九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
松元 達也(まつもと たつや) データ更新日:2020.06.30

助教 /  工学研究院 エネルギー量子工学部門 核エネルギーシステム学


主な研究テーマ
溶融炉心物質の伝熱流動特性に関する研究
キーワード:溶融炉心、固気液三相、流動様式
2018.04.
燃料デブリベッド内の自己発熱を模擬した熱流動挙動に関する研究
キーワード:デブリベッド、固気液三相、流動様式
2017.04.
プレートフィン熱交換器の開発
キーワード:開発、プレートフィン、熱交換器、凝縮
2014.10.
高温ガス炉の炉容器冷却設備に関する実験的研究
キーワード:炉容器、冷却性、高温ガス炉
2014.09.
炉心損傷事故時のデブリの堆積挙動特性に関する実験的研究
キーワード:炉心損傷事故、デブリ、堆積
2011.09.
溶融炉心プール内でのスロッシング挙動特性の実験的解明
キーワード:溶融炉心プール、スロッシング
2011.10.
燃料デブリベッド内の固気液三相流動挙動に関する研究
キーワード:デブリベッド、固気液三相、流動様式
2009.04.
過酷事故時の損傷炉心における燃料ピン束における溶融物の固化挙動に関する研究
キーワード:過酷事故、損傷炉心、燃料棒、溶融、固化
2007.04~2012.03.
過酷事故時のデブリベッドにおける溶融固化物の再配置挙動に関する研究
キーワード:過酷事故、損傷炉心、溶融固化物、デブリベッド、再配置挙動
2005.04.
水プール中における固体粒子層の圧力過渡挙動に関する研究
キーワード:固体粒子、固気液三相流、圧力過渡挙動
2004.01~2006.07.
高速増殖炉過酷事故の安全性解析コードにおける相変化モデルの開発
キーワード:高速増殖炉,安全性解析,相変化
2000.04~2005.03.
ドリフトフラックスモデルを用いた多次元気液二相流動数値解析手法の開発
キーワード:気液二相流,ドリフトフラックス,数値解析
2000.04~2002.03.
軽水炉過酷事故時における溶融炉心構造物の圧力容器内保持に関する研究
キーワード:過酷事故,狭隘流路,熱流動現象,限界熱流束
2000.04~2003.03.
非円形断面形状を有する流路内における気液二相流及び熱伝達に関する研究
キーワード:自由界面,凝縮熱伝達
2000.04~2005.01.
研究業績
主要著書
1. 小山 繁、野津 滋、宮良昭男、森英夫、松島 均、地下大輔、松元達也, 日本冷凍空調学会専門書シリーズ 冷媒の凝縮 -基礎から応用まで-
, 公益社団法人 日本冷凍空調学会, ISBN978-4-88967-131-5, 2017.05.
主要原著論文
1. K. TAKAMATSU, T. MATSUMOTO, W. LIU, K. MORITA, Comparative Methodology between Actual RCCS and Downscaled Heat-Removal Test Facility, Annals of Nuclear Energy, 133, 830-836, 2019.11.
2. L.H.S. PHAN, P.M. NGO, R. MIURA, Y. TASAKI, T. MATSUMOTO, W. LIU, K. MORITA, Self-Leveling Behavior of Mixed Solid Particles in Cylindrical Bed Using Gas-Injection Method, Journal of Nuclear Science and Technology, 56, 1, 111-122, 2019.01.
3. S. HOSOMI, T. AKASHI, T. MATSUMOTO, W. LIU, K. MORITA, K. TAKAMATSU, Experimental Study on Heat Removal Performance of A New Reactor Cavity Cooling System (RCCS), Proc. of 11th Japan-Korea Symposium on Nuclear Thermal Hydraulics and Safety (NTHAS11), N11P0045, 2018.11.
4. K. TAKAMATSU, T. MATSUMOTO, W. LIU, K. MORITA, Improvement of heat-removal capability using heat conduction on a novel reactor cavity cooling system (RCCS) design with passive safety features through radiation
and natural convection, Annals of Nuclear Energy, 122, 201-206, 2018.08.
5. MD A.R. SHEIKH, E. SON, M. KAMIYAMA, T. MORIOKA, T. MATSUMOTO, K. MORITA, K. MATSUBA, K. KAMIYAMA, T. SUZUKI, Sedimentation Behavior of Mixed Solid Particles, Journal of Nuclear Science and Technology, 55, 6, 623-633, 2018.06.
6. MD SHAMSUZZAMAN, T. HORIE, F. FUKE, M. KAMIYAMA, T. MORIOKA, T. MATSUMOTO, K. MORITA, H. TAGAMI, T. SUZUKI, Y. TOBITA, Experimental Study on Debris Bed Characteristics for the Sedimentation Behavior of Solid Particles Used as Simulant Debris, Annals of Nuclear Energy, 111, 474-486, 2018.01.
7. L.H.S. PHAN, P.M. NGO, F. MATSUOKA, R. MIURA, T. MATSUMOTO, K. MORITA, Experimental Study on Self-Leveling Behavior of Binary-Mixed Particles in Cylindrical Bed Using Gas-Injection Method, Proc. of 17th International Topical Meeting on Nuclear Reactor Thermal Hydraulics (NURETH-17), Paper No. 20828, 2017.09.
8. M.A.R. Sheikh, E. Son, M.Kamiyama, T. Morioka, T. Matsumoto, K. Morita, K. Matsuba, K. Kamiyama, T.Suzuki, Experimental Database for Bed Formation Behaviors of Solid Particles, Proc. of 10th Japan-Korea Symposium on Nuclear Thermal Hydraulics and Safety (NTHAS10), N10P1135, 2016.11.
9. T. Takamatsu, T. Matsumoto, K. Morita, New Reactor Cavity Cooling System (RCCS) with Passive Safety Features: A Comparative Methodology between A Real RCCS and A Scaled-Down Heat-Removal Test Facility, Annals of Nuclear Energy, 96, 137-147, 2016.10.
10. M.A.R. Sheikh, E. Son, M.Kamiyama, T. Morioka, T. Matsumoto, K. Morita, K. Matsuba, K. Kamiyama, T.Suzuki, Experimental Investigation on Characteristics of Mixed Particle Debris in Sedimentation and Bed Formation Behavior, Proc. of 11th International Topical Meeting on Nuclear Reactor Thermal Hydraulics, Operation and Safety (NUTHOS-11), N11P0029, 2016.10.
11. Koji Morita, Tatsuya Matsumoto, S.Nishi, T.Nishikido, S.Cheng, H.Tagami, T.Suzuki, Y.Tobita, A New Empirical Model for Self-Leveling Behavior of Cylindrical Particle Beds, Journal of Nuclear Science and Technology, 53, 5, 713-725, 2016.05.
12. T. Takamatsu, Tatsuya Matsumoto, Koji Morita, New Reactor Cavity Cooling System with A Novel Shape and Passive Safety Features, Proc. of International Congress on Advances in Nuclear Power Plants, ICAPP 2016, 2, 1250-1257, 2016.04.
13. FUKUDA S., ZHANG H., TAKATA N., MATSUMOTO T., KOYAMA S., Condensation of R1234ze(Z) inside a vertical plate-fin Heat Exchanger, Proceedings of the 24th IIR International Congress of Refrigeration, 361, 2015.08.
14. Koji Morita, Tatsuya Matsumoto, S.Taketa, S.Nishi, S.CHENG, T.SUZUKI, Y.TOBITA, Validation of New Empirical Model for Self-Leveling Behavior of Cylindrical Particle Beds Based on Experimental Database, The 10th International Topical Meeting on Nuclear Thermal-Hydraulics, Operation and Safety (NUTHOS-10), NUTHOS10-1299, 2014.12.
15. K. Morita, T. Matsumoto, Y.EMURA, T.ABE, I.TATEWAKI, H.ENDO, INVESTIGATION ON SLOSHING RESPONSE OF LIQUID IN A 2D POOL AGAINST HYDRAULIC DISTURBANCE, The Ninth Korea-Japan Symposium on Nuclear Thermal Hydraulics and Safety(NTHAS9), N9P0033, 2014.11.
16. M.SHAMSUZZAMAN, T. Matsumoto, M.KAMIYAMA, T.MORIOKA, K. Morita, H.TAGAMI, T.SUZUKI, Y.TOBITA, EXPERIMENTAL STUDY ON SEDIMENTATION BEHAVIOR OF CORE DEBRIS , The Ninth Korea-Japan Symposium on Nuclear Thermal Hydraulics and Safety(NTHAS9), N9P0057, 2014.11.
17. S.CHENG, H.Tagami, H.YAMANO, T.SUZUKI, Y.TOBITA, S.Taketa, S.Nishi, B.ZHANG, Tatsuya Matsumoto, Koji Morita, Experimental Study and Empirical Model Development for Self-Leveling Behavior of Debris Bed Using Gas-Injection, Mechanical Engineering Journal, 51, 9, TEP0022, 2014.08.
18. S.CHENG, H.Tagami, H.YAMANO, T.SUZUKI, Y.TOBITA, S.Taketa, S.Nishi, T.Nishikido, B.ZHANG, Tatsuya Matsumoto, Koji Morita, An Investigation on Debris Bed Self-Leveling Behavior with Non-Spherical Particles, Journal of Nuclear Science and Technology, 51, 9, 1096-1106, 2014.03.
19. M.SHAMSUZZAMAN, B.ZHANG, T.HORIE, F.FUKE, T.KAI, T. Matsumoto, K. Morita, H.TAGAMI, T.SUZUKI, Y.TOBITA, Numerical study on sedimentation behavior of solid particles used as simulant fuel debris, Journal of Nuclear Science and Technology, 51, 5, 681-699, 2014.02.
20. S.CHENG, H.YAMANO, T.SUZUKI, Y.TOBITA, Y.Gondai, Y. Nakamura, B.ZHANG, Tatsuya Matsumoto, Koji Morita, Evaluation of Debris Bed Self-Leveling Behavior: A Simple Empirical Approach and its Validations, Annals of Nuclear Energy, 63, 188-198, 2014.01.
21. M.SHAMSUZZAMAN, T.HORIE, F.FUKE, T.KAI, B.ZHANG, Tatsuya Matsumoto, Koji Morita, H.TAGAMI, T.SUZUKI, Y.TOBITA, Experimental Evaluation of Debris Bed Characteristics in Particulate Debris Sedimentation Behaviour, 2013 21th International Conference on Nuclear Engineering (ICONE21), ICONE21-15693, 2013.07.
22. S.CHENG, H.YAMANO, T.SUZUKI, Y.TOBITA, Y. Nakamura, B.ZHANG, Tatsuya Matsumoto, Koji Morita, Characteristics of Self-Leveling Behavior of Debris Beds in a Series of Experiments, Nuclear Engineering and Technology, 45, 3, 323-334, 2013.06.
23. 松元達也,小山 繁, フィン付き鉛直矩形流路内での純冷媒の層流膜状凝縮に関する理論解析, 日本冷凍空調学会論文集, 26, 3, 359-370, 2009.09.
24. Tatsuya MATSUMOTO, Yasunori KONO, Tetsushi HARADA, Daisuke HIRAHARA, Koji MORITA, Kenji FUKUDA, Transient Behavior of Particle Movement in a Boiling Debris Bed, Proc. of the Seventh International Topical Meeting on Nuclear Reactor Thermal Hydraulics, Operation and Safety (NUTHOS-7),October,2008, No.156, 2008.10.
25. Akihiro Uchibori, Tatsuya Matsumoto, Yorihisa Ishimaru, Masaya Yamashita, Ryo Akasaka, Koji Morita and Kenji Fukuda, INVESTIGATION INTO COOLABILITY BY TWO-PHASE FLOW IN NARROW FLOW PASSAGES, Proceedings of the 11th International Conference on Nuclear Engineering, ICONE11-36279, 2003.04.
26. Tatsuya Matsumoto, Akihiro Uchibori, Ryo Akasaka, Toshinori Seki, Shyuji Kaminishi, Koji Morita, and Kenji Fukuda, Applicability of Modified Drift Flux Model for Bubbly Flow in 2-D/3-D Rectangular Box With Various Kinds of Obstacles, Proceedings of the 10th International Conference on Nuclear Engineering, ICONE10-22245, 2002.04.
27. K. Fukuda, T. Matsumoto, N. Kamesako, A. Uchibori, R. Akasaka, K. Nakagawa, K. Morita, A. Hotta, Applicability of Modified Drift Flux Model for 3-D Channel Bubbly Flow with a Rod Inserted, Computational Technologies for Fluids/Thermal/Structural/Chemical Systems with Industrial Applications -2001-, PVP-Vol.424-1, pp.79-86, 2001.07.
28. T. Matsumoto, N. Kamesako, T. Seki, A. Uchibori, R. Akasaka, N. Fujimoto, K. Nakagawa, K. Morita, K. Fukuda, Analytical and Experimental Studies of Two Phase Flows in 2-D Rectangular Box with obstacles Inserted, Proc. NTHAS2, Second Japan-Korea Symposium on Nuclear Thermal Hydraulics and Safety, pp.658-665, 2000.10.
29. Jian YU, Tatsuya MATSUMOTO and Shigeru KOYAMA, NUMERICAL SOLUTION FOR LAMINAR FILM CONDENSATION OF PURE REFRIGERANT ON A VERTICAL FINNED SURFACE, Proceedings of the 5th ASME/JSME Thermal Engineering Joint Conference, 6359.pdf, pp.1−8, 1999.03.
30. S. KOYAMA, J. YU and T. MATSUMOTO, Approximate Analysis for Laminar Film Condensation of Pure Refrigerant on Vertical Finned Surface, Enhanced Heat Transfer, 5, 3, 191-200, Vol.5, pp.191−200, 1998.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. 田中賢太郎, 後藤和也, 松元達也, 劉 維, 守田幸路, マイクロチャネルにおける流動特性に関する研究, 日本原子力学会九州支部第38回研究発表講演会, 2019.12.
2. 西森友弥, 明石知泰,宇和田尚悟 , 松元達也, 劉 維, 守田幸路, 高松邦吉, ふく射を利用した原子炉キャビティ冷却システムの伝熱特性に関する研究, 日本原子力学会九州支部第38回研究発表講演会, 2019.12.
3. 西森友弥, 田﨑雄祐, Phan Le Hoang Sang, 松元達也, 劉 維, 守田幸路, 混合固体粒子ベッドのセルフ・レベリング挙動に関する実験的研究, 日本原子力学会九州支部第37回研究発表講演会, 2018.12.
4. 明石知泰, 細見成祐, 井福弘基, 松元達也, 劉 維, 守田幸路, 高松邦吉, 高温ガス炉における受動的冷却設備の伝熱特性に関する検討, 日本原子力学会九州支部第37回研究発表講演会, 2018.12.
5. S. HOSOMI, T. AKASHI, T. MATSUMOTO, W. LIU, K. MORITA, K. TAKAMATSU, Experimental Study on Heat Removal Performance of A New Reactor Cavity Cooling System (RCCS), 11th Japan-Korea Symposium on Nuclear Thermal Hydraulics and Safety (NTHAS11), 2018.11.
6. 細見成祐, 山口 修平, 明石知泰, 松元達也, 劉 維, 守田幸路, 高松邦吉, 高温ガス炉における受動的冷却設備の伝熱特性に関する検討, 日本原子力学会「2018年春の年会」, 2018.03.
7. 田崎雄祐, 三浦 亮, Phan Le Hoang Sang, 松元達也, 劉 維, 守田幸路, デブリベッドのセルフ・レベリング挙動に関する実験的研究:混合粒子ベッド高さに対する予測式の検討, 本原子力学会九州支部第36回研究発表講演会, 2017.12.
8. ソン エイカク, Md Abdur Rob Sheikh, 松元達也, 劉 維, 守田幸路, 松場賢一, 豊岡淳一, 田上浩孝, 神山健司, 混合固体粒子の堆積挙動に関する実験的研究, 本原子力学会九州支部第36回研究発表講演会, 2017.12.
9. L.H.S. PHAN, P.M. NGO, F. MATSUOKA, R. MIURA, T. MATSUMOTO, K. MORITA, Experimental Study on Self-Leveling Behavior of Binary-Mixed Particles in Cylindrical Bed Using Gas-Injection Method, 17th International Topical Meeting on Nuclear Reactor Thermal Hydraulics (NURETH-17), 2017.09.
10. 三浦 亮, 松岡史也, Ngo Phi Manh, Phan Le Hoang Sang, 松元達也, 劉 維, 守田幸路, デブリベッドのセルフ・レベリング挙動に関する実験的研究 :混合粒子ベッド高さに対する予測式の検討, 日本原子力学会「2017年秋の大会」, 2017.09.
11. 福田真之, 渕田 翔, 松元達也, 守田幸路, 帶刀 勲, 損傷炉心プールのスロッシング挙動に関する基礎的研究 運動特性が反応度印加に与える影響(その3), 日本原子力学会「2017年春の年会」, 2017.03.
12. M.A.R. Sheikh, E. Son, M.KAMIYAMA, T. Morioka, T. MATSUMOTO, K. MORITA, K. Matsuba, K. KAmiyama, T.SUZUKI, Experimental Database for Bed Formation Behaviors of Solid Particles, 10th Japan-Korea Symposium on Nuclear Thermal Hydraulics and Safety (NTHAS10), 2016.11.
13. M.A.R. Sheikh, E. Son, M.KAMIYAMA, T. Morioka, T. MATSUMOTO, K. MORITA, K. Matsuba, K. KAmiyama, T.SUZUKI, Experimental Investigation on Characteristics of Mixed Particle Debris in Sedimentation and Bed Formation Behavior, 11th International Topical Meeting on Nuclear Reactor Thermal Hydraulics, Operation and Safety (NUTHOS-11), 2016.10.
14. 渕田 翔, 江村優軌, 松元達也, 守田幸路, 帶刀 勲, 損傷炉心プールのスロッシング挙動に関する基礎的研究 運動特性が反応度印加に与える影響(その2), 日本原子力学会「2016年秋の大会」, 2016.09.
15. 佐藤紀恭, 山口修平, 松元 達也, 守田 幸路, 高松邦吉, 受動的安全性を持つ新しい炉容器冷却設備 (2) スケールモデルによる伝熱特性に関する実験的検討, 日本原子力学会「2016年秋の大会」, 2016.09.
16. 高松邦吉, 松元 達也, 守田 幸路, 受動的安全性を持つ新しい炉容器冷却設備 (1) 実機のRCCSと比較するために等倍縮小した除熱試験装置の実験条件, 日本原子力学会「2016年秋の大会」, 2016.09.
17. T. Takamatsu, T. Matsumoto, K. Morita, New Reactor Cavity Cooling System with A Novel Shape and Passive Safety Features, International Congress on Advances in Nuclear Power Plants, ICAPP 2016, 2016.04.
18. 高松邦吉, 松元 達也, 守田 幸路, 受動的安全性を持つ原子炉圧力容器の冷却設備:実機のRCCSと等倍縮小した除熱試験装置の比較方法, 日本原子力学会「2016年春の年会」, 2016.03.
19. 守田幸路, 渕田 翔, 江村優軌, 松元達也, 帶刀 勲, 損傷炉心プールのスロッシング挙動に関する基礎的研究:プール運動による反応度挿入の指標に関する検討, 日本原子力学会「2016年春の年会」, 2016.03.
20. 松岡史也, 錦戸達也, 三浦 亮, 松元 達也, 守田 幸路, デブリベッドのセルフ・レベリングに関する研究:球形・非球形混合粒子ベッドのレベリング特性, 日本原子力学会「2016年春の年会」, 2016.03.
21. 福田 翔, 張 宏成, 高田信夫, 松元達也, 小山 繁, 鉛直フィン付き冷却面上におけるR1234ze(Z)の凝縮熱伝達に関する研究, 2015年度日本冷凍空調学会年次大会, 2015.10.
22. 神山基紀, 出口亮平, 森岡 徹, 守田 幸路, 松元 達也, 松場賢一, 神山健司, 鈴木 徹, 燃料デブリ堆積挙動に関する実験的研究 -混合粒子によるベッド形成挙動-, 日本原子力学会「2015年秋の大会」, 2015.09.
23. 渕田 翔, 江村優軌, 松元 達也, 守田 幸路, 損傷炉心プールのスロッシング挙動に関する基礎的研究:プール運動が反応度印加に与える影響, 日本原子力学会「2015年秋の大会」, 2015.09.
24. 高松邦吉, 松元 達也, 守田 幸路, 受動的安全性を持つ新しい炉容器冷却設備, 日本原子力学会「2015年秋の大会」, 2015.09.
25. FUKUDA S., ZHANG H., TAKATA N., MATSUMOTO T., KOYAMA S., Condensation of R1234ze(Z) inside a vertical plate-fin Heat Exchanger, The 24th IIR International Congress of Refrigeration, 2015.08.
26. K. MORITA, T. MATSUMOTO, S. TAKETA, S. NISHI, S.CHENG, T.SUZUKI, Y.TOBITA, Validation of New Empirical Model for Self-Leveling Behavior of Cylindrical Particle Beds Based on Experimental Database, The 10th International Topical Meeting on Nuclear Thermal-Hydraulics, Operation and Safety (NUTHOS-10) , 2014.12.
27. K. MORITA, T. MATSUMOTO, M. EMURA, T. ABE, I.TATEWAKI, H.ENDO, INVESTIGATION ON SLOSHING RESPONSE OF LIQUID IN A 2D POOL AGAINST HYDRAULIC DISTURBANCE, The Ninth Japan-Korea Symposium on Nuclear Thermal Hydraulics and Safety (NTHAS9), 2014.11.
28. M.SHAMSUZZAMAN, T. MATSUMOTO, M.KAMIYAMA, T.MORIOKA, K. MORITA, H.TAGAMI, T.SUZUKI, Y.TOBITA, EXPERIMENTAL STUDY ON SEDIMENTATION BEHAVIOR OF CORE DEBRIS , The Ninth Japan-Korea Symposium on Nuclear Thermal Hydraulics and Safety (NTHAS9), 2014.11.
29. 堀江達郎, 森岡 徹, MD.Shamsuzzaman, 松元 達也, 守田 幸路, 田上 浩孝, 鈴木 徹, 飛田 吉春, デブリベッド形成の基本特性に関する実験データベースの整備, 日本原子力学会「2013年秋の大会」, 2013.09.
30. 阿部達広, 松元 達也, 守田 幸路, 遠藤 寛, 石津朋子, 帶刀 勲, 高速炉の損傷炉心プールのスロッシング挙動に関する水流動試 験;スロッシングの増幅・緩和機構の考察, 日本原子力学会「2013年秋の大会」, 2013.09.
31. M.SHAMSUZZAMAN, T.HORIE, F.FUKE, T.KAI, B.ZHANG, Tatsuya Matsumoto, Koji Morita, H.TAGAMI, T.SUZUKI, Y.TOBITA, Experimental Evaluation of Debris Bed Characteristics in Particulate Debris Sedimentation Behaviour, 2013 21th International Conference on Nuclear Engineering (ICONE21), 2013.07.
32. S.CHENG, H.YAMANO, T.SUZUKI, Y.TOBITA, Y. Nakamura, S. Taketa, S. Nishi, B.ZHANG, Tatsuya Matsumoto, Koji Morita, Recent Knowledge from an Experimental Investigation on Self-Leveling Behavior of Debris Bed, 2013 21th International Conference on Nuclear Engineering (ICONE21), 2013.07.
33. 西 津平, 竹田祥平, 中村裕也, ZHANG BIN, 松元 達也, 守田 幸路, CHENG SONGBAI, 田上浩孝, 鈴木 徹, 飛田吉春, 固体粒子ベッドのセルフレベリングに関する実験データベースの構築, 日本原子力学会「2013年春の年会」, 2013.03.
34. 阿部達広, 中山慎也, 松元 達也, 守田 幸路, 帶刀 勲, 石津朋子, 遠藤 寛, 高速炉の損傷炉心プールのスロッシング挙動に関する水流動試験:熱流動解析コードの検証, 日本原子力学会「2013年春の年会」, 2013.03.
35. 松元達也, 小山 繁 , 鉛直設置式プレートフィン凝縮器内での純冷媒の層流膜状凝縮に関する数値解析, 2010年度日本冷凍空調学会年次大会, 2010.09.
36. Tatsuya MATSUMOTO, Yasunori KONO, Tetsushi HARADA, Daisuke HIRAHARA, Koji MORITA, Kenji FUKUDA, Transient Behavior of Particle Movement in a Boiling Debris Bed, Proc. of the Seventh International Topical Meeting on Nuclear Reactor Thermal Hydraulics, Operation and Safety (NUTHOS-7), 2008.10.
37. Tatsuya Matsumoto, Akihiro Uchibori, Ryo Akasaka, Toshinori Seki, Shyuji Kaminishi, Koji Morita, and Kenji Fukuda, Applicability of Modified Drift Flux Model for Bubbly Flow in 2-D/3-D Rectangular Box With Various Kinds of Obstacles, The 10th International Conference on Nuclear Engineering, 2002.04.
学会活動
所属学会名
日本機械学会
日本原子力学会
日本冷凍空調学会
日本伝熱学会
学協会役員等への就任
2018.05~2020.05, 日本原子力学会九州支部, 幹事.
2012.05~2014.05, 日本原子力学会九州支部, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.09.07~2016.09.09, 日本原子力学会「2016年秋の大会」, 座長(Chairmanship).
2015.12.05~2015.12.05, 日本原子力学会九州支部第34回研究発表講演会, 座長(Chairmanship).
2014.12.13~2014.12.13, 日本原子力学会九州支部第33回研究発表講演会, 座長(Chairmanship).
2013.12.14~2013.12.14, 日本原子力学会九州支部第32回研究発表講演会, 座長(Chairmanship).
2010.12.10~2010.12.10, 日本原子力学会九州支部第29回研究発表講演会, 座長(Chairmanship).
2007.12.07~2007.12.07, 日本原子力学会九州支部第26回研究発表講演会, 座長(Chairmanship).
2004.12.10~2004.12.10, 日本原子力学会九州支部第23回研究発表講演会, 座長(Chairmanship).
2016.09.07~2016.09.09, 日本原子力学会「2016年秋の大会」, 現地委員.
2013.12.14~2013.12.14, 日本原子力学会九州支部第32回研究発表講演会, 運営委員.
2012.12.09~2012.12.12, 8th Japan-Korea Symposium on Nuclear Thermal Hydraulics and Safety (NTHAS8), 現地運営委員.
2011.09.20~2011.09.22, 日本原子力学会「2011年秋の大会」, 現地委員.
2007.09.26~2007.09.29, 日本原子力学会「2007年秋の大会」, 現地委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2015年度      
2014年度      
2007年度      
2005年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Lotte resort Buyeo, Korea, 2014.11~2014.11.
Grand Intercontinental Hotel Seoul, Korea, 2008.10~2008.10.
西安交通大学, China, 2003.09~2003.10.
受賞
日本冷凍空調学会賞「学術賞」, 日本冷凍空調学会, 2010.05.
日本原子力学会熱流動部会賞、「2008年春の年会」優秀講演賞, 日本原子力学会熱流動部会, 2008.09.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 分担, メルトダウンが起こりえない受動的放射冷却を用いた原子炉圧力容器の革新的冷却設備.
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 分担, 燃料デブリの堆積挙動に関する実験データベースの構築及び解析コードの検証.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 分担, 受動的安全性を持つ原子炉圧力容器の冷却設備.
2013年度~2015年度, 基盤研究(C), 分担, 燃料デブリベッド運動挙動に関する実験データベース整備及び解析コード検証.
2012年度~2014年度, 基盤研究(C), 代表, 過酷事故時のデブリベッドでの崩壊熱除去性損失と圧力容器底部の熱的損傷に関する研究.
2006年度~2007年度, 若手研究(B), 代表, 原子炉過酷事故時のデブリベッドにおける再配置挙動に関する実験的研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2017年度~2021年度, 原子力規制庁 「原子力人材育成事業」, 分担, 多角的思考力の養成と規制を加味した九州大学原子力カリキュラムの充実.
2013年度~2015年度, 文部科学省 原子力人材育成等推進事業費補助金, 分担, 機関横断的な人材育成事業「総合的原子力人材育成カリキュラムの開発 ~計算機シミュレーションを活用した実践的原子力実験・演習プログラムの整備~」.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2019.09~2020.01, 分担, 溶融炉心物質の伝熱流動特性に関する基礎的研究.
2018.09~2019.01, 分担, 溶融炉心物質の伝熱流動特性に関する基礎的研究.
2017.09~2018.01, 分担, 溶融炉心物質の伝熱流動特性に関する基礎的研究.
2016.09~2017.03, 分担, 平成28年度 高速炉の損傷炉心プールのスロッシング挙動に関する水流動試験.
2016.09~2017.01, 分担, 溶融炉心物質の伝熱流動特性に関する基礎的研究.
2015.08~2016.03, 分担, 受動的安全性を持つ原子炉圧力容器の冷却設備の検討.
2015.08~2016.01, 分担, 燃料デブリの堆積挙動特性に関する基礎的研究.
2015.09~2016.03, 分担, 平成27年度 高速炉の損傷炉心プールのスロッシング挙動に関する水流動試験.
2014.07~2015.03, 分担, 平成26年度 高速炉の損傷炉心プールのスロッシング挙動に関する水流動試験.
2013.11~2014.02, 分担, 平成25年度 高速炉の損傷炉心プールのスロッシング挙動に関する水流動試験.
2013.07~2014.01, 分担, 燃料デブリの堆積挙動特性に関する基礎的研究.
2012.11~2013.02, 分担, 平成24年度 高速炉の損傷炉心プールのスロッシング挙動に関する水流動試験.
2012.09~2013.01, 分担, 燃料デブリの堆積挙動特性に関する基礎的研究.
2011.11~2012.02, 分担, 平成23年度 高速炉の損傷炉心プールのスロッシング挙動に関する水流動試験.
2011.09~2012.01, 分担, 燃料デブリベッドの運動特性に関する基礎的研究.
2010.09~2011.01, 分担, 燃料デブリベッドの運動特性に関する基礎的研究.
2009.09~2010.01, 分担, 燃料デブリベッドの運動特性に関する基礎研究.
2008.09~2008.01, 分担, 燃料デブリベッドの運動特性に関する基礎研究.
2006.12~2007.03, 分担, 低エネルギー炉心プールの流動特性に関する基礎的研究.
2005.09~2006.03, 分担, 低エネルギー炉心プールの流動特性に関する基礎的研究.
2002.09~2005.03, 分担, 多成分多相流の熱流動現象の数値シミュレーションに関する研究
(多成分系の蒸発/凝縮過渡挙動に関する研究).
2001.09~2002.03, 分担, 多成分多相流の熱流動現象の数値シミュレーションに関する研究 (相変化を伴う多成分多相流のモデル化手法の開発).

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」