磁化測定(多極子・籠状物質1(非クラマース系・充填スクッテルダイト・他),領域8(強相関系分野:高温超伝導,強相関f電子系など)), 日本物理学会講演概要集, Vol.68, No.2, p.442, 2013.08.
16. 鈴木 博之, 松下 能孝, 佐藤 由昌, 河江 達也, 谷田 博司, 高木 滋, 25aPS-78 PrAg_2Inの低温物性とキャラクタリゼーション(領域8ポスターセッション(籠状化合物・重い電子系および価数揺動など),領域8(強相関系分野:高温超伝導,強相関f電子系など)), 日本物理学会講演概要集, Vol.68, No.2, p.454, 2013.08.
17. 佐藤 由昌, 古谷 圭一, 牧山 駿, 稲垣 祐次, 河江 達也, 鈴木 博之, 北井 哲夫, 25aPS-79 Γ_3基底二重項をもつPr化合物における極低温高精度磁化率測定(領域8ポスターセッション(籠状化合物・重い電子系および価数揺動など),領域8(強相関系分野:高温超伝導,強相関f電子系など)), 日本物理学会講演概要集, Vol.68, No.2, p.454, 2013.08.
18. 高橋 栄光, 石渡 洋一, 手塚 泰久, 木田 徹也, 石井 啓文, 稲垣 祐次, 河江 達也, 南任 真史, 石橋 幸治, 25pPSB-61 Coドープルチル型TiO_2における強磁性Coイオン(領域3ポスターセッション(量子スピン・フラストレーション・スピングラス・f電子・酸化物・化合物磁性),領域3(磁性,磁気共鳴)), 日本物理学会講演概要集, Vol.68, No.2, p.394, 2013.08.
19. 福井 博章, 久保 克隆, 浅野 貴行, 和田 裕文, 諸富 大樹, 稲垣 祐次, 河江 達也, 三田 稔, 松尾 晶, 金道 浩一, 佐藤 卓, 25pPSB-63 CoMoO_4の磁気的性質とクロミズム制御(領域3ポスターセッション(量子スピン・フラストレーション・スピングラス・f電子・酸化物・化合物磁性),領域3(磁性,磁気共鳴)), 日本物理学会講演概要集, Vol.68, No.2, p.394, 2013.08.
20. 北島 成人, 藤原 理賀, 鄭 旭光, 諸富 大樹, 河江 達也, 27pKE-15 三角格子物質CuOHClにおける磁気転移(X線・粒子線(ミュオン),領域10(誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン)), 日本物理学会講演概要集, Vol.68, No.2, p.876, 2013.08.
21. 高田 弘樹, 家永 紘一郎, 大西 雄貴, 稲垣 祐次, 辻井 宏之, 河江 達也, 27pPSA-23 ナノコンタクト型ジョセフソン接合における微分伝導特性のサイズ変化(領域9ポスターセッション,領域9(表面・界面,結晶成長)), 日本物理学会講演概要集, Vol.68, No.2, p.812, 2013.08.
22. 松林 和幸, 河江 達也, 山下 哲朗, 大原 繁男, 北川 健太郎, 上床 美也, 26pEB-12 圧力誘起磁気秩序を示すYbCo_2Zn_<20>およびYbNi_3Ga_9におけるメタ磁性の圧力効果(Yb系化合物(価数揺動・量子臨界現象など),領域8(強相関系分野:高温超伝導,強相関f電子系など)), 日本物理学会講演概要集, Vol.68, No.2, p.542, 2013.08.
23. 大西 雄貴, 家永 紘一郎, 高田 弘樹, 稲垣 祐次, 辻井 宏之, 河江 達也, 27pPSA-24 液体水素温度におけるPdの水素吸蔵(領域9ポスターセッション,領域9(表面・界面,結晶成長)), 日本物理学会講演概要集, Vol.68, No.2, p.813, 2013.08.
24. Masayoshi Fujihala, Xu Guang Zheng, Xu Guang Zheng, Hiroki Morodomi, Tatsuya Kawae, Isao Watanabe, Magnetic transition in K4Cu4OCl10: A model system of three-dimensional spin-12 tetrahedra, Physical Review B - Condensed Matter and Materials Physics, 10.1103/PhysRevB.87.144425, Vol.87, 2013.04, Isolated spin tetrahedral systems with weak intertetrahedral couplings, as have been reported for Cu2Te2O5X2 (X = Cl, Br) and the related compound Cu4Te5O 12Cl4, have received much attention recently because they represent an interesting class of magnets that consist of weakly coupled magnetic clusters and, in particular, they can directly demonstrate the interplay of intertetrahedral couplings with built-in tetrahedral frustration. However, there is much debate about the structural low dimensionality of the Cu-Te-O-Cl(Br) compounds and its effect on the magnetism of the material. Here, we present a model spin tetrahedral system K4Cu4OCl 10, with almost isotropic magnetic coupling within the tetrahedron and three-dimensional connection of the tetrahedra. The system enters a spin-singlet state with a susceptibility maximum at Tmax = 11 K, and then enters an antiferromagnetic order at TN = 4.4 K. The ratio TN/Tmax = 0.40 is close to the TN/T max = 0.38 for Cu2Te2O5Br 2, which is viewed as an indicator of closeness to quantum criticality. Evidence in muon-spin rotation or relaxation suggests an incommensurate ordering. This work shows that the previously revealed ground state in aniso.
25. 家永紘一郎, 稲垣祐次, 河江 達也, ナノサイズ強磁性金属における近藤効果の研究, 九州大学 低温センターだより, 2013.03.
26. 徐 興亮, 藤原 理賀, 鄭 旭光, 諸富 大樹, 河江 達也, 26aPS-70 スピン四面体paratacamiteの磁気転移(26aPS 領域3ポスターセッション,領域3(磁性,磁気共鳴)), 日本物理学会講演概要集, Vol.68, No.1, p.514, 2013.03.
27. 諸冨 大樹, 佐藤 由昌, 稲垣 祐次, 河江 達也, 藤原 理賀, 鄭 旭光, 26aPS-94 孤立したCu^<2+>四面体スピン構造を持つ物質K_4Cu_4Cl_<10>Oの極低温物性測定II(26aPS 領域3ポスターセッション,領域3(磁性,磁気共鳴)), 日本物理学会講演概要集, Vol.68, No.1, p.520, 2013.03.
28. 高田 弘樹, 家永 紘一郎, 大西 雄貴, 稲垣 祐次, 河江 達也, 辻井 宏之, 26pPSA-58 超伝導ナノコンタクト(Sn,Pb)の電気伝導特性におけるサイズ変化の効果(26pPSA 領域9ポスターセッション,領域9(表面・界面,結晶成長)), 日本物理学会講演概要集, Vol.68, No.1, p.982, 2013.03.
29. 大西 雄貴, 家永 紘一郎, 高田 弘樹, 稲垣 祐次, 辻井 宏之, 河江 達也, 26pPSA-61 電気伝導測定を用いた液体水素中Pdナノワイヤの水素吸蔵過程の探究(26pPSA 領域9ポスターセッション,領域9(表面・界面,結晶成長)), 日本物理学会講演概要集, Vol.68, No.1, p.983, 2013.03.
30. 佐藤 由昌, 牧山 駿, 稲垣 祐次, 鬼丸 孝博, 鈴木 博之, 河江 達也, 29aEN-7 SQUID磁束計を用いた極低温磁化測定によるPrPb_3四極子秩序構造の探究(29aEN 多極子,領域8(強相関系:高温超伝導,強相関f電子系など)), 日本物理学会講演概要集, Vol.68, No.1, p.684, 2013.03.
31. 家永 紘一郎, 高田 弘樹, 大西 雄貴, 稲垣 祐次, 河江 達也, 辻井 宏之, 木村 崇, 29aXK-6 磁気抵抗測定を用いたPdナノワイヤの強磁性の研究(29aXK ナノチューブ・ナノワイヤ,領域9(表面・界面,結晶成長)), 日本物理学会講演概要集, Vol.68, No.1, p.1005, 2013.03.
32. 藤原 理賀, 鄭 旭光, 諸冨 大樹, 河江 達也, 松尾 晶, 金道 浩一, 川崎 郁斗, Guo Hanjie, 渡邊 功雄, 26aXY-5 層間相互作用のないカゴメ反強磁性体の異常スピン凍結(26aXY カゴメ格子・スピングラス,領域3(磁性,磁気共鳴)), 日本物理学会講演概要集, Vol.68, No.1, p.496, 2013.03.
33. 佐藤 由昌, 河江 達也, 牧山 駿, 稲垣 祐次, 藤原 哲也, 松林 和幸, 上床 美也, 27aPS-92 SQUID磁束計を用いた極低温磁化測定装置の開発III(27aPS 領域8ポスターセッション(磁性,低温1),領域8(強相関系:高温超伝導,強相関f電子系など)), 日本物理学会講演概要集, Vol.68, No.1, p.631, 2013.03.
34. 家永 紘一郎, 中島 尚也, 大西 雄貴, 稲垣 祐次, 辻井 宏之, 木村 崇, 河江 達也, 18aFN-8 Pd原子サイズワイヤにおけるゼロバイアス異常(18aFN 領域9,領域3合同 表面磁性,領域9(表面・界面,結晶成長)), 日本物理学会講演概要集, Vol.67, No.2, p.812, 2012.08.
35. 佐藤 由昌, 牧山 駿, 稲垣 祐次, 河江 達也, 鈴木 博之, 鬼丸 孝博, 20aPSA-71 PrPb_3四極子秩序における磁場誘起多極子に起因した相転移現象(20aPSA 領域8ポスターセッション(磁性,低温1),領域8(強相関係:高温超伝導,強相関f電子系など)), 日本物理学会講演概要集, Vol.67, No.2, p.523, 2012.08.
36. 大西 雄貴, 家永 紘一郎, 横田 智彦, 稲垣 祐次, 辻井 宏之, 河江 達也, 20pPSA-67 液体水素中におけるPdナノワイヤの電気伝導測定(20pPSA 領域9 ポスターセッション,領域9(表面・界面,結晶成長), 日本物理学会講演概要集, Vol.67, No.2, p.845, 2012.08.
37. 牧山 駿, 佐藤 由昌, 坂元 康剛, 蓮尾 斎彦, 稲垣 祐次, 河江 達也, 藤原 哲也, 松林 和幸, 上床 美也, 20aPSB-42 SQUID磁束計を用いた極低温磁化測定装置の開発II(20aPSB 領域8ポスターセッション(磁性,低温1),領域8(強相関係:高温超伝導,強相関f電子系など)), 日本物理学会講演概要集, Vol.67, No.2, p.534, 2012.08.
38. 松林 和幸, 山中 里奈, 河江 達也, 上床 美也, 21aFH-9 重い電子系物質YbCo_2Zn<20>におけるメタ磁性の圧力効果(21aFH Yb化合物(重い電子系,価数揺動),領域8(強相関系:高温超伝導強相関f電子系など)), 日本物理学会講演概要集, Vol.67, No.2, p.579, 2012.08.
39. 大久保 文生, 伊藤 直樹, 石渡 洋一, 今村 真幸, 高橋 和敏, 鎌田 雅夫, 木田 徹也, 石井 啓文, 手塚 泰久, 稲垣 祐次, 河江 達也, 南任 真史, 石橋 幸治, 21aPSB-34 Fe_3O_4ナノ結晶の金属絶縁体転移(21aPSB 領域8ポスターセッション(低温3),領域8(強相関系:高温超伝導強相関f電子系など)), 日本物理学会講演概要集, Vol.67, No.2, p.594, 2012.08.
40. 松林和幸、久田旭彦、河江達也、上床美也, 高圧力発生装置の小型化による物性測定環境の拡張, 日本高圧力学会誌 Vol.22 No.3 pp.206-213, 2012.07.
41. 河江達也、佐藤誠樹、松尾政昭、船木和夫、木下慎、伏見知朗、Nusselein Uwe, 低温センター伊都地区ヘリウム液化・冷凍性能試験, 2009.04.
42. 萩原雅人、藤原理賀、鄭旭光、河江達也, 新幾何学的フラストレーション物質Co2(OH)3Clのスピン制御, 九州大学低温センターだより, 2008.03.
43. 河江達也, PrxLa1-xPb3の低温物性-四極子近藤効果の実験的探究-, 九州大学低温センターだより, 2008.03.
44. 木下 慶一郎, 由類江 建治, 立岩 尚之, 日高 雅子, 河江 達也, 竹田 和義, 北井 哲夫, 6aPS-71 Pr1-xLaxPb3(O.1≦x≦0.9)における交流帯磁率、比熱測定(4f・5f電子系,重い電子系,遷移金属酸化物,領域8), 日本物理学会講演概要集, Vol.57, No.2, p.444, 2002.08.
45. 貸谷 慶彦, 立岩 尚之, 河江 達也, 日高 雅子, 竹田 和義, 山形 一夫, 美藤 正樹, 8aPS-103 2d-HAF蟻酸MnウレアのCo置換効果(遍歴磁性,化合物磁性,スピングラス・ランダム系,量子スピン系,磁気共鳴一般,実験技術開発等,領域3), 日本物理学会講演概要集, Vol.57, No.2, p.385, 2002.08.
46. 渡辺 節子, 田尻 恭之, 森 雄作, 美藤 正樹, 出口 博之, 高木 精志, 河江 達也, 竹田 和義, 野尻 浩之, 8aPS-89 量子スピン梯子系物質(C_5H_<12>N)_2CUCl_4の磁性とNMR(遍歴磁性,化合物磁性,スピングラス・ランダム系,量子スピン系,磁気共鳴一般,実験技術開発等,領域3), 日本物理学会講演概要集, Vol.57, No.2, p.382, 2002.08.
47. 由類江 建治, 山本 達治, 美藤 正樹, 日高 雅子, 河江 達也, 竹田 和義, 江藤 徹, 巨海 玄道, 北井 哲夫, 24aPS-25 PrPb_3四極子秩序に対する加圧,不純物効果の研究(24aPS 4f・5f電子系,重い電子系,領域8(強相関系分野-高温超伝導,強相関f電子系など)), 日本物理学会講演概要集, Vol.57, No.1, p.479, 2002.03.
48. 谷本 泰三, 美藤 正樹, 河江 達也, 日高 雅子, 竹田 和義, Choi Jae-Hyuk, Lee Sung-Ik, 24pPSB-51 HoNi_2B_2Cの高圧下磁気測定(2)(24pPSB 遷移金属酸化物,領域8(強相関系分野-高温超伝導,強相関f電子系など)), 日本物理学会講演概要集, Vol.57, No.1, p.532, 2002.03.
49. 山本 達治, 河江 達也, 由類江 建治, 美藤 正樹, 竹田 和義, 北井 哲夫, 24pW6-4 Pr_xLa_<1-x>Pb_3(x=0.01,0.03,0.05)の比熱・電気抵抗測定(24pWB 重い電子系(四極子秩序),領域8(強相関系分野-高温超伝導,強相関f電子系など)), 日本物理学会講演概要集, Vol.57, No.1, p.496, 2002.03.
50. 美藤 正樹, 谷本 泰三, 河江 達也, 竹田 和義, 出口 博之, 高木 精志, 山下 正廣, 中尾 裕則, 村上 洋一, 25aPS-12 ハルデン物質NDMAPの高圧下構造解析(25aPS 遍歴電子磁性・化合物物性,量子スピン系,フラストレーション系,f電子系,磁性一般,磁気共鳴,実験技術,領域3(磁性,磁気共鳴分野)), 日本物理学会講演概要集, Vol.57, No.1, p.397, 2002.03.
51. 岩本 智晴, 美藤 正樹, 河江 達也, 日高 雅子, 竹田 和義, 北井 哲夫, 25aPS-84 希土類金属強磁性体Gdの圧力下磁気測定(25aPS 遍歴電子磁性・化合物物性,量子スピン系,フラストレーション系,f電子系,磁性一般,磁気共鳴,実験技術,領域3(磁性,磁気共鳴分野)), 日本物理学会講演概要集, Vol.57, No.1, p.414, 2002.03.
52. 谷本 泰三, 山本 達治, 美藤 正樹, 河江 達也, 日高 雅子, 竹田 和義, choi Jae-Hyuk, Lee Sung-Ik, 出口 博之, 大和田 謙二, 中尾 裕則, 村上 洋一, 20pYA-12 HoNi_2B_2Cにおける磁性と超伝導の圧力効果, 日本物理学会講演概要集, Vol.56, No.2, 2001.09.
53. 河江達也、美藤正樹、竹田和義, クランプセルを用いた圧力下の比熱測定, 固体物理, Vol. 34, pp.13-20, 1999.04.
54. 河江達也, 竹田和義, 市川聡夫, 繁岡透, 岩田允夫, PrCo2Si2の磁気相図と磁気抵抗効果, 日本物理学会講演概要集, Vol.53, No.2, p.508, 1998.09.
55. 伊藤 昌和, 山下 秀登, 日高 雅子, 河江 達也, 竹田 和義, 1P-PSB-35 ハルデン物質NENPの加圧効果(磁性(薄膜,人工格子,スピングラス,ランダム系,低次元系)), 日本物理学会講演概要集. 年会, Vol.51, No.3, p.185, 1996.03.
56. 藤木 弘之, 篠崎 文重, 市川 聡夫, 深見 武, 青峰 隆文, 田中 真一郎, 河江 達也, 伊藤 昌和, 日高 雅子, 竹田 和義, 超伝導アルミニウム膜の非線形抵抗, 日本物理学会講演概要集. 秋の分科会, Vol.1996, No.3, p.501, 1996.09.
57. 中野 啓之, 美藤 正樹, 崎田 寛明, 河江 達也, 日高 雅子, 竹田 和義, 向井 和夫, 1P-PSB-64 純有機強磁性体p-CDTVの圧力効果(磁性(薄膜,人工格子,スピングラス,ランダム系,低次元系)), 日本物理学会講演概要集. 年会, Vol.51, No.3, p.199, 1996.03.
58. 崎田 寛明, 渡辺 一宏, 河江 達也, 日高 雅子, 竹田 和義, 北井 哲夫, 1a-pS-32 PrX_2(X=Zn,Cu)の比熱・帯磁率の測定(磁性(f電子系)), 日本物理学会講演概要集. 年会, Vol.51, No.3, p.97, 1996.03.
59. 河江 達也, 伊藤 昌和, 山下 秀登, 日高 雅子, 竹田 和義, 3a-YE-4 有限鎖ハルデン物質 : TMNIN(Zn)の磁性(磁性(低次元系)), 日本物理学会講演概要集. 年会, Vol.51, No.3, p.218, 1996.03.
60. 竹田 和義, 小西 健介, 河江 達也, 有機強磁性体の分子間相互作用と圧力効果, 九州大学工学集報, Vol.67, No.5, pp.469-476, 1994.09.
61. K TAKEDA, K MIYAKE, M HITAKA, T KAWAE, N YAGUCHI, M MEKATA, THERMAL-ANALYSIS OF FREEDOM OF SPIN IN PARTIALLY DISORDERED STATE OF THE ANTIFERROMAGNETIC TRIANGULAR LATTICE IN CUFEO2, JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN, Vol.63, No.6, pp.2017-2020, 1994.06, The partially disordered spins in the triangular antiferromagnetic lattice in CuFeO2 have been studied by heat capacity measurements. A cusp and a sharp peak in the heat capacity curve were observed at T(N1) = 14.0 +/- 0.5 K and T(N2) = 11.0 +/- 0.5 K, respectively. The analysis of heat capacity revealed that the magnetic entropy associated with the anomaly in the heat capacity around T(N2) is attributable to the disordering of one-fifth of Fe3+ spins. The present result is discussed in comparison with partially disordered states of CeSb and PrCo2Si2, anisotropic spin systems with frustration. The heat capacity cusp around T(N1) is compared with the characteristic thermal behavior for frustrated spin systems..

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」